広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     広島が過酷な“12連戦”を味方に付ける。25日の阪神戦(マツダ)は台風の影響により中止。代替試合は9月25日となり、これにより9月18日から29日までが地獄の12連戦になることが決定した。

     シーズン終盤での大型連戦に緒方監督は「できることなら(試合を)やりたかった。後ろが詰まっているからしんどくなる」と渋い表情を浮かべた。

     しかし、この12連戦決定を“吉兆”とみる向きもある。終盤の12連戦はデメリットに思えるが、阿南監督が就任1年目でリーグ制覇した1986年の好例があるからだ。

     その年も雨天中止のためシーズン後半に代替試合が入れられることになっていた。普通に考えれば、選手の疲労を考慮して休みが入る日程がベストのはず。しかし、阿南監督は「『なるべく連戦になってほしい』と言っていたらしい。休みで流れが切れるより連戦のほうが勢いを維持できるということだった」(球団幹部)と連戦になることを希望したという。

     そして、指揮官の狙い通りに連戦が続いたチームはシーズン終盤に調子を上げて優勝。そんな実績があるだけに今回の12連戦も「若いチームで一度勢いがつけば連勝できる力はある。へたに休みがあるよりも息をつく暇がないほうがいいかもしれない」(チーム関係者)と、大型連勝のチャンスとみているわけだ。

     リーグ制覇に向けて負けられない試合が続く赤ヘルだが、厳しい連戦を逆転Vの起爆剤にしたいところだ。

     広島の新井貴浩内野手(38)が25日、残り33試合に懸ける意気込みを語った。同日の阪神戦(マツダ)が台風接近の影響で中止。これによって9月18日の中日戦(ナゴヤドーム)から90年以降最長となる“死の”12連戦が組まれた。「毎日が正念場だがラストスパート。目いっぱいやる」。26日は1勝4敗と苦手の阪神・能見篤史投手(36)が先発。「全員で突破口を開く」と、一丸で逆転Vへ望みをつなぐ。

     台風15号の接近による影響で、午後0時30分に中止が決まった。今季7試合目の中止。このため9月18日の中日戦から“死の”12連戦が組まれることになった。残り33試合。シーズン最後に、最大のヤマ場を迎える。鍵を握るのは4番。新井は言葉に力を込める。

     「今はどこが相手でも、勝っていくしかない。もちろん1戦1戦、毎日が正念場ですけど、ラストスパート。目いっぱいにやっていきたいですね」

     12連戦となれば90年以降では球団最長。93年10月にも日程は組まれたが、2試合の雨天中止で連戦にならなかった。新井も広島、阪神を通じて「記憶にない」と驚く。現在、首位阪神とは6・5ゲーム差。だが直接対決が11試合も残るだけに、逆転不可能な数字でもない。ここから差を詰めていけば、12連戦がまさに正念場となる。

     26日の阪神戦、相手は能見がスライド先発する。広島は今季1勝4敗と苦手にする相手。4番は「先制点を取って、主導権を握りたい」と言う。唯一土を付けた5月9日の甲子園。新井は1点リードの五回、左中間席に2ランを放った。対戦成績は15打数4安打、打率・267。チーム規定打席到達者の中ではトップの数字を残す。

     「意識は特にないですね。一人ではなくチーム全員で突破口を開いていきたい。我慢する所は我慢。大胆にいくところは大胆に。メリハリが大事になる」

     室内練習場での打撃練習では、広角に鋭い打球を連発。その後は短いダッシュを繰り返すなど、終盤を迎えても黙々と汗を流す。7月の月間打率・217など、後半に入って打撃不振に陥った。だが「状態としてはまずまず」と手応えを明かすように、8月は・323と再浮上。4番がチームの命運を握る。

     夏休み最後の本拠地2試合。限定の赤い縦じま「常昇魂」のユニホームをまとう。「調子で野球をやる時期じゃない。状態が良くても悪くても気持ちを込めて戦う。その積み重ね」。143試合の長丁場。最後に必要なのは気力と精神力。一戦必勝で希望をつなぐ。4番が覚悟を示した。勝ち続けるんだ−と。

    <広島4−2阪神>◇26日◇マツダスタジアム

     広島大瀬良大地投手(24)が、プロ初セーブを挙げた。

     4−0の9回。抑えの中崎翔太投手(23)が2失点した。2点差となりなおも1死一、二塁で登板。福留の中前打で満塁とピンチを広げるも、ゴメスをカットボールで遊撃への併殺に打ち取った。「守りに助けられました。ゴロを打たせようと低めに投げようと思った」。狙い通りの投球で試合を締めた。

     プロ初セーブを記録したが「みんなでカバーしてやっていきたい。僕も助けられることもある」と不調の中崎をかばった。今後もセットアッパーとして中崎につなげる役割を全うする。


     「広島4−2阪神」(26日、マツダ)

     広島が3連勝。先発・ジョンソンが8回7安打無失点に抑え、来日1年目で10勝(6敗)に到達した。

     三回、石原の左越え2号ソロで先制。四回は田中の適時打で2点目。五回も鈴木誠の適時打で1点を追加。八回はエルドレッドが中越えに10号ソロを放った。

     阪神は連勝が3で止まった。0−4の九回は梅野が2番手・中崎から4号2ラン。なおも1死満塁としたがゴメスが併殺打に倒れた。先発・能見は4回1/3、6安打3失点で11敗目(9勝)。


     広島は地獄の12連戦で、黒田博樹投手(40)がフル回転する可能性が出てきた。25日、阪神戦が中止になったことで、9月18日の中日戦(ナゴヤD)から12連戦になることが決定。過密スケジュールを乗り切るため、右腕の奮闘に期待がかかる。

     畝投手コーチが、マツダスタジアムでの練習後に口を開いた。「相手チームに合わせるというよりも(間隔を)詰められる投手は詰める。ウチは勝っていかないといかんから」と可能な限りのフル回転を想定。黒田は12連戦の初戦の中日戦に先発してから、23日のヤクルト戦(神宮)、28日のDeNA戦(横浜)と、2試合続けて中4日登板もありそうだ。

     23日の巨人戦(マツダ)での力投が、黒田の底力を再認識させた。今季初の中4日登板で7回1失点。畝コーチは「試合前のブルペンからすごく良かった。まだ1度だけだけど、今までに染みついたものがあるのかもしれん」と、米国時代に慣れた中4日が黒田にはプラスと分析した。

     首位・阪神とは6・5ゲーム差。「少しでもチームの力になれば、というのが正直な気持ち」と話す男気右腕が、逆転Vの前に立ちはだかる12連戦という壁をこじ開ける。(井之川 昇平)

     歴史的な混戦模様となったセ・リーグも、徐々に各チーム間の差が開いてきた。

     8月25日現在、首位・阪神が2位の巨人に3ゲーム差をつけて抜け出しかけ、首位から4位までの差は6.5ゲームに。「全チームに優勝の可能性」という状況ではなくなってきた。

     それでも、クライマックスシリーズという制度がある以上、Bクラスのチームにはまだまだ希望がある。CS圏内の3位から最下位までの差は5.5。残り1カ月ちょっとの期間でひっくり返る可能性はいくらでもある。

     ここでは、現在セ・リーグでBクラスに沈むチームの“ポジティブ要素”に注目。諦めるのはまだ早い、各チームの上がり目を探ってみた。

    ● 広島 = 充実の先発陣

     現在セ・リーグ3位につける広島。3年連続でのCS進出を狙うチームの武器といえば、強固な先発陣だ。前田健太、ジョンソン、福井優也の3人が9勝を挙げ、黒田博樹が8勝。軸になる投手が4本揃っている。

     先発防御率は3.10を誇り、巨人に次ぐリーグで2番目の数字。先発42勝もトップの巨人と1差の2位。11完投はリーグトップだ。ジョンソンや黒田といったところはアメリカ仕込みの中4日も慣れたもので、多少の無理もきく。順位争いがこれから白熱していくにつれて、先発陣の充実は大きなアドバンテージとなるに違いない。

    【広島の主な先発陣】
    ・前田健太 右投/27歳
     21試(151回1/3) 9勝7敗 奪三130 防2.32

    ・黒田博樹 右投/40歳
     19試(123回) 8勝6敗 奪三78 防2.85

    ・ジョンソン 左投/31歳
     21試(144回) 9勝6敗 奪三108 防1.94

    ・福井優也 右投/27歳
     16試(100回2/3) 9勝3敗 奪三67 防3.04


    ● DeNA = 待望の先発左腕が台頭!

     投打ともに苦しい戦いを強いられ、最下位もチラつき始めたDeNA。前半戦を首位で折り返しながら、ここまでの苦戦は予想外のことであった。

     そんなチームにおけるかすかな希望が、ドラフト2位左腕の石田健大。ここまで6試合に登板して2勝1敗、防御率は2.23と好投を続けている。

     昨年から先発左腕不足に嘆いていたDeNAだけに、ここに来て育成出身・砂田毅樹と石田の2人が台頭して来ているのは朗報。苦しんでいるチームを若き力で救えるか。DeNAに現れた待望の若き先発左腕投手2人に注目だ

    【台頭する先発左腕】
    ・石田健大 左投/22歳
     6試(36回1/3) 2勝1敗 奪三24 防2.23

    ・砂田毅樹 左投/20歳
     9試(45回2/3) 2勝4敗 奪三31 防2.56 


    ● 中日 = 噛み合い始めた投打

     まずは最下位からの脱出を目指す中日だが、今月は6連勝を記録するなど、ここまで12勝9敗と好調。諦めずに食らいつく姿勢を見せている。

     ここに来て投打ともに状態が上向いていることが大きい。投手陣では3年目の若松駿太が月間4勝をマークする活躍を見せれば、新加入のネイラーもローテーションの一角として台頭。その結果、山井大介を後ろに回すことが可能となり、抑えに回った田島も月間1勝負けなしの6セーブと安定した働きを見せている。

     打線も今月はチーム打率.264と好調で、中でもエルナンデスが.356と当たっている。ベテランの和田一浩も.323、主砲のルナも.298と核となるタレントがしっかりと働き始めたのが大きい。

     大逆転での滑り込みへ、中日はまだまだ諦めない。

    【8月のセ・リーグ月間順位】
    1位 阪神 12勝8敗 .600
    2位 中日 12勝9敗 .571
    3位 広島 10勝10敗 .500
    4位 巨人 10勝11敗 .476
    4位 ヤクルト 10勝11敗 .476
    6位 DeNA 8勝13敗 .381

     広島・前田健太投手(27)が24日、首位を走る阪神いじめを誓った。ローテ通りなら、27日(マツダ)をはじめ、9月2、13日(ともに甲子園)、26日(マツダ)の4試合に先発。「いつも全勝するつもり。基本は全部勝つつもりで、ずっと戦っている」と宣言した背番号18が、セ・リーグの行く末を占うキーマンになりそうだ。

     この日は台風15号が近づきつつあるマツダで調整。26日にも自力Vの可能性が消滅する危機は変わらないが、6・5差離されている阪神とは11試合も残っている。「直接勝てば、ゲーム差は縮まる。分かりやすくていいじゃないですか。意識して戦っていければいいと思います」と不敵に笑った。チームは今季7勝6敗1分けと勝ち越し、自身も通算14勝8敗と得意なカードだ。

     とはいえ「抑えていても、続けて当たるのは嫌」と複雑な投手心理も口にした。今季は巨人戦に7試合登板したのと対照的に、阪神戦は意外にも初登板。昨年のCS第1S初戦(甲子園)で0―1で涙をのんで以来の対戦となる。ローテ通りなら残り2試合の巨人戦には登板しないとみられ、この差が優勝争いに影響するかもしれない。

     残り33試合。3位のヤクルトまで2差に迫り、広島にとっても阪神戦が浮上のカギを握るのは間違いない。11試合のうち、9勝のジョンソン、福井、8勝の黒田との4本柱を9試合に投入する見通し。「残り少ないですし、1つの勝ち負けが大きくなってくる。勝てるように頑張るだけ」ときっぱり。今季9勝7敗ながら、チームは登板試合に9勝12敗と負け越している。エースとして、このままで終わるわけにはいかない。(田島 正登)

     日本プロ野球機構は25日、日程の追加を発表した。

     台風15号接近の影響で中止となった今日の広島−阪神戦の振替が、予備日として設けられた9月25日(金)に組み込まれることに。時間は変わらず18時開始となる。

     これにより、広島は9月18日(金)から9月29日(火)まで、怒涛の12連戦が決定。さらに、9月4日(金)から9月6日(日)に神宮球場で行われるヤクルト戦が中止となると、このカードの予備日が9月30日(水)に設けられているため、9月18日(金)から10月3日(土)まで16連戦となる可能性も出てきた。

     なお、阪神も今日の試合が中止となったことを受け、9月18日(金)から9月27日(日)までの10連戦が決定。ペナントレースの最終盤に、大きなヤマ場が出現した。

    ◆ セ・リーグ追加日程
    ・9月25日(金) 広島 − 阪神
      マツダスタジアム=18時試合開始

    ※8月25日(火)の中止振替分

    このページのトップヘ