広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     球団史上初のリーグ3連覇へ死角はない。広島・会沢翼捕手(30)がデイリースポーツのインタビューに応じ、今季から務める選手会長としての在り方や、投打の懸け橋としての責任感などを語った。優勝と日本一へ向けては、チーム内の競争と助け合いの必要性を強調。22日に再開するリーグ戦でも、一丸で戦う決意を表明した。


      ◇   ◇

     -現在、リーグ首位にいる要因をどう考えているか。

     「やっぱり2連覇したことが自信になってると思う。『カープの野球をする』と緒方監督も常々言っていますけど、それが今の結果にもつながっていると思うし、野球はカバーのし合い。そこじゃないかなと思います」

     -昨年との違いは。

     「それほどこれが変わったということはないけど、本当に一人一人が自覚と責任を持ってやってくれていると思います」

     -過去に選手会長を務めた石原や新井に相談することはあるか。

     「どうしたらいいですか、というのはお二人に相談させてもらっているし、昨年選手会長をしていた小窪さんにも相談します。そういった中で僕も助けてもらっている。(3人からは)あまり背負い込むなと」

     -緒方監督からも言葉を掛けられているか。

     「監督も『選手会長だからって気負わずやれ』と言ってくださった。本当に駄目だと思ったところは、みんなと話し合いながらやっていくだけだと思う」

     -選手会長の理想像はあるか。

     「僕は12年やっていていろんな選手会長を見てるので、いいところを取り入れようかなと思います。一番は昨年までやっていた小窪さんの姿はいいなと思うところがたくさんあった。いい意味でいろんな人から慕われる。先輩からもかわいがってもらっていて、後輩からも気さくにしゃべれるというのがあります」

     -自身の打撃は、ここまで安定感が抜群な印象がある。

     「6月ですか。まだまだこれからだけど、一日駄目でも次の日に駄目だったことを反省できる。いい意味の反省をしているのがいいのかなと思います」

     -打撃面での昨年との変化は。

     「変えたつもりはないけど、昨年からやっていることを続けることが大事と思っている。続けることのしんどさ、大切さを大事にしています」

     -昨年よりも特に内角球を仕留める確率が高い。

     「自分の弱点というか、何が打てて何が打てていないかを昨年のオフは調べて、そこは自分で課題を持ってやっていた。オフは技術を身につけるところで、今は技術技術というところではない。配球や試合の流れ、そういうところを見ながら打席に立っている。相手がどういう配球をしてくるというのも、もう分かってる。簡単に言えばそこをね。捕手なので考えながらやっていけばいいと思うしね」

     -捕手としての積み重ねも打撃に生きているか。

     「ありますよね。捕手というのは本当に経験がいるポジション。試合に出ないと分からないことがたくさんある。引き出しを増やしていくことが捕手の仕事だと思うのでね」

     -3連覇へ向けて必要なことは。

     「昨年も苦しかったけど、今年もまだまだ苦しい戦いは続くと思う。そういう時にチーム力を上げていかないと駄目。それがカープのいいところ。やっぱり助け合いのスポーツだし、そこが一番だと思います」

     -自分自身の出場試合数にこだわりはあるか。

     「試合数は1試合1試合の積み重ねだと思っているし。そこで信頼されて増えていけばいい。1試合1試合の積み重ね。あまり考えないようにはしてます」

     -残り試合、どのように臨んでいきたい。

     「1試合1試合、必死にやることが一番大事。そのために準備を怠らずやっていくことが大事だと思います」

     -準備で大切にしていることは。

     「何回戦もやっていくのでどういうふうに抑えたか、どういうふうに打たれたかは配球の面では大前提で(頭の中に)入れておかないといけない。その中で打者の調子、投手の調子を考えながら。ゲームは動きますから、生き物だと思うし。まず試合前に1~9番は頭にたたき込み、想定は絶対するようにはしています」

     -昨年はベストナインを受賞した。個人タイトルへの意識は。

     「あまり考えてないですね。まずは目の前の1試合1試合を戦っていって。最終的な目標は優勝して、2年連続でなれなかった日本一になってくると思う。まずはリーグ優勝を目指して戦っていくことかなと思います」

     -昨年、一昨年を経験してより日本一への思いが強まった。

     「やっぱりありますよね。まずその権利を得るために必死になってやって、そこからまたもう1段階ギアを上げることになってくるのかなと思います」

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000031-dal-base

     球団史上初のリーグ3連覇へ死角はない。広島・会沢翼捕手(30)がデイリースポーツのインタビューに応じ、今季から務める選手会長としての在り方や、投打の懸け橋としての責任感などを語った。優勝と日本一へ向けては、チーム内の競争と助け合いの必要性を強調。22日に再開するリーグ戦でも、一丸で戦う決意を表明した。


      ◇   ◇

     -交流戦は苦戦したが、それでもここまでセ・リーグ首位を走る。チームの雰囲気はどうか。

     「昨年と変わらずいい雰囲気でやっています。みんな一生懸命、必死になってやってくれてますから」

     -今季から選手会長を務める。心掛けていることは。

     「昨年も副会長をさせてもらっていたので、いろんな話を聞いてあげることは大事にしている。野球以外のこともだし、困ったことがあったら聞いてあげるようにしている。食事会場とかでもしゃべるようにしているし、気に掛けている。そういうことも僕は苦ではないので」

     -捕手としても投打の懸け橋。交流戦では投手陣が打たれる場面も目立った。

     「そこは目立ってしまうところで、難しい部分はある。助け合いは絶対必要なので、そこをないがしろにしたら2年連続優勝はできてないと思う。僕も考えるところはあるし、チームスポーツなので話を聞きながらやっています」

     -相次ぐ主力の故障離脱があった。リーグ3連覇への壁も感じているか。

     「それはないんじゃないですかね。やっぱり2連覇しててもレギュラーは限られてたわけであって。そこにみんな入りたい、とレギュラーになりたい子たちは虎視眈々(たんたん)といますから。そこでワンチャンスをつかむんだというのがチーム力だと思う。誰かが抜けた時に誰かがカバーする。その力があるのがうちだと思うし、他にはあまりないのかなと思います」

     -そんな中で野手では今季、野間の活躍が象徴的。

     「そうですね。野間が頑張ることによって(一時離脱していた)丸もまた頑張る。相乗効果で、他の子がまた頑張る。レギュラーもうかうかしていられない。それがチーム力。団結力もそうだけど、いいところなのかなと思います」

     -投手では今季、特に大瀬良が好成績を残している。昨年までと変化は。

     「今は自信を持って投げてくれているのが一番だし、フォームがしっくりきているというところ。すごく勉強熱心だし、相手打者のことを本当に研究するようになったなと思います」

     -若い投手も多い。捕手として受けていてどう感じている。

     「これからの子たちが多いですから。マウンドに上がったら若手若手じゃなくて、自分があそこに立っているんだからいい意味で勘違いもしてほしい。野球というのは投手が主役なわけだから。投球もだけど、野球に対する姿勢とかも教えながら、話し合いながらやっています」

     -投手によって声の掛け方なども変えているか。

     「変えてますね。性格によってその日に反省する人もいれば次の日の方がいい、また次の日の方がという投手もいる。そのへんは見ながらやっています」

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000030-dal-base

     広島が20日、マツダスタジアムで指名練習を行い、野手では野間、西川、バティスタ、投手では大瀬良、ジョンソン、九里、永川、アドゥワ、中崎らが参加した。

     高卒2年目アドゥワはここまで26試合に登板し、1勝0敗、防御率2・30と奮闘。22日阪神戦(甲子園)からのリーグ戦再開に向けて「与えられたところで結果と内容を出せるようにしたいです」と決意を新たにした。

     小さい頃はサッカー少年で「野球より遊びと言えばサッカーでした」。日本代表・浦和レッズの槙野のファンで「プレーもそうですし、おもしろい」と声を弾ませる。前夜のサッカーW杯の試合はテレビで観戦。日本の勝利を見届け「すごい」と刺激を受けていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000067-dal-base

     毎年、数多くの助っ人が日本にやって来るが、シーズンオフになると日本を去る外国人もまた数多い。結果を残し長く日本でプレーするのは限られた選手たちだけ。成功を収める外国人を発掘するのは、なかなか簡単なことではない。


     逆に日本で成功し、メジャーリーグでも大活躍を収める選手もいる。今季カージナルスで先発ローテの柱となっている元巨人のマイルズ・マイコラス投手は、そのいい例だ。ここまで14試合に先発して7勝2敗、防御率2.69と申し分のない成績を残している。

     またヤクルトのプレストン・ギルメット投手や、日本ハムのクリス・マーティン投手もそれぞれのチームで、メジャーのロースターに入っている。昨季、12球団に在籍し、昨季限りでチームを去った助っ人外国人。今季、米国でプレーしている元助っ人たちは、どれほどの成績を残しているのだろうか。

    ○巨人
    マイルズ・マイコラス(カージナルス)
    14試合14先発7勝2敗0セーブ 防御率2.69

    ○阪神
    エリック・キャンベル(マーリンズ傘下3A)
    57試合202打数68安打3本塁打45打点 打率.337
    ジェイソン・ロジャース(米独立リーグ・ニューブリテン)
    30試合110打数35安打2本塁打28打点 打率.318
    ロマン・メンデス(ナショナルズ傘下2A)
    22試合(0先発)3勝2敗4セーブ 防御率3.72

    ○広島
    ライアン・ブレイシア(レッドソックス傘下3A)
    25試合(0先発)2勝4敗8セーブ 防御率1.69
    ブレイディン・ヘーゲンス(ダイヤモンドバックス傘下3A)
    13試合(8先発)3勝3敗1セーブ 防御率6.43

    中日
    ○エルビス・アラウホ(オリオールズ傘下1A+)
    9試合(0先発)2勝0敗0セーブ 防御率3.65
    ○ホルヘ・ロンドン(ホワイトソックス傘下2A)
    9試合(0先発)0勝1敗0セーブ 防御率4.85

    ○ヤクルト
    プレストン・ギルメット(カージナルス→ブルージェイズ)
    3試合(0先発)0勝1敗0セーブ 防御率15.00

    ○ソフトバンク
    カイル・ジェンセン(ジャイアンツ傘下3A)
    52試合189打数37安打5本塁打27打点 打率.196

    ○西武
    ステフェン・ファイフ(インディアンス傘下3A)
    10試合(10先発)3勝5敗0セーブ 防御率6.79
    ブライアン・シュリッター(ドジャース傘下3A)
    28試合(0先発)2勝1敗9セーブ 防御率3.00

    ○オリックス
    マット・ウエスト(米独立リーグ・シュガーランド)
    13試合(0先発)0勝0敗0セーブ 防御率0.00

    ○日本ハム
    クリス・マーティン(レンジャーズ)
    23試合1勝1敗0セーブ 防御率3.92

     こうして見てみると、日本を離れた後も結果を出すのに苦労している選手も数多く見受けられる。メジャーでプレーしているのはマイコラス、ギルメット、マーティンの3人だけ。多くは傘下3Aに在籍しているが、中には2Aや独立リーグでプレーしている選手もいる。

     また、ここに名前のない中でも、例えば、ロッテのパラデス(韓国・斗山を戦力外)のように米国以外、韓国やメキシコ、ドミニカなどでプレーを続けている選手も少なくない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00139287-fullcount-base

    ヤクルトの石井琢朗打撃コーチ(48)の妻で元フジテレビアナウンサーの石井詩織さん(42)が、20日放送のTBS「壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち」(水曜後7・00~9・57)に出演。石井コーチがセ・リーグ連覇を果たした広島を退団した真相が明らかとなる。

     現役時代の最高年俸2億4000万円。超一流選手の証でもある2000本安打を達成した石井コーチ。昨年まで所属していた広島では強打の打線を作り上げ、チームを2年連続リーグ優勝に導いたが、今年からは昨季最下位だったヤクルトで打撃コーチを務めている。

     一方、詩織さんはフジテレビの元アナウンサーで「プロ野球ニュース」のキャスターを務めているときに石井コーチと出会った。2人は1年の交際を経て、2001年に結婚。詩織さんは結婚後すぐにアナウンサーを辞め、専業主婦となり、陰ながら夫を支え続けてきた。

     夫婦は3人の子宝に恵まれ、中でも次女のさやかさんは雑誌で何度も取り上げられるほどの天才テニス少女に。ところが、結婚16年目となった昨年、プロスポーツの厳しい世界で生きてきた石井コーチとスポーツ経験が全くない詩織さんは、テニスのプロ選手を目指すさやかさんの教育方針を巡って衝突した。

     結局、さやかさんの意思を尊重することにした2人。娘から送られてきたとあるメッセージで、ついに石井コーチは広島を退団し、東京に戻ることを決断する。詩織さんがカメラの前で見せた涙の理由とは――。名伯楽の衝撃的な移籍の真相が明かされる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000000-spnannex-base 

     広島の投手指名練習が19日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で行われ、大瀬良大地投手らが参加した。

     大瀬良はリーグ再開後の初戦となる22日の阪神戦(甲子園)に先発する見込み。この日は登板前最後となるブルペンでの投球練習を行った。

     前回15日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)では、3本塁打を浴びて今季ワーストの4回7失点でKOされた。ブルペンでの投球練習を終えると「ボールに強さがあった」とにっこり。フォームを修正し、虎狩りの準備を終えた。

     チームは交流戦を7勝11敗で終えた。リーグ戦再開後の初戦を白星で飾ることができれば、チームは再び上昇気流に乗れる。また、個人記録ではリーグトップの9勝を挙げており10勝に王手を掛けて臨む一戦だ。「チームが勝てるように頑張りたい」と意気込んだ。

     また、18日の日本ハム戦で中継ぎ登板したフランスアが練習に参加した。次回は先発で起用される見込み。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00000091-dal-base

     大阪育ちの広島・西川龍馬内野手が19日、公式ブログを更新し、大阪で18日早朝に発生した大地震への思いをつづった。

     「皆様」と題したブログで「昨日の朝、自分の育った大阪を中心に大地震に見舞われたとの報道を見て大変驚きました。私の両親、兄弟、実家は幸いにも無事で安心しました。しかしながら、避難を強いられ大変なお思いをされている方がいらっしゃることも報道で知りました。そしてまだまだ余震も続いていますし、大きな不安の中で生活をされている方もたくさんいらっしゃると思います。一日も早く平穏な気持ちで過ごせる日常が来る事を願うばかりです」とつづった。

     高校は福井の敦賀気比、社会人は愛知の王子そしてプロ入り後は広島で過ごしている。しかし、小、中学と大阪で過ごし今も実家は大阪にある。それだけに大阪のことが気になるようだ。「自分は野球選手なので、一生懸命プレーする姿を見て頂く事しか出来ません。少しでも喜んで頂けるようなプレーが出来るように、しっかり頑張ります」と締めた。

     西川は2015年度ドラフト5位で広島に入団。ルーキーイヤーの2016年は開幕1軍入りを果たし、2戦目でプロ初打席初安打を記録。シュアな打撃で連覇に貢献。昨年は第1回アジア・プロ野球チャンピオンシップの日本代表に選出された。3年目の飛躍が期待された今季は、開幕当初から打撃不振に陥り、2軍落ちも経験。現在は1軍に復帰し、22日からペナントレース再開に備えている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00000085-dal-base

     「交流戦、広島2-6日本ハム」(18日、マツダスタジアム)

     広島・緒方孝市監督が交流戦を総括し、リーグ戦再開へ視線を向けた。今季は7勝11敗と苦戦し、4年ぶりの負け越し。この夜も先発・福井が日本ハムに先制され、打線は必死に追い上げたが、逆転はならなかった。

     試合後、指揮官は「この6月は厳しい戦いになると自分でも思っていたし、こういう結果になってしまった。ここからまたリーグ戦が再開するし、いろんな課題が出ているので投手を中心とした野球をしっかりできるようにしたい。そこを修正できないと、これから先厳しい戦いが待っている。これを乗り越えないと大きな喜びもない。またそれができるように頑張っていく」と言葉に力を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00000155-dal-base

     元広島のブレイディン・ヘーゲンズ投手が、地元紙の特集記事の中で日本での2年間を振り返り、今季からエンゼルスに移籍した大谷翔平投手、そして元同僚の広島・鈴木誠也外野手についても語っている。


     ヘーゲンズは2016年に広島に加入。50試合に登板(6先発)して7勝5敗、防御率2.92の好成績を残し、25年ぶりのリーグ制覇に大きく貢献した。だが、2017年は11試合の登板にとどまり、防御率6.60と苦戦。チームはリーグ連覇を達成したものの、貢献することはできず、シーズン後に自由契約となった。

     今季はダイヤモンドバックスとマイナー契約を結び、米球界に復帰。3Aリノ・エーシズで12試合に登板(7先発)し、2勝3敗、防御率6.75とまだ波に乗れていないが、日本球界での経験を生かして4年ぶりのメジャー復帰を目指している。

     ヘーゲンズが来日した2016年、広島とともに日本球界の話題の中心となっていたのが、日本ハム(当時)の大谷だった。投手として21試合登板(20先発)で10勝4敗1ホールド、防御率1.86、打者として打率.322、22本塁打、67打点という衝撃的な成績を残し、パ・リーグのMVPを獲得。ヘーゲンズが所属していた広島は日本シリーズで日本ハムに敗れ、日本一を逃した。

     二刀流右腕の印象について、ヘーゲンズは記事の中で「日本に着いた時に、彼のことを聞いたよ。彼は日本のスターだから、気をつけないといけない、と言われた。彼のスイングはいつも良かった。彼にも弱点はあったが、他の良い打者と同じように、こちらがミスをすると打つ。投球が意図したように変化せず、スポットをミスすると、打つ選手なんだ」と語っている。失投は許されない好打者と見ていたようだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00138457-fullcount-base

     昨季まで2年間、広島でプレーしたブレイディン・ヘーゲンズ投手は現在、ダイヤモンドバックス傘下3Aリノ・エーシズでプレーしている。今季12試合登板(7先発)で2勝3敗、防御率6.75。やや苦戦しているものの、2014年以来となるメジャーのマウンドを目指して奮闘中だ。



     そんな29歳の右腕にとって、日本での経験はかけがえのないものだったという。地元紙「リノ・ガゼット・ジャーナル」が「エーシズの投手・ヘーゲンスにとって日本での経験は学びの場となった」とのタイトルで特集を掲載。本人が同紙の取材に応じ、2年間を過ごした日本、そして広島ファンへの“愛情”を明かしている。

     記事では、ヘーゲンズが日本で最初に気づいたことが「尊敬」だったと紹介。日本のファンは皮肉やヤジよりも、試合を楽しむことに重きを置いていると語ったという。当然、日米の文化の違いには驚いたといい、「カルチャーショックがある。日本人はとても歓迎するんだ。日本のファンはより親切だ」と振り返っている。

    「日本では試合へのスピリットと応援することがより大切なんだ。アメリカでは、連続でボールを8球投げたとしても、ストライクを投げるとすぐに、観客は歓声を上げる。日本では、そんなこと関係がないんだ。どんな状況でも彼らは応援する。ヤジる人はいないんだ。選手が良いプレーができるように、いつでも応援するんだ」

     本人のコメントからは、広島ファンへの深い愛情が伝わってくる。特集では「彼は異なる文化を経験する機会は、見逃すのが惜しいくらい良い機会であったと語った」とも紹介。ヘーゲンズが日本の文化に触れたことをポジティブに捉えていることも分かる。そして、球場で強く感じた「尊敬」は、日頃の生活の中にも溢れていたという。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00138413-fullcount-base

    このページのトップヘ