広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中日ドラゴンズ

     20日に育成枠から支配下選手契約を結んだ広島のヘロニモ・フランスア投手(24)が24日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に参加し、プロ初登板初先発となる26日の中日戦に備えた。ドミニカ共和国のカープアカデミー出身投手で、初登板初先発初勝利を挙げたのは球団では95年のチェコのみ。23年ぶりの快挙を目指す。

     雲ひとつない空の下、フランスアが左腕を振った。マツダスタジアムのマウンドに上がると、本番を想定して登板前最後の投球練習。カーブ、チェンジアップなどの変化球を交えながら53球。26日・中日戦でのプロ初登板初先発へ向けて調整した。

     「(マツダのマウンドは)昔、一度だけ投げたことがある。シート打撃でルナとエルドレッドと新井さんに投げたんだ。投げやすく好きだね。気持ちが良かった」。気温24度。初夏を思わせる暖かさに、額には自然と汗がにじんだ。

     14年9月に練習生として初来日。今年3月に育成選手となり、ウエスタンで8試合に登板し2勝1敗、防御率2・57の成績を残して20日に念願の支配下契約を結んだ。

     「右打者の内角に入ってくるボールが良い。来たときは、ブルペンでは良い球を投げるけど、実戦になると四球。それがなくなった」と畝投手コーチ。制球難を克服し、1軍マウンドを勝ち取った。

     フィールディング、ベースカバー、けん制…。試合の中ではさまざまなことが求められる。来日当初は投げることで精いっぱいだったというが、転機は16年に四国ILp・高知に派遣され、数多くの実戦を積んだこと。「いろんな経験ができた」。クイックも今では1・2秒台前半。投手としての基礎を身に付け、総合力もアップさせた。

     ドミニカ共和国カープアカデミーは1990年に開校。同校出身選手で、プロ初登板初先発を初勝利で飾ったのは、球団では95年のチェコのみ。「もちろん、九回まで投げたい」と完封勝利にも意欲を示した。

     「喜んでいたよ」。母国で暮らす母のロレーナ・マルティネスさんや16年に結婚した妻サンドラ・バルデスさんには、電話で初登板を伝えた。「初めてだから緊張すると思う。でも、自分のペースでテンポ良く投げたい。自分の仕事をすることだけを考えたい」。海を渡って4年。夢をかなえる第一歩を踏み出す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000020-dal-base&pos=4

     「中日2-3広島」(17日、ナゴヤドーム)

     広島の3番手・ジャクソンが今季2勝目をゲットした。

     2-2の八回、2死二塁のピンチを招いたが、強気で攻めた。代打・藤井を150キロ超えの直球で空振り三振。ゲームの勝負所を抑え、勝利を呼び込んだ。

     試合後は「チームにとって価値ある勝利になった。ナゴヤドームが鬼門だと知っていたからね。今季2勝目はすごくうれしいよ!」とジャクソンスマイルを浮かべていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000157-dal-base

     広島・新井貴浩内野手(41)が13日、鬼門突破の心得を説いた。15日から今季唯一の同一カード3連敗(4月20~22日)を喫したナゴヤドームで中日3連戦。左ふくらはぎ痛から11日に1軍復帰したベテランの一打で負の流れを断ち切る。

     朝から降り続いた雨は次第に激しさを増していった。午後1時25分に中止が決定。今季2度目のスタメン予定だった新井は「中止はしょうがない。またあさってからしっかり準備したい」と次戦へ向けて気持ちを切り替えた。

     15日から敵地ナゴヤドームで中日3連戦。前回対戦では同一カード3連敗を喫し、昨季も5勝6敗2分けと黒星が先行した。王者・広島にとって、数少ない鬼門と言える球場だ。新井も「独特の雰囲気がある。重たい試合が多いでしょ。基本、ピッチャー(有利)の球場だから。マウンドが高くて硬いし球場も広い」と印象を語る。

     ただ、前回の3連敗は離脱中の出来事だ。「そういうことは気にせず。自分たちがやることは限られている。どこであろうと一緒だから」と鬼門突破の心得を説くと「いつも通り準備して入っていきたい」と意気込んだ。

     精神的支柱であるベテランが戻ってきてから、チームはますます活気づいている。1軍復帰した11日・阪神戦は今季最多14得点を奪って大勝。12日も快勝して、貯金を今季最多の10まで増やした。

     今回の中日3連戦の相手先発はすべて右投手が有力。新井のスタメン出場は微妙でも、ここ一番での出場が考えられる。「僕自身そんなに(嫌なイメージは)ない」と言い切るベテランが流れを変える。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000037-dal-base

     「中日11-7広島」(20日、ナゴヤドーム)

     広島は七回、救援陣が打ち込まれ逆転負け。連勝は「5」で止まった。

    【写真】緒方監督の女子高生次女は母親似の美少女!黒髪&美脚が魅力

     7-4の七回。緒方監督がマウンドに送り出したのは中田だった。1死からモヤの二塁打をきっかけに走者をためると高橋、福田に連続適時打を浴びてリードはわずか1点。2死満塁から大島に右前2点適時打を許し、ついに逆転された。交代したアドゥワも悪い流れを止められない。この回、8本の長短打を集められ7失点し、7-11とされた。

     七回の攻撃で5点を奪い7-4と試合をひっくり返していた。直後に暗転。中田は「逆転した次の回に逆転されてしまった。僕の責任。申し訳ない気持ちでいっぱい」と視線を床に落とした。

     緒方監督は「投手じゃない。自分の采配ミス。勝たなければいけなかった」と悔しさをにじませた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00000147-dal-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     開幕2戦目で中日福田が本塁打を放った試合後、広島下水流に話しかけた。「次は下水流選手が打つ番やね」と言うと「そうですね。でもまず打席に立てることが大事です」と笑った。すると翌日3戦目に初スタメン。第1打席に高めの球をバックスクリーンに運ぶ1号先制ソロを放った。不思議なものだなと感じた。



     下水流と福田は、横浜高の同期。3年春のセンバツ甲子園ではともに優勝を経験した。それだけではない。神奈川の鴨志田第一小学校、鴨志田中学も同じ。野球チームも同じで下水流は「中学校までは彼は捕手、僕は内野。打順は僕が1番、彼が4番でした。打撃は僕よりずっとすごかった」と述懐する。

     実家が近く、子供の時は野球以外にもお互いの家で遊んだりしていたという。そんな2人が、ともにプロの第一線で活躍している。これはすごいことだ。福田はどんな存在かと下水流に聞くと「普通に友達ですよ。でも、いつも気になる存在。それは間違いない」と返ってきた。友人に負けじと放った1発。「たまたまですよ」と、再びさわやかな笑顔だった。【広島担当=大池和幸】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00173287-nksports-base

     中日ドラゴンズの一部ファンが、広島カープとの試合中に「原爆落ちろ」などと不適切な野次をスタンドから飛ばしていたことが分かった。本人がツイッターで、その音声を収録した動画を自ら公開していた。

     問題の野次は、2018年3月31日にマツダスタジアム(広島市)で行われた試合中に、ビジター応援席にいた男性が発したもの。カープ球団の担当者はJ-CASTニュースの取材に対し、「現時点では(球団として)当事者の特定ができていないため、具体的な対応を取ることは難しいと考えている」と話した。

    ■外野席は「暴言吐いてなんぼ」と主張

     問題の男性ファンは、中日が6-2で敗れた31日の試合後に更新したツイッターで、自らが飛ばした野次を紹介する動画を公開した。その映像を見ると、中日の攻撃開始時のファンファーレに合いの手を入れる形で、数人の男性ファンが、

      「かっとばせ! 死んじまえ! 原爆落ちろ、カープ!! 」

    と大声で叫んでいる様子が確認できる。

     また、この男性ファンは同日のツイッターで、上記の野次を自らが飛ばしたことを認めつつ、「外野席なんか野次飛ばしてなんぼやぞおい!暴言吐いてなんぼやぞ!それが不快に思うなら外野で応援するな」などと主張していた。

     こうした一部ファンの不適切な野次について、中日ドラゴンズ応援団事務局は4月2日、J-CASTニュースの取材に対し、

      「該当の野次に関して、当団体が主導で行ったものではございません。また、当団体ではこのような応援を先導したことは一度もございません」

    と説明。そもそも、問題の野次が飛ばされたファンファーレには、応援団が定めた歌詞や合いの手は存在しないという。

     また、中日応援団によれば、試合当日に球場にいた団員は、今回のような不適切な野次が飛ばされていることには気付いていなかったという。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00000009-jct-soci

     広島の大瀬良大地投手が、4月1日のヤクルト戦(マツダスタジアム)に先発する。31日は、マツダスタジアムで練習しキャッチボールなど軽めのメニューをこなし最後の調整を終えた。

     開幕から野村、ジョンソンに勝ち星がつき、チームは2連勝と勢いに乗る。「流れを切らないようにしたい」と力を込めた。

     オープン戦最後の登板となった25日のソフトバンク戦(マツダ)は、5回3安打1失点とまとめた。状態は上向きで「自分のやってきたことを出したい。自分にとっての開幕戦なので、良いスタートが切れれば」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00000158-dal-base

     「教育リーグ、広島7-0中日」(3日、由宇練習場)

     広島ドラフト1位の中村奨成捕手(18)=広陵=が3日、2軍教育リーグ開幕の中日戦で、ド派手なデビューを飾った。「6番・指名打者」で先発出場。小笠原から第2打席に左前打、3打席目の五回には2死二、三塁から145キロのストレートに力負けすることなく、左中間を破る2点三塁打を放った。



     「小笠原さんにびびることなく打席に入れたし、楽しめました。それで結果を出せたのがうれしいし、これからの自信にしていきたい」と話した。三塁打も、三塁到達まで11秒6と俊足をアピールできた。六回からはマスクもかぶり、強肩を披露。六回無死一塁で二盗を試みた渡辺を、ボールを握り替えながらも絶妙な送球でアウトにした。

     それでも中村奨は「まだまだ無駄な動きが多いし、(リード面で)ヒットも打たれた」と満足しない。「打撃は思い切り初球からバットを振っていくのが僕の持ち味だから、これからもどんどん振っていきたい」と積極的な姿勢を強調した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00000038-dal-base

    このページのトップヘ