広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     2016年12月に胃がんがわかったプロ野球・広島カープの赤松真人選手(35)。17年1月に胃の半分を切除して半年間、抗がん剤治療を受けました。「病気やけがと闘う人に、勇気を届けたい」。その思いでトレーニングに励みます。支えてくれた周囲や病への思いを聴きました。



    ■野球ができる喜び

     仲間と汗を流して、野球ができる。いま、チームメートと野球ができることが本当にうれしいです。1年前は考えられませんでした。「野球ができない」という去年があったからこそ、野球ができることがうれしいのです。

     例年、健康診断を受けている医療機関で2016年12月、胃カメラの検査を受けました。妻が予約していて、「ただ待っているのもな」と思って自分も受けたらがんが分かった。

     自覚症状も全く無かったので「うそでしょ?」と思いました。先生からは、「これ、風邪」っていうぐらいに簡単に「あ、がんだね」と言われました。初見では悪いがん細胞でもないという話だったので、そこまで深刻に受け止めていなかった。手術で胃をちょっと切って、治ればまた戻れる、合流できると考えていました。

    ■つらい治療

     もしもあのとき、検査を受けなかったら、40歳まで生きていなかったかもしれません。胃を全摘出する必要があっただろうし、野球もできていなかったと思います。

     父が肺がんになったんですが、どこか他人事でした。後から新聞で「がんは2人に1人がかかる」と知って驚きました。なのに「自分だけはかからない」と思っていた。浅はかだったなと思います。

     でも「抗がん剤はつらい」という知識はあったんですよ。だからリンパ節への転移が分かり「ステージ3」と言われ、「抗がん剤治療が必要です」と言われたときが一番ショックでしたね。

     抗がん剤は、再発率や生存率を聞いて、半年間の治療を選びました。でも副作用が手足に残ると言われました。

     点滴と飲み薬を併用し、8セット繰り返す治療でした。1回目が終わった時は「これなら耐えられるだろう」と妻と話した記憶があります。でも抗がん剤って、治療が始まった直後にがくっと体調が悪くなる。インフルエンザにかかったみたいになり、下痢と嘔吐(おうと)も続く。治療が始まった日の夜は、眠るのが本当に怖かったですね。

     「やめたい」と思うこともありましたけど、スポーツ選手なので、元々しんどいことをやってきているんですよ。つらい治療も慣れてくる。とにかく「頑張ろう」と思っていたかな。ただ、8回目の終わりが一番きつかったです。ボールを持っても握っている感覚はないし、投げられない。「もうダメだ、野球はできないな」と思いました。

    ■妻やチームメートの存在が助けに

     つらい時に何よりも支えてくれたのは、家族。妻と息子2人が本当に支えになりました。長男は風邪を治すぐらいの軽さで「早くがん治してね」って言います。

     自分自身は抗がん剤や手術の傷口の痛みに耐えるだけでいいんですけど、妻はそれ以上のダメージがあると思います。「何でこのしんどさを分かってくれないんだ」と僕が思っても、そりゃあ分かりませんよね。必死で分かろうとしてくれる妻に当たってしまうこともありました。でも、独りで誰にも相談できなかったら、つらかったと思います。妻には本当に感謝しかありません。

     カープの菊池(涼介選手)とは、以前からご飯に行ったり遊んだりしていました。病気が分かった時も、一番最初に打ち明けたのは菊池です。チームメートはみんな明るく話してくれ、ありがたかったですね。

     試合前の休憩時間、球場の菊池からLINEでテレビ電話がかかってくるんですよ。試合前ですよ?(笑)

     「もしもし? 生きてるー? 元気そうな顔してるやん」って言われて、周りにいる選手たち一人ひとりと話して。励みになりましたね。病気になってしんどいと、「外に出よう」と思わなくなります。ほっといてくれ、独りにしてくれ、って思うんです。でも独りだと「抗がん剤がつらい」とか考えてしまう。それって良くないんだな、と思いました。

     菊池からの電話でも、しんどい顔は見せられない。動画なんで、ちゃんと座り直して「おう」と答えて、元気な姿を見せようとする。そうすると、電話した後もちょっと元気なんですよね。

     入院中に「来ないでくれ」って言う人、多いと思うんです。確かに「来ないでいい」と思っているんですけど、来てくれたら来てくれたで、元気な姿を見せようとするんですよね。そうやって振る舞うことで、少しずつ免疫力が上がるような気がします。

     がんって、独りで乗り越えていくにはつらい病気です。僕は、家族やチームメート、ファン、多くの方に励まして頂いて、本当に恵まれているんですよね。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00000017-asahi-soci

     広島が19日、広島護国神社で必勝祈願を行い、松田元オーナー(66)や緒方孝市監督(49)、コーチ陣に球団スタッフら82人が出席した。

     緒方監督は「気持ちは盛り上がってきた。早くユニホームを着たいなと思います。リーグ3連覇、日本一を目指して、最後の最後に勝ちきって終われる1年にしたい」と抱負。春季キャンプについては「一番は競争。中心選手はもちろんのこと、昨年活躍した若い選手にもう一皮むけて、成長した姿を見せてほしい」と若手への奮起を求めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00000147-sph-base.view-000

     広島・緒方孝市監督(49)が18日、阪神を最大のライバルに挙げ、虎の新外国人ウィリン・ロサリオ内野手(28)に警戒マークを付けた。今年初の公の場となった大阪市内での「株式会社プロアスリート設立披露パーティー」に出席。壇上で「3連覇を目指す上で、タイガースは最大のライバル」と標的を定めた。

     昨季は2位の猛虎に14勝10敗1分けで勝ち越し、10ゲーム差を付けた。しかし、慢心は全くない。中でも注視するのが新4番候補でもある新助っ人。「ロサリオが相当いい打者との情報が入っている」と話した。

     ロサリオはメジャー71発の、右の長距離砲。打線の核として働けば、広島にとっても脅威となり得る存在だ。「足もあるし、打撃もいいと聞いています」。180センチ、100キロの巨体ながら昨季韓国では10盗塁。指揮官は走塁意識の高さも耳に入れており、攻略法を練っていく。

     阪神を抑えた上で、交流戦についても「勝ち越さないとペナントは取れない」と改めて重要性を口にした。この日はオリックス・福良監督も出席しており「昨年もオリックスさんに3連勝させてもらったことが大きかった」と述懐。16年は同戦で鈴木の“神ってる”3試合連続決勝弾も生まれた。「今年も大事」と頂へ、気持ちを新たにした。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00000039-dal-base

    最速152キロの広島のドラフト2位右腕・山口=熊本工=が、小学校時代から関わりの深い畝(うね)投手コーチに成長した姿を見せることを誓った。

     2歳から小学5年まで過ごした広島では「高陽スカイバンズ」に所属。1学年後輩に、畝コーチの息子がいて「(畝コーチを通じて)選手のサイン入りバットをもらったこともあります。お父さんみたいな存在」。合同自主トレを視察した畝コーチは山口の姿に「たくましくなって…。目がギラギラしとる」と目を細めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00000035-sph-base&pos=2

     広島・新井貴浩内野手(40)が18日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で合同自主トレに参加。恒例となった阪神・能見篤史投手(38)との年賀状のやりとりを明かした。「今年は優勝させません」と“挑発”してきた左腕には昨季6打数1安打。今季はリベンジを果たし、“打倒カープ”に燃える昨季2位の虎を退治する。


     今年の元日も能見直筆の年賀状が目に留まった。昨年の「今年は打たせません」という“挑戦状”に続いて、今回は「今年は優勝させません。今年はウチが上に…」としたためられていた。阪神時代から気心知れた仲。かわいい後輩からのメッセージを新井はうれしそうに受け止めた。

     「去年は打ってないでしょ?新しいボールにやられたんよ。真っすぐを抜いた感じで、腕の振りがいいから、スーッとくるのを見てしまった。今年はそれ一本を狙っていく!」

     昨季は6打数1安打2打点4四球、打率・167。新井が苦戦したのは、緩い真っすぐだ。チェンジアップでもツーシームでもない。直球と同じ腕の振りからスーッと沈むからタイミングが合わない。「緩急がつくボール。投げるには勇気がいると思う。面食らったよ」。さすがの新井もお手上げだった。

     一昨年まで言わずと知れた“能見キラー”として鳴らした。16年は15打数7安打2本塁打、打率・467。通算でも62打数24安打、6本塁打、打率・387の好相性だ。「緩い真っすぐ一本で狙っていくから!」。今季の勝負はもう始まっている。あえて狙い球を明かすことで、左腕の心理を揺さぶった。

     能見の年賀状に書かれていたように、“打倒カープ”の機運はヒシヒシと感じている。16日には阪神・糸井が「広島を倒してテッペンを目指せるように。そこ(優勝)への執念を見せたい」と発言。昨季の2位阪神を中心に“カープ包囲網”が張り巡らされる中、新井は改めてチャレンジャー精神を強調した。

     「昨年、一昨年と連覇したことで、他球団はカープに負けないとくる。それに負けないように気合を入れて臨まないと。自分たちが挑戦者という気持ちを持たないといけない」

     この日は2日連続で合同自主トレに参加。キャッチボールやノックで汗を流し、打撃練習ではセンターから右方向を徹底した。キャンプインへ向けて、仕上がりは上々だ。元気いっぱいの新井サンが古巣と能見の前に立ちはだかる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00000012-dal-base

     広島は19日、春季キャンプのメンバー振り分けを発表した。ドラフト1位の中村奨成捕手(18=広陵)ら新人9選手は全員2軍スタートとなった。

     【1軍】

     <投手>九里、大瀬良、今村、岡田、野村、中崎、薮田、中田、一岡、高橋昂、塹江、藤井皓、ジョンソン、高橋樹、アドゥワ、戸田、辻、オスカル、ジャクソン、中村祐、カンポス、フランスア(練習生)

     <捕手>会沢、石原、磯村、坂倉

     <内野手>上本、田中、安部、堂林、新井、菊池、庄司、美間、西川、メヒア

     <外野手>丸、下水流、野間、松山、鈴木、バティスタ

     【2軍】

     <投手>福井、加藤、永川、横山、床田、ケムナ、飯田、山口、中村恭、長井、遠藤、平岡、佐藤、岡林、藤井黎、佐々木、モンティージャ(練習生)タバーレス(同)

     <捕手>中村奨、白浜、船越

     <内野手>小窪、桑原、エルドレッド、青木、木村

     <外野手>岩本、赤松、土生、天谷、高橋大、永井

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00104253-nksports-base

     ◇18年版球界新士録

     シャンシャン。上野動物園に愛くるしすぎるパンダが降臨した。しかし、その名前を聞いて広島の新人選手たちが真っ先に思い浮かべるのは、白黒のそれではない。彼らにとってのシャンシャンは、ドラフト4位で入団した永井だ。

     ドラフト1位の中村奨が永井のりりしい眉毛を見て、あだ名を「シャンシャン」と命名した。「あまり気に入っていないです」と名付けられた側は不満顔。パンダを生で見たこともない。テレビで取り上げられていた“本家”を見ても「これがシャンシャンか…」と、どこか人ごとだ。

     それでも、パンダ同様“全国区”になる心づもりはある。入寮時には、鏡とくしを持参した。「身だしなみは、ちゃんとしないといけないので。(髪の毛が)ボサボサだとダメと思って」。見た目から社会人としての第一歩を踏み出した。

     高校では外野手だったが、チーム事情も重なり内野転向案も浮上している。「サードは小学生のころにやっていました。自分的には外野のほうがいいんですけど」。慣れ親しんだ定位置との決別に、名残惜しさを感じさせるところが初々しい。

     幸運にも歩むべき道しるべは身近にいる。憧れの鈴木誠也は、母校・二松学舎大付の先輩だ。「偉大な先輩が近くにいて、しかも、お願いすれば見てくれる。本当にうれしいです。これから少しでも誠也さんに近づけるように頑張りたいです」。先輩は「神ってる」という最強のあだ名を授かった。こちらも“カンカン”打った先には、お気に入りの愛称が待っているかもしれない。 (河合 洋介)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180118-00000069-spnannex-base

     背番号はチームにとっても、選手にとっても代名詞といえる。今季からロッテを率いる井口資仁監督は現役時代と同じ「6」を背負うことになり、昨季のDeNA躍進に貢献した桑原将志は「37」から「1」へ“出世”を遂げた。

     一般的に1桁背番号は選手にとっても憧れの数字だが、偉大な選手が背負っていた番号として、“後継者”の出現を待つことも多い。また永久欠番となっている例もある。現時点で各球団の空いている1桁番号を探ってみた。 

    【パ・リーグ】 

    ◯ソフトバンク 「5」 
     ホークスは「5」が空き番。松田宣浩が2006年の入団から16年まで背負ったが、同年オフ、憧れていた長嶋茂雄が背負った「3」が空いていたため、変更となった。昨季「5」は誰もつけなかった。 

    ◯西武 「2」「4」 
    「2」は2013年から昨季まで金子侑司がつけたが、今季から「8」を背負うこととなった。過去には山崎裕之(1979~84年)や、吉竹春樹(1987~96年)らいぶし銀の選手が背負った番号だ。「4」は昨季から空き番。2016年はポーリーノが投手として初めてつけたが、1年で退団した。 

    ◯楽天 「3」「7」 
    「3」は昨季から空き番。創設時から08年まで吉岡雄二が背負い、09、10年はリンデン、11年はルイーズ、12年はフェルナンデスと続き、13年はマギーが背負って日本一に貢献。14年エバンス、15年はサンチェス、16年はゴームズとすっかり外国人選手がつける番号になった。「7」は創設から2011年まで山崎武司が、12年から17年まで松井稼頭央とレジェンド級の選手がつけた。松井が西武に移籍した今季は空き番。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180118-00102748-fullcount-base

    このページのトップヘ