広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    船越涼太

     広島・船越涼太捕手(24)が15日、マツダスタジアムで行われた1軍全体練習に、庄司隼人内野手(26)とともに合流した。2軍では打撃好調で、本職以外の内外野にも昨秋から挑戦している3年目。巡ってきた好機を生かし、逆転開幕1軍の切符を目指す。

     熱い思いを胸に、本拠地のグラウンドで精力的に汗を流した。開幕が約2週間後に近づく中での1軍昇格。逆転での生き残りへ向けて船越は「(調子は)いい感じです。この時期に呼ばれたのは、自分にとってチャンス」とみなぎる闘志を言葉に込めた。

     結果を残し、好機をつかんだ。2軍では13日の四国ILp・愛媛との練習試合で一発をマークするなど打撃好調。「諦めないで、強く振り切ることをやり続けていた」。春季キャンプ中は2月11日の1軍紅白戦に招集されたが、3打数無安打とアピールに失敗。それでも不屈の精神で再び1軍にたどり着いた。

     出場機会の幅を広げるため、昨秋から内外野にも挑戦。現在は捕手以外に右翼や左翼、三塁をこなしており、「どこでチャンスがあるか分からない。機会があれば結果を出せるように」と虎視眈々(たんたん)とアピールの場を待つ。

     捕手としては現在1軍にいる石原、会沢、坂倉の3人から2人制になれば、内外野もできる第3捕手としての道が開ける可能性もある。開幕1軍切符をつかみ取るためには、打ちまくることが絶対条件。「結果を出すしかないけど、それにとらわれないように自分のやることに集中したい」。存在感を示し、一気にまくってみせる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000033-dal-base

     広島が15日、マツダスタジアムで全体練習を行った。

     打撃練習では、最近の実戦課題である「速球対策」として打撃投手の投じる球、マシンの設置も通常より約1メートル前とし、各選手がタイミングを合わせた。

     ここ4試合4番で先発している松山は「まずは速球から入っているので、普段通りの意識。その中でもそういう対策をやってくれるのは、他の選手にもありがたいことだし、僕もすごくありがたいこと」と、うなずいた。

     直球への対応に課題を口にしていた美間は「良くなっているけど、1軍の選手の球を捉えきれていない。もっと確率を上げていければと思います」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00000077-dal-base

     「広島秋季キャンプ」(13日、日南)

     広島・船越涼太捕手(23)が13日、宮崎県日南市内の宿舎で契約更改交渉に臨み、100万減の700万円でサインした(金額は推定)。



     今季は初の開幕1軍を果たしたが、出場することはなく降格。2軍では50試合に出場し、打率・232に終わった。

     秋季キャンプでは緒方監督から提案された“マルチプレーヤー計画”に取り組んでいる。本職の捕手だけでなく、内野や外野にも挑戦。出場機会を増やすために選手としての幅を広げている。「まずは1軍の試合に出ないといけない。マルチに挑戦してやってよかったと言えるようにしたい」と複数ポジション習得へ意欲を示した。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00000133-dal-base

     広島・船越涼太捕手(23)が3日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で行われた秋季練習に参加。内野に初挑戦した。ゴロ取りやノックを受け「基礎練習です。やるしかないです」と充実した表情で振り返った。

     本職は捕手だが、前日2日は外野にトライするなど、今秋からマルチプレーヤーを目指している。来季はドラフト1位中村(広陵)が新加入し、ルーキー坂倉も成長中。船越は「厳しい状況にある。いかに自分の場所を作っていくかが大事」と力を込めていた。来季はプロ3年目。悲壮な覚悟を持って自分の居場所をつかみにいく。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171103-00000080-dal-base

     「広島-巨人」(12日、マツダスタジアム)

     広島ドラフト4位の船越涼太捕手(王子)が、プロ初打席で初安打、初得点を記録した。

     12日に初めて1軍出場登録され、七回先頭の今村の代打として打席に立った。カウント3-1から直球を中前にはじき返した。田中の左線二塁打で三塁に進み、菊池の中犠飛で自身初得点となる13点目のホームを踏んだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160712-00000113-dal-base

     【球界ここだけの話】

     パ・リーグで“安定2位”の戦いを続けるロッテ。最近、ふと感じることなのだが、伊東勤監督(53)の談話が妙におもしろいのだ。

     例えば、終盤の大逆転で劇的勝利した試合では「いや、野球はつくづく投手だと思った」という言葉が第一声。さらにノーガードの打ち合いを制した試合には「こんな試合をしていたら、到底、上(優勝)は望めない」。さらに粘りの1点差逃げ切りの試合では真顔で「あす、胃カメラを飲みます」ときた。

     別にウケを狙っているわけではなく、どれもが“本音”。もちろん、活躍した選手はきちんとたたえるのだが、目を真っ赤にして会見場に出てくる試合後の第一声に、記者としては耳を集中してしまう。

     黄金時代の西武で正捕手を務めた伊東監督。コメントの向こうに見える理想は、やはり「守り勝つ野球」。ズキューン、バキューンの派手な戦いは望んでいない。

     過日、ずっと気になっていることがあったので直接、伊東監督に聞いてみた。昨秋のドラフト会議。ロッテは楽天との競合を制し、1位で平沢(仙台育英高)の獲得に成功したが、「もし、平沢を外していたら!?」。つまり“外れ1位”は誰だったのか-。

     「関谷(2位、投手、JR東日本)の繰り上げ当選だったかもしれないけど、個人的には捕手がほしかった。1人、目に留まった選手がいたんです。編成には反対されたかもしれないけど、平沢を外していたら、主張するつもりでいましたよ」

     ドラフト前の編成会議(リプレー検証!?)で伊東監督の五感を刺激した捕手とは結果、広島がD4位で指名した船越(王子製紙)だった。「強肩でね。また、全体的に捕手としてのいい雰囲気もあった」と伊東監督は明かした。

     ロッテでいえば、吉田、江村、田村といて、さらに2015年には創価大から寺嶋を獲得した。それでもなお、伊東監督が捕手にこだわるのは、今季の最大テーマに掲げる「チーム内競争」に帰結。そして一番競ってほしい、競わせたいポジションが「捕手」だからといえる。

     なお、究極の余談ですが、船越は記者が卒業した東京都葛飾区立東金町中学校で、お世話(ごやっかい!?)になった船越睦生先生(通称、鬼の船越)のお孫さん。もちろん、伊東監督は知るよしもございません-。(ロッテ担当・西村浩一)

     「練習試合、広島-KIA」(22日、沖縄)

     広島のドラフト5位・西川龍馬内野手(21)=王子=が、韓国・KIAとの練習試合で存在感を示した。四回から遊撃の守備で途中出場。その裏の攻撃で、2死一、三塁で打席に立つと、カウント1-1から3球目、真ん中高めに浮いた135キロ直球を狙い打った。打球は右中間を真っ二つに破り、一気に2者が生還。西川も俊足を飛ばして三塁を陥れた。

     前日21日の巨人とのオープン戦でも、左安打をマーク。ルーキーが堅実な守備だけでなく、成長中の打撃でも結果を残している。

    このページのトップヘ