広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     広島は16日、8月18日からのヤクルト3連戦で着用する「カ舞吼ユニホーム」を発表した。武将茶人・上田宗箇が1615年の大阪夏の陣で着用し、広島県の重要文化財となっている陣羽織の赤色と紺色を再現。胸の「Carp」のロゴは、金色で縁取りされた。



     モデルを務めた野村祐輔投手(28)は「陣羽織がモチーフということで、強そうなイメージがある。これを着て、良い試合ができるようにしたい」と気を引き締めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170717-00000015-dal-base

     「阪神5-9広島」(18日、甲子園球場)

     広島が12安打9点を奪って、今季“鬼門”となっている甲子園での連敗を5でストップした。

     石井打撃コーチは9点リードをひっくり返された5月6日の試合を引き合いに出し、「これであの悪夢も払しょくできたんじゃないか」と安堵の表情を浮かべた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00000154-dal-base

     「阪神5-9広島」(18日、甲子園球場)

     広島のジェイ・ジャクソン投手が不安定な投球を露呈した。

     9-3の九回から登板。先頭の鳥谷に左前打を浴びると、続く糸原には四球を与え、ピンチを広げた。暴投などもあり2点を失い、2死一塁で上本を打席に迎えた場面で交代を告げられた。

     0/3回2安打1四球2失点に「リズムに乗りきれなかった。自分の球は投げ切れたけど、失点してしまった。それが改善点」

     畝投手コーチは今後の起用について「点差がある楽な場面で投げてもらう」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00000156-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島9ー5阪神(2017年7月18日 甲子園)

     広島が序盤に大量リードを奪い、そのまま逃げ切った。

     2回、1死満塁で石原の中前適時打で先制。2死後田中、菊池が左翼へ2者連続の適時二塁打を放ち一挙5点が入った。3回には松山が適時打、4回には丸の適時打と松山の犠飛でさらに追加点をあげた。

     先発の大瀬良は8回途中まで投げ4安打3失点で今季依然負けなしの6勝目をあげた。

     阪神は4連勝でストップ。先発の岩貞が3回6失点で降板したのが誤算。8回に新外国人のロジャースが来日初安打となる中前2点適時打を放つなど終盤に追い上げたものの、失点が重かった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00000144-spnannex-base

    「少し時間はかかったが、やっと自分のピッチングができた」

     いつも通りの冷静な口調の中に、わずかだが高揚感のようなものが感じられた。オールスター前、最後の試合となったDeNA戦で、先発の広島ジョンソンは、今季最長となる8回1失点の好投で4勝目を挙げた。緒方監督が「気迫あふれる投球。今季一番だった」と絶賛した快投で、チームは2位阪神に8ゲーム差と独走状態での首位ターンを決めた。

     14年オフ、MLBを含めた数球団の争奪戦の末に広島入りしたジョンソンは、その評判通り来日1年目から14勝をマークし、防御率1.85でタイトルも獲得した。2年目の昨季は、チームメートの野村祐輔と最後まで最多勝争いを演じ、15勝で次点に終わったが、防御率2.15で外国人投手として史上2人目の沢村賞に輝き、チームの25年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

     将来性は買われながら、MLBでは未勝利に終わったジョンソンが、日本でここまで成功した理由は何だったのか。技術面では、来日してから投げ始めたという「スパイクカーブ」が大きな武器となっている。人差し指を立てる独特の握りから繰り出す、この緩い変化球は緩急の「緩」の役割を果たし、しかも縦に大きく変化するボールで、特に左打者には厄介なボールとなっている。アメリカに渡った日本人投手が、MLBの滑るボールに苦労することが多いが、ジョンソンの場合は「滑らないボールは自分に合っているし、マイナーリーグのボールが日本のものに似ていたのが良かったのかもしれない」と扱いやすい日本のボールで、各球種の精度が高まった。

     キャッチャーの石原慶幸の存在も大きい。ジョンソンが「来日してから今まで、サインに首を振ったことが数回しかない」と絶対的な信頼を寄せる“恋女房”の名前をヒーローインタビューでは常に挙げる。言葉に関してのコミュニケーションの問題も「言葉は少なくても、お互いに何をすればいいかわかっている。基本的に同じ方向を向いているので、少しの言葉でも通じる」と意に介さず、「キャッチャーとして全てが素晴らしい。アメリカに連れて帰りたい」と絶賛する。


    引用元 https://full-count.jp/2017/07/16/post76289/

     前半戦、今年も多くの外国人選手が話題を振りまいた。セ・リーグはチーム状況と外国人選手の出来、不出来に大きな関連性があった。前半戦の外国人の働きを見ていこう。

    【広島】
    ○投手
    ジョンソン
    7試合4勝2敗0S0H 43回1/3 防御率3.95

    ジャクソン
    37試合2勝2敗1S20H 36回1/3 防御率2.48

    ヘーゲンズ
    3試合0勝0敗0S0H 3回 防御率12.00

    ブレイシア
    15試合2勝1敗1S1H 18回2/3 防御率2.89

    ○内野手
    ペーニャ
    22試合37打数8安打0本2点0盗 打率.216

    エルドレッド
    75試合240打数69安打21本59点0盗 打率.288

    バティスタ
    25試合44打数12安打7本13点0盗 打率.273

    メヒア 育成契約

     左のエースジョンソンは開幕直後に登録抹消されたが、6月9日に復帰後は徐々に調子を上げている。ジャクソンは不調で「勝利の方程式」を外れ、ブレイシアは6月9日に登録抹消となった。

     エルドレッドは早くも昨年に並ぶ21本塁打。好調打線で「恐怖の6番」となっている。カープアカデミー出身のバティスタは、6月3日にデビューすると、2試合連続代打本塁打と衝撃のスタート。以後も長打力を発揮、「秘密兵器」的な存在に。バティスタの同僚だったメヒアは育成枠のままだが、2軍では3冠王を取りそうな勢いだ。

    【巨人】

    ○投手
    マシソン
    32試合2勝1敗1S18H 36回2/3 防御率1.96

    マイコラス
    15試合7勝4敗0S0H 102回1/3 防御率2.73

    カミネロ
    32試合0勝3敗18S2H 35回 防御率2.31

    ソリマン 育成契約
    アダメス 育成契約
    メルセデス 育成契約

    ○野手
    クルーズ
    9試合32打数5安打0本3点0盗 打率.156

    マギー
    78試合284打数84安打8本42点4盗 打率.296

    マルティネス 育成契約

    ギャレット 1軍出場なし

     先発マイコラス、セットアッパー・マシソン、クローザー・カミネロと3人の外国人選手は期待通りの働き。しかし野手は、ポジションの偏りもあってフルに活躍しているのはマギーだけ。昨年24本塁打のギャレットは、ヤンキースでも中軸を打った大物だがいまだに2軍暮らしだ。


    引用元 https://full-count.jp/2017/07/17/post76371/

     13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター フレッシュオールスターゲーム イースタン・リーグ選抜-ウエスタン・リーグ選抜』で解説を務めた谷繁元信氏が、広島の育成選手・メヒアについて語った。

     育成選手でありながらメヒアは、二軍で打率(.348)、打点(48打点)、安打(88本)、出塁率(.396)など、ウエスタン・リーグトップの成績を残す。二軍でアピールを続けるメヒアだが、谷繁氏は「バッティングフォーム的に欠点がある感じがします」と指摘する。

    「二軍の投手レベルだったら結構打てるけども、一軍のレベルになるとまだもう少しかなという感じだと思います。だからバティスタの方が先にあがったんだと思います」と分析した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://baseballking.jp/ns/124273

    このページのトップヘ