広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     「練習試合、中日9-8広島」(22日、マツダスタジアム)

     広島は開幕ローテの1人、ドラフト1位・森下暢仁投手(明大)が先発し、6回8安打2失点にまとめた。4回7安打5失点だった前回15日のソフトバンク戦では、カーブの制球に苦しんだ。この日はカウントを取り決め球にもなった。前回登板で出た課題をきっちり修正した。


     試合は1点リードの九回に守護神候補のフランスアが登板。2死から味方の失策も重なって2点を奪われ、逆転を許した。チームは6日の西武戦で勝利して以降、引き分けを挟んで9試合連続で勝ち星なし。

     佐々岡監督の試合後の談話は下記の通り。

     -森下が好投した。

     「前回から修正できたと思う。カーブを使ってね。それが使えれば真っすぐが生きる」

     -フランスアについては。

     「2アウトと取ってからね。スピードは(最速が)146キロかな。もっと出てくれないと、というのはある。体調不調から復帰して、初めて1軍で投げた。状態を上げていってほしい」

     -9試合連続で勝ち星がない状況については。

     「気にしても、というのはある。今は選手個々が自分の役割をやらないと。ただ(1、2軍の)入れ替えもあるということ。いつも言っているように、危機感を持ってやってほしい」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200322-00000110-dal-base

    ● 広島 8 - 9 中日 ○
    <3月22日・マツダスタジアム>

     広島は中日との練習試合に3連敗。それでも、開幕一軍入りを目指す面々がバットでアピールした。

     まずは「1番・一塁」でスタメン出場した堂林が魅せた。初回、得点にはつながらなかったものの、中日先発・小笠原から二塁打を放ちチャンスメイク。一死二塁で巡ってきた3回の第2打席では、小笠原から左翼席へ飛び込む先制2ランを放った。8回にも中日4番手・藤嶋から二塁打をマーク。5打数3安打2打点と打線を勢いづけた。

    「2番・三塁」でフル出場した上本も5打数3安打1盗塁を記録。キャンプ中の実戦から好調なバッティングを再びアピールした。「7番・二塁」でフル出場した三好は5打数2安打2打点を記録。二塁の守備では珍しくミスが目立ったが、2点を追う8回、同点に追いつく右越え2ランを放ち意地を見せた。

    「8番・遊撃」でフル出場した小園も、5打数2安打1打点でマルチ安打を記録。8回に一時勝ち越しとなる右越えソロを放ち、非凡なパンチ力を披露した。

     7回には代打で登場した鈴木誠が、貫禄の左越え2ランをマーク。1点追う9回、無死満塁のサヨナラ機こそ逸したが、計4本塁打が生まれるなど打線は活発だった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200322-00222771-baseballk-base

     元日本ハム監督で野球解説者の大島康徳さん(69)が21日、自身のブログを更新。抗がん剤治療中の元広島エースで解説者の北別府学さん(62)と奥さんにエールを送った。

     大島さんは2017年2月にステージ4の大腸がんを患っていることを公表し、仕事をしながら現在も闘病中。一方、広島のエースとして通算213勝を挙げ、今年1月20日に成人T細胞白血病を患い療養に入ることを公表した北別府さんは現在入院して抗がん剤治療中だ。

     北別府さんが病気を公表した6日後には「北別府学さんへ」とのタイトルで「ぺー!大丈夫だ!俺達の身体は強い!信じていい。野球に鍛えてもらったおかげだな」とエールを送り「俺ら、がん友。共に頑張ろう!」とメッセージをつづっていた大島さん。この日は「北別府学さんへ2」のタイトルでブログを更新すると「抗がん剤治療頑張っていますね。妻からブログの内容を時々教えてもらっています」と書き出した。

     そして「善(よ)くなることだけをイメージして頑張ろう!野球に鍛えてもらった我らの強い身体を信じよう!ぺー、頑張れ」と再びエール。「頑張った先には明るい未来が待っているのだから」と続けた。

     また、北別府さんが17日のブログで「家内が凄いことに」「声をかけても反応なし」「爆睡中(笑笑)」と看病に当たっている奥さんが机にもたれかかった“凄い”姿勢で爆睡する様子を隠し撮りした写真をアップし「この格好になって30分経ちます。ずっと眺めていますが、感謝の文字しか浮かんできません」とつづったことにも触れ「ぺーはうちの奥さんから言わせたら優しいそうだ。病室で居眠りしてしまった奥さんに“優しい眼差しを向けられるから”だそうだ。私だったら“風邪引くぞ!”とすぐに起こし“家に帰って寝なさい!”と言っていると(笑)その通~り!(笑)」とちゃめっ気たっぷりにつづり「追伸 妻が奥様に“よろしく”と“お身体に気をつけて”と申しております」と締めくくった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200321-00000219-spnannex-base

     新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、開幕が延期となったプロ野球界。当初の開幕予定だった3月20日からはシーズンと同じ顔合わせで練習試合を戦い、まだ決まっていない新たな開幕日に向けて調整を続けていくことになっている。



     15日までは無観客開催によるオープン戦を行なっていた各選手たち。主力選手たちが状態を上げていく一方で、若手たちは開幕1軍入りを目指して必死にアピールを続けてきた。各チームのルーキーたちの中でも結果を出した選手たちもいた。

     では、大きな期待を背負って各球団に入団してきたドラフト1位選手たちのオープン戦は、どうだったか。見ていってみよう。

    ○巨人
    堀田賢慎投手(高卒)
    登板なし

    ○DeNA
    森敬斗内野手(高卒)
    出場なし

    ○阪神
    西純矢投手(高卒)
    登板なし

    ○広島
    森下暢仁投手(大卒)
    4試合0勝1敗0S 4.20
    15回13安打2本塁打6四死球16奪三振7失点

    ○中日
    石川昂弥内野手(高卒)
    出場なし

    ○ヤクルト
    奥川恭伸投手(高卒)
    登板なし

    ○西武
    宮川哲投手(社会人)
    登板なし

    ○ソフトバンク
    佐藤直樹外野手(社会人)
    11試合19打数7安打0本塁打4打点 打率.368
    4四死球 8三振 5盗塁 出塁率.478

    ○楽天
    小深田大翔内野手(社会人)
    14試合44打数10安打1本塁打6打点 打率.227
    4四死球 5三振 3盗塁 出塁率.286

    ○ロッテ
    佐々木朗希投手(高卒)
    登板なし

    ○日本ハム
    河野竜生投手(社会人)
    3試合1勝1敗0S 4.00
    9回8安打1本塁打5四死球7奪三振4失点

    ○オリックス
    宮城大弥投手(高卒)
    登板なし

     今年のドラフト1位の選手たちでオープン戦に出場したのは広島の森下、ソフトバンクの佐藤、楽天の小深田、日本ハムの河野の4人だけしかいない。みな大卒、社会人出身で即戦力として期待された選手たちだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200319-00726033-fullcount-base

    <練習試合:広島3-4中日>◇20日◇マツダスタジアム

    守備のスペシャリスト広島上本崇司内野手が打撃で猛アピールを続けている。


    8回に松山に代わり三塁の守備から出場。3点を追う9回、2死から鈴木誠が左前打で出塁した直後の打席で、中日岡田の初球を左翼線へ引っ張り一、三塁とチャンスメーク。つなぎの一打で終盤の反撃に貢献した。上本は「いくら守備ができたとしても、打たないと試合に出られないので」と冷静だった。

    オープン戦出場8試合で9打席に立ち、4打数3安打2打点と少ないチャンスで結果を残してきた。朝山打撃コーチは「ずっと良い状態をキープしている。この調子でいけば三塁のスタメンもあるんじゃないかと。合格点をあげたい」と絶賛。上本は「このまま続くとは思えない。続けられるようにもっと練習します」。この日から登録が「右投げ両打ち」から「右投げ右打ち」に変更となった男が、一躍開幕スタメン候補に名乗りを上げた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-23200890-nksports-base

    【核心直撃】“オレ流”で強竜打線復活だ――。昨季まで楽天の二軍打撃コーチを務めた中日の栗原健太一軍打撃コーチ(38)が得点力アップに燃えている。参考にしているのが元中日監督の落合博満氏(66=評論家)で、待ちのスタイルを貫こうとしている。その“教えすぎない教え”の極意とは何なのか直撃した。

     ――指導する上で心掛けているものは

     栗原 理想は選手の方から聞いてくること。打撃練習を見ていてこっちが気づいてもすぐには言わない。タイミングが合ってないとか、体が開いているなとか、選手なら自分で分かっているはず。それを「今どうですかね」と言ってくれば、こっちからどうやって修正したらいいかを言ってあげられる。

     ――待ちのスタイルにしたきっかけは?

     栗原 僕の経験上で若いときに首脳陣も球団も期待してくれて、何とかしようこの子をとなって、いろんなことを言われる。ケージに入って打っているときに「今はこうなってるぞ、こうだぞっ」て。それが集中できなかった経験があった。現役のときにされて嫌だったことはしないようにしている。

     ――現役時代に球宴で当時の落合監督に質問しに行ったりしていたようだが

     栗原 球宴に出た2007年、09年、11年と3回とも「打撃を教えてください、お願いします」と聞きに行った。決まって「どこが悪いんだ」と逆に聞いてくる。そこでちゃんと説明したら「こうやってみたら」と言ってくれた。やっぱりいい意味で人と視点が違ってた。僕は右肩が下がる癖があったけど、いいときは平行でしっかり回れたけど、ヒジをけがして痛めてから痛いから少し下がってしまって…

     ――落合氏はなんて

     栗原 普通だったら平行に直そうとするけど「そのままでいいじゃん」って。ただ「その代わりに全部センターから右方向へ狙って打ってみろ。インコースでもセンターへ全部打ち返すつもりで打ちなさい」と言われた。右肩が下がるメリットとして右方向へ打てる。すべてがダメなわけじゃない。逆に引っ張り込もうとして左に打とうとするとかぶってしまうからダメだと気づいた。

     ――なるほど

     栗原 そのアドバイスがすごく良かった。いつも球宴明けはなぜか本当に調子が良かった。

     ――落合氏の教えを守っているというわけだ

     栗原 それが理想とかそれがすべてではないけど、自分にとってはいいアドバイスをいただいた。

     ――好機で打てない打線をどう指導するのか

     栗原 チャンスのときほど超積極的に行くべき。自分の狙い球をここと決めたらそれに対して一発で仕留められるように集中力を高めることが一番大事になってくる。精神的な部分。技術的なことじゃない。

     ――やっぱり打撃コーチはやりがいがある

     栗原 特に打撃コーチは難しい。いいバッターでも7割失敗する。守備や走塁はやればうまくなる。打撃は今良くても、ちょっとしたら悪くなったりして難しいですね。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00000019-tospoweb-base

    広島長野久義外野手が20日午前に放送されたテレビ朝日系「じゅん散歩」に16日に続き2度目の出演。同番組のナレーションを務める夫人の下平さやかアナウンサーと再び共演した。



    この日は高田純次らとパンのかぶり物をして登場。東京駅周辺のパン屋さんで食リポに挑戦した。

    引退後はパン屋さんになりたいというエピソードが紹介されると下平アナが「そうなんです。(球団グルメで)パンにこだわったハンバーガーのプロデュースもやっていて」とナレーション。

    そして、東京駅内のあんパン専門店で食リポ。1日5000個売れるという名物「東京レンガぱん」を試食。高田純次から「野球風に食リポしてもらおうかね」と振られると「あんこの中に生クリームが入っていて、二刀流です!」とリポート。高田から「パーフェクト!」とほめられた。

    最後に今季の抱負を問われ「今年は食リポの勉強をしてきます。またこの番組に出演させていただけるようにしっかりと活躍して」と話した。下平アナは「お世話になりました。食リポのご指導、お願いします」と高田にお願いしていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-23200072-nksports-base

     広島の新助っ人DJ・ジョンソン投手が20日、自身のSNSを更新。中日との練習試合開始前のグラウンド風景とともに日米で広がる新型コロナウイルス感染の影響についてコメントしている。


     本来ならばプロ野球が開幕予定だったこの日。開幕が延期となったためマツダスタジアムでは無観客で中日との練習試合が行われた。ジョンソンは試合前に中日が練習に臨む様子や、広島のベンチの様子を収めた写真とともに「今日は本来なら開幕日になるはずだった日です。今後しばらくの間は、日本のスタジアムが、このよう状態であることを考えると悲しくなります」と無観客での試合に寂しさを感じている様子だ。

     一方でアメリカでは開幕延期のみならずオープン戦も全て中止となり、試合を行うこと自体が難しい状況になっている。「僕は、毎日ユニホームを来て、今日も大好きな野球をプレーすることができ、とてもラッキーだと分かっています。母国の選手は僕らのようには試合が出来ないのだから」と自らが置かれている立場がどれほど恵まれているかを改めて実感したようだ。

     ジョンソンは母国へ「みんなのことを祈っています。野球と普通の生活が早く戻ってきますように!」と祈念する一方で「ゲートが開いて、スタジアムで、応援してくれる皆さんの顔を見る日をとても楽しみに待っています!」と日本のファンへのメッセージを綴った。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00727503-fullcount-base

     ◇2軍練習試合 広島―中日(2020年3月19日 由宇)

     広島ドラフト2位・宇草孔基外野手(22=法大)は、「3番・右翼」で先発し、佐々岡監督が視察する前でマルチ安打とアピールに成功した。

     初回2死無走者で勝野から強烈なライナー性で右越え三塁打を放つと、6回には阿知羅から詰まりながら右前に運んで3打数2安打とした。

     オープンスタンス気味に構えて、さらに1度グリップを下げる「ヒッチ打法」を導入。練習中には東出2軍打撃コーチからマンツーマン指導を受けるなど新打法に熱心に取り組み、「色々挑戦しています。軸足に乗せることを意識している。まだまだ打席の中でやっていかないといけない」と前を向いた。

     1軍に帯同した春季キャンプでは、大学時代に習得した「すり足」から「ノーステップ打法」をテスト。打席内での立ち位置をカウントによって変更するなど、最良の形を常に模索してきた。

     春季キャンプ中に、「これからフォームは何度でも変わるだろうし、挑戦することを大事にしている。打つためには何でもやる」と話していた通り、1軍再昇格に向けて柔軟に対応している。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200319-00000210-spnannex-base

     再びセ・リーグの頂点を狙う広島カープ。ドラフト1位・森下 暢仁(大分商出身)に多くの注目が集まっているが、高卒3年目となる遠藤 淳志(霞ヶ浦出身)の先発ローテーション入りも大いに期待がかかっている。


     19日、中日の2軍相手に4回1失点の投球で結果を残した遠藤は2017年のドラフトで5位指名と下位指名だった。しかし、プロの世界で成長していき昨シーズン1軍デビュー。34試合を投げて1勝1敗6ホールド1セーブと初めてづくしの2年目を終えて、今シーズンは1軍キャンプでスタート。佐々岡真司新監督が就任して文字通りの新体制となったが、そこで注目されたのが遠藤だ。

     5日に行われた実戦形式での練習では同期入団の山口 翔(熊本工出身)とともに先発。大きな結果を残すことはできなかったが、キャンプ序盤で先発に起用する期待の表れを感じさせる。そんな遠藤の最大の魅力はキレのあるボールだ。

     ゆったりとした力感のない柔らかい始動から、長い手足を上手く使って上から腕を振り下ろす。体を鋭く縦に捻ることもできるフォームが切れを生み出す大きな要因だろうが、それ以上に大きいのは霞ヶ浦での投手育成メソッドにあると考えられる。

     霞ヶ浦では30メートルのロングブルペンがあり、スピンの利いたストレートを投げ込む練習ができる環境が整っている。また投手になるためにも肘の柔らかさやバランスの良さ。癖のないフォームが投手としてやっていける基準に設定したり、投球フォーム習得のメソッドがあったりと、投手としての高い素質を高校3年間で磨き上げたのが今のキレのあるボールだを投げ込める理由だろう。

     エース・大瀬良 大地(長崎日大出身)に続いて森下が注目されるが、高卒3年目・遠藤が台頭すれば優勝争いに入りこんでいけるはずだ。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00010003-hbnippon-base

    このページのトップヘ