広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     広島の黒田博樹投手が1日、神宮球場でのヤクルト戦に先発し、6回6安打5失点、1奪三振2四死球の乱調で2敗目を喫した。相手エース小川との投げ合いとなったが、3回までに5失点と苦しい内容。クオリティースタート(QS、6回以上を自責3以内)を達成できなかったのは6試合目で初めてとなった。広島は4−5で敗れた。

     黒田は初回、先頭の山田にセンター前ヒットを許すと、送りバントと内野安打で1死一、三塁のピンチを迎える。畠山はスライダーで遊ゴロに打ち取ったが、この間に三塁走者の山田が生還。先制を許した。

     さらに、2回は荒木の内野安打、大引のライト前ヒットなどで2死二、三塁とされる。ここで山田に死球を与え、満塁の大ピンチ。続く上田に2ボールから甘く入ったツーシームを捉えられた。センターオーバーの走者一掃のスリーベース。今季初の4失点となった。

     3回は畠山をショートフライに打ちとったものの、続く雄平にはスプリットをライトスタンドへ運ばれ、5点目を失った。

     しかし、3回まで小川に1安打に抑えられていた広島打線が、4回に反撃。2四球で2死一、二塁とすると、梵が左翼スタンドに3ランを叩き込み、2点差に迫った。

     その裏、黒田は8番・大引からの打順をこの日初めて三者凡退に抑える。味方打線から3点をもらった直後の大事なイニングで、ようやく黒田らしい投球を見せた。

     黒田は5回も三者凡退に抑えると、6回は1死から四球を与えたが、中村を遊ゴロで併殺に仕留めて無失点。次の回の攻撃で代打を送られ、降板となった。

     この日は6回96球を投げて6安打5失点。不調の中、4回以降は投球を立て直したが、3回までの5失点が大きく響いた。防御率は3.46となった。

     一方、小川は梵に一発を浴びたものの、7回4安打3失点と好投。8、9回は救援陣がリードを守りきり、ヤクルトが5−4で勝利。首位巨人とのゲーム差を「0.5」とし、連敗を4で止めた。

     「広島0-1DeNA」(30日、マツダ)

     途中加入した広島のネイト・シアーホルツ外野手が打撃不振のため、2軍での再調整が決まった。

     「6番・右翼」で先発出場。「いい感じで振れていた」と振り返ったが、3打数無安打に終わった。19日に1軍に昇格して以降、7試合でわずか2安打、打率・080。緒方監督は「もう少し(2軍で)打席に立ってもらう」と話した。

     右膝内側半月板部分切除の手術を受けた広島のブラッド・エルドレッド内野手(34)が4月30日、広島県廿日市の大野練習場で2軍の全体練習に合流した。今後について「1、2週間で実戦に出たい」と見通しを語り、5月26日から始まる交流戦での1軍復帰にまた一歩前進した。また左脇腹を痛めているヘスス・グスマン内野手(30)は、1日のウエスタン・阪神戦(由宇)で実戦復帰する。

     ボールを砕くような打球音が、室内練習場に次々と響く。「80%くらいだね」。現状を明かしたエルドレッドは、打撃について「全く問題ない。ダイジョウブ!!」と満面の笑みで語った。手術した右膝をかばう様子もない。4月10日の再来日から約3週間。驚異的な回復力だ。

     この日、2軍の居残り組本隊に合流。打撃練習では直球に加え、カーブマシンも打った。福永3軍チーフトレーナーは「マイナートラブルもなく順調に仕上がっている」と説明。今後について「スパイクを履いてランニング、守備。実戦までの最後の仕上げに入る」と見通しを明かした。

     「俺は明日からでも試合に出られる」。熱い胸中を吐露したエルドレッドは、実戦復帰の時期について「トレーナーが決めること」と前置きした上で「1、2週間後かな。1週間で試合に出たいね」と続けた。順調なら、12日からのウエスタン6連戦中に、実戦復帰する可能性が高い。26日から始まる交流戦昇格へ、また一歩前進した形だ。

     また、左脇腹を痛めているグスマンは1日のウエスタン・阪神戦で実戦復帰。代打で1打席立つ予定で、週末の同戦でスタメン出場する流れだ。1軍のチーム状態にもよるが、早ければ週明け4日からの巨人戦(マツダ)で、1軍昇格する可能性もある。

    <広島0−1DeNA>◇30日◇マツダスタジアム

     広島打線は、三塁ベースを踏むこともできずに0封負けを喫した。

    【写真】広島野村悔し…8回1失点で2敗目「あの1球だけ」

     DeNA先発三嶋の前に好機すら作れなかった。4回に菊池がヘッドスライディングで遊撃への内野安打で初安打を記録するも、後続が倒れた。5回には中前打で出塁したロサリオが盗塁失敗。8回まで走者を得点圏に走者を進めることができなかった。

     9回は1死一塁から山崎康のボークで二塁進塁も、田中、菊池が連続三振に取られた。緒方監督は「ここ一番で1本が出ない。何とかしようという気持ちは伝わってくるんだが…。こういう悔しい経験をして勝っていかないといけない」と、今季6度目の0封負けに言葉を絞り出した。

     ◇セ・リーグ 広島0―1DeNA(2015年4月30日 マツダ)

     広島は今カード2度目の完封負け。28日に1失点完投した大瀬良に続き、この日も8回1失点の野村を援護できず見殺しにした。

     DeNAの三嶋を相手に8回まで2安打に抑えられ、二塁を踏むこともできず。先発の野村が8回を投げソロ本塁打の1点だけと今季最高の投球を見せたが、打線は奮投に応えることができなかった。

     22日の巨人戦以降6試合で4完封負け。そのうち3試合は0―1で敗戦と先発の好投をふいにしている。それでいて勝つときは11―3(25日、阪神戦)、9―2(29日、DeNA戦)と大味な試合。3、4月の25試合で69得点、67失点。得点が失点を上回っていながら9勝16敗と大きく負け越しているのも、点の取り方の効率が悪い証左だ。チーム防御率はリーグ2位と頑張っているだけに打線の奮起が待たれる。

    「久しぶりに勝てました!」

     エースの言葉を聞いた野手陣は「穴があったら入りたい」心境だったに違いない。

     29日のDeNA戦で広島の前田健太(27)が先発し、8回2失点の力投。ようやく今季2勝目を手にした。

     前田はこの日の試合前まで5試合に先発し、防御率1.50で1勝2敗。援護すべき打線が沈黙し、前日まで20イニング無得点と、貧打に拍車がかかっていた。それだけに首脳陣もコーチも切羽詰まっていたのだろう。初回の無死一、二塁から3番丸に送りバントという、なりふり構わぬサインも出たほどだ。

     その甲斐もあってか、初回一挙5得点。久々に勝ち星を得たエースは試合後、自身がイラストを描いたTシャツ姿でお立ち台に登場した。ご機嫌なマエケンに野手陣は安堵のため息だったろう。

    このページのトップヘ