広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     楽天を自由契約となった松井稼頭央が西武、西武を自由契約となった渡辺直人が楽天へ移籍し、今季から両選手は古巣でプレーすることになった。

     松井稼頭央が今年の10月で43歳、渡辺も今年の10月で38歳と、大ベテランの域だが、新天地でもう一花咲かせたいところ。松井と渡辺のように新人時代に所属していたチームに戻り、再び活躍した選手を見ると新井貴浩(広島)が当てはまる。

     新井は2007年オフにFA権を行使し、広島から阪神へ移籍。11年に打点王に輝くなど、阪神の中軸を担っていたが、14年にゴメスに一塁のレギュラーを奪われ出場機会が減少した。同年に阪神を自由契約で退団し、15年に古巣・広島へ復帰。

     復帰後は代打での起用が予想されたが、レギュラーポジションを奪い125試合に出場して、打率.275、7本塁打、57打点の成績を残した。翌16年は4番打者として、101打点を挙げる活躍で、25年ぶりのリーグ優勝の立役者となり、自身はリーグMVPを受賞した。昨季は若手、中堅の成長もあり、途中出場も増えたが、100試合に出場して、打率.292、9本塁打、48打点と存在感を見せている。

     昨年9月16日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-ヤクルト戦』で解説を務めた田尾安志氏は「タイガースにいたころの印象は、追い込まれてから外のスライダーのボール球を空振りするイメージが非常に強かった。カープに戻ってからスイングがよくなった。本当に粘っこいスイングができるようになりましたね」と40歳を超えてなおも進化を続ける新井の打撃に目を細めた。

     松井と渡辺は新井と選手のタイプは違うが、同じように復活を待ち望むファンも多いはず。古巣でもう一花咲かせたいところだ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00141688-baseballk-base

     広島・松田元オーナー(66)が6日、膵臓(すいぞう)がんのため4日早朝に急逝した楽天・星野仙一球団副会長(享年70)の早過ぎる死を惜しんだ。

     松田オーナーは星野氏が現役を引退してから親交を深めたという。「熱さとクールさの両方を持っていた。(球界にとって)痛い。バリバリ引っ張っていってほしかった。あの若さでつらいと思う」と沈痛の表情を浮かべた。

     16年のドラフト会議での出来事が忘れられないという。控室に姿を見せた星野氏は松田オーナーの手を握り、「良かった、良かった、良かった」。25年ぶりのリーグ優勝を自分のことのように喜んでくれたのだった。

     同オーナーは「『良かった』と3回も言ってくれた。一緒に喜んでくれて、すごく伝わってきた。手の大きさも、声も、覚えている。部屋を出るときも『良かった』と言っていた。あの人の人柄だと思う」としみじみと振り返った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00000032-dal-base

     広島の新人合同自主トレが7日、広島県廿日市市の大野練習場でスタート。ドラフト1位の中村奨成捕手(広陵)ら9選手は午前10時からキャッチボールやランニングメニューなどで汗を流した。

     中村奨はキャッチボールで自慢の強肩を披露。午前の練習後、「やってやろうという気持ちで、きょうを迎えました。とにかく高い意識を持ってやることで力はつくと思う。高い意識でやっていこうと思います」と表情を引き締めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00000056-dal-base

     広島の新人9選手が6日、広島・廿日市市内の大野寮に入寮した。

     ドラフト2位の最速152キロ右腕・山口翔投手(18)=熊本工=はチームカラーを意識し、数日前に新調したばかりという赤のスーツケースで登場。部屋には熊本のPRキャラクター・くまモンのキーホルダー人形を持ち込み「熊本の思いを忘れたくない」と、今後もくまモングッズをそろえるつもりだ。

     同4位の永井敦士外野手(17)=二松学舎大付高=はこの日朝、東京駅に野球部の仲間がサプライズで見送りに駆けつけたことを明かし、「泣きそうになりました」と感慨深い表情を浮かべた。上野動物園で生まれたジャイアントパンダのシャンシャンに似ていると同期にいじられるなど、愛されキャラのルーキー。部屋には鏡やクシを持ち込み「身だしなみもちゃんとしないと思って」と笑みを浮かべた。

    引用元 

     広島の新入団9選手(育成3選手含む)が6日、広島・廿日市市内の大野寮に入寮した。

     ドラフト1位の中村奨成捕手(18)は「104号室」に入居。過去にはドジャース前田や野村、大瀬良らが使った“出世部屋”とあり「自分も続いて活躍できるように頑張りたい」と意気込んだ。

     部屋には広陵・中井監督からプレゼントされた、特注のマットレスを持参。「自分の体形に合わせたもの。睡眠は大事なので」と高校時代に続く寮生活に備えた。7日から始まる新人合同自主トレに向けては「まずアピールの場と思っている。どんどん自分の良さを出していきたい」と誓った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00094371-nksports-base&pos=1

     広島・堂林翔太内野手が5日、広島市内のトレーニングジム「アスリート」で自主トレを公開した。

     マツダスタジアムでの自主トレ後、スクワットなどで新井とともに汗を流し、「順調にきています」と充実の表情を浮かべた。

     昨季は44試合の出場、打率・217に終わった26歳。勝負の9年目へ向けて体重も今オフに約3キロ増量したことを明かし「増えれば増えるほど自分ではいいなと思っているので。まだ増やしている段階です」と話した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180105-00000130-dal-base

     プロ野球・中日の投手として「打倒・巨人」に燃えた現役時代から強い印象を残し、監督として中日、阪神、楽天で優勝を果たすなど引退後も球界に大きく貢献した星野仙一さんの訃報に、球界の関係者からは死去を悼む声が相次いだ。


     明大出身の星野さんと同学年で、ともに東京六大学野球のスターとして注目され、2008年の北京五輪ではコーチとして日本代表監督の星野さんを支えた、法大出身で元広島監督の山本浩二さん(71)は「突然の訃報に言葉が出ない。あまりにもショックが大きい」と悲しんだ。

     昨年11月、12月に2度行われた野球殿堂を祝う会で顔を合わせており、山本さんは「元気がなく、顔つきや声にも力がなくなっていたので心配はしていた。後でお礼の電話がかかってきたので『気をつけてくれよ』と話したばかりだったのに……。本当に早すぎる」と話した。

     昨年、星野さんと共に野球殿堂入りを果たした元大洋(現DeNA)投手で野球評論家の平松政次さん(70)は「朝、たまたま携帯電話を見ていたらニュースが流れていてびっくりした」。昨年は1月の殿堂表彰式などで3度会ったが「一度も体調が悪いなんて感じさせることはなく、むしろ星野さんはスリムだな、スタイルがいいなと思っただけだった」と驚きを隠せなかった。

     岡山東商高出身の平松さんは高校時代に、倉敷商高の星野さんと甲子園行きをかけて競った間柄。昨年11月の野球殿堂入りの記念パーティーでは「岡山で2人(同時の殿堂入り)なんて珍しいことだな」と喜び合ったといい、「がんというから急なことではないだろう。ものすごく強気で、弱い所は絶対にみせない人。内心きつかっただろうけれど、全く感じさせなかった。星野さんらしい」としのんだ。

     星野さんが阪神監督当時に球団社長だった野崎勝義さんは「編成能力に優れた監督だった。球団は外様を呼んだり、難しい交渉をしたりして良い選手を獲得するのが下手だった。二人三脚で、それまでのやり方をひっくり返した」と当時を懐かしみ、「早すぎる。夢にも思わなかった」と声を落とした。【細谷拓海、中村有花、坂本太郎】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000022-mai-base

     広島・新井貴浩内野手(40)が5日、広島市内のトレーニングジム「アスリート」で、自主トレを公開した。昨オフは優勝旅行などで多忙を極めたことが影響し、トレーニングに遅れが生じていたが、今オフは順調な調整で“過去最高ボディー”を完成。41歳当時の阪神・金本監督を超える強靱(きょうじん)な肉体を武器に、プロ20年目の41歳シーズンに臨む。

     アスリートの平岡代表に取材をしていた報道陣の中に交じった新井が、ちゃめっ気たっぷりに質問を投げかけた。「41歳の頃の金本監督よりもいいですか!?」。声の主に気づいた同代表は苦笑いで答えた。「肩や膝を故障していた金本監督と比べてはいけないけど、新井の方がはるかにいいです」。尊敬する“金本超え”のコメントを引き出した新井は「ハッハッハッー!」と高笑い。満面に笑みを浮かべて、その場を引き揚げた。

     プロ20年目も新井は元気いっぱいだ。この日は230キロのバーベルを持ち上げるセーフティスクワットで10回を記録。うめき声をあげながら、MVPを獲得した一昨年のシーズン前と同等の数値をたたき出した。年末にはベンチプレスで「100キロ×10回」と「110キロ×8回」の新記録を達成。平岡代表は「今までで一番いい。入団以来、自己記録を更新した。まさかあんな数値が出るとは思わなかった」と、驚きを隠さなかった。

     新井の明るい表情が、順調な仕上がりを物語る。昨オフは優勝旅行などの影響で調整に遅れが生じたが、今オフはバッチリ。41歳シーズンを前に“過去最高ボディー”を完成させ「いいと思う。昨年よりはるかにいい。下半身も上半身も数値的に状態がいい。もうワンランク上にしてからキャンプに行けたらいいと思います」と納得顔だ。

     見据えるのは頂点だけだ。球団史上初のリーグ3連覇へ「チーム一丸」の重要性を説き、「(2連覇は)2回ともビジターだし、そうなれば最高」と本拠地・マツダスタジアムでの胴上げに思いをはせた。

     数字の目標を聞かれると「数字はない」ときっぱり。「ただいいところでヒット、ホームランをたくさん打ちたい」と力を込める。スタイルも不変だ。リーグ連覇した昨季も苦しむチームを支えた。8月に鈴木が故障離脱した後も、CSファイナルSで崖っぷちに追い込まれた時も4番に座ったのは新井だった。

     「昨年も一昨年も言っていたけど、自分は行けと言われたところで体と気持ちのスタンバイをするだけ。しっかりと準備しておく」

     今年も一振りで流れと雰囲気を変える。明るさと勝負強さでチームを頂点へ導く。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000020-dal-base&pos=4

     広島・赤松真人外野手(35)が4日、京都市内の立命大柊野グラウンドで自主トレし、胃がんからの復活を目指す今季の目標を「カムバック賞」に定めた。手術から1年。ともに闘ってくれた家族、温かい声を送ってくれたファン、そして必要としてくれた球団への恩返しを改めて期した。

     外は粉雪舞う底冷えの室内練習場。赤松は入念なウオーミングアップを済ませた後、キャッチボール、ノック、マシン相手の打撃練習を次々と軽快な動きでこなしていった。

     「順調と言えば順調ですよ。目標はカムバック賞。今年に限ったことではなく、いつかは取りたいな」

     昨年1月5日の胃がん手術から、ちょうど1年。ぼやけていた視線の先が今は明確に輪郭を帯びてきた。

     チームの勝利を最優先する男が個人的な賞を目標としたことには理由がある。

     「ファンの方に、たくさんの励ましの手紙や声をもらって、それを力にすることができた。球団も、何もしていない僕を戦力としてカウントしてくれた」

     ともに病魔と闘ってくれた夫人と2人の愛息をはじめ周囲の人々への感謝は尽きない。「もう僕の野球人生には恩返ししかない。もう一度、1軍で元気な姿を見せたい。盗塁をしたい」。強固な意思を胸に自慢の快足でダイヤモンドを駆け回る日を思い描いた。

     いまも1カ月に一度の血液検査、3カ月に一度のCT検査は欠かせない。抗がん剤投与の影響で足にはまだ若干のしびれが残り、食欲減退により体重も例年オフの75キロには4キロ程度届かない。「逆に体が軽くなって、いい感じなんじゃないかと思う」と明るく振る舞い、年末年始も故郷・京都で休まず練習を続けてきた。

     「練習は一通りできるけど、チームと一緒の練習をやってみてどうか。どれくらいできるか、早く試したい」

     フルメニューをこなせる状態で春季キャンプを迎えることが現状での目標。今月中旬からは選手会の合同自主トレにも参加する予定で「焦ってはいないです」と言い切った。

     「まずは今、野球ができていることに感謝したい。もちろん復帰が目標だけど、結果を考えずに全力でやれるだけやりたい」。現実と向き合い、一歩ずつ着実に復活への道を歩んでいた。(桜井 克也)

     ◆カムバック賞 1974年に制定された連盟特別表彰で、長期離脱や成績不振から復帰した選手が対象。選手生命に関わる負傷から復活した選手が多いが、01年受賞の盛田幸妃(近鉄)は98年に脳腫瘍摘出手術を受け、3シーズンぶりに勝利を挙げたことが評価された。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180105-00000027-spnannex-base

     広島は4日、広島市内の球団事務所で仕事始めを迎え、松田元(はじめ)オーナーが球団史上初のリーグ3連覇へ決意を新たにした。

     選手から届いた年賀状の中でも昨季セ・リーグMVPの丸が手書きで添えた「3連覇して、マツダスタジアムでビールかけがしたいです」の一文に感激。「チームもわれわれも同じような気持ちで望んでいるということ」と歓喜の瞬間を広島で迎えることを夢見た。

     今季はマツダスタジアムが開場10年目となる節目。「日本一の球場と思っている。だからこそチームも日本一になってほしい」。過去2年はいずれも敵地でリーグ優勝が決定。16年は日本シリーズ、17年はクライマックスシリーズで敗れ、本拠地では胴上げやビール掛けをできなかった。「(丸は)よく分かっている。思うところがあったんじゃないかな」と主軸の熱い思いがうれしかった。

     3連覇へ向けた課題については「四球を少なくすることが最大のポイント。去年の苦しい勝ち方(の要因)に一つあったのが四球じゃないかなと思う」と指摘した。与四球数は16年の418(リーグ2位)から17年は476(同4位)へ悪化。「16年の時よりも減らさないといけない」。“四球減”のオーナー号令が大目標への大きな手がかりになりそうだ。(河合 洋介)


    引用元 https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/01/05/kiji/20180104s00001173259000c.html

    このページのトップヘ