広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    阪神タイガース

     広島・新井貴浩内野手(41)が11日、阪神・金本監督の電撃辞任を受けて、複雑な心境を語った。マツダスタジアムで行われた全体練習終了後、報道陣に対応。「突然のことでびっくりしています。本当に苦しかったんだと思います。野球人生の中でも一番苦しかったんだと思います」と驚きを隠さなかった。


     プロ1年目から金本監督を師と仰ぎ、2007年オフには「もう一度金本さんと一緒に野球がしたい」と愛する広島に別れを告げて阪神へFA移籍。2008年から5年間、共にプレーし、金本が通算2000安打を達成した2008年4月12日横浜戦では、新井も同1000安打を決め大記録に花を添えた。

     広島復帰後、2016年からは敵として、金本阪神の前に立ちはだかった。金本監督がチーム立て直しに苦しむ中、新井は球団史上初のリーグ3連覇に貢献。すでに今季限りでの現役引退を表明しており、くしくも同じタイミングでユニホームを脱ぐ形となった。

     カープに戻ってからも古巣へ特別な思いは変わらない。金本監督の決断に「なかなかうまくいかなかったことも多かったと思う。すごく苦しかったんじゃないかと思います」と繰り返し「まずは心身共にゆっくり休んでほしいです」と無念の表情で言葉をつないだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000027-dal-base

     阪神・金本知憲監督(50)辞任のニュースは広島にも衝撃を与えた。“師弟関係”にあった新井貴浩内野手(41)は「突然のことでビックリしています」と驚いた様子。レギュラーシーズン中も「金本さんが心配」と話していたほどで「本当に苦しかったんだと思います。自分が言うことかどうか分からないけど、野球人生の中でも一番苦しかったんじゃないかな」と胸中をおもんぱかった。兄貴分の今後は未定だが「まずは心身ともにゆっくり休んでほしいです」と気遣った。

     金本監督は2002年オフに広島から阪神へFA移籍。当時、交渉にあたった鈴木球団本部長は「チームづくりはそう簡単にできるものではないということ。5年とか時間がかかるよね。(FA権を行使して)出ていくときはいろんな感情があったけど、今は球場で会ったときにあいさつを交わしていたし、会話するときも互いに笑顔だったし…」と残念そうに語った。

     3年間の指揮官生活を終えた金本監督の今後は未定だが、古巣からはこんな声も…。ある球団幹部は「金本の人間性はいいと思っている。一度、他球団に行ってそこで引退して監督になったからといって関係が終わるわけではない」と力説し、さらに踏み込んだ発言を続けた。

     現状、カープは緒方監督が球団初のリーグ3連覇を達成し、来季の続投も決定的。一方で「新井も戻ってきてくれたからね」と選手、監督の違いはあるものの“弟分”が阪神に移籍後、15年に広島へ復帰したことを引き合いに「今どうこうと言うことではないが、これからのことを考えると何があるか分からない。『一軍の監督をやっていたから二軍のコーチならやりません』となったら話にならないけど、今後は戻ってきてもらうこともあるかも」。

     将来的に何らかの形でオファーする可能性もゼロではないようだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000036-tospoweb-base

     熱烈な鯉党で知られるチュートリアル・徳井義実が29日、MBSの情報番組「せやねん!」にVTR出演。「かけなあかんのはお金じゃない。手間と愛情です」と広島の強さを解き明かすと同時に、阪神に耳の痛い提言をした。

     「まさかの3連覇!正直、1年目の高揚感があるかと言われれば…だけどつらい時代があったので、6連覇までは喜べる。まさかこんな強いチームになるとは」と相好を崩した。広島の強さを「若手がどんどん出てきてブレークする。新井選手が引退しても次々いる」と解析。「結局、どこから取ってくるといっても限界がある。地道に育てた方が、ドドっとくる」と育成の大切さを改めてアピールした。

     「フランソワとかカープアカデミーから来て、かなり貢献している。ドミニカの選手は広島出身(笑)」と、ファンは親近感を持っていることを明かした。さらに「バティスタは2000万円。すごく広島に、日本になじもうとしてくれている。大金をはたいた人はドライになる」と持論を展開。「ロサリオは3億円超え。かけなあかんのは手間と愛情なんです」とばっさり。それでも「阪神にもいた新井選手が、CSでも必ず活躍するので、応援してほしい」と阪神ファンに訴えた。

     番組では推定年俸2000万円のバティスタは25本塁打で1本あたり単価は80万円。同3億4000万円のロサリオは8本塁打で1本あたり4250万円と紹介していた。

     そんな徳井の分析に、阪神ファンのトミーズ・雅は「ぐうの音も出えへん」とため息。「あなたの言っていることが正しいです」と肩を落としていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000055-dal-ent

    ■広島 – 阪神(2日・マツダスタジアム)

     今季限りで現役を引退する広島の新井貴浩内野手が2日、本拠地マツダスタジアムで行われた古巣・阪神戦に代打で登場した。1点リードの7回2死二塁で代打として出場したが、阪神ベンチの采配はまさかの申告敬遠だった。


     スタンドが沸いたあと、すぐに溜め息が漏れた。7回、小窪が中前安打で出塁すると、代走・上本が盗塁を決めて二塁へ進塁。2死となったところで、先発ジョンソンの代打として、今季で引退する新井の名前がコールされた。

     大歓声に沸いたスタンドだったが、阪神ベンチは新井との勝負を避けて申告敬遠。2009年から2014年まで在籍していた古巣・阪神との対戦だったが、勝負してもらえず。これには広島ファンだけでなく、敵地に訪れた阪神ファンからも溜め息が漏れていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00218757-fullcount-base

    <広島7-3阪神>◇21日◇マツダスタジアム

    広島ヘロニモ・フランスア(24)が左腕では歴代2位タイとなる158キロを計測した。


    1点リードの8回に登板。2死二塁で迎えた糸原に対し、カウント2-2からの5球目に計測した。結果はファウルだった。

    フランスアは今季開幕前に広島と育成選手契約。5月に支配下選手契約を結ぶと、セットアッパーとして大車輪の活躍を続けている。

    15日に中日の新外国人ジョエリー・ロドリゲスが159キロを記録し、最速を塗り替えた。それまでの左腕最速は西武菊池雄星の158キロだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00338092-nksports-base

     広島・野村祐輔投手(29)が17日、2年連続で優勝を切り開く登板への意欲を示した。21日・阪神戦(マツダ)に先発する見込みで、現時点で最短優勝日と重なっている。昨年はV当日の9月18日に先発し好投した右腕。今年の開幕投手の経験も生かし、27年ぶりの本拠地Vへ導く快投を披露する。

     グラウンドでの練習を終え、ベンチ裏へ引き揚げてきた野村はキラリと目を輝かせた。現在優勝マジックは4。20日からはマツダスタジアム9連戦とあり、27年ぶりの本拠地胴上げが決定的な状況。次回先発は“最短Xデー”の21日・阪神戦が濃厚で、2年連続優勝の日にマウンドに上がる可能性は十分だ。

     「チャンスがあるならそんなうれしいことはない。今年はマツダで決められるチャンスなので、決めたい」

     2度経験した重圧を生かす。昨年はマジック1で迎えた9月18日・阪神戦(甲子園)に先発して6回1失点の好投を演じ、2連覇が決まった。一昨年は対象チームの勝利で優勝は決まらなかったが、マジック2で迎えた9月8日・中日戦(マツダ)に先発し、勝ち投手となった。「最初の年は(力みを)感じすぎて自分の投球ができなかった。その経験があったから、去年は自分の投球ができた」と心構えはできている。

     Vへの大詰めを迎え、自身も上り調子だ。前回登板は6回4安打無失点で7勝目。それでも「立ち上がりが前回は(走者を)ためた中での投球だった。後半尻上がりに良くなってはきたけど、そこをしっかりやっていきたい」。キャッチボールから感覚を研ぎすませ、準備を整えている。

     「1試合1試合成長していけるように、そういう投球をしたいと思います」と力を込めた野村。昨年の優勝当日も相手は猛虎軍団。虎を狩り、歓喜の瞬間を再び引き寄せる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00000036-dal-base

    <阪神3-9広島>◇26日◇甲子園

     広島が終始試合を優位に進め、後半戦3カード連続勝ち越しを決めた。

     1回途中で阪神先発藤浪をKОすると、その後も効果的に得点を奪った。先発岡田が3回で降板するも、大量リードを継投で逃げ切った。リーグ最速で50勝に到達した。広島緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。

     -約1時間遅れでのプレーボールとなった

     緒方監督 よく点を取ってくれたよ、初回からね。四球を勝ち取って、しっかりとした攻撃ができた。あの5点は非常に大きかった。

     -制球が乱れた藤浪にも、球の見極めと好球必打で1回に攻略

     緒方監督 相手どうこうより、打撃コーチの指示の中でしっかりプランを持って打席に入れているのが1人1人見えた。それが1回の得点につながった。

     -打線を入れ替えてもつながる

     緒方監督 入れ替えてもというか、起用された選手の役割だから。それをやってくれた。

     -それだけに先発岡田が残念な内容だった

     緒方監督 自分の力を信じた中で相手に向かっていく姿が見えないのは、ダメ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00281207-nksports-base

     「阪神1-3広島」(24日、甲子園球場)

     広島の守護神・中崎が試合を締めた。

     2点リードの九回に登板。2死から四球と安打で一、三塁のピンチを招いたが、最後は1番糸原を見逃し三振に仕留めた。

     試合後は「ピンチは作ったけど、しっかり抑えられて良かった」と汗をぬぐった。安定感抜群のクローザーは両リーグトップの24セーブ目。それでも「そのへんは興味がない」と淡々としていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00000165-dal-base

     広島の投手指名練習が23日、マツダスタジムで行われ先発投手が参加した。24日から甲子園での阪神3連戦はジョンソン、九里、岡田の順番で先発する見込み。

     後半戦最初のカードとなった中日戦は2勝1敗。前カードの巨人戦は3連勝で終えた。好調な打線に支えられ、チームは勢いに乗る。2戦目が濃厚な九里は「しっかりと自分の投球をして、チームの勝ちにつなげたい」と意気込んだ。

     第3戦に先発が予想される岡田は、強気の投球を予告した。阪神打線は糸井、福留、ナバーロなど左の好打者が並ぶ。外角一辺倒では的を絞られやすいため「しっかりとインコースを突いていきたい。チームは良い流れなので、自分もそれに乗っていけるように頑張りたい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000103-dal-base

    このページのトップヘ