広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    西川龍馬

     「練習試合、広島11-0三菱重工広島」(12日、マツダスタジアム)

     広島・西川龍馬内野手(22)は右翼方向へ伸びる白球を、ゆっくりと目で追った。三回。1点を奪い、なおも2死一、二塁。フルカウントからの内角球を迷わず振り抜いた。うまく肘をたたみ、体の回転で運んだ3ラン。「打ち損じなく打てたのは良かった」と汗をぬぐった。

     「最近、右投手から打てていなかったので、打ちたいと思っていた」。二回の右前打を合わせて2安打3打点。自ら設定したテーマを確実にクリアした。18日からのCSファイナルSへ向け、調整が順調に進んでいることを示した打席だった。

     試合前には「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」に出場する侍ジャパンのメンバーに選出された。日の丸を背負うのは、15年の社会人日本代表以来、2度目になる。「打撃でアピールしたい。どれだけ対応できるか楽しみ」。自らの現在地を知る上でも貴重な経験になる国際大会に声をはずませた。

     シーズン終了後の練習から特打を行うなど、バットを振り込んできた。打撃状態は上向きで、視界は明るい。「振れてきている。何とか結果を残して、チームに貢献したい」。離脱中の安部に代わって三塁でのスタメン出場が濃厚。巧みなスイングで勝利を呼び込む。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/10/13/0010638246.shtml

     広島薮田和樹投手(25)と西川龍馬内野手(22)が主に24歳以下、入団3年目以内で構成する「アジアプロ野球チャンピオンシップ」(11月16~19日、東京ドーム)の日本代表候補に入っていることが8日、分かった。

     薮田は今季15勝3敗、勝率8割3分3厘で、自身初タイトルとなる最高勝率を手にした。西川は今季95試合で打率2割7分5厘、5本塁打。勝負強さと天才的なバットコントロールが売りだ。入団時はともに無名で、広島式育成法で成り上がった2人が国際舞台を経験する。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00023453-nksports-base

     広島は4日、マツダスタジアムで全体練習を再開。18日から始まるCSファイナルSに向けて調整した。安部が故障離脱し、CSでスタメン三塁の期待もかかる西川龍馬内野手(22)は、全体練習後の“ミニキャンプ”に参加。フリー打撃やティー打撃など約1時間バットを振り込んだ。最高の状態に整え、短期決戦に臨む。

     秋風漂うマツダスタジアム。全体練習終了後、西川は黙々とバットを振り込んだ。フリー打撃やロングティーなど約1時間。ポストシーズンに向けて本格的に準備を開始した。

     「休み明けでしたが、思っていた以上に体が動いた。シーズン中に感じたいいときの感覚に戻していかないといけないので(バットを)振って戻すしかない」

     CSファイナルS開幕まで残り約2週間。2日間の完全休養を経て、全体練習が再開した。安部が故障離脱したことで、西川にはスタメン三塁としての期待も寄せられる。

     この日、打撃練習の順番が張られたホワイトボードには、バティスタや野間らとともに、西川の名前も四角で囲われた。その横には「キャンプ」の文字。今はCSへ向けた調整期間であるとともに、個々の選手がレベルアップさせる時間でもある。西川もそのことを自覚している。

     もちろんCSに備えた練習も増える。「これからはサインプレーなど実戦が入ってくるので、特打の時間が取れないと思う。できるだけ振り込みたいので、特打がない日は、練習後に打撃マシンを打ち込む」と練習量を落とす考えはない。

     CSは1年目の昨年に経験済みだが、スタメンとなればプレッシャーも違ってくる。「任されたところで、結果を出すだけなので」。最高の状態に仕上げ、決戦に備える。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/10/05/0010615152.shtml

    【赤坂英一 赤ペン!!】18日開幕のCS最終ステージまで、ブランクが心配される広島だが、チームの雰囲気は相変わらず明るい。9月30日のDeNA戦の試合前も、東出打撃コーチが、鈴木の穴を埋める代理4番・松山にこんなツッコミを入れて周囲を沸かせた。

    「もし9月の月間MVP(9、10月期)を取れなかったら、もう取材は受けないって松山が言ってるんだよ!」

     もちろん、当の松山は「オレそんなこと言ってませんよ! 話作らないでくださいよ!」と笑って否定。この調子ならCSでもしっかりと代理4番を務められそうである。

     問題は、死球でできた右ふくらはぎ血腫の除去治療を受け、登録抹消中の安部だ。「筋肉は傷ついていないのでCSにはギリギリ間に合うかも」と東出コーチは言うものの、石井打撃コーチは「ここで無理させると長引く恐れもある。CSはいないものと思って戦いますよ」と断言した。

     だが、離脱直前に5番を打ち、足と三塁守備でも貢献していた安部の穴は簡単に埋められるものではない。控え三塁手の1番手は西川になるようだが、「二の矢、三の矢を用意する必要がある」と石井コーチは言う。

    「バティスタやメヒアもいるけど、まだ全面的に信頼できるほどではありません。下位で得点源になるとしたら、エルドレッドか小窪かな。エルドレッドはまだ二軍で調整中で、復調すれば早く上(一軍)で打たせたい」 彼らが頼りにできないとなった場合“CS用秘密兵器”となりそうなのが「サード・新井」。石井コーチが「よほどの緊急事態に限る」としている一方、東出コーチはなかなか前向きである。

    「サード・新井さんは面白いかもしれない。ある意味、壊れるのを覚悟でいってもらえるでしょ」

     しかし、「何だかんだ言っても、やはり主役がきちんと打てるかどうかですよ」と石井コーチは強調する。昨年は、初の本拠地CS開催でチーム全体が硬くなっている中、田中が打率8割3分3厘と打ちまくり、日本シリーズへ進出している。

    「今年も広輔にあれだけの活躍ができるかどうか。そうでなければ丸が中心打者として打線を引っ張っていけるか、ですね」と石井コーチ。ちなみに、東出コーチのほうは「CSで打てなかったら、秋季キャンプはまた地獄になる。強化指定選手もいっぱいいますよ」と不気味な予言をしている。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000005-tospoweb-base

     広島安部友裕内野手(28)が26日、出場選手登録を抹消された。「右ふくらはぎ打撲箇所の血腫除去」のため。

     安部はリーグ優勝を決めた18日の阪神戦(甲子園)でメンドーサから右ふくらはぎに死球を受けていた。25日に広島市内の病院で血腫除去の処置を行った。

     松原1軍チーフトレーナーは「筋肉と筋膜の間に出来た血腫を昨日除去し、経過観察で入院しています」と説明。筋肉に損傷はないが、今後肉離れなどを起こしやすくなるため、処置に踏み切った。安部は今季123試合に出場。打率3割1分、4本塁打、49打点をマークしていた。全治は不明。クライマックスシリーズ出場は微妙になった。
    引用元 https://www.nikkansports.com/baseball/news/201709260000442.html

     広島の西川龍馬が29日の巨人戦でチームに勝利をもたらす逆転2ランを放った。

     代打での出場が多かった西川だが、8月に入ってから故障者が相次ぎ、スタメンでの出場機会が増えている。29日の巨人戦では『7番・三塁』で先発出場。1点を追う5回に一死一塁の場面で、巨人先発・マイコラスのストレートをライトスタンドの最前列に運んだ。

     同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた石井一久氏は「鈴木誠也選手がケガをして、エルドレッドに休養を与えながら戦っている中で、西川選手はレギュラーに近いバッティングをする選手」とコメント。

     「(普段はサードで出場する)安部選手をファーストに起用して、(エルドレッド、新井貴浩などを)休ませ、シャッフルすることができる」と続け、レギュラークラスに引けを取らない活躍を見せる西川を評価した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)
    引用元 https://baseballking.jp/ns/129702

    <巨人1-2広島>◇29日◇東京ドーム

     1点ビハインドの5回に西川が巨人マイコラスから逆転2ランを放ち、先発野村は6回7安打を浴びながら1失点にしのいだ。7回からは今村、ジャクソン、中崎とつないで1点リードを守り切り、東京ドームでは昨年9月29日から8連勝。優勝マジックを18とした。広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。


     -先発野村が粘りの投球

     緒方監督 祐輔はピンチの連続だったけど、粘りのある投球で本塁打1点に抑えてくれた。しっかりゲームを作ってくれた。今日の試合としては、こういう接戦、1点差ゲームを勝ち切れたことが非常に大きい。中継ぎの3人が、(本塁打が出やすい)東京ドームで、失投が許されない中でしっかり投げ切れたことはチームとしても大きい。

     -西川が決勝弾

     緒方監督 打撃技術は高いからね。その中で1打席目、チャンスの中で自分のスイングをさせてもらえなかった。1打席目から切り替えが2打席目の結果につながったんじゃないかなと思う。

     -12日巨人戦では菅野から決勝弾を記録した。勝負強さが目立つ

     緒方監督 今日は西川が大きな本塁打を打ってくれて、チームに勝利を呼び込んでくれた。打線としては数多くチャンスメークをマイコラスからできた。あと1本のところは相手の力もある。しっかりしたこういう戦いができたこと、勝ち切れたことが非常に大きい。

     -6連戦の初戦を取れた

     緒方監督 勝とうが負けようが、とにかくこういう野球を最後までしていく。全員がそういう気持ちでやって欲しい。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170829-01879782-nksports-base

     代打で打率.433、1本塁打、11打点の成績を残す広島の西川龍馬は、三塁でレギュラー出場していた安部友裕が故障でスタメンを外れてから9試合連続で先発出場する。

     15日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』に出演した山本昌氏は、「安部選手がケガしても西川選手がいますし、穴を全く感じさせませんよね」と安部と遜色ない活躍を見せる西川を評価した。

     西川は安部が復帰後も三塁で先発出場するなど、レギュラー争いを激化させている。
    引用元 https://baseballking.jp/ns/128272

     「広島5-5阪神」(3日、マツダスタジアム)

     広島が土壇場の九回に追いつき、ベンチ入り25人中24人を起用する総力戦で延長十二回引き分けに持ち込んだ。これで7カード連続負け越しなし。同時に阪神の自力優勝の可能性を消滅させた。

     3点を追う広島は土壇場の九回、阪神の守護神・ドリスを攻め、新井、エルドレッドの連打で無死一、二塁とし1死後に代打松山が右前適時打で1点を返した。なおも1死一、三塁の好機に代打西川が、カウント3-2から中堅右へ運んだ。三塁走者の上本に続き、スタートを切っていた一塁走者の野間も本塁を陥れ同点とした。

     延長十二回には7番手の一岡が、1死三塁のピンチを招きながら無失点で切り抜けた。ベンチには投手の中田しか残っていなかったが、十二回の守りが終わった時点で有事に備えベンチでヘルメットの大きさを確認し、出場の準備を始めたほどの総力戦となった。

     延長に入って十一、十二回は得点圏に走者を進めながらサヨナラ勝ちを逃した。それでも緒方監督は「勝ちに等しい引き分け」とチーム一丸の戦いに目を細めた。

     先発の九里が初回2死から5連打を浴び4失点。四回にも2死から連打で1点を失った。結局5回10安打5失点だったが、六回以降に救援陣が踏ん張った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170803-00000149-dal-base&pos=3

    このページのトップヘ