広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     広島は2019年4月21日、マツダスタジアムでDeNAと対戦し、7-4で勝利した。1回、先頭・田中広輔内野手(29)が中前で出塁すると、3番・野間峻祥外野手(26)から4連続安打と押し出しで4点を先制。2回までに6点の援護を受けた先発クリス・ジョンソン(34)は、5回1失点の投球で今季初勝利を挙げ、チームは今季初の4連勝を飾り最下位を脱出した。

     20日の第2戦に続いて序盤での猛攻で試合を決めた。DeNAは中継ぎの国吉佑樹投手(27)を先発のマウンドに送る「オープナー」制で広島打線の目先を変えようと試みるも、上り調子の鯉打線には通用しなかった。打線は2試合連続の2ケタ安打をマークし、期待の左腕にようやく初白星。復調の兆しを見せる王者だが、昨年までヤクルトのコーチを務めていた野球解説者の野口寿浩氏(47)はどう見るか。J-CASTニュース編集部が聞いた。

    ■「ここぞという時の集中打はすごいものが...」

     野口氏は「17日の巨人戦で劇的な勝ち方をしたことで波に乗った感じですね。打線は完全に乗ってきています。去年、ヤクルトのコーチとして色々と対策をしてきましたが、広島打線のここぞという時の集中打はすごいものがありました。1イニングに4点以上、得点する場面が見られるようになりましたし、完調に近いでしょう」と指摘する。

     また、野口氏はジョンソンの初勝利が、チームの投手陣に与える影響は大きいという。ジョンソンは今季、3試合に先発して勝ち星はなし。この日は初の中4日でのマウンドで、苦手とするDeNA相手に5回1失点で投げ切った。昨シーズン11勝の左腕は今季、3年契約の最終年となるが、春季キャンプ前に2020年の1年契約を勝ち取り、球団からの期待も大きい。

     ローテーションの柱となるべくジョンソンの初勝利に野口氏は「1つ勝ったことで自分の中のモヤモヤが取れる。これで精神的にもだいぶ楽になったと思います。外国人選手は割り切りが上手なので、これから乗ってくるでしょう。ジョンソンの活躍につられて、九里(亜蓮)投手や岡田(明丈)投手も引っ張れていくと思いますので、投手陣も上向いていくでしょう」と、ジョンソンの1勝が投手陣にもたらす効果を指摘した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00000004-jct-spo

    セ、パ両リーグは22日、平成最後の3、4月度「大樹生命月間MVP」候補選手を発表した。


    セ・リーグは投手が今永昇太(DeNA)西勇輝(阪神)菅野智之(巨人)原樹理(ヤクルト)床田寛樹(広島)メルセデス(巨人)山口俊(巨人)柳裕也(中日)笠原祥太郎(中日)五十嵐亮太(ヤクルト)の10人。

    打者は梅野隆太郎(阪神)坂本勇人(巨人)野間峻祥(広島)筒香嘉智(DeNA)大島洋平(中日)ビシエド(中日)山田哲人(ヤクルト)鈴木誠也(広島)の8人。

    パ・リーグは投手が有原航平(日本ハム)大竹耕太郎(ソフトバンク)高橋礼(ソフトバンク)千賀滉大(ソフトバンク)山本由伸(オリックス)森唯斗(ソフトバンク)宮西尚生(日本ハム)松井裕樹(楽天)宋家豪(楽天)の9人。

    打者は森友哉(西武)レアード(ロッテ)今宮健太(ソフトバンク)茂木栄五郎(楽天)松田宣浩(ソフトバンク)栗山巧(西武)中村奨吾(ロッテ)吉田正尚(オリックス)の8人。

    今後の活躍次第で他の選手が選出される可能性もある。受賞選手は5月15日に発表される予定。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-04220530-nksports-base

    広島カープの応援歌「それ行け!カープ」の歌詞をてがけた作詞家の有馬三恵子さんが亡くなっていたことがわかりました。83歳でした。

    作詞家の有馬さんは、歌手の南沙織さんが歌い、その後、森高千里さんがカバーした「17歳」などの歌詞を手掛け、1975年に発表した「それ行け!カープ」は、今もカープの応援歌として歌い継がれています。
    千葉県在住でしたが、昨シーズンも、幾度となくマツダスタジアムでのカープ観戦に訪れ、リーグ優勝の瞬間も見届けていました。
    有馬さんは山口県出身。20日午後、自宅で倒れているのを家族が発見し、その後、死亡が確認されたということです。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00000003-tssv-l34

    広島アドゥワ誠投手が23日中日戦でプロ初先発する。

    昨年は1年間1軍の中継ぎとして53試合で6勝2敗、5ホールドをマーク。日本シリーズのマウンドにも立った。今年から先発に挑戦。1軍で中継ぎ2試合登板をへて、まっさらなマウンドに上がる。

    「やることは変わらないんで。1イニング、1イニングしっかり投げたい」。20歳右腕は冷静に、足元を見つめた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-04220695-nksports-base

    ■広島 7-4 DeNA(21日・マツダスタジアム)

     広島のバティスタが21日のDeNA戦で、今季初本塁打を含む3安打4打点と活躍し、今季初めてお立ち台に立った。バティスタは初回に1死満塁から、追加点となるタイムリーを放つと、続く2回には2死満塁の場面でセンターへ2点タイムリー、7回にはダメ押し点となる今季1号本塁打を放った。


     試合前まで打率.143と不振だったバティスタだが、「タイミングの取り方を変えた。始動を早めにするようにした」と打撃を修正し、今季初の猛打賞につなげた。豪快な打撃のイメージが強いが、「打席では常にセンター方向を意識している」と言うように、2本のタイムリーは初回がライト前、2回はセンターへの打球だった。

    「スタートが悪かったが、諦めずに前を向いてやるしかなかった」と言うバティスタにとって同郷のクレート通訳は、良き相談相手であり、「いいコンビ」という間柄だった。そのクレート通訳が「産休、育休」のため一時帰国が決まっており、この日は帰国前最後のお立ち台でのやりとりとなった。「帰る前にホームランを打ててよかった」と喜んだバティスタの言葉に、クレート通訳も満面の笑みを見せた。

     昨季は302打席で25本塁打を記録し、プライベートでも仲のいい鈴木に「規定打席をクリアできれば本塁打王を狙える」と言われたというドミニカン。「いろいろな打順で起用されているが、どの場所でも自分の武器を見せて仕事をしたい」と、気温の上昇とともに自身の状態も上がることを誓った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00352347-fullcount-base

     スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は、3月29日に開幕したプロ野球2019年シーズンから国内最大級チーム「読売ジャイアンツ(巨人)」のホーム試合を配信することになった。ファンの多い球団を獲得したことで会員増に期待する一方、「東京ヤクルトスワローズ(ヤクルト)」「広島東洋カープ(カープ)」の放映権を取ることができなかった。しかし、「すべての野球ファンに楽しんでもらいたい」という思いは変わっていない。



     DAZNは、16年8月に日本に上陸したスポーツ専門の動画配信サービス。ライブ配信以外にも、見逃し配信やハイライトなど、ユーザーのライフスタイルに合わせてスポーツを視聴可能な点が魅力だ。デバイスは、スマートフォンやタブレット端末、PC、テレビなど多種多様。登録できるデバイスは6台までとなっている。さらに、2台まで同時に視聴することができる。

     GEM Partnersの調査によると、2018年の定額制動画配信市場シェアでDAZNは4位。野球以外にも、サッカーやテニスなど、さまざまなスポーツコンテンツが視聴でき、月額1750円、DAZN for docomoなら980円という価格が好評だ。
     

    ●12球団の公式戦全試合配信に期待
     DAZNは、前シーズンに巨人以外の11球団の試合を配信していた。そのため、今シーズンはヤクルトとカープが抜けた格好だ。2球団が抜けたものの、DAZNは巨人ファンを会員として新たに獲得できることを期待している。
     

     しかも、現状では満足していない。担当者は、「ローンチ当初から、日本において野球の放映権獲得は常に重要だと考えており、今回、巨人のホーム試合を配信できるようになったことは大きな一歩。今シーズンはホーム試合を配信する球団数が減ったが、引き続き全ての野球ファンに楽しんでもらえるコンテンツを届けられるよう、努めていく」と、12球団の公式戦全試合配信を目指す姿勢だ。

     試合の配信だけでなく、選手のインタビューなどオリジナルコンテンツも充実させている。地上波では放送できないような“とがった”企画で、野球ファンはもちろん、今まで野球に馴染みのなかったユーザーにも、野球を楽しさを訴求する。

     DAZNは今後も、オフライン環境でも動画を視聴できる「ダウンロード機能」や、選手の成績を表示する「スタッツ機能」など、使い勝手を向上させる新たな機能を盛り込んでいくことでユーザー獲得を狙う。ポリシーである「Fan’s First」の視点から、全てのスポーツファンの期待に応える「スポーツの新しい本拠地」を目指していく。(BCN・南雲 亮平)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190406-00113908-bcn-sci

    <広島7-4DeNA>◇21日◇マツダスタジアム

    広島先発ジョンソンが5回4安打1失点で今季初勝利を挙げた。DeNA打線が早打ちであることを序盤に察知し、ファーストストライクから厳しいところを突いたのが勝因。序盤は際どいコースに投げる制球があり、球威もあった。


    ただし、この日の相手は淡泊だった。初回の守りで取るべき併殺を取れず、1死一、二塁で西川の飛球を左翼筒香がグラブに当てながら落球(記録は安打)。国吉が連続押し出し四球を出すなど、いきなり4失点した。これで打線が意気消沈したわけではないだろうが、難しいボールに手を出し、ジョンソンに楽に投げさせてしまった。

    大量援護に守られたジョンソンは、3回に突然フォームのバランスを崩しピンチを招くなど、不安も露呈した。本人もわかっており、もどかしいと思う。いい投球ができるイニングはあるのだから、それを継続して信頼を取り戻したい。(日刊スポーツ評論家)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-04210905-nksports-base

     広島のドラフト1位ルーキー小園海斗内野手が、公式戦初ホームランを放った。17日、タマスタ筑後でのウエスタン・リーグのソフトバンク戦。3回の第2打席で右翼へアーチをかけた。



     初回にメヒアが先発の和田から2ランを放ち先制した広島。2点リードの3回、先頭で打席に入った小園が快音を響かせた。和田が投じた初球のスライダー。甘く入ったボールを捉えると、打球は右翼の防球ネットに突き刺さった。

     オープン戦では2本塁打を放った小園だが、ファーム降格後は打撃不振に陥っていた。この日までウエスタン・リーグで10試合で打率.122。日米通算131勝のベテラン左腕から放った一発が打撃復調のキッカケとなるか。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00348345-fullcount-base

     プロ野球のファームは20日、交流戦を含めてイースタン、ウエスタンで計6試合が行われた。

     日本ハムはヤクルト戦(戸田)に延長10回、4―3で勝利。ドラフト4位・万波が8回に同点の3号2ラン。延長10回に郡が決勝二塁打を放った。先発・中村は5回3安打無失点。ドラフト3位・生田目が4番手で1回無安打無失点だった。ヤクルト先発のドラフト1位・清水は8回4安打3失点。

     DeNAは楽天戦(横須賀)に延長10回、3―2でサヨナラ勝ち。最後は山下が中越えにサヨナラ二塁打を放った。梶谷が4安打。ドラフト3位の先発・大貫は2回1安打1失点。楽天先発・藤平は3回3安打1失点だった。内田が8回に2号ソロ。

     西武はロッテ戦(西武第2)に4―3。呉念庭が7回に1号2ランを放つなど3安打。先発・郭俊麟は5回4安打1失点。5番手・田村が1回1安打無失点で1勝目を挙げた。ロッテは岡が初回に先頭打者本塁打となる1号ソロ。先発・ブランドンは6回3安打無失点で、4番手・南が2/3回を3安打1失点で1敗目(1勝1セーブ)を喫した。

     阪神は巨人との交流戦(ジャイアンツ)に6―4。1番・島田が4回の2号2ランなど3安打。先発・高橋遥は5回6安打4失点ながら1勝目。巨人先発・高田は5回10安打5失点(自責3)で1敗目(2勝)を喫した。加藤が初回の2号2ランなど3安打、松井が4回に1号ソロ。

     オリックスはソフトバンク戦(小郡)に6―0。先発・K―鈴木が3安打10奪三振の完封勝利で1勝目(1敗)。比屋根が4回の1号ソロなど3安打2打点だった。ソフトバンク先発・高橋純は2敗目(1勝)。

     中日は広島戦(由宇)に4―1。先発・福谷が6回1安打無失点で1勝目を挙げた。モヤが4回の先制5号ソロなど3安打2打点。広島先発・ローレンスは6回4安打1失点の好投も2敗目(1勝)。堂林が7回の1号ソロを含む2安打。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000187-spnannex-base

     ○広島7―4DeNA●(21日・マツダスタジアム)

     上昇気流に乗った赤ヘル打線は、相手の付け焼き刃の戦術をものともしなかった。救援投手が先発して短いイニングを抑えて継投する「オープナー」戦術を粉砕した。

     救援で最速161キロを記録したDeNA先発右腕・国吉に対し、一回に先頭の田中広が「飛ばしてくると思っていた」と初球の直球を狙い打って中前に運び、猛攻の口火を切った。野間の二塁打などで1死二、三塁から4番・鈴木が左前に落とす先制適時打。さらに1死満塁でバティスタが右前適時打で続くなど、広島は5長短打などでこの回に4点を奪った。

     バティスタは二回に中前2点適時打、七回にも今季1号の左越えソロと3安打4打点の大活躍。昨季25本塁打を放ちながら、今季は前日まで打率1割台で本塁打なしと苦しんでいたが、この日は「スイングの始動を早くした」ことが奏功。加えて「暖かいと動きやすい」といい、温暖な母国・ドミニカ共和国には及ばないが、最高気温が26.7度まで上昇したこの日の広島市の気候も幸いしたようだ。同郷の通訳、クレートさんが今月末から妻の出産準備で長期帰国するため、カリブの強打者は「その前に打ててよかった」と笑う。

     チームは4連勝で単独5位に浮上。リーグ3連覇中の王者がいよいよ地力を発揮し始めた。【田中将隆】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000049-mai-base

    このページのトップヘ