懐かしの猛虎戦士が現役当時を振り返る企画「あの時は…」。今回は1974年オフに若生智男投手(現デイリースポーツ評論家)とのトレードで阪神に加入した安仁屋宗八氏(75)=現広島OB会長、デイリースポーツ評論家=の登場だ。移籍1年目は66試合に登板し、12勝5敗、7セーブ、防御率1・91。中継ぎで大車輪の活躍を見せ、最優秀防御率とカムバック賞を獲得した。盟友・田淵幸一氏との秘話、巨人への思い、阪神で過ごした5年間を振り返った。


  ◇  ◇

 トレードのきっかけは1974年開幕前、ジョー・ルーツ(当時広島打撃コーチ)からサイドスロー転向を勧められたことだ。ワシは「なぜ、キャンプの時に言わなかった?」と断った。そのオフ、ルーツが監督になって、若生さんとのトレード話が進んだ。

 ワシは阪神に行くなら辞める腹積もりじゃった。女房にも「カープから電話があっても、どこにおるか言うな!」と。でも、吉田さん(当時阪神監督)に請われ、広島でお世話になった方からも「1年遊んでこい」と勧められてね。入団した頃からかわいがってくれた古葉さんも女房に「阪神に行った方がいい」と言っていたみたい。「じゃあ1年だけ行ってきます」とトレードを受け入れたんじゃ。

 それまでオフは遊ぶもん、ジャージー、運動靴も履いたことがなかったけど、悔しかったから、カープを見返したかったから、ジムにも初めて通った。体重を7~8キロ落とした。

 「浩二(山本)、衣笠、大下には打たさん!」とカープ戦は必死に投げた。ある試合で浩二に敬遠のサインが出た。ワシは吉田さんに「敬遠するなら代えてくれ!」と直訴した。本塁打を打たれてしまったけど、後悔はない。今となってはいい思い出だよ。

 移籍1年目(1975年)にカープが初優勝した時も複雑というより喜んだよ。古葉さんが監督だったからね。三村がワシから(9月に)甲子園で本塁打を打ったんだけど、あれで(事実上)決まったんじゃないかな。

 阪神という注目度の高いチームで巨人戦は燃えたね。小さい頃から沖縄での野球中継といえば巨人戦。雑誌も巨人の選手が表紙を飾っていたからね。やっぱり長嶋さん、王さんから三振を取りたかった。当時のピッチャーはみんなそうだったんじゃないかな。吉田さんもワシを巨人戦で起用してくれた。カープの時から巨人に勝たせてもらっていたから、そういう狙いもあったんじゃないかと思う。

 最も思い出に残っている試合は神宮でのヤクルト戦。大杉にぶつけて、次の外国人選手にもぶつけたら広岡さん(当時ヤクルト監督)が怒って、ベンチから出てきた。大杉も詰め寄ってきたんだけど、田淵が大杉に飛びかかって止めてくれた。広岡さんは「安仁屋を退場にしろ!」と言ったけど、ワシは退場にならんかった。田淵が守ってくれた。

 田淵とは相性が良かった。肩が良かったから、走者を出しても安心して投げられたね。打つだけの捕手だと思っていたけど、いい捕手だった。試合が終わってからも一緒にマージャンをしたり、飲んだりね。オフは田淵の自宅に呼んでもらったこともあるし、本当によくしてもらったね。

 79年オフ、古葉さんから「戻ってこい」と言われて、カープに戻ったんだけど、阪神に行って良かったと思っている。今のワシがあるのも阪神での5年間が大きい。カープに帰ってからの現役2年間は何もできなかったけど、古巣のありがたみも分かった。今でもカープが優勝できなかったら、阪神にしてほしい。お世話になったところが優先。シーズンの順位予想でも常に広島優勝、阪神2位にしとるじゃろう。



引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200421-00000079-dal-base
名無しさん : 2020/04/21 15:42:12
トレードされた年にカープが球団創設初優勝。
翌年タイガースは巨人と熾烈な争いをしたけど
2位、不運な投手だなって思っていたけど、


でもタイガースを愛してくれていたんだね。
タイガースファンとしてはホッとした。

解説ではカープ愛が溢れているけど、タイガース
のことも褒めてね。
名無しさん : 2020/04/21 18:54:11
いつも一位は広島二位は阪神にしてましたね
名無しさん : 2020/04/21 15:53:30
阪神に移籍した年に、古巣・広島が優勝したのは皮肉といえば皮肉でしたが、古巣に復帰した年に優勝できたのは良かったですね。
ただし安仁屋さんはほとんど貢献できなかったようですが、優勝を味わって引退できたのですから幸せでしたね(^O^)
名無しさん : 2020/04/21 16:53:04
安仁屋さんのシュートはカープ時代阪神も苦手にしていたが、トレードで来た時は、成績も落ちていたし、あまり期待をされていなかった。移籍の年の大車輪の活躍とカムバック賞はファンには嬉しい誤算でした。大阪ではあまり拝見出来ないですが、ますますのご活躍をお祈りします。
名無しさん : 2020/04/21 15:22:36
70年代後半、阪神に行って中継ぎもこなし甦った。同じ時期に南海から来た江本と阪神投手陣を支えたと言っていい。
名無しさん : 2020/04/21 17:12:34
カープではルーツ、阪神ではブレイザーと何故か外国人監督と相性が悪く出番を失ってしまった…
広島では安仁屋さんが阪神におったことを知らん人も増えた、ときおり阪神時代の話をしてくれるときは嬉しい、イイ記事でした。
名無しさん : 2020/04/21 15:52:41
ドラマ版「ルーキーズ」で安仁屋といえば市原隼人が演じて主役級。トレードで阪神に来たのに大きな扱いだった。そういえば昔は広島と阪神っていい関係だったっけ。どっちも2番目に好きなのが「阪神」「広島」って言い合ってた。それが今や……時代も変わったよなぁ。
名無しさん : 2020/04/21 17:18:08
カープ時代は先発で活躍、特に巨人に強く、巨人キラーとして有名だった。
阪神時代の5年間は全てリリーフで登板、2年目の1976年は巨人と阪神のマッチレースになったが、惜しくも2位に終わった。
名無しさん : 2020/04/21 16:28:17
80年の日本シリーズ、延長の表で江夏さんが打たれた後に安仁屋さんが登板。最後の打者を三振で何とか抑えた。敗色濃厚だったけど安仁屋さんも古葉さんも嬉しそうな顔だったのが忘れられない。

75年の甲子園の三村さんのホームランも懐かしい。ラジオだったけど自分で見たかのように今でも景色が印象に残ってる。
名無しさん : 2020/04/21 18:53:37
カープ愛のイメージが強いが実はキャリアハイは阪神時代
根本陸夫が監督の時に主力だった外木場が大活躍して優勝した中、当時思うことはあったと思ったり
名無しさん : 2020/04/22 00:29:26
本当のキャリアハイは、1968年23勝11敗防御率2.07 完投20完封5でしょう。
名無しさん : 2020/04/21 19:50:27
阪神時代、一塁側アルプス席の最前列から、安仁屋投手に振り向いてほしくて、思わず「安仁屋、こっち向けー」と叫んだら、「おー怖わ」と笑顔を向けてくれました。
あの時は失礼いたしました。そして、振り向いていただき、ありがとうございました。
名無しさん : 2020/04/22 01:40:39
シーズン前の順位予想がいつも1位広島2位阪神に成っている訳が分かった
今時見ない凄く義理堅い方
名無しさん : 2020/04/22 00:50:52
小学生の頃、現役引退された後、グラブにサインをおねがいしたことがありますが、君たちの気持ちはうれしいが、俺なんかのサインをしたら、君たちのグラブが汚れる、現役で活躍してる選手からもらいなさい、と断られました。幼心にうーん
深い!と思いました。サイン貰うより、記憶に残る思い出
名無しさん : 2020/04/22 11:58:57
漢ですね!
名無しさん : 2020/04/21 21:40:02
元々、サイドスローやろ
沖縄県出身プロ一号
G戦に良く好投しとった投手やった
名無しさん : 2020/04/21 15:12:48
安仁屋さんも広島でタレント化してしまったけど、いつテレビで見てもラジオ聴いても人の良さがわかる。
名無しさん : 2020/04/21 17:01:47
安仁屋、上田、谷村、村上の4人が試合の後半に出て来てた時代、懐かしいな。
名無しさん : 2020/04/21 19:06:15
どんな時でも開幕前の順位予想ではカープを優勝チームに挙げている。
名無しさん : 2020/04/21 19:34:07
長谷川→外木場→北別府→佐々岡→大瀬良のようにカープ漢字3文字のエースの系譜の一人だよね。
名無しさん : 2020/04/21 20:28:02
沖縄ナンバー1投手は安仁屋さんで決まりかな?
沖縄出身で100勝以上は安仁屋さんだけだと思った。
名無しさん : 2020/04/21 15:22:33
広島弁ていいよなあ
でも沖縄の方なんですね
名無しさん : 2020/04/21 15:28:34
衣笠も京都出身なのに、広島弁じゃったの〜