広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    2015年07月

     広島のネイト・シアーホルツ外野手が、31日・DeNA戦(横浜)を欠場することになった。

     30日・ヤクルト戦(神宮)で体調不良のため途中交代し、「熱中症」と診断されていた。この日は球場に姿を見せず、横浜市内の病院で点滴治療を受け、宿舎で静養に充てた。

     松原チーフトレーナーはシアーホルツの今後について「明日以降の状態を見て判断することになると思う」と話した。

     「ヤクルト4−5広島」(30日、神宮)

     広島が八回にヤクルト“勝利の方程式”の一角であるオンドルセクを攻略し、逆転勝ちした。

     2点を追う八回、先頭の代打・野間が中前打、続く代打・松山が右中間二塁打を放ち無死二、三塁とし、菊池が右犠飛を打ち上げ1点差とした。なおも一、二塁となりグスマンが右中間へ逆転の2点適時二塁打を放った。

     「いい感じで打てました。重要なのは、チームに勝つこと」

     四回には来日初本塁打を放っており、2安打3打点の大活躍だ。

     24日に第3子出産立ち会いのため帰国したエルドレッドに代わって昇格したが、前日まで10打席連続無安打。28日・ヤクルト戦(神宮)では代打で出場したが三振に倒れ、ベンチで暴れた。

     「自分に腹が立った。止めてくれた監督に感謝したい」と、グラウンドで恩返しの大暴れだった。

     ◇セ・リーグ 広島5―4ヤクルト(2015年7月30日 神宮)

     広島が助っ人グスマンの2安打3打点の活躍でヤクルトに逆転勝ちした。

     今季2勝目を狙う先発の薮田は初回から不安定な投球。畠山に2ランを浴びるなどいきなり3失点。3回にも雄平の適時打で1点を失い5回4失点でマウンドを降りた。

     4点のビハインドとなった打線だが、4回に1番菊池のソロと3番でスタメン出場したグスマンが今季1号となるソロを放ち2点を返した。8回には代打で入った8番野間と9番松山が中安打と右二塁打で無死二、三塁の好機を演出。この代打攻勢がハマり、続く菊池の右犠飛で1点差に迫った。2番丸が四球で出塁すると、グスマンが右中間を破る千金の適時二塁打を放ち逆転した。

     8回は大瀬良が、9回は中崎が1点を守り抜き広島が逆転勝利を飾った。

     ヤクルトは畠山の20号2ランなど序盤で4点のリードをもらった先発の石川が粘投。6回を2失点に抑え、助っ人救援陣にマウンドを譲ったが3番手のオンドルセクが誤算だった。広島に逆転負けを喫し首位から陥落した。

    <ヤクルト8−3広島>◇29日◇神宮

     5番に降格した広島新井貴浩内野手(38)が、後半戦初打点を記録した。


     今季スタメン出場し4番を外れたのは、4月15日ヤクルト戦の6番以来。4回に14打席ぶりの安打を記録すると、7回は1死二、三塁からロマンの内角球を右翼前にはじき返した。7月15日阪神戦以来の適時打で一時は3点差に迫るも、その裏に突き放されチームは敗戦。

     試合後も「(打撃不振は)体調は関係ない。みんな疲れているわけだから。何番でもやることは変わらない」と表情は厳しいままだった。

    2

    ◆ヤクルト8―3広島(29日・神宮)

     広島・緒方監督の打線改造は不発だった。29日のヤクルト戦(神宮)で、新井を5番に下げ、シアーホルツを5月15日以来の4番に据えた。だが、シアーホルツは走者を置いた4打席で凡退するなど5打数無安打。指揮官は「連戦も続くし、相手ピッチャーやバッターの調子によって、打線はいろいろと考えていく」と話したが、ヤクルト・小川に通算1勝9敗となった。

     シアーホルツは「角度のある球を投げられた。捕らえられる球が少なかった」と小川に脱帽。新井は適時打を含む2安打を放ったが「後半戦に入ってから、思うようなスイングができていない。自分でも歯がゆい」と唇をかんだ。

    このページのトップヘ