広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    栗原健太

    楽天栗原健太2軍打撃コーチ(37)が今季限りで退団することが27日、分かった。16年に広島を自由契約となって楽天へテスト入団し、同年現役引退後に2軍打撃コーチとして指導者転身。


    18年5月に1軍へ配置転換され、今季から再び2軍で指導にあたっていた。球団側も評価していたが、楽天入団後は広島の家族と離れて単身赴任での生活が続いたこともあり、退団を申し出たとみられる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-10271058-nksports-base

     元祖・鉄人から教わったプロとして姿勢を、指導者として若手に伝える責務がある。楽天・栗原健太2軍打撃コーチ(36)は、23日に上行結腸がんで急逝した元広島・衣笠祥雄さん(享年71)の魂を、仙台の地で継承することを誓った。

     かねてから、同コーチは何度も口にしてきた。「プロ野球選手として、結果や、いろんな数字も大事ですけど、全部試合に出ること。まずはそれが第一」。本塁打や打率、打点よりも、最大の勲章に位置づけてきたのは出場試合数だった。自身の現役時代、広島の主砲として07、08、11年と3度フル出場を経験。それを何よりの自負としている。2015年オフに右肘手術から再起をかけ楽天移籍に挑んだときも、その入団会見で最初に掲げた目標は「全試合出場」だった。常にグラウンドに立ち続けること。プロ野球選手として、それが最大の使命であり責任でもある。

     「金本(知憲、現阪神監督)さんも、前田(智徳)さんも、新井(貴浩)さんも…皆さんそうでした。多少のけがをしても出る。カープはそれが当たり前だった。それは衣笠さんが築いてこられたものでしょう」。現役時代の16年間をそうした土壌で過ごした栗原コーチは、試合に出続けることの重みを、常に肌で感じてきた。

     たとえばレギュラー選手にシーズン中、休養日を与えながら戦うスタイルもあるが、「自分が試合に出なかったときに、代わりの誰かが活躍したら、自分の居場所がなくなる。そのくらいの覚悟がいります」と話す。将来を背負う若手選手たちを日々育成する中で、栗原コーチの指導はぶれない。「いつも若い子たちに、言っていますよ。だから全部試合に出られるその体力を、キャンプ、練習でつくる。当然、練習量は多くなりますよ。そして、1年間やっただけではだめ。レギュラーで3年間、全部試合に出て、それで一人前なんです」。出場試合数は、勝利に貢献し、必要とされる選手であることの証でもあるのだ。

     5年ほど前、衣笠さんの現役時代も体のケアを施した広島・福永富雄トレーナーとともに、衣笠さんと食事をともにしたことがあったという。「自分はちょうど右肘を手術した後だったんですが、衣笠さんに打撃のアドバイスも頂きました。試合に出続けることの大切さも、お話しして頂いたのを覚えています」。鉄人のスピリットに直接触れたことは、栗原コーチにとって今も財産となっている。その尊い志を受け継ぎ、次世代の鉄人を輩出することを使命としている。(デイリースポーツ・福岡香奈)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00000049-dal-base

     楽天は30日、コーチ人事の発表を行った。チームはここまで26試合を消化し6勝19敗1分け、勝率.240で最下位に沈んでいた。コーチ人事は以下の通り。

     栗原健太2軍打撃コーチ→1軍打撃コーチ

     高須洋介1軍打撃コーチ→2軍打撃コーチ

     真喜志康永育成コーチ→1軍内野守備走塁コーチ

     立石充男1軍内野守備走塁コーチ→育成コーチ



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00125527-fullcount-base

     今夏の甲子園で1大会個人最多記録を更新する6本塁打を放ち、広陵(広島)の準優勝に貢献した中村奨成捕手(3年)が29日、広島県高野連に提出するプロ志望届に署名。同日、日本高野連のホームページの提出者一覧に掲載された。広島市内の同校で会見し「自分を厳しく指導して成長させてくれるような球団に入りたい」と目を輝かせた。

     熱気にあふれる会見場で、中村はすがすがしい表情でプロ野球志望届にサインした。

     「自分を厳しく指導して、成長させてくれるような球団に入りたい」

     今夏の甲子園で清原和博(PL学園)が1985年夏にマークした5本塁打の大会記録を塗り替える6本塁打を放ち、時の人になった。肩も強く、足も速いスラッガーは12球団OKの姿勢で、早実高・清宮とともに注目を集めている。

     地元の広島は、大学、社会人の即戦力投手や中村を上位候補としてリストアップ。広島・廿日市(はつかいち)市出身で、小学生の頃には「(元広島の)栗原(健太)選手にサインをもらいました」という中村を、松田オーナーも「地元から久々に出た才能のある捕手。守備力も素晴らしいし、肩も強い」と高く評価している。

     会見場で見守った広陵高・中井監督は「一流の人間じゃないと、一流のプレーヤーになれない。まずは一流の人間を目指してほしい」とエール。教え子の野村(広島)、小林(巨人)らのような選手になってほしいと願った。

     U-18W杯(カナダ)は清宮らとともに参戦。大会中は清宮と「進路をどうするのか」話し合ったといい、「また一緒の舞台で試合ができるのでいい刺激になります」と目を輝かせた。

     「不安はあるが(プロ野球志望届を)書いたからには、しっかりとやっていきたい」。豪快な一発で甲子園を沸かせたスターの運命は、10月26日に決まる。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170930-00000011-sanspo-base

     J2の名古屋は7日、FW佐藤寿人(35)が9日にナゴヤドームで行われるプロ野球、中日・広島戦の始球式に登板すると発表した。佐藤は2005年から16年まで広島に在籍。今季から名古屋に移籍した。

     佐藤はクラブを通じ「サンフレッチェに所属していた2009年にカープの試合で一度、始球式をさせていただいたことがあります。そのときの相手もドラゴンズで、バッターボックスには井端さん(弘和、現巨人1軍内野守備走塁コーチ)が立っていらっしゃいました。今回は、ナゴヤドームでカープを相手にこのような始球式の機会をいただき本当に嬉しくおもいます。前回は緊張してバッターボックスまでがすごく遠く感じたので、今回はきちんと肩を作ってしっかり投げたいと思います」とコメントした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170807-00000084-sph-socc

     ◇決断2016ユニホームを脱いだ男たち=楽天・栗原健太内野手(34)

     すがすがしい笑顔だった。10月1日、コボスタ宮城で行われた引退会見。栗原はハキハキとした口調で引退理由を口にした。

     「今年一年が勝負という気持ちでやってきた。1軍の戦力になれず、この辺が引き際かなと思った。自分の思うようなバッティングができなくなった」

     99年ドラフト3位で広島に入団すると、球界を代表するスラッガーへと成長。09年には2連覇を達成した第2回WBCの日本代表メンバーにも名を連ねた。しかし、チームの勝利を最優先に考え、慢性的な右肘痛を抱えながらプレーを続けたため、08、12、14年と3度の手術を余儀なくされた。ただ「一生懸命、試合や練習をした中でのケガ」と悔いはない。「手術を決断した時は“この手術で良くなる”と思ってやる。ダメだったとしても後悔しないと決断して手術に臨んだ」と覚悟の上だった。

     以降は度重なる違和感に苦しめられ、本来の打撃を取り戻すには至らなかった。14年から2年連続で1軍出場はなく、昨オフ、自由契約を申し入れ、今季から生まれ故郷・東北に新天地を求めた。だが、楽天でも1軍から声が掛かることはなく、ついにユニホームを脱いだ。

     選手としてもう一花咲かすことはできなかったが、この一年でコーチとしての資質は確実に芽生えた。球界屈指の長距離砲に上り詰めたのは、練習量の多さで知られる広島で育ったからこそ。楽天でも2軍の泉練習場の室内で早朝から電気もつけずバットを振り、球団職員を驚かせた。練習時間ぎりぎりまでグラウンドに姿を見せなかった若手選手に注意をしたこともある。「練習量や姿勢はカープのときと変わらずやってきた。そういうのは見せられた」と自負する。

     来季は2軍の打撃コーチに就任。11月上旬、岡山・倉敷での秋季キャンプでは早朝から日暮れまで若手選手に付きっきりで指導した。重視するのはコミュニケーション。「言ってやらせるのではなく、納得してやらせないと。感覚を押しつけるのではなく、その人の感覚になったつもりで見ている」。栄光も挫折も味わった自分だからできることがある。未来の和製大砲を育てるべく、第二の野球人生を歩みだした。 (徳原 麗奈)

     ◆栗原 健太(くりはら・けんた)1982年(昭57)1月8日、山形県生まれの34歳。日大山形では2年夏に甲子園出場。99年ドラフト3位で広島入団。11年にベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得。15年に自ら自由契約を選択し、入団テストを経て今季から楽天に加入した。通算1026試合、打率・293、153本塁打、586打点。1メートル83、97キロ。右投げ右打ち。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161218-00000100-spnannex-base

    このページのトップヘ