広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     「ヤクルト2−11広島」(28日、神宮)

     広島が1日の巨人戦(東京D)以来、16試合ぶりの2桁得点で連勝。7連勝中で首位のヤクルトを止めた。投げては7月7日以来、21日ぶりのリーグ戦登板となった黒田博樹投手が、7回を投げて7安打1失点で7勝目。無四球の熱投で強力ツバメ打線を封じた。

     投打がかみ合っての連勝で、緒方孝市監督は「投げる方もそうだけど、なんと言ってもきょうは彼の四球」と、黒田の打撃を絶賛した。1点リードの六回、2死一、三塁から四球で出塁。粘って好機を広げると丸、菊池、シアーホルツの3連打で5点を奪った。

     勝利の分岐点となった打席に、指揮官は「投球以外でも、彼は9番目の打者という気で打席に立つ。ヒットを打とう、塁に出ようという気持ちを出してくれている。あの四球が、2アウトからのビッグイニングにつながっていった」と、大ベテランが見せた勝利への執念を絶賛していた。

     広島の前田健太投手が28日、全国高校野球選手権大阪大会準々決勝で大体大浪商に惜敗した母校PL学園の健闘をたたえた。新入部員を募集せず、野球部の監督を校長が兼務。采配は選手間で話し合って決めるなど、特殊な状況下でベスト8に進出した。後輩の奮闘に賛辞は尽きない。

     「惜しかったですね。僕たちが経験したこともない、大変な状況だったと思う。できれば甲子園に行って欲しかったが、必ず今後の財産になる。プレッシャーがいろいろあった中で、よく頑張ってくれたと思います」

     自身は1年夏と、3年春に甲子園出場した。新チームは一般生徒として入部した、2年生だけでスタートする予定。来年度も部員募集がなければ、来夏の大会以降は休部状態となる。存続危機に立つ母校野球部に、鯉のエースは「まだどうなるか分かりませんが、素晴らしいOBの方がたくさんいる。PLに憧れた子供たちもたくさんいると思う。なくなるのはすごくさみしいこと。できれば、続いていってほしいと思います」と強く訴えた。

     ◇セ・リーグ 広島11―2ヤクルト(2015年7月28日 神宮)

     貫禄の首位斬りだ!広島の黒田博樹投手(40)が28日、神宮球場で行われたヤクルト戦に先発し、7回を7安打1失点で46日ぶりとなる7勝目(4敗)を挙げた。ケガと球宴のため21日ぶりの登板となった右腕は、ここまで3試合連続本塁打中の3番・山田を内野安打1本に抑えるなど貫禄の投球。7連勝中で首位を走る相手を止めた。

     背番号15が敵地のマウンドで地力を発揮した。右足首と右肩の炎症と球宴登板のため7日のDeNA戦(マツダ)以来、21日ぶりの登板。7連勝と勢いに乗る相手に、低めに投球を集めて連打を許さない。ここまで後半戦2人で打率・519と好調の2番・川端を3打数無安打、3試合連続本塁打中の3番・山田も遊撃への内野安打1本に抑え込んだ。

     打線は2回、梵のソロ本塁打で先制。3回には失策と四球で1死二、三塁から松山の中犠飛と無安打で1点を追加した。1点差に迫られた6回には2死から2四球と安打で満塁とし、丸の右翼線への2点二塁打でヤクルト先発の新垣をKO。打者一巡の猛攻でこの回、5点と黒田を援護した。

     7回を無四球の111球で、6月12日のソフトバンク戦(ヤフオクD)以来、46日ぶりの白星を手にした黒田。チームは借金4も、首位に3ゲーム差とした。

     球場で働く「カープ女子」たちが、アイドルデビューした。広島カープの公式アイドルユニット、C−Girls 2015(カープガールズ ニーゼロイチゴー)が25日、広島のマツダスタジアムでお披露目された。この日CDデビューを果たし、初パフォーマンスも披露した。

     試合前、スタジアム外野の芝生に、赤とピンクの衣装を着た13人が集合した。観客2万5000人が見守る中、デビュー曲「Let’s go! Red!」を披露。途中で振り付けを間違えるなど、初々しいシーンも。だが、センターポジションの大谷有紀(20)は「いっぱい間違えてしまったんですけど、カープを応援する気持ちを込めて一生懸命踊りました」と笑顔をはじけさせた。

     カープガールズは、マツダスタジアムで働いている女性たちの中からオーディションを行い、今年4月に結成。「球場に行くと会えるアイドル」がコンセプトで、メンバーは普段、ビールの売り子をしたり、ホームランを打った選手に人形などを渡して祝福するホームランガールを務めていたりする。この日も、試合開始と同時に、それぞれの「職場」に散っていった。

     「アイドル戦国時代」と呼ばれる中でも、異色ユニットの誕生だ。安藤美優(21)は「熱いカープ愛だけは、どのアイドルさんにも負けません!」ときっぱり。今後は広島市内を中心にPR活動を行うが、チームを追い掛ける形で、全国を飛び回る可能性もある。大谷は「いつか、全12球団のスタジアムでパフォーマンスしてみたい」。佐々木麻悠(20)は「カープが優勝できるように頑張って盛り上げます。日本一になったら、選手たちと一緒に踊ってお祝いしたい」と夢は膨らむばかりだ。【横山慧】

     ◆カープ女子 広島を応援する女性ファンの総称。前田健太や野村祐輔、堂林翔太といった若手イケメン選手の活躍もあり、ここ数年でその数が増えた。16年ぶりAクラス進出を果たした13年ごろからは、社会現象としても取り上げられた。昨年12月発表のユーキャン流行語大賞ではトップテン入り。オフシーズンには都内で「カープ女子会」と銘打ったファンイベントも開催されている。

     広島は27日、「私が元祖カープ女子! 1日ホームランガール体験」と題して、60代以上のホームランガールを募集することを発表した。


     広島がまたまた珍企画を発案した。若いカープ女子には負けられないという熟女を対象に、9月9日の中日戦(マツダ)で60代、10日の同カードで70代以上の女性を1名ずつ募集する。自薦、他薦を問わず、選ばれれば、オリジナルユニホームなど特典が多数。8日は発案者の藤木淳子さん(50代)が務める。

     昨年の「ユーキャン新語・流行語大賞」でトップ10入りした「カープ女子」。今季は安藤美優さん、大谷有紀さん=ともに大学生=、佐々木麻悠さん=短大生=がマツダスタジアム開場以来最多の209人の応募者からホームランガールに選ばれている。昨年は初めて主婦が務め、話題を呼んだ。

     応募期間は27日から8月3日午後3時まで球団サイトから申し込める。

    ◆広島5―0巨人(26日・マツダスタジアム)

     広島・新井貴浩内野手(38)が、26日の巨人戦(マツダ)で負傷交代した。

     5点リードの9回1死の一塁守備。亀井のファウルゾーンへの飛球を追いかけて、後頭部からカメラマン席に転落。大事を取って交代した。試合後に広島市内の病院で検査を受診。異常なしと診断されたが、28日のヤクルト戦以降も当日の状態を見て判断していく。

     ◇セ・リーグ 広島5−0巨人(2015年7月26日 マツダ)

     均衡を破ったのは広島の選手会長の一振りだった。0―0で迎えた6回2死からシアーホルツが四球で出塁。「とにかく後ろにつなごうと思って打席に入った」という梵は2ボール1ストライクから真ん中高めに入った直球を逃さなかった。

     打球は左翼最前列に飛び込む先制2ラン。「最高の結果でホッとしましたけど、まだ3イニング残っていましたから(喜びは)一瞬でしたね」。今季初のお立ち台だったが、笑みは見せずに淡々と振り返った。

     3連敗を阻止し、5位の順位は変わらなかったものの、4位のDeNAとは再び0・5差に接近。混戦のセ・リーグまだまだ上位浮上の可能性もあり、選手会長は先を見据えているようだった。

     「広島5−0巨人」(26日、マツダ)

     投打のかみ合った広島が快勝。同一カード3連敗を阻止した。投手陣は完封リレー。先発・ジョンソンが8回6安打無失点と好投し、九回は中崎が無失点で締めた。

     ジョンソンは初回、三者凡退に打ち取って好発進。二回には2死から阿部に二塁打を許したが、続く村田を三ゴロに仕留めて無失点に抑えた。

     四回には1死から坂本、亀井に連打されるなどして1死二、三塁のピンチを招いた。それでも落ち着いていた。長野、阿部を連続三振に抑えて切り抜けた。その後も走者は出しながらも決定打を許さなかった。

     打線は六回、梵の5号2ランで先制に成功。七回は野間の適時打などで2点を加えた。八回には代打・松山の適時二塁打でダメ押しした。

     ジョンソンは「ストライク先行でどんどん投げていこうと思った。後ろの守備を信じて、石原のミットめがけて投げた」と振り返っていた。

    このページのトップヘ