広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    千葉ロッテマリーンズ

     プロ野球はいよいよセ、パ両リーグが29日に開幕します。日刊スポーツ評論家陣に、今年のペナントレースを占ってもらいました。第1弾はセ・リーグ編です。里崎智也氏は、丸が抜けても変わらぬチーム力を誇る広島が優位と見ます。



    ◆里崎氏の予想

    <1>広島 <2>DeNA <3>ヤクルト <4>巨人 <5>阪神 <6>中日

     ◇  ◇  ◇

    順当にいけば優勝候補筆頭は広島。丸が抜けたといっても、昨年丸がいなかった5月も調子を落とすことなく、1位を独走した。次を狙う選手もハイレベルでそろう。鈴木や大瀬良ら、チームの柱に故障が出れば分からないが、去年のリーグ戦のアドバンテージを考えても、ひっくり返されるチーム力とは考えづらい。

    DeNAは攻撃面に不安がない。本塁打王ソトが開幕からおり、神里が万全なら足を使う野球が展開できる。今永、浜口が復活して10勝ずつ挙げられれば、東が出遅れたとしても良い戦いができる。中継ぎもしっかりしている。近年はドラ1が活躍しており、上茶谷もはまれば、一番爆発力があるチーム。台風の目になりうる。

    打線に厚みのあるヤクルトは先発投手次第。小川、ブキャナン、原あたりの面々がうまく回ること。そしてルーキー清水や日本ハムから加入した高梨ら、新戦力の台頭が上位進出の条件になる。巨人はウイークポイントである中継ぎ以降が改善されていない。勝利の方程式も未確定要素が大きい。新外国人クックの出来次第では昨季の二の舞いになる可能性がある。丸を補強した一方で長野とマギーが抜けた。上位3チームに比べると、たらればや期待値が加味されないと苦しい。

    阪神は投手力はあるが打てず、中日は打てるが投手が物足りない。どちらかといえば守れるほうが戦いやすいかという判断で、阪神を5位にした。

    <昨年順位おさらい>

    <1>広島   82勝59敗2分け 721得点651失点

          7ゲーム差

    <2>ヤクルト 75勝66敗2分け 658得点665失点

          6・5ゲーム差

    <3>巨人   67勝71敗5分け 625得点575失点

          1・5ゲーム差

    <4>DeNA   67勝74敗2分け 572得点642失点

          4ゲーム差

    <5>中日   63勝78敗2分け 598得点654失点

          1ゲーム差

    <6>阪神   62勝79敗2分け 577得点628失点


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-03270088-nksports-base

     19日に沖縄市の「コザしんきんスタジアム」で行われる予定だった広島とロッテの練習試合は試合開始直前に降り出した大雨により、雨天中止となった。ロッテの藤原恭大外野手が「1番・中堅」で、広島の長野久義外野手が「3番・DH」で出場予定だったが、場内でスタメンが発表された直後から大雨が降り出し、グラウンドは水浸しに。試合開始時間を待たずに中止が決まった。


     この日は藤原と、広島のドラフト1位小園海斗内野手の初対決としても注目を集めたが、オール枚方ボーイズの出身の2人の対決は実現せず、藤原は「雨はしょうがないですね」と苦笑い。高校時代にも組まれた練習試合が中止になっていたといい、小園は「もうずっとできないんじゃないですかね」と、こちらも苦笑いだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00301860-fullcount-base&pos=3

     ロッテは球団OBの金田留広氏が、10月2日に死去していたと発表した。71歳だった。死因は公表されていない。


     金田正一元監督(85)の実弟で、社会人野球の日本通運から1968年にドラフト4位で東映に入団。右腕だったが、兄と同じ、背番号34をつけた。4年目の72年には20勝で最多勝。74年には兄が監督を務めるロッテへトレード移籍し、同年に16勝で2度目のタイトルをつかみ、リーグMVP。チームのリーグ制覇、日本一に貢献した。

     79年に広島へ移籍後、82年で現役引退。87年から2年間、ロッテで2軍投手コーチも務めた。

     通算成績は434試合128勝109敗2セーブ、防御率3・25。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00000099-spnannex-base

     1日のロッテ戦に先発した広島の大瀬良大地は、7回を9安打10奪三振4失点で、リーグ単独トップとなる8勝目を挙げた。

    3回まで無失点に抑えていた大瀬良だったが、3-0の4回一死一塁からドミンゲスの打球を遊撃・田中広輔の失策で一、二塁とされると、清田育宏、鈴木大地、田村龍弘、加藤翔平に4連打を食らい逆転を許した。

     直後の5回に丸佳浩の一発で同点に追いつくと、大瀬良は5回以降、走者を出しながらもホームに還さず、スコアボードに0を並べた。鈴木誠也の適時打で1点リードとなった7回は、3番から始まる打順を中村奨吾を右飛、角中勝也、ドミンゲスを連続三振に仕留めた。

     同日に放送された『ニッポン放送制作のロッテ-広島戦』の解説を務めた野村弘樹氏は「4回だけ大瀬良ではなかったですね。不運な部分があったにせよ、3回までのピッチングを見ると、あそこまで連打を食らうとは思いませんでしたね」と振り返り、「5回以降は彼のピッチングを見せてくれた。よく立ち直ったし、よくエンジンをかけなおした。立派なピッチングだと思います。特に7回1点を取ってもらった後の三者凡退は非常に良かったと思いますよ」と褒めた。

     これで大瀬良はリーグ単独トップの8勝目。野村氏は「今8勝ですから、倍は勝たないといけない。16、7、最多勝を狙えるところに十分いますからね。(背番号14の14勝は)最低のラインだと思います」と期待を寄せた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00154939-baseballk-base&pos=5

     ロッテは1日、本拠地のZOZOマリンで行われるセ、パ交流戦の広島3連戦(1~3日)で広島名物などを取りそろえた限定メニューを発売すると発表した。メニューと発売店舗は次の通り。

     【ジョンソン投手プロデュース ヘルメットチキンフィンガー】(900円=フライドマリン・フロア2 内野3塁側211、212通路の間)

     【広島東洋カープヘルメットアイス】(500円=一文字屋ワゴン・キッズワゴン)

     【広島風汁なし担々麺・坦々うどん】(担々麺750円=鉄板焼き・かずさ家フロア1外野レフトスタンド下、坦々うどん650円=唐揚げ専門店 上総屋フロア2内野3塁側213・214通路の間)

     【広島風お好み焼き】(650円=Chikurin竹りん・フロア2 内野1塁側202通路横)

     【瀬戸内風あなごめし】(1000円=ほそや・フロア2内野バックネット裏208通路付近)

     【もみじ饅頭、生もみじ】(もみじ饅頭800円、生もみじ850円=マーくんかすてぃらワゴン・フロア2 内野3塁側212通路付近)

     【レッドサワー】(500円=唐揚げ専門店上総屋・フロア2 内野3塁側213・214通路の間)、鉄板焼きかずさ家


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00000532-sanspo-base

     広島・高橋昂也投手(19)が29日、1軍に合流し、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で汗を流した。

     プロ2年目の今季は開幕ローテ入りしたものの、プロ初先発した4月4日・ヤクルト戦(神宮)は4回8安打5失点。その後は2軍再調整が続いていた。

     ファームでは投球フォームなどを微修正。「もう一つ納得していないところもあるけど、しっかり抑えられるようにしたい」と力を込めた。今後は6月1日からのロッテ3連戦(ZOZO)で先発する見込み。初の交流戦登板へ向けて「しっかり調整してやっていきたい」と意気込んだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000061-dal-base

     NPBに復帰して2年目の千葉ロッテ・三家和真選手。昨季は2軍でチーム最多の107試合に出場し、今季もここまで遊撃のレギュラーとして25試合に出場している。


     今では故障に強い選手となった三家だが、広島の育成時代は、1年目だった2012年秋に膝を負傷し、秋季キャンプと翌年の春季キャンプはチームに動向せずリハビリに専念するなど、とにかく故障が多かった。結局、2年目の2013年は2軍での試合出場も5試合のみにとどまり、同年オフに戦力外通告を受ける。

     2014年からはプロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの信濃に入団し、2015年からの2年間は石川でプレー。そして、2016年秋に行われた千葉ロッテ秋季キャンプでの入団テストに合格し、支配下契約と背番号「61」のユニホームを手に入れた。

     4年ぶりにNPB復帰した昨季は1軍でも4試合に出場し、今季は開幕2軍ながら元気にプレーしている。広島時代よりも故障が減った理由について「体もでかくなったんじゃないですかね」と笑顔。「知識は全然ないと思いますけど、高校出てすぐの時に比べると、体も強くなっていると思います。厚みとか体の大きさもそうですけど強くなっている。1回怪我もしているので、ケアの面はだいぶ意識しています」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00123846-fullcount-base

    このページのトップヘ