広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    西川龍馬

    <練習試合:中日8-13広島>◇16日◇沖縄・北谷

    広島西川龍馬内野手(25)が16日、2試合連続となる推定飛距離140メートルの特大の1発を放った。中日との練習試合(北谷)で3番左翼でスタメン出場。15日阪神との練習試合に続く豪快な1発で「3番」の座をまた近づけた。西川の号砲を皮切りに、5発を含む23安打13得点の大勝を飾った。これで佐々岡体制の対外試合3連勝。新生カープ打線がノリノリだ。



       ◇   ◇   ◇

    完璧に弾かれた打球は何千粒もの雨を切り裂き、右翼スタンドのネット上段に突き刺さった。初回2死からの2球目、中日山本の138キロ直球を西川が一振りで仕留めた。推定飛距離140メートルの特大弾。西川は「2死だったので、なんとかヒットで出られたらと思っていた。真っすぐをしっかり1スイングで仕留められたのは良かったと思います」と喜んだ。

    昨季は外野手としてレギュラーに定着し、これまで自己最多だった18年の6本塁打を大きく上回る16本塁打を記録。さらなるパワーアップを遂げるべく、日本ハム近藤らと鹿児島・徳之島で自主トレを敢行。近藤の母の手料理による徹底された栄養管理のおかげもあり、昨年から5キロ増の78キロまで増量に成功した。「体重が増えて、ちょっとは打球が強くなったと思います」と手応えを口にした。

    朝山打撃コーチも西川の1発に「完璧だった。体が大きくなった分、もともと高いミート力がある中に、力が加わった感じ」と評価。西川自身が今季20本塁打を目標に掲げただけに「それくらいは打ってくれるでしょう」と期待をさらに膨らませた。

    一切の慢心はない。「結果を出さないと。周りの外野手も結果が出ているので、自分も『負けんぞ』という気持ち。まだ対外試合2試合目でお試し期間なので」と2戦連発にも満足することはない。「しっかり打つ方でアピールして、開幕1軍でレギュラーとして出られるように頑張りたい」。首脳陣から期待されている3番の定位置をつかみ取る。【古財稜明】



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-02160789-nksports-base

    <練習試合:阪神1-7広島>◇15日◇沖縄・宜野座

    広島西川龍馬内野手が鈴木誠不在の打線に火をつけた。3回に左腕横山の高めの真っすぐをとらえ、右翼席に先制ソロを運んだ。対外試合初戦から2戦続けて3番に起用する朝山打撃コーチは「(4番の鈴木)誠也の前に出塁率が高い選手を置きたい。僕のイメージかなと思います」と西川、鈴木誠が並ぶ打線を示唆。


    西川は「まだまだです。もっと確率を上げていかないといけない」と足元を見つめた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200215-02150793-nksports-base

     昨季は4位に終わり、セ・リーグ連覇が3で途絶えた広島。V奪回の鍵を握る一人が西川龍馬内野手がスポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」の「12球団キャンプキャラバン」に登場し、同学年の鈴木誠也外野手とともにチームを引っ張る決意を口にした。


     西川は年々真価を遂げている。初めて規定打席に到達した4年目の昨季は138試合出場、159安打、16本塁打、64打点、6盗塁。全て自己最高の数字を残した。打率.297はセ6位だった。3年目の2018年に期待打席未満ながら初の打率3割(.309)をクリア。25歳は「最低でも3割」を目標に掲げる。

     「打率3割は毎年最低の目標としてやっています。試合に出る以上はそこを目指してやっていかないといけない」

      敦賀気比高から社会人野球の王子を経て2015年ドラフト5位で入団。毎年出場試合数や成績を伸ばしている要因についてはこう語る。「変わったのは体。年々体重も増えてきている。大きく変わったのは体の大きさじゃないですかね」。体の進化が成績に結び付いていると実感している。

     打順にこだわりはないという。「自分はどこでもやっていける自信はあるので。(佐々岡)監督が決めたところでその打順をしっかり全うする」と言う。それだけ自身の打撃技術に自信を持っている証拠だろう。

     昨季の首位打者で、チームでも侍ジャパンでも4番を担う鈴木誠也とは同じ1994年生まれの同級生。今季の広島は「右の鈴木、左の西川」が打線の“核”になりそうだ。「誠也と同級生なので、なんとかその2人で引っ張っていけたらと思っています」。

     新たに佐々岡真司監督が就任して迎える2020年シーズン。広島のヒットメーカー、西川に大ブレークの予感が漂う。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200210-00685581-fullcount-base

    広島西川龍馬内野手がレギュラー定着を誓った。日本ハム勢との徳之島での自主トレを公開。昨季パ最高出塁の近藤と打撃論を交わしながら、タイミングの取り方や下半身の使い方を学んでいる。



    球界を代表するバットマンとのコラボをへて「143試合、レギュラーとしてやりたい」と力を込めた。5年目のシーズンに向け「すごく順調。暖かいからか分からないが、すごく体が動くし、去年よりも仕上がり早いと思う」と手応えを口にした。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-01100884-nksports-base

     球審がプレーボールを告げると、1球たりとも見逃せない。今季の広島・西川龍馬内野手の打席にはそんな雰囲気が漂っていた。5月から6月にかけて、球団2位の27試合連続安打を記録すると、7月には球団新記録となる月間4本の初回先頭打者弾、8月には球団タイ記録の月間42安打を放った。



     記録ラッシュのプロ4年目はキャリアハイをマーク。後半戦から1番に定着すると、138試合の出場で打率・297、16本塁打、64打点。ボール球をヒットゾーンに運ぶ巧みなバットコントロールはもちろん、長打力でもファンを魅了した。

     開幕前から手応えを感じていた。年明けに日本ハム・近藤の自主トレに参加。「しっかり下(半身)を使った方がいい打球が飛ぶ」と下半身の重要性を再確認。「規定打席到達と打率3割、70打点」を今季の目標に掲げ、「レギュラーで試合に出たら20本ぐらい打てるようになりたい」と理想像も描いていた。

     2015年ドラフト会議当日、広島から5位指名された王子の西川は当時、日本ハム大谷ら同学年に対して「すぐには追いつけないかもしれないけど、コツコツ練習していずれは追い越せるようにしたい」と対抗心を燃やしていた。細かった体も年々スケールアップ。着実に成長を遂げ、下位指名からチームの顔になりつつある。

     社会人時代はカラオケで年の離れた先輩に喜んでもらうため、やしきたかじんやT-BOLANの歌を覚えた努力家。好奇心も旺盛で17年からビジョントレーニングを続け、今オフは集中力アップへピアノに挑戦中だ。来季も規格外の打撃で驚かせてくれるはずだ。(デイリースポーツ・杉原史恭)




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00000051-dal-base

     リョーマ打法でリョーマに打ち勝つ! 広島・野間峻祥外野手(26)がマツダスタジアムで取材に応じ、今オフ改造中の新打撃フォームの狙いを披露。来季の目標に今季の10倍となる「20本塁打」を掲げた。

     野間は5年目の今季、123試合に出場して打率2割4分8厘、2本塁打、16打点。“ポスト丸”の一角と期待されて開幕オーダーにも名を連ねたが緒方前監督による“体罰騒動”も影を落とし、中盤以降は失速してシーズンを終えた。

     課題の打撃では重心が前方に突っ込む悪癖を修正するため、体の上下を逆に回転させるツイスト打法などにも取り組んだが「目先の結果を求めて縮こまって、空回りしてどつぼにはまっていた」。今オフは「後ろに乗っかるイメージをつけやすい」と秋季キャンプからバットを寝かせた状態から始動する新フォームに取り組んでいる。

     参考にしているのはイチロー氏や後輩の西川龍馬内野手(25)、西武・秋山ら。今季ブレークした西川は細身の体で16本塁打をかっ飛ばした。野間のテーマも長打力の向上。「東洋さん(朝山打撃コーチ)には『20発ぐらいは』と言われています。練習では飛距離も出だしていい感じで振れている。自分としても年間通して普通にやれば、それぐらい打てる力強さを求めてやりたい」とアーチ量産をもくろんでいる。

     佐々岡新監督が来季の打線に求めるキーワードも長打力。鈴木、西川、長野ら実力者がひしめく外野にパワーアップした野間が殴り込みをかける。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191225-00000033-tospoweb-base

     外野一本で勝負や! 広島・西川龍馬内野手(25)が13日、マツダスタジアム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3700万円増の6800万円でサインした。外野に本格挑戦した今季は「天才」と称される打撃が開花。138試合で打率2割9分7厘、16本塁打、64打点の好成績を残した。来季へ向けては“リョーマ節”全開で「見栄えのいい数字を残したい」と首位打者取りを宣言。7年目の来季は定位置固めに挑む。

     一気に倍増超となる提示には「もう少し低いと思っていました。すごく評価していただいた」とニンマリ。球団側から高く評価を受けたのは外野守備だったといい「(自分でも)まさかここまでやれると思わなかった」と白い歯を見せた。

     打撃面の成長も著しく、6月には球団単独2位の27試合連続安打も記録。ただ本人は「悔いが残っている」という。「もうちょっと集中しておけば良かったな、と。周りがざわざわして、それがストレスになって…。(新記録を)狙っていたけれど『もういいかな』っていう部分もあったので。集中力がない分、打率も3割に届かなかった」と反省した。

     来季の目標については「打率は3割以上。首位打者を取れるぐらいに。本塁打は20本。打点は70以上は。盗塁はまあ、10できれば。得点圏で高い数字を残して、四球、安打数も…。アレ? 全部やんか!」と独りツッコミで笑いを誘うと、オフは現状の体重75キロから5キロ増の80キロへのウエートアップを図るという。

     ただ、三塁再挑戦については「それは無理。(秋季キャンプで)監督も分かったのでは。外野で勝負して駄目だったら諦めがつく」と外野一本を直訴。来季は外野でさらなる飛躍となるか。

    (金額は推定)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191214-00000012-tospoweb-base

     広島・西川龍馬内野手と床田寛樹投手が1日、広島市内でトークショーに参加。関西出身の同級生コンビがイベントを盛り上げた。

     彼氏にしたい選手、結婚したい選手を聞かれると、西川は「(彼氏は)羽月。雰囲気で楽しませてくれそう。(秋季)キャンプでも一緒に居ることが多かったので。グラウンドでも晩飯でも。元気がある」とルーキーを指名した。「(結婚するなら)アツ(会沢)さんです。大黒柱として、ズバッと言ってくれそう」と話した。

     床田は「(彼氏は)野間さん。飽きなさそうで楽しいから。大学の先輩なのでおこがましいですけど…、あまりいじられてるところは見たくないです」と苦笑いした。「(結婚するなら)大瀬良さんです。あのままです」と即答していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000137-dal-base

     広島から育成ドラフト2位指名を受けた木下元秀外野手(18)=敦賀気比=が14日、福井県敦賀市内のホテルで契約交渉に臨み、支度金290万円、年俸240万円で仮契約した。プロ入り後は同校の大先輩・東出2軍打撃コーチの「シゴキ」を志願。憧れの鈴木誠也のような4番打者を目指し、「3割30本」を目標に設定した。(金額は推定)

     偉大な先輩の背中を追って、カープのユニホームに袖を通す。赤い帽子をかぶった木下の理想は“鈴木+西川”。「鈴木さんには長打、西川さんはミート力がすごいのでそういうところを聞いてみたい。本塁打を打てて打率を残せるように。打率3割、本塁打30本を越したい」と夢を描いた。

     カープ伝統の猛練習に身を投じる。敦賀気比OBの東出打撃コーチが2軍に配置転換となったため、入団後は直接指導される可能性が高いが「しごかれるのには耐えられると思います」と笑みを浮かべ、「(敦賀気比の)東監督の練習も地獄のようだった。気が抜けず、ありがたいです」と背筋をピンと伸ばした。

     長所はパワフルな打撃だ。母校のグラウンドでは場外弾を連発。東監督は「体も大きいので、金属バットでは(同校OBの)吉田(正尚、オリックス)より飛ばしていた」と証言。二重に張られた防球ネットを越えて、車を破壊したこともあるという。今夏の甲子園では12打数7安打6打点の大活躍。高山スカウトが「勝負強さもある。将来の中軸、左の鈴木のようになってほしい」と言うように期待は高まるばかりだ。

     夏以降はウエートトレで鍛え、体重は88キロまで増加した。「パワーを付けて、ヘッドスピードを上げたい」。将来的には「日本の4番を打ちたい」ときっぱり。大きな野望を抱いて、育成からスターダムを駆け上がる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191115-00000035-dal-base

     「広島秋季キャンプ」(9日、日南)

     広島・西川龍馬内野手(24)が9日、日南秋季キャンプに参加し、来季自己ベストの打撃成績を残すためにも集中の秋を継続していく意欲を示した。今季、打率・300に届かなかった原因を「集中力」と自己分析。今キャンプは守備がメインで打撃は自主練習が多いが、打席に入れば“一振不乱”。ランチ特打でも心地良い快音を響かせまくった。

     日南の日差しを浴び、西川は眼光鋭くバットを振り続けた。松山と2人のみで行ったランチ特打。左腕の打撃投手相手には36スイング中7本の柵越えを記録するなど快音を奏でた。進化へ「集中力だけですね」と語り、「ランチ(特打)も周りに何もない状態で、より集中できる。今日はわりかし良かった」と好感触を示した。

     規定打席に初めて到達したプロ4年目は打率・297。好成績を残すも、「1、2打席目あかんかったら、集中力が欠けていた。そこを集中していれば、3割いけたかなというのはあった」と言う。それだけに、一球一球に集中している秋だ。

     今キャンプは守備がメインで、打撃面は自身に任せられている部分が多い。午後の打撃ローテには入っていないが、この日の午後も自主的に右翼奥の屋内練習場で約1時間黙々とバットを振り、感覚を研ぎ澄ませた。

     打撃センスピカイチの背番号63。東出2軍打撃コーチも「技術については言ったことがない。(課題は)集中力の使い方」と説明し、「ウソ偽りなく、3割3分3厘は打てる」と太鼓判を押した。

     今季は主に外野での出場だったが、この秋は三塁の練習も再開している西川。「内野守備も下半身を意識して、(打撃に)つながっていけば」。前だけを見据え、プロ5年目も結果を残していく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00000030-dal-base

    このページのトップヘ