広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     思いを込める。広島の選手会長、小窪の帽子の裏には「38 共に」と書かれている。菊池も帽子の裏、左側に大きく「38」を書いている。今、チームで代走の役割を担う上本は「赤松さんなら」とよく口にする。胃がんとの戦いを続ける赤松の存在は、少しも薄れていない。小窪は「ために、じゃなくて、共に」と力を込めて話す。



     小窪が春季キャンプに持ち込んだ背番号38のレプリカユニホームは、今もロッカーに掛けてある。キャンプで1カ月掲げると「さすがに砂ほこりで汚くなった」と歯を見せる。菊池も帽子を見て「大好きな先輩だから」と笑う。誰かに見せるためではなく、自分をエネルギーのため。赤松と「共に」が自分の「ため」につながっている。

     7月末まで抗がん剤治療を続ける同僚への思い。最後まで諦めない逆転のカープとつなげるのも暴論ではないだろう。4月20日現在で、12勝のうち6勝が逆転。3点差を2試合、4点差も1試合ひっくり返した。どんな状況でも目の前の仕事に全う。次の打者を思ってつなげていく姿勢が激勝を生む。38番は“ラストピース”ではない。今日も共に戦っている。【広島担当=池本泰尚】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-01811199-nksports-base

    <ヤクルト4-7広島>◇23日◇神宮

     広島が終盤の逆転勝利で、連敗を4で止めた。1点を追う7回に丸が同点弾。8回には好機をつくって代打西川が決勝の2点適時二塁打をかっ飛ばした。広島緒方孝市監督(48)の試合後の談話は以下の通り

     -西川が大きな仕事

     緒方監督 ファームでゆっくりしとったからね(笑い)。でも上がってきて1発目で大きな仕事をしてくれたね。

     -小窪、堂林、天谷もいるなかでの起用。根拠は

     緒方監督 去年から彼は打席で物おじしない。普通緊張して力が入る場面でも、本当に彼は堂々と自分の打席で自分のスイングだけをしていた。そういう姿が頭にあった。あとは早い段階で打席に立たせたかった。

     -中継ぎ陣も踏ん張った

     緒方監督 今日はやっぱり廉と、後を受けた中継ぎ陣よ。本当だったら、序盤からの流れだったら、うちの形で試合をしていかないといけないんだけど。とったらとられるという展開になって追い越された。連敗の悪い流れになっていた。それを後を受けた中継ぎ陣がしっかり止めてくれた。

     -中田廉が見事だった

     緒方監督 特に廉だね。あそこ1死満塁で出て行って、点を取られれば完全に向こうの流れにいくところを止めてくれた。その後も中継ぎ陣がゼロ。そのなかで野手が奮起して勝てたね。中継ぎ陣が大きかったね。

     -連敗を止めた

     緒方監督 また、広島に帰ってしっかりね。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-01812452-nksports-base

     (セ・リーグ、ヤクルト4-7広島、6回戦、23日、神宮)広島が連敗を4で止めた。4-4の八回に2年目・西川が代打で右中間に2点二塁打を放ち、勝ち越し。さらに田中が右前適時打を放ち、突き放した。

     左翼席と三塁内野席が赤く染まった神宮球場。先制したのは広島だった。二回、1番・田中が相手先発・オーレンドルフから左中間に2点二塁打を放つなど、3点を奪った。その裏、ヤクルトは2点を奪った後、坂口が二死三塁で同点に追いつく左前打。さらに三回には雄平が右翼席へ1号ソロを放った。

     広島は七回に3番・丸が左翼席に同点ソロ。先発の九里は4回1/3を4失点だったが、救援陣が踏ん張り、2回無失点の一岡が今季初勝利を挙げた。

     ◆広島・西川 「昨日1軍登録されて、連敗が続いてたんで流れを変えたいって気持ちで打席に入りました。ストライクがきたら思い切って振りにいこうっていうのは決めて、結果打ててよかったです。守備でも代打でも代走でも、どこでもいけるっていうのが僕の強みなので、また明日から頑張りたいと思います」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000565-sanspo-base

     咽頭炎で5日から出場選手登録を外れている広島・ジョンソンが大野練習場でトレーニングを再開し、約30球のキャッチボールと室内での自転車型器具で調整した。

     高熱の症状に見舞われたことから通院しながら自宅で療養に努め、前日21日に担当医から練習再開の許可を得た。懸案の体調については「まあまあ」とだけ説明。付き添った苫米地トレーナーは「筋力がだいぶ落ちているので、まずは体を戻さないといけない」と今後の課題を明かした。


    引用元 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/04/23/kiji/20170423s00001173113000c.html

     【球界ここだけの話】

     ファン、ナインの怒りを代弁するような猛抗議にスタジアムがヒートアップした。広島・緒方孝市監督(48)が19日の広島-DeNA2回戦(マツダ)で審判への暴言で退場処分を受けた。六回の田中、七回の小窪の遊撃へのゴロが一塁アウトになった判定を不服とし、一塁塁審の山路哲生審判員に鬼の形相で向かっていった。

     「2度目だぞ!!」

     「どこをみている!?」

     身ぶり手ぶりの猛抗議は約2分におよび、「抗議を超える暴言があった」(山路審判)として「退場」を宣告された。指揮官にとっては選手、コーチ時代も含めて初めての退場処分。それぐらい熱くなっていた。

     試合後、田中は「どうみてもセーフですよ。僕も(審判に抗議に)いきたかったけど、監督がいってくれました」と感謝を示した。

     顔を真っ赤にして、審判に熱く抗議をする姿にカープファンは懐かしく思った人もいるのではないだろうか。もともと広島は情熱的な指導者が多く、マーティ・ブラウン氏(2006年-09年まで広島、10年は楽天)もその一人だ。

     NPBで通算5シーズン指揮を執り、監督としての退場数は史上最多の「12」。監督歴10年以上を誇り、闘将として知られている星野仙一氏(楽天など)が「6」。瞬間湯沸かし器っぷりが分かるだろう。

     広島市民球場時代の2006年5月7日の中日戦で一塁ベースを引っこ抜いて放り投げて審判に抗議した「ベース投げ事件」は伝説として語り継がれている。ほかにも、ホームベースを土で隠す「ベース埋め事件」、球審の位置に自身が身につけていた靴と帽子を置いて「無言の抗議」をするなど退場のシーンは名物になっていた。

     当時は内野守備走塁コーチとしてブラウン政権を支えていた高コーチは「そういうこともあったね。『またか』っていうのはあったかもしれないね」と苦笑い。ただ「ときには監督がいくことも大事なこと」と明かしてくれた。

     現在(23日時点)チームは4連敗&3カード連続負け越しでトンネルに入りかけている。指揮官が退場してまでこだわった一球に懸ける執念を取り戻してほしい。(柏村翔)

    「(中田)翔は故障もあって今は二軍で調整をしているけど、もうすぐ復帰できるみたいですし。復活すると思うし、絶対やってくれると思っています」

     こう言うのは広島の菊池涼介(27)。21日のヤクルト戦前、3月のWBCでともに日の丸を背負った中田に関してだ。菊池と中田は同じ学年。12年4月に常設化された侍ジャパンで何度もチームメートとなり、公私で親交が深い。盟友といえる間柄である。

     中田は腰や手首に痛みを抱えながら、WBCを戦った。開幕から打撃不振に陥り、右足内転筋の筋挫傷で登録を抹消された。その直前には「公式戦に向けての気持ちの持っていき方」について難しさを吐露していた。菊池が続ける。

    「僕は初めてWBCを経験させてもらった立場ですけど、気持ちの切り替えは難しかったですよ。本当に。当初の成績はもう、見ての通りの結果でしたし」

     たしかに開幕から9試合の成績は打率.189、0本塁打、2打点。昨季、最多安打(181)のタイトルを獲得した選手とは思えないほど低調だった。

    「でも開幕したらそんなことは言ってられない。とにかくチームのためにできることはないかと毎日思いながら、打てないなりに進塁打を打とうとか、そうやって切り替えていこうと。11日の巨人戦で5安打というのがあって、結果的に楽になれた自分もいたので今がありますけど、あの5安打がなかったら絶対苦しんでいますよ」

    ■「打撃のズレは確かにある」

     実際、菊池や中田のようにWBCで常時、試合に出続けた野手の多くが不振に悩んでいる。

    「翔の場合は故障なんでこの話が関連しているかはわからないですけど、(DeNA戦だった)20日、筒香とも話をして、やっぱり打撃のズレというのは確かにあると思うんです。向こうはツーシームだったり、とにかく速いボールを動かして勝負してくる。WBCでは投手の攻め方や球筋の違いに対応しようとずっとやってきた。個人差はあれど、タイミングの取り方だったり、それを元に戻す難しさに少なからず苦しんでいる部分はあると思います。ただ、それも慣れですからね。そのうち、みんな状態は上がってきますよ」

     米国との準決勝では1点しか挙げられず敗れた。多くの打者は投手の高速かつ球威あるムービングボールに苦慮し、驚き、結果的に世界一の夢を打ち砕かれた。侍ジャパンの面々の脳裏に、1カ月たった今もまだ動くボールの“残像”がこびりついているなら、不振に悩むのもわからなくはない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000009-nkgendai-base

     野球評論家の張本勲氏(76)が23日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に登場。19日のDeNA2回戦(マツダ)で審判員への暴言で退場処分を受けた、広島の緒方孝市監督(48)について言及。「感情的になる人じゃない。それがあれだけ激怒するということは見てわかる。私は日本のアンパイアは世界一とずっといってきたが、ここ2年ぐらいで下手になった。勉強してもらいたい」と同情した。

     緒方監督は現役時代も含めて初めての退場となった。七回二死一、二塁で遊撃へゴロを放った小窪が一塁でアウトとされた判定を不服とし、一塁の山路哲生審判員に激しく詰め寄った。球団は六回の田中の遊ゴロも微妙な判定だったとみており、試合後にセ・リーグに意見書を提出した。

     張本氏は「私が見たらアンパイアが感情的になっている。最初に抗議にきたから、ちょっとどっちかわからないようなのをアウトにしたんじゃないかという感情が走るんですよ。アンパイアがそれじゃ困るよ」と苦言を呈していた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000502-sanspo-base

    このページのトップヘ