広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     ◇セ・リーグ 広島6―4阪神(2018年8月15日 京セラD)

     九里が5回で7安打を許しながらも8奪三振の力投。6勝目を挙げ、広島の優勝マジック「32」を点灯させた。

     4点リードで入った9回に守護神・中崎が2点を失い、なおも2死一、二塁とあわやサヨナラ負けのピンチもあったが、ベンチの九里は「抑えてくれると信じて見てました」とキッパリ。「1点でも少なく、何とかゲームが作れるように低めに投げていくことを意識して投げました」と自身のマウンドを振り返った。

     「少し球数が多くなってしまったところがもったいないかなと思いますけど」と5回で109球という球数を悔やんだが、「次にしっかり生かせるようにやっていきたいと思います」と意欲的。8奪三振については「それはたまたまだと思います」と謙そんした。

     今月2日から足かけ2週間に及ぶ“7度目の正直”でようやくたどりついた、チームのマジック点灯。「そんなに意識はしていなかったので、しっかり1戦1戦何とかチームの勝ちに貢献できるようなピッチングがしていければいいかなと思います」としっかりした口調で話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000161-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島6―4阪神(2018年8月15日 京セラD)

     球団初となる3連覇へ、広島の優勝マジック「32」がついに点灯した。マジック対象チーム阪神との直接対決に6―4で勝利を収め、60勝にセ・リーグ一番乗り。今月2日の初挑戦から足かけ2週間に及ぶ“7度目の正直”でようやく優勝マジックを点灯させた。3年連続のマジック点灯は球団史上初。


     広島は3回、1死一塁から丸の右中間二塁打で1点を先制。続く鈴木は左翼スタンド中段へ22号2ランを放ち3点リードを奪った。1点差に詰められた直後の4回には2死満塁から丸が押し出し四球を選んで1点追加。6回には1死一、二塁から丸がこの試合3打点目となる左越え二塁打を放って1点を加えると、7回には会沢が4年ぶり2桁本塁打となる左越え10号ソロを放って貴重な追加点を挙げた。先発の九里は5回で7安打を許しながらも8三振を奪う力投を見せ、今季6勝目(3敗)。

     阪神は先発の才木が3連続を含む5四死球の乱調で、3回2/3を4失点降板。打線は3点先取された直後の3回、1死二、三塁から糸井の左前適時打とロサリオの中犠飛で2点を返し、なおも2死一、三塁と同点機が続いたが鳥谷が空振り三振、2点を追う4回には2死二、三塁で伊藤隼が空振り三振に終わった。5回から7回までは1人の走者も出せず。9回に中崎を攻め2点を返したが及ばず。自力優勝の可能性が消滅した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000158-spnannex-base

     【球界ここだけの話】

     ソフトバンクから広島にトレードで加入した曽根海成(かいせい)内野手(23)が27日、広島市のマツダスタジアムで入団会見を行った。背番号「59」のユニホームに袖を通して決意を語った。

     「昨日、ユニホームを着て鏡を見てみると似合っているなと。1からではなくて0からのスタート。守備と走塁でアピールしていきたい」

     大阪市出身。2014年に京都国際高から育成ドラフト3位でソフトバンクに入団した。17年3月に支配下登録され、2試合に出場。同年7月のフレッシュオールスター(静岡・草薙球場)では二塁打を2本を放って、育成ドラフト出身の選手としては史上初のMVPを受賞した。

     今季1軍での出場はないものの、ウエスタン・リーグ39試合で打率・316、8打点とアピール。50メートル5秒9の俊足と遠投115メートルの強肩が武器で、守備力には定評がある。

     トレード決定後、ソフトバンク・工藤公康監督(55)とのあいさつでは「緊張するなよ。緊張するとパフォーマンスが落ちる。おじけずにがんばって」とエールをもらって、「田中さんや菊池さんに追いつけるようにやっていきたい」と闘志を燃やす。まずは2軍での争いを勝ち抜いて、1軍昇格を目指す。

     曽根に代わって、ソフトバンクへ移籍したのは美間優槻内野手(24)だ。右の長距離砲として昨季の日本一軍団に加入した。その練習熱心さはチーム随一で春季キャンプでは毎クール休日返上し、黙々と振り込みを敢行。2月の春季沖縄キャンプの休日には宿舎から球場までのタクシー代を“自腹”で払ってまで練習をするまさに“練習の鬼”だ。同期の鈴木について「打球の質が違う。メジャーリーガーみたい」と語り、1軍で一緒に活躍することを目指した。

     「カープでは優勝に貢献することができなかった。ソフトバンクでは優勝に貢献できるようにしたい」と美間。昨年のセ・パの優勝チーム同士のトレードで、2人の有望株が新天地で羽ばたこうとしている。(柏村翔)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000577-sanspo-base

    「広島との差は当分、縮まらないかもしれない」 ライバル球団のコーチは、首位を独走する広島についてこう言った。

     7日の中日戦に快勝した広島は、最短で9日にも優勝マジックが点灯する。もはや3連覇を疑う余地はない。ライバル5球団とここまでの大差がつく要因として、このコーチは、「選手層の厚さ」を挙げる。

    「野手の戦力はセで群を抜いている。中心選手の丸、菊池、田中は『89年世代』で28、29歳。主力にケガ人が出ても代わりの選手が穴を埋められる。丸や鈴木がケガをしたときには野間が出てきた。バティスタ、メヒアも助っ人とはいえ、ドミニカ共和国のカープアカデミーで育てた自前の選手。ベンチスタートが多い西川、下水流なんて、他球団ならレギュラーを張れますよ」

    ■足を使える選手が多い

     広島の主力は本拠地はもちろん、遠征先でも若手に交じって早出練習に取り組んでいる。控えや若手は主力に追いつけ追い越せと、必死なのだ。

    「今年の丸をはじめ、今後は主力が次々とFA権を取得する。もし万が一、彼らが移籍することになっても、ある程度は穴を埋められるでしょう。20歳前後の若手有望株がウジャウジャいますから」とは広島OB。

    「大学、社会人選手とは別に、高卒選手をしっかり育てている。2年目右腕のアドゥワはオープン戦の好投が認められて開幕一軍に抜擢され、すでに戦力になっている。先日、プロ初セーブを挙げた3年目左腕の高橋樹や、2年目左腕の高橋昂、捕手の坂倉も1~2年もすれば、一軍の主力になるでしょう。鈴木や中崎などは高卒4年目に急成長を遂げている。広島は二軍で結果を残した選手を必ず一軍で起用する。そこでもし結果が出なくても、二軍で鍛え直す。4~5年をかけて一軍戦力に育てる方針は脈々と続いています」

     別のセ球団の野手コーチはこんな指摘をする。

    「広島は足を使える選手が多い。単純な足の速さはもちろん、走塁に隙がない。技術や意識、意欲が高いのです。ウチを含めて5球団はそこが足りない。たとえば今年のドラフトで、大阪桐蔭の藤原君のような足がある選手を獲得しても、1年目から一軍でバリバリやれる選手は少ない。育成に時間がかかることを考えると、あと3年は広島の優位が続いてもおかしくない」

     巨人などライバル球団の多くは育成に苦慮している。セの「広島王国」はしばらく続きそうだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000023-nkgendai-base

    【熱血球論 大下剛史】中日がサヨナラ負けで3タテを食らった9日の広島戦で、両チームの差を痛感するワンプレーがあった。4回、広島が西川の適時打で同点に追いつきなお無死一、二塁の場面だ。岡田の投前へのバントは三塁で完全に封殺できる打球だったが、三塁手の福田は前に出てしまってベースに戻れない。みすみす一死二、三塁とピンチを広げてしまった。

     あれは三塁手が絶対に前に出てはいけない打球だ。笠原が踏ん張って追加点にはつながらなかったが、広島の守備陣なら考えられないプレーだ。投げて打っては両チームにそれほど力の差はない。ただ、こうしたちょっとしたことが積もり積もって首位と最下位という差になっている。

     福田はもともとが捕手で、内野はほとんど一塁しか守っていない。今年から打撃を買われて三塁へ本格的にコンバートされた選手。プロのコンバートとはそんなに簡単なもんじゃない。守備が打撃にも影響する。

     福田のコンバートは首脳陣が決めてキャンプから練習もさせていたのだから、私がとやかく言うつもりはない。福田も本職じゃないのだからミスもする。守備でミスをすれば苦しいだろう。それでも「俺は打ってナンボの選手。守りのミスは打って取り返す」ぐらいの強い精神力を持ってほしい。

     大事なのは首脳陣が守りのミスを怒らず、どれだけ我慢できるか。練習をさせるのは当たり前だが、怒ってはいけない。そうしたベンチの我慢が選手へも伝わる。それが首脳陣と選手の強い絆にもなる。まだまだ中日は発展途上。このワンプレーを見てつくづくそう思った。 (本紙専属評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00000027-tospoweb-base

     【球界ここだけの話】広島の強さの秘密のひとつに“タクシー通勤”がある。田中、菊池、丸のタナキクマルトリオや鈴木ら全選手が本拠地マツダスタジアムの試合日には、ゆったりタクシーに腰を据えて球場に入る。チーム最年長の新井貴浩内野手(41)だって例外でない。

     その理由を、鈴木球団本部長が明かす。「球場の駐車場の数が限られている。交通事故に遭う可能性もあるので、安全面を考えている。12球団でも広島だけだと思うよ」と胸を張る。

     マツダスタジアムの球団事務所横の駐車場を数えてみると約60台。球団職員が使うスペースも必要で、全選手がマイカー通勤すると「満車」の域を超えてしまいそうだ。練習日や、大きな荷物を運ぶときを除き、タクシーの使用を推奨する。

     この慣例は1990年頃から始まったという。当時の本拠地は広島市の中心で平和公園のそばにある広島市民球場。高ヘッドコーチは「入団したての頃は車で通ってた。駐車場が少なくて、近くの百貨店の駐車場に駐めたこともある」と懐かしそうに振り返った。

     その伝統は2009年にマツダスタジアムに移転した現在も続く。試合後に選手がタクシーに乗る姿は見慣れた光景。ときおり、契約しているタクシー会社が球団ロゴをあしらった外装、内装すべてがカープで統一されているタクシーが来ることもあり、選手は苦笑いで乗り込む。

     特例のケースもあった。2015年に米メジャーから復帰して“男気”ブームを巻き起こした黒田博樹氏は、あまりの人気でプライバシーを守るため、マイカー通勤に変更。もう一人はエルドレッド。使うのはマイカーではなく「ママチャリ」。1軍にいるときは元広島の外国人選手から譲り受けた自転車で、陽気に球場入りする。

     最後まで諦めないプレーで、長時間の試合を戦い抜いて、本拠地での勝利は7割以上を誇るカープ。鯉戦士は、1分でも、1秒でも体を休めるため、今日もタクシーに乗る。(柏村翔)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00000555-sanspo-base

    <全国高校野球選手権:下関国際-創志学園>◇15日◇2回戦

     「レジェンド始球式」に沖縄(現沖縄尚学)OBで元広島の安仁屋宗八氏(73)が登板した。往年のフォームをほうふつとさせる力投で力強く投げ込んだ。

     「終戦の日」の登板に「100回大会を迎えられて、日本が平和じゃないと続くことじゃない。日本が平和だから続いたこと。戦争というのは2度と起きてはいけない。終戦の日に始球式をさせてもらえることは、幸せの1ページ。一生の思い出です」と平和を願った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00300125-nksports-base

     後半戦に入っても勢いに陰りは見られず、チーム史上初の3連覇に向けて突き進む広島。2位に6ゲームの差をつけて折返しを迎えると、今やその差は「10.5」まで拡大。いよいよマジックの点灯も秒読み段階に入っている。

     今年も圧倒的な強さを見せている一方で、順風満帆かと言われると実はそうでもない。野手陣では開幕前に精神的支柱の新井貴浩が故障で離脱。さらに開幕後も鈴木誠也や丸佳浩といった不動のレギュラーたちも故障で離脱を強いられた。

     加えて、昨季ブレイクした安部友裕は打撃不振で6月に二軍降格。在籍7年目になる大砲ブラッド・エルドレッドも結果が残せず、未だ一軍復帰を果たすことができていない。

     昨年の主力メンバーが故障や不振で離脱した中、ラインナップに彼らが揃わない状況でも現在の位置にいるのは“やりくり”の賜物だ。特に西川龍馬や野間峻祥といった若き力が躍動し、サビエル・バティスタやアレハンドロ・メヒアといった育成出身の外国人選手が奮闘を見せている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00162063-baseballk-base

    このページのトップヘ