広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     セ・リーグ首位の広島は27日、敵地でDeNAに4-3で逆転勝ちした。1点を追う7回に代打・新井が逆転タイムリー。先発・野村は6回6安打3失点の粘投で4勝目(2敗)を挙げた。2位阪神が敗れたため、ゲーム差は「6」に広がった。

     まずは初回、DeNAロペスが野村から先制弾。先制に成功するも、広島は2回にDeNA先発・濱口から田中が押し出し四球を選んで同点。さらに、3回は安部が勝ち越しタイムリーを放った。

     しかし、DeNAはその裏にロペスがセカンドへタイムリー内野安打。同点に追いつくと、6回には筒香のソロ本塁打で勝ち越した。

     3連勝中のルーキー濱口は6回7安打7四球ながら2失点の粘投で降板。7回はパットンがマウンドに上がったが、広島は2死二、三塁のチャンスを作る。ここで代打・新井が逆転タイムリーツーベース。広島が試合をひっくり返した。新井はこれで3501塁打として、史上28人目の3500塁打を達成。「打撃の神様」川上哲治氏(3500塁打)を超え、歴代27位に浮上した。

     広島は7回を中田、8回を中崎、9回は今村とつないで1点のリードを死守。3連勝を飾り、貯金19とした。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00010023-fullcount-base

     広島の菊池涼介内野手が27日のDeNA戦で立ち上がりに“難なく”美技を披露した。

     初回、DeNAの先頭打者・桑原が野村の外角へのスライダーをバットの先で捉えた。ライトへ抜けるかと思われたが、菊池が一二塁間の深い位置で追いつくと、回転しながら一塁へ力強い送球。俊足の桑原はアウトとなった。

     バットの先に当たっていたため、打球はやや不規則な回転となっていたものの、菊池は“難なく”美技を完成させた。圧倒的な守備範囲を誇る名手に救われた形となった野村だが、続く梶谷は四球。二盗を會澤が差したものの、2死からロペスのソロ弾で先制点を献上した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00010017-fullcount-base

     MLBで躍動する日本人メジャーリーガーにも、甲子園を目指していた10代の頃があった。ドジャース・前田健太(PL学園)の高校時代を追いかけた当時の担当記者が、忘れられないワンシーンを回想した。

     とにかく純真な少年だった。あの夏、前田健太が流した大粒の涙を今でも忘れることができない。

     06年7月、夏の大阪大会準々決勝でPL学園は東大阪大柏原と対戦した。1―1で迎えた2回、先発の冨田が4点を失い、なお2死三塁のピンチ。準決勝を見据えて温存され、左翼の守備に就いていた前田が急きょ、マウンドに向かった。右腕をグルグル回しながら慌てて投球練習。「まさか2回に出番が来るとは…」。連続四球からの連打で2点を献上した。6―9。序盤の大量失点を挽回できず、高校最後の夏は終わった。

     球場から引き揚げるエースの背中を仲間が、ねぎらいの言葉をかけながら叩いた。言葉にならないむせび泣きが、仲間への返事だった。「この経験を野球人生に生かしたい。次は絶対に負けたくない」。そう記者に心情を明かしてくれた。

     広島ではエースとして君臨。昨年から海を渡り、憧れのメジャーリーグに活躍の場を移した。あの悔しさをバネに努力を積み重ね、才能を磨き上げたに違いない。野球を愛し、うまくなりたいと思う気持ちは誰よりも強い。マエケンとは、そんな男だ。(06年大阪アマ野球担当・小谷 竜一)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00000223-sph-base

    <広島5-0阪神>◇25日◇マツダスタジアム

     広島が独走モードに突入だ。2位阪神との直接対決で、菊池涼介内野手(27)がきつ~い1発を見舞った。4回。リードが2点に広がり、なおも2死一塁。「反応」と振り返る1発は、岩貞の内角直球を仕留めたもの。左翼席奥のコンコースに着弾する推定130メートル弾。阪神の左翼福留が1歩も動かない特大5号2ランで、試合を決定づけた。

     171センチ、72キロの体格から養った感覚でぶっ飛ばした。飛距離のルーツは憧れにある。武蔵工大二時代に「ロングティーを見て、化け物だと思った」と憧れたのが、2学年上で元ソフトバンクの中原恵司氏だ。まだ体も小さかった菊池は飛距離に目を輝かせた。「飛ばすことに憧れた。もう、ロングティーばっかりした」と笑う。バットを入れる角度、スピンの掛け方。「コツがあると分かった」と感覚をつかんだという。中京学院大に進み、飛距離に磨きをかけた。繊細で抜群の感覚が体格をカバーする。緒方監督も「大きい大きい本塁打を打ってくれて。本当に大きかった」と目を細めた。

     菊池の1発でチームは完全に流れに乗り、無失点リレーで今季最多の貯金18。2位球団とのゲーム差を今季最大の「5」とした。菊池は「球宴まで貯金を削らずにいければ」。鯉の独り旅が始まりそうな気配だ。【池本泰尚】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-01846219-nksports-base

     広島の岡田明丈投手が26日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に参加。28日のDeNA戦の先発に向け調整した。

     15日・オリックス戦登板の翌日に出場選手登録を抹消されたことで、走り込みの量を増やしトレーニングの強度も上げた練習を実施。さらにフォームのバランス調整にも着手するなど、抹消期間を利用して自分を見つめ直してきた。

     今季は開幕から先発ローテを守り続け、勝ち星を積み重ねる。巨人・菅野、阪神・メッセンジャーとともにリーグトップの7勝だ。最多勝争いに参戦中だが「勝てているのは、野手のみなさんが打ってくれているおかげなので…。実感はないです。これまで通り投げたい」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-00000047-dal-base

     リーグ連覇を狙う広島東洋カープが独走態勢に入った。6月23~25日に行われた2位・阪神との3連戦で、雨天中止を挟んで2連勝。ゲーム差を今季最大の「5」にまで広げた。四回裏途中で降雨ノーゲームになった24日の試合も行われていれば広島の勝利となった可能性が高く、実質的には3連勝だったと言っていい。攻守に金本阪神を圧倒した緒方広島のいい面ばかりが目立った「首位攻防戦」と今後の展望について、カープOBで野球評論家の横山竜士氏に聞いた。

     -今回の3連戦(雨天中止を含む)を振り返って。

     「まず初戦(23日)に先発したジョンソンですが、交流戦最後の楽天戦が5回5失点だったので、やや不安視していました。でも速球の球威は戻っていたし、生命線の変化球も使えるレベルに達してましたね。不運な内野安打が出てもイライラせず、冷静に投げていたのも前回と違う点です。それによくバックが守りましたよ」

     -菊池が何度か好守でジョンソンを救った。しかも満塁弾を含む4安打と大暴れ。25日の試合でも価値ある一発と存在感を見せつけた。

     「そうですね。彼が復活してきたのは本当に大きい。初戦の4安打はバント安打あり、逆方向への巧打あり、そして一発ありと縦横無尽の感がありました。5月に甲子園で3連敗した時は菊池が体調不良で不在でしたからね。ただ、首脳陣は適度な休養を与えながら起用することが大事でしょう」

     -これで貯金が最多の「18」でゲーム差も最大の「5」。独走態勢に入ってたとみていいか。

     「そう言っても差し支えないと思います。故障者が続出しない限り、致命的な大連敗はしないでしょう。今の戦い方を続けていけばいい。ただし油断は禁物です」

     -2位・阪神がもしこのまま落ちていけば、広島を脅かすチームがいなくなるが…。

     「3位のDeNAは若い投手が多く、一度火が付いたらグイッとくる可能性はありますね。対戦成績も4勝5敗と負け越していますし…。でも、やっぱり怖いのは金本阪神です。今回の2試合も安打が出ていないわけじゃない。紙一重なんですよ。後ろの投手もしっかりしていますから、投打がかみ合えばもう一回接近してきますよ。絶対に気は抜けません」

     昨年のリーグ戦再開1カード終了時の成績は、44勝29敗2分で2位・巨人に9差をつける独走だった。今年はそれを上回る43勝25敗1分の成績でも、2位・阪神には5差しかつけられていない。独走態勢に入ったと言っても、まだ入り口にすぎないことを肝に銘じて戦うべし。もちろん、5月初旬の甲子園で9点差を逆転されるという歴史的敗戦を味わったカープナインは百も承知のはずだ。(デイリースポーツ・中村正直)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-00000070-dal-base&pos=2

     シンガー・ソングライターの槙原敬之(48)が25日、広島―阪神戦を観戦するため“お忍び”でマツダスタジアムを訪れた。

     大の鯉党で過去に始球式を務めたほか、昨年10月のクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第1戦では国歌独唱を行い、今年は同球場で流れる「それ行けカープ」の映像にも登場しているが、ベンチでは「すげー」を連発するなど大興奮。

     一塁側の内野席に座ってもテンションは上がりっぱなしで「普段はコンサートで見られる側だけど、見る側の立場もいいね。歓声も素晴らしい」と笑顔が絶えなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00000023-tospoweb-ent

     「ウエスタン、広島13-6オリックス」(9日、マツダスタジアム)

     広島の育成選手・アレハンドロ・メヒア内野手(24)が猛アピールを続けている。「4番・一塁」でスタメン出場。2試合連発となる6号2ランを含む3打数2安打3打点と存在感を見せつけた。

     2点リードの三回無死一、三の好機で迎えた第2打席。左腕・山崎福の投じた内角寄りの直球を捉えた。中前への適時打とし、追加点を奪った。

     六回には、先頭の堂林が右中間への二塁打で出塁し、メヒアにつないだ。4番手・鈴木優の内角高め143キロ直球を強振。弾丸ライナーを左中間席へ突き刺した。「毎打席強い打球を打とうと考えて打席に入っている。コンパクトなスイングでライナー性の当たりを打てている」と納得の表情を浮かべた。

     1軍で凄まじい活躍を見せるバティスタと同じ、ドミニカのカープアカデミー出身。今季の打撃は好調だ。2軍で51試合に出場し、ウエスタン・リーグトップの68安打を記録。バティスタに次いで2位の打率・360と好成績を残す。このまま結果を残し続け、支配下登録を狙う。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/06/09/0010268459.shtml

    このページのトップヘ