広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     【決断~ユニホームを脱いだ男たち~(11)広島・土生翔平外野手】同い年が異様にまぶしかった。「タナ・キク・マル」に安部、野村と同じ平成元年生まれの世代。「1年ごとに、どんどん同級生が活躍していくのを見ていたので…。みんなと喜び合いたかった」。一番の思い出となる試合の直前、土生の隣にいてくれたのは同学年の仲間だった。



     16年6月3日、本拠地マツダスタジアムでのソフトバンクとの交流戦。プロ5年目にして「6番・右翼」で初先発に抜てきされた。「緊張しましたね」。とても普段通りではいられない。だからこそ、いつもと変わらない明るさで接してくれる3人に救われた。「菊池とか、田中に丸も。声をかけてくれて。緊張をほぐそうとしてくれていました」。「タナ・キク・マル」に安部との“同学年クインテット”が先発オーダーにそろい踏みした日、7回の第3打席で東浜の直球を右前に運んでプロ初安打を決めた。一塁ベース上ではソフトバンク・内川から「やっとプロ野球生活が始まったな」と声をかけられた。

     しかし、これがプロ野球人生、最初で最後の安打になった。プロ初安打の翌日も2試合連続で先発起用され、2打数無安打。この試合が最後の先発となった。

     「先発を2回もらって、そこでいい形を残していれば、そのあとも少しは変わっていたのかもしれない。僕の実力不足なので、仕方ないです」

     最後までケガに泣かされた。昨季は2軍で打率・317を残して勝負の年となるはずが、今春キャンプでいきなり故障で離脱。復帰後も故障が重なり、「“今年ダメなら終わり”という思いでやってきた中でキャンプでケガをしてしまって…。そこで腹はくくっていました」と戦力外通告を受け止めた。

     広陵で夏の甲子園大会で準優勝。進学した早大でも3年秋のリーグ戦で首位打者を獲得するエリートコースを歩みながらプロの壁は高かった。それでも、名門の高校、大学でともに主将を務めた人望はチーム内でも厚く、今後も球団に残ってスコアラーを務める。少しうらやましく見えた仲間がさらに輝けるように。同学年物語は終わらない。(河合 洋介)

     ◆土生 翔平(はぶ・しょうへい)1989年(平元)8月16日生まれ、広島県出身の29歳。広陵では主将を務めた3年春の甲子園8強、夏準優勝。早大では3年秋に首位打者でVに貢献。11年ドラフト4位で広島入団。5年目の16年に1軍デビューを果たした。1メートル80、87キロ。右投げ左打ち。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000083-spnannex-base

     広島・鈴木清明球団本部長は12日、マツダスタジアム内で報道陣に対応し、巨人へFA移籍した丸の人的補償に伴うプロテクトリストが届いたことを明かした。

     「時間をかけて精査をしながらやっていきたい。それなりの人がいれば(選手獲得を選択する)」と絞り込み作業に取りかかる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000128-spnannex-base

     プロ野球の若手選手たちの体作りを支える寮の食事。栄養バランス、ボリューム、品数など、あらゆる角度から計算し尽くされた“プロの料理”を随時紹介していきます。セ・リーグ3連覇を果たした広島の大野寮のメニューとは…。


      ◇  ◇

     朝昼晩と、日々食事が繰り返される大野寮の食堂。2、3軍の若手選手らが生活し、ここから土台を作って1軍の舞台へ羽ばたいていく。若鯉に食事を提供して34年目となる宮本悦夫料理長は「食べる相手が変わらないので、やはり家庭料理が理想です。飽きずに、いくらでも食べられる料理を」と重要なポイントを説明した。

     一日4000~5000キロカロリーを目安に、バラエティーに富んだ食事が並ぶ。新人施設見学も行われた11日の昼食(写真)は海鮮丼、ハマグリのお吸い物をメインに自由に選べるサラダなど。バランスへの意識はもちろん、「食べやすいように」と殻付きの食材などは極力選ばないという。

     量を取ってもらうため、最大限に工夫を凝らす。例えば夜は肉、魚のメイン、小鉢2品、汁物、サラダ。さらにフリーのサブメニューを4、5品用意する中には「若いと特に肉系統を体がほしがる」と、必ずローストビーフなど肉メニューが盛り込まれている。

     選手の要望にも応える。宮本料理長は選手個々の嫌いな食べ物リストを作成し、代用できる食材を作ってきた。ドミニカカープアカデミーもあることから、1993年に宮本料理長は約2週間現地でドミニカ料理を学んだ。現在も提供しており、今季フル回転したフランスアは「ポジョギサード」という母国の鶏肉料理がお気に入りで食べていたという。

     球団史上初の3連覇に貢献したナインもこの食事を胃袋に収めてきた。鈴木は若手時代「夏場痩せるので、ください」と一日4~5食をかき込んでいたといい、アドゥワも体重が増えにくいことから自ら食事の回数を増やしていたという。

     また、宮本料理長は未来のスポーツ界を担う中高生のアスリートへも助言した。オススメの料理は鍋料理。「野菜も栄養素も入っている。バランスが最高です」とし、作る側の両親へ「嫌いなものは嫌いと認めてあげて、代わりを食べれば問題ない」と言葉を送った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000049-dal-base

     2018年のFA戦線も、宣言選手の来季所属先がすべて決まり、幕を閉じた。宣言残留した選手、新天地を選んだ選手と行き先は様々だが、選手が流出した球団は、トレードや外国人選手の獲得などによる補強、あるいは若手選手の育成により、穴を埋めなければならない。丸佳浩外野手が巨人に移る広島だが、不動の中堅手が抜けた穴を埋めるプロスペクトは出てくるか。その候補となる選手をピックアップしてみた。(今年のドラフト指名選手は除く)


     主力が欠けても、その穴を埋める存在が必ずいるのが、広島のセ・リーグ3連覇を支えた強さでもあった。今シーズンも、鈴木誠也、丸が故障離脱した際、昨年まで代走・守備固め要員だった野間峻祥が打撃面で急成長。外国人選手のメヒア、バティスタも頑張った。ファームを見渡すと、丸の穴を埋める候補として次の選手が挙げられる。

    ○高橋大樹外野手(2012年ドラフト1位)
     龍谷大平安からドラ1で広島に入団して来季で7年目。同年ドラフト2位で入団し、今や押しも押されぬ4番打者に成長した鈴木誠也(二松学舎大付高)と同期で、将来性は鈴木に勝るとも劣らないと評価された大器。時間はかかったが、少しずつ力をつけてきた。今年のウエスタン・リーグでは、98試合出場、打率.272、10本塁打、35打点。98安打は阪神・板山と並ぶリーグトップ、長打率.422(リーグ3位)と持ち前の長打力が発揮されてきた。4年ぶりに1軍の試合にも出場し、8試合15打数5安打、打率.333。打席は少ないながら、打力の非凡さを見せた。丸が抜けた来季は、高橋大にとって鈴木に追いつく大きなチャンスだろう。

    ○下水流昂外野手(2012年ドラフト4位)
     もともと長打力には定評があり、1軍でも代打を中心に起用されてきた。今シーズンはキャリアハイの67試合に起用され、打率.263、4本塁打、12打点。7月20日の巨人戦では逆転サヨナラ2ラン本塁打を放つなど、勝負強さは格別だ。これまでは“代打屋”だったが、もちろん、本人がそれで満足しているはずはない。外野手は守備力より打力が優先されるポジションでもある。2016年には116打席に立ち、5本塁打をマークしているだけに、一皮むけるいいチャンスだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00264594-fullcount-base

     毎年恒例となっているメープルヒル病院(広島県大竹市)の「カープもちつき・クリスマス会」が11日、同病院で行われ、広島の磯村、飯田、庄司の3選手と、安仁屋宗八氏、達川光男氏らカープOB、植田1軍バッテリーコーチ、歌手の南一誠ら13人が参加した。

     「もちつき・ぜんざい会」では選手が力強くもちをつき、安仁屋氏から「庄司はしっかり腰が入っているね」とお褒めの言葉も。同病院の患者、併設の介護老人保健施設「ゆうゆ」の入所者ら約60人と、一般参加者約100人にできたてのぜんざいが振る舞われた。

     続いて行われた「クリスマス会」では、カープクイズ大会や南一誠の歌の披露、託児所園児による踊り、選手からのプレゼント贈呈などがあった。

     磯村は「たくさんの方に応援していただき、来年も頑張ろうという気持ちになった」と笑顔。飯田は「来年は(1軍で)活躍して、またここに来たいです」と話していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000079-dal-base

    広島ドラフト1位の小園海斗内野手(18=報徳学園)が11日、同じ遊撃の田中に「弟子入り」を志願した。他の新人7人とマツダスタジアムを見学し、トレーニング中の田中と鉢合わせ。「よろしく」と、握手してもらった。


    小園にとって、田中はこれ以上ない手本だ。568試合連続フルイニング出場はセ・リーグ現役最多。今季はゴールデン・グラブ賞を初受賞している。「バウンドをどう合わしたらいいのか。どう対処しているか、どういう意識をもっているか聞いてみたい」。この日は遊撃の場所に立って感触も確かめ、守備位置への思いを募らせた。

    田中は小園の質問について「それはもう、もちろん(答える)。やりやすい環境をつくってあげたい」と歓迎した。レギュラー取りに向け超えねばならない先輩の懐に、小園は思い切って飛び込む。【村野森】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00416547-nksports-base

    「走攻守で見せる日本を代表するショートになりたい。積極的なプレーで球場を魅了したい」

     広島は10日、広島市内のホテルで新入団選手発表記者会見を行った。ドラフト1位の小園海斗(18=報徳学園)は背番号51のユニホーム姿を披露。「鈴木誠也さんがつけていた番号なので、プレッシャーになりますが、力に変えたい」と誓った。

     転機は1年前だ。報徳学園は秋の兵庫大会3回戦で明石商に敗れ、翌春のセンバツ出場が絶望的になった。寮ではなく自宅通いの小園は、明石トーカロ球場からの帰りの車内で家族会議を行った。

     なでしこリーグの前身・Lリーグでプレー経験がある元サッカー選手の母・こず江さんがこう言う。

    「『これからどうする?何が足りないと思う?』と海斗に聞くと、『技術もそうやけど、一番は勝ち抜く体力かな』と言うんです。『それなら体を大きくしよう。朝から変えよう』と。朝練に出ないと決めたんです」

     体を大きくするために練習をしないという。報徳学園の朝練は冬季は自主練だが、主力選手が顔を出さないのは勇気がいる。案の定、他の部員の「小園来てないやん」との声が耳に届いた。

     こず江さんが続ける。

    「朝から動いていたら体重はなかなか増えません。『誰に何を言われようが、結果を出せば言われなくなるから。朝練は朝ごはんや』と言って聞かせ、毎朝300グラムのご飯が入る大きな茶碗で2杯をノルマにしました。体が重くなって足が遅くなっては意味がない。増量しても持ち味のスピードを殺さないよう揚げ物を控えたり、細心の注意を払いました。報徳の1年先輩でエースだった西垣さん(早大1年)の家が兼業農家をされていて、お米を送ってくださるので大変助かりました」

     2年時に参加したU18高校日本代表でチームメートだった清宮(日本ハム)を見て、パワーアップのための食事やトレーニングの重要性を感じていた。もともと、食は太くなかったが、2年秋から3年春までの母との「朝の食トレ」が奏功し、73キロから80キロの増量に成功した。一冬を越えて打球は力強さを増し、欲しかった「体力」を手にした今夏は甲子園8強。中日1位の大阪桐蔭・根尾に並ぶ4球団が1位指名で競合するトップ選手に駆け上がった。

     FAで丸が抜ける広島の次世代のスター候補である。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000016-nkgendai-base

     広島のドラフト1位・小園海斗内野手(18)=報徳学園高=が11日、他の新人7選手と共にマツダスタジアムの見学に訪れた。遊撃の守備位置で土の感触を確かめるなど、周囲を見渡した金の卵は「きれいだな、広いなという印象はありました」と目を輝かせた。

     特に目についたのは、球場横に隣接する倉庫型卸売チェーンの巨大店舗だった。「周りに色んなものがあるなという印象もあった。コストコだったり。あれがいつもテレビで見えているやつなんだなと思いました」と18歳らしく初々しい姿を見せていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000067-sph-base

     今季、球団史上初のリーグ3連覇を達成した広島は、4日に新外国人のケーシー・ローレンス投手の獲得を発表した。今季マリナーズでプレーした右腕は、いったいどんな投手なのか。米国時代のデータから特徴を探ってみよう。


     31歳のローレンスは、昨季ブルージェイズでメジャーデビュー。シーズン途中にマリナーズに移籍した。2年間でメジャーでは通算38試合に登板(2先発)。3勝3敗、防御率6.64、計78回2/3で66奪三振、35与四球、105被安打、13被弾、60失点(自責58)、WHIP(1イニングあたりの与四球+被安打)1.78というデータが残っている。

     米データサイト「Baseball-Reference.com」によると、右打者に対してはキャリア通算199打数60安打の被打率.302、被出塁率.364、被長打率.467で被OPS(出塁率+長打率).831。一方、左打者に対しては通算130打数45安打の被打率.346、被出塁率.423、被長打率.569、被OPS.992となっている。右腕としては当たり前だが、左打者により打たれている。

     また、米データサイト「ファングラフス」によると、メジャー通算で投じた球種の割合は、ファストボール56.7%、スライダー26.5%、カーブ2.0%、チェンジアップ14.8%。ファストボール(速球)といっても、56.7%のうちフォーシーム(直球)が19.1%で、シンカー(ツーシーム)が37.2%(残りは判定不能)となっており、米国の投手らしくボールを手元で動かすタイプと言える。

     また、フォーシームの平均球速は91.5マイル(約147.3キロ)、シンカーが同91.3マイル(約146.9キロ)と、この2つのボールにはスピード差がほとんどない。変化球は、スライダーが同81.9マイル(約131.8キロ)、チェンジ・アップは同83.8マイル(約134.9キロ)、カーブは同78.9マイル(約127キロ)となっている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00263961-fullcount-base

    このページのトップヘ