広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    2018年07月

     広島の新外国人ジョニー・ヘルウェグ投手(29)=前パイレーツ傘下3A=が17日、ウエスタン・中日戦(ナゴヤ球場)で実戦デビューを果たした。緒方監督、畝投手コーチが見守る中、1イニングを無安打無失点。速球の最速は157キロを計測した一方で、1死球、1四球を与えるなど制球に課題を残した。

     6月中旬以来の登板にヘルウェグは「前回から今日まで間隔が空いたけど、マウンドでしっかり投球できたことをうれしく思う。スコアボードにゼロを刻めたことが良かった」と収穫を強調した。

     緒方監督は「まだまだこれから」と上がり目に期待。畝投手コーチは「左バッターに抜け球があった。コントロールの精度を上げてほしい」と評した。

     


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000078-dal-base

     「ウエスタン、中日4-3広島」(17日、ナゴヤ球場)

     2軍調整中の広島・今村猛投手が登板し、1回を無安打無失点に抑えた。

     最速144キロを計測し、見逃し三振も奪ったが、畝投手コーチは「変化球が多かったね。真っすぐを投げきれての変化球」と指摘。直球の精度向上を求めていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000122-dal-base&pos=1

     「中日-広島」(17日、ナゴヤドーム)

     広島・鈴木誠也外野手がベンチ入りメンバーから外れた。

     前夜の中日戦で自打球が左スネ付近に直撃し、途中交代していた。この日は球場に姿を現さず、宿舎で静養。打撲とみられ、高ヘッドコーチは「今日は休養。動かさない方がいいという判断。明日(18日)は来ると思う」と説明。

     松原チーフトレーナーは「自打球が当たったので、回復に充てます。お伝えできることはそこまでです」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000114-dal-base&pos=2

     「中日1-5広島」(17日、ナゴヤドーム)

     広島・野間峻祥外野手が2戦連続の適時打をマークした。

     1-0の四回1死一、三塁。笠原の外角低め直球をはじき返し、左中間を真っ二つに破る2点適時二塁打とした。前夜も4安打1打点と躍動していた中、この日も結果を残し「左に対して1打席目ああなってしまった(空振り三振)ので、2打席目に一本出て良かった」と安どの表情を浮かべた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000159-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島5―1中日
    (2018年7月17日 ナゴヤD)

     広島の九里が7回途中1失点の好投。自身3連勝を飾った。

     「しっかりバッターに向かっていけた」と強気の投球で3回までを無安打。「目の前のアウトを一つずつ取ることができた」と投球内容に納得の表情を浮かべた。

     7回は先頭のアルモンテに二塁打を許し、福田に死球を与えたところで降板。「投げ切りたい気持ちはあったが、そこはしっかり受け止めて、投げ切れる投手になれるように頑張りたい。まだまだ練習が足りない」と3連勝にも満足した様子はなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000176-spnannex-base

     「中日1-5広島」(16日、ナゴヤドーム)

     広島・野間峻祥外野手が今季初の4安打と躍動。猛打賞は今季6度目となった。

     二回に遊撃内野安打を放つと、六回1死一、二塁でも遊撃内野安打をマーク。3-1の八回には中越え三塁打で直後に4点目の本塁を踏むと、九回2死三塁では右前適時打で締めた。

     後半戦初戦からチームとともに好スタートを切り、「結果的に良かった。でも、まだ始まったばかりなので、気を引き締めて明日からやっていきたい」と次戦へと目を向けていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000171-dal-base

     「中日-広島」(16日、ナゴヤドーム)

     広島・鈴木誠也外野手がアクシデントに見舞われ、途中交代した。


     六回無死一塁での第3打席。4球目のファウルが左スネ付近に直撃する自打球となり、その場でうずくまった。駆け寄った松原チーフトレーナーに付き添われ、足を引きずりながらベンチ裏へ退いた。

     グラウンドに戻らず、直後に下水流と交代となった鈴木。主砲が離脱となれば手痛いだけに、後半戦初戦で暗雲が立ちこめた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000143-dal-base

     (セ・リーグ、中日1-5広島、13回戦、中日7勝6敗、16日、ナゴヤD)首位の広島が中日に快勝。リーグ3連覇に向け後半戦の好スタートを切った。先発のジョンソンは7回を投げて8三振を奪い、6安打1失点で6勝目(2敗)を挙げた。

     広島は一回、二死から丸が、中日の先発・吉見から右中間スタンドに運ぶ18号ソロを放ち先制。二回には松山の右中間スタンド最前列に突き刺さる8号ソロで追加点を挙げた。

     広島は四回にも二死から西川が左翼線二塁打を放つと、石原の中前適時打でさらに1点を追加した。

     中日は六回に無死二、三塁から平田の内野ゴロの間に三走・大島が生還し1点を返すが、広島は八回に西川が、九回には野間が適時打を放ち差を広げた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000583-sanspo-base

    このページのトップヘ