広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ニュース

     昨季を上回るペースでマジックを点灯させた赤ヘルの強みは何と言ってもチーム打率2割7分8厘を誇る12球団ナンバーワンの打線。その“潤滑油”となっているのが、広島・丸佳浩外野手(28)だ。

     20本塁打を放ち25年ぶりのリーグVに貢献した昨季と比べて、今季は内野安打の割合が極端に低い(昨季は11・1%、今季は3・9%=成績は8日現在)。逆に二塁打数はすでに昨季の30に並んでおり、本塁打数も現時点で17本と昨季超えも射程圏だ。ここまで126安打しており、このペースでいけば自己最多となる2014年の166安打を上回る。

     昨季と何が変わったのか。丸は自身の打撃について「今年は『バットを振り抜く』ことを意識してやっている。当てにいく、走り打ちをするというのを追い込まれるまでしないようにしているのが、内野の間を抜けたり外野まで飛んだりしていることにつながっているのかも。長打が増えている直接の要因は分からないけど」と分析する。

     丸の成長について、チーム関係者は「意識してやっていることが結果になっているのはレベルアップしている証拠」と断言。さらに「田中や菊池をホームにかえしたり、チャンスメークすることで(鈴木)誠也のプレッシャーがなくなるとまでは言わないけど、少しは気持ちが楽になっているかも」と4番鈴木の負担軽減にもひと役買っていることを強調する。バージョンアップした背番号9のバットがリーグ連覇へ導く。
    引用元 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/726942/

     首位を独走し、リーグ連覇へのマジックを着実に減らしている緒方広島にあって、もがき苦しんでいる男もいる。プロ7年目の右腕・福井優也(29)。一昨年の2015年に自己最多の9勝を挙げ、一皮むけたかに思えたが、優勝した昨年は5勝、そして雪辱を期した今季はここまでわずか1勝のみ。17日の阪神20回戦(京セラ)も5回4失点と、緒方監督ら首脳陣の期待を裏切った。現在1軍投手陣の中では最年長の福井はどうしてしまったのか…。


     左腕エース・ジョンソンが離脱中で巡ってきた先発の座。4回途中で6失点だった11日の巨人18回戦(マツダ)から中6日で阪神20回戦(京セラ)に登板したが、ここも5回4失点と崩れた。しかも、投手・岩田に与えた2打席連続四球がいずれも失点につながるという最悪の展開。巨人戦も8番・小林に与えた四球がきっかけで、再び同じ愚を犯したことになる。

     「同じ失敗を繰り返してはイニングも投げられないし、使う側(緒方監督)の信頼も得られない。四球を出すにしてもその次をきっちり抑ればいいんですが、尾を引く形で打たれてますから…。投手陣の中では最年長なんだし、もう少しマウンド上での余裕がよしいですね」

     福井と晩年の4年間一緒にプレーした野球評論家・横山竜士氏はそう苦言を呈した。威力ある速球に落差の大きいカーブ、鋭いシュートなどを持ち、技量的には他の先発投手と遜色はない。なのに結果が伴わないのは、性格的なものが影響しているのだろう。「“勝ちたい”というどん欲な気持ちを強く持っているんですが、それを表に出してしまうんですよ。先日も審判のジャッジが不満でついSNSに書いてしまったり…。自分の感情を抑えられないと現状からは抜け出せない。福井に今必要なのは『我慢』と『忍耐』。キレる音が周りにわかるようではダメです」。そういう横山氏は何度か同じ指摘を本人に直接したという。

     現在1軍にいる投手の中では最年長とはいっても、まだ29歳の働き盛り。技術的にもまだまだ伸びる余地はある。それだけに、一刻も早くもどかしい現状を脱しなければいけない。今年は薮田や岡田、中村祐など年下の若手がブレークし、自分を抜かしていった。焦りがあって当然だろう。しかし、横山氏は言う。

    「野村も新人王を取った後、伸び悩んだ時期があった。それを乗り越えて去年最多勝を取り、それに満足することなくさらなる上を目指して取り組んでいます。福井はどうか?2年前にワンランク上がったと思ったらこの2年で元に戻ってしまった。ならば、もう一度上がるように努力を謙虚にしてほしいですね」

     同じ釜のメシを食った右腕への見方はシビアだが、その潜在能力は高く買っている。ジョンソンが戻ってくれば、再び持ち場を失う可能性が高い。福井にとって、これからの1試合1試合がプロ人生をかけた正念場といっていいかもしれない。(デイリースポーツ・中村正直)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00000072-dal-base

     代打で打率.433、1本塁打、11打点の成績を残す広島の西川龍馬は、三塁でレギュラー出場していた安部友裕が故障でスタメンを外れてから9試合連続で先発出場する。

     15日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』に出演した山本昌氏は、「安部選手がケガしても西川選手がいますし、穴を全く感じさせませんよね」と安部と遜色ない活躍を見せる西川を評価した。

     西川は安部が復帰後も三塁で先発出場するなど、レギュラー争いを激化させている。
    引用元 https://baseballking.jp/ns/128272

     今夏の甲子園も熱い戦いが繰り広げられている。かつて、聖地に広島商のエースとして立った広島の岩本貴裕外野手は毎年、この時期になると高校球児の姿に、自然と目が向くという。自身は04年に出場。開会式直後の第2試合で浦和学院に1-3で敗れ、初日で高校野球に終止符が打たれた。「あっという間に終わった感じ。だから思い出は…。けん制悪送球をしたことくらいかな」と苦笑いを浮かべた。

     広島商と広陵から声がかかり「長く甲子園に行っていなかったから、僕たちの世代で行きたいと思った」と広島商に進学。白球を追いかけ続けた3年間は、かけがえのない経験になった。

     最も思い出に残っているのは、甲子園出場ではない。3年春の中国大会だという。エースで4番と、まぎれもなくチームの中心として伝統校を引っ張っていた。だが、勝利へ気持ちが強過ぎる余り、味方の失策などに感情が抑えられなくなっていた。

     「迫田監督(現・広島新庄監督)に指摘をされたんです。『態度に出すのはいけないぞ』と。あの言葉で自分は変わることができたし、あれがなかったら、後悔して終わっていたかもしれません。人間的にも成長させてもらいました」。

     絶対的な存在1人で勝ち抜けるほど、甘い世界ではない。チームスポーツということを再認識させられ、立ち振る舞いが変わった。

     「1番はしっかりとヒットを打つし、2番は送りバントを確実に決める。本当に良いチームになったと思います」。強くした結束力で夏を制した。

     今夏の広島大会で、母校は広陵に準決勝で敗れた。自身が出場した04年以降、甲子園出場は遠ざかっている。2年生が多かったチームは、この経験を糧に来夏の出場を目指して練習を始めている。岩本は「気になっているし、頑張ってほしいです」とエールを送った。(デイリースポーツ・市尻達拡)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00000034-dal-base

     「広島1-0ヤクルト」(18日、マツダスタジアム)

     広島・磯村が中村祐を好リードした。初回、二回は先頭の出塁を許したが、「祐太が粘ってくれた」とねぎらい、「三回以降は落ち着いて投げてくれた」とうなずいた。

     6回無失点の好投に「右打者のインコースに真っすぐを投げきれていたので、甘くなっても打ち損じてくれました」と分析した。

     磯村自身もアピールに成功。「祐太のピッチングが良かったから苦労しなかった」と謙遜しながら「一緒に結果を残せたのは次につながる。自信を持ってやっていきたいです」と前向きに話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000149-dal-base

     「広島1-0ヤクルト」(18日、マツダスタジアム)

     マジックを25に減らした広島。試合後のお立ち台に上がったのは投打のヒーロー、菊池と中村祐だった。

     菊池は五回の13号決勝ソロに「たまたまなのでなんとも言えないが、入ってくれて良かったです。これまで苦しんできて、チームにも迷惑をかけてきたので『最高です』とは言いがたい。またこれから頑張って『最高です』と言えるように打っていきたいと思います」と控えめに語った。

     それでもファンに対しては「いつも皆さんと一丸になって戦っていると思っています。(試合前の)集まりが遅いので、早めに球場に来ていただき、(試合開始の時は)満員の状態でお願いします」と要望。最後は「絶対、優勝します」と高らかに宣言した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000141-dal-base

     球宴を挟み、いわゆる後半戦がスタートしたのがちょうど1カ月前の7月17日。勝負の8月戦線を迎え、各リーグの順位表にも徐々に変化が表れてきた。

    【セ・リーグ後半戦順位】
    1位 広 島  26試=15勝9敗2分(.625) 
    2位 DeNA   23試=12勝9敗2分(.571)
    3位 巨 人  24試=13勝10敗1分(.565)
    4位 阪 神  26試=13勝12敗1分(.520)
    5位 中 日  24試=9勝13敗2分(.409)
    6位 ヤクルト 25試=8勝17敗0分(.320)

     セ・リーグでは、圧巻の強さで首位ターンを決めた広島の強さは衰え知らず。ついに優勝へのマジックナンバーが点灯し、V2へ向けて突き進んでいる。

     広島から10.5ゲーム差の2位につける阪神は、後半戦は貯金1つもリーグ内の順位でいうと4位。追いかけるDeNAと巨人の方が勢いがある。

     現在のところ、2位の阪神から4位・巨人までの差は5.5ゲーム。広島の優勝がいつ決まるのかと、阪神・DeNA・巨人による2つのイスを賭けたCS争いが大きな見どころとなる。


    【パ・リーグ後半戦順位】
    1位 西  武   26試=19勝7敗0分(.731)
    2位 ソフトバンク 25試=18勝7敗0分(.720)
    3位 楽  天   24試=13勝11敗0分(.542)
    4位 ロッテ    22試=8勝14敗0分(.364)
    5位 オリックス  24試=8勝16敗0分(.333)
    6位 日本ハム   21試=5勝16敗0分(.238)

     一方のパ・リーグは、首位ターンを決めた楽天を引きずり降ろしてソフトバンクが首位に浮上した。後半戦も7割を超える勝率をマークするなど、その勢いは留まるところをしらない。

     しかし、そのソフトバンクよりも凄まじい勢いで突き進んでいるのが3位の西武だ。

     前半戦終了時は楽天とソフトバンクの“2強”による争いの色が濃かったが、後半戦に入って期間限定の赤を基調とした“炎獅子ユニフォーム”を身にまとったチームは豹変。7月21日から8月4日にかけて13連勝を挙げるなど、驚異の猛追で上位2チームに割って入ろうとしている。

     3位の西武から4位・オリックスまでは16ゲーム離れているため、CS進出は上位3チームでほぼ当確か。あとはその順番。ホーム開催権もかかってくるだけに、この上位争いから目が離せない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00128281-baseballk-base

    <広島5―3阪神(16日)>広島が阪神に5―3で競り勝ち、4連勝で優勝マジックを「26」とした。

     先発の大瀬良大地(26)は6回途中2失点で8勝目をマークしたが、2回に阪神先発・藤浪から左肩付近に死球を受けた際の対応が「神対応」としてネット裏の評論家から絶賛された。

     藤浪といえば制球難で二軍調整となり、この日が復帰登板。その藤浪が投手にぶつけたとあって「またか」と球場は騒然となったが…。死球を受けた大瀬良は左腕を押さえてしゃがみ込むも、すぐさま笑顔で藤浪に向かって「大丈夫」と言うと、大きくうなずいてみせたのだ。

     本紙評論家の得津高宏氏は「あの場面であの行動はなかなかできません。普通なら『ふざけるな!』となるところですが、投手への死球はトラウマとなり、藤浪の投手生命に影響する可能性もあった。大瀬良は投手だからこそ、藤浪の気持ちが分かったのでしょう。大したものだし、褒めてあげたい。藤浪も大瀬良の気持ちに応えるためにも、制球難を克服して大投手にならなきゃいけない。敵味方を超え、同じ野球人としての思いを感じさせる感動もののプレーでした」と称賛した。

     試合後の大瀬良は「(死球は)生まれて初めてだったので痛かった。カットボールが抜けたのかなと思う。わざとじゃないと分かっていたし『大丈夫、大丈夫』と(藤浪に)声をかけた。(その後の投球で左の)腕が上がらないのは言い訳にはならない」と、最後まで6回途中で降板したことを死球のせいにはしなかった。

     人間、とっさの場面で本性が出ると言われるが、常日頃からマスコミ対応などで“いい人ぶり”が知られる大瀬良は、正真正銘、筋金入りの「いい人」だったようだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00000041-tospoweb-base

     セ首位を独走中の広島が、30日のヤクルト戦(マツダ)に14―1と大勝した。先発の岡田が6回無失点で9勝目をマークすれば、4番の鈴木誠也外野手(22)は21号3ランを含む5打数4安打5打点と大暴れ。6回二死二塁の場面では右前打を本塁へ送球して補殺を決めるなど、好守でチームに貢献した。

     そんな2人がお立ち台に上がったのだが…。鈴木はいつものハイテンションではなく、低めのトーンで「(補殺のシーンは)岡田さんが頑張って投げていたのでアウトにできてよかった。(指に)引っかけてしまってセーフかなと思った」などと優等生的な受け答えに終始。その後も淡々としたインタビューが続いたが、自身の本塁打に話が及ぶと突然「サイコーでーす!」と絶叫し、ファンを驚かせた。

     だが、8回の2点適時打について話が及ぶと再び「周りの選手がつないでくれたので、しっかり打ててよかった」と、低いトーンの優等生コメントに…。お立ち台で“緩急”を見事に使い分けるという新境地を開拓していた。


    引用元 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/717279/

     6日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-広島戦』で解説を務めた田尾安志氏が、広島の強さについて語った。

     79年、80年以来となるリーグ連覇を目指す広島は、チーム打率(.279)、得点(549)、本塁打(112)、盗塁(81)がリーグトップ、チーム防御率もリーグ2位(3.32)と投打ともに安定した成績を残す。

     田尾氏は、現在2位阪神に9ゲーム差を付けて首位を走る広島の強さについて「1、2点リードされているピッチャーの質が高い」と話す。

    【広島の主な救援陣】
    今 村 猛 47試 1勝2敗 8H 20S 防2.35
    ジャクソン 44試 2勝2敗 20H 1S 防2.40
    中 田 廉 40試 2勝1敗 9H 0S 防2.09
    一岡 竜司 38試 4勝2敗 8H 1S 防1.95
    中崎 翔太 35試 2勝0敗 19H 1S 防1.06
    ヘーゲンズ 9試 0勝0敗 0H 0S 防6.55

     広島の勝利の方程式は、7回が中田廉or一岡竜司、8回が中崎翔太、9回が今村猛という構成になっている。ビハインドゲームではジャクソン、ヘーゲンズの両外国人が登板するケースが多い。

     ジャクソンは、リーグ優勝した昨季はセットアッパーとして、勝ちゲームの8回を任されていた。今季も開幕から“8回の男”を担っていたが、6月8日の日本ハム戦から6月28日のDeNA戦にかけて5試合連続で失点。交流戦の終盤からビハインドゲームでの登板が続いている。

     昨季セットアッパーを任された投手でも、結果を残せなければ、役割を変更されるなど、チーム内での競争が激しい。ジャクソンが再び、昨季のポジションに戻るためには、ビハインドゲームで結果を残すことが求められる。こうした競争が、1、2点リードされている場面でも“質が高い”と評価される投手陣を起用できる要因のひとつといえそうだ。


    引用元 https://baseballking.jp/ns/127133

    このページのトップヘ