2018年4月、プロ野球・中日の松坂大輔が国内では12季ぶりの勝利を挙げた。今季、同じ1980年生まれの「松坂世代」で、昨季まで広島でプレーした梵英心は、栃木県小山市を拠点とする社会人野球チーム・エイジェックで内野手兼コーチとして新たな野球人生を踏み出した。梵はどんな日々を過ごし、何を求めてボールを追っているのか。



 ◇「一般的なサラリー」の正社員

 エイジェック野球部は今年2月に発足。練習拠点は、小山市内の閉校した小学校だ。梵は正社員として在籍している。
 「ありがたいことに、野球に専念させてもらっています。こんなに野球漬けの環境はそうはないと思います。一般的なサラリーですよ。元プロ野球選手だからすごくもらっているという世界ではないです。サラリーマン出身、社会人だったので、金銭感覚はそれなりに持っているつもりです」
 充実した毎日だが、新天地が決まるまでの道は長かった。昨年10月、広島を自由契約に。プロ野球の他球団や米独立リーグなどへの移籍を探ったが実現せず、今年5月にようやくエイジェックへの加入が発表された。
 「まだ若い選手には負けない気持ちもあったし、もう少し頑張ればチャンスをつかめそうで。球団も自由契約にしてくれて。NPBのどこかに行けたら一番よかったんですけど。(エイジェックは)野球選手として見てくれたので、それが決め手ですね」
 「かっこいい言い方ですけど、社会人野球に何か恩返しできないかな、と。エイジェックはスポーツ選手のセカンドキャリアをサポートしている会社でもあったし、野球人口の減少に対して何か行動できないかなというのもずっと思っていました」

 ◇「いつも勉強」の毎日

 栃木で、梵は同じ松坂世代の村田修一と再会した。村田も昨オフ巨人を自由契約となり、独立リーグのBCリーグ・栃木に入団。BCリーグの栃木もエイジェックが運営し、同じ練習拠点を使用している。村田はNPBへの復帰を目指して練習に励んだが、今年8月に今季限りでの引退を表明した。
 「村田はとっつきにくい性格とか言われているじゃないですか。でも、そういう部分はまったく見えなかった。校舎からグラウンドを見ていると、若い選手にしっかりアドバイスをしている。あいつなりに頑張っているのかなというのは伝わってきます」
 「僕の勝手な思いで、村田と直接そういう話をしたとかではないんですけど、村田はまだ野球に対して何か求めているんだろうなと思います。野球のことを勉強したいんだろうな、野球に向き合いたいのかなというのを感じます。僕もここにたどり着いて、改めて野球が好き、野球がしたいと気付いたので、村田も多分そうだと思います」
 梵は、同い年の松坂を「雲の上の存在」と表現。自らを松坂世代と意識したことはないという。10月には38歳となる今について、梵はこう語る。
 「このチームはいろんな選手がいます。そういう選手に、僕が知っている物をすべて渡してあげたい。教えるのは難しいです。自分が勉強しないといけない。テレビで試合を見ていても、『こういうことがあるんだ』って、いつも勉強です。何かヒントがないかなってアンテナを立てておかないと、これからは生きていけないと思うので」

 ◇生きている広島との絆

 梵と広島との絆は今も生きている。広島の菊池涼介や安部友裕らから、エイジェックに道具の差し入れがあったという。現在の「強いカープ」は、梵の目にどう映っているのか。
 「底力があるなあと思って見ています。選手がすごく伸び伸びしていて、自信を持ってやっているので、1個のミス、1個の負けを引きずっていません。それが昔との違いですね」
 梵は広島県出身で、少年時代から広島ファンだった。指導者として広島に戻る日は来るのかと尋ねると、梵はこう言った。
 「興味はあります。でも、(広島の指導者に)なりたいという願望は今はないです。今はエイジェックの選手にすべてをささげたい気持ちでやっています。だから、中途半端な気持ちでやったら、今の選手、今のチームに申し訳ない。今はここですべての力を注いで、もし、そういうタイミングが来るなら、その時のために自分も成長しないといけないなというのは、頭の片隅には置いています。でも、それがすべてではないです」(時事ドットコム編集部)


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00000067-jij-spo
名無しさん : 2018/09/11 15:08:59
昨今の広島の快進撃の影で、梵みたいに厳しい時代を支えてきたベテラン選手が、ここ数年で全くと言っていいほどいなくなりましたねえ...

新井さんも7年間広島にいなかった事を考えると、厳しかった時代も今もずっと1軍にいるベテランって、石原ぐらいかな?
名無しさん : 2018/09/11 16:26:18
天谷や永川も入るかな。
名無しさん : 2018/09/11 23:08:00
永川が夏にカープ投手陣が1番厳しかった時に復活してくれた。永川には梵の分もビールかけしてほしい。
名無しさん : 2018/09/11 14:53:38
懐かしいですね。一生懸命やってる人は応援したくなります。梵さん、今の広島カープも頑張ってますよ。
名無しさん : 2018/09/11 14:57:02
村田の引退セレモニーでネット中継の解説やってましたね。ああいったこともいろいろと今後に活きてくるんでしょうね。頑張ってほしいですねぇ。
名無しさん : 2018/09/11 23:07:00
ドラフトでは楽天が指名を匂わせていたが、無事獲得。
俊足、堅守のうえ、小柄な身体に似合わないパンチ力は魅力的でした。
正遊撃手不在の時代の救世主でした。
ありがとうございました。
まだまだ頑張って下さい。
名無しさん : 2018/09/11 22:06:57
梵さん、ありがとう
一社会人として元気をもらいました。
どんなステージでも勉強して成長しないとですね。

いつの日か、指導者としてカープのユニフォームを着て活躍する日を楽しみにしています。

そよーぎえいしん!
名無しさん : 2018/09/11 16:47:20
梵選手も新天地で頑張っているのですね!
エイジェックでのセカンドキャリア、応援しています。

市民球場がホームの、弱き時代のカープを知る現役選手もほとんどいなくなりましたね。

澤崎投手とか小林幹投手とか応援してたなぁ。
名無しさん : 2018/09/11 18:47:41
梵選手のマフラータオル、まだ大切にしてますよ!(イラストは似てないが。。。)
名無しさん : 2018/09/11 15:34:16
梵と言えば思い出す光景が有る。
一昨年だったか、二軍戦で桒原がライト前にクリーンヒットを打った。
タイムリーでも何でもなかったが、ベンチに帰ると梵が凄く喜んでいて
桒原のヘルメットをバシバシ叩いていた。それまでの桒原は、プロの
スピードに押され振り遅れのポテンヒットばかりだった。
梵は桒原の成長をすごく喜んでいたようだった、同じポジションの
ライバルだと言うのに。桒原よ、早く出て来いよ、梵先輩のために。
名無しさん : 2018/09/11 15:39:56
怪我をせず頑張って欲しい
名無しさん : 2018/09/11 14:49:45
暗黒時代のカープを支えてきた梵。
名無しさん : 2018/09/11 16:27:19
東出との二遊間だったな
名無しさん : 2018/09/11 23:11:29
間違いなく今のカープを作って来た選手考え方も素晴らしい。梵選手を応援してます。独立リーグで頑張ってください。
名無しさん : 2018/09/11 17:25:17
梵の新人王記念Tシャツを持ってます。
いつかカープに帰って来てくれるといいなあ。
名無しさん : 2018/09/11 16:13:20
地元栃木のチームに来てくれて、本当に嬉しいです。これからのチームですから、チームと一緒に梵選手も日々勉強して、成長して行ってもらいたいです!
名無しさん : 2018/09/11 18:00:46
梵はまだやれる
頑張ってくれ
名無しさん : 2018/09/11 15:39:03
初CSの時の甲子園で打った三塁打は未だに覚えてるわ。
名無しさん : 2018/09/11 19:23:12
その時は感激のあまり涙しました
名無しさん : 2018/09/11 15:29:25
昨日エイジェックがどっかと試合してたけど、四番ショート梵、七番セカンド川相(元巨人)よりも六番DH中崎(元西武投手)に驚いた

しかもヒット打ったっぽいし
名無しさん : 2018/09/11 14:54:24
「ぼん」って打たないと梵って出てこないのよね。
梵・嶋・倉がスタメンを並べてた時代が懐かしい。