広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     首位の広島は18日、ヤクルトを3-2で下して4連勝を飾り、試合のなかった2位DeNAに1ゲーム差とした。今季初先発の中村祐が7回118球を投げて2安打1失点6奪三振の好投。自ら先制打も放つ活躍で、チームを勝利に導いた。

     中村祐は初回、山田哲、西浦、バレンティンから3連続三振を奪う好スタート。2回は1死から雄平に四球を与えたが、坂口、廣岡を打ち取り無失点。3回は再び3者凡退に仕留めた。

     すると、その裏に無死一、三塁の好機で打席へ。相手先発ハフからセンター前に運ぶタイムリーで、自ら先制点を叩き出した。広島はさらに、1死満塁の好機で丸が犠飛。追加点を奪った。

     中村祐は5回2死から廣岡にソロ本塁打を浴びて1点差とされる。しかし、6回は2死二塁のピンチでバレンティンを空振り三振。7回は1死から坂口にレフト前ヒットを許したが、前の打席でホームランを打たれた廣岡を遊飛に打ち取り、リードを守ったまま7回を投げきった。

     広島はその裏、2死一塁で代走の安部が二盗を試みると、ヤクルト捕手の中村が悪送球。カバーに入った中堅の青木も捕ることができず、ボールが転々とする間に安部は一気に生還して、貴重な追加点を奪った。

     広島は8回にジャクソンが1点を失うも、9回は中崎が抑えて勝利。中村祐は今季初登板で初勝利を飾った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00122034-fullcount-base

     「広島7-4ヤクルト」(17日、呉市二河野球場)

     広島のサビエル・バティスタ外野手が、今季1軍初昇格を安打で飾った。


     「6番・一塁」でスタメン出場すると、先頭打者で迎えた二回無死から左翼線を破る二塁打を放った。今季、初打席で放った初安打をきっかけに打線がつながり2点。コンパクトなスイングでチャンスメークし、「点につながるヒットになって良かったよ」と白い歯をのぞかせた。

     三回と五回の打席では、打ち気を我慢して四球をゲット。六回1死満塁では初球を打ち上げ三飛に倒れた。この日は2打数1安打2四球だった。好機での凡退は悔しさが募るが「バットは振れている。それは良いこと」と前を向いた。

     バティスタは、2月21日・ロッテとの練習試合(コザ)で左手に投球を受け、沖縄市内の病院で「左第5中手骨骨挫傷」と診断された。キャンプ終盤は別メニュー調整を余儀なくされ、開幕も2軍で迎えた。4月15日のウエスタン・中日戦(廿日市)で2本塁打を放つなど調子を上げ、この日1軍出場選手登録された。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000159-dal-base

    「広島-ヤクルト」(17日、呉市二河野球場)

     リリーフに配置転換されている広島・薮田が1回2/3を無失点に抑えた。


     4-4の四回、1死一塁の場面で2番手でマウンドに上がり、青木、雄平に連打を浴びピンチを招いたが、川端を投ゴロ併殺に斬り無失点。1点リードした五回も2安打を許しながら得点を与えず、結局1回2/3を4安打無失点に抑えた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000122-dal-base&pos=4

     「広島7-4ヤクルト」(17日、呉市二河野球場)

     広島が2年連続リーグ10勝1番乗りを果たし、首位に浮上した。自慢の打線が11安打7得点。粘り強い攻撃で乱打戦を制した。

     試合後、緒方監督は「今日は打線に尽きる。初回から気迫あふれる攻撃を全員見せてくれた」とたたえた。

     ただ六回、右手首に死球を受けた田中の状態を心配し「最後は力が入っていなかった。明日の状態を見てみないと分からない」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000158-dal-base

     下半身の張りのため2軍再調整中の広島・鈴木誠也外野手が17日、由宇球場でシート打撃を行った。

     呉二河球場で報告を受けた高ヘッドコーチは「順調にきている。今日は走塁と守備もやったみたいだね」と明かした。

     今後については「これからもう一回、吟味する」と話すにとどめたが、1軍復帰の条件に挙げていた走塁をクリアしたことで近日中の昇格が見えてきた。

     鈴木は1日に下半身の張りを訴え4日に出場選手登録を抹消されたが、15日のウエスタン・中日戦(廿日市)で実戦復帰。二回の第1打席で右越え2ランを放っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000082-dal-base

     広島が3連勝で首位に再浮上した。17日、広島・呉市の二河野球場で行われたヤクルト戦。先発の九里が初回に2点を奪われるなど4失点でKOされたものの、打線がきっちりと試合をひっくり返し7-4で完勝。セ・リーグ10勝一番乗りで、DeNAを抜き首位に立った。



     序盤のビハインドなどものともしなかった。2点を先制された直後の初回の攻撃。松山の2ランであっさりと同点に追いつくと、2回には1死満塁から田中の2点適時打で勝ち越した。4回に再び同点とされたが、その裏に田中の適時打で勝ち越し。5回には會澤が適時打、6回には安部の投ゴロがフィルダースチョイスとなり、リードを広げていった。

     今季初先発となった九里は6安打5四球で4点を失い、4回途中でノックアウト。2番手以降は薮田、一岡、今村、ジャクソン、中崎と継投で逃げ切った。

     ヤクルトは連敗で勝率5割に。初回に2点を先制し、2点ビハインドの4回には山田の本塁打などで追いついたものの、先発の原が7安打5失点で4回KO。2番手の中尾も2点を失い、リードを広げられた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000148-dal-base

     リーグ3連覇を狙う広島が開幕15試合を9勝6敗で滑り出した。15日でセリーグ5球団との対戦が一回り。試合後、緒方孝市監督は「対戦して感じるものはあるけど、まずは自分のチームをしっかりしないといけない」と手綱を締め直した。



     野手は開幕から新井を故障で欠き、鈴木も下半身の張りで4日に出場選手登録を抹消された。相手のマークが「タナキクマル」に集中する中、打線をけん引したのが丸だ。打率・444、5本塁打はリーグトップを走り、13打点も同3位に付ける。出塁率は驚異の6割3分2厘、長打率は8割に上る。選球眼も光り、22四球はリーグダントツ1位だ。

     そんな中、鈴木は15日のウエスタン中日戦(廿日市)で実戦復帰を果たした。いきなり初回の1打席目に本塁打を放つなど、順調な回復をアピール。キャンプで途中離脱したバティスタも、近日中に1軍合流する見込み。さらにベテラン新井も今月下旬には実戦復帰する見通しでいよいよ役者がそろう。東出打撃コーチは「1~3番の3人に負担がかかっていたからね。下位打線に厚みが出ればマークも弱まる」と見る。リーグ連覇の原動力となった強力打線の本領発揮はこれからだ。

     一方、投手陣ではジョンソンの復活が大きい。テンポいい投球は健在で、今年はカットボール、チェンジアップに加えて緩いカーブも駆使。チームに「四球病」がまん延する中、21イニングを投げて四球1つだけと制球力も抜群だ。沢村賞を獲得した16年のような輝きを取り戻しつつある。

     畝投手コーチが「想定外」と頭を抱えるのが、昨季15勝を挙げた薮田の不調だ。今季は週頭の火曜の先発を任されながら制球が安定せず、2試合で中継ぎへ配置転換となった。首脳陣は中継ぎで再生させ、先発復帰させる青写真を描くが、これが吉と出るか。野村、ジョンソン、大瀬良、岡田が2勝ずつ。リリーフ陣も安定するだけに、薮田の復調、先発5、6番手の台頭が今後の鍵を握りそうだ。

     17日からは地元広島でヤクルトと3連戦。2カード連続勝ち越しを狙い、首位奪回への追撃態勢を整える。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00000111-dal-base

     16日のプロ野球公示で、西武はウルフを登録抹消した。ウルフは15日の楽天戦に先発したが、わずか26球で緊急降板。1/3回を投げて8失点していた。



     また、広島はメヒア内野手、阪神は岩貞祐太投手、ソフトバンクは堀内汰門捕手を抹消した。

    【パ・リーグ】

    ■出場選手登録

    なし

    ■出場選手登録抹消

    ソフトバンク
    捕手 堀内汰門

    西武
    投手 B.ウルフ

    【セ・リーグ】

    ■出場選手登録

    なし

    ■出場選手登録抹消

    広島
    内野手 A.メヒア

    阪神
    投手 岩貞祐太


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00181451-nksports-base&pos=5

     広島・中村祐太投手(22)は16日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に参加した。18日ヤクルト戦(マツダ)での今季初登板初先発が有力視される右腕は「怪我があけてから最初の(1軍)登板。第1印象が大事だと思うので、結果を残したい」と力を込めた。

     今春キャンプは1軍スタートだったが、2月21日のロッテとの練習試合(コザしんきん)で打球が直撃し、「右側胸部打撲」と診断されて以降、2軍調整が続いていた。2軍で2度の実戦登板を経ての1軍合流。前回登板は12日のウエスタン・リーグ、オリックス戦(由宇)で6回無失点と結果を残して1軍昇格となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00000096-spnannex-base

    このページのトップヘ