広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     ◇セ・リーグ 広島2―1ヤクルト(2015年5月22日 マツダ)

     広島が延長10回に菊池のソロ本塁打でサヨナラ勝ちし、連敗を2で止めた。

     同点の10回2死、菊池が4番手・徳山から左越えにサヨナラ本塁打。7回9安打1失点の黒田に約1カ月ぶりの白星はプレゼントできなかったものの、粘りの投球を見せた右腕に報いた。

     今季、延長戦は開幕から6戦全勝だったヤクルトは不敗記録が止まった。

     待ちに待った主砲が帰ってきた!広島のブラッド・エルドレッド内野手(34)が21日、マツダスタジアムで行われた1軍の全体練習に合流した。春季キャンプで右膝を痛め、3月に米国で右膝内側半月板部分切除の手術を受けたが、フリー打撃など全メニューをこなし、全快をアピール。22日のヤクルト戦(マツダ)は「6番・左翼」でのスタメン出場が濃厚だ。

     白球が青空に吸い込まれていった。フリー打撃で放たれた特大アーチ。エルドレッドだからこその豪快な打球。遅ればせながら助っ人長距離砲が、1軍に合流した。

     「帰って来られてベリーハッピー。100%の力を出し切って頑張りたい。右膝?問題ないよ!」。46スイングで柵越えは4本だが、笑顔を交えた言葉に復活への自信がみなぎっていた。

     悪夢は2月26日のKIA(韓国)との練習試合(コザしんきん)中に襲った。一塁を駆け抜けた際に右膝を負傷。「右膝半月板損傷」と診断され3月上旬に米国に一時帰国し、手術を受けた。

     当初の予想を上回る早期復帰だ。チームは6月上旬の復帰を見込んでいたが、エルドレッドは「全てが順調だった」と胸を張る。5月4日のウエスタン・オリックス戦(神戸サブ)で実戦復帰。2軍戦では8試合で打率・185、2本塁打、4打点と目立った成績はない。ただ20日のソフトバンクとの練習試合(由宇)で本塁打を放ったように、破壊力は健在。得点力アップの期待はできる。

     守備や走塁については「レフト、ライト、ファーストを守った。ベースランニングもできる」と万全を強調。緒方監督は「(全体練習で)いい動きをしていた」と目を細めた。

     患部の回復を促進するため、大好きな炭酸飲料を封印しているという。「コーラやレッドブルは飲んでいない。ちょっとでも免疫力が上がるようにと思って」とエルドレッド。早期復帰のためにやることはやった。

     22日のヤクルト戦(マツダ)は「6番・左翼」でのスタメン出場が濃厚だ。チームは最下位と低迷するが「(戦況は)1日で好転する。打点にこだわっていく」と昨季の本塁打王。試合を決める一撃を、その分厚い胸板と太い二の腕で放ってみせる。

     広島は22日、B.エルドレッドと飯田哲矢を一軍登録した。

     エルドレッドは昨季37本塁打で初本塁打王を獲得。今季も活躍が期待されたが、2月26日の練習試合で右膝を痛め離脱。3月に「右膝半月板」の手術を受けた。エルドレッドはリハビリを経て、5月4日に実戦復帰。ウエスタン公式戦では8試合に出場して、打率.185、2本塁打4打点の成績を残している。

     またルーキーの飯田がプロ初昇格。二軍では17試合に登板し、1勝0敗8S、防御率1.08。社会人野球で培った経験を生かし、一軍で力を発揮したい。

     その他の公示は以下の通り。

    <5月22日の公示情報>
    ※再登録=6月1日以降


    ◆ 北海道日本ハムファイターズ
    −登録−
    14 大塚豊 / 投手
    =抹消=
    38 武田勝 / 投手

    ◆ 千葉ロッテマリーンズ
    −登録−
    27 古谷拓哉 / 投手
    =抹消=
    42 香月良仁 / 投手

    ◆ 埼玉西武ライオンズ
    −登録−
    15 大石達也 / 投手
    6 A.セラテリ / 内野手
    =抹消=
    30 岡本洋介 / 投手
    47 W.ルブラン / 投手

    ◆ 東北楽天ゴールデンイーグルス
    −登録−
    58 辛島航 / 投手
    55 西田哲朗 / 内野手
    =抹消=
    3 G.サンチェス / 内野手
    66 西村弥 / 内野手

    ◆ 読売ジャイアンツ
    −登録−
    48 矢野謙次 / 外野手
    =抹消=
    59 小山雄輝 / 投手

    ◆ 広島東洋カープ
    −登録−
    39 飯田哲矢 / 投手
    62 今井啓介 / 投手
    55 B.エルドレッド / 内野手

     広島・一岡竜司投手(24)が21日、出場選手登録を抹消された。巨人から14年に移籍後、再調整のために登録を外れるのは初めて。

     昨季は31試合で3失点、防御率0・58だった一岡は、今季は15試合に登板し、0勝、プロ初黒星を含む4敗、防御率7・07。20日の中日戦(豊橋)で4失点するなど、4試合連続失点していた。この日はマツダで練習に参加。「この経験をプラスにしていかないといけない」と前向きに語った。

     右膝の故障でキャンプ中に離脱していた広島のブラッド・エルドレッド内野手(34)が21日、1軍に合流した。この日、マツダで行われた練習に参加。フリー打撃や守備練習などで汗を流し、全快をアピールした。「こうして1軍に帰ってきて、みんなと戦っていけるのはうれしい。100%の力をフィールドで出し切りたい気持ちは強い」と意欲を示した。

     昨季、37本塁打で初の本塁打王に輝いたエルドレッドは、2月26日の韓国・KIAとの練習試合(コザ)で一塁を駆け抜けた際に右膝を負傷。右膝半月板の損傷と診断され、一時帰国した米国で手術を受けていた。2軍では公式戦8試合に出場し、打率1割8分5厘、2本塁打、4打点。20日のソフトバンクとの練習試合(由宇)でも本塁打を放ち、状態を上げていた。

    このページのトップヘ