広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

     ◇オープン戦 広島9―2楽天(2017年3月14日 明石トーカロ)

     広島のドラフト1位右腕・加藤が先発し、5回を3安打1失点。力のある直球が要所で決まって4三振を奪うなどし「真っすぐでファウルや空振りが取れたのは良かった」と振り返った。

     2回まで完璧に抑え、課題の立ち上がりは難なくクリア。4回に1点を失い、キャンプ中の紅白戦、対外試合を含め、実戦で続いていた連続イニング無失点は17イニング目で途切れた。それでも「切り替えられた」と最少失点でしのいだ。

     ただ、5回で98球を要したため、緒方監督は「高めの変化球をあれだけ修正できないようでは、苦労するのは目に見えている」と厳しく、開幕ローテーション入りの判断は先送りとなった。加藤も「無駄球をなくしていきたい」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00000030-spnannex-base

     WBC組が不在の間に猛アピールだ。広島の堂林翔太(25)が14日の楽天戦に「2番・左翼」で先発出場。試合前まで12打席無安打が続いていたが、3安打2打点の活躍を見せ、「最近結果が出ていなかったけど、何とか結果が出てよかった」と胸をなで下ろした。

     今季は本格的に外野に取り組んでいる。同じ外野手の鈴木誠也は侍ジャパンの一員としてWBCに出場中。14年ドラフト1位の野間は右脇腹を故障し、離脱している。ライバル不在の間に緒方監督にアピールした。

     人気女子アナと結婚して長男も誕生したが、8年目の今季は背水のシーズン。入団当初は「プリンス」といわれ、ダントツの人気を誇った。生え抜きのスターに育成するという球団方針もあり、優先的に試合に出場できた。が、伸び悩んでいる間に監督が交代し、風向きが変わった。

    「男気」黒田の電撃復帰、「神ってる」鈴木や代表の菊池らの台頭で、人気面でもおんぶに抱っこではなくなっている。となると、人気だけではもう用済みだ。今年1月、新井に弟子入りして護摩行を行い、「何かを変えたくて来た。もう悔しい思いはしたくない。気持ちだけでも変われば」と今季にかける思いを口にしている。さるチーム関係者がこう言う。

    「人気者だった頃もテングにならなかったし、素直でいいやつ。だからチームで浮くこともなかった。しかしもう8年目。チーム内では今年ダメならヤバイともっぱら。トレード要員になるんじゃないかとささやかれています」

     崖っぷちアイドルが逆襲を狙っている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00000024-nkgendai-base

     広島が15日、静岡で行われた楽天とのオープン戦に1-4で逆転負けした。

     先発の野村祐輔は5回を4安打無失点。3回に3連打で無死満塁のピンチを背負ったが、2番・藤田をスライダーで一ゴロ。3番・今江も外のスライダーを引っかけさせて投ゴロ併殺に仕留め、無失点で切り抜けた。

     15個のアウトのうち、9つを内野ゴロで奪った。一方で三振は0と、打たせて取る持ち味を存分に発揮。4回2失点だった前回登板よりも内容は良く、昨季の最多勝右腕が順調に仕上がってきた。

     6回はブレイシア、7回はジャクソンがそれぞれ3者凡退でつないだが、誤算は8回の今村。2つの四球で1死一、二塁のピンチを招くと、藤田に同点タイムリー。今江への四球で満塁とされ中川に右翼へ走者一掃の3点二塁打を打たれた。

     打線も9安打を放ちながら1得点に終わった。

     心配なのはエルドレッド。「6番・指名打者」で先発出場したが、2回の1死三塁で迎えた第1打席は二ゴロ。4回の第2打席は四球。7回の第3打席も三ゴロに終わった。オープン戦は目下、17打席連続無安打、18打数1安打で打率はわずか.056。甘い球を打ち損じるケースが目立っている。

     外国人枠を争う新助っ人のペーニャが打率.368と結果を残しているだけに、エルドレッドはここから巻き返したいところだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00010019-fullcount-base

    <黒田博樹氏の侍ジャパン随行記>

    <WBC:日本8-5キューバ>◇2次ラウンドE組◇14日◇東京ドーム

     日米203勝右腕の黒田博樹氏(42)が、日刊スポーツ独占でお届けする「侍ジャパン随行記」。苦戦しながらもキューバを逆転した日本の強さは、チーム力にあると分析した。大会を通して侍ジャパンは1戦1戦、成長していると実感。決勝ラウンド進出へ、今日15日のイスラエル戦で集大成の勝利を期待した。

     侍ジャパンが大会を通して1戦1戦、チームが成長していることを証明した。接戦でも動じずに個々がやるべきことをやって、最後は相手のミスにつけ込んで勝利をつかんだ。

     8回の勝ち越し点の場面。重圧がかかるところでも、犠牲フライを打ち上げた内川はすごいなと思った。経験のある選手は、ああいう場面でもポジティブになれるのだろう。キューバの守備隊形は併殺狙い。それでも怖がらずに思い切って行った。打った球はボール気味。それを引っ張ろうとはせず、結果外野まで飛ばすわけだから素晴らしい。

     勝敗を分けたのは、投手力の差。それに尽きる。キューバは一定の投手に頼り、日本は総合力で勝負した。4回降板の先発菅野は、何より4回の2失点を悔やんでいるだろう。2回の逆転2ランは意外と切り替えられる失点だったと思う。だが、4回は1死満塁から三振を取った後、9番打者に初球を打たれた。いい形で三振を取ったことで、エアポケットに入ってしまったのか、簡単にストライクを取りにいってしまったような印象を受けた。冷静になれば、打たれるような相手ではなかった。精神状態が結果を左右する場面だっただけに、もったいなかった。それでも結果、チームは勝った。米国での決勝ラウンドへ行く前に、こういう経験ができたことをプラスに考えればいい。

     5回以降は懸命の継投でしのいだ。2番手以降の投手は各球団のセットアッパーやクローザーばかり。そういう選手が早い回から役割を問わずにつないでいく姿、その心意気は見ている側にも熱いものが伝わる。当然、そのバトンを受ける投手にも伝わるものだ。オランダ戦もそう。投手陣の絆を感じる試合だった。

     攻撃陣もそう。特に4番筒香の2本の適時打は、強引にならず、コンパクトなスイングを意識した打撃だった。中軸の姿で1点を取りに行こうとする思いがチームメートにも伝わる。

     連勝したとはいえ、今日15日イスラエル戦は最低でも勝ちにいかないといけない。先発はWBCで中継ぎとして効果的な存在だった千賀が起用される。先発だからといって、今までの投球スタイルを変えないでもらいたい。これまで通り1イニング目から飛ばせばいい。球数を気にせず上がれば、おのずと結果を残せる投手。この日フル回転した中継ぎ陣も明日のことは考えなくていいだけに、総力戦で臨むだろう。疲れもあるだろうが、全員で力を合わせて勝利を目指す。それこそ、侍ジャパンの最大の強みだと思う。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-01792369-nksports-base

    ◆オープン戦 楽天―広島(15日、静岡)

     広島の野村祐輔投手(27)が先発して5回4安打無失点で、順調な仕上がりをアピールした。3回には無死満塁のピンチを背負ったが、藤田を一ゴロ、続く今江を投ゴロ併殺に打ち取り無失点で切り抜けた。

     それでも、昨季のセ・リーグ最多勝投手は「結果はゼロに抑えられたけど、内容は良くなかった。狙ったところにあまり投げられていない」と厳しめのジャッジ。「フォームをもう一度、確認して投げたい」と修正ポイントを挙げた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00000127-sph-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     侍ジャパンのユニホームが板についてきた。広島から選ばれている菊池、田中、鈴木の3人ではなく、背番号108をつける山野恭介打撃投手(24)だ。連日、気持ちよく打たれている。勝ち進んでいった場合、米国ラウンドまで同行することも決まった。裏方最年少の表情は、日に日に明るくなってきた。


     「ほんとにやばかったです」と青白い顔だったのは初日。いきなり中田ら主力の組に投げることになった。WBC球に苦労し、初球から3球続けてボール。「頭が真っ白になりました」。しかしさすがの仕事人。1度感覚をつかむと、次から次へと打たれていった。飾らず素直でかわいがられる性格も重なり、チームにもとけ込んでいった。

     現役は育成選手での3年間。2年目に派遣された独立リーグでは最多勝でMVPに輝いたが、NPBでは1軍のマウンドに立つことはなかった。「夢みたいです。世界一へ、少しでも貢献出来ればいい」。キャンプ中から時間を見つけてはWBC球でキャッチボールを行っていた。ランニングやトレーニングも欠かさない。支える側もまた、世界一に本気なのだ。【広島担当 池本泰尚】


    引用元 http://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/1789709.html

     「オープン戦、楽天-広島」(14日、明石トーカロ球場)

     広島のドラフト1位・加藤拓也投手(22)=慶大=が先発し、5回を3安打1失点と好投。粘り強い投球を見せ、開幕ローテ入りへアピールした。

     立ち上がりは今江を空振り三振に仕留めるなど三者凡退に相手打線を抑えた。四回は、先頭の藤田を中前打で出塁を許すと、続く今江に四球を与え、無死一、二塁。ウィーラーを空振り三振に斬ったが、銀次に右前適時打を浴びプロ初失点。その後は後続を抑え、最少失点で切り抜けた。

     登板後右腕は「少しはっきりとしたボールが多かったのでそこは反省。真っすぐでファウルや空振りを取れたことはよかった。自分のボールを投げられたら通用すると思うので、その確率を上げないといけない」と振り返った。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00000092-dal-base

    このページのトップヘ