広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    薮田和樹

     3日のセ・リーグ公示は次の通り発表された。

     【出場選手登録】

     広島・高橋樹也投手

     DeNA・東克樹投手

     中日・近藤弘基外野手

     【同抹消】

     広島・薮田和樹投手

     再登録は13日以降。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00000073-dal-base

     広島・緒方孝市監督(49)は11日、43勝32敗1分けの貯金11で首位ターンを決めた前半戦を総括し「逆襲組」を後半戦のキーマンにあげた。

     2位・巨人に6ゲーム差を付ける快走劇にも、緒方監督の口から漏れた言葉は「不安」だった。

     「今年は開幕から主力選手にケガ人、不調な選手がいて、投手陣も不安定。頭の中で不安はあった」

     精神的支柱である新井が開幕不在となるアクシデントから始まった2018年。鈴木は2週間、丸も約1カ月故障離脱した。開幕投手を務めた野村は2カ月間も先発ローテーションを外れた。期待を裏切る投手も続出した。

     そんな誤算だらけの前半戦を救ったのが“新戦力”。指揮官が「新しい力が生まれて、今こうして貯金もある。野間の台頭はチームにいい刺激になった。若い選手でいえば、アドゥワ、先発陣は高橋昂也、フランスアも戦力になってくれた」と高く評価するように、野間は打率・298と打撃開眼して定位置を奪取。若コイは、不安定な投手陣を支えた。

     ただ、新たな戦力がシーズンを通して活躍できるほど、プロの世界は甘くない。緒方監督がリーグ3連覇に向け後半戦のキーマンに指名したのは、期待を裏切った選手だった。

     「不測の事態もあるだろうし最後まで(このメンバーのまま)戦えるとは思っていない。2軍で調整している、中村祐太にしろ薮田にしろ、中継ぎでいえば今村、新外国人(のヘルウェグ)。後半戦、彼らも大きなポイントになってくる」

     薮田は、制球難を露呈し1イニング10失点も経験した。中村祐は開幕3連勝から一転、4連敗で降格。今村、中田ら救援陣も2軍で汗を流し昇格を狙っている。チーム防御率はリーグ4位の4・08。リーグ屈指の強力打線を誇るが、投手陣の巻き返しなしに、さらなる躍進はない。

     「いろんなアクシデントに備えて、チーム一丸で、下(2軍)でもしっかりと頑張ってほしい」

     まだシーズンは半分が終わっただけ。悔しさを晴らす選手が多いほど、3連覇への道はより太く、確実なものになる。(河合 洋介)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000048-spnannex-base

     「広島7-12西武」(31日、マツダスタジアム)

     広島・薮田和樹投手が4回8安打10失点(自責7)で試合後、2軍再降格が決まった。

     初回は無失点で抑えたが、1点リードの二回。金子侑に逆転の2点適時打や秋山に3ランを浴びるなどで一気に10点を失った。

     4月30日・阪神戦以来の1軍マウンドだったが、結果を残せず。試合後、薮田は「力不足だと思います。もっと質の良い、ファウルを取れる真っすぐに取り組んでいかないといけない」と反省を口にし、畝投手コーチは「前回よりは良くなっている。変化球の精度をもう一つ上げてほしい」と指摘した。

    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/05/31/0011312811.shtml

     広島薮田和樹投手(25)が28日、1軍に再合流した。マツダスタジアムで行われた1軍の先発投手練習に参加。短距離走などで汗を流した。


     昨季リーグ最高勝率を獲得。今季は開幕ローテ入りも7試合で2勝(0敗)止まりで、計20回2/3で与えた四死球は安打数16本よりも多い26個だった。2軍で再調整し、真っすぐの精度を上げてきた。

     明日からの西武3連戦の3戦目(31日)の先発が予想される。「まずは自分のできることをやりたい。2軍に落ちてやってきたことをすべて出したい」。昨季は交流戦から先発に配置転換されて一気に地位をつかんだ。不調で一時チームを離れた今季も、交流戦を浮上のきっかけとしたい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00222624-nksports-base

     「ウエスタン、中日1-1広島」(16日、ナゴヤ球場)

     広島の薮田和樹投手(25)が、ウエスタン・中日戦に先発。5回7安打1失点にまとめた。「前回の登板から真っすぐをテーマに置いてきて、きょうも手応えがありました」。ストライクを先行させる投球に、制球難克服への兆しが見えた。

     打者22人に投げた。フルカウントになった場面は3度で、四球は1つ。ボールが先行し四球を連発していた1軍での姿はない。2軍再調整を命じられて以来初めての先発で躍動感が戻ってきた。

     「今までは1、2、3で投げていて間が取れていなかった。今は1、2の3で投げられるから体重が左足に乗る。腕も上から振れるようになった」と佐々岡2軍投手コーチ。フォームの微調整が功を奏している。

     五回に阿部の打球が左足のくるぶしを直撃するアクシデントがあった。大事を取ってこの回で交代したが、今後の登板には支障はなさそうだ。「次が大事。いい感覚を続けていけるようにしたい」。薮田は前を向いて力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000033-dal-base

    「広島-ヤクルト」(17日、呉市二河野球場)

     リリーフに配置転換されている広島・薮田が1回2/3を無失点に抑えた。


     4-4の四回、1死一塁の場面で2番手でマウンドに上がり、青木、雄平に連打を浴びピンチを招いたが、川端を投ゴロ併殺に斬り無失点。1点リードした五回も2安打を許しながら得点を与えず、結局1回2/3を4安打無失点に抑えた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000122-dal-base&pos=4

     「巨人10-2広島」(13日、東京ドーム)

     広島・薮田和樹投手が先発した10日・阪神戦から中2日で中継ぎとして登板し、2回を3安打2失点だった。

     不調が続いていた右腕は今季初めての中継ぎ登板。7点を追う六回にマウンドに上がり、中井、小林、菅野を三者凡退に抑えたが、七回。先頭の坂本勇、吉川尚に連打を浴び一、三塁を迎えると、続くゲレーロには左翼線への適時二塁打を許し2点を失った。

     試合後、薮田は「収穫はなかった。1イニング1イニング抑えるつもりでやっていきたい」と話し、畝投手コーチは「中継ぎで結果を残してはい上がってほしい」と奮起を促した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000155-dal-base

    このページのトップヘ