広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     「練習試合、広島15-2JR西日本」(11日、マツダスタジアム)

     広島が5本塁打を含む20安打15得点と快勝した。「4番・左翼」で出場した松山竜平外野手(32)は三回に2ランを放った。


     2-1の三回2死一塁。左腕・西川の初球、内角寄りの132キロ直球を完璧に捉えた。打球は高々と舞い上がり右翼席へ着弾。リードを広げる2ランとなった。「外の真っすぐを想定していたら、甘くきたので、しっかりと振れました」と納得の一打。18日からのCSファイナルSに向けて頼もしい姿を見せつけた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000111-dal-base

     「練習試合、広島15-2JR西日本」(11日、マツダスタジアム)

     広島の薮田和樹投手が先発し、6回4安打1失点だった。

     「序盤は手探りだった」と振り返った二回に死球が絡んで1失点。三回も失点にはつながらなかったものの、9番打者に四球を与えた。それでも修正を図りながら試合をつくった。「中盤以降はストライクが投げられるようになったし、変化球の精度も悪くなかった」。91球を投げ、CS前最後の調整登板を終えた。

     中継ぎとして開幕を迎え、先発に配置転換されたシーズンは15勝3敗。勝率・833で、自身初タイトルとなる最高勝率を獲得した。

     中6日で18日のCSファイナル初戦に先発する見込みだ。昨季、成し遂げられなかった日本一を目指す戦いの初陣を託される。「シーズンと同じように入っていきたい」と前を見据えた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000100-dal-base

     「練習試合、広島15-2JR西日本」(11日、マツダスタジアム)

     広島が5本塁打を含む20安打15得点を奪った。ブラッド・エルドレッド内野手は「6番・一塁」でスタメン出場し、3安打1本塁打2打点をマークした。


     1点を奪って迎えた初回2死一、二塁では左越え適時二塁打。五回は、バティスタに続き2者連続本塁打となるソロを中堅席左に放った。先頭打者として打席に立った四回には、大振りすることなくきっちりと左前打。軽打に徹してチャンスメークを忘れなかった。

     シーズン終盤は調子を落とし、2軍戦で再調整してきた。「練習の中でスイングに磨きをかけてきた。きょうは良い1日だったと思う」。復活したE砲は、声をはずませた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000102-dal-base

     セ・リーグのレギュラーシーズンが10日、全日程を終了し、広島・丸佳浩外野手(28)が最多安打、田中広輔内野手(28)は盗塁王と最高出塁率のタイトルを獲得した。この日はマツダスタジアムでの全体練習で快音を響かせた2人。鯉が誇るタイトルホルダーがCS突破へ、チームを引っ張っていく。

     真夏のような日差しが照りつける中、2人のバットが快音を奏でた。石井打撃コーチが投手役を務めた無死二塁でのケース打撃。田中がライナーで右翼フェンスに直撃させると、丸はパワフルな打球で中堅フェンスにぶち当てた。柵越えはならず、丸は「クソー!」と悔しがったが、2人とも初球を捉えた。CSファイナルSへ向けて仕上がりは順調だ。

     11日からマツダスタジアムで社会人チームとの練習試合を3試合行う。レギュラーシーズン最終戦の10月1日・DeNA戦(横浜)以来、10日ぶりとなる実戦。2人のテーマは明確だ。

     丸「普通に今まで通りやってきたことをやるだけです。試合に入るまでのルーティンがあると思う。久しぶりだからどう、とかはない。しっかり試合に入っていきたい」

     田中「久々の実戦なので、生きたボールを打ったり捕ったり、体の反応を確認したい。1試合目なので、無理はしないでいろんなことを確認したい」

     昨年のCSファイナルSでは田中が打率・833でMVPに輝いた一方、丸はまさかの打率・154。「広輔がよく打ったなあと。あまり覚えていないということは特に何もしていないのかな」。苦笑いで振り返ったが、その後の日本シリーズでは打率・333とさすがの安定感を取り戻した。短期決戦の経験も豊富で攻略法も熟知している。

     「戦い方は違わないけど、短い間に勝負が決まってしまうので先手がより大事になる。難しいことは考えず、シンプルに自分たちの野球を貫きたい」

     この日セ・リーグのレギュラーシーズン全日程が終了。丸が最多安打、田中はイチロー(当時オリックス)、山田(ヤクルト)以来となる盗塁王と最高出塁率のWタイトルを獲得した。田中は「去年1年間試合に出てタイトルに興味を持ち始めた。チームもいい方向に行くんじゃないかと。それを意識したシーズンで実を結んだ。そういう意味では良かったです」と手応えを語った。

     1番・田中が塁に出て盗塁を決め、3番・丸が安打でかえす-。鯉が誇るタイトルホルダー2人が、CS突破のキーマン。初回から速攻で主導権を奪う。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000029-dal-base

     今季からスタートし、大好評をいただいている達川光男ヘッドコーチ(61)のコラム「今昔物語」-。前回まさかの「最終回宣言」が飛び出したものの、多くのアンコールに応えての第4回です。今回の話題は24年前の夏につらすぎる別れとなった「炎のストッパー」の素顔と思い出。そして投手陣の多くの言葉に支えられた自身の現役生活を振り返りながら、珍しく!?真面目に、昔と今を紡いでいきます。最後にちょっとだけ、契約更改の(秘)交渉術も…。

    「キャッチャー防御率」について明かした達川ヘッドコーチ。契約更改のマル秘交渉術とは…

     西スポ読者のみなさん、どうも達川です。早いものでこのコラムも4回目じゃの。前回で一応、最終回にさせてもらうということを伝えとったんじゃけど、「アンコール」がたくさん届いたと記者さんから言われたもんじゃけえ。それはワシもうれしいし、そう思ってくれる読者がいる限りは続けんとな。ただ、ワシの面白い話を期待してくれる方がほとんどじゃと思うんやけど、今回は真面目な話をさせてほしい思うとるんじゃ。たまにはそういう回があってもええじゃろ。配球もそうじゃけど、何事も「緩急」いうもんは大事じゃからな。

     交流戦を最高勝率で終えて、先週の仙台での楽天戦でも勝ち越して今4連勝中と、チームはいい状態じゃと思うよ。で、早速今回のことわざなんじゃけど「寸土力耕(りきこう)、力耕我を欺かず」ということ。たとえ小さな土地であっても、力を込めて耕せば、そこでの実りは耕した人を欺かないという意味よ。いまの成績は、それぞれが自分の役割いうんかの、コツコツと自分の力を尽くしてくれているおかげじゃと思う。この言葉がピタリとはまるチームになってきている思うから、秋にはきっといい実りがあると信じとるよ。

     ただ昔から「夏を制するものがペナントを制する」とか、わしらの時代は「8月を制するものが…」とよく言われてきた。交流戦とかもあって、昔とは日程も変わってきているのは確かじゃけど「オールスター後からが本当の勝負」というのは、今も昔も変わらんと思うから気を引き締めていかんとな。オールスターにはワシも何度か出さしてもろうたけど、毎年この時期になると、つらいことを思い出すんよ。
    引用元 https://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/341199/

     広島の薮田和樹投手(25)が9日、CS前最後の登板で万全をアピールすることを誓った。11日のJR西日本との練習試合(マツダスタジアム)に先発予定。18日から臨むCSファイナルSを前に「内容、結果とも求めていきたい」と力を込めた。


     レギュラーシーズン最終登板となった9月23日・巨人戦から2週間以上が経過。コンディションは整い、この日は登板2日前のブルペンで40球弱を投げた。「打者が立ってみないと分からないけど、感覚は悪くなかった」。フォームのバランスなどを微調整しており、状態は上向きだ。

     練習試合でのテーマは、意図通りの投球ができるかどうかだ。シーズン終盤は疲れもあり、腕が振れなかった。制球に苦しみ、四球も与えた。「例えば、狙ってファウルが取れたりしたら良い」。アウトを奪うための道筋を明確にして、1球も無駄にせず、投げ込んでいく。

     11日の登板から中6日を空けると、ファイナルS初戦の18日になる。日本一を目指すポストシーズンの“開幕投手”を託される可能性は十分にある。今季は中継ぎから先発に配置転換され、15勝3敗。勝率・833で勝率第1位のタイトルを確実にしている。「任された場所で投げるだけです」。快投で首脳陣を安心させ、大一番へ弾みを付ける。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000041-dal-base

     「右ふくらはぎ打撲箇所の血腫除去」で9月26日に出場選手登録を抹消された広島・安部友裕内野手(28)のCSファイナルステージでの復帰が9日、絶望的となった。

     1軍首脳陣が「切ってしまっている。(CSでの復帰は)無理じゃないかな」と見通しを語った。安部は正三塁手として今季打率・310、4本塁打、49打点と活躍。チームは右足首骨折の鈴木に続いて、レギュラー2人を欠いて、CSを戦うことになる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000510-sanspo-base

    このページのトップヘ