広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    岡田明丈

     いよいよCSファイナルSが17日に開幕する。リーグ3連覇した王者広島の相手はヤクルトとのCSファーストSを連勝で勝ち上がった巨人に決まった。レギュラーシーズンの対戦成績は17勝7敗1分と圧倒しているが、昨季のDeNAと同様にリーグ3位から勢いを増して乗り込んでくるだけに不気味だ。



     2年ぶりのCS突破へ、投手陣では中継ぎ起用される岡田が鍵を握りそうだ。今季も開幕から先発ローテを守り8勝をマークしたが、好不調の波が激しくシーズン終盤に出場選手登録を抹消されると、レギュラーシーズン最後の2試合は中継ぎ登板。自慢の直球で打者を封じ込め、リリーフの適正を示した。

     CS前に行われたシート打撃では「どれだけ力勝負できるか試したかった。ストレートはすごく良い感じで投げられた」と手応え。畝投手コーチが「先発の時より威力がある」とうなずくように、150キロ超の剛球は魅力十分だ。短期決戦での第2先発やロングリリーフの役割以上に、ピンチでの火消し役として期待されている。

     野手では成長株メヒアがCSメンバー入りを射止めそうだ。計3度のシート打撃では2本塁打。東出打撃コーチも「内容、結果と良いものが出ているけど特に内容がいい。いい入り方ができている」と絶賛。今季25本塁打したバティスタよりも首脳陣の評価は高い。今季ウエスタン・リーグでは打率、本塁打、打点、最高出塁率の4部門でタイトルを獲得した。メヒアは「バティスタが活躍している姿を見て、自分も活躍できると思っていた」と自信満々の顔だ。

     そして、もう一人の“秘密兵器”がシーズン途中加入したヘルウェグだ。シーズン終盤に1軍昇格を果たし、7試合の登板で防御率1・13。右打者の内角に食い込むツーシームを武器に右打者を被打率・071に抑えた。巨人には坂本、岡本、マギー、長野ら右の強打者がズラリ。CSファイナルS序盤は外国人枠に阻まれそうだが、“ジョーカー”として期待値は高い。

     昨季はまさかのCS敗退。2年ぶり日本シリーズ進出へ首脳陣の構想は現実となるか。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000082-dal-base

     広島の岡田明丈投手(24)が、17日からのCSファイナルSで中継ぎで起用される可能性が高まった。この日から始まった全体練習で、他のリリーフ投手と同じ練習メニューをこなした。ブルペン陣の一角として勝利に貢献していく。

     投内連係を終えたあとだった。個別に調整した先発メンバーとは違い、岡田は中崎、中田らブルペン陣と一緒にダッシュなどを行った。シーズン終盤は2試合、中継ぎで起用された。CSファイナルSでも同じ役割を担うことになりそうだ。

     「やれることをやりたい」。岡田はポジションについて明言を避けた。それでも2試合で中継ぎを経験し、準備や気持ちの整え方の方向性は見えている。「自分なりにつかんだつもり。投げるという雰囲気もある程度、わかってきた」と前を向いた。

     3日の阪神戦に2番として六回から登板。1回無安打無失点と好投した。翌4日の巨人戦は六回2死二塁から出番を迎え、坂本勇を直球で右飛に仕留めた。連投、そして走者を背負った場面での登板もクリアした。

     短い回だけでなく、先発が早い回で降板した場合に“第2先発”として長いイニングを投げられるのも岡田の強み。首脳陣にとっては投手起用の選択肢が広がる。

     「短期決戦は1点が致命傷になりかねない。(球種の優先順位は)自分の自信のあるボールからになる」。坂本勇には、3球すべてが直球だった。誰もがほれ込む剛球で、打者をねじ伏せていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00000030-dal-base&pos=1

     広島の九里亜蓮投手(27)と岡田明丈投手(24)が、残りシーズンで10勝を目指す。今季はここまでともに7勝。残りの登板は4~5試合が濃厚だ。節目に到達すれば九里は初めて、岡田は2年連続となる。いずれも4日からの阪神3連戦(マツダ)に先発予定。ここで必勝、2桁に弾みをつける。      

     リーグ3連覇を目指す戦いは自身の成績を積み重ねるものでもある。九里と岡田にとって2桁10勝に到達するためにはもう負けられない。4日からの阪神3連戦は5日は九里、6日に岡田が登板予定。ともに「まずは優勝」と声をそろえるが、静かに闘志を燃やしている。

     九里は昨季9勝止まり。それだけに初めての2桁勝利へ、思いは強い。白星を呼び込むためには立ち上がりが課題だ。ここ5試合で3勝しているものの、4試合で三回までの失点も見られる。

     「回の先頭打者を抑えられるようにしたい」。序盤を無失点で切り抜けられれば攻撃陣にもリズムが生まれ好循環に入る。粘りの投球が求められる。

     2年連続での10勝を目指す岡田には安定感が必要。畝投手コーチは「打たれ始めたら止まらないところがある。失点したその後をどう食い止めるかが大事」と力を込めた。

     ピンチでの切り替えや技術面での改善は、5回1/3を2失点だった前回8月30日・巨人戦で手応えがあった。「頭をぶれさせないとか。やれることはやって良い結果につながった。つなげていきたい」。岡田は前を見据えた。

     大瀬良(15勝)とジョンソン(10勝)は2桁をクリア。優勝へと進みながら、10勝カルテットを目指す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000033-dal-base

    ● ヤクルト 3 - 8 広島 ○
    <20回戦・神宮>

     広島の大瀬良大地が、7回2安打1失点に抑え、15勝目を挙げた。

     大瀬良は、ヤクルト打線を4回までノーヒットに抑えるピッチング。0-0の5回に4点の援護をもらうとその裏、大瀬良は中村悠平にこの日初安打となる適時打で1点を失う。それでも6回は、1番・坂口智隆から始まる打順を三者凡退に仕留めると、7回も無失点に抑え、7回2安打1失点で15勝目を手にした。

     1日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島戦』で解説を務めた谷繁元信氏は大瀬良について「立ち上がりは探り探りに投げているような感じだったんですけど、3回ぐらいから自分の狙ったところに投げだすことができるようになってきましたよね。そこからは、例えばボールが先行しても、バッティングカウントでちゃんと打ってもファウル、凡打になるところに投げていました」と振り返った。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00164438-baseballk-base

     広島はローテを再編して首位固めを図る。後半戦開幕の16日・中日戦(ナゴヤドーム)に備え、先発投手陣は15日、マツダスタジアムで調整。3連戦初戦はクリス・ジョンソン投手(33)が先発し、九里亜蓮投手(26)、岡田明丈投手(24)と続く見込みだ。2位・巨人とは6ゲーム差。後半戦スタートダッシュを決めて球団史上初のリーグ3連覇へ突き進む。

     強い日差しが照り付けるマツダスタジアムで、先発陣は準備を終えた。その出来が後半戦のカギを握ると言っても過言ではない。表情を引き締め黙々とトレーニングを行う姿に、強い決意がにじんでいた。

     ジョンソンは中11日で後半戦の“開幕投手”を託された。中日戦は3試合で1勝0敗、防御率2・70。今季はナゴヤドームで勝ち星はないが、同球場の硬いマウンドは得意とする。「前半戦と同じように任された試合でチームが勝つように頑張る」と意気込んだ。

     17日の第2戦は九里が濃厚だ。7月はここまで雨の影響で登板機会がなかったもののブルペンでの投球などで補ってきた。「自分の力を出すだけ」とキッパリ。18日の第3戦が見込まれる岡田も「良いスタートが切れるように投げたい」と闘志を燃やした。

     前半戦、先発陣は安定していたとは言いがたい。チーム防御率が4・08に対し、先発投手の防御率は4・13だった。緒方監督は後半戦を前にあらためて投手を中心とした守り勝つ野球を掲げた。打線が強力なだけに、先発が粘り強く投げられれば白星はグッと近づいてくる。

     畝投手コーチは「1点でも少なく投げ切ってほしい」と期待した。大瀬良、野村、ジョンソン、九里、岡田を先発の軸に勝負の夏場へ挑んでいく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000042-dal-base

     広島が9日、マツダスタジアムで投手指名練習を行った。西日本豪雨の影響で阪神3連戦が中止となり、岡田、ジョンソン、九里、高橋昂らはキャッチボールなどで調整した。

     久々に広島に戻った岡田は「近くの川がにごっていた」と驚き、「すごく大変な思いをされている人がいると思う。自分たちは仕事をして、勝っていけるプレーができるようにしたい」と神妙な面持ちで話した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000082-dal-base

     23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた谷繁元信氏が、同日の巨人戦に先発した広島・岡田明丈の課題点について語った。

     谷繁氏は岡田について「緩い球ボールを投げる時に少し(腕が)緩むんですよ」と話し、4回ゲレーロをスライダーで空振り三振に仕留めた場面に「カウント球のスライダーと、空振りを取りに行く時のスライダーの腕の振りが違うんですよ」と指摘。

     また、3回二死二塁から坂本勇人に対した投球についても「初球に遅いボール(カーブ)を投げて、(2球目に)外の真っ直ぐを投げようとしました。(緩い球の)次に力を入れたボールを投げるときに、力む傾向があるのでコントロールがつきにくいというのがあるんですよ」と解説した。

     それでも、谷繁氏は「ランナーがスコアリングにいるときに、力を入れて投げればいいと思います。(走者が)いないときに多少は、力を抜いて投げながらも強弱をつけてスタミナを温存しながらやっていく。そこが上手くハマっていけば、岡田はもっといい投球をすると思います」と期待を寄せた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00154064-baseballk-base

     広島の岡田明丈投手が、3日の巨人戦にスライド登板する。

     2日は午後3時半に雨天中止が決まったことで、気持ちの切り替えはスムーズに行えた模様。昨季も一度、スライド登板の経験があり、調整面でも「問題はないです」と力を込めた。



     1日の試合は、会沢への死球を巡って両軍がグラウンドに出る一触即発の事態になった。内角へ投げにくくなるのでは?の質問は即座に否定。続けて「僕の持ち味は強気な投球。相手が嫌がるところに投げていきたい」と意気込んだ。

     大瀬良、中村祐と並ぶチームトップの3勝を手にしている。3日の試合を含め9連戦は残り4試合。チームを助ける投球をしてみせる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00000103-dal-base

    このページのトップヘ