広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ニュース

    284f9c38

    <3連覇思想>

    指揮官として広島を3連覇に導き、日刊スポーツ評論家に就任した緒方孝市氏(51)の「3連覇思想」、最終回は「転機」の重要性について語ります。



      ◇    ◇    ◇

    選手にとっての「転機」ということを考えてみたい。誰にでも気持ち、プレーが変わるきっかけのようなものがあると思っている。選手、コーチ、そして監督として、ここまでやってこれた自分を振り返れば、母親がこの世を去ったとき、そこが生まれ変わる転機だったと考える。

    入団9年目の95年6月6日、自分が26歳のときに母が亡くなった。52歳だった。2年間ぐらい闘病していて回復の兆しもあったのだが無念の結果になった。今年、自分がその52歳になるのだが、当時はそんな年齢でこの世を去ってしまうのか…と衝撃を受けた。

    2人の妹、親類もみな、すごく悲しんだ。そんな中でもっとも驚かされたのは父親の姿だった。実家は佐賀・鳥栖の海産物卸売り業。両親共働きだったが特に父親は昔かたぎの厳しい仕事人だった。子どものときに一緒に遊んでもらった記憶はまったくないし、楽しく思い出すのは小学生のとき、野球のグラブを買ってもらったことぐらいだ。

    そんな父親が母のことで見ていられないぐらいに落ち込んでしまった。その父も昨年(19年)に亡くなったので、もう話してもいいと思うのだが、こんなことがあった。

    「緒方の父親が母の墓前で倒れている」。そう言って救急車が呼ばれたことがあった。事実は早朝からの仕事を終え、墓参に行った父が母の墓に触れながら話しかけているうちに寝込んでしまったのだ。しかし、その様子を見た知り合いが「倒れている。大変だ」と思って救急車を呼んでくれたということだった。

    それほど元気をなくしていた父親だったが唯一と言っていいぐらい喜んでくれたのが自分の野球での活躍だった。母親も生前、鳥栖から広島までこっそり見に来てくれていたということは後で聞いた。両親ともに応援してくれていたことをあらためて思い知った。

    父を元気づけるために何ができるのか。そう考えたとき、広島で活躍し、メディアに取り上げてもらうことしかなかった。正直、それまでは1軍半のような選手だったがそこから必死になった。そのシーズンに盗塁王を取ったこともあり、次第にレギュラーと言われるようになった。

    転機と言ったが何かのきっかけで「これでいいのか」と感じることが大事なのでは、と思う。実力がありながら伸び悩んでいるような選手はそんなことも少し考えてほしい。(日刊スポーツ評論家)



    引用元 https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/202006040000476.html

    元TBSの看板アナウンサーで、広島・堂林翔太選手の妻、枡田絵理奈が5日、カンテレ(関西テレビ)で放送された「マルコポロリ!」に出演。関西でレギュラー番組を狙っていることを明かした。  2014年のクリスマスに堂林選手と結婚し、15年9月に第1子長男、17年9月に第2子長女、19年9月に第3子次女を出産した枡田アナ。番組冒頭、MCの東野幸治が「現在、広島に住んでいらっしゃいます。なんとか関西でレギュラーを手に入れて、新幹線で日帰りできる、っていうスケジュールを練ってるんです」と紹介すると、「そうなんです」と笑顔。隣にいた元MBS(大阪・毎日放送)の豊崎由里絵アナから「え~っ?!ちょっと関西、荒らさないでほしいです」と悲鳴?があがった。

    284f9c38



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/942b5d64c550071c88c63e891010cb3281b02c70

    広島は22日、広島市内の球団事務所でスカウト会議を開き、高校生49人をリストアップした。

    1位候補は投手4人、野手1人に絞られ、投手は明石商中森俊介(3年)、中京大中京・高橋宏斗(3年)、福岡大大濠・山下舜平大(3年)、智弁和歌山・小林樹斗(3年)で、野手の名前は明かされなかった。白武佳久スカウト部長(60)は「ハートの強い投手がほしい」と話した。  8月29、30日(甲子園)と9月5、6日(東京ドーム)に開催されるプロ志望高校生合同練習会で視察する選手の確認も行われた。大学、社会人については9月下旬の次回会議で話し合われる予定。



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/5b0e3de6ba37f66bd2b366ef004f869a889e7769

    広島がいよいよ本領発揮だ。22日の巨人戦(マツダ)では、前夜の一戦に続きテコ入れした新打線が威力を発揮。
    3回に相手先発・畠の乱調に付け込み3本の適時打などで6点を挙げてビッグイニングを作ると、3回は堂林の11号2ラン、会沢の4号ソロと一発攻勢で一気に試合を決めた。  

    投げては大黒柱の大瀬良が直球主体の力勝負を披露。「前回(15日の阪神戦)ふがいない投球をしてしまったので今日は勝ちたいという思いでマウンドに上がった」と8回2失点の力投で5勝目を挙げた。本拠地・マツダスタジアムでの巨人戦はこれで6勝0敗とし、右腕の不敗神話も継続となった。 

    262376-2362-1-2442-pcg

    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/b550730de64269100a6423992894b0345c0a361c

    広島の山田和利内野守備走塁コーチ(55)が19日、体調不良により2試合連続でDeNA戦(マツダ)のベンチ入りから外れた。  


    前日18日は試合前練習に参加したものの、この日の練習は不参加だった。試合後、佐々岡監督は「へんとう炎ということ。ちょっと時間がかかるかもしれない」と説明した。  山田コーチの不在により、一塁コーチャーは2日連続で倉バッテリーコーチが務めた。


    284f9c38


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/5dbafb4c6c3fb68a681c2ce0021d9343bdb425c5

     ◇セ・リーグ 広島3‐4DeNA(2020年8月18日 マツダスタジアム)  広島は試合前に山田守備走塁コーチが体調不良を訴え、倉バッテリーコーチが急きょ一塁コーチに就く前代未聞の事態になった。  4点劣勢の7回に堂林の2点打などで1点差に詰め寄ったものの、最後は9回1死一塁で26歳の誕生日だった鈴木誠が三ゴロ併殺に倒れた。  引き分けを挟む2連敗で借金6の佐々岡監督は「諦めない姿勢は見せてくれたけど、ここ数試合は先に点が取れず追いかける苦しい展開が多い」と振り返り、一塁コーチについては「明日以降のことは分からない」と言葉少なだった。

    284f9c38


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/cbc1a8973eb241600c48dc113b6a6edd2a7845ab

     元日本野球機構(NPB)審判員の渡田均氏(わたりだ・ひとし=日本野球機構審判技術指導員)が6日、死去した。62歳。通夜、葬儀・告別式の日程は未定。NPBが発表した。

     大体大を卒業し、1985年4月18日のヤクルト-広島(神宮)で左翼線審として初出場。2015年まで通算2778試合に出場し、日本シリーズとオールスターゲームは各5度出場。09年の第2回ワールド・ベースボール・クラシックでは塁審を務めた。

    rectangle_large_type_2_47891932aa4f887b69a3629f20ae60f7


    引用元 https://www.sanspo.com/baseball/news/20200706/npb20070623230011-n1.html

    広島は27日、26日のDeNA戦でプロ初安打を放った大盛穂外野手(23)の記念Tシャツを期間限定で発売することを発表した。

    価格は3000円(税込)でサイズ展開はS/M/L/O(XL)。28日(火)の正午から14時まで、ホームページで時間限定受付を行い、マツダスタジアム内グッズショップでは、同日11時から8回裏終了まで受付。詳細は球団公式グッズショップのホームページにて。

    20200618-00804957-fullcount-000-6-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/0f54949d5ce3dbaf5879bb75c5dfd7ef6c9798b3

    広島は16日、戸田隆矢投手(27)が15日に群馬県館林市内の病院で左肘内側側副靱帯再建術を行ったと発表した。  戸田はプロ9年目の左腕。昨季はプロ入り初の1軍昇格なしに終わっていた。


    20200719-00000052-dal-000-4-view



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/012f4c796fd426a1c983d002572a70f43aba8011



    このページのトップヘ