広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    石原慶幸

    284f9c38

    広島のベテラン石原慶幸捕手が体だけでなく、頭も使いながら調整を続ける。練習時間や練習量が限られる中で、若手とともに汗を流す。オフも連日のようにマツダスタジアムで調整してきただけに、1勤1休となった今も自宅トレで練習量の減少をカバー。


    「マイナスにしたくないし、プラスにできるようにやっていければ」。量ではなく、質も求めて、19年目の開幕を待つ。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200504-25040527-nksports-base

    <広島 19年プレーバック>

    19年プレーバック。広島は1年前の19年4月17日、熊本での巨人戦で劇的な逆転勝利を手にした。8回に2点を勝ち越されながら、9回に3点を奪い返した。決勝打の石原慶幸捕手(40)は冷静にチームを俯瞰(ふかん)し、最後まで望みを捨てていなかった。開幕から続いた連続カード負け越しを5で止め、同28日までの8連勝につなげた。潮目を変えたのは、広島伝統の「フォア・ザ・チーム」だった。


       ◇   ◇   ◇

    火の国で、コイがどん底から昇った。同点の8回裏、前年までチームメートの巨人丸の勝ち越し2ランで6カード連続負け越しに追い詰められた。最終盤であまりにも痛い2点ビハインド。だが、7回からマスクをかぶった石原慶は、戻った三塁側ベンチで希望の光を見た。

    石原 チーム全体がいい流れではなかったけど、ベンチは「まだ行くぞ」という感じだった。みんなでカープの野球を、流れを変えようという雰囲気があった。

    迎えた9回、このシーズン初めてスタメンから外れた野間が出塁すると、無死一、三塁から内野ゴロの間に1点を返した。田中広が倒れ、2死三塁で打席には菊池涼。次打者の石原慶はネクストサークルにいなかった。1点ビハインドのままなら代打小窪。シーズン打率0割だった石原慶が打席に立つ条件は、同点か勝ち越した場合のみだった。

    石原 なんとなくキクが打つ感じがしていた。だから自分が打席に入るつもりでいた。同点になってからは若い選手の力で流れで打たせてもらったようなもの。

    菊池涼の適時二塁打で追いつき、ベンチから打席に向かった石原慶は巨人クックの5球目、高め真っすぐを中前にはじき返した。再び勝ち越し。ベンチで盛り上がる後輩たちとは対照的に、塁上のベテランは冷静だった。「チームの流れを変えるチャンスだったので、ここで勝ち切らないと」。頭の中は9回裏のリードのことでいっぱいだった。

    失策と四球で走者を出しながら、1点リードを守り抜いた。カード負け越しを阻止する1勝からチームは8連勝。流れは大きく変わった。

    石原 急に良くなることはない。とにかく自分たちのできることを、自分たちの野球をやろうとみんなで話していた。それがたまたま熊本で形になった。全員が一丸となって諦めないのがカープの野球だから。

    黒田博樹氏、新井貴浩氏が新たに築いた広島の伝統は今のチームにも残る。「自分のためではなく、チームのためにやっていかないと、いい結果に結びつかないチームだとみんな分かっている」。昨年フォア・ザ・チームで上昇した広島の伝統は、今も残る。どんな苦境も、一丸となって立ち向かう。【前原淳】

    ▽当時選手会長の広島会沢 チームの雰囲気はそこまで悪くなかった。何かきっかけがあれば、と思っていた。チームが苦しいときに石原さんが打ってくれて乗って行けたと思う。本当にいい試合だった。

    ◆チームメモ 広島は前年のチームからFAで丸、引退の新井が抜けた。開幕から5カード連続負け越しで、巨人との南九州2連戦初戦も敗れ、4勝12敗。首位ヤクルトに7ゲーム差の最下位にいた。

    ◆試合メモ 19年4月17日巨人戦(藤崎台)。1回に巨人亀井の2点二塁打で先制。広島は3回に菊池涼の2号ソロで1点を返すと、6回には代打西川の適時三塁打で同点とした。7回から勝ちパターンを投入した広島だったが、セットアッパーのフランスアが8回1死一塁から丸に右翼席へ勝ち越し2ランを被弾。それでも9回に巨人の抑えだったクックを攻めて3点を奪った。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-24160588-nksports-base

    広島石原慶幸捕手(40)が27日、マツダスタジアムを訪れた。前日26日までの2軍での日南キャンプではシート打撃でマスクをかぶり、打席にも立った。

    社会人との練習試合にも出場するなど調整は順調。「やることをやっていい準備ができたと思う。チームといい準備ができるようにやっていきたい」。頼れるチーム最年長が明日28日の練習からチームに合流する。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-22270570-nksports-base

     広島が1軍キャンプを張る宮崎・日南の天福球場。午後の打撃ローテーションが始まると、石原慶の姿はグラウンドから消える。ある時はブルペン奥の室内で黙々と打撃練習に励み、ある時は球場左翼後方の坂道でダッシュを延々と繰り返す。報道陣に配られる練習メニューには載っていない孤独な作業だ。

     「もう1度優勝したい。去年(のV逸)が悔しいし、個人目標よりも、チームとして勝ちたい。それが僕のモチベーションです」

     首脳陣に意向を聞かれ、1軍キャンプ始動を望んだ。既に40歳。暖かい沖縄で2軍と一緒にじっくり調整する手もあったが、生き残りを懸けた厳しい空間の中に敢えて身を置く選択をした。他のベテランと同様に力は認知されており、個人に主眼を置くなら何も1軍で動く必要はない。

     「僕の場合(1軍2次キャンプ地の)沖縄で合流するかどうかわからない。だったら、上の空気感の中でやっておきたかったし、若い捕手たちと一緒に練習する機会があった方がいい…と思って」

     1軍は11日の練習終了後、2軍と入れ替わる形で日南から沖縄へ向かう。選手は絞り込まれるため、仮に石原慶が2軍でスタートしても、1軍が沖縄入りする際にそのまま居残れるか不透明だ。ならば1次キャンプだけでも若い坂倉、中村奨、新人の石原貴らと一緒に汗を流し、言葉と背中で伝えたい――。

     「この年齢だからできることもあるだろうし、掛けられる言葉もあると思うんでね」

     1月の合同自主トレでは、投球で若手らの打撃練習をサポートする姿もあった。「アレは打撃投手の人数の兼ね合いがあるし、自分の肩をつくるためでもあるので、深い意味はない」と笑うが、こうした年長者の何気ない立ち振る舞いが、チームに良い影響を及ぼすのは間違いない。

     「何か自分が役立てることがあれば。できることをやりたい」

     19年目。1軍の捕手枠を考えれば、楽観視できる立場にはない。ジョンソンの女房役は保障されておらず、もう代えるべき…との声すら聞こえる。石原慶は百も承知。だからといって、本人の思考や行動は変わらない。根底にあるのは常にチーム優先の野球観だ。

     成績が伴わない集団には、得てして楽をしたがる自己チュウのベテランが跋扈ばっこする。歴史が示す教訓。現役晩年にこそ、厳しい状況でこそ、その人物の本質が現れる。(江尾 卓也)

      




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-00000128-spnannex-base

    CWknzjQUYAErCqq

     2001年ドラフト4位で入団したベテラン・石原 慶幸。県立岐阜商(岐阜)から東北福祉大を経てプロに入り、洞察力あふれるリードで若き投手陣を陰日なたで支え続けている。


     そんな石原選手が持つ、捕手メソッドの一部を再び紹介!今回は誰もが悩む「キャッチング」について。石原選手の考え方が披露されます。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00010000-hbnippon-base

    “チョーさん”がショッピングモールに来た! 広島長野久義外野手(35)が14日、石原慶幸捕手(40)とともに広島市内のショッピングモールで行われたトークショーに参加した。



    今オフ、広島で行われるイベントで唯一登場となる「生・長野」を見ようと、抽選券が得られる前日からファンが殺到。限定150人に750人の応募があったという。当日も、抽選に外れたファンや買い物に訪れたファンが2階や3階からも見下ろすほどの盛況ぶりだった。

    質問コーナーで「好きな食べ物」を聞かれると「ハンバーガー好きですね」と答え、「マツダスタジアムにも僕の(選手メニューの)ハンバーガーが売ってるのでぜひ食べてください」と宣伝を忘れなかった。これほど近い距離でファンと触れ合うイベントは巨人時代を含めてプロ初という。写真撮影や握手などでの触れ合いに「楽しかったです」と笑顔で振り返った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191214-12140240-nksports-base

     広島・石原慶幸捕手(40)が4日、マツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、1500万減の5500万円でサインした。自身のプレーのみならず、チーム最年長として来季も若手の底上げをサポートする決意を示した。同姓でドラフト5位の石原貴規捕手(21)=天理大=の入団を歓迎し“石原軍団”結成を匂わせた。(金額は推定)

     全てはチームのために。契約更改交渉後の石原慶に、チーム最年長としての自覚と責任がにじむ。「佐々岡新監督がいつも言っているように『一体感』をより一層大事にして、チームとして戦っていきたい」。若手が多い中での底上げへ、労を惜しまない思いだ。

     多くの若手がいる中、来季入団の新人ではくしくも同姓の石原貴が自身を目標に据える。「同じポジションで同じ名字で、どちらが名前をどういう風につけるかまだ話し合っていないので、その辺は下交渉したいと思います」とおどけた一方、ベテランの役割も担う決意だ。

     「もちろん聞かれたことに対して全部答えます。それは彼だけじゃなくてみんなそう。試合に出るために準備はするけど、出てない時に投手、野手に声を掛ける」。来季プロ19年目として高い経験値を生かしていくことを継続する。特に若手が多い投手陣には、あらゆる角度から助言を送る構えだ。

     今季はプロ1年目以来の50試合未満となる31試合の出場に終わった。主にジョンソンの登板時に先発マスクをかぶるだけに、鈴木球団本部長からは「ジョンソンの勝ち星を2桁にして、貯金を5つ以上できるように」と期待を込められた。「来季へ向けてV奪回ができるように」とベテラン。チームを全力で支え、歓喜へといざなう。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00000031-dal-base

     広島の主力組がシーズンの疲れを癒やす大分・湯布院温泉でのリハビリキャンプが16日、スタート。九里、大瀬良、野村、床田、菊池保、中村恭、石原、田中広、西川、長野、松山の11選手が参加し、極楽気分で露天風呂につかった。



     初参加は床田、菊池保、中村恭、西川の4人。菊池保は公称80キロながら実際は3ケタに届くか届かないかの“わがままボディー”を披露して「写っちゃいけないものが写っちゃうよ」とイジられていた。西川は明らかに体脂肪の少なそうなピキピキボディーを縮こまらせて「寒~い」と震えていたが、湯に浸ればダブルピースを見せる極楽ぶりだった。

     床田は「温泉はのぼせるので…。きょうのお湯も熱かったぐらい」と39度の湯にも耐えられなかった様子。さらに「においが強かったり、ぬるぬるする温泉が苦手」と、温泉マニアに「そうじゃないだろ」と説教されそうな奔放な発言で報道陣を笑わせた。そして「ゴルフもヘタクソですし、何でここに来たんですかね。あ、でも練習するよりはいいか!」と、野球から離れられることこそが“極楽”と言いたげだった!?



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191116-00000116-sph-base

    このページのトップヘ