広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    横山弘樹

    <巨人6-5広島>◇16日◇東京ドーム

     広島ドラフト2位の横山弘樹投手(24)がプロ初の中継ぎで登板し2回を無失点でしのいだ。6回から登板。

     100キロ台のボールも使うなど緩急自在の投球だった。「準備は出来ていました。内容的にはよかったけど、まだフォームのバランスの部分で課題がある。この状態で次の先発マウンドには上がりたくない。しっかり修正したい」と話した。

     広島ドラフト2位の横山弘樹投手(24=NTT東日本)が11日、次回登板予定の14日中日戦に向けてマツダスタジアムで調整を行った。


     中日とはプロ初先発の3月30日に対戦。7回1/3、7安打3失点で初勝利を手にした。再戦を前に「向こうも対策してくると思う。いろいろやってこられても慌てないようにしたい。対応していければ」と警戒した。

     8日阪神戦からプロ初の中5日での登板へ向け、この日はショートダッシュやキャッチボールなどで汗を流した。

     ドラフト2位ルーキーの横山が、8日の阪神戦(甲子園)で2度目の先発マウンドに上がる。

     3月30日の中日戦でプロ初勝利を挙げた右腕にとって、アマ時代も経験していない甲子園での登板になるが、「特別なこだわりはない。阪神はパワーのある選手も多いし、しっかり警戒して投げたい」。熱狂的な虎党の大歓声にも「のまれないように足元を見つめて、きっちりと一人ずつ打ち取っていきたい」と冷静そのものだった。

     広島のドラフト1、2位コンビがオスカルに続く。

     2位の横山は30日の中日戦、1位・岡田は4月1日の巨人戦(マツダ)でプロ初登板初先発を予定する。27日のDeNA戦(同)で12球団新人最速の初勝利を挙げたオスカルを、寮で祝ったという2人。横山が「しっかりやるぞという気持ち」と話せば、岡田も「直球が通用するか楽しみ」と意気込んだ。緒方監督は「思い切って相手に立ち向かう姿勢を見せてほしい」と期待した。

     広島のドラフト2位・横山弘樹投手(24)が16日、日本ハム戦(鎌ケ谷)に先発し、6回を4安打1失点で開幕ローテ入りを確実にした。

     4四球を出すなど、6回までに106球を要したが、勝負どころをきっちり抑え、初回の1失点のみで切り抜けた。

     これで開幕5戦目となる3月30日の中日戦(ナゴヤD)でプロ初登板初先発を飾ることが決定的。「球数が多かったのが反省点です。ただ真っすぐの制球、質が5、6回から良くなった。しっかりローテに入れるようにやるべきことをしっかりやって迎えたい」と意気込んでいた。

    このページのトップヘ