広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    2018年10月

    ■広島 4-1 巨人(18日・マツダスタジアム)

     広島は18日、マツダスタジアムで行われたクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦の巨人戦を4-1で勝利。初戦から連勝でアドバンテージを含めた対戦成績は3勝0敗となり日本シリーズ進出へ王手をかけた。



     1点ビハインドの8回に代打・新井のタイムリーで同点とし、菊池が決勝3ラン本塁打を放った。劇的な逆転勝利で日本シリーズ進出に王手をかけ緒方監督は「みんな、すごい集中力だよね」とナインを賞賛した。

     7回までわずか1安打の打線が、8回の代打攻勢で流れが変わった。巨人2番手の畠に対して「ランナーが1人出れば、空気が変わると思った」と1死から松山が四球で出塁。代打・新井が同点タイムリー。指揮官も「難しい球だったけど、よく打った」と称賛し「新井がもちろんすごいんだけど、球場の雰囲気が乗り移ったような一打だった」と、大歓声で後押ししたスタンドのファンにも感謝した。

     リーグ3連覇で何度も見られた終盤の逆転劇が、大一番で再現された。緒方監督は「シーズン中も何回か感じたけど、厳しい状況から試合をひっくり返すチームの底力を、大舞台で出してくれた」と、選手の成長を実感していた。

     第1戦の鈴木、丸に続き、この日は菊池、新井の活躍で、昨季果たせなかった日本シリーズ出場に王手をかけた。投手陣も大瀬良、ジョンソンが好投し、悲願に向けて役者が揃いつつある。それでも指揮官は「明日、またしっかりやらないといけない。ひとつ負けるとまた空気が変わるから、全力でやりたいと思います」と気を引き締めていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00230649-fullcount-base

    セCSファイナルステージ第2戦
    ○ 広島 4 - 1 巨人 ●
    <10月18日 マツダスタジアム>

    広島が0-1の8回に一挙4点を奪い逆転勝ち。広島はアドバンテージの1勝を含めると、3勝となり日本シリーズ進出に王手をかけた。

     8回二死走者なしから代打・松山竜平が四球を選ぶと、続く代打・新井貴浩の5球目に代走の上本崇司が盗塁を決める。得点圏に走者を進めると、新井の適時二塁打で同点に追いついた。これで勢いがついた広島は、二死一、二塁から2番・菊池涼介が左中間スタンド最前列に突き刺す3ランで勝ち越した。

     3点リードの9回は守護神・中崎翔太が走者を出しながらも、リードを守りきり4-1で勝利した。

     18日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター CSファイナルステージ第2戦 広島-巨人戦』で解説を務めた佐々木主浩氏は「新井が打ったというのが大きい。新井が打つと盛り上がるし、このシリーズは今日の試合を見ていると、カープの流れだなという感じがしますね」と振り返った。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00169587-baseballk-base

     「セCSファイナルS・第2戦、広島4-1巨人」(18日、マツダスタジアム)

     広島・菊池涼介内野手が、決勝3ランを放った。


     0-1の八回。苦しい展開で流れを変えたのは、今季限りで引退が決まっている大ベテラン・新井。2死二塁で、引退が決まっているベテランは畠の低め変化球を仕留め、左翼線へ同点の適時二塁打。一気に流れを引き寄せた。

     その後、菊池にスポットライトが当たった。2死一、二塁から左中間へ3ラン。一気に突き放した。「お兄ちゃんにしか見えないです。ガラッと一気に行ってやると。弟も打たないとと思った」。

     ダイヤモンドを一周すると、「兄」と慕う新井が待っていた。「真っ白でした。振り抜こう、それだけでした。最高です。(新井が)恋人のようで、食い気味で抱きつかれました」と笑った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000124-dal-base

     新日本プロレスの内藤哲也(36)が18日、広島―巨人のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦の試合前にマツダスタジアムを訪れた。

     球団応援歌「それ行けカープ」のリレー映像に2年連続で出演している内藤は今季5度目の観戦。「東京に住んでいるのでビジターの試合を見に行くことが多いけど、(プロレスの)試合がない日でも広島に来ている」とカープ愛を熱く語る。

     そもそも鯉党となったきっかけは巨人の来季監督就任が決定的な原辰徳氏(60)が現役を引退し「足を使う野球に魅力を感じたから」と語っていた。しかし、指揮官復帰に伴い報道陣から「G党に戻ってしまうのでは」と問われると「原さんが引退とともに気持ちは完全にカープに移ってしまったので、原さんが復帰されようと揺るがない」とキッパリ。

     また、これまでは内藤イチ押しの田中広輔内野手(29)のユニホームを着用していたが、この日は今季で引退する新井貴浩内野手(41)のユニホームを持参した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000055-tospoweb-base

     ◇セ・リーグCSファイナルステージ第2戦 広島4―1巨人(2018年10月18日 マツダ)


     セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦が18日、マツダスタジアムで行われ、球団初のリーグ3連覇を果たした広島がレギュラーシーズン3位からCSファーストステージを勝ち上がった巨人に4―1で逆転勝ちを収めて2連勝。6試合制で行われるCSファイナルステージの通算成績を上位チームのアドバンテージ1勝を加えて3勝0敗とし、2年ぶり8度目の日本シリーズ出場へ一気に王手をかけた。

     広島は0―1で迎えた8回、2死走者なしから代打・松山が四球で歩き、代走・上本がすかさず盗塁を決めて2死二塁。ここで今季限りで現役を引退する新井が代打に出ると、カウント2ボール2ストライクからの6球目を左翼線に弾き返す二塁打を放って同点。続く田中が四球で歩いて2死一、二塁とすると、菊池が左中間スタンドへ劇的な3ランを叩き込み、試合を決めた。

     巨人は先発投手の左腕・田口が6回1安打無失点と好投。5回まで広島先発左腕・ジョンソンに無安打無得点に抑えられていた打線は6回にマギーのタイムリー二塁打で先制点を挙げていたが、7回から登板した畠が2イニング目に入った8回、2死走者なしから打ち込まれた。9回に1死一、二塁の好機も生かせず、手痛い連敗となった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000158-spnannex-base

     「セCSファイナルS・第1戦、広島6-1巨人」(17日、マツダスタジアム)

     広島・緒方孝市監督は快勝に満足そうだった。まずは先発・大瀬良について「大地の投球に尽きる。初回からあれだけうまい具合に力を入れて、気持ちが高ぶって球が暴れるかと思ったけど、しっかり最初から投げてくれた。ナイスピッチングだった」と絶賛した。成長にも目を細め「落ち着いてたね。去年とは全然姿が違って、本当に頼もしい」と続けた。


     小刻みに得点を重ねた打線にも納得顔だ。「全員がプレーボールからいい集中力を持って、バットが振れていた。今日の試合はエースと4番がしっかり投げて打って勝ったと書かれるかもしれないけど、4番だけじゃなく、打線みんなが丸にしても、キクにしても広輔にしても、初回にいい形でチャンスメークしてくれた。中押し、だめ押しと、いいゲームができた」とナイン全員をたたえた。

     一岡、フランスア、中崎とつないだ中継ぎ陣の無失点リレーについても言及し、「しっかり投げてくれた。こういう緊張感の中で投げさせて、どんどん経験してもらわないと」とうなずいていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000161-dal-base

     カープファンで知られる俳優の谷原章介(46)が17日、マツダスタジアムで行われたプロ野球セ・リーグのクライマックス(CS)ファイナルステージ第1戦、広島―巨人戦で始球式を務めた。

     「元々、津田さんが好きで、大瀬良さんがその背番号を受け継いだので」と、偶然にもこの日の先発・大瀬良と同じ背番号14のユニフォームでマウンドに立った。投球はノーバウンドながら打者・坂本の背中後方へと大きく逸れた痛恨の一球。「当てたらダメと思っていたらいっちゃった…。この前はど真ん中にいったのに」と無念の表情を浮かべた。コイ党とあって、「今年は新井さんが最後で、衣笠さんも亡くなられた年。CSは通過点ですので、日本一に向かって突っ走ってもらいたい」とエールも忘れなかった。

     始球式前には、同県福山市出身の小林克也(77)が国歌独唱を行った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000136-spnannex-base

     「セCSファイナルS・第1戦、広島6-1巨人」(17日、マツダスタジアム)

     広島・鈴木誠也外野手が試合の流れを決定づける2ランを放ち、4番の仕事を果たした。

     1点リードの四回。巨人先発のメルセデスが投じた初球、115キロの甘い変化球を捉え、左翼席に運んだ。一塁手前で手をたたき合わせて雄たけびをあげ、喜びを表した鯉の主砲は勝利後のヒーローインタビューに勝利投手の大瀬良とともに呼ばれた。

     -2ランのシーン振り返ってもらいますか。

     「最高です!」

     -手応えいかがでしたか?

     「最高です!」

     お立ち台で「最高です!」を連発した後、落ち着きを取り戻す。「大地さんがしっかり頑張ってくれていたので何とか追加点が欲しい場面になりましたので、ホームランはまったく頭になかったんですが、最高の結果になって良かったです」。

     昨年のファイナルSは故障欠場しており、16年の同Sでは12打数1安打1打点と不振だった。雪辱を果たす思いは強かった。「去年悔しい思いをしていて、大事なところで打ちたいと思っていた。シーズン中あまり納得する打撃じゃなくて、本当にこういう場面で打てたのはうれしいです」。

     主砲がチームに勢いをもたらし、アドバンテージの1勝を加え、日本シリーズ進出まであと2勝とした。「相手はファーストステージで乗りに乗った状態で正直不安も怖さもあった。それがグラウンドに出て温かい、ものすごい声援で、そのおかげで勝てました」。スタジアムを真っ赤に染めた本拠地が、鯉戦士の力となる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000144-dal-base

     ◇セ・リーグCSファイナルステージ第1戦 広島6―1巨人(2018年10月17日 マツダ)



     6試合制で行われるセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが17日、マツダスタジアムで開幕し、球団初のリーグ3連覇を果たした広島が、レギュラーシーズン3位からCSファーストステージを勝ち上がった巨人を6―1で下して白星スタートを切った。広島は上位チームのアドバンテージ1勝を加え、通算2勝0敗とした。

     広島はシーズンで15勝を挙げ、菅野(巨人)と最多勝のタイトルを分かち合った大瀬良が先発投手を務め、6回を5安打1失点と好投して1勝目をマーク。

     打線も初回に丸の内野ゴロの間に1点先制すると、4回には主砲・鈴木の左越え特大2ランなどで3点を追加して4点をリードした。4―1で迎えた7回には丸が4番手・上原から右越えソロを放って再び4点差。8回には先頭・野間の左翼線三塁打で築いた1死三塁から安部が右前適時打を放って貴重な追加点を挙げ、危なげなく逃げ切った。一岡、フランスア、中崎とリリーフ陣も無失点でつないだ。

     巨人は先発投手のメルセデスが4回途中で4失点KO。6回に好投の大瀬良から1点を奪ったが、そこまで。7回には上原が1点、8回には沢村が1点を失い、高橋監督の今季限りでの退任が3日に発表されてから4連勝中だったが、手痛い黒星発進となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000167-spnannex-base

    このページのトップヘ