広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     歴史的な混戦模様となったセ・リーグも、徐々に各チーム間の差が開いてきた。

     8月25日現在、首位・阪神が2位の巨人に3ゲーム差をつけて抜け出しかけ、首位から4位までの差は6.5ゲームに。「全チームに優勝の可能性」という状況ではなくなってきた。

     それでも、クライマックスシリーズという制度がある以上、Bクラスのチームにはまだまだ希望がある。CS圏内の3位から最下位までの差は5.5。残り1カ月ちょっとの期間でひっくり返る可能性はいくらでもある。

     ここでは、現在セ・リーグでBクラスに沈むチームの“ポジティブ要素”に注目。諦めるのはまだ早い、各チームの上がり目を探ってみた。

    ● 広島 = 充実の先発陣

     現在セ・リーグ3位につける広島。3年連続でのCS進出を狙うチームの武器といえば、強固な先発陣だ。前田健太、ジョンソン、福井優也の3人が9勝を挙げ、黒田博樹が8勝。軸になる投手が4本揃っている。

     先発防御率は3.10を誇り、巨人に次ぐリーグで2番目の数字。先発42勝もトップの巨人と1差の2位。11完投はリーグトップだ。ジョンソンや黒田といったところはアメリカ仕込みの中4日も慣れたもので、多少の無理もきく。順位争いがこれから白熱していくにつれて、先発陣の充実は大きなアドバンテージとなるに違いない。

    【広島の主な先発陣】
    ・前田健太 右投/27歳
     21試(151回1/3) 9勝7敗 奪三130 防2.32

    ・黒田博樹 右投/40歳
     19試(123回) 8勝6敗 奪三78 防2.85

    ・ジョンソン 左投/31歳
     21試(144回) 9勝6敗 奪三108 防1.94

    ・福井優也 右投/27歳
     16試(100回2/3) 9勝3敗 奪三67 防3.04


    ● DeNA = 待望の先発左腕が台頭!

     投打ともに苦しい戦いを強いられ、最下位もチラつき始めたDeNA。前半戦を首位で折り返しながら、ここまでの苦戦は予想外のことであった。

     そんなチームにおけるかすかな希望が、ドラフト2位左腕の石田健大。ここまで6試合に登板して2勝1敗、防御率は2.23と好投を続けている。

     昨年から先発左腕不足に嘆いていたDeNAだけに、ここに来て育成出身・砂田毅樹と石田の2人が台頭して来ているのは朗報。苦しんでいるチームを若き力で救えるか。DeNAに現れた待望の若き先発左腕投手2人に注目だ

    【台頭する先発左腕】
    ・石田健大 左投/22歳
     6試(36回1/3) 2勝1敗 奪三24 防2.23

    ・砂田毅樹 左投/20歳
     9試(45回2/3) 2勝4敗 奪三31 防2.56 


    ● 中日 = 噛み合い始めた投打

     まずは最下位からの脱出を目指す中日だが、今月は6連勝を記録するなど、ここまで12勝9敗と好調。諦めずに食らいつく姿勢を見せている。

     ここに来て投打ともに状態が上向いていることが大きい。投手陣では3年目の若松駿太が月間4勝をマークする活躍を見せれば、新加入のネイラーもローテーションの一角として台頭。その結果、山井大介を後ろに回すことが可能となり、抑えに回った田島も月間1勝負けなしの6セーブと安定した働きを見せている。

     打線も今月はチーム打率.264と好調で、中でもエルナンデスが.356と当たっている。ベテランの和田一浩も.323、主砲のルナも.298と核となるタレントがしっかりと働き始めたのが大きい。

     大逆転での滑り込みへ、中日はまだまだ諦めない。

    【8月のセ・リーグ月間順位】
    1位 阪神 12勝8敗 .600
    2位 中日 12勝9敗 .571
    3位 広島 10勝10敗 .500
    4位 巨人 10勝11敗 .476
    4位 ヤクルト 10勝11敗 .476
    6位 DeNA 8勝13敗 .381

     広島・前田健太投手(27)が24日、首位を走る阪神いじめを誓った。ローテ通りなら、27日(マツダ)をはじめ、9月2、13日(ともに甲子園)、26日(マツダ)の4試合に先発。「いつも全勝するつもり。基本は全部勝つつもりで、ずっと戦っている」と宣言した背番号18が、セ・リーグの行く末を占うキーマンになりそうだ。

     この日は台風15号が近づきつつあるマツダで調整。26日にも自力Vの可能性が消滅する危機は変わらないが、6・5差離されている阪神とは11試合も残っている。「直接勝てば、ゲーム差は縮まる。分かりやすくていいじゃないですか。意識して戦っていければいいと思います」と不敵に笑った。チームは今季7勝6敗1分けと勝ち越し、自身も通算14勝8敗と得意なカードだ。

     とはいえ「抑えていても、続けて当たるのは嫌」と複雑な投手心理も口にした。今季は巨人戦に7試合登板したのと対照的に、阪神戦は意外にも初登板。昨年のCS第1S初戦(甲子園)で0―1で涙をのんで以来の対戦となる。ローテ通りなら残り2試合の巨人戦には登板しないとみられ、この差が優勝争いに影響するかもしれない。

     残り33試合。3位のヤクルトまで2差に迫り、広島にとっても阪神戦が浮上のカギを握るのは間違いない。11試合のうち、9勝のジョンソン、福井、8勝の黒田との4本柱を9試合に投入する見通し。「残り少ないですし、1つの勝ち負けが大きくなってくる。勝てるように頑張るだけ」ときっぱり。今季9勝7敗ながら、チームは登板試合に9勝12敗と負け越している。エースとして、このままで終わるわけにはいかない。(田島 正登)

     日本プロ野球機構は25日、日程の追加を発表した。

     台風15号接近の影響で中止となった今日の広島−阪神戦の振替が、予備日として設けられた9月25日(金)に組み込まれることに。時間は変わらず18時開始となる。

     これにより、広島は9月18日(金)から9月29日(火)まで、怒涛の12連戦が決定。さらに、9月4日(金)から9月6日(日)に神宮球場で行われるヤクルト戦が中止となると、このカードの予備日が9月30日(水)に設けられているため、9月18日(金)から10月3日(土)まで16連戦となる可能性も出てきた。

     なお、阪神も今日の試合が中止となったことを受け、9月18日(金)から9月27日(日)までの10連戦が決定。ペナントレースの最終盤に、大きなヤマ場が出現した。

    ◆ セ・リーグ追加日程
    ・9月25日(金) 広島 − 阪神
      マツダスタジアム=18時試合開始

    ※8月25日(火)の中止振替分

     「広島2−1巨人」(23日、マツダ)

     来日中の広島・エルドレッドの母、シンディさんが球団の要請を快諾し、1日限定でホームランガールを務めた。初回に丸が先頭打者弾を放ち、早速スラィリー人形を手渡すことができた。「とてもうれしかった。興奮しましたね」と、大役を無事に終えた。

     息子のエルドレッドに本塁打はなかったが、1−1の六回2死二塁で決勝の中前適時打をマーク。お立ち台に上がったエルドレッドに対し「とても誇りに思います。いいプレーを続けて、チームが勝ち進んでほしい」と期待を寄せていた。

     エルドレッドは「球団がしてくれたことは非常にうれしいことだ。本塁打は打ちたくて打てるものではない。母がいても特別に意識はせず、自分のできることをやろうと思った。いい打点を挙げられたのは良かったね」と、笑顔で振り返った。

     初回にシンディさんからスラィリー人形を受け取り、笑顔を見せていた丸は「まさかいきなり…と思って笑ってしまいました。仕事をさせられたのは良かったです」と話していた。

     (セ・リーグ、広島2−1巨人、23回戦、広島14勝9敗、23日、マツダ)広島・黒田が今季初の中4日で先発。丸の本塁打で先制点をもらったが、一、二回安打を2本浴びて一死一、三塁のピンチを招いた。しかし、後続を抑え無失点で切り抜けた。三回に失策も絡んで一死二、三塁とされると、打者・阿部に犠飛を許し同点とした。四、五回を三者凡退に抑え、7回104球を投げ8安打1失点で今季8勝目(6敗)を挙げた。

     お立ち台では、この日の投球内容に「たくさんヒットを打たれた。見てる人の方が疲れたんじゃないでしょうか」とファンに気づかいを見せた。

     ヒーローインタビューが終わると、クーラーボックスを手に鈴木誠が乱入。黒田に水を浴びせようとするも、怯んだ鈴木誠は自ら水をかぶり、黒田は笑顔でその様子を見守った。

     広島の黒田博樹投手が23日、本拠地での巨人戦に日本復帰後初めて中4日で登板し、7回8安打1失点の粘りの投球で8勝目(6敗)を挙げた。何度もピンチを背負いながら、最少失点に食い止めて7月28日以来となる約1か月ぶりの白星。18日の中日戦で右手に打球が直撃し、なおかつ今季初めて中4日の登板となったが、チームを2−1での勝利に導いた。

     黒田は初回、立岡、坂本のヒットなどで1死一、三塁とされる。しかし、阿部を空振り三振に仕留めると、亀井は二ゴロ。ピンチを切り抜けた。すると、その裏に丸が巨人先発・田口から先頭打者弾を放ち、1点を先制した。

     黒田は2回も1死一、三塁のピンチを招く。ここで田口のスリーバントスクイズが失敗。空振り三振に終わり、スタートを切っていた三塁走者のアンダーソンもアウトでダブルプレーとなった。

     しかし、3回に巨人打線がようやく1点をもぎ取る。1死二、三塁とチャンスを作り、阿部がセンターにライナーを運ぶ。前進してきた丸が飛び込んで捕球したが、三塁走者のタッチアップを許して同点に追いついた。

     黒田はここから立ち直り、4、5回は3者凡退の好投。広島は5回、1死一、二塁で黒田がバントを決め、2死二、三塁とチャンスを広げたが、丸は三振に倒れた。

     6回、黒田は2死満塁のピンチを招く。しかし、三塁走者の亀井が飛び出してアウト。その裏、広島は2死二塁でエルドレッドがセンター前へのタイムリーを放ち、1点を勝ち越した。

     7回も続投した黒田は、先頭の小林にライトへのヒットを浴びる。だが、代打・橋本を三ゴロ、立岡を空振り三振、片岡をレフトフライと後続を断ち、得点を許さない。

     メジャー時代に慣れていたとはいえ、今季初めての中4日で104球を投げた黒田は、7回裏に代打を送られて降板。8回は2番手の大瀬良が無死一、二塁のピンチを背負ったが、無失点に抑えた。

     9回は守護神の中崎が1死満塁のピンチを背負いながらも無失点に抑えて広島が2−1で勝利。黒田の力投が実り、2連勝とした。

     首位攻防の阪神戦に3連勝。勇躍、広島に乗り込んだ巨人がエースの前田健太と激突する試合である。21日のナイター中継を楽しみにしていた多くのG党は、スポーツ紙の放送予定を見て目が点になったのではないか。

     日刊スポーツの「今日のプロ野球」の欄には、ニッポン放送とTBSラジオのラジオ2局が載っているのみ。テレビでは民放地上波やBS放送はもちろん、プロ野球の全試合をカバーしてくれるはずのCS放送でも中継がなかったのだ。

    「異例のことです」と、民放局の関係者がこう続ける。

    「知り合いのスポーツ紙記者に『巨人戦はついにCS放送からも見放されたの?』と聞かれましたが、そういうことではありません。この日の広島−巨人戦は『J:COMテレビ』を中心としたケーブルテレビ各局が独占生中継したためです。北海道から九州まで1300万世帯以上が視聴可能とはいえ、J:COMなどケーブルテレビに加入していなければ、ラジオを聞くか午後10時55分から録画放送したCSを見るしかなかった。ガッカリした巨人ファンは多かったでしょうね」

     ケーブルテレビ局がプロ野球の公式戦を独占中継するのは、今回が初めての試み。今も“ドル箱”ではある巨人戦の放映権をケーブル局に売った広島にはこんな事情があったようだ。球団事情通氏がこう言う。

    「広島のケーブルテレビでカープの二軍戦が中継されるようになり、それに続いてケーブルテレビ最大手のJ:COMでも今年の7月からカープ二軍戦のダイジェスト版の放送が始まった。今回の巨人戦はその『お礼』という意味合いが強い。もうひとつは、放映権の販路拡大でしょう。今後はNHKや民放、BS、CSに加えて、ケーブルテレビ局にも放映権を売っていこうということ。そのテストケースだとみられています」

     プロ野球の視聴環境はどんどん変わっていく。

    このページのトップヘ