広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     12月3日、福井優也(広島)が契約更改交渉に臨み、2000万円アップの推定年俸4200万円でサインした。

     学生時代、ともに「早稲田三羽烏」と呼ばれた斎藤佑樹(日本ハム)は200万円ダウンの2300万円、大石達也(西武)は300万円ダウンの1100万円でサイン。プロ入り前、3人のなかで最も評価が低かった福井が、実績でも年俸でも“逆転”を果たしたことになる。

     福井にとってふたりは盟友であると同時にライバルだが、福井にはもっと高みを目指してもらわなければならない現実がある。エース・前田健太のメジャー挑戦をチームが容認し、黒田博樹の去就はいまだ不明。来季の福井には、他球団のエースに投げ勝つ投球が求められる。

     ルーキーイヤーの2011年に8勝を挙げるも、その後は伸び悩んでいた福井だが、今季は自己最高の9勝を挙げ、初めて勝ち星を先行させた(6敗)。課題の制球難は大きく改善。今季の与四球率は3.63だ。この数字自体、決して褒められた数字ではないのだが、福井の過去の与四球率は2011年から順に4.18、5.68、5.03、4.35であり、福井個人としては大幅に制球力が向上したといえる。

     また、精神的な変化も好結果の要因だろう。開幕前のインタビューでは「チームメートに素直に弱音をさらけ出すことで心にゆとりを持てるようになれた」と答え、シーズン中には黒田の「100点満点を目指さなくていい。試合を作ることに集中しろ」という助言により「精神的に安定してきた」と語った。

     広島の大瀬良が「ポスト・マエケン」に名乗りを上げた。

     マツダスタジアムに姿を見せ、「兄貴のような存在」と慕う前田健のメジャー挑戦について「寂しさはありますが、僕なりに応援したい」と祝福。球団の容認後のメールのやりとりも明かした。「来年から自覚を持って臨むので安心してください」との決意表明に「お前が中心になってやっていかないと。任せた」との返信があったという。3年目に向け「より責任を持ってやりたい」と言葉に力を込めた。

     広島・菊池涼介内野手(25)が赤ヘルの“けん引役”として奮闘する。

     今季は両ヒザの負傷などに苦しみ打率2割5分4厘、8本塁打、32打点に終わった。「結果がついてこない、体も動かないというところで苦しかった。届きそうな打球、アウトにできそうな打球を捕れなかったので、来年は万全にして補殺記録を目指したい」と来季の目標に、自らが持つシーズン補殺の日本記録「535」超えを掲げた。

     その一方、チームリーダーとしても大きな期待が寄せられている。球団は大リーグ挑戦を希望していたエース・前田健太投手(27)のポスティングシステムでのメジャー移籍を容認。また、黒田博樹投手(40)も来季の去就を明言しておらず、菊池の役割はより重要となってくる。

     そんな菊池は今オフ、釣りを利用した“リーダー修業”に打って出るという。チームには迎打撃コーチ補佐を中心とした「釣り部」があり、シーズンが終わった冬が活動真っ盛り。菊池もその一員でバス釣りなどにいそしむことが楽しみになっているが、自分一人でエンジョイするつもりはない。後輩の上本や庄司などを引っ張り、釣り部全体をまとめていく意向だ。

     そのための準備も万端だ。「しっかりチームとしてまとまっていかないといけない」と「迎道場」とプリントされた釣り部専用帽子やTシャツを自腹で製作。同じ“ユニホーム”を着用することで一体感を高めるつもりで、オフからリーダーとしての役割を全うする。

     広島の赤松真人外野手(33)が8日、広島市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、500万増の3300万円でサインした(金額は推定)。今季6月5日に1軍昇格すると主に代走、守備固めで52試合に出場。打率こそ・222だが、勝負どころでの6盗塁、13得点が高く評価された。

     「今年は打率、打席、盗塁、得点、全てにおいて少ないが、今までの積み重ねを評価していただいた」。来季プロ12年目。34歳となるベテランは今季、国内FA権の資格取得条件を満たした。だがシーズン終了後すぐ、10月15日に権利を行使せずに残留を決断。球団に以降を伝えていた。

     来季に向けて「2桁は盗塁をしたい。とりあえず走ってみたいですね。トライの数を増やしていきたい」と宣言。緒方監督から走塁の「スペシャリスト」と期待される男が、25年ぶりの優勝に足で貢献する決意だ。

    【赤坂英一「赤ペン!!」】広島の黒田(博樹=40)がようやく現役続行を決断した。

     本人は最近まで悩んでいたようだが、最初からひとつだけはっきりしていたことがある。今年で引退しなければならないほど、ボロボロになってはいなかったということだ。心身ともに限界に達しているなら、とうの昔にユニホームを脱いでいたに違いない。

     シーズン後半、黒田にインタビューする機会に恵まれ、今年限りで引退する可能性があるのか、率直に聞いてみた。すでに2度登録を抹消され、そろそろ去就が注目され始めていたころである。

    「(引退する)可能性はありますし、やめることはいつも考えています。投げるたびにこの試合が最後になるかもしれないと、そう思ってマウンドに上がってますから」

     実に黒田らしい真摯な回答だったが、だからといって本当に引退するとは私には思えなかった。理由は単純、黒田の投球は燃え尽きそうな投手のそれではなかったから。

     例えば6月30日、東京ドームでの巨人戦。今季最多の118球を投げ、日本球界復帰後初の完封勝利を目前にしながら、9回に逆転サヨナラ負けした直後、黒田はこれも復帰後初めて取材を拒否し、球場を去った。そののちに語ったセリフが、「あんな負け方をしたということは、それだけ力が衰えているから。新たな鎧(よろい)を身につける必要性を感じました」である。

     衰えは感じても、限界を悟った選手の言葉ではなかった。少なくとも、気持ちは切れていない。そのことを証明するかのように、シーズン終盤は自ら首脳陣に登板間隔を詰めるよう直訴。2試合連続の中4日、中5日の先発をものともせず相手に競り勝って、10月7日の最終戦までCS進出の望みをつないでいる。

     万全には程遠い状態なのに、よく投げ続けられますねと聞くと、「いまはそういうぜいたくを言っていられる状況ではない。とにかく最後まで全力を尽くすだけ」と、これも実に黒田らしいコメントが返ってきたものだ。

     今季の最後まで全力を尽くしたのなら、自分の現役生活でも最後まで完全燃焼してもらいたい。もし来年のシーズン中に投げられなくなり、突然引退を表明しても、黒田の決断ならファンは受け入れるはず。あと7勝と迫った日米通算200勝の達成も楽しみではあるが、何より黒田が本当の限界まで死力を振り絞る姿を見たいと切に願う。

     広島小窪哲也内野手(30)が8日、マツダスタジアムで契約更改を行い1600万円増の推定年俸4000万円でサインした。


     今季は主に代打で69試合に出場。打率2割9分6厘、15打点の成績を残した。取得していた国内FA権も行使しないことを早々と明かしていた。さらには選手会長にも就任。「節目節目でいかに勝ちきるか。最終戦に勝てず、次の日からどうしたら勝てるかを考えていた。考えがそっちにいっていた。権利を行使してチームを去るよりも、カープでファンと一緒に喜びを分かち合いたいと思った。なんとかチーム一丸となれるようにしたい」と話した。

     広島では新入団発表後に広島市内で球団関係者、首脳陣を交えて歓迎昼食会を催し、選手のご当地料理を振る舞ってもてなすのが恒例となっている。

     異色だったのはブラジル・サンパウロ市出身のオスカルに用意された黒豆と肉を煮込んだブラジル料理「フェイジョアーダ」。現地で親しまれている国民的な食事だ。松田オーナーは「知っている人に聞いたら、かなり本格的(本場に近い)らしい」と説明した。

     また、大阪市出身の岡田にはたこ焼き、宮崎・西臼杵郡高千穂町出身の横山にはチキン南蛮、岩手・花巻市出身の高橋樹にはNHK連続テレビ小説「あまちゃん」でおなじみとなったまめぶ汁が用意され、参加者からの評判も上々だった。




    4323

     広島のドラフト1位・岡田明丈投手(22=大商大)ら新入団選手7人が8日、マツダスタジアムなどの施設見学を行った。

     本拠地は現在、2009年の球場開場以来初となる天然芝の張り替え工事中。グラウンドには重機やトラックが入っているが、初めてグラウンドに足を踏み入れたドラ1右腕は「大きくて米国の球場みたいですね。(学生時代に)外野にスタンドのある球場では、ほとんど投げたことがなかったので…」と驚きを隠せない様子だった。

    このページのトップヘ