広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     新日本プロレス17日の大分・別府ビーコンプラザ大会で鈴木みのる(50)と一騎打ちする内藤哲也(36)が14日、王様の“島流し”を予告した。NEVER無差別級選手権(王者・後藤洋央紀VSタイチ)を差し置き、2人のノンタイトル戦がメインに据えられたことについて、みのるを糾弾。鈴木軍メンバーを残し、1人で新日マットから撤退するべきと勧めるが…。

     愛するカープの本拠地・広島に到着した内藤は、本紙記者をお好み焼き屋に緊急招集。店内には赤いユニホームに身を包み、いい年をしてはしゃぐ制御不能男の姿があった。

     だが上機嫌なのは表面上だけ。話題が別府決戦に及ぶと表情を一変させ「向こうが求めてきたシングルマッチなのに、なぜ何も言わないのか!?」と今シリーズ、沈黙を続けるみのるを批判した。

     問題視するのは、この試合がメインになった点だ。3月6日の大田区大会で当時IWGPインターコンチネンタル王者だったみのるは、真壁刀義との防衛戦がセミで、オカダ・カズチカVSウィル・オスプレイのノンタイトル戦がメインになったことにかみついた。

     内藤は「あの時、散々文句言って、今度は自分がメインになってしまっているんだから(セミに)代わってあげたほうがいいんじゃない?」と言行不一致を指摘。さらに鈴木軍の存在意義にも疑問を呈した。

    「お宝(ベルト)集めに来たのに、お宝を持たない俺のところに来てるし、本来の目的見失ってるんじゃないの。くだらない軍団だけど、俺はあの中で唯一ザック(セイバーJr.)とやりたいし、タイチも今回のNEVERでちょっと注目されてる。王様(みのる)がいなくなって解放されたほうが鈴木軍のメンバーも今より輝くかもしれないよね。今回の試合を機に、あなただけ次の航海に出発されてはどうですか?」

     言いたいことを言い終えると、内藤のケータイに広島カープのジェイ・ジャクソン投手(30)から着信が…。すると「これから会えるか? もちろん。えっ、なに? 電波悪いな…。ちょっと待って、いま外に出るから」と通話しながら“LIJメンバー”との緊急会合へ向かった。日本語で話していたのが妙に引っ掛かるが、とにかくテーブルの上にはこの日も伝票だけが残された。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00000032-tospoweb-fight

     「広島-中日」(15日、マツダスタジアム)

     広島・ジャクソンが左太ももを痛め、交代した。

     八回、2死満塁。大島の一ゴロで、一塁へベースカバー。一塁手・新井からトスを受けてベースを踏んだ際、痛みに顔をゆがめた。

     判定はアウトだったが、中日・森監督がリクエスト。リプレー検証の末、判定が覆り、セーフとなった。続投が不可能となったジャクソンは交代となり、アドゥワがマウンドに上がった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00000099-dal-base

     (セ・リーグ、巨人5-10広島、20回戦、広島14勝5敗1分、28日、東京D)

     天国と地獄の両方を見た男は強い。広島の首位独走の立役者の1人が6年目の鈴木誠也外野手(24)。28日の巨人戦でも「4番・右翼」で先発し、26号2ランを含む3安打3打点。それでも試合後は「(3番の)丸さんが打ってくださるので楽な気持ちで(打席に)入らせてもらっている」と先輩を立てた。

     昨季は4番を務め打率・300、26本塁打、90打点と主軸として結果を残す一方で、8月下旬に右足首の骨折で戦線離脱。今季もコンディション不良や自打球の影響で離脱、欠場を余儀なくされる時期もあったが、リーグ2位の打率・341。チーム内ではこの日4安打を放った丸(同4位)とともにタイトル争いを演じている。

     球団関係者は鈴木が短期間で「天国と地獄」を経験したことが「大きな成長へとつながった」とみる。

     「去年も4番に起用されて頑張っていたけど、その重要性や責任を本当の意味で背負うようになったのは、昨夏にケガで離脱してから。そこから試合で打てず悔しがる言動をひとつ見ても、明らかに変わりましたよ」

     これだけ立派な数字を残せば天狗(てんぐ)にもなりそうなものだが、「それがないんですよ。練習でも『まだやります!』とおかわりするし、妥協も満足もしない。それが今の成績を残す原動力だと思いますね」。鯉の4番は並の男ではない。(山戸英州)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00000015-ykf-spo

    ■中日 7-5 広島(15日・マツダスタジアム)

     広島は15日、マツダスタジアムで行われた中日戦に5-7で敗れた。2位のヤクルトが勝ったため、マジックは6のまま足踏みとなった。


     先発の大瀬良が3回に一挙5点を奪われる乱調で、打線が同点に追いついた直後の7回には平田に勝ち越しソロを浴び7敗目を喫した。緒方監督が「ファーストストライクを狙われた。甘い球もあった」と振り返ったように、3回の中日の攻撃は平田のタイムリーからアルモンテの2ランまで、すべて最初のストライクを打たれたものだった。

     7回6失点で敗戦投手となった大瀬良は「打たれたのは全部まっすぐ。向こうのやりたい攻撃をされてしまった」と肩を落とし、指揮官も「向こうの流れにつながってしまった」と残念そうだった。

     それでも直後に相手失策の間に1点を返し、4回に丸の本塁打などで1点差、6回には丸のタイムリーで同点に追いついた。緒方監督は「5点を取られても一度は追いついた。そこは評価したい」と打線を褒めたが、大瀬良が「一発を打たれてはいけない場面で、抜けてしまった」という失投を平田に打たれて勝敗が決した。

    「明日は神宮で試合なので、また頑張ります」と会見を閉めようとした緒方監督に対して、報道陣が9回に2死から四球と3連打で失点したジャクソンについて質問。すでにベンチ裏に引き上げようとしていた指揮官は「まあ、そうだね」と曖昧な返答で、明確な答えのないまま、ロッカールームに姿を消した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00204603-fullcount-base

    【赤坂英一 赤ペン】先日、ヤクルト・石井琢打撃コーチ、河田外野守備走塁コーチにこんな質問をしてみた。広島の優勝決定前のタイミングで発表された新井の引退は、チームにどんな影響を与えるか。CS、日本シリーズにはプラスか、それともマイナスかと。

     ともに昨年まで広島に在籍していた両コーチは、昨年の優勝決定後に退団を表明した。どちらも自宅が東京にあって、家族を残しての単身赴任に区切りをつけるための決断だったが、CSを前にしての発表はファンの間でも物議を醸した。

    「ぼくたちのときと新井のケースは事情が違う」と前置きした上で、石井琢コーチはこう言った。

    「選手たちにとっては、良くも悪くも影響はないと思います。新井の引退は、41歳という年齢からも、ある程度予想されていましたからね。CSも普段通りの力を出してくるはず。それだけ若い選手も育っているし」

     一方「そういう選手を育てたのは琢ちゃんだと思いますが」と、河田コーチはこう語った。

    「若い選手にとって新井の存在が大きかったのは確かでしょうね。ぼくが広島でコーチをしていた2年間も、いつも先頭に立ってチームをまとめてくれていたものです」

     そういう河田コーチや石井琢コーチが指導していた鈴木や野間に、新井も熱心に助言していた。4番に固定された昨季、首脳陣から「自分勝手な打撃をする」と批判されていた鈴木には「4番には4番の役割があるんだぞ」と直言。今季急成長した野間には「結果を出すと先輩にあいさつしなくなるんだね」と、得意の“いじり”で励ました。

    「しかし、新井の一番のすごさは、何といっても体が強いことですよ。ほとんどケガをしないし、少々のケガでは休まない。ああいうベテランがいると、若手も自然と、しっかりやらなきゃいけないと思うものです」と河田コーチ。「それだけに、左ふくらはぎを痛めて開幕二軍スタートとなったときは驚いた。まさかあの新井がと思いました」と振り返る。

    「敵になって言うのも変ですが、新井には有終の美を飾ってほしい。あれだけの功労者ですから」と石井琢コーチも新井にねぎらいの言葉を贈った。CSで広島―ヤクルトの対決が実現すれば、ともに広島の黄金時代復活に貢献した男たちの最初で最後の激突となる。そういう人生が交錯する熱いドラマを見たい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00000034-tospoweb-base

     広島のヘロニモ・フランスア投手(24)は11日、8月度の「日本生命月間MVP賞」を受賞し、マツダスタジアム内で記者会見を行った。

     8月は日本記録に並ぶ月間18試合に登板。0勝1敗1セーブ、10ホールド、防御率は0・51とフル回転し、「アリガトウゴザイマス。中継ぎとして獲れたことはすごくうれしい。家族にも伝えました。一番感謝したいのはお母さん、そして亡くなったお父さんにも感謝しています」と喜びに浸った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00000104-spnannex-base

     日本野球機構(NPB)は10月25日に開催する「プロ野球ドラフト会議supported byリポビタンD」の観覧希望者をあす14日から募集する。

     今年も大阪桐蔭・根尾昂内野手、同・藤原恭大外野手、報徳学園・小園海斗内野手ら将来のプロ野球をも担う逸材が勢揃い。競合となった場合、各球団監督、編成責任者による「くじ引き」を間近で体験できるチャンスだ。開催場所はグランドプリンスホテル新高輪 国際館パミールで開場は15時半予定。

     観覧希望者はNPB公式サイト(別掲)まで。受付期間は14日~28日正午まで。応募フォームには1人だけ登録可(応募は1人1回限り。重複応募は無効)。入場は小学生以上。当選権利の転売、譲渡は一切禁止、会場までの交通費などは当選者負担。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000130-spnannex-base

     「広島-DeNA」(13日、マツダスタジアム)

     広島・中村祐太投手が出場選手登録された。

     今季はここまで3勝4敗、防御率6・63。6月8日に出場選手登録抹消されて以来の1軍昇格となった。現状は中継ぎとしてブルペン待機。「この時期に上げてもらった意味を自分で理解して、この先の戦いとかも意識しながらチームのために投げたところで結果を出していきたい」と力を込めた。

     代わって、10日間以内で登板機会なしの九里亜蓮投手が出場選手登録を抹消された。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000120-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島4―0DeNA(2018年9月13日 マツダ)

     広島の野村が6回4安打無失点の好投で7勝目。チームは零封リレーで優勝へのマジックナンバーを6とした。

     野村は奪った17アウトのうち、ゴロアウトが10。打たせて取る投球で8月10日の巨人戦以来となる白星を手にした。6回95球と球数はかさんだが、DeNA打線に三塁を踏ませぬ内容。先制弾の松山とともに上がったお立ち台では「援護点をもらって投げやすかった。自分の投球ができて良かった」と納得の表情を浮かべた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000170-spnannex-base

    <広島4-0DeNA>◇13日◇マツダスタジアム

    広島は2回に松山が先制の12号ソロ。3回に鈴木の29号2ランと田中の適時打で3点追加。DeNAは3回まで3安打も無得点。


    中盤は締まった展開。広島先発野村はコーナーワークがさえ6回まで無失点。DeNAも中継ぎが3回から3イニングを無失点。

    広島は7回から継投で逃げ切り、2連勝で3カードぶり勝ち越し。6回無失点の野村は7勝目。DeNAは2連敗。飯塚は6敗目。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00329097-nksports-base

    このページのトップヘ