広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中日ドラゴンズ

    【核心直撃】“オレ流”で強竜打線復活だ――。昨季まで楽天の二軍打撃コーチを務めた中日の栗原健太一軍打撃コーチ(38)が得点力アップに燃えている。参考にしているのが元中日監督の落合博満氏(66=評論家)で、待ちのスタイルを貫こうとしている。その“教えすぎない教え”の極意とは何なのか直撃した。

     ――指導する上で心掛けているものは

     栗原 理想は選手の方から聞いてくること。打撃練習を見ていてこっちが気づいてもすぐには言わない。タイミングが合ってないとか、体が開いているなとか、選手なら自分で分かっているはず。それを「今どうですかね」と言ってくれば、こっちからどうやって修正したらいいかを言ってあげられる。

     ――待ちのスタイルにしたきっかけは?

     栗原 僕の経験上で若いときに首脳陣も球団も期待してくれて、何とかしようこの子をとなって、いろんなことを言われる。ケージに入って打っているときに「今はこうなってるぞ、こうだぞっ」て。それが集中できなかった経験があった。現役のときにされて嫌だったことはしないようにしている。

     ――現役時代に球宴で当時の落合監督に質問しに行ったりしていたようだが

     栗原 球宴に出た2007年、09年、11年と3回とも「打撃を教えてください、お願いします」と聞きに行った。決まって「どこが悪いんだ」と逆に聞いてくる。そこでちゃんと説明したら「こうやってみたら」と言ってくれた。やっぱりいい意味で人と視点が違ってた。僕は右肩が下がる癖があったけど、いいときは平行でしっかり回れたけど、ヒジをけがして痛めてから痛いから少し下がってしまって…

     ――落合氏はなんて

     栗原 普通だったら平行に直そうとするけど「そのままでいいじゃん」って。ただ「その代わりに全部センターから右方向へ狙って打ってみろ。インコースでもセンターへ全部打ち返すつもりで打ちなさい」と言われた。右肩が下がるメリットとして右方向へ打てる。すべてがダメなわけじゃない。逆に引っ張り込もうとして左に打とうとするとかぶってしまうからダメだと気づいた。

     ――なるほど

     栗原 そのアドバイスがすごく良かった。いつも球宴明けはなぜか本当に調子が良かった。

     ――落合氏の教えを守っているというわけだ

     栗原 それが理想とかそれがすべてではないけど、自分にとってはいいアドバイスをいただいた。

     ――好機で打てない打線をどう指導するのか

     栗原 チャンスのときほど超積極的に行くべき。自分の狙い球をここと決めたらそれに対して一発で仕留められるように集中力を高めることが一番大事になってくる。精神的な部分。技術的なことじゃない。

     ――やっぱり打撃コーチはやりがいがある

     栗原 特に打撃コーチは難しい。いいバッターでも7割失敗する。守備や走塁はやればうまくなる。打撃は今良くても、ちょっとしたら悪くなったりして難しいですね。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00000019-tospoweb-base

    ■中日 – 広島(オープン戦・1日・ナゴヤドーム)

     広島のドラ1右腕・森下暢仁投手が1日、中日戦とのオープン戦のマウンドに2番手として登板。3回無失点と好投した。

     先発のジョンソンが4回1失点(自責0)と好投し、3点リードの場面で5回のマウンドから後を継いだ森下。先頭の京田を二ゴロ、木下を遊ゴロ、大島には2球で追い込み、チェンジアップで3球三振斬りとした。

     続く6回、1死から福田に左前打を許すも、続くビシエドを遊飛、阿部を右飛と危なげなく後続を断った。

     3イニング目となる7回は、先頭の平田には7球粘られるも空振り三振に。武田は捕邪飛、京田を一ゴロと3者凡退に退けた。

     オープン戦初登板となった2月22日のヤクルト戦では3回2失点と得点を献上したものの、2戦目となるこの日は3イニング1安打無失点とドラ1の実力を示した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-00705696-fullcount-base

     「オープン戦、中日3-1広島」(29日、ナゴヤドーム)

     広島・大瀬良大地投手(28)は充実感いっぱいにマウンドを降りた。開幕で対戦する中日を相手に課題としていたカットボールが決まった。「左打者の内角に強いカットが投げられ、ゴロや空振りが取れた」。4回1安打1失点。調整ペースは順調そのものだ。

     二回2死。京田を迎えた場面が象徴的だった。カットボールで追い込み、その後は一転して直球勝負。フルカウントとなってからは膝元へ鋭く曲がる1球で空振り三振に仕留めた。狙い通りだった。

     直球とカットボールが投球の軸。直球の状態が良くないと判断すれば、カットボールで試合を組み立てることもある。それだけ重要な球種。前回2月23日の阪神戦では「指の掛かり具合が良くなくて抜けることがあった」と納得していなかったが、きっちり修正してみせた。

     新型コロナウイルスの感染拡大防止として、無観客試合のマウンドだった。「鳴りものがないので違和感があった」。それでも試合が始まれば集中力は高まる。「プレーボール後は違和感はなかった。自分の球を投げることを意識していた」と力強くうなずいた。

     四回2死で初球のフォークが甘くなり、ビシエドに左越えソロを浴びた1球と、続く阿部に四球を与えた投球が反省点だ。「次回の登板で課題をつぶしたい」。残り2試合の登板を経て3・20開幕のマウンドへ上がる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-00000031-dal-base

     ビシエドは4番で先発したが、1打席で退いた。広島の鈴木誠は4回に代打で登場。2人ともすぐに代走が送られたのは、グラウンドコンディションが悪かったからだ。強風、寒さ、雨。強行し、大敗した。収穫はけが人が出なかったことだ。



     23安打、5本塁打のうち、18安打、4本塁打はドラフト4位・郡司(慶大)がマスクをかぶっているときに浴びた。山本、阿知羅、梅津(1イニング)で計6イニング。「勉強になった一日」と口にしたのは本音だろう。打たれたことが教訓となり、ミスしたことが肥やしとなる。少なくともこの日の郡司は2つの貴重な経験を積んだと僕は思っている。

     「インコースに2球、ボール球を投げたんですが、顔も体も微動だにしませんでした。打席での雰囲気もそうですが、これが一流なんだと思わせられました」

     先発の山本とは事前に打ち合わせた通り、内角高めへのストレートをテーマとして配球した。結果的にはそれが強風に押され、西川と安部に本塁打を打たれるのだが、郡司が振り返ったのは鈴木誠との対戦だ。避けるでもなく、ムッとするわけでもない。平然と見逃し、3球目を振られた。フェンスのラバー部分に当たり、芝生席に落ちるエンタイトル二塁打。そこまで飛んだのは風のせいだが、追った左翼の武田が「あんなに高く上がる打球、見たことがない。ドームでも(天井に)当たってたんじゃないですか」と目を丸くした。こちらが攻めているのに気おされる。ワールドクラスの打者が発する威圧感を、郡司は体感した。

     同じ4回にはこんなシーンもあった。2死二塁から右翼前へ打球が落ちた。捕った井領が本塁へ投げた球が、打者が離したバットに当たった。本塁はセーフ、打者も二塁へ。もちろん、責任は捕手にある。送球より前に取り除けばよかった。

     「はい。正直、頭が回ってなかったです」。打たれ続けるとこうなる。しかし、次の日も試合が待っている。それがプロ。頑張れ、ルーキー捕手!



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200217-00010017-chuspo-base

     【CHECK! 森繁和】今年からスポニチ評論家に復帰した森繁和氏(65)が10日、日南市の広島キャンプを訪問。ドラフト1位・森下暢仁投手(22=明大)のルーキーイヤーの活躍に太鼓判を押した。ブルペン投球をチェックし、明大の先輩で昨季11勝を挙げた中日・柳をスケールアップしたタイプだと分析。1年目からの2桁勝利も可能とした。

     佐々岡真司監督と一緒に、ブルペンで森下の投球練習を見させてもらった。相変わらず非常に回転のいいボールを投げる。さすがドラフト1位。佐々岡監督に「森下、いいですね」と声を掛けると、笑顔とともに「はい。いいですよね~」という答えが返ってきた。

     素晴らしい回転の直球は力強く、この日も内外角にきっちりと投げ分けていた。私が今年の新人で最も注目している右腕。佐々木朗(ロッテ)、奥川(ヤクルト)らはあくまで高卒で、即戦力なら森下がずぬけた存在だと思う。昨季中日のシニアディレクターを務めていた際も、神宮や名古屋での練習試合などに足を運んだ。中日も当然マークしており、ドラフト会議ではもっと多くの球団が1位指名すると思っていた。

     癖のないオーソドックスなフォーム。明大の先輩である中日・柳とタイプが似ている。柳は私が中日監督を務めた17年が入団1年目。同年は1勝止まりだったが、昨季は11勝と能力が開花した。ともに真上から投げ下ろすような腕の振りで、縦に大きく割れるカーブが持ち味。ただ、最速155キロの直球はスピード、威力など後輩、森下に軍配が上がる。

     2人とも直球と変化球のコンビネーションが武器。森下も変化球の一つ一つをバランス良く操る。その変化球は直球のスピード、切れがあってこそ、より効果を発揮する。森下は柳をスケールアップしたようなタイプで、1年目から昨季の柳と同等かそれ以上の勝利数をイメージできる。新人王の最有力候補といえるだろう。

     今季の広島の開幕カードは中日戦。チームとしても、開幕ローテーション入りしてもらわなければ困るだろうし、同カードで初登板も…と期待は膨らむ。今後はキャンプ地を沖縄に移して実戦が待つ。そこで、「プロでやれる」との自信をつかめれば次へのステップだ。

     ◆森下 暢仁(もりした・まさと)1997年(平9)8月25日生まれ、大分県出身の22歳。小3から野球を始め、大分商では1年夏に甲子園出場。2年秋からエースで3年夏は大分大会準優勝で高校日本代表に選出。明大では1年春からリーグ戦に登板し通算15勝。2年から大学日本代表。優勝した4年の大学選手権でMVP。19年ドラフト1位で広島に入団した。1メートル80、76キロ。右投げ右打ち。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200211-00000096-spnannex-base

    【内田順三「作る・育てる・生かす」】#9

     私が広島の打撃統括コーチ(2008~10年)を務めていた頃、試合前に不振で悩んでいた4番の栗原を連れて中日の監督だったオチ(落合博満)に相談したことがある。

    「相手から見て(栗原は)どんなふうに感じる?」

     すると、オチはこう言った。

    「4番だからって(走者を)全部かえそうとしているよ。内田さんねえ、打者ってそんなに打てないから、四球は四球で選べばいいんですよ。次の5番につなぐ、チャンスを回せばいいのに、全部の球を追っ掛けて打とうとしている」

     打撃フォームのことは言わなかった。「ボール球は打たない。失投を打つ。いかにワンスイングで仕留めるか」ということだった。全部打たなくていい。そう考えれば、余裕も出る。栗原は「気が楽になった」と感謝していた。

     オチが巨人にいた頃から、こちらが三冠王3度の技術を学ばせてもらった。そんなオチが「天才」と評した「内角球さばき」ができるのが、昨季セ・リーグMVPに輝いた坂本勇人である。

    ■「ショート打ちの名人」と重なる坂本の内角打ち

     スピード、ミート力、肩――。走攻守のバランスが取れた遊撃手だが、新人だった07年の頃はマッチ棒のようにヒョロヒョロだった。

     柔らかさが武器。ウエートトレーニングよりスイングをしながら力をつけた。内野、特に遊撃手は動き回る。スピード感が必要だから、ウエートで硬い筋肉をつけることは避けていた。 

     打撃では、入った頃から左肘の抜き方、内角打ちは抜群にうまかった。野球以外は左利きで左腕の操作性が高いことが理由かもしれない。「シュート打ちの名人」と言われた山内一弘さん(中日、ロッテの監督などを歴任=享年76)の打ち方にそっくりで、ダブって見えた。

     坂本に「トップから45度の角度(で振り下ろす)を意識して振ってみたら?」と話したことがある。悪くなると、スイングする際に後ろの部分が大きくなる傾向があった。「45度」を意識させることで、レベルスイングに近づけるのが狙いだった。これは感覚の問題で、一本足打法の王さんを指導した荒川博さん(巨人、ヤクルトで打撃コーチ=享年86)は「55度で振るとレベルに近いスイングになる。いい角度になる」と話していた。

     下半身リードで振ると、ヘッドが出てくる。打つ際、ボールが当たる面を長く見られるようになると、センターから右中間へ飛ぶようになる。

     阿部同様、いいと思ったことは何でもチャレンジする。以前はもろさがあったが、最近は「変化」ができるようになった。

     投手によってスタンスを広くしたり、始動を変えたり、小さい動きにしたり……。「俺はこのスタイルなんだ」ではなく、多くの引き出しを持つ順応性こそが大きな武器。しかし、坂本も伸び悩んでいる時期があった。

    (内田順三/前巨人巡回打撃コーチ)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000011-nkgendai-base

     プロ野球の広島、中日などで活躍した片岡光宏さん(57)は現在、宮崎市内で広島風お好み焼き店「かたおか」の代表を務める。場所柄、2月のキャンプ期間中は多くの球界関係者が訪れ、大盛況。過去には「星野ジャパン」の決起集会も開かれたほどだ。


     片岡さんは府中東の「4番打者兼エース」として1979年のセンバツに出場し、その年ドラフト1位で広島に入団した。期待の大きさは外木場2世として背番号「14」を受け継いだことでもお分かりだろう。しかし、右肘を故障し、投手としては登板わずか5試合。野手に転向後の88年には10本塁打をマークしたものの、その後は中日、横浜(現DeNA)にトレード移籍。腰痛に悩まされ、91年オフに自由契約となった。

     引退後は幼子を連れ、夫人の実家がある宮崎へ。当初は知人の紹介でとび職に就こうとしたが、腰痛で断念し、この店を構えたという。

     「広島時代からお好み焼きが大好きで、毎日でも食べたいと思っていたから。単純な発想ですよ」

     そばは本場広島から取り寄せた生麺を使用。美人の奥様の支えと日々研究を重ねたことで、地元に根づいていった。5年前からは「備後府中焼き広報大使」を務めるほど。その傍ら野球への感謝の気持ちは強く、社会人野球クラブチーム「宮崎ゴールデンゴールズ」のGMの肩書も持つ。

     「野球に興味を持ってもらうために少年野球教室を開催し、広島のOBを呼んで野球人口の底辺の拡大に協力してもらってます」

     そんな片岡さんにとって忘れられないのが2008年1月31日。当時日本代表の大野豊投手コーチから「奥の個室、空いてる?」と1本の電話が入り、予想外の展開になった。北京五輪に向けた強化合宿のため、宮崎入りしたばかりの星野仙一監督以下、コーチ陣がやって来るという。

     「この大事な時期に、しかも空港に着いてすぐ。星野さん、田淵さん、(山本)浩二さんがそろって、うちの店に来てくれた。あのときは度肝を抜かれましたよ」

     片岡さんが中日に在籍したのは89年のわずか1年間。いまは亡き星野さんの人柄が偲ばれる行動に「優しくて、面倒見がいいと聞いていましたが、本当でした。2011年、楽天の監督のときには新人だった松井(裕樹)ら主力選手20人くらいを連れて来ていただきました。殿堂入りした田淵さんも毎年のぞいてくれます」と感謝した。

     いまの「かたおか」があるのも星野さんのおかげだという。店を構えて3年目。まだ40代だった先ほどの3人がカウンターに並んだことがあった。

     「仙ちゃん、おいしいだろ?」と同意を求める浩二さんに「親しいヤツが本当のことを言ってあげないと、店の料理はうまくならない」と返したという。

     「あの言葉で気持ちが引き締まって、さらにおいしいお好み焼きをつくろうと思いました。浩二さんの気持ちもうれしかった」

     まもなく、キャンプイン。今年も宮崎が活気づく季節がやって来る。

     「2月は一番忙しい時期です。毎年が勝負。特にここ数年はカープが優勝したりで、キャンプに来る報道陣や、球団の幹部までが来てくださいます。広島時代の仲間とも久しぶりに会って、クラス会みたいな雰囲気になりますよ」

     人気メニューは「府中そばベジタブル500円」「府中そば炙りネギマヨ600円」「広島そば700円」など。コテを握り、片岡さんは今や遅しと待ち構えている。

    (まいどなニュース特約・吉見 健明)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-11002820-maidonans-life

     アスリートが結果で評価されるのは、プロ野球も例外ではない。結果とは数字。『数字で振り返る2019竜戦士』。中日ドラゴンズの主力11選手を象徴する数字を拾い上げた。第1回は大野雄大投手(31)だ。エースの数字は何を語っているのか―。


     1割3分3厘。大野雄が残したこの数字が語るのは、彼の揺るぎない覚悟である。これは今季の大野雄と広島・鈴木の対戦打率だ。15打数2安打、打点ゼロ。鈴木が10打席以上対戦した投手は13人いるが、最も抑えたのが大野雄だ。

     侍ジャパンの4番にして、今季両リーグでただ一人、OPS(長打率+出塁率)が1を超えた最強のスラッガー。昨季までの大野雄も、打たれるか逃げるかだった。ところが、今季は一変。腹をくくり、立ち向かった。鈴木をねじ伏せたのは、偶然ではない。彼はこのデータを知っていたし、その内容も克明に記憶していた。

     「誠也は内を捨てているんですよ。手を出してこない。その代わり、外は地獄です。打ち損じもないし、長打率も高い。実際、僕が打たれた2本も外のツーシームでした。幸い、長打にはなりませんでしたが。だから誠也を抑えるには内に投げきれるか。ここに尽きるんです」

     鈴木は怖い。だから外角でようすを見る。その球を鈴木は逃さない。大野雄いわく「地獄」。釜ゆでか、火あぶりか…。そこから逃げるには内角を攻める。言うのは簡単だが、やるのは難しい。少しでも甘く入るとやはり「地獄」。全16打席の中で、分岐点となったのが5月21日(三次)の2回だ。

     「全球、ストレートだったんです。もちろん内角。誠也は真っすぐにも強い。でも投げきれました。あれは自信になったし、その後にも生きたと思います」。2ボール1ストライクから、力のない中飛に打ち取った。

     今季の大野雄は、規定投球回数到達者の中でリーグトップの被打率2割6厘。セ・リーグで誰よりも多くのイニング(177イニング2/3)を投げ、誰よりも安打を打たせず、誰よりも点を取られなかった(最優秀防御率)。その根幹にある立ち向かう姿勢が、鈴木との対戦打率に表れている。

     「でもね、いい打者になるほど打席の中身を覚えています。だから来年は…」。来季の自分に問われているのはさらなる「覚悟」だと、彼はわかっていた。(渋谷真)




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00010020-chuspo-base

     フラッシュライトに照らされた会見場に、菰野高・岡林勇希投手(17)は、やや緊張した表情で現れた。地元中日からの5位指名。「ホッとしました。そこまで上位ではないと思っていた。5位指名を受けてすごくうれしい」と、安堵(あんど)の表情を浮かべた。

     投手としては最速153キロを投げる本格派右腕、野手としては高校通算21本を放つ強打者。中日からは投手として指名を受けた。どちらで勝負したいか聞かれた岡林は「はじめは投手として頑張りたい」。野手としての可能性は残しつつ、まずは「勝てる投手」という理想を追い掛ける。

     同じ菰野高出身の兄・飛翔(つばさ)さんは2017年に広島育成1位でプロ入りしたが今月、戦力外通告を受けた。「『プロは厳しいぞ』と言われた。兄が通用しない世界。もっと技術を上げなければ」とプロでの飛躍を見据えた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00010055-chuspo-base

     広島の小園海斗内野手が26日、マツダスタジアムでの全体練習に参加。中日・根尾との対戦を心待ちにした。



     根尾は27日に初めて1軍に昇格するのが濃厚で、1軍の舞台で再会するのは、初めてになる。プロのユニホームに袖を通して“初対決”した4月2日のウエスタン中日戦では、根尾が無安打だったのに対し、自身は二塁打を1本を放った。

     高校時代から互いに切磋琢磨(せっさたくま)してきた存在。「高校のときからショートのライバルだと思ってやってきた。一緒に1軍でプレーできるのは大きい」

     チームは今季最終戦となる27日に勝利すれば、自力でCSの出場権を手にできる。リーグ4連覇こそ逃したものの、日本一への挑戦権を手放す訳にはいかない。

     この日は全体練習終了後、1時間にわたって東出打撃コーチからマンツーマンで打撃指導を受けた。小園は「1つでもチームに貢献できるようにやっていきたい」と気持ちを引き締めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00000107-dal-base

    このページのトップヘ