広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    山本浩二

     セ・リーグ連覇をめざす広島の勢いが止まらない。

     首位決戦ということで注目された巨人との3連戦を全勝で終え、1分けを挟んでついに10連勝を達成。週末の阪神戦は1勝2敗と負け越しを喫するも、貯金8つで2位に2.5ゲーム差をつける好ダッシュを決めた。

     開幕ダッシュの立役者はいくらでも挙げられるが、絶対に欠かせないのが主砲・新井貴浩だ。25年ぶりのリーグVに導いた昨季同様の勝負強さを発揮し、これまでチームトップの13打点をマーク。13日の巨人戦でも初回のチャンスでいきなりタイムリーを放ち、電光石火の先制劇を生んだ。

     悲願の優勝を果たしたこともあり、いわゆる“燃え尽き症候群”を心配する声も聞かれたが、40歳の大台に乗って迎えた新シーズンは絶好調そのもの。今季はここまで全14試合に出場し、うち5試合でマルチ安打を記録するなどすでに15安打を放っている。

     これは132試合で136安打を記録した昨季をもしのぐペース。今年はその数字をどこまで積み上げるのか、注目が集まっている。


    今季中の“ベスト20入り”はほぼ確実
     昨季終了時点で2107だった通算安打数は、現在2121まで進んだ。

     歴代通算安打ランキングを見てみると、今季だけで谷繁元信(2108安打)、前田智徳(2119安打)、小笠原道大(2120安打)の3人を抜き去り、現在は清原和博と並ぶ歴代25位タイ。球史に名を残す強打者たちの記録を次々に超えていっているのだ。

     仮に新井が昨季と同じ136安打をマークしたとすると、シーズン終了時には2243安打に到達することとなる。これは歴代18位の数字だ。下記は、今季中に新井が抜き去る可能性がある通算安打ランカーである。

    【通算安打記録ランキング】
    15位 2314本 榎本喜八
    16位 2274本 高木守道
    17位 2271本 山内一弘
    18位 2228本 大杉勝男
    19位 2204本 大島康徳
    20位 2173本 若松 勉
    21位 2167本 稲葉篤紀
    22位 2157本 広瀬叔功
    22位 2157本 秋山幸二
    24位 2133本 宮本慎也
    25位 2122本 清原和博
    25位 2122本 新井貴浩
    ――――
    27位 2120本 小笠原道大
    28位 2119本 前田智徳
    29位 2108本 谷繁元信
    30位 2101本 中村紀洋

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00112846-baseballk-base

     広島の新井貴浩内野手が27日、都内で行われた「サマンサタバサ×広島東洋スペシャルコラボ記念イベント」のトークショーに広島元監督の山本浩二氏、野村謙二郎氏とゲスト出演した。

     特設会場にはユニホームを着たカープ女子など多くのファンが詰めかけた。25年ぶりのリーグ制覇を成し遂げた今季。新井は「夢のような1年でした。マツダスタジアムだけでなく、神宮でもホームのようにたくさん応援していただいて本当に力になりました」と感謝の言葉を口にした。

     山本氏は近年のカープ女子の多さに、「(自分が現役のころは)応援に来てくれていたのはほとんどが小学生の男の子。カープ女子はいなかった。(来てくれていたら)もっと頑張っていたな」と笑みを浮かべていた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161227-00000091-dal-base

     東京の原宿を広島カープが席巻した。サマンサタバサハート広島東洋「Fashion×カープ」スペシャルコラボ記念イベントに新井貴浩内野手(39)が27日、広島OBの山本浩二氏、野村謙二郎氏と登場。

     カープ女子を中心とした数百人の広島ファンが、おしゃれな街中で行われたトークイベントに集結。新井は「本当に夢のような1年。マツダスタジアムだけでなく、神宮でもホームのようで力になった」と、カープ女子の後押しに感謝した。山本氏は現役時代とのファン層の違いに「カープ女子はいなかった。ほとんどが小学生の男の子。あの頃にいたら、もっと頑張っていたな」とうらやましそうだった。

     イベントで新井は、ビルに映されたLED動画内でミランダ・カーが着用したユニホームを贈られた。「すごいですね。びっくりしました。すごい方にカープのユニホームを着ていただいて」。思わぬプレゼントに目尻を下げていた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161227-01757574-nksports-base

     今季限りでの引退を表明した黒田博樹(41)の背番号「15」が、広島の永久欠番になることになった。球団幹部が一部メディアに「苦難の歴史と優勝を経験した黒田が、(広島に復帰して)お金以外の価値観があるという一石を投じてくれた」と話したという。

     広島の永久欠番は、ともに1970~80年代に活躍した山本浩二氏の「8」、衣笠祥雄氏の「3」に続く3例目。日本一を逃した男気エースにはビッグな勲章になるが、地元マスコミ関係者がこう言う。

    「実績、貢献度からいえば黒田は押しも押されもせぬ将来の監督候補でありながら、肝心の本人にその気があまりない。かねて、『自分は指導者に向いていない』『監督をするというイメージが湧かない』と消極的なのです。引退後も家族のいる米ロサンゼルスを拠点にして、日本へは年に何度か帰国するという生活スタイルになる。巨人OBの松井秀喜と同じような感じです。その松井は巨人に監督就任を望まれながら、いまだにユニホームを着ていない。広島にも同じような懸念があって、黒田とできるだけ強く接点を持ち続けていたい。永久欠番はそのひとつでしょう」

     ちなみに、山本氏は2度、広島の監督を務めたが、衣笠氏は指導者として一度も古巣のユニホームに袖を通していない。


    引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/12223479/

     ◇セ・リーグCSファイナルS第4戦 広島8―7DeNA(2016年10月15日 マツダ)

     91年以来の日本シリーズに挑む広島。当時監督を務めていた山本浩二氏(69)は現在のチーム力、戦いをどう見ているのか。32年ぶり日本一へ向けた思いを語った。

     クライマックスシリーズを通じて総合力の高さ、勝つための引き出しのあるチームだと改めて感じた。1、2戦目にロースコアの戦いになっても、ジョンソン、野村の先発が相手を無失点に封じ、救援陣も安定感がある。打撃陣もただ打つだけでなく、状況に応じた打撃ができる。盗塁、次の塁を奪う姿勢など、相手に重圧もかけられる。弱点は少ない。

     日本ハム、ソフトバンクのどちらが相手でも、互角の戦いができる戦力は整っている。あとは、この日の試合のように、点差が開いても一つ一つのプレーをおろそかにしないことだ。1プレーで局面は変わる。

     91年の日本シリーズでは、西武相手に3勝2敗とリードしながら、連敗して日本一をさらわれた。あの時のチームと比べても戦力は整っている。最後の瞬間まで自分たちを信じてほしい。日本一を成し遂げてくれると私も信じている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161016-00000085-spnannex-base

    ◆巨人0―4広島(1975年10月15日・後楽園球場)

     広島の25年ぶりのセ・リーグVが迫ってきた。数年前から“カープ女子”なる言葉がはやり、地元・マツダのみならず、東京D、神宮、横浜と首都圏の球場の外野席も、広島戦開催時は真っ赤に染まっている。今から41年前、現在を上回るほどの赤ヘルフィーバーが日本列島を席巻した。球団創設26年目での初優勝。歓喜の瞬間は1975年10月15日、後楽園球場での巨人戦で訪れた。万年Bクラスと揶揄(やゆ)された広島が巨人を破って決めた一戦を改めて振り返る。

     夕闇迫る後楽園球場。時刻は午後5時18分だった。広島のマウンドに立つのは金城。左打席に入った巨人・柴田が流し打った打球が、左翼の水谷のグラブにおさまる。ついに、ついにこの瞬間が来た。

     三塁ベンチを飛び出した古葉監督の背中にシェーンが飛び乗る。先発した外木場が、先制適時打の大下が、そして、主砲の山本浩、衣笠が抱き合い、肩をたたき合う。さあ、胴上げだ。ワッショイ、ワッショイ! 古葉監督の背番号72が宙を舞う。外野席からなだれ込んできた赤ヘルファンが、今度は山本浩を胴上げだ。

     「うれしいです…」

     お立ち台に上がった古葉監督は、こう言うと言葉を詰まらせた。

     「広島からたくさんのファンの方が応援に来てくれて…全国のファンの方が…」

     大拍手、絶叫を背にしながら、それだけを言い残して、指揮官はお立ち台を下りた。時に午後5時26分だった。

     ▼試合前

     巨人V9の舞台であった後楽園球場。しかし、この日は赤ヘル応援団に埋め尽くされた。1年前の74年10月14日。この球場で“ミスタープロ野球”長嶋茂雄の引退試合が挙行された。その長嶋が監督となった巨人は、この年、球団史上初の最下位に沈んだ。この日は完全に広島の引き立て役。「巨人はなんぼ勝っても優勝できんのやから、拍手してつかあさい。巨人は来年優勝すりゃあいいんじゃけえ」。広島の応援団が、こう言って巨人ファンに頭を下げた。

     打撃練習では、選手のバットから快音が響く度に、三塁側、左翼席の広島ファンがしゃもじを打ち鳴らした。こいのぼりや吹き流しが何本もスタンドで揺れる中、午後2時のプレーボールを迎えた。

     ▼1回

     巨人先発は新浦。大下、三村、ホプキンスが三者凡退。広島は自身のシーズン20勝をかけて外木場が先発。巨人も柴田三振、土井遊ゴロ、淡口三振に終わる。

     ▼5回表

     先頭・水谷が左飛。1死後、道原が失策で出塁。打球は三塁を守るジョンソンのグラブをすり抜けて、左翼線に転がっていった。巨人は長嶋監督、王、土井が「今のはファウルだ」と三塁の岡田塁審に抗議したが、判定はそのままだった。続く外木場は右飛に倒れて、打席には大下が入った。2ボール2ストライクから、左翼の淡口を襲うライナー! フェンス直撃の二塁打で道原がかえり、先制点を挙げた。

     ▼6回裏

     一塁側の2階席で広島、巨人ファンの小競り合いが発生。G党が「大きな顔するなよ」と声を掛けたことからつかみ合いが始まったが、警備担当の警察官が割って入った。

     先頭・柴田が右前安打。1死後、淡口が右中間に二塁打。王敬遠で満塁となった。しかし、続く末次は二―遊―一の併殺。絶好機を潰してしまった。

     ▼8回表

     巨人は倉田を投入。衣笠三振。6番・シェーン右前安打。古葉監督は代走に深沢を送り、次打者・水谷との間でヒットエンドランを敢行したが、右飛となり、帰塁できなかった深沢もアウトで追加点を奪えなかった。

     ▼9回表

     広島の1―0という緊迫した展開のまま、ついに最終回に。巨人は倉田から小川邦にスイッチ。先頭・道原左飛。次打者は8回途中から外木場に代わっていた金城。右前にポトリと落ちる安打で出塁した。大下は初球を一塁線にバント。王、小川邦ともに意表を突かれたのか、打球処理ができずに一、二塁となった。

     「あのバントはサイン。一塁側にやれ、と(古葉)監督に言われたんだが、なぜ、一塁側にやるのか分からなかった。セーフになって初めて、王さんが下がって守っていて、バントに無警戒だったことが分かった。こんな熱気の中でも、監督が冷静に戦況を見ていることを教えられた」。大下は試合後、こう振り返っている。

     続くは3番・ホプキンス。左打者に対して、長嶋監督は左腕の高橋一を送り出す。簡単に2ストライクを取ったが、そこからボールを連発してフルカウント。投じた1球はど真ん中に入り、ホプキンスはこれを右翼スタンドに運んだ。これで4―0。本塁に戻ってくるホプキンスに山本浩、シェーン、古葉監督が抱きついて出迎えた―。

     胴上げの後、山本浩はロッカーに戻り、声を上げて泣いた。すると、雑賀マネジャーから「グラウンドでインタビューがある。行ってくれ」と声を掛けられた。グラウンドに出て、お立ち台の上に立ち、三塁側スタンドに向かって両手を上げた。涙が止まらない。「コウジ! コウジ!」。赤ヘルファンの大合唱に、何度も両手を上げて背番号8は応えた。

     【参考】報知新聞(1975年10月16日付紙面)別冊週刊ベースボール「赤ヘル軍団栄光のV1」(75年12月1日発行)「オフィシャル・ベースボール・ガイド1976」


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160909-00000174-sph-base

     古葉竹織監督が率いる1984年の広島は、4月8日から球団記録の12連勝。山本浩二が5月5日に通算2000安打を達成。シーズン終盤まで続いた中日との争いを制して、4年ぶり4度目のリーグ優勝(75勝45敗10分け、勝率6割2分5厘)を果たした。

     打点王の衣笠祥雄がリーグMVP。おもに抑えを務めた小林誠二が最優秀防御率。小早川毅彦が新人王に選ばれた。日本シリーズも4勝3敗で阪急を下した。3本塁打10打点の長嶋清幸がシリーズMVP。広島はこの年を最後に日本一から遠ざかっている。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160901-00000069-sph-base

     ◇セ・リーグ 広島7―3巨人(2016年8月24日 東京D)

     広島が球団創設初の日本一達成翌年となった80年は、4月に10勝4敗2分けと抜け出し、5月13日に首位に立ってからは独走。8月24日の優勝マジック点灯時点で2位に12ゲームの大差をつけた。

     不動の4番だった山本浩二氏は「75年の初のリーグ優勝の後に経験を積んだこともあり前年は日本一。チームとして成熟し、投打に戦力もそろっていた」と振り返る。

     1番に盗塁王の高橋がおり、衣笠、山本、水谷、ライトルの強力な中軸に投手陣は福士、山根、池谷、北別府の先発陣、抑えには江夏がいた。優勝は10月17日。セでは巨人以外で初連覇。

     山本は44本塁打、112打点の2冠王。また、衣笠が8月4日の巨人戦で1247試合連続出場の当時の日本新記録を樹立した。近鉄との日本シリーズも4勝3敗で2年連続の日本一となった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160825-00000059-spnannex-base

    このページのトップヘ