広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     2017年5月20日の中日対広島戦(ナゴヤドーム)で、中日の先発投手・又吉克樹が審判に何事かを訴え、試合が一時中断するハプニングがあった。この出来事をめぐって、インターネット上では、ある「デマ情報」が急拡散。又吉本人が説明に追われる騒ぎとなった。

     「デマ」の内容は、広島ファンが「レーザーポインター」を使って、又吉の投球を妨害したというもの。なぜ、こんな根拠のないデマが急速に広まったのか。その「発信源」をJ-CASTニュースが追った。

    ■広島ファンへのバッシングが過熱

     ハプニングは、中日1点リードで迎えた4回表に起きた。ここまで3イニングをほぼ完璧に抑えていた又吉が、広島の一番バッター・田中広輔と対峙した際に、審判に何事かを訴え出たのだ。

     この影響で試合は一時中断。球審と三塁審判が集まって、スタンドの方を指さして「電気!電気!」と呼び掛け始めた。その後、何らかの対応が取られたのか、試合はそのまま再開した。中断していた時間は約1分ほどだった。

     この場面は試合中継でも放送されたことから、ツイッターを中心に「何があったの?」などと話題に。さらには、試合の最中から徐々にツイッターで、

      「広島ファンがレーザーポインターで又吉の投球を妨害した」

    といった真偽不明の情報が広まっていった。

     こうした情報が出回ると同時に、それを信じたネットユーザー中心に広島ファンへのバッシングが過熱。ツイッターやネット掲示板には、

      「レーザーポインター当てるとか何を考えてるんやろ... カープファン最悪」
      「広島ファンの方、敵チームのピッチャーにレーザーポインター当てたり、必要以上に野次ったりするの、やめていただけませんか」
      「広島ファン出禁にしてしまえ。ほんまクソすぎる」

    といった激しい批判が次々と寄せられる事態となった。


    引用元 https://www.j-cast.com/2017/05/22298607.html?p=all

    <広瀬叔功氏評論>

    <広島3-2ヤクルト>◇23日◇マツダスタジアム

     広島松山の打撃がいい。開幕当初は不安定だったが、引きつけて瞬時にとらえるスイングが戻ってきた。

     パワーもあるし、右へ、左へと打ち分けられる。それが7番に座っているから、恐怖の下位打線と言っていいだろう。松山の出来次第で、今後のチームの行方が変わると言ってもいい。打線においてそれほど重要な存在になってきた。

     ただ、あえて苦言を呈したい。まだ31歳。7回で守備固めを出されるのはあまりにも寂しい。緊迫した終盤になるとはいえ、リードは1点。必ずもう1打席は回ってくるのだ。守備、走塁への信頼がないのだろう。この日も6回の大引の左前打を捕球し損ねていた。右打者の左中間への打球にしては珍しいフック回転だったとはいえ、後逸はあり得ない。守備にも興味を持たなければ。交代を悔しさに代えてほしい。(日刊スポーツ評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-01828460-nksports-base

     ◇パ・リーグ ロッテ1―6ソフトバンク(2017年5月23日 ヤフオクD)

     ロッテの三家和真外野手が23日、ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)でプロ初出場した。

     1―6の9回無死から清田の代打で出場。プロ初打席は石川の151キロ直球を打つも三ゴロに倒れた。一塁へはヘッドスライディングを見せ「点差は開いていたが、何とか塁に出たい気持ちがああいう形になった」と振り返った。

     11年育成ドラフト4巡目で広島に入団も、13年限りで戦力外通告を受け退団。BC信濃、石川を経て、16年にロッテの秋季キャンプで入団テストに合格し、今季から加入した。イースタン・リーグで打率・325と猛アピールし、5月21日に初めて1軍に昇格していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00000141-spnannex-base

    <広島3-2ヤクルト>◇23日◇マツダスタジアム

     先発した広島野村祐輔投手(27)が腰の違和感のため、3回51球、6安打2失点で降板した。

     1回は2者連続三振など3者凡退で滑り出すも、2回に急変。先頭雄平の中堅へ二塁打から5連打で2点を失った。なおも続いた無死満塁、3回1死一、二塁はしのぐも、試合中に球場内でチームドクターの診察を受けた結果、3回降板となった。

     緒方監督は「次回については、明日の様子を見ながら、(出場選手登録を)抹消するかもしれない。全員で戦っていく」と険しい表情。今後については、24日の状態を見て判断をする。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-01828507-nksports-base

    <広島3-2ヤクルト>◇23日◇マツダスタジアム



     ヤクルトが2回に5連打で2点先制。その裏広島は松山の中前打で1点を返し、3回は鈴木の右前打で同点。先発野村は3回降板。

     広島は5回に安部の右前打で勝ち越した。4回から登板の薮田が3回無失点の好救援。ヤクルトのブキャナンは5回で降板した。

     広島が逃げ切り連敗を3で止めた。復帰の中崎が7回を1回無失点。薮田が3勝目で今村が8セーブ目。ヤクルトは連敗となった。ブキャナンが3敗目。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-01828239-nksports-base

     「広島-ヤクルト」(23日、マツダスタジアム)

     広島の先発・野村祐輔投手が今季最短の3回6安打2失点で降板した。

     初回、2者連続三振を奪うなど完璧な立ち上がりを見せた。だが、二回から崩れた。先頭の雄平に中堅へ二塁打を浴びると、続くバレンティンに左翼フェンス直撃となる適時打で先制点を献上。その後も3連打を許し2点目を奪われた。

     三回は1死一、二塁のピンチを招いたが、後続を抑え無失点で切り抜けた。4回から薮田がマウンドに上がり、野村はわずか51球でマウンドを降りた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00000123-dal-base

     野手陣が休日だった15日、広島・堂林翔太内野手(25)がマツダスタジアムに姿を見せた。ここ最近は打撃の精彩を欠き、「少しでも良くなればいいと思った。いいものを取り戻したい」と復調に向けて、真剣なまなざしで言った。

     開幕直後は数少ないチャンスをモノにしていたが、限られた中で調子を維持することはやはり難しいようだ。ウエートトレーニング量を増やし、意識的に体に張りを作るなど、いろんな工夫を凝らしているという。

     不退転の決意で臨んだシーズンだ。昨秋から新井に弟子入りし、打撃フォームを固め、護摩行にも同行した。キャンプでは「継続」というフレーズを繰り返して、バットを振り続けた。3月のオープン戦でもチームトップタイの17試合に出場。緩やかに描く成長曲線は、1軍首脳陣からも評価されていた。

     3月下旬のことだ。主力選手の実戦出場が増え、堂林の出番機会は次第に減少。開幕スタメンは絶望的な状況となった。リーグ連覇を目指すチームの選手層は厚い。スタメンに名前を連ねるのは簡単ではない。そんな時、新井からこんな言葉をかけられたという。

     「何が起こるか分からないから、しっかり準備しておけ。オレが本塁打王を取ったときもそうだったから」

     05年、新井は開幕をベンチで迎え、4番にはラロッカが座った。だが開幕3戦目に助っ人が離脱。スタメンのチャンスをつかむと、ここから猛アピール。終わってみれば、43本塁打を放ち、自身初の本塁打王に輝いた。同年のシーズン最終戦は新井が4番に座っていた。長丁場のペナントレース。想定外のことだって起こる。何よりも準備が大切と知るからこそ「若い頃の自分と重なることが多い」という堂林に自身の経験を伝えたのだろう。

     堂林はここまで主に代走や守備固めで24試合に出場し、打率・263、5打点。定位置を狙う一塁、左翼にはエルドレッド、松山、そして新井がいる。ライバルは強力だ。だが下は向くことはない。出場に備えて、最高の準備を整えるだけだ。シーズンはまだ100試合も残っている。=数字はすべて5月20日の時点(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170521-00000060-dal-base

     12球団一の得点力を誇る広島打線で、安部友裕内野手(27)が今月中にも規定打席に到達し、打率トップに立ちそうな好調さを見せている。


     阪神との開幕2戦目でサヨナラ内野安打。今月18日のDeNA戦では逆転打を放ち、勝利に貢献。打率3割5分5厘。規定打席(136)に2打席足りないが、現在1位で3割3分6厘のマギー(巨人)を上回る。

     主に三塁だが、新井が休養すれば一塁、菊池が欠場した際は二塁。最近は5番に入り、8盗塁を決めた足もあり、首脳陣の選択肢を広げている。

     福岡工大城東高から高校生ドラフト1巡目で入団して10年目。上位打線の田中、菊池、丸とは同学年。1、2軍を行き来していたが、昨季は三塁に故障者が出てチャンスをつかみ、115試合に出場した。今季も相手先発が左腕の場合は途中出場がほとんどだが、先発した28試合で無安打は3試合だけ。

     オープン戦では結果を欲しがって空回りしたが、「センター中心に」を心掛けた開幕後は、逆方向への安打も増えてきた。石井打撃コーチは「去年までは1打席目の結果を引きずっていたが、今年は試合中に修正できている」と評価する。

     「数字が変動する打率ではなく、増えるものを意識している」と安部。打席数とともに安打や四球を積み重ね、好成績につなげるつもりだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00000064-jij-spo

    このページのトップヘ