広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    阪神タイガース

     広島・野村祐輔投手(29)が17日、2年連続で優勝を切り開く登板への意欲を示した。21日・阪神戦(マツダ)に先発する見込みで、現時点で最短優勝日と重なっている。昨年はV当日の9月18日に先発し好投した右腕。今年の開幕投手の経験も生かし、27年ぶりの本拠地Vへ導く快投を披露する。

     グラウンドでの練習を終え、ベンチ裏へ引き揚げてきた野村はキラリと目を輝かせた。現在優勝マジックは4。20日からはマツダスタジアム9連戦とあり、27年ぶりの本拠地胴上げが決定的な状況。次回先発は“最短Xデー”の21日・阪神戦が濃厚で、2年連続優勝の日にマウンドに上がる可能性は十分だ。

     「チャンスがあるならそんなうれしいことはない。今年はマツダで決められるチャンスなので、決めたい」

     2度経験した重圧を生かす。昨年はマジック1で迎えた9月18日・阪神戦(甲子園)に先発して6回1失点の好投を演じ、2連覇が決まった。一昨年は対象チームの勝利で優勝は決まらなかったが、マジック2で迎えた9月8日・中日戦(マツダ)に先発し、勝ち投手となった。「最初の年は(力みを)感じすぎて自分の投球ができなかった。その経験があったから、去年は自分の投球ができた」と心構えはできている。

     Vへの大詰めを迎え、自身も上り調子だ。前回登板は6回4安打無失点で7勝目。それでも「立ち上がりが前回は(走者を)ためた中での投球だった。後半尻上がりに良くなってはきたけど、そこをしっかりやっていきたい」。キャッチボールから感覚を研ぎすませ、準備を整えている。

     「1試合1試合成長していけるように、そういう投球をしたいと思います」と力を込めた野村。昨年の優勝当日も相手は猛虎軍団。虎を狩り、歓喜の瞬間を再び引き寄せる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00000036-dal-base

    <阪神3-9広島>◇26日◇甲子園

     広島が終始試合を優位に進め、後半戦3カード連続勝ち越しを決めた。

     1回途中で阪神先発藤浪をKОすると、その後も効果的に得点を奪った。先発岡田が3回で降板するも、大量リードを継投で逃げ切った。リーグ最速で50勝に到達した。広島緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。

     -約1時間遅れでのプレーボールとなった

     緒方監督 よく点を取ってくれたよ、初回からね。四球を勝ち取って、しっかりとした攻撃ができた。あの5点は非常に大きかった。

     -制球が乱れた藤浪にも、球の見極めと好球必打で1回に攻略

     緒方監督 相手どうこうより、打撃コーチの指示の中でしっかりプランを持って打席に入れているのが1人1人見えた。それが1回の得点につながった。

     -打線を入れ替えてもつながる

     緒方監督 入れ替えてもというか、起用された選手の役割だから。それをやってくれた。

     -それだけに先発岡田が残念な内容だった

     緒方監督 自分の力を信じた中で相手に向かっていく姿が見えないのは、ダメ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00281207-nksports-base

     「阪神1-3広島」(24日、甲子園球場)

     広島の守護神・中崎が試合を締めた。

     2点リードの九回に登板。2死から四球と安打で一、三塁のピンチを招いたが、最後は1番糸原を見逃し三振に仕留めた。

     試合後は「ピンチは作ったけど、しっかり抑えられて良かった」と汗をぬぐった。安定感抜群のクローザーは両リーグトップの24セーブ目。それでも「そのへんは興味がない」と淡々としていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00000165-dal-base

     広島の投手指名練習が23日、マツダスタジムで行われ先発投手が参加した。24日から甲子園での阪神3連戦はジョンソン、九里、岡田の順番で先発する見込み。

     後半戦最初のカードとなった中日戦は2勝1敗。前カードの巨人戦は3連勝で終えた。好調な打線に支えられ、チームは勢いに乗る。2戦目が濃厚な九里は「しっかりと自分の投球をして、チームの勝ちにつなげたい」と意気込んだ。

     第3戦に先発が予想される岡田は、強気の投球を予告した。阪神打線は糸井、福留、ナバーロなど左の好打者が並ぶ。外角一辺倒では的を絞られやすいため「しっかりとインコースを突いていきたい。チームは良い流れなので、自分もそれに乗っていけるように頑張りたい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000103-dal-base

     「阪神6-11広島」(24日、甲子園)

     広島・堂林翔太内野手が決勝点につながる大仕事を果たした。


     同点の九回無死二塁で代打出場。難しい場面の中、ドリスの内角高め150キロ直球をバントでうまく三塁線へ転がし、右腕の悪送球を誘った。一塁側ファウルゾーンを転々とする間に二走・西川が生還。「ドリスがバント処理できないのは頭に入っていた。来た球に対して素直にいきました」と納得の表情を浮かべた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00000137-dal-base

     「阪神3-11広島」(23日、甲子園球場)

     広島・飯田哲矢投手が左斬りで存在感を発揮した。

     6点リードの六回2死一塁で登板。糸井を相手にカットボールで二ゴロに封じ、ワンポイントの役割を果たした。今季初登板だった15日・ソフトバンク戦も柳田や中村晃から三振を奪うなど、左の強打者を封じていた左腕。「代打が出ない左を抑えると、チャンスも増えると思う。1試合1試合が大事」と力を込め、緒方監督は「いろいろな経験をさせて、後半戦に向けて戦力を厚くしたい。結果と内容を出してほしい」と期待を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000148-dal-base

     現役通算320勝を誇る小山正明氏(83)と、広島OB会長の安仁屋宗八氏(73)がリーグ戦再開を前に緊急対談、選手育成法から虎&鯉の現状、さらには今後のペナントの行方について、自身の経験を交えて語り尽くした。場所は兵庫・西宮の小料理店。かつては阪神でコーチと選手の間柄でもある“ご意見番”2人の過激トークは時間を忘れて続いた。全5回のうち、今回はその1回目。

      ◇  ◇

     小山「お久しぶり。広島は(首位で)さぞかし盛り上がっとるんやろうな」

     安仁屋「そうですね。サッカーのサンフレッチェも今年は強いし、テニスの全仏オープン女子ダブルスで準優勝になった二宮真琴さんも広島市出身。そういう意味では広島のスポーツ界は活況ですよ」

     小山「カープも3連覇に向けて首位を走っとるし、言うことないわな」

     安仁屋「交流戦の最後に5連敗はしましたけどね。でも、マツダスタジアムは毎試合満員で、ワシらOBでもなかなかチケットが取れんのですよ。よく『安仁屋さん、あんたの力でどうにかならんの?』と言われるけど、ホントにないんじゃけ(苦笑)」

     小山「甲子園もそう。阪神電車に乗ると車中の電光掲示板にいつも『本日完売』って出よる。何で完売なんよ?と思うこともあるけどな。で、安仁屋は今年の阪神をどうみる?」

     安仁屋「沖縄・宜野座のキャンプで一度だけ見させてもらったんですが、雰囲気は良かったし、今年は面白いかな、と思ってたんですよ。金本監督も新外国人選手のロサリオに期待してたし。それに大山、高山なんかキャンプ当時は良かったのにね。歯車が狂ったというか…それと投手ですよ。能見なんかあれだけカープに強かったのが最近さっぱりでしょう。左に打たれるようになりましたからねぇ」

     小山「能見だってもう39歳やろ。衰えが出てきても仕方がない部分はある。そら元気な時の彼と今を比較したらあかん。打つ方の福留にしてもよう頑張ってはいるけど、ちょっとストレート系が強い投手には振り遅れることもある」

     安仁屋「阪神も誤算は色々あったようですが、カープだって想定外のことが続きました。開幕投手の野村が故障で早々に離脱し、去年の最高勝率投手の薮田は制球難から1軍、2軍の行ったり来たり。先発では大瀬良と岡田が何とか持ちこたえていますが、ここは中継ぎ陣の踏ん張りが大きいですね」

     小山「そっちは打つからええがな。こっちはチーム打率が2割3分そこそこでホームランもリーグ最少やで(苦笑)」

     安仁屋「新聞が大きいと思うんです。“逆転のカープ”とか書いてくれるんで、ファンも選手もみんなその気になって六、七回になったら“打てるんじゃないか”と。やっぱり気持ちというのは大事じゃないですか」

     小山「そやな。阪神なんか初回に点を取っても“山口百恵”や。『これっきりこれっきりこれっきりで~すかぁ~』てな」

    (第2回に続く)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00000046-dal-base

     交流戦が21日全日程を終了し、セパ両リーグ内の対戦が22日、再開される。甲子園に乗り込み阪神3連戦に臨むセ首位の広島は、出場選手登録を外れていた野村祐輔投手(28)と岡田明丈投手(24)が全体練習に合流した。ここまで9勝を挙げ第1戦に先発する大瀬良大地投手(27)に続いて復調気配の野村、岡田のドラ1トリオを投入し、交流戦7勝11敗、防御率5・60と“投壊”した投手陣の立て直しを図る。

     交流戦を借金「4」で終えた広島が、失速を招いた原因の先発ローテーションを再編する。マツダスタジアムでの全体練習で約2カ月ぶりに1軍に合流した野村が、先発する見通しの23日の阪神2戦目に向けて意気込みを語った。

     「たくさんのことをやって、自分の投球ができるようになった。ここからしっかりチームの勝利に貢献したい」

     4月27日に背中の筋損傷で出場選手登録抹消となったエース右腕は、5月10日のウエスタン・中日戦(由宇)で右腕死球を受けて離脱が長期化したが、前回12日のウエスタン・阪神戦(由宇)で6回3安打1失点(先発)。アクシデントを乗り越えて、4月26日のDeNA戦(横浜)以来の1軍復帰を果たす。

     今季の開幕投手の復調はチームにとっても朗報だ。交流戦チーム防御率は12球団ワーストの5・60。7勝11敗で4年ぶりに負け越し、交流戦前に10あった貯金は6にまで減った。投手陣の立て直しが急務の中、一昨年16勝、昨季も9勝を挙げた右腕の復帰で先発陣は厚みを増す。

     阪神3連戦は大瀬良のあと、野村、岡田。26日からの巨人3連戦(マツダ)はジョンソン、フランスア、九里の予定。大瀬良、ジョンソンの今季好調の2枚看板をカード別に分けて起用することが可能になる。

     「(離脱して)悔しいですし、申し分けないです。自分の役割を果たしたい」

     2位・DeNAとは4ゲーム差。野村が、昨季リーグ優勝を決めた9月18日以来の甲子園で復活星を手にして、チームを上昇気流に乗せる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00000019-sanspo-base

     広島・新井貴浩内野手(41)が30日、前日29日に連続試合出場が「1939試合」でストップした鳥谷について語った。

     阪神時代に7年間一緒にプレー。三遊間を組んだこともあり「すごい。ショートだからね。準備する姿勢は勉強になった。敬意を表したい」と気心知れた後輩へ、尊敬のまなざしを向けた。

     鳥谷が日々トレーニングに励む姿も目の当たりにしており「努力の天才」と表現した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00000087-dal-base

    このページのトップヘ