広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

     ネット上には、「サゲマン」「離婚か!?」と手厳しいファンの反応があふれている。

     広島が宮崎・日南での1次キャンプを打ち上げた20日。3週間の練習を総括した緒方監督に、「いい打撃の状態が続いている」と名前を挙げられた堂林翔太(25)は、崖っぷちに立っている。

     高卒3年目の12年に全144試合に出場、14本塁打を放って「カープのプリンス」といわれたのも今は昔。昨季は47試合の出場で打率.250、2本塁打、2打点。先発出場は12年以降で最少となる13試合に終わった。

     14年オフにTBSアナウンサーの枡田絵理奈(現フリー)と結婚してから、成績が急落し、出場機会が激減。ファンの矛先が女房に向かった。

     本格的な外野転向に挑戦し、丸や新井といったチームの先輩に弟子入りした今年、結果を出さなければ……。野球選手としても男としても、窮地に追い込まれる。



    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00000017-nkgendai-base

     広島の新井貴浩内野手(40)が2軍で独自調整を行うことが20日、決まった。1軍は2次キャンプ地の沖縄へ出発したが、新井は宮崎・日南に残留。今後は2軍に合流して、打ち込みに専念する。

     「バッティング(の現状)についてはまだ分からない。生きたボールも見てないので」。広島復帰後の過去2年は2月中旬に紅白戦に出場。もちろん、沖縄2次キャンプにも帯同していた。しかし、今年はまだ実戦に出場しておらず、調整は遅れ気味。1軍沖縄キャンプは実戦中心となり、雨天時に打撃練習ができる施設も日南の方が整っている。そのため、首脳陣と相談して“2軍行き”を決めた。

     「高さん(ヘッドコーチ)に任せると言われている。任されるからには責任がある。振り込み、打ち込みで自分を追い込んでいきたい」。キャンプ終了後に1軍に再合流の見込み。実戦出場の時期は未定だが「言われた時に実戦にいけるようにしておきたい」。昨年のセ・リーグMVP男は、開幕を見据えてペースを上げる。(酒谷 裕)



    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000270-sph-base

     広島が20日、宮崎・日南市内で行っている20日間にわたる一次キャンプを打ち上げた。雨の影響で毎年恒例の手締めが中止となったが、上本崇司内野手(26)が元気いっぱいのパフォーマンスを披露し、スタンドを盛り上げた。

     ビショビショのグラウンドに飛び出した上本はスタンドのファンに向かって「沖縄に行っても頑張ります!!」と絶叫。その後、猛ダッシュでダイヤモンドを一周し、ホームベースにスライディングを決めた。ゆっくりと立ち上がり笑顔をみせると、球場からは拍手が起こった。

     この日、チームはチャーター機に乗って沖縄へ移動。21日の休日をはさんで22日から3月1日まで沖縄で2次キャンプを送る。



    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000556-sanspo-base&pos=2

     広島は20日、宮崎・日南での1次キャンプを打ち上げ、午後に2次キャンプ地の沖縄に移動した。緒方孝市監督(48)は「選手がいい準備をしてくれて、このキャンプに入ってくれた。けが人も何人かいますが、チーム全体として考えれば順調にきている」と振り返った。

     WBC日本代表に合流するため田中、菊池、鈴木の3人は2次キャンプには不在。指揮官は「代表メンバーがいない中でも、目指す野球、カープの野球を変わらずやっていく。それができる選手が開幕に残るのではないでしょうか」と、若手の台頭を期待した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000167-sph-base

     広島の堂林翔太内野手(25)が20日、宮崎・日南キャンプを打ち上げ、チームと2次キャンプ地の沖縄入りした。

     緒方監督が日南キャンプ総括の中で堂林を「いい打撃の状態が続いている」と評価。前日の紅白戦でも、5回2死二、三塁から左前へ2点打を放つなど、存在感を見せており、堂林は「秋から続けてきたことができている。同じように続けていくことが大事」と意気込んだ。



    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000172-sph-base

     昨年25年ぶりのリーグ優勝を果たし、現役引退した広島カープの黒田博樹投手(42)の背番号「15」が永久欠番となることが決定したが、それについて、野球評論家、野村克也氏(81)が、自ら連載している2月20日発売の月刊『本の窓』(3、4月合併号)の「野村の日本プロ野球史」のなかで異議を唱えている。


     広島カープでの永久欠番は“ミスター赤ヘル”こと山本浩二の「8」、“鉄人”衣笠祥雄の「3」に続く三例目。松田元オーナーは、「理由はふたつ。彼の残した成績と優勝したこと。それとお金だけではない価値観をいまの社会に示した」と話した。

     また黒田は引退会見で、「話を聞いたときは鳥肌が立った。恐縮する気持ち。携わっていただいた方のお蔭。ぼく個人というよりも、皆さんの背番号かなと」と語った。このニュースを聞いた野村は、こう綴っている。

    「メジャー球団から年俸二十億円ともいわれるオファーを受けながらも古巣に復帰し、二十五年ぶりのリーグ優勝に貢献した“男気”が評価されたということなのだろう。とはいえ──黒田に対しては何のうらみつらみもないものの──このニュースを聞いて、正直、思った。“永久欠番も安っぽくなったなあ……”」

    たしかに、日本における永久欠番は、巨人軍・沢村栄治の「14」を嚆矢に、川上哲治、金田正一、長嶋茂雄、王貞治など、黒田以前にはわずか十四人しかいない。野村は続ける。


    黒田の功績にケチをつける気は毛頭ない。しかし、彼の背番号が永久欠番になるのなら、ほかになってしかるべき選手がいると思うのだ。その代表がこの私だ。おこがましさを承知で書くが、私の『19』が永久欠番になっていないのはおかしくないか? 

     
     私のほかにも、三冠王を三度も獲得した落合博満や、歴代二位の三百五十勝をあげた米田哲也、通算千六十五盗塁という空前絶後の記録を残した福本豊、川上さんと人気を二分した大下弘さん、稲尾とともに西鉄の黄金時代を築いた中西太さんもなっていない。



    引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170219-00000020-pseven-spo

    このページのトップヘ