広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ニュース

     棚ボタではない。

     広島は29日、田中広輔(30)が右膝半月板部分切除手術を受けたと発表。全治は明らかにしていない。今季は打撃不振が続き、22日には5年ぶりに登録抹消。シーズン序盤からあった痛みを押して出場を続けていたとみられる。

     6月には連続フルイニング出場が635試合でストップ。このとき、田中広の定位置だった遊撃に座ったのは、ドラフト1位ルーキーの小園海斗(19)だった。7月に小園が抹消されると、一時期は田中広がスタメンに復帰。だが、小園が再昇格すると再び控えに回った。

     三塁での起用が増えている三好匠(26)が遊撃を守ることもあるが、遊撃のスタメン起用は小園が中心。いよいよ高卒新人のレギュラー定着が現実味を帯びてきた。

     とはいえ、数字は振るわない。41試合で打率.225、2本塁打。何より8失策と守備面での課題は多い。盗塁はゼロ、四球は4で田中広に比べれば足や選球眼も劣る。

     それでもレギュラーに最も近いのは、吸収力の早さが高評価を受けているからだ。たとえば、主軸を打つ鈴木誠也が打席に向かう小園に助言すると、その直後に結果を出したり、先輩からのアドバイスをすぐに取り入れたり。見て盗む能力の高さにコーチ陣も舌を巻く。

     上司や先輩受けも抜群。レギュラーの座を奪われつつある田中広も「自分が18歳のときより全然すごいと思う。ケガをしないのが一番難しくて大事なところなので、そういう部分を含めてもすごい」と脱帽していた。

     ただ気に入られているだけでは、優勝争いが激しさを増すであろうシーズン終盤のゲームに出続けることはできない。そんな小園に対し、東出打撃コーチは「場数が大事」と言い、山田内野守備走塁コーチも「技術はまだまだの部分があるけど、経験することが何より重要」と一軍出場が成長を促すとみている。

     今年のキャンプ初日、緊張する小園に、チームのムードメーカーである上本が抱負をこう“代弁”した。

    「田中選手からショートのポジションを奪えるように頑張ります!」

     早くも目標達成か。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00000025-nkgendai-base

     東京銀座にある広島県のアンテナショップ「ひろしまブランドショップTAU」は、9月2日10時30分からカープ坊やのスタンプラリー用の冊子「2019 HIROSHIMA RED PASSPORT」を数量限定で無料配布する。


     カープ坊やのスタンプラリーは、広島県内の23市町と山口県の7市町の計30市町をイメージしたオリジナルデザインのスタンプを集め、集めたスタンプの数に応じて抽選でさまざまな賞品が当たるというもの。

     すべてのスタンプを集めると、もれなくカープ坊やのクリアファイルがプレゼントされるほか、20個以上でカープの沖縄キャンプ見学、10個以上でレプリカユニフォーム、5個以上でカープ応援グッズが抽選でプレゼントされる。

     なお、対象地域以外で冊子が配布される唯一の機会となる。1200冊限定での配布となる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190828-00000021-impress-life

     昨季まで広島でプレーし、今季は無所属だったブラッド・エルドレッド内野手(39)が日本時間20日までに、現役引退を正式決断していたことが分かった。複数の関係者が明かした。


     エルドレッド氏は2012年6月に米大リーグ・タイガースから広島入り。14年には37本塁打でタイトルを獲得するなど長距離砲として貢献した。昨季まで広島の外国人選手として歴代最長の7年に渡って所属し、同じく球団の外国人選手として歴代2位の通算133本塁打を放った。子供を広島市内の公立小学校に通わせ、自身も球場まで“ママチャリ通勤”する姿や、「カントリー」のニックネームなどでファンからの人気も高かった。

     しかし昨季は不振とバティスタの台頭で出場機会が激減。首痛の影響もあり、6月9日の2軍落ちから再昇格できないまま出場38試合でシーズンを終えた。同年11月に球団が翌年の契約を更新しないと発表。今年はNPBでの現役続行を目指して米フロリダ州で“浪人生活”を送っていたが、オファーは届かなかった。

     15日(日本時間16日)には約3か月ぶりに自身のインスタグラムを更新。カープのロゴ入りミニギターでガンズ・アンド・ローゼズの「リヴ・アンド・レット・ダイ」をとどろかせながらエアギターを熱演。同じロゴのTシャツを着た子供も登場させ「子供たちにリアル・ミュージックを教えているんだぜ!」と変わらぬカープ愛を強調していたが、追伸としてハッシュタグで「#retiredlife」(引退後の生活)とも書き加えていた。

     


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00000093-sph-base

    広島緒方孝市監督(50)が22日、2軍調整中の長野久義外野手(34)を23日中日戦から1軍昇格させることを予告した。



    ヤクルト戦は4-8の7回途中で雨が激しくなり、中断後にコールド負け。試合後の会見で「(長野は)明日から合流予定です。スタメンを含めた中で、代打とか…。彼の打力、経験に期待するところは大きい」と話した。

    長野は昨オフ、巨人にFA移籍した丸佳浩外野手(30)の人的補償で加入。打力を期待されたが本来の力を発揮できず、7月3日に出場選手登録を抹消。2軍では27試合に出場し、打率2割6分8厘、1本塁打、8打点の成績を残していた。チームは首位巨人と6・5ゲーム差をつけられており、逆襲のキーマンとして期待される。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190822-08221088-nksports-base

    【広瀬真徳 球界こぼれ話】日本球界におけるシーズン中のトレードがここ数年、急増している。

     昨季は5組だったが、今季はすでに6組(金銭交換を含む)が成立。7月末の締め切り期限を前に早くも昨季の数を上回った。

     2016年(3組)、17年(4組)と着実に増え続けるシーズン中の選手交換。なぜ活発化し始めたのか。

     ちまたでは「トレードが頻繁に行われるメジャーに倣い始めた」という見方が強いが、理由はそれだけではない。パ・リーグの某球団編成担当は「メジャーの影響や米球界に精通する人物が球界内に増えたことは否定しませんが、球団や選手のトレードに対する意識の変化も大きいと思います」と現場の状況をこう説明する。

    「以前はトレードというと負のイメージが強く、球団側に主導権があるとはいえ、ファンの感情や選手の思いを配慮して消極的だった。でも、今の選手はトレードに前向き。悪い印象を持っていない。『活躍の場があるのなら』という意識が強いのか、ここ数年は契約更改の席などで移籍を直訴してくる選手も多い。今シーズン途中にチームが変わった選手の中には数年前から他球団への移籍を熱望していた選手がいました。そういった選手の気持ちを球団側がくみ『同一リーグでなければ』と柔軟な対応を取るようになってきているのです」

     時代とともに「球団格差」がなくなりつつある点もトレード誘発につながっている。

     かつてのプロ野球界は「人気のセ」と言われたセ・リーグを中心に動いていた。必然的に交換要員の選手を含めトレードの中身もセに有利な内容が多く、交渉が決裂するケースも珍しくなかったという。

    「現在はセパにおける人気面の格差は大きくない。むしろソフトバンク、日本ハム、楽天などは球界をけん引する勢力として年々、チームの存在価値を高めている。こうした流れにより、セパが対等にトレードできる環境が整ったことも一因でしょう」(前出編成担当)

     様々な思惑が絡むものの、トレードの主な目的は戦力の強化。当該選手がおのおのの新天地で活躍すれば球団、選手ともに利益を享受できる。実際、今季のトレードでも古巣で居場所を失いつつあった宇佐見(巨人→日本ハム)や松井雅(中日→オリックス)、下水流(広島→楽天)は早くも新たな環境下で躍動。日本ハム在籍時から主力投手の一人だった鍵谷(巨人)も移籍直後から貴重な中継ぎ右腕としてチームの快進撃を支える。

     成功例が増えるばかりか、今やマイナス要因を探す方が難しいシーズン中のトレード。増加傾向が続くのも無理はない。 

     ☆ひろせ・まさのり 1973年愛知県名古屋市生まれ。大学在学中からスポーツ紙通信員として英国でサッカー・プレミアリーグ、格闘技を取材。卒業後、夕刊紙、一般紙記者として2001年から07年まで米国に在住。メジャーリーグを中心に、ゴルフ、格闘技、オリンピックを取材。08年に帰国後は主にプロ野球取材に従事。17年からフリーライターとして活動。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000004-tospoweb-base

    (10日、岡山学芸館6―5広島商)

     大正、昭和、平成、そして令和の四つの元号で夏の甲子園出場を成し遂げた広島商。伝統に支えられたプレーの数々に、OBたちも目を細めた。

     5度目の優勝を果たした1973年夏の大会に1番・三塁手として出場した浜中清次さん(62)=広島市西区=は、内野席で試合を見守った。

     あの年、元広島カープの達川光男さんらを擁するチームは公立の強豪校を次々に破り、決勝で静岡(静岡)を相手に劇的なサヨナラ勝ち。当時の浜中さんのユニホームは、球場内にある甲子園歴史館に展示されている。

     この日、五回表に山路祥都君(3年)が本塁打を放つと、身を乗り出して打球の行方を追い「あの大会の達川さんの本塁打を思い出すなあ」と懐かしがった。

     孫の清水真翔(まなと)君(同)も七回に代打で登場。敵失で出塁し、好走塁で貴重な追加点のホームを踏むと、「ほっとした」と胸をなで下ろした。

     広島商らしい堅守が光る場面も多かった。七回裏、5―3に追い上げられ、なお1死一、三塁のピンチで、二塁手の北田勇翔君(同)や遊撃手の水岡嶺君(同)らが連係して併殺にすると、「これぞ広商野球、勢いを攻撃につなげてほしい」と拳を握りしめてたたえた。

     惜敗したが、浜中さんは「甲子園は広商にとって『庭』みたいなもの。選手たちは伝統を守り、土を持ち帰らなかった。後輩たちに必ず戻ってこいというメッセージだろう」と夢をつないだ。(東谷晃平)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00000007-asahi-spo

     ◇第101回全国高校野球選手権大会 第5日2回戦 広島商5―6岡山学芸館(2019年8月10日 甲子園)

     15年ぶり23度目出場の広島商は、2回戦で岡山学芸館と対戦し惜敗。夏は優勝した1988年以来、31年ぶりの勝利を手にできなかったが、大正、昭和、平成、令和と4元号での出場を果たし、伝統の力を随所に見せつけた。

     逆転への願いは届かなかった。5―6の9回2死一、二塁、代打川口が一邪飛に倒れると、全力で戦ったナインは一様に天を仰いだ。重く、重くのしかかった1点差。「仲間ともっと戦いたかった。みんなと野球がしたかった」と話す主将の真鍋の目からは止めどなく涙があふれた。

     攻守で「広商野球」を体現した。0―1の2回無死、真鍋が中前打で出塁すると犠打、中前打で一、三塁。7番・杉山が二塁前に同点のセーフティースクイズを決めた。6回には無死一、三塁から水岡の中前適時打、真鍋の左犠飛で2点を追加した。

     遊撃手の水岡は守備でも輝いた。4―1の6回2死一、三塁での右前打で、右翼手からの三塁送球のカットに入ると、一転、一塁ベースをオーバーランした打者走者をアウトにして失点を最小限に食い止めた。「次のプレーを常に考えてやる。普段の練習から、やっていることができた」と胸を張った。

     過去6度の優勝を誇る名門も04年以来15年ぶりの出場とあって三塁側スタンドは多くのOB、関係者や生徒、一般ファンで埋まった。応援バス37台は早朝に広島を出発。大会前にはプロで活躍する柳田(ソフトバンク)からバット10本、135人の部員全員分のTシャツが、岩本(広島)からも全員分のタオルが差し入れられた。73年夏の優勝メンバーの元広島監督・達川光男氏(64)からは臨時コーチとして指導を受けた。真鍋は「応援は心強かった」と振り返る。だからこそ「そういう人たちの期待に応えられなかったのが悔しい」と唇をかんだ。

     大正から4元号すべての出場となったが、平成時代に夏の勝利はなし。昭和最後の王者が新たなスタートを切るため、令和元年に戻ってきたが白星はお預けとなった。荒谷忠勝監督(43)は力を込める。

     「彼らが頑張って、15年出ていないところの扉を開けてくれた。出る素晴らしさも怖さも勉強した。持ち帰って新チームで頑張りたい。広商は、本当にこれからだと思います」

     全力で戦った2時間26分は、新たな伝統の礎となる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00000066-spnannex-base

    【緊急連載 プロ野球と暴力】#4

    「殴る、蹴るというのとは違うけど、『それ、パワハラでしょ』というのは結構ある」

     こう言うのは、パ・リーグ某球団に所属する30代の選手だ。

     つい最近も、「それで二軍の若手選手に泣きつかれた。ある意味では鉄拳制裁より悪質です」とこう続ける。

    「自分のときもそうでした。二軍には例えば打撃担当でも最低2人のコーチがいて、指導を受ける中でどちらの顔も立てなければいけない。困るのは、教えることが違うとき。当然、指導法やアドバイスには自分に合う、合わないがあって、合う方のコーチの言うことを聞くと、もう一人が『そんなことは教えてねえだろ!』と怒るなんてことがよくあるんです。怒鳴られるだけならまだいいんですけど、ヘソを曲げた方のコーチが年上だったり、格上だったりすると、『おまえはもう使わない』と試合に出してもらえない。僕に泣きついてきた二軍選手はまさにそれで、以来、完全無視されてるそうです。試合に使ってもらえなければ、給料に響くし、選手生命にも影響する。殴られて使ってもらえるなら、そっちの方がマシ。従順かそうでないかで仕事を奪うなんて、パワハラ以外の何ものでもないでしょう」

    ■「選手ではなくコーチを殴れ」

     評論家の小川邦和氏は「今回の緒方監督による暴行問題は、全力疾走を怠った野間のプレーが直接的な原因だが、それ以前に兆候はあった」とこう続ける。

    「今季の開幕直後から、緒方監督はチャンスで何度も野間に犠打のサインを送り、野間がそれを失敗する場面があった。十分に3割を打つ能力のある野間に対して犠打のサインを出すこと自体、私は愚策だと思っている。しかも、野間はお世辞にもバントがうまくない。打撃技術が高く、しかも、バントが不得手の選手に対し、何度も犠打のサインを出すのは、ある種のパワハラですよ。選手の能力を生かそうとしていないし、信用していない。緒方監督には度重なる犠打失敗による不満がたまっていたはず。それが、走塁ミスで爆発した。当然、野間は野間でミスを減らすための努力をするべきですが、同じミスを繰り返すのは、指導者の責任の方が大きい。野間のミスに頭にきて手を上げるなら、しっかり指導できていないコーチを殴れと言いたい」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190802-00000011-nkgendai-base

    <全国高校野球選手権:組み合わせ抽選会>◇3日◇大阪フェスティバルホール

    広島商の初戦の相手が、隣県の岡山学芸館に決定した。15年ぶりの夏出場を決めた荒谷忠勝監督は「隣同士でやらなくても」と嘆いた。両校は練習試合を通して、よく知った間柄。6月には4ー1で勝利したが、指揮官は「どっちが勝ってもおかしくない」と話した。


    主将の真鍋駿内野手(3年)は、「相手の情報がある半面、相手もこっちの情報を知っているので」と警戒した。広島大会では、4回戦の神辺旭戦で延長10回に逆転サヨナラ勝ち。次の準々決勝、呉戦でもサヨナラ勝ちした。「あれでチームが勢いづいた。(練習試合のときよりも)成長できたと思う」と自信をみせた。

    真鍋は「目標は日本一」。昭和最後の覇者が令和最初の大会で優勝を目指す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190803-08030979-nksports-base

     2位以下の混戦が続くセ・リーグ。独走する首位の巨人を除き、2位から5位まではわずか3ゲーム差だ。巨人以外が星を潰し合っている印象すらあるが、唯一、「苦手」を持たない球団がある。広島である。

     今季、ここまで広島が最も負け越しているのはヤクルト(6勝8敗)。阪神には7勝8敗、DeNAには五分(7勝7敗1分け)、それ以外には勝ち越している。

     一方、巨人以外で唯一、貯金をつくっている2位のDeNAは、巨人に5勝8敗。阪神には5勝10敗と大きく負け越している。阪神は巨人に4勝9敗、中日には4勝10敗。中日は巨人に4勝10敗とカモにされている。どのチームにも苦手意識はあるはずだが、広島にはそれがなさそうなのだ。

     4番に座る鈴木誠也(24)もこう言う。

    「誰とやるかじゃなくて、自分たちがどういう野球をやるか。いかにミスを減らすか、ミスをしないかが大事になってくると思う。野球は相手あってのことだし、球種は投手によって違うけど、打席に入ればその意識は変わりません」

     広島の“フラット”な意識が今後のペナントレースにどう作用するか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000033-nkgendai-base

    このページのトップヘ