広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     間もなく2月1日、球春が到来する。12球団が頂点を目指して一斉にキャンプイン。広島も25年ぶりのリーグ優勝を目指して、実践漬けの1カ月を過ごすことになる。カギとなるのは前田健太投手が抜けた穴だが、米大リーグ・ドジャース入団を決めた、その前エースは1人、黙々と自主トレを続けている。

     「宮本スカウトには、本当に感謝しています。あの人がいなければ、ドラフト1位でカープに入団することができなかったと思いますので」

     1月30日まで10日間、広島の球団施設で汗を流した前田は、在籍9年間を振り返りながら、1人の“恩人”へ感謝の言葉を口にした。その“恩人”とは、広島で30年近くスカウトを務め、現在は日本福祉大学で特別コーチ兼チーム編成部長を務める宮本洋二郎氏。当時、担当スカウトとして、前田の単独指名での獲得に尽力した。

     2006年のドラフトは、田中将大投手(ヤンキース)、坂本勇人内野手(巨人)、大嶺祐太投手(ロッテ)、堂上直倫内野手(中日)ら高校生が豊作の年だった。「あの世代は投手が多くて、将大に増淵、大嶺。堂上も含めてみんな競合だったので」。だが、広島は5月に早々と前田の1位指名を決定。前田は、宮本氏が一貫して推薦していたと、後々に聞かされたという。

     「カープだけは僕を評価して単独の1位指名。宮本さんが毎日、学校に足を運んでくれて。すごく思い出に残っています。大阪にいたこともあって正直、カープという球団のことは、よく分からなかったんです。でも、宮本さんが学校に来られるようになってから、カープの試合を見始めるようになりました」

     宮本氏は前田の感謝の言葉を伝え聞くと、涙ながらに思い出を振り返った。「彼は技術だけではなく内面も素晴らしい。プロになるためには技術だけじゃなく、人間性も必要。彼はそれを合わせ持っていた」。1位指名決定の5月以降、同氏の関心は投手として、人としての内面だった。ある試合で、それは自信から確信に変わる。それはマウンドに立つ姿ではなく、左翼で出場した試合だった。

     「三塁のベンチから、チェンジになってレフトに守りに行く。一直線に走れば近いのに、必ずいったんマウンドへ行って、投手に声を掛ける。エースが投げないんだから、そんな強い相手じゃない。それでも、そんな気遣いができる。そういう人間性がすごかった」

     強烈なインパクトを残した18歳は、宮本氏の眼力通りにカープ、日本のエースへと成長。世界最高峰の舞台に挑戦する権利を得た。「戦力として抜けるのは痛いけど、彼がプレーの中で残したものは、みんなの心の中にあるはず。それが一つの財産だ」と鈴木清明球団本部長は話す。

     前田は、次期エースとして期待する大瀬良大地投手にチェンジアップを伝授するなど、自主トレ期間中にエースの心得を伝えた。9年間でチームに残したものは、有形無形の効果をもたらすだろう。

     果たして今季の広島は、どんな戦いをするのだろうか。25年ぶりの悲願達成は-。前エースは「こればかりはシーズンに入ってみないと分からない」と前置きした上で自信、確信を持って続けた。「でも、大丈夫。僕も黒田さんが抜けたあとにチャンスだと思って、先発の1枠を必死に取りに行きました。僕が抜けることによって、チャンスの選手もたくさんいます。その座をつかむ若手が、出てきてほしい。投手もたくさんいますし、野手もいい選手がそろっているので。確実に優勝が狙えるチームです」。

     キャンプインは目前に迫る。前エースの思いも背負いながら、頂点を目指す戦いが始まる。(デイリースポーツ・田中政行)

     広島の新井貴浩内野手が1日、オフィシャルブログを開設した。

     新井は「OFFICIAL BLOG」のタイトルで第1弾のメッセージを投稿。ファンにブログの開設を報告した。

     さらに「いつも応援して下さる皆さんへ。僕から感謝の気持ちを伝えさせていただく場所にしたいと思っています」と綴り「『優勝』にむけて全身全霊で頑張っていきます」と力強く宣言した。

     新井は昨季、“盟友”の黒田博樹と共に8年ぶりに広島に復帰。4番に座るなど打線を牽引し、125試合出場で打率2割7分5厘、7本塁打、57打点をマーク。再び広島ファンから大歓声を浴びた。

     今季は背番号を「28」から慣れ親しんだ「25」に変更。昨季以上の活躍に期待がかかる。

     広島のクリス・ジョンソン投手(31)が30日、今季への意気込みを語った。昨季、最優秀防御率を獲得し、最多勝争いでは2位になった助っ人左腕。2年目となる今季は昨季以上の成績を残し、チームの勝利に貢献することに強い意欲を燃やした。

     頼もしい言葉だった。カープで2年目を迎えたジョンソンが力を込める。昨季は防御率1・85で最優秀防御率に輝き、最多勝争いでも14勝と前田(ドジャース)の15勝に次ぐ2位だった。その数字を上回ってみせる。左のエースとしての自覚が伝わってきた。

     「去年のように成功するために帰ってきた。いい目標ができたよ」。自信に満ちた表情で言った。

     各球団が対策を講じてくることは間違いないが、助っ人左腕も進化を続けている。詳細は明かさなかったが、新しい変化球に挑戦中だという。「楽しみにしていてほしい」と畝投手コーチ。昨季はスライダーの変化を小さくするなどして、日本野球に素早く順応した。投球の引き出しを増やせれば、白星は順調に伸びていくはずだ。

     前田が抜け、開幕投手が誰になるのか注目が集まる。今季の開幕戦は3月25日、マツダスタジアムでのDeNA戦だ。昨季、本拠地では16試合に登板し、7連勝を含め10勝3敗、防御率1・66と無類の強さを誇った。ジョンソンは「選ばれたら光栄。投げてくれと言われたら勝てるように頑張る」とニヤリと笑った。

     米国では3度、ブルペン入りするなど調整は順調そのもの。不安はない。今季も正確無比な投球で、セ界を席巻する。

     広島新井貴浩内野手(39)が、25番のユニホームをお披露目した。

     8年ぶりの広島復帰となった昨年は、28番だったが、今季から25番に変更となった。入団から阪神時代を含め16年間つけていたおなじみの背番号に、ファンからも歓声が上がった。

     また、21番を背負う中崎翔太投手(23)もユニホーム姿を披露。ブルペンに入り、力強いボールを投じていた。

     「広島春季キャンプ」(1日、日南)

     宮崎県日南市の天福球場で、春季キャンプをスタートした。新井貴浩内野手(39)がチーム一番乗りで球場に到着。広島では9年ぶりとなる、背番号25のユニホームで練習を開始した。

     1月30日には39歳の誕生日を迎えたベテランは、キャンプ前日に「年齢も重ねているので、余計にしっかりやらないといけない。下半身をしっかり追い込んでいきたいです」と覚悟を口にしていた。

     また、練習開始前には、日南市協力協会の歓迎セレモニー。ドラフト1位で入団した岡田明丈投手(22)=大商大=ら新入団選手の発表や、昨季タイトルを獲得した選手の表彰が行われた。緒方孝市監督(47)は「伝統の野球を復活させるため秋から鍛えてきた。投手を中心とした守り勝つ野球。1点を取る執念。25年ぶりの優勝へ向け全力で戦っていきます」とあいさつ。悲願の頂点へを強く誓っていた。

    このページのトップヘ