広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     広島・小園海斗内野手(19)が4日、気迫のバッティングを披露した。宮崎・日南キャンプ3日目のフリー打撃で、56スイングのうち安打性の当たりは25本と“打率4割4分6厘”。バットを体に巻きつけるように内角球をさばき、うち3本は右翼席へと打球を運んだ。それでも「もっと確実性を上げたい」と貪欲にスイングを続けた。

     隣のケージでは同学年のドラフト7位・羽月隆太郎内野手(19)が快音を響かせていた。今季は高卒新人ながら1軍で58試合に出場した小園は「(1軍では)ずっと1人というか、一番年下だったので、一緒にできるのが大きいです。仲のいい新人で盛り上げていければいい」と、モチベーションが高まっている様子だ。

     4球団競合の昨年ドラフト1番星。秋季教育リーグのフェニックス・リーグでも3本塁打をマークしたが、打率は2割台に低迷。一方、1軍未出場でドラフト最下位指名の羽月は、同リーグで打率3割を大きく超える成長ぶりを見せた。「(羽月?)すごいです」という言葉に偽りはない。「絶対に負けないぞという思いがあります。それがなくなると野球が終わってしまう」と危機感を持って練習に打ち込んでいる。

     プロ入りして出会った人物に野球観を変えられたという。背番号51の前任者、鈴木誠也外野手(25)だ。「セ・リーグで一番打っている(首位打者)のに、(凡退して)悔しがっている姿をベンチで見ました。打てなかったら、最後まで居残ってバッティングしている音も聞こえてきました。野球に対する姿勢がすごいです」。球界を代表する打者なのに誰よりも努力を惜しまない。俺もいつかは―。気持ちを奮い立たせてくれる偉大な先輩が同じチームにいることに感謝している。

     目指すのは誠也のように走攻守すべて高いレベルの選手になることだ。「首位打者も(いつかは)狙いたいです。厳しいですけど」。急成長した羽月と切磋琢磨(せっさたくま)して、誠也先輩のように押しも押されもしないスター選手になってみせる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00000135-sph-base

    広島曽根海成内野手(24)が4日、コンディション不良でキャンプ地宮崎・日南から広島に戻った。

    キャンプ前から不安を抱えており、キャンプの練習量では悪化の恐れがあったため離脱という決断に至った。松原チーフトレーナーは「シリアスな問題ではない。まずは運動量を落としてから。有効に時間を使う」と軽症であると強調した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-11040813-nksports-base

    広島矢崎拓也投手が球質向上に余念がない。1回無安打無失点と好投した前日の紅白戦から、この日はブルペンで77球。

    「感覚は悪くなかったけど、課題を詰めておきたかった」。午後には広島キャンプ名物の坂道ダッシュ。全長50メートルを走りきる例年とは違い、傾斜角度の違う箇所を区切り、本数が増やされた。「(狙いは)瞬発系だと思う。自分みたいなタイプには合っていると思う」と意図を理解しながら坂道を駆け上った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-11040815-nksports-base

     広島・小園海斗内野手(19)が1日、秋季キャンプ地の宮崎県日南市に入り、打撃のレベルアップを誓った。秋季キャンプのテーマは、みやざきフェニックス・リーグから継続して「甘い球を一発で仕留めること」。実戦漬けとなる今キャンプでも持ち味の積極性を忘れず、確実性アップも目指す。

     野球漬けとなる日々を前に、ルーキー小園は心を躍らせていた。今季は高卒1年目ながら1軍の舞台を経験。「シーズンで課題がすごくあった。打撃、守備、走塁の課題を克服できるようにやっていきたい」とレベルアップへ目を輝かせた。

     ここ数年、秋季キャンプでは実戦が行われていなかったが、今秋は最大8試合を実施。早くもキャンプ2日目に予定され、10月のみやざきフェニックス・リーグから「ボール球を見極めて甘い球を一発で仕留めること」をテーマに掲げる小園にとっても、絶好のアピール機会となる。

     バットも振って振って振りまくる。「結構振ると思う」と猛練習は覚悟の上だ。シーズンの後半は疲労からスイングに狂いが出たと振り返り「スイング力を高めていきたい。そういうところで成長できるようにやっていきたい」と力を込めた。

     佐々岡監督は若手のアピール合戦を心待ちにする。「結果内容、取り組む姿勢」を求め、「フラットに考えたい。横一線。競争の中で、チャンスをモノにできるか」とサバイバルをあおった。

     「自分の成長のために頑張るだけです」と小園。東出2軍打撃コーチは「来年は15発打ってほしい」と期待。朝から晩まで、猛特訓に身を投じる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00000021-dal-base

     広島の沢崎投手コーチは08年以来、12年ぶりに1軍担当に復帰する。佐々岡監督とは15~18年の4年間、ともに2軍担当を務めた間柄。新監督が投手コーチだった今季に求め続けた「強い直球」をテーマとした。

     「やはり真っすぐ。150キロを打ち返す打者に負けない投手を出していかないといけない」

     新任の横山コーチとタッグを組み「横山も(就任会見で)言っていたけど、攻める投球をしてほしい」と投手陣に注文を出した。今季は勝ちパターンを固定できなかったことが低迷の要因の一つになった。「後ろの整備はしないといけない。一岡は今季3軍でも見てきた。この秋からすでにスタートして取り組んでくれているし、やってくれると思う」と中崎ら実績組の復調にも期待した。

     


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191030-00000018-spnannex-base

    広島大瀬良大地投手(28)が今秋に投球フォームを矯正することが10月31日、分かった。


    すでに秋季練習から2段モーションを封印。1度上げた左足をそのまま踏み出すシンプルなフォームでキャッチボールを繰り返した。下半身への負担減で安定感アップを目指す。飛躍を支えた投球フォームからの脱却は、さらなる進化への1歩になる。

      ◇    ◇    ◇

    2日から宮崎・日南では秋季キャンプが始まるが、エース大瀬良は広島に残る。マイペース調整を許可されているが、今季の悔しさと反省から大きな改造を決意した。昨年の投手2冠、今年の3年連続2桁勝利やリーグ最多6完投を支えた2段モーションと決別宣言。秋季練習ではすでにキャッチボールから左足を上げて、そのまま降ろすフォームを試している。「2段モーションを止めて、よりシンプルに投げていこうかなと思っています。イメージはシンプル。そこを目指したい」

    もともと2段モーションは偶発的に生まれた。上体が突っ込んだり、体重が軸足に乗り切らなかったりする癖を矯正するため、遠投で右足1本で助走をつけている形が2段モーション投法となった。奏功した結果、昨年はタイトルを獲得し、今年は周囲がエースと認めるまでに成長した。

    パフォーマンスの向上の代償に、下半身への負担が増した。2段モーションによる蓄積は長いシーズンで登板を重ねることで、影響が色濃くなった。今季終盤6試合で1勝3敗の数字にも表れている。「下半身を意識しながら投げる部分もあるし、1球1球の疲労感も違う。そこは軽減させたい」。もともと下半身が張りやすい体質。シーズン終盤にランニングの量を落とすなど対応してきたが、パフォーマンスの低下は否めなかった。

    すでにシーズン終盤に2段モーションの動きを小さくした形を試している。「小さくして安定して良かった。それなら(2段)なくても変わらないんじゃないかなって」。一定の手応えを得て、オフの大改造に入っていく。変化なくして、進化なし。今秋、鍛錬の日々を過ごすのは、秋季キャンプに参加する若手だけではない。王座奪還へ-。主力選手もまた、鍛錬の日々を送っていく。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-10310663-nksports-base

    広島岡田明丈投手が秋季日南キャンプ初の紅白戦で投手唯一の完全投球を見せた。

    白軍の2番手として3回から登板。最速151キロを計測した直球にカーブなどの変化球も交え、小園や坂倉ら紅軍打者を2イニングを6人で料理した。17年に12勝しながら今年は3試合で0勝2敗。


    復活へ向け「真っすぐの確率は上がってきた。良いものを続けられるようにしたい」と表情を引き締めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-11030738-nksports-base

     「広島紅白戦、紅組7-2白組」(3日、天福球場)

     広島の紅組・坂倉は2点リードの七回2死三塁から右翼スタンドへ2ランを放った。


     “佐々岡カープ1号”に「打てて良かった。思い切って入っていこうと思っていた」と満足顔。

     今季は代打で活躍したが、捕手へのこだわりが強い。「キャッチャー面の反省はある。打席を多くもらえるように守備もやらないといけない」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00000123-dal-base

    強いリストから放たれるパンチ力抜群のホームランだろうか。それとも膝を故障しながらも常に全力でプレイしていた姿だろうか。CSの甲子園で、右手を大きく空につきあげたあのシーンを思い出す人もいるかもしれない。ぼくはカープを退団する年に由宇練習場で最後までサインを書き続けていた梵さんが忘れられなかったりする。

    カープで寡黙に野球に打ち込み、Bクラスが続くカープを牽引しファンに喜びをくれた梵さん。きちんとしたお別れも言えないまま広島を離れ、社会人野球の世界に戻って行った梵さん。
    そんな梵英心の今を、そしてこれまでの知られざる思いを、今回職場である栃木県の小山市で聞かせてもらえることになった。


    今年、都市対抗野球の本戦まで一歩というところだったエイジェック。打撃コーチである梵さんの指導にも力が入る。実はこのチーム、カープ中崎翔太選手のお兄さんである中崎雄太さんも在籍している。現在エイジェックの投手コーチをしている中崎雄太さん。埼玉西武ライオンズでは「投げ終わった勢いで中継画面から消えていく」でおなじみの変速左腕だったのは記憶に新しい。今年はシーズン中にカープで苦しむ弟に体調を気遣うメールもしていたという雄太さん。昨年結婚式を弟さんと1ヶ月違いで挙げて家族がてんてこまいだったと気さくに話してくれた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191030-00010001-jsportsv-base

    広島高卒2年目右腕の山口翔投手が秋季キャンプから取り組む2段モーションに一定の手応えを得た。


    白軍先発で2回を投げて1安打も、堂林からは2段モーションで三振を奪った。「まずまず結果が出たので、いい感じなのかと思う。継続が大事なので引き続きやっていきたい」。みやざきフェニックス・リーグで結果が出なかっただけに、好結果に安堵(あんど)した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-11030776-nksports-base

    このページのトップヘ