広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     「阪神3-8広島」(8日、甲子園)

     藤浪キラー健在じゃ!!広島の松山竜平外野手(29)が、決勝打を含む猛打賞の活躍。今季これで6打数5安打と藤浪をカモにする。緒方孝一監督(46)も「きょうは松山。先制点が大きかった」と絶賛。チームは3戦連続2桁安打で今季初の4連勝。8安打で7点を奪って、天敵をついにノックアウトした。これで5位阪神に0・5差。5連勝でまずは最下位脱出を狙う。

     見逃せばボール球だった。0−0で迎えた三回。無死一、二塁の好機も、丸、新井が連続三振で2死となった。ここで打席に松山。カウント1−1からの3球目、外寄り高め153キロの直球を狙った。コンパクトに振り抜いた打球は左前に抜けた。二走の田中が一気に生還。貴重な先制点がV打となった。

     「ストレートに自信を持っている投手なので、僕もそれに振り負けないように。勝負にいって打席に入った」

     松山が突破口を開くとなおも2死満塁から、木村昇が押し出し四球で2点目を奪う。さらに続く会沢は初球、144キロのカットボールを狙った。「追い込まれると厳しいので(初球から)いきました」。左翼線を襲う走者一掃の適時二塁打。この回、一気に5点を奪って試合を決めた。

     「きょうは松山。先制点を取れたのが大きかった」と緒方監督。二回に中前打、四回にも左前打で今季2度目の猛打賞。藤浪との対戦は今季6打数5安打(打率・833)。昨季も19打数8安打(同・421)で、キラーぶりを見せつけた。昨季まで1勝8敗の天敵から、早くも今季2勝目だ。

     4月18日の中日戦。走塁中、左太もも裏に痛みが走った。昨年もあった古傷再発。チームドクターの診断は「左太もも裏筋挫傷」だった。「またか…」。松山は絶望の淵にいた。状態も上向き、出場も増えてきた矢先だ。

     「僕は次の日も、テーピングをぐるぐる巻きにして、グラウンドに立つつもりだった」

     翌19日。出場を訴える松山を制したのは、緒方監督だった。「しっかり治してこい。お前のことは戦力として考えているんだ。早く戻って来てくれ」。一言、一言、熱い言葉が胸に染みた。「あまりそんなこと言ってもらえないので」。必要とされていることが、リハビリの力になった。

     松山は守備でも2度の好守で戸田を援護した。打線はここ3試合で39安打25得点。完全復調の気配を漂わせている。チームは菅野(巨人)、藤浪と天敵を撃破。4連勝で5位阪神に0・5ゲーム差に詰めた。さあ、5月反攻へ。まずは5連勝で最下位脱出を狙う。

     ◇セ・リーグ 広島8―3阪神(2015年5月8日 甲子園)

     広島の4年目・戸田が今季初登板初先発で白星を手にした。

     阪神・藤浪との投げ合い。味方の大量援護にも守られて6回を2安打2失点に抑えた。ただ、4四球に「テンポが良くなかったんですけど、しっかりと野手の方が打ってくれて助けてもらって勝てました。凄くうれしいです」と反省しつつも、自然と声は弾んだ。

     右足の負傷で離脱した黒田の穴を埋めた。2軍での頑張りが認められての大役。「いつでも上がれるように2軍から1球1球、真剣に取り組んできた」とこの日を待ちわびた。

     チームは今季初の4連勝。左腕は「もっともっと僕も活躍していい流れを持ってきたい。ファンの皆様が気分良く帰れるように頑張ります」。決して“代役”で終わるつもりはない。

     ◇セ・リーグ 広島8―3阪神(2015年5月8日 甲子園)

     広島が相手のミスにつけこんで藤浪を攻略し、今季最多となる4連勝を飾った。

     3回、先頭の田中が左前打で出塁すると、菊池の送りバントを捕手・梅野が二塁に悪送球。2死一、二塁となったが、松山の左前適時打で先制した。なおも満塁とし、木村への押し出し四球と会沢の三塁線を破る走者一掃の二塁打でこの回、5点を挙げた。1点を返された4回にも丸の2ランでダメ押した。

     投げては今季初登板初先発の戸田が6回を2安打2失点。自己最速を1キロ更新する158キロを計測しながら、5回を自己ワースト7失点で降板した藤浪との投げ合いを制し、初勝利を手にした。

     こいのぼりが泳ぐ5月5日を挟んで、広島は連勝を4に伸ばした。

     意外に長引くかもしれない。

     右足の故障で登録抹消されている広島の黒田は7日、広島市内の病院で検査を行い、「右腓骨筋腱周囲炎」と診断された。要するに右足首の炎症なのだが、右投手にとって軸足となる右足首の故障はやっかいだ。

     投げる際には右足にしっかり体重を乗せ、左足を踏み出した後、プレートを蹴って左足へ体重移動する。右足が万全でなければ、この動作に支障をきたし、本来の投球ができない。右足首をかばって投げていれば、ふくらはぎや太もも、腰や股関節などを痛めることもある。

     現在は遠投などで調整している黒田について畝投手コーチは「今後はブルペンに入ってからの話で、それを見て登板予定を決める」という。

     黒田本人は「やれることをやっていくだけ。当然、早く戻れるようにしたい」と語り、15日のDeNA戦登板を目標に調整していくそうだ。看板選手の故障が長引けば、広島は戦力的にも営業面でも痛手が大きい。

     日本プロ野球機構(NPB)は、8日の予告先発を発表した。

     注目は本拠地で巨人に3タテを決め、勢いに乗る広島。甲子園に乗り込み、ゲーム差1.5で迎える5位・6位直接対決の初戦を、今シーズン初先発となる4年目左腕・戸田隆矢に託す。

     昨シーズンは貴重な中継ぎ左腕として30試合に登板し、4勝2敗、防御率3.32と活躍も、今年は先発として挑んだ勝負のシーズン。オープン戦は1試合、2イニングで1失点とアピールできず。前田健太や黒田博樹、新外国人のクリス・ジョンソンといったあたりが並ぶ強力な布陣に割って入ることはできなかった。

     それでも、ファームでは目を見張る投球を見せた戸田は、開幕から7試合で6勝負けなし。2番目に多いのが千賀滉大、バンデンハーク(共にソフトバンク)と中村恭平(広島)の3勝であることからも、いかに戸田がハイペースで白星を重ねているかが分かる。

     その他にも奪三振28はリーグ2位で、防御率1.66はリーグ4位と各部門で優れた成績を残し、ついに一軍行きの切符を掴んだ。

     二軍で圧巻の投球を披露する22歳は、黒田博樹の離脱という緊急事態を救う活躍ができるか――。4年目・戸田隆矢が満を持して今シーズン初の一軍マウンドに登る。

     【パ・リーグ】
    ◆ ロッテ(チェン・グァンユウ) − 西武(牧田和久)
    <QVCマリン 18時15分>

    ◆ オリックス(東明大貴) − 日本ハム(吉川光夫)
    <京セラドーム大阪 18時00分>

    ◆ ソフトバンク(中田賢一) − 楽天(ケニー・レイ)
    <ヤフオクドーム 18時00分>

    【セ・リーグ】
    ◆ DeNA(井納翔一) − 巨人(アーロン・ポレダ)
    <横浜 18時00分>

    ◆ 阪神(藤浪晋太郎) − 広島(戸田隆矢)
    <甲子園 18時00分>

     広島の安部友裕内野手の2軍降格が、7日までに決まった。8日・阪神戦(甲子園)に先発する戸田隆矢投手が出場選手登録されるための措置。6日の巨人戦(マツダ)の試合後に首脳陣から通達されたという安部は、一夜明けてマツダスタジアムで荷物整理を行った。

     安部は4月7日に今季初昇格し、ここまで13試合で37打数8安打1打点、打率・216の成績。「あれだけ使ってもらい打てなかったので仕方ない。守りは慌てなくなったし手応えがある。打撃が淡泊にならないよう頑張っていきたい」と、前向きに話した。

    このページのトップヘ