広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     広島東洋カープに91年から11年間在籍し、96年にはサイドハンドから繰り出すキレの良い球を武器に、4完封を含む9勝を挙げる活躍を見せた山崎健さん(46)。その後、ロッテに移籍し、07年に現役を引退。現在は千葉市幕張の自宅でリラクゼーション(もみほぐし)の店を経営している。

     山崎さんの経営する「健s Treatment」は2016年1月にオープン。完全予約制で、全身をもみほぐしてくれる「リラクゼーション整体」と「足のオイルトリートメント」の2コースがある。元プロ野球選手の経験を生かした丁寧な施術が評判で、山崎さんは「選手時代は肩、肘、腰など故障ばかりでしたから、どうすれば体が楽になるかというツボは心得ているんです」と笑う。

     広島とロッテで通算17年の現役生活を送り、引退後はロッテの投手コーチ補佐も務めた。退団後、1年間、介護の仕事に就き、その後、全国展開するリラクゼーションの店に就職した。「知人から『選手時代に病院の先生やトレーナーにさんざん体を診てもらったんだから、今度は診る方になってみては』と言われ、それも面白そうだなと思って、この仕事を選びました」。さらに別の店でも“修行”し、しっかりとした技術を身につけて3年前に独立した。

     カープには関東一高から90年度ドラフト4位で入団。ブレークしたのは6年目の96年だった。前年夏にオーバースローからサイドハンドに転向したことで変化球の曲がりが良くなり、先発ローテに定着。小気味よい投球でリーグ最多タイの4完封を含む9勝を挙げる活躍を見せた。「お手本にしたのが(巨人エースの)斎藤(雅樹)さん。お手本というより物マネといった方がいいかもしれません。何度もビデオを見て必死に斎藤さんのフォームに近づけようと努力しました」。5月の巨人戦では、その“本家”にも投げ勝ち、4安打完封勝利を飾った。

     だが、その後は故障もあって振るわず、00年に6勝3セーブを挙げたものの、01年に戦力外に。翌年、拾われたロッテで再び大きな花を咲かせ、リリーフ陣の一角として実働4年間で128試合に登板。05年にはリーグ優勝にも貢献した。

     カープには11年間在籍。「練習は厳しかったですけど、紀藤さんや西山さんら先輩にもかわいがってもらって、楽しいこともたくさんありました」と懐かしむ。緒方監督との思い出もある。「普段は投手と野手ってほとんど接点がないんですけど、偶然、緒方さんと街で会った時はごちそうしてもらいました。すごく怖いんですけど優しい先輩でした」。

     野球への情熱も持ち続けている。今年4月に都内の野球スクール「パムズベースボールアカデミー」と契約し、講師として少年野球を指導している。自身の店でもお客さんと野球談義で盛り上がることが多く、球界の裏話を楽しみに足を運ぶ人もいる。

     店にはカープ時代のユニホームやプロ初勝利のウイニングボールが飾られている。昨年もカープOB会に出席するなど、広島を離れて18年たった今も“カープ愛”が消えることはない。「リーグ4連覇は間違いないと思うので、今年こそ日本一をかなえてもらいたい」と熱いエール。「夢はカープとロッテの日本シリーズです」と、古巣同士の対決を熱望していた。(デイリースポーツ・工藤直樹)

     ◆リラクゼーション整体「健s Treatment」 千葉市花見区幕張町5の236の1の101(TEL090・3008・3781)。場所はJR幕張駅、京成幕張駅から徒歩10分。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00000071-dal-base

     ◇交流戦 ロッテ6―3広島(2019年6月19日 マツダ)

     ロッテが4本塁打を放って6―3で広島を下し、2連勝。交流戦5カード目にして初の勝ち越しを決めた。前日セ・リーグ首位を陥落した交流戦最下位の広島は2連敗を喫し、交流戦初の勝ち越しをまたも逃した。

     ロッテは初回、2死から中村奨がバックスクリーン左へ10号ソロを放って先制。3回には2死から荻野が左越え4号ソロ、5回には1死から田村が左越え2号ソロ、6回には2死からレアードがバックスクリーンへ20号ソロを放って試合の主導権を握ると、7回には連打と敵失、田村の適時打で2点を加えてリードを5点に広げた。

     広島は7勝目を懸けてマウンドに上がったエースの大瀬良が自己ワーストの4本塁打を浴びて7回途中6失点で降板。1―6で迎えた8回にはこの日出場登録された代打・松山の中前適時打などで2点を返したが、及ばなかった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190619-00000184-spnannex-base

    ■ジャイアンツ 3-2 ドジャース(日本時間18日・ロサンゼルス)

     ドジャースの前田健太投手は17日(日本時間18日)、本拠地でのジャイアンツ戦に先発し、今季4敗目を喫した。今季14度目の先発マウンドに上がった右腕だったが、3安打2失点。立ち上がりに球数がかさみ、2回で54球。5回を投げ終えた段階で89球に達して、降板となった。



     2回に2点を失った前田。味方打線の反撃も及ばず、ドジャースは2-3で敗れて、前田は敗戦投手になった。序盤は投球フォームに狂いが生じて制球に苦しみ「投球フォームのバランスが悪くて狙ったところに行ってくれなかった。3回以降が修正できてコントロールできたので、1、2回だけ」と、試合後は振り返っていた。

     投球で苦しむ中、3回の先頭打者として立った第1打席では遊撃への内野安打を放った右腕。懸命に走ってセーフとなった。後が続かずに得点には繋がらなかったものの、登板2試合連続で安打を記録。「ヒットになる可能性がある限り一生懸命走らないといけないと思いますし、得点には繋がらなかったですけど、あそこから得点に繋がる可能性は高いと思って走りました」と振り返った。

     この日は2打数1安打となり、今季は26打数7安打、打率.269とハイアベレージを残している。元PL学園の4番打者を務め、メジャーデビュー戦で本塁打を放ったようにバッティングにも非凡さを持つ前田。「打った瞬間厳しいかなと思いましたけど、頑張って走りました。今、打率が高いので、それをモチベーションに頑張って走りました」と笑った。

     この日、1打席目に安打を放った段階で、打率は.280に。ドジャース公式ブログ「ドジャースインサイダー」は公式ツイッターで「ケンタ・マエダは今年少なくとも7本の安打を放っているMLBの5人の投手のうちの一人だ。彼は現在打率.280」と速報。すると、ファンからは「その調子だよ、ケンタ!」「キケやバーンズ、テイラーよりも良い「日本の投手は打てる:ショウヘイ・オオタニ!!!!」と、前田の打力を称賛するファンのコメントも寄せられていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00413045-fullcount-base

     首位とは思えない苦戦を強いられている。

     交流戦も終盤戦に差しかかる中、セ・リーグ首位の広島が最下位に沈んでいる。「パ高セ低」が通説とされるが、巨人(8勝4敗)とDeNA(6勝5敗1分け)はここまで勝ち越し。一方、広島は3勝7敗1分けと大きく負け越している。

     主な原因は沈黙する打撃だ。交流戦のチーム打率は12球団ワーストの.205。菊池涼は交流戦を苦手にしており、今季は11試合で打率.171。昨季も18試合で.167と結果が出ていない。野間にいたっては10試合で打率.108と大不振。12日にはスタメンから外れた。3番に座っていたバティスタも不調で、16日から7番に降格、5番に座っていた西川を3番に上げたが、その西川も11試合で.209と芳しくない。5番には交流戦で.294と調子のいい会沢が座った。

     中軸のバットが沈黙することで、マークが集中しているのが4番の鈴木誠也(24)だ。ここまでリーグ2位の53四球。交流戦では両リーグトップの12四球を選んでいる。選球眼の良さが前提にあるとはいえ、前後の打線が不甲斐ないがゆえに「勝負してもらえない」ことも多くなっている。

     当の鈴木は「(打率や本塁打など)もともと数字には興味がない。周りは2冠とか3冠とか言っているけど、チームが勝てばそれでいい。自分としてはもちろん打ちたいけど、四球もヒットと同じくらい大事なこと」と話すが、得点力が下がるのは目に見えている。

     パ・リーグとの試合でいえば、鈴木は昨季のソフトバンクとの日本シリーズで柳田と並ぶ最多の5四球。サヨナラ負けを喫した第5戦では4四球と完全に勝負を避けられ、結局、日本一を逃した。

     広島は昨季も交流戦で苦しんだが、それでも7勝11敗(10位)だった。埋まりそうで埋まらない丸の穴は広がり、肉薄する巨人とのゲーム差は0・5。首位陥落も時間の問題になってきた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00000034-nkgendai-base

     「ウエスタン、阪神-広島」(18日、鳴尾浜球場)

     体調不良のため2軍再調整中の広島・松山竜平外野手が実戦復帰を果たした。「3番・左翼」で先発出場。本塁打を含む4打数3安打2打点を記録した。

     高ヘッドコーチは1軍復帰時期について、「すぐにはね。もうちょっと試合に出てから」と説明した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00000109-dal-base

     先日、出張で広島を訪れる機会があった。よっしゃ、うまいお好み焼きでも食うてきてけつかろ、とほくそ笑んでいたところ、出掛ける直前になって上司に呼び出された。



     「広島には赤いうどんがある。理由は…わかるよな?では食べてきてくれたまえ」

     数日後、私はJR広島駅にある「驛麺屋」の券売機の前にいた。

     ぶっかけうどん、ざるそばなどと並んで、確かに「がんばれカープ 赤うどん」と書かれたボタンが。麺が真っ赤なうどんの写真もプリントされている。

     なんておいし(くなさ)そうなんだ!

     こんなうどんではなく、私はお好み焼きを食べたい。410円の赤うどんを選ぶ指が怒りと悲しさで小刻みに震えた。

     店は立ち食い形式。すぐに出てきた赤うどんの実物をしばし見つめる。赤い。口に入れる。うまい。かつおのだしが効いていて、うまい。そう、味は普通のうどんと全く変わらないのである。その分、「赤い麺」という視覚情報が大変なノイズになっており、一瞬、脳が「コレハ、タベモノデハ、ナイ……アレレ?オイシイヨ!!!」と軽い混乱状態に陥ってしまう。他の人はどういうテンションで食べてるんだろう、と周囲の様子をこっそり窺ったが、どうも赤うどんを食べているのは私だけのようで…?

     後日、驛麺屋を運営する広島駅弁当株式会社の鉄道部長大林敦さんに電話取材を申し込んだ。

     -赤いうどん、おいしかったですけど、見た目と味がうまく結びつかず、混乱しました。どういう狙いで開発され、いつからメニューにあるのですか?

     「地元企業としてカープを応援しようと、チームカラーの赤をイメージして始めました。が、すみません、いつ頃からあるのかは私も把握していません。10年くらい前からだと思いますが(※)」

     (※)店内に掲示されていた地元紙の紹介記事によると、2009年頃からのようです。

     「ぶっちゃけた話、麺が赤いのは着色しているだけなので、味自体は普通のうどんと変わりません。でも、目に留まるでしょう?多めのネギは球場の緑の芝をイメージしています。カープのロゴがデザインされたかまぼこもかわいいと思いませんか。話題性、インパクトを重視しています!」

     -なるほど、じゃあ結構売れているんでしょうか。

     「1日10~20食程度です。正直、そこまでではありません」

     -なんということでしょう。でも色はあんな感じですけど、味にもかなりこだわりがあるのでは?

     「その通りです。だしはかつおベースのオリジナルで、少し濃いめの味に仕上げています。立ち食いの店は急いでいるお客さまが多く、大半の人は汁を飲みません。だから、麺に絡みやすく、少量でもしっかりとまろやかな味がするよう調整しているんですよ。広島にお立ち寄りの際には、是非一度ご賞味ください」

     ありがとうございました。ちなみに私は赤うどんを食べた後にお好み焼きを食べました。(まいどなニュース・黒川裕生)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00000094-dal-life

     「交流戦、楽天(雨天中止)広島」(15日、楽天生命パーク宮城)

     広島・野間峻祥外野手(26)が15日、再生へ向けて野村謙二郎前監督(52)から直接指導を受けた。この日の楽天戦は雨天中止。楽天生命パークの室内練習場で練習し、打席での足の使い方や考え方について助言を受けた。交流戦打率は規定打席到達者で12球団ワーストの・111。不振にあえぐ中、復権への道を歩む。

     早々に試合が中止となった敵地の室内練習場で、野間は復調への糸口を探し続けた。「いい時間になりました」。約1時間半の練習。東出打撃コーチから緩めの球を投げてもらってバットを振り続けていると、近くで見ていた野村前監督が身ぶり手ぶりでアドバイスをし始めた。

     「(指導を受けるのは)初めてだと思います。下半身が大事だし、下半身の力をどう伝えていくか。『軸足が“死んじゃう”とバットに伝わらないよ』というところも言ってもらったので。自分のスイングで強く振れるところにあるかどうか」

     そう話すように、主には打席の中での、足の使い方についてアドバイスを受けたという。交流戦での打率は規定打席到達者で12球団ワーストの・111。現在19打席連続無安打中と不調に陥る。「どうしてもヒットを欲しがって、振れないところで球を振りにいっている」と分析。現状を打破するための足取りを進める中で、差し伸べられた手だった。

     打撃フォームだけでなく、打席での考え方についても「シンプルに投手との距離をしっかり取った中で、自分のスイングをできるように。その中での結果」との助言を受け、「打てなくなってしまうとどうしても意識することもいつもと違っているのかなと」と、冷静に振り返った。

     打っては助言、打っては助言を繰り返した約30分間。その後のフリー打撃を終えてからも、前監督の言葉に耳を傾けた。最多安打3回にトリプルスリーも達成した名球会打者からの指導は、貴重なひとときとなった。

     5月12日・DeNA戦から6月11日・日本ハム戦までは「1番・中堅」で先発出場し続けたが、ここ3試合は7番での出場が1試合と、ベンチスタートが2試合。「結果はどうしても出さないといけないけど、しっかり自分の形で振っていく」と結果も求める中で、自分を見失わずに打席に立っていく。

     チームも3カード連続負け越し中で交流戦単独最下位。この日の練習が野間の再生につながれば、恵みの雨だったと振り返れる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00000019-dal-base

     頭部の赤いCマークが人気のコイ「カープちゃん」が行方不明になったと、山口県光市の冠山総合公園管理事務所がホームページで発表した。「どこにいるのか、元気に暮らしているのかさえ確認できない」とし、見つけた場合は連絡するよう呼びかけている。

     公園内の修景池で3年前に発見されて以来、プロ野球広島カープがリーグ戦3連覇を達成。今季も5月に入ってカープの快進撃が続き、4連覇と日本一に向け、多くのファンが来園していた。

     公園事務所によると、数週間前から「カープちゃんが見当たらない」との声が相次いで寄せられるようになり、ここ数日、市観光協会のスタッフと手分けして探したが発見できなかった。

     担当者は「カープの快進撃に水を差したくはなかったが、事務所への問い合わせが多く、お知らせすることにした」と話した。(三沢敦)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00000009-asahi-soci

    このページのトップヘ