広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ニュース

     昨年12月に胃がんを患っていることを公表した広島・赤松真人外野手(35)が15日、自身のブログを更新し、現在の心境をつづった。

     赤松は「病気がわかって一年です」との書き出しで、「去年の12月15日に人間ドックで病気が見つかりました。頭が真っ白になった1日だったのを覚えています。あれから一年です」と振り返り、「さまざまな事がありましたが、何とかのりこえる事が出来ています! 一人では乗り越えられない事だらけで大変でしたが、皆様の温かい言葉に何回助けられたことか…」とファンへ感謝の思いを改めて伝えた。

     最後には「まだまだ完治とは言えませんが、普通に生活できますしゴルフもしています! 今まで普通にしていたことがまた普通にできるようになり本当に嬉しいです! 普通の生活ができている事に感謝してこれからも生きていきます!」と前を向いた。

     赤松は今年1月に手術で胃の半分を摘出し、約半年間の抗がん剤治療を経て、7月に3軍としてチームの練習に合流。今季は1、2軍ともに出場なく、野球協約で定められた減額制限(25%)いっぱいでの契約更改だったものの、来季も現役としてプレーすることが決まっている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00000536-sanspo-base

    「やりがいのある1年だった。納得してハンコを押せました」

     そう言って満足そうにうなずいたのは、広島の一岡竜司(26)。12日の契約更改で2500万円増となる年俸5300万円でサイン。59試合に登板して防御率1.85と奮闘し、チームの2年連続リーグ優勝に貢献したことが評価された。

     広島の勝利の方程式の一員として定着したリリーバーも、ほんの4年前までは巨人の二軍でもがいていた。11年のドラフト3位で即戦力右腕として入団しながら、巨人での2年間は一軍で13試合に登板したのみ。巨大戦力に埋没し、満足なチャンスを与えてもらえなかった。それが、13年オフにFA大竹の人的補償として広島に移るや、見事に働き場所を確保した。

     巨人時代に1000万円だった年俸は、広島に移籍後のこの4年で5倍超。この日、改めて“巨人を出て良かった”と実感したことだろう。

     巨人はこのオフ、FAで野上を獲得。西武に人的補償を選択されれば、誰かが移籍を余儀なくされる。巨人の若手選手は戦々恐々としているらしいが、この一岡の例を見れば、自ら「西武に行きたい」と手を挙げてもいいくらいだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000018-nkgendai-base

     広島の岩本貴裕外野手(31)が11日、所用のため訪れたマツダスタジアムで、合気道の道場に通うことで精神力を鍛えると明かした。昨オフに続いて2年連続となる道場通い。合気道効果もあり、今季は主に起用された代打で首脳陣の期待に応えたが、来季へ向けて大一番で重圧に負けないメンタルをさらに磨く。



     今季の代打打率は・429。シーズン終盤の勝負強さは際立っていた。「打席で緊張しなかった」。岩本は平常心を保てたことが好結果につながったと自己分析した。

     昨オフ、知人の紹介で広島市内の合気道道場に週一度、通った。相手の心理を読み解く術を学びなら、プラス思考の重要性に気が付いた。今季は打席が巡ってくるたびに「良い場所で行かせてもらっていると思っていた」。失敗を恐れず、全神経を研ぎ澄まして、目の前の1球と対峙(たいじ)できた。

     来年、32歳になる。プロである以上、スタメンとしてグラウンドに立ちたい思いはある。だが「代打とかが主になると思う」。冷静に周囲を見渡し、チームのためになれるのは何かを考えた。

     苦い記憶はCSファイナルS第4戦。3-4の六回無死満塁で送り出され、空振り三振に倒れた。「一発で甘い球を仕留められるかが大事」。ここ一番の勝負強さに磨きをかけ、まずは開幕1軍をつかみとる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000031-dal-base

    【核心直撃】広島の永川勝浩投手(36)が、来季を「勝負の一年」と位置付けている。今季は5年ぶりに一軍登板なし。1700万円減額の年俸2000万円(推定)で来季の契約を結んだが、チームは中継ぎ、抑えが安定しており、ポジションを奪うのは厳しい状況となっている。投手陣最年長として思うことは。また、赤ヘル最後の「松坂世代」としての胸中は。直撃した。

     ――今季は5年ぶりに一軍登板がなかった

     永川:野球選手として一軍で投げるのが当たり前のこと。そういった意味では、一軍で投げられなかったことは情けないし、自分自身やれることをやって来年に臨みたいとは思っている。

     ――年俸は減額だったが再びチャンスをもらった

     永川:ありがたいこと。契約をしてもらったので、また来年頑張りたい。

     ――一軍は中継ぎ、抑えと勝ちパターンができている。ポジションを奪うという考えか、それともチーム最年長投手としてブルペンを引っ張るという考えか

     永川:どちらにせよ、結果を出さないと上(一軍)には上がれない。上で投げている彼らよりいいボールを投げようと思って練習しているが、ポジションを奪うとかいうレベルに今年も去年もなっていない。まずは一軍でチームが勝つときの力になれれば。

     ――起用法にこだわりはない

     永川:ポジションどうこうよりも、一軍で投げることが大前提。そこで投げられようにしていかないと。

     ――直球やフォークにもより磨きをかけていく

     永川:全体的にレベルアップはしないといけない。まだまだ強いボールを投げられると思って練習している。今年より強いボールに。フォークにしてもそう。いっぱい投げていけるような精度にしないといけない。

     ――制球面はどうか

     永川:制球面というよりも強いボールを投げてフォークを使えるボールにするというのがまずは第一。制球力はその次でいい。

     ――今季限りで江草仁貴氏(37)が現役引退、梵英心内野手(37)が退団。広島で「松坂世代」最後の一人となった

     永川:仕方ないこと。結果を残さないと、いなくなったりする世界なので。これは同級生にかかわらず。そういう年齢だなとは思うが、僕はまだやらせてもらえるということで、全力でやりたい。

     ――出場機会を求めて他球団に移籍するという考えはなかったのか

     永川:考え方は人それぞれあると思う。ただ、プロ野球人生始まって悪いときもあったが、なんとかここまでやらせてもらっている。僕としてはこのチームでダメだからよそでという感覚はなかった。ここに「もうダメなんじゃないか」と言われたらそのまま辞めようとは思っていたし、この先もそう。

     ――10歳と2歳の子供もいる。特に下の子供が物心つくまでは現役続行か

     永川:そこまで下の娘が分かるまで続けるとかない。あとは自分がどれだけやれるかという話なので。そうなればいいけど、執着はしていない。

     ――チーム最年長の新井が40歳。節目の年齢まで続けたいという思いは

     永川:そこまで考える余裕もないし、来年どうやってバッターを抑えようかということしか考えられない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000003-tospoweb-base

     広島・大瀬良大地投手(26)が11日、マツダスタジアムで練習を行った。

     屋内でウエートトレに励むと、グラウンドに出てキャッチボール。その後は白い息を吐きながら、ダッシュを繰り返した。


     今季は24試合の先発で145回2/3を投げ、10勝2敗、防御率・3・65。3年ぶりに2桁勝利を挙げ、規定投球回に到達した。

     現在の練習のテーマは「真っすぐとスタミナの強化」。来季へ向けて「今年よりもいい年にしないといけない」と燃えていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171211-00000129-dal-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     言うなれば「小窪の魂、百まで」だ。今オフ広島の選手会長が会沢翼捕手(29)に代わった。前任者の小窪は2年間の任期を全う。その小窪やベテラン新井、石原らの推薦で、会沢にすんなり決まった。新選手会長はいつも「基本的には小窪さんがやってきたことを引き継ぐこと。チーム一丸を重視したい」と言う。連覇を果たした広島の武器は一体感。小窪の奔走を副会長として一番近くで見た会沢には“イズム”がある。


     初仕事は選手会長になったその日。11月末の選手会納会だった。ミーティングの後、会沢は25歳以下の選手を集めた。鈴木、西川、野間らを前に「お前たちがしっかりしないと、これからのカープは強くならないぞ。私生活でも、オンオフしっかりしよう」と語りかけた。その心は、「(強さの原動力を)次の世代につなげていかないと」。小窪会長時代に目が届かなかった世代に、会沢がイズムを伝えたことになる。

     当然会沢の色もこれから出るだろう。小窪は「僕より決断力、行動力もある。3連覇、日本一に向かって色を出していってほしい」と語っていた。もう長い低迷期はゴメンだ。他球団にはないような団結力。根本は変わることなく、広島は強さを維持していくはずだ。【広島担当 池本泰尚】

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00073393-nksports-base

     広島・赤松が11日に自主トレのためマツダスタジアムを訪れ、胃がん発覚から約1年を経過した現状と心境を明かした。

     「早く1軍に戻ってプレーしたい。そのためには体力、筋力を付けて2軍に合流しないと。付くかどうか分からないけど…」

     昨年12月16日に医師から宣告を受け、今年1月に胃を半分摘出する手術を受けた。抗がん剤治療を経て練習を再開した7月当時の体重73キロが約5カ月で2キロ減ったという。

     「栄養を吸収できていないのではと思う。(復帰の)前例もないので不安だが、同じ病気の方に勇気を与えるためにやらないといけない」。7月から続けるランニングやキャッチボールなどに努め、懸命に前を向いた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000027-spnannex-base

     広島の九里亜蓮投手(26)が10日、原点回帰して今オフを過ごしていると明かした。広島・府中町で行われたイベントに参加後、報道陣の質問に答えた。来季に向けてのテーマは直球のレベルアップ。「去年よりも今年の方が真っすぐが良かった。もっと良くしていきたい」と前を向いた。

     変化球が多彩でも投球の軸となるのは直球だと自覚する。今季はチームのスピードガンで149キロを計測。コンスタントに力強い球が投げられれば、スライダーやシュートなどの変化球もこれまで以上に生きてくる。

     昨オフは筋力トレに力を入れ、体重88キロから95キロに増量。パワーアップして今季に臨んだ。今オフは次のステップを踏む。単に高負荷をかけるのではなく、投球動作に近い動きを取り入れたトレーニングに励む。

     「体が沈み込むフォームでは力が出し切れない」と自己分析し、理想のフォームには同僚ジョンソンの名前を挙げた。今秋キャンプから踏み出す足幅を7足分から6足分に変更。ブルペンでは手応えのある球があった。現行トレーニングを継続し、増したパワーを球に伝える体の動かし方の基礎を固めていく。

     球速にこだわりはない。それでも「150キロ?出たら良いですね」とはにかんだ。球威、キレ、伸び…。すべてを向上させて、来季の先発ローテ争いを勝ち抜く覚悟だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171211-00000040-dal-base

     広島・中崎翔太投手(25)が10日、広島県東広島市の「東広島ハウジングフェア」で行われたトークショーに一岡とともに参加し、来季目標に自身初となる「年間被本塁打0(ゼロ)」を掲げた。今季は59試合に登板し4勝1敗、25ホールド、10セーブを記録しリーグ連覇に貢献したが、さらなる高みを目指してリーグ3連覇へと導く。

     3年間、安定した成績を残してこそ、認められるプロの世界。15年から数字を積み重ねてきた中崎も3年続けて結果を残したが、満足感はない。救援投手として求められるのは、先発投手以上の完璧性。来季目標を、昨年同様に「被本塁打0」とした。

     「今年は2本打たれた。悔しい。もう一度、目標に向けて頑張りたい」

     今季許した2本塁打はいずれも痛恨のアーチだった。8月23日のDeNA戦では、1点リードの9回2死からロペスに同点弾を浴び、チームも延長10回サヨナラ負け。9月5日の阪神戦でも1点リードした9回1死一塁から福留に一時逆転となる2ランを許した。チームは安部のサヨナラ2ランで勝利を収めたが、中崎にとっては悔しさだけが残った。

     勝敗に直結する一発だけが許せないわけでもない。本塁打厳禁を掲げるのは、一発が試合の流れを一変させる可能性があるからこそ。たとえ、3点のリードがあったとしても、ソロアーチさえ被弾してはいけないと考える。

     「それ(チームの勝利)は結果論でしかない。点を取られていいというのはない。ちょくちょく打たれる抑えは信頼されない。(来季は今季以上に)しっかり抑えたい」

     現在のポジションに安住することなく、将来的な先発挑戦も視野に入れている。ただ、来季については、畝投手コーチが抑えの座を中崎と今村に競わせる考えをすでに明らかにしており、中崎も期待に応える構えでいる。

     今季は腰痛症による離脱もあったが、自身の進化を実感したシーズンでもあった。「1イニングあたりの与四球数と被安打数の合計」を示す「WHIP」が0・92となり、初めて1点を切った。「0点台だったということは、成長できたんだと思う」。WHIPは米国では投手の能力を示す指標の一つとされ、0点台は一流投手の証とされる。着実に成長曲線を描くが、まだ25歳。自らに高いハードルを課し、大投手の階段を上がっていく。 (柳澤 元紀)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171211-00000080-spnannex-base

     エンゼルス入りが決まった大谷と同学年の広島鈴木はマツダスタジアムに隣接する屋内練習場で汗を流し「赤いユニホームは似合っていないですね」とニヤリ。

     「最初から大きな目標を立てて取り組んできたからこそ(今の位置に)立てたのだと思う。本人にとっては特別なことではないのかもしれない」と刺激を受けていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171211-00074496-nksports-base

    このページのトップヘ