広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     広島の左腕・塹江敦哉投手が勝負の1年を迎えた。高松北高校から入団して今年が4年目。来年には大学を卒業する同学年がプロの門をくぐる。「高校からプロに入る前、同級生が入って来るまでには自分の立場を確立したいと思っていた。やらなければいけない」と力を込めた。

     今オフは昨年に続き中崎に師事する。マツダスタジアムではキャッチボールやトレーニングを共にし、守護神から技術や精神面での指導を仰いできた。春季キャンプを約3週間後に控え、好コンディションを維持する。開幕1軍をかけて幕を開けるサバイバルレースへ、準備は順調だ。

     今オフは、軸足にしっかりと体重を乗せてから投げ始めることがテーマだ。「今では真っすぐ立つだけだった。今は右足を上げたときに左足で踏ん張る意識でいます」。投球の土台が固まれば、より力強い球を投げられる。もう一度、150キロ近い剛球を取り戻すために投球の基礎を見直した。

     昨年の春季キャンプは1軍スタートながら、開幕1軍をつかむことができなかった。さらに自らの投球を見失い、フォームもバラバラになった。16年にはプロ初登板を含め3試合に投げたが、昨季は登板なし。シーズン中は佐々岡2軍投手コーチの助言を受けながら、時間をかけて本来の姿を取り戻してきた。「150キロが出なくなったら僕の魅力はなくなる」。今年の春季キャンプでは、思い切って腕を振り抜き直球でアピールする覚悟だ。

     新年は地元の神社に初詣に出掛けた。引いたおみくじは、大吉だった。「積み上げてきたものから飛躍できれば。開幕1軍をつかみ取りたい。割って入るのは簡単ではないけど頑張りたい」。先発、中継ぎを問わず左腕の確立がチームの課題。塹江が投手陣の一角へ食い込む。(市尻達拡)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000050-dal-base

     広島のドラフト1位・中村奨成捕手(18)=広陵=が11日、都内で行われた新人研修会に出席し、再会した日本ハム・清宮幸太郎内野手(18)=早実=を前に決意を新たにした。「負けちゃいけないなと思いました」。ライバルの存在を刺激とし、レギュラーへ突き進んでいく思いを示した。

     金の卵たちがそろう新人研修会。昨夏に甲子園で戦った相手や、18歳以下の日本代表で共闘したライバルたちとの再会は、喜びと同時に中村奨自身を奮い立たせる思いを湧き上がらせた。

     「ライバルになる子たち。負けちゃいけないなと思いました」

     刺激となる同期の中でも、清宮とは休憩時間を利用して談笑した。「深い話はしていないですけど、自主トレの内容とかを」と近況を報告。負けられない思いを抱く中、過度の意識はせずに「自分は自分のペースで、1軍に通用する技術をつけていきたい」と自らと向き合っていく。

     この日の研修会では、岩村明憲氏の講義も受講。「『下積みは大事』という話は何度も出てきた。本当に大事」と再確認した。同期入団組は髪も伸び始めたが、丸刈り姿のドラ1は当面の目標である1軍レギュラーへ向けて「野球漬けですね」とオシャレにも横見はせず、鍛錬を積む。

     午前中にはレジェンドたちの功績が刻まれる野球殿堂博物館を見学した。1大会6本塁打を放った自身の甲子園新記録のパネルにもサインしたが、「あの中に自分の名前もいずれは載せたい」とプロでも大選手となることに思いをはせた。100人を超える同期の星となって、球界を沸かせていく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000039-dal-base

     広島・新井貴浩内野手(40)が11日、和歌山県伊都郡高野町の高野山清浄心院で14年連続の護摩行に挑み、石原、会沢、堂林と約1時間半、炎と向き合った。池口恵観住職(81)は「あと10年できる」と太鼓判。新井も「やります」と意欲を燃やすと同時に、日本一への決意を強くした。

     気温マイナス6度。真っ白に雪化粧した高野山で、新井は顔を真っ赤にしてお経を唱え続けた。新しい年の始まりを告げる荒行は14年連続。護摩木は昨年より1000本増の3000本。約1時間半、燃えさかる炎と無心で向き合い、今季への決意を新たにした。

     「今年もきつかったと思う。やっている時は何も考えられない。声も自然と出る。原点に戻るし、『よし、やるぞ!』と気持ちがグッと引き締まります」

     高野山での護摩行は今年が初めて。標高800メートルを超える世界遺産には神々しい雰囲気が漂う。同地を訪れるのは「3、4回目」と言う新井も、特別なパワーを感じ取っていた。

     「雰囲気が違うでしょ?着いた瞬間、空気と雰囲気がちょっと違うと感じた。別世界。素晴らしいところと知っていたので、そこでやらせてもらって感謝しています」

     節目のプロ20年目、心と体が充実している。ウエートトレーニングでは過去最高の数値を記録。それを証明するように、池口住職はシーズンMVPを獲得した一昨年以上の活躍を予言。「一球闘心」という四字熟語を授け、「50歳現役」に太鼓判を押した。

     「それ(2016年)以上に、気と力と若さが出ていた。新井には『50歳を過ぎてもやれ』と言った。本人も『やります』と言っていた」

     新井は今月30日に41歳を迎えるが、気力と体力は衰えるどころか、進化し続けている。それを支えるのは「日本一」への思い。昨季は「チームが苦しい時に救いたい」と繰り返し、チームの精神的支柱としてリーグ連覇に貢献した。

     その姿は今年も変わらない。2年連続で護摩行に参加した堂林、会沢には「昨年、厳しい経験をして、『今年もお願いします』と言ってきた。すごく気持ちが入っていると感じた」と優しいまなざしを向ける。

     護摩行はあと2日。新井は「キャンプが始まる前に心を締めてやりたいと思う」と力を込めた。頂点だけを見据える心はメラメラと燃えている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000007-dal-base

     プロ野球広島のキャンプ地・宮崎県日南市の住民が手作りのエールを送る。2月1日のキャンプ初日に向け、球団が50年以上使っている球場の最寄り駅を今月13日からカープレッドに染め上げる。34年ぶりの悲願の日本一へ、街を挙げて盛り上げていく。

     企画したのは日南市油津の住民が中心となって結成した「日本一のカープ駅をつくる会」。同地区には広島が1963年からキャンプを張る天福球場があり、13日から最寄りのJR日南線油津駅の壁に地元住民が応援メッセージを書いて、ペンキで真っ赤に塗装する。

     同会によると、球団公認で「Carp」の球団ロゴを描き、マスコットのカープ坊やのイラストを駅舎に飾る。愛称を「カープ油津駅」とし、キャンプ初日に間に合うように完成させるという。事務局の担当者は「12球団の本拠地以外でプロ野球仕様の駅舎は前例がない」としている。

     同会の黒田泰裕会長(64)によると、構想のきっかけは、昨季、広島がリーグ連覇を果たしながら、日本シリーズに進出できなかったこと。「悲願の日本一に向けて我々から盛り上げていこう」と仲間に声を掛け、アイデアを練った。JR九州や球団の協力も得て、数百万円の費用の一部は、現代版樽(たる)募金とも言えるクラウドファンディングを活用。会の命名にも「日本一になってほしい」との願いを込めた。

     黒田会長は熱烈な鯉党。特に16年まで投手陣の柱として活躍した黒田博樹氏(42)とは同姓ということもあり、若手時代から自宅に招き、食事をするなど親しい。息子の名前が「ひろき(大貴)」という偶然も重なり、08年に黒田氏がメジャー移籍する際にはスパイクを贈られた。

     油津地区は15年に広島のキャンプ史などを展示する「油津カープ館」をオープンさせ、昨年は天福球場と地元商店街を結ぶ約430メートルの道路を「カープ一本道」として赤色に舗装するなどしていた。

     2月4日には装いを新たにした駅で緒方孝市監督(49)ら球団関係者を招き、記念セレモニーを行う。黒田会長は「34年前の日本一の時は油津も凄い盛り上がった。あの時の興奮を若い世代にも体験してほしい」と悲願達成へ、キャンプ地も全力で応援していくことを誓った。

     ≪楽天&DeNAの本拠最寄り駅は球団仕様≫プロ野球本拠地の最寄り駅では、楽天生命パーク宮城に近いJR宮城野原駅やDeNAのホーム横浜スタジアムに近いJR関内駅が球団仕様になっている。それぞれ出入り口や駅舎の壁にチームカラーの塗装を施しており、巨大なヘルメット形のモニュメントが設置されている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00000066-spnannex-soci

     広島のドラフト1位・中村奨成捕手(18=広陵)が11日、都内で行われた新人選手研修会に参加。髪の毛が伸びてきた他の選手に混じり、甲子園でプレーした時と変わらない丸刈り姿で登場した。

     「(他の選手に)イジられました(笑い)。野球部で卒業式までは丸刈りって決めているので」と説明した上で、髪形やファッションなどにさほどこだわりがなく、野球が第一だと強調した。

     この日は野球殿堂博物館を見学後、元大リーガー岩村明憲氏の講義を聞いた。「WBCも経験されている方なので、話のひとつひとつが心に響くものがあって、自分もああいう大選手になれるように、少しでも近づけるように、と思いました」。

     殿堂には広島の大先輩で2215試合連続出場の日本記録を持つ衣笠祥雄氏のユニホームも飾られており「カープを優勝に導いた方。いずれは自分もそういう存在になりたい。(衣笠氏の連続試合出場のように)できることであればずっとマスクをかぶって、チームを優勝に導きたい。そうなるには体力、技術が大事になってくる。それを目指せると思うので、しっかりやっていきたい」と意気込んだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00098147-nksports-base&pos=2

     広島・堂林翔太内野手が11日、和歌山県伊都郡高野町の高野山清浄心院で、2年連続で護摩行に参加。新井、石原、会沢と約1時間半、炎と向き合った。

     新井の隣で大声を張り上げ「昨年に続いて今年もきつかったです。昨年、護摩行をやらせてもらって結果が残らなかったので、自分にまだまだ足りないと思った」。定位置争いは厳しいが「今年こそ優勝に貢献できるようにチームの輪に入りたい」と力を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00000130-dal-base

     広島の新井貴浩内野手(40)が11日、和歌山・高野町の高野山別格本山清浄心院で、石原慶幸捕手(38)会沢翼捕手(29)堂林翔太内野手(26)とともに護摩行に臨んだ。


     新井にとっては14年連続。燃え盛る炎の前で、1時間半にわたって読経を続けた。終了後は真っ赤な顔で「1年間しっかり頑張りますということを思いながら、行をしていた。やらせてもらわないと自分の中で1年が始まらない。冷静に考えたら、これだけ苦しいことをよく続けてこられているなと思う。自分のことだけど。気持ちがグッと締まる」と、プロ20年目のシーズンに向けてスイッチが入った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00097990-nksports-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     広島に赴任して数日が経った。

     関係者にあいさつして回る中で感じるのは、球団の編成担当者に比較的若い人材が目立つことだ。

     例えば、年明けに就任した編成部長は42歳。記者と1歳違いの同世代だ。過去に担当した球団では、もう少し上の世代が多かった。

     「バランスの取れた組織づくりをしないといけないからね。今後を支えられる形にしていかないと」

     仕事始めの日に、球団の体制について松田オーナーが語った。猛練習で選手育成に定評があるが、将来を担う人材は選手だけではない。フロントマンもしかり。ここにも“育成のカープ”の色があった。

     同オーナーは、丸から届いた年賀状も紹介。「3連覇して、マツダスタジアムでビールかけがしたいです」とメッセージが書いてあったそうだ。2連覇の胴上げはともに敵地だった。

     「チームも我々も同じ気持ち。3連覇の先には日本一があるんよ」。そう話すオーナーは、今秋ドラフトの補強ポイントについても熱く語った。球団と現場の一体感に、今後へのビジョンが加わる。黄金時代到来と言われる理由が、垣間見えた気がした。【広島担当 大池和幸】

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00095814-nksports-base

     広島・中村恭平投手(28)が10日、廿日市市の大野練習場で自主トレを行い、新背番号「64」で心機一転巻き返しを図る決意を示した。昨季までの背番号「22」はドラフト1位・中村奨(広陵)に譲る形となったが「(変更が)いいきっかけになればいいと思う」と気持ちを新たにした。


     今季こそ結果を出すべく、再出発を図る。7年目だった昨季は1軍登板なし。今オフは直球を見直し、130キロ台後半~140キロ台前半だった平均球速を140キロ台中盤まで上げていくつもりだ。

     そのためにもウエートトレに加え、投球時の下半身の使い方を修正。「(これまで)突っ立って投げている感じだった。下で踏み込んでいけるように」と右足の踏み込みの感覚を変え、威力のある直球を生み出していく。

     現在チームは先発、中継ぎ問わず左投手の確立が懸案事項。結果を出し続けることで、1軍のマウンドもおのずと見えてくる。「右の人にも勝たないといけない。全員がライバル」と闘志を燃やす。

     この日はネットスローなどを行い「思いのほか投げられている」と調整に手応え。「チャンスをもらえるように結果を出さなきゃいけないし、もらった時に結果を出さないといけない」。覚悟を胸に、新たなシーズンを過ごす。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00000035-dal-base

     2017年はソフトバンクが日本一に輝いたプロ野球。2月1日から各球団がキャンプインし、今年もまた新シーズンへ向けて動き出す。昨年覇者の広島、ソフトバンクを止める球団が出てくるのか、注目が集まるところだが、今回は12球団の過去10年の勝敗数を集計。どのようなランキングになっているか、見ていきたい。

     793勝を挙げトップとなったのは、やはり巨人。人気実力を兼ね備え、球界をリードしてきた名門だが、2008年からの10年間でリーグ優勝5回、日本一2回と堂々たる数字を残している。過去10年でBクラスは昨シーズン(4位)のみ。世代交代が進まないと言われる中でも安定した成績を残しているといえるだろう。

     巨人に次いで2位となったのは例年、圧倒的な戦力を誇るソフトバンクだ。08年こそ最下位に終わっているが、リーグ優勝は巨人と並び5回、日本一は巨人を上回る4回、Aクラス入り8度と“常勝軍団”といっても過言ではない。柳田、今宮、千賀、武田ら世代交代がうまく進み、外国人補強でも李大浩、デスパイネら他球団の主力を迎え入れるなど隙のないチーム構成といえる。育成+補強が見事にマッチした球団だ。

     勝率5割以上をキープしているのは日本ハム、西武、阪神、広島だ。3位の日本ハムはリーグ優勝3回、日本一1回、Aクラス入り7度。ダルビッシュ、糸井、大谷ら球界を代表する選手を輩出しているが、球団独自の経営方針により、戦力を無理に留めることはしない。そのかわりソフトバンクと同様に将来を見据えた育成プランを掲げ、主力が抜けてもすぐにカバーする選手が出てくるのが特徴的だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00101823-fullcount-base

    このページのトップヘ