広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     広島の新外国人、レオネル・カンポス投手(30)=前ブルージェイズ=が9日、デイリースポーツのインタビューに応じた。海を越えてリーグ3連覇と日本一を目指すチームに加わった理由や、野球選手として持ち続ける信念など…。新たな戦力として期待される助っ人が、現在の心境を明かした。

      ◇  ◇

     -前日8日に第2クールが終わった。日本の春季キャンプを初めて経験し、感じることは。

     「流れが違うこともあるけど問題はない。チームメートとコミュニケーションを取りながらできている。米国よりキャンプインは早いけど、この時期も向こうでは動いていたから大丈夫。チームとして一緒に早い時期から動いた方が結束力を高くして開幕を迎えられる。これは良いことだね」

     -練習内容での違いはあるか。

     「コンディショニングの部分でやることが多い。走ったりフィジカル面の練習が多い。投手として走ることは大事だ。必要なことだと思って捉えているよ」

     -ここまでブルペンに2度、入った。ダイナミックなフォームから投げる、きれいな回転の直球が印象的だ。

     「やっぱり自分としては真っすぐが一番、大事だと思う。そう思って投げているうちに自然ときれいな回転の球になったんだ。人さし指と中指で強く押し出すから、指先にはこの時期、いつもまめができるんだ。今もできているけど投球には支障がないよ」

     -広島でのプレーを決めた要因は何か。

     「オファーがあったときいろいろ考えたけど、自分の野球人生で新しい経験ができる良いチャンスだと思った。もちろん日本野球のレベルが高いのは知っていたし、その中でプレーしてみたいと思ったんだ」

     -家族に相談はしたのか。

     「簡単な決断ではなかったからね。奥さん、お母さん、お父さん、兄弟にも相談したよ。そこでみんなが、できる限りのサポートをすると言ってくれた。自分の気持ちに素直になって、やった方が良いと背中も後押ししてくれたんだ。そう言ってもらえたことで広島行きを最終決定した」

     -カープではセットアッパーとして期待をされている。まずは4つの外国人枠を争うことになるが。

     「米国では数チームでプレーし、移籍も経験してきた。大事にしてきたのは、どこに行ってもまずは自分のベストを尽くすということ。日本でも同じ。自分の力を出し切りたい思いしかない」

     -数字の目標はあるか。

     「はっきりとした数字は言えない。もちろん、多くマウンドに上がりたいし、防御率もよくしたい。三振もたくさん取りたいよ。でも一番大事なのは、自分の成績よりチームの勝利だ。カープはリーグ3連覇を狙い、日本一も目標にしている。僕は日本一に貢献したいと思って海を渡って来た。そのために全力で腕を振りたい」

     -インタビューをしていて、言葉遣いなどからとても謙虚な姿勢を常に持っていると感じる。

     「両親の教えが大きい。お父さんはホセ、お母さんはベイアトリスという名前なんだ。小さい頃から、いくら野球選手として素晴らしい成績を残したとしても、それだけではダメだと言われ続けてきた。人と接するときの態度とか話し方、人間性も良くなければいけないと育てられたんだ。野球選手も一人の人間だからね。野球をするときでも、常に謙虚な気持ちを持ち続けている」

     -メジャーリーガーの中で尊敬する選手はいるか。

     「同じベネズエラ出身でミネソタ・ツインズなどに在籍していたヨハン・サンタナ(2度のサイ・ヤング賞を受賞した左腕)だ。投球だけではなくマウンドさばきとか、打者に対する敬意の払い方や態度も含めて、素晴らしいと感じていた。紳士的な姿勢に引かれた部分も大きかったね」

     -投球では闘争心を押し出して投げる。

     「周りにはどう映るかわからないけど、もちろん試合の中では闘争心を押し出して抑えに行くよ。ただ、すべてに敬意を払って投げないといけない。打者に対しても、その他に対しても。みんなに敬意を持って、真剣勝負を挑んできた自負はある」

     -メジャーリーグは競争が激しいが。

     「誰かを蹴落としてやろうとか、そういう気持ちになったことは一度もないんだ。根底には、謙虚でないといけないという教えがあるからね。相手どうこうよりも、とにかく自分のベストを尽くすことが大事。それを続けてきたことで、良い結果を出してメジャーにも上がれた。カープでもチームメートとして仲良くやっていきたい」

     -好きな言葉はあるか。

     「『no pain no gain』(痛みのないところに成長はない)。そういう意味では毎日、一生懸命に練習をしているよ」

     -10日から第3クールが始まる。開幕へ向けて、これからの調整はどうなるか。

     「ブルペンにもっと入って、それからシート打撃に登板したり、オープン戦で投げたりしていくと思う。ケガをすることなく、順調に自分のプランをこなしていきたいと思う」

     -ライバルとなるが、ジャクソンがチームにいるのは大きなことだ。

     「以前、パドレスでチームメートだったんだ。中継ぎというポジションも同じだった。一緒にやっていた選手が、新しい環境の中にいるというのは心強い。彼は広島で2年もプレーしているんだから。ほかの外国人投手も、ジョンソンは4年目かな。経験があるのでいろいろ質問して、参考にするよ」

     -投手陣は全体的に若い選手が多い。

     「平均年齢が若いよね。僕は今、30歳だけど、このチームに入るとベテランみたいな感じだよ。でも年を取ったつもりはないし、若い気持ちを忘れないでマウンドに上がりたいね」



    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/02/10/0010972838.shtml

     「広島春季キャンプ」(10日、日南)

     緒方孝市監督が、湯崎広島県知事と松井広島市長らから激励を受けた。

     この日から第3クールがスタートし、緒方監督は「ここまで順調に来ている。若い選手が出てきてくれることを楽しみにしていただきたい」と話した。

     松井市長は「3連覇に向けここからスタート。若い選手が多く活躍してほしい」とエールを送った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180210-00000043-dal-base

     「広島春季キャンプ」(10日、日南)

     広島のドラフト1位・中村奨成捕手(広陵)が初めて1軍キャンプ地・天福球場で練習を行い、室内ブルペンで2軍投手陣の球を受けた。

     この日は悪天候だった日南市。2軍キャンプ地の東光寺球場には屋根付きのブルペンがないため、この日の午後、中村奨は2軍投手陣とともに天福球場へ移動。緒方監督や松田オーナーも見守る中、飯田、戸田、ドラフト5位・遠藤のブルペン捕手を務めた。

     その後は東光寺球場に戻り打撃練習などを行った。初めて1軍キャンプの雰囲気を味わい「緊張はしなかった。頑張りました」と充実の汗を拭った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180210-00000096-dal-base

     「広島春季キャンプ」(10日、日南)

     広島・アドゥワ誠投手が沖縄2次キャンプ行きの切符をつかむため、最終テストに臨む。11日に行われる紅白戦に登板予定。「今までやってきたことをアピールする場。力まず投げたい。沖縄には行きたいです」と力を込めた。

     この日はブルペンで投球練習し、最後の調整を終えた。「低めに強い球を狙ったけど、きょうは高かった」。反省点を口にして、あす11日の投球に生かす構えだ。

     7日のシート打撃では打者10人に投げ1安打1四球と好投。セ界最強打線の一翼である田中、菊池、丸、松山を封じるなど結果を残し評価を上げた。高橋昂と同じ2年目。生き残りをかけてマウンドに上がる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180210-00000088-dal-base

    <第2クール終了:広島新顔通信>

     ドラフト1位の中村奨成捕手(18=広陵)は8日、宮崎・日南キャンプで現役2投手を相手にフリー打撃を行った。


     左腕の佐藤には13スイングで安打性は2本。右の横山には3スイングで安打性の当たりはなかった。

     打撃マシンでは柵越えを記録しているものの、投手を相手にまだ柵越えはない。昨夏の甲子園で1大会6本塁打を放った期待のルーキーは、木製バット適応に苦しんでいる。【広島担当 前原淳】


    引用元 https://www.nikkansports.com/baseball/news/201802090000278.html

     広島中崎翔太投手(25)が9日、今キャンプ2度目の休日も返上してトレーニングを行った。自主トレをともにした塹江敦哉投手(20)とともにトレーニングとキャッチボールなどで汗を流した。

     前回の休日に続き、この日も天福球場を訪れた右腕は「キャンプ中はなかなか有酸素系のトレーニングができないので、こういう日にしっかり汗を流したい。(休日返上も)ずっとやっているので。やらない理由がない。暇ですし」と休日返上の意図を話した。

     ほかにも野間峻祥外野手(25)ら数選手が天福球場で練習を行った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00121253-nksports-base

     「広島春季キャンプ」(8日、日南)

     広島の安部友裕内野手(28)が8日、シート打撃で2安打を放った。中村祐から中越え三塁打を放つと、サウスポー・塹江との対戦では直球を右前に運んだ。今季から背番号「6」を背負う。三塁の定位置確保へ、順調な滑り出しだ。


     中村祐から放った三塁打は、コースに逆らわない打撃。続く塹江の内角球を捉えたスイングは「ボールに体がパッと反応できた」という。広角に打ち分け打撃は内容が濃く、充実感をにじませた。

     左投手の克服が大きなテーマだ。昨季は対右投手の打率が・334だった一方で左投手には・238だった。「左投手のときは逆方向を意識している」。この日は、その意識で打席に入り内角寄り速球に対して素直にバットが出た。「(迷いなく)バチンと振れたから強い打球が打てた」。課題克服へ順調に階段を上っている。

     今季から背番号が「6」になった。「それは関係ないですね」。背負う責任が大きくなっても心は乱れない。ただひたすらに「レギュラーをつかむ」という強い気持ちだけが体を突き動かしている。

     10日からの第3クールで予定されている2試合の紅白戦でもアピールを続ける。「結果を出していく」。西川らとのサバイバルレース。戦いは始まったばかりだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00000048-dal-base

     鈴木、菊池、田中、丸、新井…、スター揃いのカープで、すっかり人気者の1人だ。キャンプ地、日南・天福球場には「くーちゃーん!」の大歓声が飛ぶ。昨年、お立ち台での“カタコト通訳”が評判を呼んだブルペン捕手兼通訳、ヘンディ・クレートさんのことだ。キャンプでは広島の猛練習をサポート。バティスタ、メヒア、フランスアの通訳として活躍している。

     オフは外国人選手と同じように母国・ドミニカ共和国で過ごしていたという。クレート通訳はサンタ夫人と2人の息子の4人家族。日本には単身赴任中で12、1月の2カ月間は家族と暮らすことができる大切な時間だ。長男・ジョルダン君は5歳、次男・ハシエル君は1歳6カ月。ショッピングモールのゲームセンターで遊んだり、「ゆっくり過ごすことができたよ」と、つかの間の休暇を満喫したようだ。

     母国に帰ると、必ず足を運ぶ場所がある。かつて在籍した「カープアカデミー」だ。そこではトレーニングだけでなく、球団の日本人スタッフと留学生が常駐しているため、日本語の復習もできる。だから「日本語も忘れないよ」とニッコリ。オフのカープ情報も、日本人の友人から送られてくる動画でチェックしていたという。

     クレート通訳は1月下旬に再来日。“11年目”のシーズンに向けて、新たな目標もできた。「今年はヒーローインタビューで、日本語をうまくしゃべりたい。たくさんお客さんがいて、プレッシャーがかかるけど、頑張るよ」。

     今年から2018年度カープファンクラブ「最高のコイの見つけ方。」の会員限定のホームページで「クレート通訳の最高のスペイン語の使い方」がスタート。今年もグラウンド内外で、大忙しの1年となりそうだ。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00000068-dal-base

     「広島春季キャンプ」(7日、日南)

     昨季終了後から横手投げにフォーム変更したオスカル投手が、シート打撃で力を発揮した。左打者7人に投げ、丸、安部、西川から三振を奪うなど無安打に封じた。「全体的に良かったと思う」。

     左の中継ぎ投手確立はチームの懸案事項。開幕1軍入りへ向け、最初の実戦形式練習で猛アピールした。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/02/07/0010966545.shtml

    このページのトップヘ