広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    ニュース

     ◇侍ジャパン強化合宿(2017年2月24日 宮崎市・宮崎県総合運動公園)

     侍ジャパンの重要な打順を鈴木が担う。ソフトバンク戦では、4番・筒香、5番・中田の後の「6番・右翼」に名を連ねた。

     走者がたまった場面での打席が増えることも予想されるが「自分で決めようとは思わない。1点をどう取るか。それが勝敗に関わってくるし、ヒットじゃなくても点は取れる」と、得点するためのチーム打撃に徹する心構えを示した。

     打撃練習では62スイングで4本の柵越え。バント、右打ちなどチーム打撃も確認した。「いろんなことが求められる打順。練習から意識していかないと、試合でうまくいかない」。鈴木の働きによっては、大量得点につながる可能性もある。昨季29本塁打した長打力も大きな魅力。鈴木の自在性が侍ジャパンの得点力の鍵を握っている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170225-00000088-spnannex-base

     「練習試合、広島9-1ロッテ」(24日、コザしんきんスタジアム)

     広島のドラフト1位・加藤拓也投手(22)が、対外試合で初先発した。2回を投げ2安打2四球5奪三振無失点の粘り強い投球を披露した。

     初回、先頭の高浜にはストレートの四球。続く、鈴木に中前打で出塁されると、清田にも四球を与え、無死満塁のピンチを背負った。だが、4番・パラデス、5番・ダフィー、6番・平沢を連続三振に仕留め、無失点で切り抜けた。

     二回は先頭の井上に右前打。続く、柴田、吉田を連続三振に斬り、高浜を二飛に仕留めた。

     試合後、右腕は「ゼロで抑えられたことはよかった。イニングの入りや先頭への初球をしっかり投げられるようにしたい」と振り返った。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00000092-dal-base

     広島・野間峻祥外野手(24)が23日、沖縄県内の病院で違和感のあった右脇腹のMRI(磁気共鳴画像装置)検査を受け「右腹斜筋筋挫傷」で安静期間2から3週間と診断を受けた。

     「(きのう)マシンを打っているときに急にきました。悔しいです。中で出血があります。遅れているけど、追い付けるようにしたいです」

     前日22日のマシン打撃中に右脇腹の違和感を訴えて練習を早退。緒方監督は「この時期に外れたので、開幕は難しくなった」と示唆していた。

     野間は1軍のキャンプ地、沖縄を離れ、2軍と3軍がキャンプを張る宮崎・日南市内に移動。あす24日から3軍扱いで治療をスタートさせる。


    引用元 http://www.sanspo.com/baseball/news/20170223/car17022316580003-n1.html

    ◆練習試合 広島15―1韓国・KIA(23日・こざしんきんスタジアム)

     広島打線が20安打15得点と爆発した。「1番・中堅」で出場した堂林が2打席連続で二塁打。安部、メヒア、下水流、西川の4選手が猛打賞をマークするなど、打ちまくった。

     緒方監督は「攻撃の中でいい得点のシミュレーションができた。後は活躍した選手に聞いてあげて。みんな活躍したけど」と打撃陣をたたえた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000156-sph-base

     第4回WBCに出場する侍ジャパンのキーマンに胸の内を聞くインタビューは広島・鈴木誠也外野手(22)が登場。昨季大ブレイクした野手最年少の神ってる男は、「全部勝ちたい。ウンともスンとも言わせたくない」と、強気に語り、無傷での世界一を力強く宣言した。(取材・構成=角野敬介、長田亨)

     胸が高鳴る。燃えてくる。鈴木は初体験となる世界一決定戦へ向けて、きっぱりと言い切った。

     「全部勝ちたい。ウンともスンとも言わせたくない。手も足も出ませんでした、と。やっぱり日本すごいわ、と。今まではチームでは勝っても、個々では勝てないと、言われることもあるじゃないですか。そうは言わせたくない」

     WBCへの憧れは昔から強かった。過去を振り返りながら、自身が立つ舞台に思いをはせた。

     「1回目はタッチアップでの誤審【注1】。2回目はイチローさんのヒット【注2】。見てたのは見てたんですけど、漠然と見ていただけ。いつか代表に選ばれたいなと思っていたけど、こんなに早く選ばれるとは思っていなかった」

     4年目の昨季、大ブレイクを遂げた。神懸かり的な活躍【注3】で、緒方監督が鈴木を評した「神ってる」は流行語大賞を受賞。リーグを代表する外野手に成長し、野手では最年少ながら激戦区の侍の外野のレギュラー争いに割って入る存在になった。

     「分からないことだらけだからこそ楽しみ。思いきってやりたいですね。若いんで、ビビっててもいいことないですから」

     右翼が本来の定位置だが、状況によっては中堅、左翼を守る可能性もある。代打、代走、守備固め…。フル回転が求められる立場だ。

     「日本のためならどこでも、何でもやる。持っているのは出したい。(試合に)出てナンボだとは思うけど、とにかく勝てればいい。自分が出て打って勝てればいいんですけど、この大会はそうではない。みんなで勝ちにいくことの方が大事。そんなに自分が自分が、というふうにはならない」

     国際大会は、2年目の14年のシーズン終了後に第1回21UW杯(台湾・台中)を経験。昨秋の強化試合は、それ以来の日の丸を背負ってのプレーだった。

     「やっぱりチームで戦うのと緊張感が違った。負けたくないし、ほかの国になめられたくないというのはあった。そのプレッシャーが違った」

     それは鈴木の野球哲学にも通じる。自他共に認める負けず嫌い。国を背負って戦う以上、その気持ちはより強くなる。

     「シーズン中は自分自身がなめられたくないと思ってやっている。それと日本という国がなめられたくないという思いは、また変わってくる。とにかく負けたくない。強化試合でも負けたくない。ぼくは小学校からあまり強いチームでやってこなかった。ワンマンというか、自分で投げて打ってというチームで、よりそういう気持ちが強かった。弱いチームだけど、絶対になめられたくない、負けたくない、そういう気持ちでやっていた」

     たとえ打撃練習だったとしても、納得いく打撃ができなければ心の底から悔しがる。いつでも、どんなシチュエーションでも勝利への欲求は人一倍強い。だからこそ、WBCで絶対に忘れられないシーンがある。2009年の第2回大会、第2ラウンドの韓国戦だ。

     「韓国に旗を立てられた試合【注4】。あれはやっぱり見ててイラッとしたし、悔しかった。人になめられるのあまり好きじゃないから」

     8年前、日本は世界の頂点に立った。だがそれ以上に、当時14歳だった鈴木にはライバルに負けた記憶が強く残る。

     「何とも思わない人もいるけど、ボクは嫌っすね。野球では誰にも負けたくないという気持ちがあるから」

     侍の「51番」の先輩にあたるイチローは、06年大会で「戦った相手が、向こう30年は日本には手が出せないなと、そんな感じで勝ちたい」と言い放ち、世界一へと引っ張った。新しい「51番」も、強烈な自負を胸に戦いに臨む。

     【注1】06年の2次リーグ、日本・米国戦。同点の8回1死満塁から岩村の左飛で三塁走者・西岡が生還するも、デービッドソン球審はタッチアップが早過ぎるとして、セーフの判定を覆しアウトに。「誤審」で日本の勝ち越し点を消滅させた。

     【注2】09年の第2回大会。韓国との決勝戦でイチローは延長10回2死二、三塁で守護神・林昌勇から中前へ決勝の2点打を放った。

     【注3】昨年6月18日のオリックス戦(マツダ)の9回に2試合連続となるサヨナラ弾。緒方監督が「今どきの言葉で言うなら『神ってる』」と絶賛した。

     【注4】09年の第2回大会、第2Rの韓国戦。日本に4―1で完勝しお祭り騒ぎの韓国ナインが、ペトコ・パークのマウンド上に国旗を突き刺した。06年の第1回大会でも同様のシーンがあった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000061-sph-base

     広島の緒方監督が沖縄キャンプ中の対外試合で新外国人のペーニャを、期待される三塁だけでなく二遊間でも起用する方針を明かした。不動の二遊間、菊池と田中がWBCの代表合宿のためチームを離脱。緒方監督は「試すことの出来るチャンス。シーズン中にもし何かあった時の備えになる」と危機管理であると説明した。

     マルチな守備の名手として知られる新助っ人は「どこでもやれるよ」と自信を見せた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00000277-sph-base

    <今日の一番>

     成人して一番初めの日に誓った。広島塹江敦哉投手が21日、沖縄で20歳の誕生日を迎えた。前日20日に宮崎・日南から沖縄市に移動。この日は22日からの2次キャンプを前にした休日で、十分に体を休めた。「今年はチームに貢献して、ビールかけをしたい。大人になったので責任感を持ってやっていきたい」


     まだ3年目。昨年、優勝決定後に1軍デビューし、3試合で経験を積んだ。合計の防御率は11点台と苦いものだったが、中日担当として忘れられないマウンドがあった。9月16日の中日戦(マツダスタジアム)。野村、大瀬良のあとを継いだ19歳左腕は、最終9回を3者凡退にして完封リレーを締めてみせた。

     0-8で大敗した中日はこの時点で、4年連続のBクラスが確定した。記者は「広島との絶望的な差を露呈」と書いた。その表現は、高卒2年目の若ゴイがはねるように150キロを投げ込む姿に導かれたといってもいい。中日担当でありながら、たまたま20歳の誕生日に立ち会い、しかも一番の笑顔を見てしまったが、シーズンでは「敵」になる。中日は昨年、広島に7勝17敗1分け。成人はおめでたいが、美酒を飲ませるわけにいかない。【中日担当 柏原誠】


    引用元 http://www.nikkansports.com/baseball/news/1782193.html

     「広島春季キャンプ」(22日~、沖縄市)

     沖縄2次キャンプが22日にスタートする。宮崎・日南での1次キャンプに続き、25日に沖縄市でも25年ぶりのリーグ優勝を祝う凱旋パレードが開かれる予定で、街中は歓迎ムードが高まっている

     主催の広島東洋カープパレード実行委員会によると、午後4時半から緒方孝市監督(48)や選手らが沖縄市空港通りをパレード。その後、ミュージックタウン前の特設ステージで、優勝報告セレモニーが行われる。

     5日に開催された宮崎県日南市でVパレードでは、1万2千人の観衆が詰めかけ、熱い声援を送った。南国の地でも再びファンを盛り上げる。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/02/21/0009934212.shtml

     広島の新井貴浩内野手(40)が2軍で独自調整を行うことが20日、決まった。1軍は2次キャンプ地の沖縄へ出発したが、新井は宮崎・日南に残留。今後は2軍に合流して、打ち込みに専念する。

     「バッティング(の現状)についてはまだ分からない。生きたボールも見てないので」。広島復帰後の過去2年は2月中旬に紅白戦に出場。もちろん、沖縄2次キャンプにも帯同していた。しかし、今年はまだ実戦に出場しておらず、調整は遅れ気味。1軍沖縄キャンプは実戦中心となり、雨天時に打撃練習ができる施設も日南の方が整っている。そのため、首脳陣と相談して“2軍行き”を決めた。

     「高さん(ヘッドコーチ)に任せると言われている。任されるからには責任がある。振り込み、打ち込みで自分を追い込んでいきたい」。キャンプ終了後に1軍に再合流の見込み。実戦出場の時期は未定だが「言われた時に実戦にいけるようにしておきたい」。昨年のセ・リーグMVP男は、開幕を見据えてペースを上げる。(酒谷 裕)



    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000270-sph-base

     広島が20日、宮崎・日南市内で行っている20日間にわたる一次キャンプを打ち上げた。雨の影響で毎年恒例の手締めが中止となったが、上本崇司内野手(26)が元気いっぱいのパフォーマンスを披露し、スタンドを盛り上げた。

     ビショビショのグラウンドに飛び出した上本はスタンドのファンに向かって「沖縄に行っても頑張ります!!」と絶叫。その後、猛ダッシュでダイヤモンドを一周し、ホームベースにスライディングを決めた。ゆっくりと立ち上がり笑顔をみせると、球場からは拍手が起こった。

     この日、チームはチャーター機に乗って沖縄へ移動。21日の休日をはさんで22日から3月1日まで沖縄で2次キャンプを送る。



    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000556-sanspo-base&pos=2

    このページのトップヘ