広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     広島が9日からの阪神3連戦(マツダスタジアム)の中止を発表した。豪雨被害が大きい中で仕方ない措置だと思う。6日からの巨人3連戦はチーム取材で東京にいた。ニュースで広島県内に犠牲者や不明者が多数出ていることは当然知っていたが、距離的なこともあり、正直言って、災害の実感がさほどなかった。



     8日夜、新幹線で広島に戻ると身近なところに影響を感じた。住んでいる広島市中区のコンビニで、おにぎりやパンが品薄。店員は「昨日から入荷していない。普段は1日2、3回入ってくるのに」と嘆いていた。同じく広島に戻った選手からも「大変な思いをされている方が多い」との声。あらためて事の重大さを認識した。

     本来は3連戦の初戦だった9日は、中止試合の入場券払い戻しが開始。列の中に、呉市からフェリーでマツダスタジアムに来た男性ファンがいた。「カープを応援したいけど、次はいつ来られるかどうか」との嘆きが胸に響いた。被害の大きな地域の1つである同市は交通網が途絶えて“陸の孤島”となっていた。

     広島松田元オーナーは中止決断に至った経緯を説明する中で、対戦相手だった阪神球団に感謝した。ここまで12試合を雨天中止で流していたからだ。

     「ウチより阪神のことを心配した。ものすごい迷惑をかけるんじゃないかと…」。中止を検討していた8日朝、阪神の揚塩(あげしお)球団社長に連絡。理解を得られたという。

     広島は前半戦だけで中止の未消化が9試合も発生した。阪神も9月以降の超過密日程が予想される。災害は誰の責任でもない。日本野球機構(NPB)には、ポストシーズンの日程見直しも含め、柔軟な対応を求めたい。【広島担当 大池和幸】

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00263240-nksports-base

     広島のアドゥワ誠投手(19)が13日、1軍フル帯同を目標に掲げた。2年目ながら開幕1軍をつかみ取り、前半戦で一度も出場選手登録を抹消されなかった。後半戦に向け「1試合1試合を抑えるという気持ち。その結果、最後まで1軍にいられれば」と力を込めた。



     チーム3番目の29試合に登板。プロ初勝利を記録するなど2勝1敗で防御率3・24の成績を残している。特筆すべきは被本塁打「0」。低めに投げることを強く意識したことで結果が生まれた。

     苦い記憶を糧にした。3月14日、日本ハムとのオープン戦で、人生で初めて1試合3連続本塁打を浴びた。「あれが一つのきっかけ」。制球力の重要性を再認識。以後、常に頭に置くのは「低く、低く」だ。

     さまざまな状況で出番が回ってくる。「無駄な失点は防がないといけない。前半戦は抑えられる場面があったので。チームに流れを持って来る投球をしていきたい」。1軍最年少が闘志を燃やした。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000031-dal-base

     現役通算320勝を誇る“虎のレジェンド”小山正明氏(83)と、現役時代に小山氏に師事した広島OB会長・安仁屋宗八氏(73)が西宮市内で緊急対談、虎と鯉を巡るあれこれを語り尽くした。第3回は投手は強靱な肩をいかにして作り上げるか-について双方が持論を展開した。



      ◇  ◇

     小山「僕や安仁屋らがやってきた時代からすれば、今は考えられんことをやっているわな」

     安仁屋「先発投手は中4日が当たり前だったのが、今は中6日が普通。それで100球前後で交代、というんですから…」

     小山「それからすると、安仁屋はよう投げてくれたよな。僕が阪神でコーチをしている時に、リリーフで来る日も来る日も嫌な顔一つせずに投げてくれ、またそれに耐えうる内容を残してくれた。それができたのは、強靱な肩、体力があったからや」

     安仁屋「僕は投げるのが好きなだけですよ(笑)」

     小山「そうかもしれんが、本当にありがたかった(笑)。一時『肩は消耗品』てことを言う人がおったが決してそんなことない。僕らの頃は、完投するとだいたい130球程度費やしたんやが、コントロールのいい渡辺省さん(元阪神投手・渡辺省三氏)なんかはもっと少なかった。ただ、それを平気で投げるためにキャンプでどんだけ投げ込んだことか」

     安仁屋「今は100球投げただけで“投げ込み”と新聞に書かれますけどね」

     小山「130球前後で完投するとするならば、150~160球投げる体力を作っておかないといかん。それだけの“余力”が必要なんや。その昔、ヘルシンキ五輪(1952年)の競泳男子1500メートル自由形で銀メダルを取った橋爪(四郎)さんは毎日1万メートル泳いで練習しとったと本人から聞いた。バルセロナ(92年)の女子200メートル平泳ぎ金メダリスト・岩崎恭子も練習で1万メートル泳いどったというな」

     安仁屋「根本さん(根本陸夫氏=元広島、西武、ダイエー監督)が監督だった時、遠征先で僕と外木場(義郎氏)が呼ばれて先に球場に行くんです。ホームの練習が始まる前ですよ!根本さんが『ブルペン2人分貸して』と相手側に頼み、そこから延々と投げるんですが…。終わったら(ビジターの)こっちの練習も終わってましたね(苦笑)」

     小山「そうやってあんたの強い肩ができたんやな」

     安仁屋「その時は『何でワシらだけ?このくそオヤジが!』と思ってましたが、成績が出るようになって初めて『あれがあったから』と思うようになりました。根本さんに感謝してますよ」

    (第4回に続く)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00000047-dal-base

    <全パ7-6全セ(13日)>“赤忍者”に背中を見せてはいけない…。3回、山本(オリックス)から豪快な同点2ランを放ったDeNA・筒香に手荒い祝福が待っていた。広島・菊池が主砲の油断したベンチの帰り際を狙って、強烈なカンチョー一閃。見事食らった筒香は、ただただ悶絶の表情を浮かべていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000012-tospoweb-base

     丸佳浩(広島)が圧倒的な数の四球を選んでいる。ケガの影響で18試合の欠場があったが、前半戦を終えて両リーグ最多の62四球。後半戦もこのペースだと、シーズン終了時には約134個となる計算だ。シーズン最多四球は74年王貞治(巨人)の158個だが、シーズン130四球以上は王が1人で4度記録しているだけ。丸が王以来の記録をつくることになりそうだ。



     王レベルで四球を選んでいる丸だが、敬遠の数は王と大きく異なっている。王が130個以上の四球を選んだシーズンの敬遠数は、65年29(四球138)、66年41(142)、67年30(130)74年45(158)。ところが丸はまだ4個で、シーズン10個にも届かないペース。敬遠の数は大きく違うのに王に匹敵する数の四球を選んでいるのは、“異常”といってもいいだろう。「敬遠を除いた四球」はこのままだと125個になる計算。これまでのシーズン最多は01年松井秀喜(巨人)の114個で、松井超えも見えている。

     14、15年にもリーグ最多四球を選ぶなど、もともと選球眼に定評があった丸だが、今季はあるデータも記録を後押ししている。前半戦のセ・リーグ投手陣の与四球率(9イニングあたりの四球数)は3・51で、これはリーグで過去ワーストだった95年の3・56に次いで悪い数字。リーグ全体で四球が多い傾向で、丸の四球ペースがこれから落ちることも考えにくいだろう。

     本塁打を何本も打つ選手ではないが、あの王、松井といったホームランバッターに「四球」では対抗している丸。現在打率と本塁打でチーム2冠と好調の打撃はもちろん、後半戦もどれだけ四球を選ぶかにも注目したい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00268102-nksports-base

     広島・緒方孝市監督(49)は11日、43勝32敗1分けの貯金11で首位ターンを決めた前半戦を総括し「逆襲組」を後半戦のキーマンにあげた。

     2位・巨人に6ゲーム差を付ける快走劇にも、緒方監督の口から漏れた言葉は「不安」だった。

     「今年は開幕から主力選手にケガ人、不調な選手がいて、投手陣も不安定。頭の中で不安はあった」

     精神的支柱である新井が開幕不在となるアクシデントから始まった2018年。鈴木は2週間、丸も約1カ月故障離脱した。開幕投手を務めた野村は2カ月間も先発ローテーションを外れた。期待を裏切る投手も続出した。

     そんな誤算だらけの前半戦を救ったのが“新戦力”。指揮官が「新しい力が生まれて、今こうして貯金もある。野間の台頭はチームにいい刺激になった。若い選手でいえば、アドゥワ、先発陣は高橋昂也、フランスアも戦力になってくれた」と高く評価するように、野間は打率・298と打撃開眼して定位置を奪取。若コイは、不安定な投手陣を支えた。

     ただ、新たな戦力がシーズンを通して活躍できるほど、プロの世界は甘くない。緒方監督がリーグ3連覇に向け後半戦のキーマンに指名したのは、期待を裏切った選手だった。

     「不測の事態もあるだろうし最後まで(このメンバーのまま)戦えるとは思っていない。2軍で調整している、中村祐太にしろ薮田にしろ、中継ぎでいえば今村、新外国人(のヘルウェグ)。後半戦、彼らも大きなポイントになってくる」

     薮田は、制球難を露呈し1イニング10失点も経験した。中村祐は開幕3連勝から一転、4連敗で降格。今村、中田ら救援陣も2軍で汗を流し昇格を狙っている。チーム防御率はリーグ4位の4・08。リーグ屈指の強力打線を誇るが、投手陣の巻き返しなしに、さらなる躍進はない。

     「いろんなアクシデントに備えて、チーム一丸で、下(2軍)でもしっかりと頑張ってほしい」

     まだシーズンは半分が終わっただけ。悔しさを晴らす選手が多いほど、3連覇への道はより太く、確実なものになる。(河合 洋介)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000048-spnannex-base

     2軍調整中の広島・安部友裕内野手が11日、マツダスタジアムで行われた全体練習に参加。シート打撃で攻守にわたって存在感を示した。


     九里と対戦した第1打席では右越え三塁打。第3打席でも左中間を破る二塁打を放ち3打数2安打だった。守備では三塁を守り、小窪の左翼線を抜ける当たりに飛びつくファインプレーをみせた。

     練習後は「一から頑張ります」と話した。

     安部は開幕から打撃状態が上向かず、6月14日に出場選手登録を抹消された。48試合に出場し打率・179,1本塁打、11打点。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000124-dal-base

     プロ野球の広島やメジャーリーグで投手として活躍した黒田博樹氏(43)が12日、広島県豪雨の支援のため、広島県庁が開設した義援金受付口座に義援金1000万円を寄付したことを所属事務所を通じて発表した。

     黒田氏は「この度の西日本豪雨でお亡くなりになられた方々いお悔やみ申し上げますと共に、まだ行方不明になられている方々が一刻も早く救助されることを願っています。被災された方々、連日救助活動をされている方々に、少しでもお力になれればいいと思います」とコメントを寄せた。

     広島県庁の義援金口座は11日に開設され、広島銀行、もみじ銀行、広島県信用農業組合連合会の口座で受け付けている。こちらの口座では、広島県が義援金を受け取り、義援金分配委員会を通じて県内各市町村へ義援金を振り分ける。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000112-spnannex-base&pos=1

     つらくても前に進んでいくしかない。広島・緒方孝市監督(49)が11日、マツダスタジアムで後半戦のロケットスタートを誓った。前半戦は76試合を消化し、43勝32敗1分けで3年連続の首位ターン。西日本大豪雨の被害に心を痛めながらも、リーグ3連覇へ新たな決意を胸に、勝負の後半戦へ向かう。


     真夏のような暑さの中、マツダスタジアムにナインの元気な声が響き渡った。西日本を襲った大豪雨の影響で9日からの阪神3連戦は中止に。緒方監督は「毎日悲しいニュースが入ってくる。言葉にならないというか、非常につらく思う」と沈痛な面持ちを浮かべ、「亡くなられた方、行方不明の方、避難して不安な中生活している方。何の力にもなれなくて申し訳なく思うけど、微力ながらできることっていうのは、このグラウンドで精いっぱい頑張って少しでも明るいニュースを届けることしかできない」と言葉を絞り出した。

     悲しみに暮れる広島の街を、もう一度盛り上げたい-。決意を新たにした緒方監督は後半戦のロケットスタートを誓った。昨季は4カード連続勝ち越し。前半戦の勢いのまま、好発進を決めて連覇の道を突き進んだ。後半戦初戦となる16日・中日戦の舞台は鬼門・ナゴヤドームだが昨季の再現で好発進を狙う。

     「後半戦まで1週間ほど期間が空く。まずしっかりとした入りの戦いをしたい。8月は連戦もあるし、9月の日程を考えれば、本当に厳しい日程が待っている。順位とかゲーム差とか、相手を意識するわけではなくしっかりと一試合一試合カープの野球をやっていくだけだと思っている」

     3年連続首位ターンを決めたものの、前半戦は誤算続きだった。鈴木、丸、野村ら主力選手がチームを離脱。昨季のリーグ連覇に貢献した薮田、安部らが不調に陥った。交流戦は3年ぶり負け越し。思わぬ逆風にさらされる中で、戦力層の厚さを見せつけた。野手では野間、西川、投手陣でもアドゥワ、高橋昂、育成出身のフランスアがチームに刺激と新たな風を吹き込んだ。

     リーグ屈指の打線を誇るだけにキーマンは投手陣となる。指揮官は開幕からローテの軸として奮闘する大瀬良の疲労を考慮し、野村、ジョンソン、岡田の名前を挙げて「彼らの力が必要になってくると思う」と期待。さらに2軍調整中の薮田、中村祐、今村に加えて、新助っ人のヘルウェグの働きを「後半戦のポイント」とした。

     「投手が中心となった守り勝つ野球、攻撃でも、1点1点最後まで諦めない試合を最後までやっていきたい」と緒方監督。広島の街と共に前に進んでいく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000016-dal-base

    このページのトップヘ