広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     広島が3日、広島市内の球団事務所で久本祐一投手(37)、中東直己外野手(34)の2選手に、来季の契約を結ばないことを通告した。

     久本は2001年度のドラフト4位で、河合楽器から中日に入団。即戦力投手として初年度から1軍登板すると、翌03年には自己最多の53試合に登板。04年には中継ぎの一角として、リーグ優勝に貢献した。12年に中日から戦力外通告を受けると、広島がすぐに獲得を表明。13年は先発、中継ぎとフル回転し、チーム初のCS出場に大きく貢献した。

     だが、翌14年のシーズン中に左肘を痛め、同年11月に左肘のじん帯再建手術。育成契約となったが、16年シーズンから支配下に復帰した。今季は7月28日に1軍登録され、29日のDeNA戦(横浜)で、1回を投げて4安打5失点。翌30日に抹消された。プロ通算15年で248試合に登板。12勝8敗だった。

     また、中東は2006年度の大学生・社会人ドラフト5巡目で広島に入団。堅実な外野守備に加えて代走や、3番手捕手としてもチームの屋台骨を支えたCSに出場した13年には、1週間に3度ヒーローインタビューを受けるなど、攻守に活躍が光った。今季の1軍出場はなく、プロ通算10年で315試合に出場。

     共に今後については未定だが、久本は現役続行を希望している。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161003-00000048-dal-base

    <広島3-1ヤクルト>◇1日◇マツダスタジアム

     今季限りで現役を引退する倉義和捕手(41)がマツダスタジアムでの試合終了後に引退スピーチを行った。全文は以下の通り。

     入団して19年。へたくそだった自分を、ここまで育てていただき、ありがとうございました。今年の優勝、最高にうれしかったです。世界一のカープファンのみなさん、ありがとうございました!


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161001-00000211-nksports-base

    <広島3-1ヤクルト>◇1日◇マツダスタジアム

     今季限りでの現役を引退する広島広瀬純外野手(37)の引退試合とセレモニーが行われた。7回1死一塁から代打で登場し、2球目を左飛。その後は右翼の守備にも就いた。

     スピーチ全文は以下の通り。

     まず初めにこのような機会を与えてくださった、松田オーナー、そして関係者のみなさん。監督、コーチのみなさん。本当にありがとうございます。

     今日、最後の打席で自分の応援歌を歌ってくれて本当にうれしかったです。けがが多かった16年間。そのたびにたくさんの方々に支えられ、何度も何度も立ち上がることが出来ました。そして苦しい時に、背中を押してくれた…(涙で言葉につまる)ファンのみなさんの声援が本当に頼もしかったです。ありがとうございます。

     そして監督、コーチを始め、チームメートのみなさん。裏方さん。みなさんと野球が出来て、本当にうれしかったです。

     そして最後になりますが、わがままを聞いてくれた(家族の名前を叫び)ありがとう。

     最後に、僕が大好きなカープ。みなさんが大好きなカープ。これからもっともっといいチームになって、強くなっていくと思います。みなさんも一緒に、広島伝説をつくっていきましょう。16年間ありがとうございました!


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161001-00000209-nksports-base

     広島野村祐輔投手(27)が16勝と勝率8割4分2厘で、初の最多勝と最高勝率を手にした。

     「本当にチームのみなさんに感謝です。こういう賞をとれたのは本当にうれしい。チームでとる賞だと思っているので。優勝に貢献できたことが何よりうれしいですね。個人的にはローテを外れずに回れたというのが、自分にとって大きい。今季だけではだめなので、CS、日本シリーズ、来季と続けていきたい」とコメントした。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00000003-nksports-base

    <広島3-1ヤクルト>◇1日◇マツダスタジアム

     広島菊池涼介内野手(26)が打撃部門初タイトルとなる最多安打を獲得した。2試合の欠場はあったが、おもに「2番二塁」で181安打を放った。「ヒットを打つというよりは、ランナーを送る、進めるというイメージでやってきた」と振り返った。1、2番コンビを田中と組み、ケース打撃に徹した1年。制約があるなかでの打撃だったが「ヒットを狙いにいっていない。なんとか(田中)広輔を進めようと」。強力な2番がビッグレッドマシンガンの潤滑油となった。

     打撃部門には元来「目指していないと言えば少し違うけど、たまたまだと思っている。結果的にというか。ただ、とれたことに関しては素直にうれしいです」と笑った。

     印象に残る一打を問われると、直接対決だった8月7日の巨人戦(マツダスタジアム)で9回2死から放った同点弾を挙げ「ターニングポイントだったと思います」と振り返った。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161001-00000218-nksports-base

     (セ・リーグ、広島3-1ヤクルト、25回戦、広島17勝8敗、1日、マツダ)広島は1日、ヤクルト最終戦(マツダ)に3-1で勝利した。先発した黒田博樹投手(41)が7回を6安打1失点で、日本球界復帰から2年連続の2桁勝利となる10勝目(8敗)を挙げた。

     広島・黒田が国内復帰した2015年(40歳=11勝)に続く8度目の2桁勝利。41歳以上のシーズンに2桁勝利を挙げたのは、08年の中日・山本昌(43歳=11勝)以来、8年ぶり5人目(7度目)。右腕では1949年の阪神・若林忠志(41歳=15勝)、90年のロッテ・村田兆治(41歳=10勝)に次ぐ26年ぶり3人目。

     40歳以上のシーズンになってから2年連続で2桁勝利をマークしたのは、48-49年の阪神・若林(40歳=17勝、41歳=15勝)、04-05年の巨人・工藤公康(41歳=10勝、42歳=11勝)に次ぐ11年ぶり3人目で、右腕では若林以来67年ぶり2人目。

     広島で2桁勝利を8度以上記録したのは、北別府学(13度)、長谷川良平(10度)、外木場義郎(8度)に次ぐ4人目。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00000510-sanspo-base

     華々しい舞台で活躍するプロ野球選手も人の子。少年時代もあれば、我々と同じようにプロ野球ファンだった時代もあるのだ。

     「チームを愛し、チームの勝利に貢献する」ことが求められるプロ野球選手だが、なかには「実は他球団のファン」という選手も少なくない。

     そんなプロ野球界の“他球団ファン選手”を紹介しよう。

    ◎トリプルスリー男からあふれるカープ愛

     現在のプロ野球界で最も他球団愛を露にする男がソフトバンク・柳田悠岐だ。広島出身の柳田は筋金入りのカープファン。ソフトバンクに所属する今もカープ論評を繰り返しており、「ホークスは好きだけど、ファンにはならんっす」と球団広報誌にすら、揺るがぬ鯉心を表明。

     ついには「FA権を取得したらカープにいきたい」と“失言”まで飛び出すほどの並々ならぬカープ男子だ。

     最近はNGが入ったのか、ややトーンダウンしているように見えるが、広島が絶好調の今季は「日本シリーズで対戦して、親をマツダスタジアムに招待したい」と意気込んでいた。チームは日本ハムとの優勝に敗れ2位。勢いが落ちているところでクライマックスシリーズを迎えることに。また、柳田自身もケガで離脱中だが、CSに間に合わせるのは難しいと言われている。はたして、柳田の願いは叶うのか!?

    ◎中日投手陣の危ない他球団愛

     中日の主力投手陣も何やら隠れ他球団ファンが多いようだ。

     まず、今年スッパ抜かれたのは若松駿太。今も熱心なジャイアンツファンであると一部スポーツ紙が嬉々として報じ、何でも球団公認のポロシャツも黒地にオレンジで作らせたとのこと。その画像を見てみると、完全に巨人カラー。ジャイアンツ愛にあふれすぎている。

     しかし、若松は巨人戦通算5勝2敗。昨季は防御率2.30、今季も防御率2.74の好成績を残している。好きだからこそ、弱点もわかるのではないだろうか。

     先発陣では大野雄大もかつては大の阪神ファンだった。佛教大から2010年にドラフト1位で中日入りした大野だが、大学時代まではバリバリの虎党。阪神入団を夢見ていたが、中日入団が決まり、携帯電話につけていたトラッキーのストラップを慌てて取り外したという。

     「元ファンです」と今は語っているが、果たして……。大野の国内FA権取得は順調にいけば、2018年の予定だ。

     また山井大介も熱狂的虎党。社会人時代までは甲子園のライトスタンドで法被を着て阪神を応援していたという。そのこともあり、2014年にFA権を取得した際には阪神移籍確定とも囁かれた。

    ◎メジャー勢にも熱狂的他球団ファンが!

     メジャーに移籍した日本人選手のなかにも他球団ファンは存在する。

     有名なのはイチロー(マーリンズ)だ。愛知県出身のイチローは大の中日ファン。特にエースの小松辰雄の大ファンで、オリックスに指名された際にはずいぶん落ち込んだという。

     岩隈久志(マリナーズ)も西武ファンであると公言している。西武グループのお膝元である所沢市からほど近い、西武鉄道の沿線である東京都東大和市で育った岩隈は、小学生の頃はファンクラブに入って西武球場に通い詰めていたそうだ。

     大阪出身の上原浩治(レッドソックス)も阪神ファンであると巨人時代から公言している。

    ◎阪神→巨人→阪神→巨人

     ライバル関係にある阪神と巨人だが、実は面白い法則がある。これまでチームを代表する「ミスター」が、相手球団に所属する選手のファンだったのだ。

     まず、巨人の代表的4番といえば長嶋茂雄。華麗なプレーで昭和を代表する大スターに登り詰めたが、少年時代は藤村富美男(元阪神)にあこがれ、藤村のようになりたいとサードを選んだという。

     藤村も派手なプレーやパフォーマンスで黎明期のプロ野球を沸かせた。長嶋の日本中を沸かせたプレーには「藤村イズム」が流れていたのだろう。

     その長嶋に惚れたのが掛布雅之(元阪神)だ。プロ入り初安打を記録した試合では、三塁でタッチアウトになったが、「憧れの長嶋にタッチされた」と内心大喜びだったという。

     そして、掛布雅之に魅せられたのは松井秀喜(元巨人ほか)。また、阿部慎之助(巨人)も父親が高校時代、掛布のチームメートだった縁もあり、掛布に憧れていたという。

     平成に入ってから阪神には「ミスター・タイガース」たる4番打者は現れていないが、次は松井や阿部に魅せられた選手がその座につくかもしれない!?(※成績は10月1日現在/『週刊野球太郎』編集部)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00000099-spnannex-base

    <広島3-1ヤクルト>◇1日◇マツダスタジアム

     広島が今季を象徴する45度目の逆転勝利で全日程を終了した。試合後のセレモニーでの緒方孝市監督(47)のスピーチは以下の通り。


     今季も200万人を超えるファンのみなさまがマツダスタジアムで応援していただき、カープ球団を代表して、心より御礼申し上げます。今シーズンカープの戦いで数多くの逆転勝ちを収めることが出来たのも、大きな連敗もなく安定した粘りのある戦いが出来たことも、最後まで熱い声援で、ファンの皆様が後押しをしていただいたおかげです。本当にありがとうございました。

     きたる10月12日、クライマックスシリーズは今シーズン目指し、やってきたこのカープの戦いをチーム一丸となって、全力で戦っていきます。そして今日、ここにカープの苦しい時代、主力としてチームを支えてくれた倉、広瀬が現役を引退することになりました。彼らの支えが、後輩への教えが、今シーズン優勝へとつながったと思います。彼らの思いとともに、全力で戦っていきます。今シーズンありがとうございました。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161001-00000215-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島3―1ヤクルト(2016年10月1日 マツダ)

     広島の黒田博樹投手(41)がレギュラーシーズン最終戦となるヤクルト戦に先発し、6回に自らのバットで逆転を呼ぶと、7回を6安打1失点の粘投で2桁勝利となる10勝目(8敗)を挙げた。日本球界復帰後2年連続の2桁勝利は日米通算では7年連続。また、40代での2年連続はプロ野球史上3人目となった。

     先発の黒田がバットでも魅せた。0―1の6回、先頭でヤクルト・小川から今季4安打目となる中前打で出塁。2死一、二塁からエルドレッドの左前打で黒田が二塁から生還し、同点とした。さらに続く松山の2点二塁打で逆転。一気に試合をひっくり返した。

     投げては初回に1点を失い、4回まで毎回の6安打を浴びながらも、粘りの投球で2回以降は追加点を与えなかった。40代での2年連続2桁勝利は若林忠志(元阪神)、工藤公康(元巨人)に次ぎプロ野球史上3人目となった。

     最終戦を飾った広島は、今季89勝目で、勝率・631は84年の・625を上回り、チームの歴代最高勝率を更新。クライマックスシリーズ(CS)は12日からマツダスタジアムで行われるファイナルステージ(6試合制、広島に1勝のアドバンテージ)からの出場となる。

     ▼広島・エルドレッド(6回同点タイムリー)打ったのはカットボール。センターへの意識を持って、今博徒にスイングすることができました。

     ▼広島・松山(6回勝ち越し2点二塁打)打ったのはストレート。(広瀬)純さんのバットで打ちました!純さんに打席に入る前に気持ちを入れてもらったので良い結果になってよかったです。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161001-00000150-spnannex-base

     25年ぶりのセ・リーグ優勝を記念し、商店街を市民ら1600人が練り歩く「ちょうちん行列」が30日、広島市内で行われた。

     1975年の初優勝にも見られた光景で、41年ぶり2度目。「Carp」のロゴが入った赤いちょうちんを手に、特製Tシャツを着用し、応援歌を歌いながら約1キロを歩いた。

     OBの安仁屋宗八氏や池谷公二郎氏、大野豊氏らも参加し、市民と喜びを分かち合った。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000079-dal-base

    このページのトップヘ