広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

     ◇セ・リーグ 広島2―1中日(2015年10月2日 マツダ)

     4位の広島が2―1で5位中日を下して5連勝。3位阪神に0.5ゲーム差に迫り、クライマックス・シリーズ(CS)進出に望みをつないだ。先発の前田健が7回1失点と好投し、自らの2ランで挙げた先制点を守って15勝目。2010年、13年に並ぶ自己最多勝利に並ぶとともに、今季リーグ単独トップに立った。

     広島は0―0の3回、先頭打者の安部が中前打で出塁。石原の犠打で1死二塁とし、続く前田健が左翼席へ1号2ランを放って先制した。しかし、その後は中日先発の若松に抑えられ、リードを広げることはできなかった。

     前田健は100球を超えた7回に1点を返され、さらに2死二、三塁のピンチを背負ったが、後続を断って追加点を許さなかった。結局この回限り、6安打1失点5奪三振でマウンドを降りた。8、9回は大瀬良、中崎と無失点リレーで反撃を封じた。

     中日は先発の若松が前田健に浴びた一発による失点だけで8回を投げ切って8安打2失点。打線は7回にエルナンデスの11号ソロで1点差に迫ったが、あと一歩及ばず、若松の148球の力投に応えることができなかった。

     広島・河内は、球団事務所で戦力外通告を受け「最高の球団、仲間、ファン、それと家族に支えられ、16年間は宝物になりました」と振り返った。

     99年ドラフトでは国学院久我山(東京)から3球団競合の末に1位入団。将来を嘱望されたが相次ぐ故障で09年オフに戦力外通告を受け、育成選手を経て、12年に支配下選手。通算成績は166試合で16勝28敗。「16勝しかできなかった」と悔やんだが、「カープに入って良かった」と感謝した。

    このページのトップヘ