広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

     広島のドラフト1位・加藤拓也投手(22)=慶大=が17日、広島・廿日市市内の大野屋内総合練習所での新人合同自主トレに参加。2度目のブルペン投球を行った。初視察した佐々岡真司2軍投手コーチ(49)から“ダメだし”を受けたが、本人は「今、投げられていることで十分」と大物感を漂わせた。

     期待のドラ1、加藤が2度目のブルペン入り。直球のみを31球投げた。ヤクルト・小川のような膝を高く上げるダイナミックなフォーム。この時期にしては球威十分に見えたが…。初視察した佐々岡2軍投手コーチが、思わず首をひねった。

     「上体だけで投げているし下半身が使えていない。ボールもシュート回転が多いよね。アマチュアで通用しても、プロは失投を見逃さないから」

     現役時代に沢村賞(1991年)も受賞した同コーチは“弱点”を見逃さなかった。東京六大学リーグ通算26勝の右腕に期待するからこそ、あえて厳しく指摘した。

     ただ、大学時代より早目の調整をしているルーキーは「今、投げられていることで十分」と平然としたもの。「シュート回転することがいいとは思っていないけど、(この時期は)気にしていない」。堂々とした様子には、すでに大物感がただよっていた。

     もちろん佐々岡コーチも「まだ投げ始めたばかりだからね。いいものがあって(プロに)入って来たわけだから」と今後を見守っていく構え。どう“プロ仕様”になっていくか。注目だ。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00000017-sanspo-base

     広島・松山竜平外野手(31)が、鹿児島県鹿屋市内で自主トレを公開。「神ってるバット」効果で開幕4番を目指す意気込みを示した。

     「去年のシーズンで(鈴木)誠也が長さ97センチで1キロくらいの重さのマスコットバットを使っていた。いいなと思って取り寄せて、このオフから使っている」

     下半身を使って飛ばす意識付けに成功。加えて今オフは、これまでほとんど行ってこなかった筋トレに取り組み、上半身も鍛え上げている。「継続してやっていけば、過去最高の状態でシーズンに入れる」と笑みを浮かべた。

     「新井さんを超えて、開幕戦に4番スタメンで出たい。目標は100打点。そのためには本塁打は20本くらい必要になってくる」。昨季、新井は打率・300、19本塁打、101打点。MVP級の活躍を見せる意気込みだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00000034-spnannex-base

     広島の新井貴浩内野手が18日、合同自主トレに合流。マツダスタジアムに隣接する室内練習場でノックを受け、今年初めてとなるフリー打撃を行った。

     11日から鹿児島・最福寺での護摩行に臨み、14日からは宮崎で名球会イベントに3日間、参加していた。

     久しぶりにチームメートと体を動かし「みんな良い顔をしていた。今年も『よし、やるぞっ!』という感じだった」と振り返った。2月1日から日南市で始まる春季キャンプまで2週間を切った。30日には40歳になる。「これから徐々に(コンディションを)上げていきたい」と意気込んだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00000051-dal-base

     広島の合同自主トレは17日、2日目が終了。ドラフト1位・加藤拓也投手(22=慶大)が2度目のブルペン入りで31球を投げ込んだ。

     その後の全新人によるウエートトレーニングでは居残りで汗を流した。実は新人の合同自主トレ初日(8日)から居残り筋トレを敢行。トレーナーに練習法やサプリメント、プロテインについて質問攻めにする一幕もあった。

     最速153キロ右腕は大学時代から筋トレにハマり、今ではベンチプレスで140キロ、スクワットは220キロを上げる怪力に。それもすべて「いい球を投げるため」と断言する。

     ある球団関係者は「フォークもあるし、抑えで使っても面白い。性格も物おじしないし、人に流されない。投手らしい投手」としつつ、こう続ける。「投げ方で言えばやわらかさではなく、筋力で投げる力投型。それだけに故障だけが心配。アマチュア時代に大きなケガは経験していないが、アマとプロは違う。あまりパワーに頼らないでほしい」。ブルペンを見守った佐々岡真司二軍投手コーチ(49)も「ボールの力で三振が取れるタイプでサファテ(ソフトバンク)のような投げ方。ただ、まだ上体に頼っているかな」と評していた。

     新人右腕は「今日は力んでしまったが、状態は悪くない。今投げられるだけで十分」とあくまで強気。自慢のパワーピッチングで即戦力となれるか、注目だ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00000033-tospoweb-base

     広島の大瀬良大地投手が17日、廿日市市内の大野練習場で行われている合同自主トレに合流。今年、初めてブルペンに入り、捕手を立たせて直球のみ33球を投げた。

     「そろそろ(マウンドの)傾斜を使って投げてみようかなと思った。暖かいとこでやっていて、急に寒いところに来たので、肩の出来などを見て入ろうかなと考えていたら、キャッチボールが良かったので入りました。去年に比べ、順調に来ています」

     8日から16日までは、沖縄市内でドジャース・前田や戸田、飯田、中田と合同自主トレ。1日の練習時間は約5時間と短いものの、密度の濃い練習を行ってきた。

     2月1日からは春季キャンプに臨み、開幕ローテを目指した戦いに挑む。マエケンからは「今年も(アメリカから)見ているから頑張れと言ってもらいました」と振り返り、「結果を残してまた(自主トレに)呼んでもらえるように頑張りたい」と意気込んだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000054-dal-base

     広島堂林翔太内野手(25)が16日、広島・廿日市市の大野練習場で行われた合同自主トレに参加した。


     13日までの護摩行で鼻や額にはやけどの痕が残る。「キャンプに向けて本当に気が引き締まった。こんなにきついことが世の中にあるのかと思った、きつい3日間でした」。弟子入りを願い出た新井に同行した苦行を振り返った。

     この日のフリー打撃では快音を響かせ、昨季途中から得た好感覚を持続させる。「(キャンプインの)2月1日からやれるところを見せないといけない」。定位置奪取へ向け、ここまで調整は順調に進んでいる。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-01766205-nksports-base&pos=1

     昨年、広島25年ぶりのリーグVに大きく貢献した菊池涼介。3月に開催されるWBCにも初参戦するとあって、現在ハイペースで調整中だ。

     菊池といえば球界を代表する守備の名手。時に“変態的”とも称される高い守備力を誇るがゆえ、打撃で注目を集めることはさほど多くない。

     そんな男も、昨季は181安打を放って最多安打の栄誉を獲得。初めての個人タイトルを手にした。ただし、菊池の本当のすごさを表す数字はそこではない。安打数とともに記録した、リーグトップの「23犠打」という数字にこそ表れている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00100789-baseballk-base

    このページのトップヘ