広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    「ボールを上から叩け!」。多くの選手がこの指導を受けたことがあるだろう。しかし近い将来、この指導が変わるかもしれない。メジャーリーグではStatcastの出現により、打球速度や打球角度を評価できるようになった。今回は、それらのデータを元に「ボールを上から叩け」という野球指導について考えてみたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00010000-geeksv-base

     「広島4-0阪神」(18日、甲子園球場)

     隠れたスラッガーが、もはや隠しきれないほど活躍し始めた。

     広島・磯村の好調が止まらない。この日は七回2死一塁で、先発・ジョンソンの代打として出場。メッセンジャーから左中間二塁打を放った。

     このチャンスは得点に結びつかなかったが、前日も九回2死二塁から代打で左前打して、このつなぎが後ろの打者に“伝染”、そこから7得点を呼び込んだ。

     これで代打成績は4打数3安打、今季通算22打数10安打、打率・455。磯村は「シンプルに来た球を打とうと。チャンスをもらえてるので、結果を出すだけ」と、必死さが好調に結びついているようだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000145-dal-base

     「広島4-0阪神」(18日、甲子園球場)

     広島が今季2度目の6連勝だ。貯金は今季最多5となった。試合後の緒方監督は「先制できたのでね。非常に大きな得点だった」と、西川の先制3ランを勝因に挙げた。

     六回にはバティスタも貴重な9号ソロ。指揮官は「誠也が4番でどっしりと存在感を出してくれている。バティスタの状態も上がっているし、西川には数多くチャンスの打席がまわってきている。プレッシャーも大きいと思うけど、勝負強さを見せてくれている」と目を細めた。

     また先発ジョンソンを好リードした石原にも言及。「石原が強気に粘り強くリードしてくれた。盗塁を刺したところが大きかった」とベテランの奮闘もたたえていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000138-dal-base

    ◆阪神0―4広島(18日・甲子園)

     広島のクリス・ジョンソン投手(34)が6回無失点の好投で3勝目を挙げた。序盤の3イニングは全て先頭打者を出塁させる苦しい立ち上がりとなったが、驚異の粘りでゼロを重ねた。「初回にバタバタしていましたけど、うまくまとめることができた。全体的にはいい感じで投げられた」と振り返った。


     今季はナイターで4試合に登板し、0勝3敗、防御率9・00と苦しんでいるものの、デーゲームは4試合で3勝0敗、23イニングで1失点の防御率0・39と無類の強さを見せている。試合後のヒーローインタビューではビジターまで駆けつけたファンに「ロードに出てもたくさんのカープファンが応援してくれている。サポートありがとうございますと言いたいです」と感謝した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000169-sph-base

    ■広島 4-0 阪神(18日・甲子園)

     広島は18日、敵地で阪神に4-0で快勝。6連勝で貯金「5」とした。初回に西川の3ランで先制すると、6回にはバティスタのソロ弾で貴重な追加点。投げては先発ジョンソンが6回6安打無失点6奪三振と好投し、自身2連勝で3勝目(3敗)を挙げた。


     広島は初回、野間のヒットや鈴木の四球で2死一、三塁とすると、西川が阪神メッセンジャーからライトスタンドに運ぶ3ラン。先制に成功した。

     先発ジョンソンは2回に1死満塁のピンチを背負うも、メッセンジャーを見逃し三振、近本を遊ゴロに仕留めて無失点。5回まで毎回ヒットで走者を出しながら、点は与えなかった。

     阪神メッセンジャーも2回以降は快投していたが、6回2死からバティスタがソロ。貴重な一発でリードを4点に広げた。

     7回は一岡、8回はフランスアとつなぎ、最後は中崎が締めて快勝。連勝を「6」に伸ばした。

     阪神はメッセンジャーが力投も、2発のホームランで4失点。打線もあと1本が出ずに得点を奪えず、連敗でカード負け越しとなった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00379242-fullcount-base

     ◇セ・リーグ 広島―阪神(2019年5月18日 甲子園)

     広島の西川龍馬内野手(24)が阪神戦の初回に先制となる右越え1号3ラン本塁打を放った。

     デーゲームを苦手とする阪神の先発右腕・メッセンジャーから初回、野間が左前打で出塁し、菊池涼がバントで送り、バティスタが倒れ、鈴木が四球で歩いた2死一、三塁。

     「5番・左翼」で先発出場していた西川は真ん中に入ってきた初球をとらえて右翼スタンドへ運んだ。

     前日17日には1点ビハインドから8、9回だけで9点を挙げて5連勝を飾り、単独2位に浮上したカープ。前夜の勢いは一夜明けても止まりそうにない。

     


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000159-spnannex-base

     「阪神2-10広島」(17日、甲子園球場)

     終わってみれば、広島の大勝となったが、投手陣にもグッドニュースが。3番手で登板し、七回1イニングを無安打1四球、無失点と好投した九里亜蓮投手(27)が、直後の逆転によって今季初勝利を手にした。


     「白星がついたことは良かった」と少し、ほおを緩めた。また「それは打線が点を取ってくれた結果ですから」と、手柄は野手陣に譲った。

     無条件で喜ぶことはしない。「(2死から糸井への)フォアボールがありましたから。あそこでしっかり投げないと」と九里。

     開幕からローテーションを任されたが、3連敗を喫したところで2軍落ち、中継ぎへの配置転換を命じられた。だから、今季初勝利を喜ぶよりも、より完璧な投球内容を追いかける。

     ただ10日のDeNA戦、14日のヤクルト戦といずれも中継ぎで無失点と、好結果も積み重ねてきて、3度目の中継ぎで手にした初勝利だ。

     現在、先発を5人で回しており、一方で今月末からは、6連戦が4週続く日程が待っている。そこへ再び割り込むためにも、弾みとなる1勝目であることは間違いない。九里の、「行けと言われたところで、ベストを尽くすだけ」という九里に、先発復帰のお呼びがかかることは十分、考えられる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000165-dal-base

     「阪神2-10広島」(17日、甲子園球場)

     広島のバティスタ外野手(27)が自身初となる4安打の固め打ちでチームの5連勝、単独2位浮上に貢献。甲子園でのヒーローインタビューで、4番を打つ鈴木誠也への感謝を口にした。



     八回、阪神・西から価値ある勝ち越し打を左前へ運んだ。その場面を振り返り「本当に前に飛ばすことだけを考えていたんだ」と話した。

     3番に座ることでのやりがいを問われると「本当にいいチャンスだと思っている。本当に誠也が4番にいてくれるので、いいボールが来ると思っている」と鈴木への感謝を口にした。

     チームはこれで今季2度目の5連勝。「雰囲気は明るいです」と笑顔を見せた。

     虎党を黙らせた3番は18日以降の戦いに向けて「きょうみたいに明日も、あさっても打ちたいです」と宣言していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000157-dal-base

    ■広島 10-2 阪神(17日・甲子園)

     広島は17日、敵地・阪神戦に10-2で勝利し、5連勝を飾った。1点ビハインドの8回に菊池涼、バティスタの連続タイムリーで勝ち越し。終盤に試合をひっくり返し、9回に大量7点を奪った。阪神は一時逆転も2点どまり。西は8回3失点と力投したが、踏ん張れなかった。


     試合は序盤から西、広島先発・床田の投手戦に。先制したのは広島。2死からバティスタのヒット、鈴木の四球で一、二塁とチャンスを作ると、西川が先制タイムリーを放った。

     一方、阪神打線も6回に西の力投に応える。床田から1死満塁の好機を作ると、梅野がレフトへタイムリー。さらに、続くマルテもレフトへタイムリーを放ち、一気に逆転。床田をマウンドから引きずり下ろした。

     しかし、広島も終盤に打線が西をつかまえる。松山の四球と野間の内野安打で1死一、二塁として、菊池涼がレフトへ同点打。さらに、バティスタが勝ち越しタイムリーを放ち、再び試合をひっくり返した。

     8回はフランスアが無失点に抑えると、9回に菊池涼、バティスタ、鈴木の3連続タイムリーなど、四球を挟んで6連打で大量7得点。9回は菊池保が締めて5連勝を飾った。

     一方、阪神は競り負けて3連勝はならず。守屋が1死も取れずに5失点するなど9回に登板した救援陣が大量失点を喫して最後は大差となった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00378426-fullcount-base

     5月5日、こどもの日。広島―巨人戦(マツダ)の試合前練習のヒトコマです。集合時間ギリギリに長野を先頭に現れた一団が、サングラス隆盛の時代に珍しくアイブラックを塗って登場。周囲の選手の反応がおかしかったのでレンズで追いかけてみました。



     まずは長野。両目の下にちょんちょんと塗って目元も涼しげ。正しい使い方でイケメン感出してますね。

     続いては鈴木誠也。鼻をまたいで一直線にプロレスラーチックな仕上がりに。使い方が合ってない気もしますが、やんちゃぶりがうかがえます。

     トリを務めるのは野間。サングラスでも隠し切れない歌舞伎の隈取風に、眉毛もつなげて本来の用途を完全に忘れてます。さすがムードメーカーです。

     開幕ダッシュには失敗したものの令和に改元されてから上がり調子のカープ。昨夜は主砲の劇的なサヨナラ2ランで2位タイに浮上しましたが、練習中のこんなヒトコマにもチームの好調さがうかがえます。(北條 貴史)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00000150-spnannex-base

    このページのトップヘ