広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     2月から春季キャンプがスタートするプロ野球。各球団の補強も大詰めを迎え、多くの助っ人外国人も続々と入団が決まっている。


     昨年の外国人選手の中で一際目立ったのは、広島のクリス・ジョンソン投手だった。来日1年目でリーグ1位の防御率1.85を記録。同僚の前田健太(現ドジャース)に次ぐ同2位の14勝(7敗)を挙げ、チームを牽引した。

    “リーグNo.1左腕”は、どのような投球内容で好成績を残したのか。来日2年目のシーズンへ向けて課題はあるのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜と4球団で捕手として活躍した野球解説者の野口寿浩氏に、昨年の全投球の分布がわかる「球種別コース比重ヒートマップ」、結果球の「被打率別ヒートマップ」から、その投球を分析してもらった。

     野口氏がまず目をつけたのはスライダー、カーブの被打率の低さだ。この2つの球種では、左打者の外角、右打者の内角へのボール球で、低被打率を意味する「青色」が目立った。

     特にスライダーでは、このゾーンは合計50打数2安打と抑え込んでいることに注目。「左打者にアウトコースのボール球を打ちに来させているのは、ジョンソンのテクニックだと思います。右打者もギュッと食い込まれているでしょう」。左腕がいかに左打者の一番遠いゾーン、そして右打者の膝元を有効に使っていたかが浮き彫りになった。

     さらに、右打者の内角へ食い込むボールの精度の高さは、その反対に外角へ落ちるチェンジアップへの相乗効果ももたらすと指摘する。



    ヒートマップに白、「コントロールが素晴らしかったということ。お見事」

    「昨年で、直球を右打者の内角に食い込ませる“クロスファイアー”を意識させたから、今度は外角が空いてくると思うんです。もうちょっと意図的に内角高め に投げられれば、チェンジアップが生きてくる。チェンジアップの被打率(2割5分8厘)も、スライダー(1割8分1厘)と同じくらいになると思います。投 球を見た感じでは、別に右打者の外角半分に投げるのが苦手という感じではない。去年も内角半分が通用したから、そこにどんどん投げていった感じですよね。 今年はどんどん思い通りの投球ができるような流れにあります」

     このように新シーズンの配球も組み立てやすいとの見方を示した。

     また、野口氏は「球種別コース比重ヒートマップ」を見渡して「ヒートマップで白いエリアがここまで目立ったのはジョンソンだけでしょう。コントロールが 素晴らしかったということでしょうね。お見事ですよ。チェンジアップなんて右打者の内角高めが真っ白ですからね」と絶賛した。

     ジョンソンは昨季、チェンジアップを右打者には340球投げているが、左打者には19球しか使っていない。そして、ヒートマップを見ると、右打者から見 てストライクゾーンの「内角高め」のゾーンは、1球も投げていないことを意味する「白」になっている。内角や高めのボール球も1球もない。右打者の外角へ と落ちていくことで威力を発揮する球種でコントロールミスがほとんどなく、左腕が思い通りの投球を展開している様子がデータから読み取れる。

    「まさか先発投手のヒートマップでストライクゾーンに“白”が出てくるとは思わなかったです。シーズン全部で3000球以上も投げてるのに、ストライク ゾーンの中に“白”が出てくるのは凄いこと。抜けてしまったというボールが出てきてもおかしくない。その周りのゾーンへのボールも少ないですね」

     野口氏はジョンソンの圧倒的な制球力に感嘆した。

    同僚・黒田も得意とする「バックドア」習得で“鬼に金棒“?

     昨季の投球からは、文句の付けようがないデータが出た。新シーズンに向けて、さらに幅を広げるポイントを野口氏に挙げてもらうと、昨年NPBに復帰した 同僚・黒田も使う「バックドア」に可能性があると指摘した。外角のボールゾーンから変化してストライクゾーンに入ってくるボールのことだ。

    「ここまでコントロールに自信があるのであれば、右打者の外角からストライクゾーンに入れるスライダーがもうちょっと出てくると、もっと面白くなるのではないかと。(ジョンソンなら)できるのではないでしょうか。コントロールはお見事ですから」

     投手目線で描かれているヒートマップでは、スライダーは右打者の内角を意味する右半分を使った投球が多かった昨季のジョンソンだが、反対に左側のボール ゾーンから入れる「バックドア」を持ち球に加えることができれば、まさに“鬼に金棒“となる。来日2年目で、助っ人左腕の投球スタイルはさらなる進化を遂 げることになるかもしれない。

     野口氏は、日本ハム・大谷やソフトバンク・バンデンハ―クら、精密な制球力を武器としない豪腕のヒートマップ分析では、捕手目線で「ストライクゾーン内 は4分割(内角高め・内角低め・外角高め・外角低め)の要求となる」と話した。しかし、今回のジョンソンに関しては「9分割どころではないでしょう。この ピッチャーは野村(克也)さんが使う81分割でもいける。リードする捕手は楽しいでしょうね」と、より精密な要求ができる投手と位置付けた。

     昨年の球界において稀有なデータをたたき出した左腕。前田が去り、投手陣の柱としての活躍が望まれる新シーズンでも、絶品の投球術に期待がかかる。



     広島・丸佳浩外野手(26)が13日、広島市内のマツダスタジアムに隣接する新室内練習場で自主トレを公開した。キャッチボールやランニング、打撃練習など約3時間。復活に懸ける2016年シーズン。年末年始も無休で汗を流している。

     昨季は2年連続全試合に出場し、自己最多に並ぶ19本塁打を記録。だが一方で打率は・249で、一昨年の・310を大きく下回った。特に得点圏では・198。不本意な1年となっただけに「個人としても、チームとしてもあまりよくなかったので、とにかく巻き返したい」と前を向いた。

     昨秋のキャンプではグリップと、足を上げた新フォームにモデルチェンジ。オフは打ち込みでフォーム固めに専念した。3番、中堅として攻守に不可欠なチームリーダーは「目標は優勝しかないです。昨年はビジターでも多くのファンの方に応援していただいたが、裏切る形になってしまった。期待に応えられるように頑張っていきたい」と、25年ぶりの頂点を約束した。

     広島の新井貴浩内野手(38)が12日、石原慶幸捕手(36)と、鹿児島県鹿児島市の烏帽子山最福寺で、12年連続12回目の護摩行に挑んだ。高野山別格本山「清浄心院」の住職・池口恵観大僧正(79)からは「全身奉炎(ぜんしんほうえん)」の言葉を授かり「火の玉になって、全身でぶつかっていけば、いい結果が出るでしょう」と、心構えを説かれた。

     読経が絶叫に変わる。2メートルを超える火柱のすぐそばで、新井は熱風、白煙と相対した。100分の荒行。ただ無心になって、般若心経を唱(とな)え、炎と向き合った。

     25年ぶりの優勝を目指す2016年シーズン。口や目の周り、首はやけどで真っ赤になった。「何年やっても怖い、苦しい、痛いですよ」。苦痛に顔をゆがめながら「初心に帰って、泥だらけになってがむしゃらにやっていかないといけない」と決意を新たにした。

     04年のシーズンオフ、初めて最福寺の門をたたいた。ただ、レギュラー奪取に燃えた当時と心境は違う。1月30日には39歳となる。プロ18年目のシーズンを前に、目指すのは25年ぶりの頂点と、チームの強化、繁栄。初心に帰って、力強く前を向いた。

     1泊2日で行う護摩行の初日が終了。あと1日、荒行でシーズンに向かう心を整える。「2000安打は護摩行とは関係ない。自分では通過点だと思っている。ただ、節目のヒットはチームの勝ちにつながる、いいヒットを打ちたい」。個人記録には興味を示さない。目指すのは頂点だけだ。

     広島・鈴木誠也外野手(21)が、外野のレギュラー獲得に挑む。二松学舎大付から入団して今年で4年目。強い危機感を胸に抱いてグラウンドに立つ。

     「今年、結果を出さないと自分の方向性が決まってしまう。左投手が先発ならスタメン、右投手なら代打。そういうことになりかねない。しっかりとレギュラーを取らないといけない」。高卒4年目。まだ21歳の若武者は、こう言って口を結んだ。

     定位置確保へ向けて、手応えがある。しっかりとした打撃の基礎を固めつつあるのだ。昨年、秋季キャンプで一つのきっかけをつかんだ。「どうしたら右の股関節に体重が乗った状態から打ちに行けるか考えていた。連続ティーでへとへとになって振ったときに、これっていうのがあった」

     石井打撃コーチの就任に伴い練習量が増加した。朝9時の早出に始まり、夜間練習を含めると最大で10時間だ。21日間で最大2万本を目標にバットを振って、振って、振りまくった。数をこなすことは、それが目標になり質が低下してしまわないかと懸念されていた。鈴木誠はもともと練習の虫。猛練習から道を見いだした。

     9日からは大分県でソフトバンク・内川に初めて弟子入り。合同自主トレで打撃の完成を目指している。史上2人目となる両リーグで首位打者獲得するなど、現役選手の右打者としては最高のバッターと言われている内川。「ずっと話を聞きたいと思っていた。技術もそうだけど、メンタルの部分。どんな気持ちで打席に入っているとか、投手のどこに目線を持ってきているのかとか聞いてみたい」

     外野はセンターに丸が座り、左翼はエルドレッドやプライディー、右翼を野間、松山らで争う。昨季は97試合で打率・275、5本塁打、25打点。「去年はレギュラーをつかみ切れなかった。今年が本当に勝負の年」。腹をくくって、グラウンドに立つ。(デイリースポーツ・市尻達拡)

    このページのトップヘ