広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     1993年に脳腫瘍のため32歳の若さで亡くなった元広島の津田恒美投手=登録名・恒実=の記念館が広島市内に作られる。津田さんの長男・大毅さんが6月19日からクラウドファンディングで賛同者からの資金集めをはじめたが、1日で目標金額の400万円に達し、現在も1000人以上の支援者が名乗りを上げ、たくさんの支援金が集まっている。

     大毅さんが「津田恒美記念館」設立に向け動こうとしている話を聞いたのは昨年だった。ちょうど広島のリーグ優勝目前に津田さんの妻・晃代を取材した時に「実家を記念館にしたいと言っているんです。これまでは(津田さんの)いろんな行事に行くのも“なんでおれが行くの”と、いやがっていたんです。それが180度違うからもうビックリです」と聞いた。

     25年ぶりのリーグ優勝をきっかけにファンが今でも津田さんのことを思っていることを知った大毅さんが、ファンや父に恩返しと考え、記念館設立を思い立った。大毅さんは現在、自転車で日本一周をして父の記念館設立をPRしている。「来年の命日までには」と開館に向け全力投球している。

     7月20日は、津田さんの命日だ。亡くなって24年がたとうとしているが、いまだにカープファンにとって忘れられない存在である。

     「命日の前後に1年に1回、津田さんを思い出していただこうと思っています」

     山田雅人さんは、7月17日・広島県民文化ホールでかたりの世界「津田恒美物語」の舞台公演を行う。広島での公演は今年で8回目。毎年、満員の大盛況で今年も前売り券は完売だそうだ。公演には津田さんのチームメートだったカープOBがゲストとして駆けつける。

     山田さんは「今年はダブルストッパーが実現するんですよ」と声を弾ませた。公演は二部構成。一つは「津田恒美物語」。もう一つはカープにちなんだ物語を披露するが、今年は「大野豊物語」を予定している。

     昨年は「津田恒美物語」が広島で披露されるきっかけとなった池谷公二郎氏の物語が披露された。これまで山本浩二氏や山崎隆造氏、津田さんの親友だった森脇浩司氏(現中日コーチ)も会場に駆けつけている。

     脳腫瘍が発覚した1991年の優勝は、まさに津田さんがチームを結束させた。それは、元気だった津田さんがみんなから愛されていたからだ。86年の優勝時には胴上げ投手にもなった。先発の北別府学投手が胴上げ投手を譲ったことが、津田さんがどれだけ愛されていたかを証明していると思う。

     当時の投手コーチでデイリースポーツの評論家でもある安仁屋宗八氏は「北別府はマウンドに交代を告げに行っても後ろを向いて代わろうとしないピッチャーだった。自分より力のないピッチャーだったら代わろうとしない」と語ったことがあった。そんな北別府氏が唯一、納得して交代したのが津田さんだったという。胴上げ投手を譲ったときも「北別府が了承しなければ代えてないだろう」と安仁屋氏はいう。

     マウンドで闘志むき出しに打者に向かっていく映像はよく目にする。そんな表情とは裏腹にひょうきんで気遣いを忘れなかった津田さんの人間性にほれこんだ仲間は多い。

     クラウドファンディングの返礼品に現在のユニホームのレプリカ津田バージョンがある。大毅さんは球団に許可をもらうため何度も広島に通ったという。「日本一周が終わったころに返礼品を発送したい」という大毅さん。父の残した功績の大きさを実感しながら、ペダルをこいでいる。(デイリースポーツ・岩本 隆)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170629-00000041-dal-base

     バティに続け! 広島は20日、育成選手のアレハンドロ・メヒア内野手(24)と支配下選手契約を交わしたことを発表した。

     契約金は1150万円、年俸はこの日から新たに410万円プラス出来高(金額は推定)で契約した。今年6月に支配下に昇格したバティスタ同様、6年の長期契約で背番号は96。

     ドミニカ共和国カープアカデミー出身のメヒアは、バティスタとともに一昨季終盤に練習生として来日。昨春には育成選手として契約し、1軍キャンプにも参加。三塁と一塁を守り、確実性とパワーを兼ね備えた打者として期待されていた。2軍で経験を積み、今季はここまで70試合に出場し、打率3割4分、10本塁打、51打点。打率、打点とともに、安打数91本もリーグトップの成績を残す。

     192センチ、102キロの右打ちのスラッガーは「今までの頑張りを認めてもらえることができ、とても幸せです。アカデミーからの道のりは長く、簡単ではなかったですが、努力が実って良かったです。今後は1軍のレギュラーとして試合に出場できるよう頑張っていきます」と喜びのコメント。念願の支配下選手契約に、メヒアは同じ三塁を守れるマギー(巨人)とレアード(日本ハム)の名前を挙げ「両方の長所を取り入れたような選手になりたい」と目標を語った。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-01858794-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島14―3阪神(2017年7月19日 甲子園)

     これが首位独走の底力だ。広島は19日の阪神戦(甲子園)に14―3で圧勝した。3―3の8回、新井貴浩内野手(40)が右中間突破の決勝二塁打。山本浩二氏に並ぶ2284試合出場の節目を自ら祝った。ベテランの一打を起点に一挙8点の猛攻。2位の虎とは7月10日以来の今季最大9ゲーム差とし、貯金も今季最多を更新する24となった。

     痛烈なライナーが広い右中間を真っ二つに割った。同点に追い付かれた直後の8回1死一塁で、新井が値千金の勝ち越し二塁打。阪神のセットアッパー・マテオの初球、152キロの甘い直球をジャストミートし、塁上で笑みがはじけた。

     「好投手は追い込まれると苦しい。初球から振っていこうと思った。強力な阪神の中継ぎ陣から点が取れてうれしい」

     最高のシナリオだった。1点差に迫った6回1死満塁で同点の中犠飛を放ち、勝ち越し打で自ら祝った節目の試合。プロ19年目。積み重ねた出場試合は歴代15位の2284試合に達し、元監督で、憧れのミスター赤ヘル・山本浩二氏に並んだ。

     「実感がないけど、こういう記録は長くやらせてもらっているおかげ。山本浩二さんを含めて、お世話になった方に感謝したい」

     少年時代は自転車に乗って旧広島市民球場に通い、背番号「8」の背中を追った。入団5年目の2003年には山本監督から4番に抜てきされながら、プレッシャーに負けたホロ苦い思い出もある。

     「4番を外れる日、山本監督から“苦しいか、しんどいだろ”と声を掛けられた。情けなさで涙が出たね」

     これが後半戦初の先発出場。だが、代打でも、守備固めでも愚痴一つこぼさない。そんな姿を若手は慕う。新井が口火を切ると、皆がせきを切ったように打ちまくった。田中の3点三塁打の前後では、安部が、鈴木がタイムリー。一挙8点の猛攻で試合を決めた。

     「(打撃コーチの石井)琢朗さんがいつも言う、つなぐ攻撃ができた。皆がすごく喜んでくれたのがうれしいね」

     破顔一笑の40歳。緒方監督は「マテオから点を取れたのは大きいね。新井の2打点が大きかった」と称えた。2位阪神とは7月10日以来の今季最大9ゲーム差となり、貯金も今季最多を更新する24。首位独走に貢献する元気なベテランが頼もしい。 (江尾 卓也)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170720-00000006-baseballo-base

     広島が阪神を一気にひっくり返した。チーム防御率だ。19日の直接対決で14―3と大勝。18日時点でリーグ1位の3・24だった阪神のチーム防御率を3・32に落とした。3・31から3・29に上げた広島が1位を奪取。打率、盗塁、本塁打と4部門でトップに立った。セ・リーグ優勝チームとして初めて4部門を制した昨季の再現が見えてきた。

     記録を見ると、実に似ている。目下の成績は54勝30敗2分け。1年前の7月19日は54勝33敗2分けだった。19日の勝利で、2位・阪神とのゲーム差は今季最大タイの9に拡大。1年前は2位の巨人に10差をつけていた。

     周囲のカープ党からは「そろそろマジック出るんじゃないの?」と声が上がる。数字を追えば、7月中にもその可能性がある状況だ。ただ、同様の足取りだった昨季は少し苦労した。優勝へのマジックナンバー点灯は8月24日まで待たなければならなかった。

     7月23日時点で11差があった巨人に猛追を受けた。8月5、6日の直接対決では連敗。ゲーム差は4・5まで縮まった。3タテを食らえば、Vへ黄信号…となりかねない7日の試合。6―7の9回2死から菊池の本塁打で追いつき、新井がサヨナラ打を放った。菊池はスポニチ優勝紙面を飾った田中、丸との対談で「優勝をちょっと感じた試合」と振り返っている。

     今年の追っ手は阪神、DeNA。阪神は5月5~7日の3連戦で計26得点を挙げて3連勝するなど広島を苦しめてきたが、交流戦明けは広島の4勝1敗だ。むしろチャンスがありそうなのは、チーム本塁打で広島に次ぎ(とはいえば74本で20本差あるが)、空中戦ができるDeNAか――。

     昨年のようなゲーム差接近がなければ、見えてくるのはプロ野球史上最速優勝(2リーグ制後)だ。1位の記録は90年巨人の9月8日。昨季、2日だけ届かなかった広島の「再挑戦」が始まる。(記者コラム・和田 裕司)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00000089-spnannex-base

     「阪神3-14広島」(19日、甲子園球場)

     広島・中田廉投手が、1回無安打無失点で勝利への道を切り開いた。
     2-2の六回だ。先発した中村祐が無死一、二塁と得点圏に走者を進めた状況で出番が来た。福留を右飛に打ち取り、まず1アウト。続く中谷の打席で二走・上本に三盗を決められ1死一、三塁とされたが、中谷を空振り三振。最後は鳥谷を147キロの直球で空振り三振に切った。勝負の行方を左右する岐路で見せた完ぺきな救援に、緒方監督はニンマリ。「廉が止めてくれたのが大きかった」と目尻を下げた。

     イニングの最初ではなく、走者がいる状況での登板は精神的にも負担が大きい。それでも中田は「良い場面で投げさせてもらっている。結果が出て良かった」と汗をぬぐった。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/07/20/0010386612.shtml

    <阪神3-14広島>◇19日◇甲子園

     阪神が2回に2点を先制した。福留の左前打から1死二、三塁の好機をつくり、糸原の右前適時打で2点を奪った。


     広島が6回、同点に追いついた。1死から菊池、丸の連打で一、二塁とし、鈴木の右前適時打と新井の中犠飛で2点を挙げた。

     7回にともに1点を取り合い、同点で迎えた8回に広島は12人攻撃で8点を奪い、試合を決めた。阪神との差は9に開いた。広島一岡は4勝目。阪神マテオは3敗目。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170719-01858235-nksports-base

     「阪神5-9広島」(18日、甲子園球場)

     広島の大瀬良大地投手(26)が7回1/3を4安打3失点に抑え、無傷の6勝目を手にした。開幕から6連勝は03年に8連勝した高橋建以来。右腕に限れば99年の佐々岡真司以来18年ぶりだ。前回登板から微調整したフォームが好調の秘けつ。かつて沢村賞を獲得した元ソフトバンク・斉藤和巳氏のように一度、目線を外すフォームで安定感が生まれた。進化を続ける若鯉が無敗街道を突き進む。

     八回裏。中谷を投ゴロに打ち取りピンチを切り抜けた中崎を、大瀬良がベンチ前で出迎えた。帽子のひさしに左手を当て一言、「すまん」と声をかけた。開幕から無傷の6連勝。野手、そして中継ぎ陣に感謝する1勝になった。

     大量リードにも背中を押され、リズム良く投げ込んだ。三回2死二、三塁では上本を直球で中飛に打ち取った。「変化球をうまく使いながら、真っすぐで押せた」。その後は七回まで先頭打者の出塁を一度も許さず、スコアボードに「0」を並べた。

     暗転したのは9-0の八回だった。先頭・糸原への四球をきっかけに満塁とし、上本への押し出し死球で1点を失った。「あそこまで良い形だったのに四球で崩れた」。救援を仰ぎ、中崎に勝利のバトンを託した。

     3年ぶりの完封は逃したが「真っすぐには収穫があった。久しぶりに良い感じで投げることができた」と手応えを口にした。開幕から無傷で白星を重ねる一方で、試行錯誤の日々は続いていた。「どうしても軸足の右足に体重が乗らないまま投げていたんです。投げ急がないためには、どうしたらいいのかを考えた」。動画サイトでさまざまな投手を見ながら手本となるものを探した。目に留まったのが、元ソフトバンク・斉藤和巳氏のフォームだった。

     沢村賞や最多勝など、数々のタイトルを獲得してきた右腕は、左足を上げたとき一度、ミットから目線を切っていた。前回9日のヤクルト戦から、それを導入。投球動作中に視線を一度、三塁側に送った。「やってみると体重が軸足に乗るし、間が取れた。良いリズムで投げられたんです」。歩むべき道筋がはっきりと見えてきた。

     チームの甲子園での連敗は「5」で止まった。2位・阪神とのゲーム差も再び8に広がった。リーグ連覇へ向かう勝負の後半戦。緒方監督は先発陣のできがカギだと言った。「最後まで投げきりたかった気持ちがあったので、次の登板で頑張りたいです」と前を見据えた右腕。収穫と課題を持ち帰り、前に進んでいく。



    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/07/19/0010383354.shtml

     JR西日本と日本旅行が7月7日、広島東洋カープ2軍本拠地「由宇球場」(山口県岩国市)への日帰り応援ツアーの販売を開始する。(広島経済新聞)

     カープの今シーズン観戦チケットはビジターパフォーマンス席を除き、すでに完売しており、由宇球場への送客を図ろうと企画した。

     ツアー内容は、広島駅から新岩国駅までの「こだま号」往復新幹線の自由席乗車券と新岩国駅から由宇球場まで往復貸し切りバスによる送迎に広島駅弁当の「タナキクマル弁当」、缶ビールかお茶のそれぞれ1本がセットになる。

     対象試合は由宇球場でのウエスタン・リーグ3試合で、8月5日福岡ソフトバンクホークス戦、8月19日・20日オリックス・バファローズ戦。いずれも入場無料で、場内は内野や外野などに敷かれた芝生エリアで観戦する。

     ツアー代金は、中学生以上=4,900円、小学生=4,000円、小学生未満=500円。1人から申し込みでき、広島県内の日本旅行や日旅サービスなどで利用日の10日前まで販売する。

     「カープタウン」としてまちづくりに取り組む由宇町では5月20日、球場最寄り駅の由宇駅の列車発車メロディを「それゆけカープ」に変更している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170710-00000061-minkei-l34

    このページのトップヘ