広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    岡田明丈

     広島はローテを再編して首位固めを図る。後半戦開幕の16日・中日戦(ナゴヤドーム)に備え、先発投手陣は15日、マツダスタジアムで調整。3連戦初戦はクリス・ジョンソン投手(33)が先発し、九里亜蓮投手(26)、岡田明丈投手(24)と続く見込みだ。2位・巨人とは6ゲーム差。後半戦スタートダッシュを決めて球団史上初のリーグ3連覇へ突き進む。

     強い日差しが照り付けるマツダスタジアムで、先発陣は準備を終えた。その出来が後半戦のカギを握ると言っても過言ではない。表情を引き締め黙々とトレーニングを行う姿に、強い決意がにじんでいた。

     ジョンソンは中11日で後半戦の“開幕投手”を託された。中日戦は3試合で1勝0敗、防御率2・70。今季はナゴヤドームで勝ち星はないが、同球場の硬いマウンドは得意とする。「前半戦と同じように任された試合でチームが勝つように頑張る」と意気込んだ。

     17日の第2戦は九里が濃厚だ。7月はここまで雨の影響で登板機会がなかったもののブルペンでの投球などで補ってきた。「自分の力を出すだけ」とキッパリ。18日の第3戦が見込まれる岡田も「良いスタートが切れるように投げたい」と闘志を燃やした。

     前半戦、先発陣は安定していたとは言いがたい。チーム防御率が4・08に対し、先発投手の防御率は4・13だった。緒方監督は後半戦を前にあらためて投手を中心とした守り勝つ野球を掲げた。打線が強力なだけに、先発が粘り強く投げられれば白星はグッと近づいてくる。

     畝投手コーチは「1点でも少なく投げ切ってほしい」と期待した。大瀬良、野村、ジョンソン、九里、岡田を先発の軸に勝負の夏場へ挑んでいく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000042-dal-base

     広島が9日、マツダスタジアムで投手指名練習を行った。西日本豪雨の影響で阪神3連戦が中止となり、岡田、ジョンソン、九里、高橋昂らはキャッチボールなどで調整した。

     久々に広島に戻った岡田は「近くの川がにごっていた」と驚き、「すごく大変な思いをされている人がいると思う。自分たちは仕事をして、勝っていけるプレーができるようにしたい」と神妙な面持ちで話した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000082-dal-base

     23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた谷繁元信氏が、同日の巨人戦に先発した広島・岡田明丈の課題点について語った。

     谷繁氏は岡田について「緩い球ボールを投げる時に少し(腕が)緩むんですよ」と話し、4回ゲレーロをスライダーで空振り三振に仕留めた場面に「カウント球のスライダーと、空振りを取りに行く時のスライダーの腕の振りが違うんですよ」と指摘。

     また、3回二死二塁から坂本勇人に対した投球についても「初球に遅いボール(カーブ)を投げて、(2球目に)外の真っ直ぐを投げようとしました。(緩い球の)次に力を入れたボールを投げるときに、力む傾向があるのでコントロールがつきにくいというのがあるんですよ」と解説した。

     それでも、谷繁氏は「ランナーがスコアリングにいるときに、力を入れて投げればいいと思います。(走者が)いないときに多少は、力を抜いて投げながらも強弱をつけてスタミナを温存しながらやっていく。そこが上手くハマっていけば、岡田はもっといい投球をすると思います」と期待を寄せた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00154064-baseballk-base

     広島の岡田明丈投手が、3日の巨人戦にスライド登板する。

     2日は午後3時半に雨天中止が決まったことで、気持ちの切り替えはスムーズに行えた模様。昨季も一度、スライド登板の経験があり、調整面でも「問題はないです」と力を込めた。



     1日の試合は、会沢への死球を巡って両軍がグラウンドに出る一触即発の事態になった。内角へ投げにくくなるのでは?の質問は即座に否定。続けて「僕の持ち味は強気な投球。相手が嫌がるところに投げていきたい」と意気込んだ。

     大瀬良、中村祐と並ぶチームトップの3勝を手にしている。3日の試合を含め9連戦は残り4試合。チームを助ける投球をしてみせる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00000103-dal-base

    <阪神1-5広島>◇12日◇甲子園

     広島岡田明丈投手(24)が6回107球、1安打3四球1失点で2勝目を挙げた。



     1回、先頭高山をいきなり四球で歩かせると、自らのミスも絡み、無死満塁のピンチを迎えた。それでもロサリオの犠飛による1点に抑えると、次第に立ち直りを見せ、4回には3者連続三振を奪った。2回以降は安打を許さず、4回から6回までは1人の走者も出さなかった。

     リードを広げた7回2死二、三塁で打席が回ってきたところで代打が送られた。

     緒方監督は「まだいっぱいいっぱいではなかった。まだ見たかったけど、攻撃で打順の巡りもあったから」と説明。次回は登板間隔を詰め、18日ヤクルト戦(マツダスタジアム)に先発するとみられる。

     岡田は「キャッチャーの磯村さんと話をしてクイックの方が良かったので、そのへんを意識しながら修正できました。引きずらず、切り替えて修正できたことはまた次につながると思います」とうなずいた。手応えを得た2勝目となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00177762-nksports-base

     「ヤクルト4-5広島」(5日、神宮球場)

     広島が2カード連続の勝ち越しを決めた。先発岡田は6回3安打2失点で今季初白星。連敗阻止に導いた右腕の投球について緒方監督は「良かったね。緩急を使って力強いボールを投げていた。非常に内容のあるピッチングをしてくれた」と満足そうにうなずいた。



     打線ではタナキクマルが躍動。丸が五回に先制の3ランを放つと、菊池が九回にソロ。田中も4出塁するなどリードオフマンの仕事を全うした。指揮官は「初球でしっかり打った丸はすごい。1、2、3番のタナキクマルがね。キクの追加点も大きかった」と手放しでたたえていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000159-dal-base

     17日の楽天オープン戦(静岡)で左下腿筋を打撲し、影響が懸念された広島・岡田明丈投手(24)の開幕登板にメドが立った。別メニューながら1軍練習に合流した21日、畝投手コーチが「いけそうな感覚がある」と見通しを語った。順調な経過をたどれば、当初のローテーション通り、4月5日のヤクルト戦(神宮)先発が見込まれる。

     最悪の事態は免れそうだ。先発した17日の対楽天オープン戦で岡田を襲ったアクシデント。ローテーションの一員として計算される右腕だけに、開幕が10日後に迫った中で戦線離脱、登板回避となれば一大事だった。畝投手コーチは安どの息をつく。

     「キャッチボールを見た時点では、(予定通り)いけそうな感覚がある。アトは、ブルペンに入って強度を上げてどうなるか」

     オリックスとのオープン戦が雨天中止となったこの日、岡田は1軍練習に合流。投手陣の本隊とは別メニューで調整し、畝コーチが見守る中、マツダスタジアムのブルペンでキャッチボールなどに汗を流した。当の本人も軽症を強調する。

     「今日は(患部の状態と痛みの)確認。どれぐらいいけるのか、確かめながらキャッチボールした。痛み?表面的なものはあるけど、大丈夫です」

     当初予定された23日のウエスタン・オリックス戦(舞洲BS)登板は大事を取って回避が決定。強度に差をつけながらブルペンに2度入り、順調な経過をたどれば29日のウエスタン・ソフトバンク戦(由宇)で開幕前の最終調整に臨むプランだ。

     「開幕? そこに合わせてやっています。(キャンプから)ここまでやってきたので、チームのスタートにしっかり投げられるように調整したい」

     前回17日は、5回に島内のライナーを左足に受けて途中降板。試合後は歩行難から車椅子を使い、開幕への影響が懸念されていた。降板するまでの投球内容も5四球で2失点。畝投手コーチは「制球に気が行きすぎ、指先だけで投げていた」と改善を求めていた。

     岡田のシーズン初戦は4月5日、敵地でのヤクルト戦が濃厚。前回登板で抱えた心技体の不安を取り除き、開幕に万全で臨むためにも、限られた時間、実戦を有意義に消化したい。(江尾 卓也)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000026-spnannex-base&pos=4

    このページのトップヘ