広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

     広島・黒田博樹投手(40)が16日、マツダスタジアムでの全体練習に参加し、中日へのリベンジを誓った。「一度やっているのでイメージは湧きやすい」。4日の対戦(ナゴヤドーム)で今季初黒星を喫した反省を、18日の再戦(マツダ)に生かす。

     前回対戦では五回に5安打を集められて、3失点。7回3失点だった投球を「もう1歩引いておけば、良かった。どんどんペースが速くなった」と振り返り、単調だった投球リズムを修正点に掲げた。

     メジャー時代は相手の特徴を細かくノートに書きとどめてきたが、「頭に入れておきたいので(今も)つけています」と明かした。2008年の渡米前まではなかったという習慣。その成果を、今度の対戦で勝利につなげたい。

     黒田は現在も可能な限り、メジャー球団のテレビ観戦を行うという。「ファン心理というよりも野球人として勉強するつもりで、何か得るものがあるか、研究心を持って見る。忘れていたものを思い出すこともある」と説明した。

     前回対戦で中日にカード3連敗を喫した緒方監督は「やり返さないと」と意気込んだ。黒田も「どれだけチームに勝つチャンスを与えられるか」と指揮官の思いに呼応した。首位チームとの3連戦。最下位から巻き返す契機にする。

     16日のソフトバンク戦に勝利し、連敗を6で止めた最下位のオリックス。セ・リーグもエルドレッド、グスマンの故障や丸佳浩、菊池涼介の打撃不振など貧打に泣く広島。両球団優勝候補といわれながら、最下位に沈んでいる。上位に進出するためにも、救世主と呼ばれる存在が必要だ。

     オリックスは故障者が相次いでいることに加え、主力選手の不振が続いている。二軍から粋のいい若手を昇格させ、チームの流れを変えたいところ。野手では、高卒2年目の奥浪鏡が好調だ。ここまで15試合に出場して打率.294、1本塁打4打点の成績。これまで一軍出場はないが、ルーキーイヤーの昨季フレッシュオールスターで一発を放つなど長打を売りにする選手。ただポジションが一塁ということもあり、仮に一軍昇格したとしても、代打での出場となりそうだ。

     投手では、二軍で結果を残していた前田祐二、高木伴、塚原頌平など故障者が相次いでいることもあり次々と昇格を果たしている。彼らに続けとばかりにアピールを続けているのがサウスポーの大山暁史、坂寄晴一などだ。

     大山は3月31日に一軍登録されたが、登板することなく4月2日に抹消。降格後はワンポイントリリーフで5試合に登板している。ルーキーの坂寄晴一は先発やリリーフなどで5試合に登板し、1勝1敗、防御率1.59の成績。4月11日の中日戦(二軍戦)では、5回を無失点に抑える投球を披露した。昨季はチーム防御率2.89とリーグナンバー1を誇った投手陣だが、苦しい台所事情。若い投手にとっては、チャンスといえるだろう。

     貧打に泣く広島で、二軍で結果を残しているのが、10年目の鈴木将光。緒方孝市監督が見守った3月20日のソフトバンク戦(二軍戦)で、4打数4安打3打点と猛アピール。一軍昇格の切符を掴んだが、開幕一軍入りならず。鈴木は二軍で打撃を磨き、現在二軍でリーグ打率2位となる.310をマークしている。

     また、開幕一軍入りを逃したベテランの赤松真人は12試合に出場し打率.364、中東直己は打率.281といつでも一軍に上がれる準備を整えている。さらに、小窪哲也、広瀬純、栗原健太といったベテランも控えている状況だ。

     その他の下位球団の二軍選手たちを見渡すと、投手では二神一人(阪神)、森雄大(楽天)、野手では中谷将大(阪神)といった選手たちが好調。二軍で躍動する選手たちは、一軍に昇格し、救世主となれるだろうか。

    ※記録は4月16日終了時点のもの

     広島の新外国人ネイト・シアーホルツ外野手(31)=前レンジャース傘下3A=が17日、ウエスタン・阪神戦(鳴尾浜)で来日後初めて対外試合に出場。「3番右翼」で3打数1安打1打点と、上々の“デビュー戦”となった。

     初回、無死一、三塁の好機で打席に立つと、秋山の内角球にバットを折られたが、二ゴロの間に三走の中東が生還。先制点を奪うと、続く三回の2打席目はスライダーを引っかけて一ゴロに倒れた。

     六回の3打席目は、左腕で1軍経験も豊富な榎田大樹投手と対戦。2ボール1ストライクからの4球目、外角低めの118キロカーブを踏み込んで打つと、ライト前へ運んだ。予定通り3打席で、六回の守備から交代。守備機会は一度しかなかったが「カープの一員として認められるように、結果を出したいね」と臨んだ一戦で来日初安打を記録するなど、まずまずの内容だった。

     8日に来日。高2軍監督は「打撃の調子がよければ、3試合で(1軍に)推薦する」と話しているように、同3連戦での結果、内容次第で週明け21日の巨人戦(前橋)から1軍合流する可能性が高い。得点力不足に悩むチームの救世主として、助っ人が早期昇格を目指す。

     「ヤクルト1−0広島」(15日、松山)

     広島・前田健太投手(27)は今季最多となる126球を投げ8回6安打1失点と好投したが、今季初黒星を喫した。初回に四球から走者をため先制点を献上。二回以降は本来の姿を取り戻し力投したが、打線が5安打無得点に封じられた。チームは連敗で、阪神とともにリーグで最初に10敗目を喫した。

     敗戦の責任を感じていた。バスへと向かう通路。前田は「悔しい」という言葉を連呼する。自身の仕事は1つ。チームに歓喜をもたらすことのみだからだ。

     「向こうは0点に抑えて勝った。自分の立場では、試合をつくることじゃなく、勝利に導くことが仕事。最初の1点が負けにつながった。悔しいです」

     痛恨の10球だった。初回、先頭・山田にストレートの四球。田中浩には2ボールから送りバントを決められ、川端は高めに浮いた直球を右前に運ばれた。1死一、三塁で雄平には、外角カーブを右前へ。リズムに乗れず苦しい立ち上がり。燕打線は、それを見逃してくれなかった。

     それでもエースには抜群の修正力がある。「もう1点もやりたくないと思って投げた」。0−1の六回2死一、二塁では、畠山を146キロの直球で空振り三振。七回1死二塁のピンチでも後続をピシャリと封じた。11年5月8日のヤクルト戦以来となる松山での登板。今季最多126球を投げ8回6安打1失点。完投しながら初黒星を喫したが、緒方監督は「初回に点を取られたが、その後をしっかり投げてくれた」とたたえた。

     発泡スチロール製の超軽量球を使い、力を抜いて投げる感覚を磨いている。「力を抜いて投げないと、そのボールではいい回転をした球は投げられない。これまでは無意識に力が抜けていたけど、これからは意識して力を抜けるようにしたい」

     意識的に力を抜くことができるようになれば、どんな状況でも自分の投球ができる。理想はリリースの瞬間だけ力を入れること。飽くなき向上心が、マエケンを支えている。

     「感覚的にはきょうが一番良かった。次につなげたい」。内容も、結果も、高いレベルを求める。それがエースだからだ。

    ◆ヤクルト1―0広島(15日・松山)

     広島の前田健太投手(27)が8回1失点の好投も、打線の援護がなく完投負け。チームは10敗目を喫し、借金5となった。

     前田は初回、四球をきっかけに1死一、三塁のピンチを招くと、雄平に右前に適時打を浴び先制を許した。その後は立ち直ると、8回を投げ抜き126球の熱投。6安打9奪三振2四球で防御率は1・55。

     奮闘するエースを援護したい打線だったが、ヤクルト投手陣の前に散発の5安打。好投した右腕を見殺しにしてしまった。

    このページのトップヘ