広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    西川龍馬

     2018年、年男を迎える現役のプロ野球選手は、ドラフトでの新入団選手も含め、88人いる。セ・リーグも球団ごとに、今年の年男を見ていこう

     プロ野球の現役の年男は、36歳と24歳に限定される。今年でいえば1982年生まれと、1994年生まれだ。セ・リーグには49人の年男選手がいる。

    ◯広島
    赤松真人外野手 1982.09.06生

    辻空投手 1994.04.24生
    高橋大樹外野手 1994.05.11生
    美間優槻内野手 1994.05.26生
    鈴木誠也外野手 1994.08.18生
    西川龍馬内野手 1994.12.10生
    加藤拓也投手 1994.12.31生

     赤松は昨年、胃がんの手術を受け全休。球団は契約を継続し、復活を支援している。広島の不動の4番・鈴木誠也、打撃で一・三塁のレギュラーを伺う西川龍馬、昨年のドラフト1位でプロ初登板であわやノーヒットノーランの活躍をした加藤拓也がいる。

    ◯阪神
    松田遼馬投手 1994.02.08生
    横山雄哉投手 1994.02.21生
    板山祐太郎外野手 1994.03.27生
    藤浪晋太郎投手 1994.04.12生
    長坂拳弥捕手 1994.04.28生
    福永春吾投手 1994.05.14生
    小野泰己投手 1994.05.30生
    北條史也内野手 1994.07.29生
    竹安大知投手 1994.09.27生
    大山悠輔内野手 1994.12.19生

     36歳組はいない。24歳組が10人。藤浪晋太郎は、昨年は失意の年。今年はエース復活を期す。内野のレギュラーの座を伺う北條、主軸の期待がかかる大山、ローテ入りを狙う小野と多士済々だ。

    ◯DeNA
    田中浩康内野手 1982.05.24生

    乙坂智外野手 1994.01.06生
    狩野行寿内野手 1994.07.31生
    笠井崇正投手 1994.08.07生
    斎藤俊介投手 1994.1.07生 ドラフト4位
    神里和毅外野手 1994.1.17生 ドラフト2位
    佐野恵太内野手 1994.11.28

     36歳組、元ヤクルトの正二塁手・田中は移籍2年目だ。24歳組では、乙坂が打撃で売り出している。佐野恵太は昨年12月の台湾ウィンターリーグでMVP。ドラフト新入団が2人。ドラフト入団選手の1年目は高卒で19歳、大卒で23歳になる。24歳での入団は、一般的には社会人を経ての入団だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00100590-fullcount-base

     広島西川が目を鍛える。年明けにも専門のクリニックで、動体視力などを鍛えるトレーニングを受ける予定。


     今季95試合に出場して打率2割7分5厘、5本塁打。両目ともに裸眼で視力1・5以上だが「打撃は変えないけど、他はいろいろやってみようと。もっと見えれば変わってくるかも」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00089897-nksports-base&pos=5

     広島の野間峻祥外野手(24)と西川龍馬内野手(23)が24日、広島市内のイオンモール広島祇園で「SPORTS×MUSIC スペシャルトーク&ライブ」に参加した。アーティストの屋比久知奈、杏沙子、女優・麻生夏子とともに約2時間、トークとライブを行った。

     同ショーでは、映画『モアナと伝説の海』で主人公のモアナ役と主題歌を担当した屋比久のファンだという野間が、主題歌「どこまでも ~How Far I’ll Go~」を熱唱。BGMがなかなか流れなかったり、歌唱中に歌詞カードを落とすプチハプニングもあったが、抜群の歌唱力を披露した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00000127-sph-base

     広島の西川龍馬内野手(22)が26日、マツダスタジアムを訪れ、来季の目標に自身初となる2桁10盗塁以上を掲げた。今季は95試合に出場し4盗塁。3年目に向け「盗塁が増えれば自分自身の幅が広がる」と意欲を示した。

     機動力を大きな武器とするチームにあって、足でアピールするには大変な努力を要する。そんな中、今季初盗塁を決めるなど盗塁への意欲が高まってきた西川は「2桁はしたい」と力を込めた。

     今季チーム盗塁数112はリーグ断トツ。田中が35盗塁で盗塁王に輝き、チーム2位の安部が17、同3位の鈴木が16と上位5選手は10盗塁以上だ。それに西川が割って入る。

     今季限りで退団した河田前外野守備走塁コーチ(現ヤクルト)にキャンプ、シーズンを通して指導を受けてきた。「スタートや体の使い方を教えてもらいました」。低い姿勢を保ちながら加速するのが成功への道。そのために今オフは肉体強化に汗を流す。

     食事と筋力トレで筋肉量を増やし、現在の体重73キロから来春キャンプまでに77キロにするのが目標。強じんな下半身ができれば、スタート直後にバランスを保つことができる。

     侍ジャパンの一員として優勝した「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の韓国との開幕戦。7-7の同点となった直後の延長十回2死一塁で二盗を決め、サヨナラ勝利につなげた。緊迫した状況でも物おじしない強い精神力がある。

     天才的な打撃に加え、走力をアピールできれば勝利、そして自身の三塁レギュラー獲得に近づく。来季は積極的にグラウンドを駆け巡る。

    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/11/27/0010767355.shtml

     広島は22日、安部友裕内野手の背番号を60から6に変更すると発表した。中村恭平投手は22から64に変わる。

     新入団選手の背番号も決まり、ドラフト2位指名の山口翔投手(熊本工高)は47、3位指名のケムナ・ブラッド・誠投手(日本文理大)は29となった。 


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000116-jij-spo

     「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017・決勝戦、日本-韓国」(19日、東京ドーム)


     侍ジャパンが西川(広島)の特大ソロで1点を追加した。

     6-0で迎えた7回、先頭打者として打席に入った西川が真ん中から内寄りの甘い球を一閃。高々と舞い上がった打球は、ポールの上空を越えて右翼席上段に着弾した。

     前の打席で右中間を破る2点タイムリー適時二塁打を放つなど、この日は3安打の大当たり。若き侍が打線爆発でリードを7点に広げた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00000138-dal-base

     「広島秋季キャンプ」(17日、日南)

     広島・高ヘッドコーチが「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」に出場中の侍ジャパン・西川の活躍に目を細めた。

     16日の韓国戦(東京ドーム)。西川は7-7の同点に追いついた延長十回、2死から右前打と二盗で好機を作り、続く田村の左中間二塁打でサヨナラのホームを踏んだ。

     日南市内のチーム宿舎でテレビ観戦したという高ヘッドコーチは「ライト前に打っていたね。頑張っとるね」とうれしそうだった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00000128-dal-base

    このページのトップヘ