広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     日本高野連は20日、新型コロナウイルスの影響が各地に広がる中、オンラインで「第102回全国高校野球選手権大会」の運営委員会と理事会を開き、8月10日から予定されていた夏の甲子園大会と出場権を懸けた地方大会の中止を決め、発表した。この日、広島の中村奨成捕手(20)が取材に対応。大会新記録の6本塁打を放った甲子園を「人生が変わった場所」と振り返り、複雑な心境を明かした。

     高校球児なら誰もが憧れる夢舞台。夏の甲子園が、今春のセンバツに続きコロナ禍にのみ込まれた。春夏連続での中止は史上初。広陵時代、聖地で放物線を描いた中村奨は、時折言葉を詰まらせ複雑な心境を吐露した。

     「特に3年生には何と声をかけたら良いのか思い浮かびません。自分がその立場だったら…。目標がなくなってしまうので立ち直れないかもしれない。つらいです」

     17年夏。歴史の1ページを塗り替えた若鯉は、甲子園をこう表現した。

     「人生が変わった場所です」

     初戦の中京大中京戦から準々決勝の仙台育英戦までの4試合で、3試合連続を含む4本塁打を記録。準決勝の天理戦では2本塁打を放った。「何か自分の持っている以上の力が出た」。計6本塁打は、清原(PL学園)が持っていた1大会個人最多本塁打を更新するものだった。

     卒業後の進路をプロと決めていたものの、上位候補になるとは夢にも思っていなかった。「無名だった僕のターニングポイント。打っていなかったら分からなかった」。一躍全国区の選手となり、秋のドラフト会議では広島、中日から1位指名を受けた。

     日本一を目指してたたいた伝統校の門。決勝で花咲徳栄に大敗し、人目をはばからず大粒の涙を流した。夏は初めてとなる優勝を逃したが、3年間、仲間と共に泥だらけになって流した汗は、かけがえのない財産だと誇れる。

     今は「簡単に頑張っていこうとか、声をかけられない」と声を絞り出した。それでも彼らが白球を追いかけた日々は決して色あせない。いつの日か顔を上げ、前を向いて歩んでほしいと強く願っている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200521-00000023-dal-base

    tv-1024x512

    【ロサンゼルス発】ツインズの前田健太投手(32)はユーチューブの「マエケンチャンネル」を18日午前(日本時間18日夜)に更新。「2010年、前田健太、覚醒の秘密」と題し、同年に球団史上初、セ・リーグ史上最年少の投手3冠(最多勝、最優秀防御率、最多奪三振)を獲得するきっかけとなった一球と、その極意を明かした。

     広島の新エースとして期待されていたプロ4年目。どれだけ腕を振っても速球のMAXが148キロだった前田が150キロを連発するようになったのはある一球のおかげだという。「(シーズン始まって)1勝1敗で迎えた第3登板目、ここで前田健太覚醒するんですよ。神宮のヤクルト戦で田中浩康さんに投げた一球。本当にこれだけで覚醒したんですよ」

     10年4月8日のヤクルト戦の0―0の3回二死無走者で打席は2番の田中、2ボール2ストライクの5球目だった。「四球は出したくなかった。ヒットはOK」と真ん中に置きにいったストレートが運命を変えた。「今までに見たことのない軌道でキャッチャーミットに収まった。つかんだと思った」と明かした。

     09年は8勝14敗、防御率3・36、193回、147奪三振だった前田は10年に15勝8敗、防御率2・21、215回2/3、174奪三振と活躍。初の沢村賞に選出され、球界のエースに成長した。

    「一番大事なのはリリース」としてトレーナーにボールを持ってもらって力の入れ具合をレクチャー。「投げる時に『せーの』と力入れる。この感覚だけで150キロが出るようになった」と解説。最後は「これを見て『覚醒しました』『プロに行けました』とかドラフトの時に聞けたらうれしい」とまとめた。

     視聴者からも「分かりやすい!」「すごいためになりました!ありがとうございます!」「1球だけで人生が変わるの凄い」などと、多くのコメントが寄せられている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200519-01857984-tospoweb-base

    ◆2011年5月20日 日本生命セ・パ交流戦 オリックス3―2広島(京セラD)

     冷静沈着な広島・野村謙二郎監督が、珍しく動揺しているのがモニターの画面越しにもわかった。試合前のメンバー交換。審判団に何事かを指摘され、三塁ベンチに向かって指で示したのは「×(バツ)」のサインだった。一方、どや顔のオリックス・岡田監督。あまりにわかりやすく、鮮やかなコントラストが描かれていた。

     問題となったのは「7番・DH」でスタメンに据えた投手の今村。当時の交流戦とセ・リーグは予告先発ではなく、相手先発が読み切れなければ、登板予定のない選手を“当て馬”として起用することがあった。この試合も右腕の木佐貫か左腕の中山か悩んだ末の「作戦」。だが、野球規則では、指名打者は相手先発に1打席を完了しなければならなかった。

     野村監督「予期していなかった。あれは僕の失敗、ボーンヘッド。言い訳しようがない」

     岡田監督「言うてやったんよ。(DHは1打席は)そのまま打席に立たなアカンてな」

     試合は7回に逆転されて敗れたが、試合前に流れを手放していた感は否めない。

     その今村が登場したのは2回1死一塁。木佐貫の初球を落ち着いて送り、お役御免で次の打席から石井に交代した。きっちりバントの仕事を果たした20歳が「ルールなので仕方ないですよ」と涼しい顔で振り返ったのが印象的だった。

     「よかった。(今村の打席で)チャンスになったらどうしようとドキドキしていた」。当時はBクラスが常連だったチームを後に再建した指揮官らしからぬミステイク。ほほえましくも苦い思い出になっているが、翌年には観客増などの狙いからセ・リーグでも予告先発が導入された。偵察要員は今後も起こりうるが、この日のようなケースはまず見られない珍事として記憶に残っている。

     ◇野球規則5・11 1(a―2)試合開始前に交換された打順表に記載された指名打者は、相手チームの先発投手に対して、少なくとも1度は、打撃を完了しなければ交代できない。ただし、その先発ピッチャーが交代したときは、その必要はない。

     ◇阪急・上田監督も 1982年8月12日の阪急・近鉄戦(日生)で阪急・上田監督が「5番・DH」で新人右腕の山沖を起用。初回1死満塁で見逃し三振を喫した。試合は13―5で阪急が逆転勝ちした。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200520-05170130-sph-base

    先発争い、再ゴング! 広島が21日からマツダスタジアムで集合練習を行う。1軍全選手が一堂に会するのは4月8日以来。練習場所や練習メニューを変えながら接触を制限させるため「集合練習」と位置付ける。1カ月以上続いた分離練習の終わりは、新たな始まり。最短で6月19日開幕を見据え、開幕1軍争いが再開する。開幕ローテーションは残り2枠を九里亜蓮投手(28)、薮田和樹投手(27)、遠藤淳志投手(21)の3人で争う。


       ◇   ◇   ◇

    嵐の前の静けさのようだった。休日で人けのないマツダスタジアムだが、21日からはサバイバルの舞台となる。分離練習から集合練習となり、22日にはシート打撃が行われる。最短6月19日の開幕へ向けて、停戦状態だった開幕1軍争い争いが再び動きだす。

    広島の先発枠は開幕投手の大瀬良、左の大黒柱K・ジョンソンが確定。昨年7勝の床田と新人森下も開幕ローテ入りは濃厚といえる。一体感を掲げる佐々岡監督だが、序列は明確にする。分離練習のB班には先発候補が4人いたが、ブルペン捕手の都合で投球練習の回数は限られた。大瀬良と森下は調整を優先させるため、球数制限がないよう常に2人だけがブルペン投球できる組となった。一方で遠藤と薮田は中継ぎ投手とともに3人以上の日に組み込まれていた。

    九里を含め、3投手にとってアピールの機会は限られる。仮に来月19日が開幕となれば、6月2週目の対外試合は最終調整と位置付けられるだけに、22日からシート打撃、今月末予定の紅白戦、来月頭の対外試合の3度の登板機会がアピールの場となる。薮田は「みんな同じ条件で同じ環境で練習してきた。ここからが戦い」と表情を引き締め、遠藤も「自主トレ期間中にやってきたことをやれれば結果も付いてくると思う」と腕をまくった。

    3月に2軍降格を味わった九里は、3年連続8勝と実績では群を抜くだけに、サバイバル再開にも冷静だ。「(開幕ローテに)こだわりたいですが、自分が持っているものを出すだけ」と落ち着いている。

    見極める立場の沢崎投手コーチも覚悟する。「1試合でどうということはないけれど、監督が言われたように合わせるのがプロ。(投手には)酷ではあるけど、見極めていかないといけない」。先延ばしとなっている開幕まで先発として生き残るためには、結果を残すしかない。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200520-25200488-nksports-base

    「梵」…この名字、読めますか? 姓氏研究家・森岡浩が日本人の難読名字を紹介します。

       ◇   ◇

    2017年までプロ野球の広島カープに「梵英心」という選手がいたので、野球ファンにはおなじみの名字。しかし、極めて珍しい名字のため、その他の人はまず読むことができない。

    今では、武士に限らず農民でも江戸時代から名字を持っていたことはわかっているが、そうした中であえて名字を持たなかったのが僧侶である。僧侶は出家した際に、俗世間から離れるために名字を捨てて、僧侶としての名前を名乗っていた。

    しかし、明治になるとこうした僧侶達も名字を名乗ることを強制され、僧侶たちは仏教用語や経典の言葉などから新しい名字をつくることが多かった。

    「梵(ぼん)」とは、仏教において宇宙を支配する根源的な原理、というようなもののこと。そして、「梵」という漢字の本来の意味が、「木の上を風が吹く様」であることから、「梵」を「そよぎ」と読ませたものである。

    なお、広島県にある梵選手の実家もお寺で、現在はJFE西日本硬式野球部コーチをつとめている。

    ◆森岡 浩 姓氏研究家。1961年高知県生まれ。早稲田大学政経学部卒。学生時代から独学で名字を研究、文献だけにとらわれず、地名学、民俗学などを幅広く取り入れながら、実証的な研究を続ける。NHK「日本人のおなまえっ!」にコメンテーターとして出演中。著書は「47都道府県名字百科」「全国名字大事典」「日本名門名家大事典」など多数。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200520-11256870-maidonans-life

     広島は19日、1軍が練習するマツダスタジアムのコンコースと観客席の一部を、人数制限をして開放すると発表した。

     21、22、23日の練習で、各日最大125組(1組最大4人)。広島県内在住者限定。地元紙との共催で、広島市とも連係している。

     入場者はマスクを着用。入り口前にはサーモグラフィーを使っての検温を受け、指先などのアルコール消毒をする。観客席では密集を避けるため一人一人の距離を取り、20席を4人で使って練習を見学する。

     広島県を含む39県に発令されていた緊急事態宣言が14日に解除された。15日には、県が定める「感染状況レベル」が「2」に下がった。18日には安佐動物園や博物館、美術館が再開するなどした。球団は、地域アドバイザーに助言を求め、広島市とも検討を重ねてきた。

     松田一宏オーナー代行は「自粛疲れがある中で、市民の方に何か気分転換にならないかと考えた」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200519-00000099-dal-base

     広島の大瀬良大地投手(28)が20日、高校球児を思いやった。

     20日に運営委員会が全国高校野球選手権大会の開催可否を協議。「地元を離れて3年間頑張ってきた人もいる」と思いを口にした。

     大瀬良自身は2009年に長崎日大高(長崎)で3年夏にエースとして出場。1回戦で菊池雄星を擁する岩手の花巻東高と対戦し、ファンを沸かせた。「甲子園に出られたことで大学でも野球をやろうと思った。もし夏に出ていなかったら、野球をやっていなかったかもしれない。甲子園出場は自分の人生において分岐点だったかもしれない」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200520-00000048-dal-base

     8月10日に開幕予定だった第102回全国高校野球選手権大会(甲子園)が、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、スポーツ報知既報通り中止が決定的になった。20日の運営委員会で正式決定し発表される。夏の甲子園の中止は米騒動の1918年、戦局が深刻化した41年に次いで79年ぶり3度目で、戦争での中断を除けば春夏の連続中止は初めて。

     今夏の全国高校野球選手権が中止される方針を受け、広島・白武佳久スカウト部長(60)は15日、今後の活動の困難ぶりを吐露した。「残念ですし、視野が狭くなる。担当以外の選手を見られなくなるので、見比べることができない。ビデオだけでは見極めが難しくなるが、そこで決めないといけなくなってしまう」と複数のスカウトの目でクロスチェックができなくなる難点を挙げた。

     甲子園で注視する点として同部長は「お客さんの前で投げられる度胸や、グラウンドでの態度」と明かした。松山聖陵(愛媛)のエースとして16年夏に熱投を演じたアドゥワや、17年夏に広陵(広島)の正捕手として1大会6本塁打の新記録をマークした中村奨ら、大舞台で急成長する球児も多いだけに「練習だけでは分からないところを全国大会で見るので(判断が)難しくなる」と顔をしかめた。

     一方で広島はこれまで、甲子園未経験ながら球界を代表する選手に成長した鈴木誠ら隠れた逸材を発掘、育成してきた。「地方大会を勝ち抜いたチームが全国大会に来るので、各担当スカウトが選手を地方大会でしっかり見ていれば問題はないかと思う」と一定の自信も示した。(坂口 愛澄)




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200516-05150316-sph-base

    【コロナ危機を乗り越える プロ野球界にまつわる飲食店の現状】先行きが見えない。広島の1980年代黄金期を支えたOB・長内孝氏(62)も不安をあらわにしている。広島市西区のJR新井口駅近くで居酒屋「カープ鳥 おさない」を経営し、多くの来店客でにぎわっていたものの新型コロナウイルスの感染拡大によって大きな打撃を受けた。

     4月18日からテークアウトのみの変則営業を余儀なくされ、現在も継続中。「2月ぐらいから団体客のキャンセルが出始めましたね。4人以上のお客さんがなかなか来てもらえない状況になった。8人とか10人ぐらいのキャンセルが軒並み続いた影響もあって3月は30%減、4月は80%減。最初はそうでもなくどこか人ごとのような感じだったけれど、広島市内でもクラスターが発生したりして危機感がかなり強まっていった。だから今の営業は“お持ち帰り”だけです」と長内氏は厳しい窮状を打ち明けた。

     広島県が緊急事態宣言の対象地域から外れ、自粛ムードも徐々に緩和される見通しは立ちつつある。それでも長内氏は楽観はしておらず、シビアな見方を崩そうとはしない。仮に通常営業に戻したとしても、政府の専門家会議が提唱する「新しい生活様式」が逆に足かせとなってしまい「やっぱりね、最初の客足は伸びないと思う」と分析している。

    「お客さんにせっかく来てもらっても“なるべく話をしないように”とか、それはなかなか難しいことですよね。それに間隔を空けてもらうため、店は人数制限もしなければいけないでしょう。そういう雰囲気の中で食事をしたり、お酒を飲むことに集中してもらうのはかなり無理がある。それに完全に終息してからでないと万が一、感染者をお店から出してしまったら迷惑をかけてしまう。それではいけない」 

     プロ野球界は最速で6月19日の開幕を目指しているが、決定には至っていない。同店もすべての焼き鳥メニューに所属するカープの主力選手たちの名前をそれぞれ付けてシーズンごとに必ずアップデートしているが、今季は開幕を迎えていないためいまだ昨季のままだ。

    「カープだけではなく全部の球団が同じく苦しい状況になっている。難しいとは思うが、いつ開幕してもいい準備だけはしてほしい。我々もそうだけど何とかお互い、頑張っていきたいですね」

     最後に長内氏は前向きな言葉とともに“打倒コロナ”を誓っていた。



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/ef6ce7e299b7832f5dec5b8eb5a039920882ab66

    このページのトップヘ