広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     4月18日の広島―DeNA戦(マツダ)。3回無死二塁の先制機で、広島・新井は二ゴロを打って走者を三塁へ進めた。カウント2―1からの外角チェンジアップ。「右方向へ打ってつなぐイメージ。もちろんヒットになれば一番いい」。得点にこそ結びつかなかったが、4番打者のこうした姿勢が快進撃を支えているのは間違いない。

     新井だけじゃない。今や赤ヘル新打線の代名詞になりつつある「後ろにつなぐ野球」。それは打席に立つ者すべてに深く浸透する共通認識だ。1点が入れば、無死満塁で併殺打でもOK。一般的には否定される結果でも皆で称え合う。いきおい、選手は前向きな気持ちになりやすい。活気あふれる打線は決して偶然の産物ではない。

     「打者はよく打っても3割。7割は失敗する。だったら、その7割をどう生かしながら点を取るか。点を取って勝つ野球と、打撃技術を磨く野球は違うんですよ」

     そう話すのは石井琢朗打撃コーチだ。後ろにつなぐ野球の提唱者。現役時代には、マシンガン打線と評された横浜(現DeNA)の切り込み隊長を長く務め、歴代11位の2432安打を放っている。そんな希代のヒットメーカーが「つなごう」と唱えるから面白い。「点を取って勝つ野球」も、昨季のリーグ優勝を見れば説得力を持つ。

     異質と言ってもいいだろう。技術指導が主とされる打撃コーチ職。その実績と理論をもってすれば、個人技に優れた打者の育成に目が向きそうだが、石井コーチは「技術はボクにはわからない。打撃に正解はないので」と笑う。無論、半分はジョークだろうが、「どちらかと言うと野手目線。守っていてイヤだな…と思うことを考える」と話す際は真顔だった。

     キレイに打ちたい――。理想は、しかし、時として打者を狂わす。「ボクら(打撃コーチ)が見ているのはそこじゃない。グシャ(という当たり)でもいい。打席でいかに気持ちを見せるか」。先頭打者ならどんな形でも出塁する。塁上に走者がいれば後ろにつなぐ。徹底されているからこそ集中打が生まれる。

     リーグの頂点に立った昨季もしかり…だ。開幕ダッシュに成功した赤ヘル。自己犠牲の精神を併せ持ちつつ、7割の失敗を勝つ野球に転化する。打線は水ものと言われるが、石井打撃コーチの唱える「つなぐ野球」は、今季も安定した力を発揮しそうだ。(広島担当・江尾 卓也)


    引用元 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/04/21/kiji/20170420s00001173272000c.html

    <ヤクルト3-1広島>◇21日◇神宮

     広島先発のドラフト1位加藤拓也投手(22=慶大)は6回5安打5四球3失点で降板した。



     2回にヤクルト西田に中前適時打を浴びて先制を許すと、4回は2死からの連続四球でピンチを背負って大引に中前適時打を浴びた。鈴木が1発を放って1点差に迫った直後の5回にも荒木にソロを浴び、113球で降板となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-01811306-nksports-base

     広島の大瀬良大地が20日のDeNA戦に先発し、7回3失点で勝ち負けは付かなかった。今季未勝利だった大瀬良は、6回までDeNA打線を1失点に抑えたが、7回に2死から投手に打たれたタイムリーとワイルドピッチで2点を失った。直後に打線が追いついて負けは消えたが、チームは延長戦の末に敗れ、今季初の連敗となった。

     大瀬良は「序盤は変化球の精度が悪く苦しんだが、回を追うごとに良くなっていったので、なんとか粘り強く投げられた」と手応えを口にした。緒方監督も「慎重すぎるぐらいの感じで、しっかり投げていた」と評価しながら、「投手に打たれたのが3点目のワイルドピッチにもつながった。あそこは反省して欲しい」と7回の投球に言及した。

     本人も「7回のピッチング内容をしっかり自分の中で反省して、次に活かしていきたい」と、次戦の登板に目を向けた。

     ルーキーイヤーに10勝を挙げた右腕がリリーフ転向を経て、今季は黒田の抜けた先発に復帰した。完全復活に向け、まずは先発復帰後初勝利で剛腕復活を果たしたいところだ。


    引用元 https://full-count.jp/2017/04/21/post65780/

     ◇セ・リーグ 広島3―5DeNA(2017年4月20日 マツダ)

     敗戦には得てしてミスが絡みがちだ。9回を打者3人で退けた今村が、2イニング目に2四球を与えるまさかの変調。終盤に追いつき、今までの勢いからすると、今日も勝つかな…と期待したファンは多いだろうが、自滅ではもったいない。

     思えばこの3連戦、あれほど活発に打った打線が援護できなかった。初戦の浜口に今永、井納。ルーキー以外の2人には相性もよくない。カープは去年のセ・リーグ王者だ。交流戦前後や球宴明けにはローテーションを再編し、3人を当ててくる可能性がある。対策を練り、早期に苦手意識を拭い去る必要がある。

     先発した大瀬良にも触れておきたい。試合を壊すことはないものの、やられるパターンは常に同じだ。ボールが先行し、甘い球を痛打される。ボール先行は、打たれてはいけない気持ちがそうさせるのか、ただ単にストライクが入らないのか。

     昨季まで在籍した偉大な大先輩は“打たれることを恐れない。最終的にホームを踏まさなければいい”と言った。失点しても、それ以上やらなければいい…という切り替えが大事。もう一度その言葉を思い出し、気持ちを整理してほしい。 (スポニチ本紙評論家)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000068-spnannex-base

    ● 広島 3 - 5 DeNA ○
    <3回戦 マツダスタジアム>

     広島がDeNAに敗れ、2カード連続で負け越しとなった。

     広島は3点を追う7回に安部友裕、小窪哲也のタイムリーなどで同点に追いついた。試合は広島ムードとなったが、延長10回に3番手・今村猛が梶谷隆幸に勝ち越しタイムリーを浴びると、4番手の飯田哲矢が筒香嘉智に犠飛を浴び2点を失った。その裏、広島は9番から上位に繋がる打順も3人で打ち取られ敗れた。

     ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める野村弘樹氏は「カープに関しては4月の序盤走りすぎたというところがあります」とし、「ちょっと疲れが見え隠れしているかなと思います」と分析した。

    (提供=ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00113422-baseballk-base

    <広島3-5DeNA>◇20日◇マツダスタジアム

     終盤7回に3点差を追い付いた広島だったが、延長10回に今季初のイニングまたぎとなった今村が連続四球が絡むピンチから決勝点を与えた。


     今季初の連敗で2カード連続負け越しとなった。広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -終盤追い付きながら、延長の末敗戦。

     緒方監督 接戦を落としたのは痛いね。

     -10回は今村が続投。

     緒方監督 1イニング目の入りはよかったんだけどね。2イニング目に入って、四球がもったいなかった。相手が(バントで)送れない中で1、2番を歩かせたのが失点につながった。

     -先発大瀬良は7回3失点。

     緒方監督 (大瀬良)大地は前回(13日)の巨人戦からしっかり修正して、しっかり投げてくれた。ただ、3点差になるとひっくり返すには4点が必要。追い越すことがきつくなる。(7回に適時打となった)投手に打たれたところは反省。1つずつのアウトを積み重ねてきたものが、もったいなくなる。次回に向けて反省して、いい投球をしてもらいたい。

     -明日から東京遠征。

     緒方監督 遠征が続く6連戦で選手はしんどいと思う。カードも変わる。まずは頭を取って連敗を止められるように頑張りたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-01810874-nksports-base

     広島のクリス・ジョンソン投手(32)の戦列復帰が5月以降となることが19日、明らかになった。

     松原慶直1軍チーフトレーナーが「体調不良で熱が思いのほか長引いた。練習はまだ再開しておらず、現在は通院しながら自宅療養中」と説明。担当医の許可が出れば3軍で練習を再開。2軍戦登板を経て昇格となる。2年連続開幕投手を務めたジョンソンは、3月31日の阪神戦(マツダ)で4回途中7失点KO。5日に出場選手登録を抹消され、咽頭炎と発表されていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000071-spnannex-base

     昨シーズン、25年ぶりのリーグ優勝を達成した広島。今季は2年連続のリーグ制覇、昨季届かなかった日本一に向けて新たな戦いに挑んでいる。そんな王者にエールを送るのが広島で5度のリーグ優勝、そのうち3度の日本一を経験している高橋慶彦氏だ。

     1974年のドラフトで3位指名を受けて広島に入団した同氏はプロ入り後にスイッチヒッターに転向。打者としての才能を伸ばして入団4年目の78年からレギュラーに定着した。特に打撃と走塁で際立った活躍を見せ、盗塁王3度、ベストナイン5度、日本シリーズMVPなど数々のタイトルを獲得。そんな高橋氏はロッテ、阪神を経て引退し、ダイエー(現ソフトバンク)、ロッテ、オリックスで指導者を歴任。現在は福島・郡山に本社を置く住宅販売・設計施工会社「ウェルズホーム」で広報部長を務めている。

     今年還暦を迎えた高橋氏は躍進する古巣に熱視線を注いでおり、今年の連覇達成については昨年引退した黒田博樹の穴を埋められるかが鍵となると分析する。ここまでは、エース左腕のクリス・ジョンソンが離脱中ながら、若手が奮闘。4年目の九里亜蓮が3試合登板で2勝1敗、防御率2.18、2年目の岡田明丈も3試合登板で2勝0敗、防御率3.38と上々のスタートを切り、ルーキーの加藤拓也、床田寛樹はすでにプロ初勝利を挙げた。

    「今年も広島は強いと思います。黒田が広島に来てから、インサイドへの投球が増えましたね。それまでは外中心が多かった。そういうピッチングを経験して、投手陣は成長しました。黒田は引退しましたが、その遺産は大きいですね」


    引用元 https://full-count.jp/2017/04/19/post65592/

    このページのトップヘ