広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    引き分け

    ◆SMBC日本シリーズ2018第1戦 広島2―2ソフトバンク=延長12回規定により引き分け=(27日・マツダスタジアム)

     緒方監督の表情からは、確かな手応えが感じ取れた。「ピッチャー陣が頑張ってくれたね。大地(大瀬良)も初戦でプレッシャーがかかる中、いい投球をしてくれた。最初はこっちのペースでゲームができた」。ドロー発進を満足げに振り返った。

     “変身”した大瀬良がソフトバンクを翻弄した。力強い直球を軸とするパワーピッチャーだが、シリーズ初戦はカットボールを主体に。戸惑う打者を簡単に追い込むと、決め球は持ち前のストレート。CS最終SでCS最多タイの10打点を挙げていた上林を3打席連続で空振り三振に仕留めた。主砲・柳田には内角攻めで2打数無安打に抑えた。4回までは1四球のみのノーヒット。5回に味方の失策も絡んで同点にされたが、5回3安打7奪三振2失点(自責1)と開幕投手の役目を果たした。

     「いろんな球種、変化球をうまい具合に使って的を絞らせなかった。僕の仕事はできたと思います」と、胸を張った。女房役の会沢も「(配球は)話し合いながらですね。大地は良い投球をしてくれた」と納得の表情。上林は、大瀬良の降板後も無安打。相手のキーマンを沈黙させたことは、第2戦以降に生きるはずだ。

     米ワールドシリーズでは元カープの前田が好救援したドジャースが、延長18回サヨナラ勝ち。広島は勝利には届かなかったが、やはりリリーフ陣が健闘して0封した。シリーズ初戦に引き分けた1975年(対阪急)、86年(対西武)はともに日本一を逃したが、そのジンクスが気にならなくなるほどの、8投手によるタカ封じだった。

     第5戦(11月1日・ヤフオクD)での先発が予想される大瀬良は、「中4日? 言われたところでいくつもり」と腕をぶした。34年ぶりの悲願達成へ、この引き分けを生かす。(種村 亮)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00000045-sph-base

    ■広島 2-2 巨人(11日・マツダスタジアム)

     11日にマツダスタジアムで行われた広島対巨人戦は、延長12回、決着がつかず2-2で引き分けた。

     先発の大瀬良大地が7回2死まで巨人打線をノーヒットに抑える快投を見せたが、岡本和真の二塁打で記録が途切れた後、8回に2本の二塁打で1失点して降板した。1点リードで迎えた9回は、クローザーの中崎翔太が登板したが、2死から陽岱鋼にソロ本塁打を浴びて同点。延長戦でも決着がつかず、4時間44分の激戦は引き分けに終わった。緒方監督は「勝ちきれなかったのは悔しいが、負けなかったことは大きい」と落胆した様子はなかった。

     13勝目を目前で逃した大瀬良は「(ノーヒットノーランは)全く考えていなかった。イソ(磯村)がうまくリードしてくれてしっかり抑えられたが、最後に投げきることができなかったことは反省点」と、8回途中での降板を悔やんだ。それでも緒方監督は「状態はあまり良さそうではなかったけど、尻上がりでノーヒットを続けた。いいピッチングをしてくれた」と、8回途中1失点のエースを讃えた。

     勝利目前の土壇場で中崎が打たれたが、延長戦では今村猛、一岡竜司、アドゥワ誠が巨人に得点を許さなかった。指揮官が「最後までしっかり粘ってくれた」と言うリリーフ陣の踏ん張りで、昨年8月から続くマツダスタジアムでの巨人戦の不敗神話を守った。

     阪神が勝利し、この日もマジック点灯はならなかったが、2位とのゲーム差は変わらず、勝ちに等しい引き分けとなった。緒方監督は「連戦が続いて厳しい中でみんな頑張ってくれている」と選手を労い、「6連戦の最後の明日も、またしっかり戦うだけ」と、その姿勢は変わることがなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00178011-fullcount-base

     「広島1-1DeNA」(9日、マツダスタジアム)

     広島の岡田明丈投手が九回に同点打を浴び、プロ初完封を逃した。


     1-0の九回だ。2死からロペス、宮崎に左前打を打たれ一、二塁。続く倉本に甘くなった直球を中前へはじき返された。嶺井を打席に迎える前、緒方監督はベンチを立ち、守護神・中崎へリレーした。

     降板後、岡田はベンチに帽子を投げつけて悔しさをあらわにした。それでも粘りの投球で試合をつくり8回2/39安打10奪三振1失点だった。

     緒方監督は「良かったね。(九回は)三振ゲッツーを取って、流れがこっちに来たかと思ったけど。勝ちきる難しさ、最後1つのアウトを奪う難しさを経験したと思う。良い投球が続いているだけに、次も頑張ってほしい」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000129-dal-base

     広島は8日、敵地での中日戦に引き分け、優勝へのマジック33が点灯した。

     広島は7回1死まで中日先発・鈴木の前に無安打に抑えられる。野村は2回に先制され、リードされて試合が進む。しかし、7回2死から菊池がチーム初ヒットを放ち、丸も二塁打で続くと、鈴木がレフトへタイムリー。同点に追いついた。

     試合は1-1のまま延長戦に突入。両チームの救援陣が好投し、そのまま延長12回引き分けに終わった。阪神が敗れたため、広島にマジック33が点灯。昨年の117試合より15試合早く、102試合目での点灯となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170808-00010026-fullcount-base

     「ヤクルト3-3広島」(9日、神宮球場)

     延長十二回、総力戦の末、引き分けた。

     7連敗中のヤクルトは1点リードの九回、小川をマウンドに送ったが、これがまたも誤算。先頭の安部に右前打を許し、犠打で1死二塁とされると、代打・新井に左中間を破る同点の適時二塁打され、延長に入った。

     延長では両軍、走者を出したが決め手に欠け、そのまま引き分けた。両軍合わせて15投手が登板する総力戦となった。

     ヤクルトは五回、植田、坂口の連続適時打で3点を先制したが、結局得点はこの回だけだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170709-00000133-dal-base

     「中日3-3広島」(5日、ナゴヤドーム)

     プロ初先発した広島のドラフト3位・床田(中部学院大)がプロ初勝利を逃した。2-2の七回、1死三塁のピンチを残して、無念の降板となった。

     初回に3番ゲレーロに適時打を浴び、先制を許したが、その後は最速148キロの直球にスライダーなどを交えて、粘り強く投げた。悔やまれるのは、1点リードの五回だ。2死一、三塁。勝利投手の権利をつかむ目前で、5番平田に中前へ同点打を打たれた。初登板の結果は6回1/3を投げ9安打3失点だった。

     降板後は「試合前は緊張してなかったですが、初回マウンドに上がった時はものすごく緊張しました。二回以降は平常心で自分の投球ができました。ストレートの走りも良かったし、変化球も低めに投げ切ることが出来たのが収穫です。タイムリーを打たれた2本は少し甘くなったので、ピンチの時の投球が次の課題です」と振り返った。初登板の経験を次回に生かしたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00000152-dal-base

     広島のドラフト1位ルーキー加藤拓也が、開幕ローテ入りへ課題を残した。20日のオリックスとのオープン戦(マツダ)に先発。立ち上がりから制球に苦しんだ。


     初回、2回と2死から四球。3回は鈴木昂の中前打と、吉田正への四球などで1死二、三塁のピンチ。小谷野に三塁打を打たれ、2点を失った。

     ストレートの最速は148キロを計測。フォークを中心に4つの三振を奪うなど、5回4安打2失点とゲームは作ったが、高めに抜けるはっきりとしたボール球が多く、4四球を与えるなど、要した球数は102球。前回14日の楽天戦でも5回98球。球数の多さを課題として挙げられていたが、克服しきれなかった。投げ合ったオリックスのドラフト1位ルーキー・山岡泰輔が、8回1死での降板まで96球だったのとは対照的だった。

     キャンプ中の対外試合を含め、この日が5試合目の登板。計19イニングで3失点と結果は悪くないが、制球面で苦労する場面が目立っている。プロでローテーションを守っていくには、少ない球数でイニング数を稼ぐことも条件の一つ。課題の詰まった102球となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-00000016-tospoweb-base

    <中日3-3広島>◇15日◇ナゴヤドーム

     広島先発の中村恭平投手(27)は7回2/3を投げ5安打3失点の力投だった。


     2点の先取点をもらったが3回に3失点。しかしその後は粘った。テンポのいい投球で中日打線を幻惑。直球とスライダーに時折カーブを交えた。

     102球を投げて上がった8回に2四球で走者をためて降板。今季初先発初勝利とはならなかったが、仕事を果たした。

     広島が8日、オリックス戦(京セラドーム大阪)で5-5と痛恨の引き分けに終わった。


     1点差の9回2死二塁、三塁・西川が小田の平凡なゴロを捕球したが、一塁へ悪送球。二塁走者・岩崎に同点のホームへ生還した。マウンドの中田は呆然。同点劇を演出した西川は口をあんぐりと開けたままだった。

     1点を追う8回、田中の三飛失、菊池の四球、オリックス4番手・赤間の牽制悪送球などで1死二、三塁とすると、3番・丸が左越えへ逆転2点打を放った。1点のリードを守りたいところだったが、あと1死のところで悪夢が待っていた。
     
     先発・野村が2点リードの4回に4連打で逆転されるなど5回7安打4失点。開幕へ不安を残したものの、チームは1点を追う8回1死のオリックスの三塁・鈴木昴の失策から再逆転していた。オープン戦は3勝2敗2分け。試合後、緒方監督も渋い表情のままベンチ裏へ下がった。

    このページのトップヘ