広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     広島・野村祐輔投手(28)が11日、母校の勝利を喜んだ。広陵は全国高校野球選手権・1回戦で中京大中京を破り、初戦突破。「いいゲームでしたね。広陵らしい、しっかりした野球をしていた」と感想を語った。

     自身は2007年、高3夏の決勝で佐賀北に逆転負けを喫し、準優勝だった。この時期を迎えると当時を思い出すか聞かれると「毎年映像が出ますもんね」と苦笑い。この日も追い上げられる展開で、「最後ひやひやしましたけど、勝てて良かったです」と笑った。

     続けて「次も優勝候補と当たると思いますが一戦一戦大事に戦ってほしい。やりきってもらいたい」と優しいまなざしでエールを送っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170811-00000070-dal-base

     「広島-巨人」(11日、マツダスタジアム)

     巨人の試合用ユニホームなどを運ぶ荷物車の到着が遅れ、30分の試合開始遅延が決まった。本来ならば午後6時試合開始予定だったが、場内アナウンスでも開始予定時刻の約5分前に同6時30分の試合開始が説明された。

     スタンドからはどよめきが起こった。この日から3連休。お盆の帰省ラッシュと重なり、渋滞などに巻き込まれたものとみられる。

     場内アナウンスが「本日の試合開始時間を6時から6時30分に変更させていただいております。お客さまにはご迷惑をおかけしておりますが、今しばらくお待ちください」とが流れる中、2桁勝利に王手をかけている先発の田口はキャッチボールを繰り返した。荷物車が到着し、三塁側ベンチには巨人ナインも試合用ユニホームを着て円陣を組み試合開始に備えた。

     巨人は10日、東京ドームで阪神とナイターで戦い、この日は広島へ移動しての試合だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170811-00000087-dal-base

    <中日6-5広島>◇10日◇ナゴヤドーム

     またも背信投球。広島の先発九里亜蓮投手(25)は2回までに5点の援護をもらいながら、5回途中5失点でマウンドを降りた。

     5回まで毎回先頭の出塁を許した。2点を先制した直後の1回は、先頭京田への四球から失点。2回は先頭藤井、堂上の連打でピンチを招いて2失点。3回には先頭ゲレーロからの連続長短打で1点差に迫られると、5回も先頭ビシエドの三塁打から内野ゴロで失点し、リードをすべて吐き出した。

     なおも2死二塁の場面で降板となった。1回に4失点した前回3日阪神戦(マツダスタジアム)に続く背信投球で、配置転換される可能性もある。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-01870141-nksports-base

     第99回全国高校野球選手権大会がまもなく始まる。どんな名勝負が刻まれるか。2007年夏の決勝は、劇的に勝者と敗者が入れ替わった。広陵(広島)―佐賀北。プロ野球広島のエースとなった野村祐輔が、10年の歳月を経て振り返った。


     (2007年決勝 佐賀北5―4広陵)

     「作家さんがいるんじゃないか、という印象深い試合だった。それが決勝というのがね……」

     当時広陵のエース、野村祐輔が語り出す。2007年夏。幾多の名勝負でも実現することがなかった、史上初の決勝での逆転満塁本塁打が飛び出した広陵―佐賀北。今もなお人々の記憶に鮮烈に残る。

     広陵は二回に2点を先制。七回にもエンドランが決まった。今大会これまで無失点投球を続けていた佐賀北のエース久保貴大を崩した。野村は七回まで、被安打わずか1。「このままいけるのかな」と感じていた。

     暗転したのは、4点リードの八回だった。1死を奪ったあと、連打を浴びた。すると佐賀北が陣取る三塁側を中心に、甲子園の雰囲気が一変した。ボール球一つで、拍手と歓声は渦を巻くように増していく。

     この年、球界はプロ野球の裏金問題に端を発し、特待生問題が表面化していた。あの日、5万人の大歓声は判官びいきもあって、公立校の佐賀北には追い風となり、私立の広陵には強烈な向かい風となった。

     四球で満塁。さらに次打者へ、3ボール1ストライクからの球が際どく外れた。押し出し。野村が顔をゆがめる。三塁手で主将の土生翔平が声をかけたが、大歓声にかき消され、野村には届かない。

     迎えた打者は3番の副島浩史。内角高めの球で上体をおこす。そして、決め球を低めに落とすはずだった。だが、カウント1―1からのスライダーは高く、中へ。逆転満塁本塁打――。

     「今までにない感情だったんじゃないかな」。打球の行方を見つめたその表情は、笑っているようでも泣いているようでもあった。以降、野村の記憶はゲームセットまで途切れている。

     「甲子園の魔物、なんですかね。結果だけ見れば、のみ込まれた感じですけど」

     後日談がある。広島に戻った広陵は、選手だけのミーティングを開いた。「準優勝で良かったという人生を送れるように、これから頑張っていこう」。土生を中心に誓い合った。

     屈辱を味わった9人のうち、4人が大学や社会人を経てプロに進んだ。野村、土生、遊撃手の上本崇司は広島に。捕手の小林誠司は巨人に入団した。野村は16年に最多勝を獲得し、小林は17年のワールド・ベースボール・クラシックで日本代表の正捕手をつかんだ。「日本一になれなかった悔しさがあったから、大学で頑張れた」と野村は言う。(吉田純哉)


         ◇

     〈野村祐輔 のむら・ゆうすけ〉 岡山県倉敷市出身。明大を経てプロ野球広島に入団。2012年に新人王、16年に最多勝と勝率1位のタイトルを獲得。


    引用元 http://www.asahi.com/articles/ASK7C6WGXK7CPTQP01B.html

    ◆中日6x―5広島(10日・ナゴヤドーム)

     今季3度目のサヨナラ負けで、マジック再点灯はお預けとなった。

     過去2試合で2得点だった打線が初回から中日の先発・八木を攻めて、2回までに5得点。しかし先発・九里がこのリードを守れなかった。5回まで毎回、先頭打者を出して、5回途中5失点。打線も3回以降は追加点を奪えず、最後は守護神・今村が大島にサヨナラタイムリーを浴びた。

     九里は「ゲームを作ることができなかった」とがっくり。緒方監督は「次回(先発)はまだわからない」と厳しい表情だった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00000254-sph-base

     102試合目で優勝マジック33が初点灯した広島。まだ41試合を残す中、野手では唯一、シーズン自己最多出場を更新しているのが5年目の上本崇司内野手(26)だ。新人だった13年の30試合を上回る33試合に出場している。

     実は「第4の捕手」という“重役”を担っている。植田バッテリーコーチが説明する。「彼は器用だから。何かあったときは頼む、と前もって伝えている」。7月21日の中日戦。負け試合の中、勝利を目指すため石原、磯村に代打が送られたことで、9回には会沢がマスクをかぶった。万が一、会沢にアクシデントがあった際、マスクをかぶる予定だったのが上本だった。

     「捕手で試合に出たのは中学のときが最後。正直、準備は何もしていないけど、心構えだけはできています」。チームにとっては、捕手としての出場機会がないことが一番だろうが、欠かせないピースであることも事実だ。

     今季は定評のあった守備に加え、俊足ぶりも光る。プロ初盗塁を含む2盗塁をマーク。何より今季のチーム初勝利を呼び込んだことが記憶に残っている。開幕2戦目だった4月1日の阪神戦。延長10回に代走出場し1死二、三塁から安部の二塁へのゴロで三塁走者として好走塁を見せ、サヨナラ勝ちを呼んだ。

     河田外野守備走塁コーチからも走塁面で評価を受ける。「そんなに出場機会はないけど、初めて盗塁を決めたこともあり、自信をつけたんじゃないかな。必要とされていることに喜びを感じていると思う。今年は自信なさげにしている姿がなくなったね」と変化を感じている。

     上本自身も「強気な気持ちを持って、今年はやれていると思います」と一定の手応えをつかんでいる。その一方で、現状には満足していない。「試合出場数が、ただ増えただけでは仕方ないです。盗塁もまだ2つだけですし、打席にももっと立ちたいですから」。

     今季は7打席に立って1四球も無安打。悔やむのは5日DeNA戦で7回2死で回ってきた打席だった。カウント2―2からフォークを空振り三振。「結果を出したいという気持ちが強くて…。つい、欲が出てしまいました」。顔をしかめながら振り返る姿から歯がゆさが伝わってきた。代走、守備固め要員のままで終わるつもりは毛頭ない。(記者コラム・柳澤 元紀)


    引用元 http://m.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/08/09/kiji/20170809s00001173031000c.html

    このページのトップヘ