広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     高卒2年目の広島・アドゥワ誠投手が開幕から1軍に定着し、日々成長の跡を刻んでいる。ここまで中継ぎの一角としてフル回転。より勝ち試合での登板を増やす青写真を描きながら、右腕を振っている。

     必死に眼前の登板に全力を注ぎ続け、迎えた5月30日・西武戦(マツダ)は右腕にとって記憶に残り続ける一戦になっただろう。同点の延長十回に登板し、3失点したものの、直後の逆転サヨナラ勝ちでプロ初勝利が舞い込んできた。

     「勝ち方はどうであれ、1勝は1勝。良かったかなと思う。打たれても勝ちがつくことというのもあるので。連絡も結構来ましたね。(ウイニング)ボールは親に渡しました」

     開幕からチームに貢献し続けた。4月4日のヤクルト戦(神宮)でプロ初登板を果たすと、そこから10試合連続無失点を記録。ここまで25試合に登板し、防御率2・37。自身は「想像がつかなかった」と語るが、1軍登板ゼロだった昨季のルーキーイヤーから大きな飛躍を遂げている。

     196センチの長身から投げ下ろす速球とチェンジアップを中心に、相手を抑え続けている。シーズン序盤は「今日も駄目でした」と漏らすこともあったカーブも、「感覚が戻ってきた」と有効に駆使している。

     オープン戦のリベンジにも成功した。3月14日の日本ハムとのオープン戦(マツダ)ではレアード、横尾、岡に人生初の3連続アーチを被弾。約3カ月の時を経て6日の同戦で1点を追う八回に登板すると、中田、レアード、石井一を三者凡退に斬った。「(オープン戦は)全部球が高かったので、低めに投げていれば打ち取れるかなというのはあった」。悔しい経験も糧にしながら着実に階段を上っている。

     高校時代に培った「自主性」も大いに役立っている。以前から「練習はやらされるものではなく、自分からやることが大切」という考えを持っていたが、母校の松山聖陵は自主性を重んじてくれる環境でもあり、その意識がより強くなったという。練習後も午後9時から11時までウエートトレに励むことがしばしばあったといい、その姿勢はプロ入り後も不変だ。

     シーズンも中盤戦。現状は接戦での登板も増えているが、満足はない。「内容は全然です。入りですね。ボールが続いたりしているので。結果も大事だけど内容も大事」ときっぱり。その上で、「最終的にはもっと多くの勝ち試合で投げられるようにしたい」と目指すべき場所を口にした。貪欲に上を見続け、レベルアップを図っていく。(デイリースポーツ・田中 哲)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000058-dal-base

     【球界ここだけの話】

     カープが夏本番を前に「クール・ビズ」を実施した。6日の日本ハム戦(マツダ)の試合前練習からメッシュ素材で通気性の高い「サマーキャップ」を導入。ナインは涼しそうな表情でトレーニングをしている。

     「僕が入団して初めてだと思います。涼しいですし、軽いです。こういうのをつくっていただいてありがたいです」

     こう話す大瀬良は前回登板した15日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)は4回6安打7失点で黒星(3敗目)を喫したものの、ここまでハーラートップの9勝をマーク。このキャップで夏を乗り切って、さらなる白星量産を目指す。

     広島が導入した「サマーキャップ」は機能性はもちろん、斬新なデザインになっている。フロント部分の「Carp(カープ)」の頭文字「C」マークは従来の白ではなく、紺のロゴに変更。帽子の後ろはベルトでサイズ調整が可能だ。

     瀬戸内海に面した広島市内は、夏の夕方に海風が陸風に変わるタイミングでピタリと風が止む『瀬戸の夕なぎ』と呼ばれる時間があり、ナイターの開始時刻前後は極端に蒸し暑くなる日が続く。このため、ナインからは「涼しい」「軽い」「ありがたい」と喜びの声があがっている。

     サマーキャップの発案者は昨年オフに小窪からバトンを受けた新選手会長の会沢でチームメートの意見を集約し、選手会として球団に要望。ユニホームなどで協力関係があるスポーツメーカー「ミズノ」社に依頼し、数点のサンプルから多数決で今回のデザインに決まった。

     「サマーキャップは最近は使っていなかった。夏場は暑くなるのでつくっていただきました」と会沢選手会長。今後も球団と選手の架け橋となって改革を進めていく。

     チームは17日の試合前時点で5連敗中。交流戦は6勝10敗とすでに負け越しが決まったものの、依然、セ・リーグ首位を快走している。交流戦後はいよいよ勝負の夏場を迎える。この「サマーキャップ」でチームも再加速したい。(柏村翔)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000559-sanspo-base

    <日本生命セ・パ交流戦:ソフトバンク4-13広島>◇17日◇ヤフオクドーム

     広島が大勝し、連敗を5で止めた。打線は1回に松山の適時打とバティスタの3ランで4点を先制。6回は鈴木の2試合連続アーチなど、打者11人の猛攻で8点を追加した。投げては九里が4失点でプロ初完投を無四球で飾った。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。



     -打線がよく打った

     緒方監督 初回、6回とね。いい攻撃をしてくれた。初回の攻撃に応えるように、九里も初回のピンチを切り抜けて、テンポよく打たせて取る投球をしてくれた。磯村のリードもさえていた。ベンチから見ていてもいいリードだった。

     -連敗を止めた

     緒方監督 明日は交流戦の7連戦目(日本ハム戦)があるので、いい形でカープの野球をしっかりやって、セ・リーグの戦いに臨みたい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00241847-nksports-base

    ◆日本生命セ・パ交流戦 ソフトバンク4―13広島(17日・福岡ヤフオクドーム)

     投打の歯車ががっちりかみ合い、広島が連敗を5で止めた。

     初回に松山の中前適時打で先制すると、バティスタが中堅右に9号3ランを放り込んだ。6回には鈴木の9号2ランなど打者11人、8安打8得点のビッグイニングを記録し、試合を決めた。

     5月26日の中日戦(マツダ)以来のスタメンとなったバティスタは、3安打の活躍。「(本塁打は)外角を狙って、コンパクトにスイングすることができました」と手応えを口にした。

     投げては先発・九里が4点を失ったものの、117球の熱投でプロ初完投。今季2勝目を挙げた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000190-sph-base

    今オフの国内FA市場の目玉とも言える埼玉西武・浅村栄斗内野手(27)と、広島東洋・丸佳浩外野手(29)に対し、金本阪神が調査を開始――。そんな一報が駆けめぐっている。
    「この一報が紙面に出たのは、6月12日。12日というのがアヤシイですね。翌13日は、阪急阪神ホールディングスの株主総会が開かれました。この株主総会でタイガースの不甲斐なさに憤りを伝える株主も出ていますし、4番を予定して獲得したロサリオは二軍、連日、金本(知憲=50)監督のチームを嘆く発言が伝えられていました。タイガースは『チーム強化のため、常に動いています』という、メッセージだったのでは?」(球界関係者)
     そう考えてみれば、不振のロサリオに代わる新外国人選手として、カブス3Aのエフレン・ナバーロ外野手(32)との契約合意が「目前に迫った」とするニュースも同10日に伝えられている。やっぱり、株主対策か…。まだ6月だというのに、オフの補強に関する報道が駆けめぐったことに対し、プロ野球解説者がこう指摘していた。

    「セ・リーグは広島が独走態勢に入りつつあり、2位以下のチームがダンゴ状態です。広島も本調子ではありませんが、他球団の調子が悪すぎる。広島のチーム編成の勝利ということでしょう」
     その広島も16年の優勝以前は、長く低迷していた。25年ぶりの優勝だった。
     広島出身のプロ野球解説者がこんな話をしてくれた。
    「カープが長く低迷した原因はFA制度です。広島のチーム強化は選手を育てることをメインに置いていました。しかし、一人前に育つと、FA権を行使して他球団に出て行ってしまう。これではチームは強くなりません。広島の編成、スカウトはドラフト指名した選手がFA権を取得する前に、これまで5年掛かって一軍戦力になる育成を短縮すること、権利を取得してもチームに残留してもらえるような組織作りに変えたんです」
     今季の丸は序盤戦に右太股を故障し、交流戦前に復帰してきた。調味深いのは、その丸の「故障前」と「離脱直後」のチーム事情だ。

    〇離脱前25試合 4・92点
    〇離脱後8試合 3・75点

     これは広島打線の「1試合平均」での得点。丸がいるかいないかで、得点能力は“1点以上”も違っていたわけだ。
     こうしたデータを見ると、「丸が復帰する」の一報が届けられるだけでチームが活気づく。

     また、緒方孝市監督(49)にとっても、丸は思い入れの強い選手でもあるようだ。二軍時代から目を掛けていたという。
    「一軍監督に昇格した15年から、丸に対しては厳しくあたっていました。二軍時代も丸にだけは厳しかった」(関係者)
     丸に“感じるもの”があったのだろう。ドラフト1位ではない叩き上げ、生え抜きの主軸バッター、そういえば、丸のFAに関しては巨人も関心を抱いているとの一報もあった。緒方監督と丸は“酷似する点”も多い。
    「昨年オフの契約更新で、丸は大幅昇給を勝ち取りましたものの、あまり嬉しそうではありませんでした。丸は年俸の上がり幅とは別に『タイトル料』を希望し、球団はそれには応じられないの一点張りだったと聞いています」(前出・同)
     タイトル料を出すかどうかが、丸の他球団流出のカギになるかもしれない。

     しかし、広島には苦労して一軍定着を勝ち取った選手も多い。また、FA制度が導入された当時のように特定の人気球団にドラフト候補が集中するというご時世ではなくなった。
    「メジャー志望のある選手は別ですが、近年では一緒に苦労した指揮官、コーチがいるから国内FA権は行使しないとする傾向も見られます」(前出・プロ野球解説者)
     金本監督も“タテジマ愛”の強い選手を育てるチャンスでもあるのだが…。新外国人、FA補強のタイガース情報は、株主の感情を逆撫でしてしまったのはないだろうか。「緒方監督を見倣え」の声も聞こえてきそうだ。
     今の強い広島は、緒方監督が二軍指揮官時代に苦労した証とも言えそうだ。(スポーツライター・飯山満)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00000012-reallive-base

    このページのトップヘ