広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     「いつも球場を真っ赤に染めていただいて、ありがとうございます!今の結果に満足せず、もっともっと上を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします!」。8日・ヤクルト戦の試合後のヒーローインタビュー。この夜、8勝目を挙げた薮田はキリリとした顔つきで、大きな声を張り上げた。力強くて頼もしい言葉に、敵地に駆けつけたファンは拍手喝采を送っていた。



     今カープで最も旬な男だろう。どろ~んと落ちる“お化けツーシーム”が最大の武器。前半戦は28試合に登板し、8勝1敗、防御率2・25。交流戦からの先発転向後は5戦5勝、防御率1・64と圧巻の成績だ。その奮闘ぶりが評価され初の球宴出場が決まった。

     記者会見では「本当にうれしいし、光栄に思います。球界を代表する選手が出てくる場なので、一つでも勉強できればと思って臨みたい」と喜びを語り、対戦したい選手に同郷出身のソフトバンク・柳田の名前を挙げた。

     6月13日、オリックスのエース金子千尋に投げ勝った試合後、好調の秘訣(ひけつ)を聞かれると、「奥さんのおかげだと思います!」と堂々と言った。今年5月に亜大の1年先輩でモデルのkarunaと結婚。春から広島で一緒に暮らし始め、何よりも食生活が改善された。例えばブランチの卒業だ。これまで朝と昼の食事が一緒になりがちだったが、今では朝食からしっかり取る。好物はあま~い「フレンチトースト」だという。体調に合わせて、食事メニューもリクエスト。暑くて食欲が落ちた時はあっさりの「塩ラーメン」。愛妻のおかげで体重も増えて、直球の最速は156キロまで伸びた。

     食事の面だけではない。モデルとして活躍する妻から「プロの心得」も学んだという。

     「人に好かれる選手になってほしいと言われています。チームメートを含めて、応援される選手になっていかないといけない。自分もそう思う。身近にそう言ってくれる人がいてありがたいです」

     冒頭のヒーローインタビューでの受け答えも、プロ意識の高さの表れだろう。モデルも野球選手も人気商売。仲間やスタッフ、そしてファンの力に支えられている。14日からは球宴。全国の野球ファンに薮田の名前をアピールするチャンスだ。

     ◆karuna(カルナ)1991年5月20日生まれ、25歳。東京都出身。CMや広告を中心にモデルとして活躍中。旭化成プロダクツ「サランラップ」のCM「キモチが伝わる」に出演。身長164センチ。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000039-dal-base

    <マイナビオールスターゲーム2017:全セ2-6全パ>◇第1戦◇14日◇ナゴヤドーム

     全セが全パのパワーに圧倒されて敗れた。2連勝を狙っていた全セの緒方孝市監督(48)は笑顔で試合を振り返ったが、時折悔しさをにじませた。昨季の日本シリーズで敗れた「栗山監督に負けたみたい」と冗談も飛ばした。

     -パ・リーグのパワーに圧倒された

     緒方監督 3本くらい打たれたっけ。逆方向あり、バックスクリーンあり、特大ありでね。これだけ打たれたら負けるよね。

     -打線は一時勝ち越した

     緒方監督 こっちもこれだけの選手をそろえたなかでね、何点くらい入るのかなと思って見ていたけど。ただ相手もパ・リーグを代表する投手が投げてくるからね。これだけの打者を並べてもそう簡単には点は入らんよね。あらためてそういうところはあったけど。まあ明日はね。今日負けたので、明日は打ち勝ってくれるでしょう。

     -目に留まった選手は

     緒方監督 試合に限らずみんなフリー打撃からね、すごいスイングをする、鋭い打球を打つ選手ばっかりなのでね。あらためて身近で見させてもらって、糸井のスイングの力強さ、飛距離とか。ゲレーロのインパクトの強さとか。かなりそういう部分は感じたよね。

     -打順は自分で

     緒方監督 自分で考えた。いろいろ優先的に出したいメンバーもいたし。そのへんで打順を繰り上げたりした。

     -投手陣は

     緒方監督 先発したバルデスも中1日で投げてくれたわけだし。少し体調面が心配だったけど。田口もすごいバランスよく投げていたし。後半あらためて手ごわい投手なのは間違いないなと感じたね。岡田ね…。岡田のコメントはちょっと。後半戦考えるところがあるからね。

     -明日はどんな戦いを

     緒方監督 明日はね。やっぱり細かい作戦はないなかで。勝つ、勝つといっても難しい部分はあるかもしれないけど。出る選手は賞を目指してね。やっぱり勝たないとね。勝てばリーグから3人くらい選ばれて賞金がもらえるし。まずはチームが勝てるようにみんなにやってほしいというのと。球宴だけどね。(昨年の日本シリーズで負けた)栗山監督に負けているみたいで(笑い)。悔しさもまたあるので。明日はしっかり勝ちたいです。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-01855509-nksports-base

     広島の鈴木誠也外野手(22)が27日、DeNA戦(横浜)の試合前練習中に、グラウンドで正座させられるひと幕があった。バットを手に頭をコツンとやったのは、上本崇司内野手(26)だ。

     原因は鈴木の先輩イジリで、上本の背後に忍び寄って後頭部を小突いたこと。2人は2012年のドラフトで指名された同期で、練習中のじゃれ合いも日課のようなものだとか。

     鈴木は悪びれた様子もなく、直後に再び4つ上の先輩の後頭部を小突いていたが、上本は「友達みたいな感じで楽しいです」とうれしそうだった。


    引用元 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/702643/

     12日の試合で今季前半戦を終えたセ・リーグの6監督が自チームの戦いを総括した。

     1位広島・緒方監督「攻撃陣が一段階、上がった感じがする。交流戦でも圧倒されず、カープらしい野球ができた。先発が少し不安定。投手中心に守り勝つ野球を目指している」

     2位阪神・金本監督「交流戦明けで負けが込んで(今季最多の)貯金12が半分ほどになったのは反省。とにかく打ち勝つこと。打たないとせっかくの強力リリーフ陣も使えない」

     3位DeNA・ラミレス監督「非常にいい前半戦。石田とウィーランドが故障で離脱して投手陣が苦しかった時期に、打線が頑張って成績が落ち込まなかったのが大きかった」

     4位巨人・高橋監督「前半戦はなかなかいい戦いができなかったけど、ここにきていい形の試合が増えてきた。厳しい状況に変わりはない。少しずつ、5割に近づいていきたい」

     5位中日・森監督(前半戦総括の会見は後日に行う)「ない、ない。何もない」

     6位ヤクルト・真中監督「(不振の原因は)故障者というより、他のチームに比べまだまだやることがある。投手のスタミナだったり野手のスイングスピードがないと戦えない」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000088-sph-base

     球宴前最後の9連戦を5勝3敗1分で乗り切り、2位・阪神に8差を付けて折り返すことになった緒方広島。今季負け越していた“苦手”DeNAに対しても2勝1敗と勝ち越し、貯金も最多タイの「23」にまで膨らんだ。リーグ連覇へ確かな足跡を残した赤ヘル軍団の前半戦を、OBの野球評論家・横山竜士氏が総括した。

     -前半戦総括の前に、この9連戦の戦い方をどう見たか。

     「最初の巨人3連戦でいきなり2試合連続完封負け。この巨人戦と次のヤクルト戦が共に合計13失点と、投手陣が苦しみました。踏ん張った中継ぎ陣とは対照的に、先発の失点の多さが目につきましたね。ジョンソンは最後のDeNA14回戦(12日・マツダ)こそ8回1失点と好投しましたが…。この期間中に2敗した岡田共々、もう少ししっかりしてほしい」

     -巨人・田口、菅野という苦手を打てずに完封負け。DeNAの今永や石田という左腕にも苦しめられた。後半戦に向けて課題もあったように感じたが。

     「確かにそう。苦手投手を作ったらダメだし、そういう投手と対戦した試合では特に先取点が大事。しっかり1点を取りにいく、そして1点を守る、という野球をするべきでしょう。打ったら勝ち、打てなかったら負け、という戦い方ではなくて、打てない時でも何とか工夫して勝ちに結びつけるような試合運びが後半戦は必要かなと思います」

     -若いチームだけに課題も多いが、それでも前半戦は昨年を上回る貯金を作った。精神的支柱だった黒田が抜けた穴を若手投手がカバーした。

     「開幕早々、エースのジョンソンが咽頭炎からの体調不良で戦線離脱。その後、クローザーの中崎も登録抹消の緊急事態になったのですが、岡田や薮田といった若い投手がよくカバーしたと思います。特に僕が評価したいのが岡田。開幕2戦目で4回KOを食らった後、立て直して先発ローテーションを守り続けた。交流戦のあった6月は週の真ん中に配置転換され、長いイニングを投げる役目を負って見事その期待に応えています。最近3試合勝てないものの、前半戦の投手のMVPという高い評価をしてもいいでしょう」

     -打線は今年も健在。チーム打率はリーグトップだし、本塁打数、得点数もダントツ。こと打線に関しては言うことない。

     「WBCに出た菊池の体調が悪く、欠場を余儀なくされた時期を除けばおおむね順調ですね。松山や安部、さらに西川などの成長もあり、全体的にレベルアップしているように思います。そんな打線をけん引しているのが3番の丸。1番・田中、2番・菊池の“タナキク”は昨年より打率は悪いですが、丸がそれをカバーして余りある活躍をしてくれた。今年から4番に座っている鈴木も『丸がいてこそ』という部分もある。打つ方に関しては、間違いなくこの丸がMVPです」

     「黒田の穴をどう埋める?」という開幕前の不安も、ジョンソンのリタイヤという開幕後のアクシデントも乗り越え、盤石の強さを見せつけた前半戦の広島ではあるが、一つ一つの試合を検証すれば冒頭の指摘のように課題も多い。逆転勝ちが多いというのは、裏を返せば先発陣が先に失点する苦しい試合展開が多かったということでもある。「後半戦はクライマックスシリーズ(CS)や日本シリーズのような短期決戦を見据えた戦い方を」と横山氏は言う。初戦必勝、先行逃げ切り-が後半戦の肝。胸突き八丁の夏場を原点回帰で乗り切り、連覇へのゴールに駆け込む。(デイリースポーツ・中村正直)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000045-dal-base

     早くもVシフトだ。セ・リーグ首位を快走する広島は12日のDeNA戦(マツダスタジアム)に5―1で快勝。25年ぶりにリーグ優勝した昨年を上回る貯金23で、2位阪神に8ゲーム差をつけて前半戦を終えた。リーグ連覇を確信した地元商店街は来るべきXデーに向けた準備を開始。昨年の経験を生かして、前倒しに話を進めている。

     首位を快走する広島は25年ぶりにリーグ制覇した昨年を4つ上回る貯金23で前半戦を終えた。2位阪神とは8ゲーム差。リーグ連覇は間違いなしとばかりに、地元広島市内の本通商店街と金座街商店街では早くも鼻息を荒くしている。

     昨年は四半世紀ぶりのリーグVで大いに盛り上がり、経済効果は330億円とも340億円とも言われたが、一方で“誤算”もあった。優勝から遠ざかっている間に商店主らの世代交代が進み、ノウハウもないに等しかったからだ。1996年には最大11・5ゲーム差をつけた巨人に“メークドラマ”で優勝をさらわれた苦い経験もあり、金座街商店街の関係者は「昨年は7月の理事会で優勝したらどうしようかという議題が持ち上がったが、みんな半信半疑だった(笑い)」と当時を振り返る。

     それでも「準備だけでも進めようということになって、広告代理店と話し合って8月の理事会で決まった」(同)が、またまた誤算が生じた。優勝マジックが20で初点灯した8月24日の巨人戦から2度の4連勝を記録。わずか10日間でマジック7まで減った。本通商店街と金座街商店街はマジック10になると同時に巨大なボードを設置して、アーケードを通る市民とともに優勝の機運を高めようと計画していたが、設置に至ったのはマジック8のときだった。今年はそんなことがないように「そろそろ動きだそうかなと思っている」(金座街商店街関係者)という。

     昨年は球団側のV対策も手探りの状態だった。一時は球団ロゴの使用は不可との通達も受けたが「何度も連絡を取り合って使用することができるようになった」(本通商店街関係者)という経緯もあったようだ。商店街は公道でもあるため、イベントを仕掛けるには警察や市の許可や協力も欠かせない。それだけに昨年得たノウハウは貴重な財産にもなった。

     買い物客に喜んでもらうばかりでなく、売り上げ増につなげるための具体的なアイデアも浮かんでいる。レギュラーシーズンではマツダスタジアムの観戦チケットがプラチナ化していることもあり、関係者の間では「どうにか日本シリーズのチケットを入手して商店街の福引の景品にしたい」「もしソフトバンクと日本シリーズで対戦することになったら、ヤフオクドームのチケットでもいい」といった販促プランも出ているという。

     本通商店街では6月に昨年引退した黒田博樹氏の手形やピッチャーズプレートが埋め込まれた記念石碑が設置され、ファンの“聖地巡礼”の場ともなっている。昨年より早く優勝が決まっても対応できるよう、地元商店街の準備は着々と進む。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000027-tospoweb-base

     「消えた打球」のおかげで、広島・田中広輔選手に金庫のプレゼントがあるかもしれない!? 6月23日の広島―阪神戦(マツダ)。1回、先頭打者・田中が放った打球が左翼フェンスの中に吸い込まれた。一度はホームランの判定となったが、リプレー検証の結果、二塁打となった。

     外野手のフェンスによじのぼる練習によってできた穴に飛び込んだという珍事。しかも、その穴は「クマヒラ」という金庫やセキュリティシステムを製造販売する、広島発祥で創業119年の老舗企業の広告のすぐ近くにできていた。

     何度もスポーツニュースなどで映し出された「クマヒラ」。同社の広報担当者によると、対企業との取引が約9割の、いわゆる「BtoB」を主とした企業ということもあり、今のところ営業面での数字に跳ね返ってきてはいないという。非上場企業のため、株価への反映もなかった。それでも反響は確実にあった。試合翌日の会社ホームページの閲覧数が通常の6割増しになったという。

     僥倖を生かさない手はない。同広報担当者は、さらに話題を呼ぶアイデアに頭を巡らせている。「インターネット上でのニュースのコメント欄に『クマヒラは田中選手に何かあげるのだろうか』という書き込みがあったことを把握しています。(田中選手に金庫などを贈ることを)考えるところもあります」

     前例がある。2010年にマツダスタジアムのフェンスによじのぼってスーパーキャッチを見せた赤松選手と天谷選手に、その足下にフェンス広告を打っていた企業の製品が贈られたことが、各メディアに報じられた。

     ほっこりプレゼントニュースが、再び広島の街で話題を呼ぶかもしれない。(記者コラム・柳澤 元紀)


    引用元 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/06/29/kiji/20170629s00001173025000c.html

     選手を懸命に支える広島・ブルペン捕手兼通訳のヘンディ・クレートさん(33)が話題となっている。注目されるようになったのは、3日・ロッテ戦(マツダ)。初打席初本塁打と衝撃デビューを果たしたバティスタの通訳としてお立ち台に上がったことがきっかけだ。

     バティスタの話すスペイン語から日本語に翻訳する際、口癖である「やっぱり-」を何度も繰り返した。片言で一生懸命助っ人の言葉を伝える姿勢にスタンドからは暖かい声援が送られ、一瞬で鯉党に愛される存在となった。

     普段はすらすらと話す日本語。片言になったことについて「こんなに早く来るとは思わなかった。緊張しました」と振り返った。続けて「これからもっと日本語を勉強して選手の思っていることをしっかり伝えていきたい」とリベンジに意欲を示す。

     来日10年目。ロッキーズのアカデミーを経てカープアカデミー入り、07年にブルペン捕手として来日した。スペイン語が母国語で、英語も話すことができる。日本語は来日とともに広島市内の専門学校で5年間勉強。「敬語もそうだけど、あとは英語と並びが違うから単語をどう並べたらいいのかが難しいね」。現在は辞書やスマートフォンのアプリなどを駆使しながら独学で学んでいる。

     慣れない地で日々奮闘しているクレートさん。母国には妻・サンタさん(31)と息子のジョルダンくん(4)、ハシエルくん(0)がいる2児の父親だ。毎年1度、約2日間をかけて帰国。春季キャンプに備えて1月下旬には来日するため、1カ月ほどしか滞在できないが「寂しい気持ちもあるが、ほぼ毎日連絡は取り合っている。息子たちはまだ小さいですが、野球をやってもらいたい」と笑みを浮かべた。

     選手とスタッフ、立場は違うが目指す所は同じだ。「バティ(バティスタ)や(育成の)メヒアなどドミニカの選手をサポートしたい。僕は日本に来て長いから経験した色んなことを教えてあげたい。そしてみんなと優勝したい」。リーグ連覇、日本一へ。チームの一員としてフル回転する。(デイリースポーツ・井上慎也)


    引用元 https://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/06/21/0010300731.shtml

     「胃がん」を患っていることを公表し、チームを離れていた広島赤松真人外野手(34)が11日、広島・廿日市市の大野練習場でリハビリ組の3軍に復帰した。抗がん剤治療中は先月22日に乳がんで死去した小林麻央さん(享年34)のブログも支えだった。1軍復帰へ、再スタートを切った。

     ゆっくり、ゆっくりと。ジョギングのペースも速くはない。「自分の足じゃないみたい」。測定した筋力の数値も「ひどい。驚愕(きょうがく)した」。だが約1時間半の練習中、赤松はずっと笑っていた。

     「ワクワクです。動けているのが楽しい」。野球など考えられない「ズタボロの状態」から、戻ってきた。

     昨年12月28日に「初期段階の胃がん」を公表。今年1月5日に摘出手術を受けた。その後の抗がん剤治療が、想像を絶する苦しみだった。「本当につらい。3日間ずっと寝込んじゃうとか。足も尋常じゃないくらい細くなる」。支え、励ましとなったのが、同じ病気と闘う人たちだった。

     小林麻央さんが亡くなった先月22日。赤松は寛子夫人と2人で泣いた。まさに抗がん剤治療中だった。

     「病院で見たの。嫁と2人で号泣。ダメだね。泣いちゃうねって。度合いも場所も違うんだけど、分かるのよ。つらさ」。同学年の34歳。面識はないが、ブログを見ては「強い人。つらいのにあの笑顔で」と支えになった。同じがん患者からの数え切れないほどの手紙も届き、読んでは泣いた。「オレなんか楽勝。やらないと失礼」と前を向けた。

     今月7日に最後の抗がん剤治療を終え、この日3軍に合流。もちろん、目標はここではない。

     「1軍の舞台が一番。そこで活躍するのが目標ですから。同じ病気の方に勇気を与えるのが僕の使命」。まずはトレーナーのメニューを軸に、自身の体と相談しながら筋肉量を上げていく。少し痩せたスピードスターは、必ず笑顔でマツダスタジアムに戻ってくる。【池本泰尚】

     ◆赤松真人(あかまつ・まさと)1982年(昭57)9月6日、京都府生まれ。平安(現龍谷大平安)-立命大を経て04年ドラフト6巡目で阪神入団。05、07年ウエスタン・リーグ盗塁王。07年オフ、阪神にFA移籍した新井の人的補償で広島へ移籍した。182センチ、75キロ。右投げ右打ち。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-01853963-nksports-base

    このページのトップヘ