広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

     広島・西川龍馬内野手(22)の開幕1軍が絶望的になったことが17日、わかった。11日のヤクルト戦(福山)で、自打球を当て右膝を負傷。当初は「右膝打撲」と診断されていたが、14日に広島市内の病院であらためて精密検査を受けた結果、「右膝骨挫傷」であることが判明した。加療期間は2~3週間。チームは左の代打一番手を欠いて、開幕を迎えることになった。

     症状は深刻だった。「右膝打撲」から一転、14日のMRI検査で「右膝骨挫傷」であることが判明した。開幕は絶望的。西川は「前に打ち返していれば、こんなことにはなっていない。技術不足。悔しい」と唇をかんだ。

     アクシデントは11日、ヤクルトとのオープン戦で起こった。六回、自打球が右膝付近を直撃。もん絶してグラウンドに倒れ込むと、担架で運ばれ、試合中に広島市内の病院へ直行した。

     この日、マツダスタジアムを訪れた西川はグラウンドでキャッチボールを行った。18日からは3軍に合流し、大野練習場で治療とリハビリを開始する。松原チーフトレーナーは「患部の治癒が最優先。アイシングや電気治療などをします」と説明。西川は「1日でも早く1軍に戻ってきたい」と前を向いた。

     左の代打一番手、さらに代走や守備固めとしても期待されていた。万能選手の離脱は、チームにとって大きな痛手だ。緒方監督は昨秋キャンプから「競争」の二文字を連呼し、戦力の底上げを図ってきた。18日の日本ハムとのオープン戦(マツダ)から、庄司と美間が2軍から合流する。1軍に帯同中の上本も含め、彼らがどれだけ存在感を示せるかにも注目が集まる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-00000009-dal-base&pos=1

     昨季、広島リーグ優勝の原動力となり、現役を引退した黒田博樹氏(42)の引退を記念する「黒田博樹特別試合」が日本ハムを相手のオープン戦で18日、開催された。


     試合は緒方監督以下、コーチ、選手全員が「背番号15」の特別ユニホームを着用して行われた。試合前の始球式に登場した黒田氏はスーツの上からユニホームを着て、投球。オープン戦にもかかわらずスタンドを埋めたファンから大きな声援を受けた。

     「気持ちよくマウンドに上がれました。また、やりたくなった。こんなセレモニーをしていただいて光栄です」などと感謝の気持ちを込めて話していた。

     また黒田氏が昨季、マツダスタジアム公式戦で最後に登板した際の投球プレートを広島中心部の「本通り商店街」に設置するためのセレモニーも行われ、黒田氏はサインしたり、手形を取ったりと忙しく動いていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-01794044-nksports-base

     ◇ウエスタン・リーグ 広島2―8中日(2017年3月17日 ナゴヤ)

     広島・九里が開幕ローテーション入りへ前進した。

     ウエスタン・リーグ開幕戦の中日戦(ナゴヤ)に先発。畝投手コーチが見守る中、5回3失点ながら、4回までは無失点の好内容だった。「何とか先発枠に割り込みたい」。開幕ローテーションはジョンソン、野村、岡田、ドラフト3位・床田の4人は確定的。残る2つの座を懸けて、同1位・加藤、大瀬良、ヘーゲンズと争っている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-00000030-spnannex-base

    WBCの東京ラウンドが終わり無傷の6連勝で1、2次ラウンドを突破した侍ジャパンは決戦地のアメリカへ旅立った。そして、その背中を追ってアメリカに旅立ったプロ集団がいる。全米30球団の国際スカウト達だ。

     大会期間中、東京ドームのネット裏の一区間、約200席ほどがテープで仕切られ、彼らはそこに大挙して陣取っていた。各球団は5、6人の複数の国際スカウトが来日、WBCを追いかけていた。スピードガンで1球、1球、球速を測定してスコアをつけ、スカウトノートにメモを残す。その中に見慣れた顔があった。広島、オリックスで本格右腕として活躍したブライアン・バリントン氏(36)だ。

     バリントン氏は、広島の4年間でマエケンと共に先発ローテを守り開幕投手も務め40勝した後、優勝を狙った2015年のオリックスの大型補強の一人として引き抜かれたが、故障に苦しみ5勝に終わり、昨年を限りに現役引退。現在は、ミルウォーキー・ブリュワーズの国際スカウトとして第2の人生をスタートしている。

     今回の侍ジャパンにも、広島の菊池涼介(27)や、オリックスの平野佳寿(33)ら、かつてのチームメイトがいたが、「会っていないんだ。我々スカウトは入場許可証がなくチケットを買って観客席で見ているだけなので、中に入れないからね」と、残念そうに笑った。

     今回の来日では、日本だけではなく、キューバ、オランダ、イスラエル、豪州など、各国の選手をチェックしたそうだが、「日本のプレーヤーは質が高い」と言う。

     誰を狙うかは、極秘事項だろうが、バリントンはあくまでも「個人的意見」との前提でスカウトの立場で見たメジャーで通用する日本人選手のメモを教えてもらった。

    「WBCに、これだけ多くのスカウトが駆けつけている理由は、オランダのようにメジャーでプレーしている選手が集まっているチームや、イスラエルのようにマイナーリーガーで結成されているチームが出ているので評価を比較しやすいんだ。WBC公式球もメジャー球に近いし、マウンドもメジャー仕様になっている。どうしても、国内リーグだけのプレーをチェックすると、適応力も含めて、メジャーへ来てどうなのかの判断が難しい。私も日本でプレーしているからわかったが、非常にボールの品質が高くて投げやすかったからね。
     メジャーで成功すると考える選手を挙げるなら、やはりピッチャーから名前が出てくる。私の好みで言うならば、則本、増井、藤浪、千賀の4人。もちろん、大谷という名前を忘れてはいけないけれど(笑)。この5人は、共通して95マイル(155キロ)級のファストボールに加えて、空振りの取れる変化球を持っている。縦に落ちるボールを操るのが日本人の特性だが、彼らは、その条件をも満たしている」
     
     バリントンが侍ジャパンの中から挙げたのは、イスラエル戦では、正確に制球はできなかったが、お化けと評されるフォークをうまく配球に織り交ぜながら、最速153キロのストレートで押し込み、5回を1安打無失点に抑えたソフトバンクの千賀滉大(24) 、オランダ戦で満塁のピンチを救った日ハムの増井浩俊(32)、1次ラウンドの中国戦で2番手登板した阪神の藤浪晋太郎(22)、そして、開幕のキューバ戦では、5安打3失点と崩れ、まさかのストッパー起用されたオランダ戦でも二死から同点打を浴びるなど国際試合での弱さを露呈してしまった則本昴大(26)の4人。

     バリントン氏は、「則本は、結果を出せなかったが、155キロを超えるストレートに、あれだけのスライダーのコントロールがあればメジャーでも勝てる。評価は変わらない」と言う。
     
     では、野手はどうなのだろうか?


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000006-wordleafs-base&pos=1

     ◇オープン戦 広島0―2楽天(2017年3月16日 静岡)

     先発した広島のドラフト3位・床田(中部学院大)が5回4安打1失点の好投を見せ、開幕1軍を確実にした。

     「(開幕1軍の)投手の枠に入れる内容を見せてくれた。(開幕ローテーション入りに)一歩さらに前進した」。緒方監督のお墨付きが誇らしい。3回に1点を失うも、光ったのは安定感だ。4回、5回とそれぞれ1死から走者を出しながら、後続を断って追加点を許さなかった。床田も「きょうは腕が振れて、変化球でストライクを取れたのがよかった。良い感じで来ているので(開幕まで)このまま続けていければ」と充実感を漂わせる。

     起用法については、右脇腹違和感の完治が近い大瀬良や、ヘーゲンズらとの兼ね合いもあるものの、先発ローテーション入りが濃厚。「(開幕ローテ入りが)近くなってきている。確定とは言わないけど」と畝投手コーチも期待を口にした。 (柳澤 元紀)


    引用元 http://www.nikkansports.com/baseball/news/1793085.html

     胃がんからの復帰を目指す広島・赤松が、手術後初めてマツダスタジアムで動いた。

     居残り調整する投手陣を横目に、ウオーミングアップやランニングに約30分間。「投手もいたし、雰囲気を味わえたのはよかった」と汗を拭った。3週間に1度のペースで抗がん剤投与を受けており、「今は副作用が治まりつつある期間」と説明。「スポーツ選手として、病気になった者として、闘う姿を見せることが使命」と力を込めた。7月の治療終了を待って自主トレを始め、本格的な体づくりに入る意向だ。


    引用元 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/03/17/kiji/20170317s00001173051000c.html

    このページのトップヘ