広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    エクトル・ルナ

     復活への1歩を記した!! 右肘痛からの復帰を目指す大瀬良大地投手(24)が、マツダスタジアムに隣接された屋内練習場で離脱後初のシート打撃に登板した。ルナ、プライディら打者4人に対し、14打席対戦。真っすぐにスライダー、チェンジアップなどの変化球も投じ、安打性4本に抑え、2つの三振を奪った。頼れる右腕の復帰のカウントダウン。混戦のセ・リーグで首位を走る広島に、追い風が吹いている。



     大瀬良の表情が、すべてを物語っていた。右肘への不安をぬぐえただけではない。投手としての本能が目覚める打者を相手にした投球で、復活への確かな手応えを感じた。

     「感覚は悪くない。対打者で強度は変わってくるが、腕を振って投げられた。いいボールもたくさんあったと思う」

     春季キャンプ中も含め、シート打撃登板は今年初めてだった。当初予定していた18日は腰を痛め、急きょ回避。1週間遅れでの再出発も「遅れたのは残念でしたが、1日でも早く復帰できれば大丈夫だと考えてやってきました」と前を向いた。腰の不安はもうない。この日の投球を見守った菊地原3軍コーチも「球威も切れも申し分なかったと思う。あとは実戦の中で上げていければいいと思う」と合格点を与えた。

     負傷離脱を機に投球を見つめ直し、リハビリ開始とともに下半身主導に取り組んできた。8日のブルペン投球再開時は「まだばらつきがある」と話していたが、この日は「スムーズになってきた」と自分のものになりつつある。今週末にも2度目のシート打撃登板を行い、実戦マウンドを視野に入れる。早ければ来週頭のウエスタン・リーグ阪神3連戦(鳴尾浜)の復帰も見えてくる。

     「チームの調子がいいのはうれしい。その中に僕も入って、チームに貢献したい。僕が戻ることで、より勢いづいていけるようにと思って過ごしている」

     実戦復帰から2軍で登板イニングを増やし順調に行けば、交流戦後の6月下旬にも1軍に復帰できそうだ。3連勝で混戦のセ・リーグで首位を走る広島に、大瀬良は強くなって帰ってくる。

     長らくカープの顔として活躍した野村謙二郎が引退して以降、ずっと空き状態であった背番号「7」。この栄光の番号を受け継ぎ、ファンの期待と共に背負った堂林翔太も、今年で入団7年目を迎えた。

     2009年の夏の甲子園、エースで4番として中京大中京高を全国制覇をへと導き、その年のドラフトで広島から2位指名を受ける。その野球センスは投手としても、野手としても注目を集めたが、甲子園で記録した.522という高打率と12打点、さらには大会通算記録に並ぶ6本の二塁打が高く評価され、野手としての入団となった。

     1年目と2年目は一軍出場なく、二軍で汗を流した堂林。転機は3年目の2012年、開幕スタメンを勝ち取って初安打を記録すると、一気にブレイク。6月には月間6本塁打を記録し、オールスター初出場も果たす。これ以上ない順調なシーズンを過ごし、前年まで一軍出場がなかった男は、終わってみれば全試合に出場していた。

     しかし、12球団ワーストの29失策に加え、球団ワースト記録の150三振など、課題も多かった“実質1年目”のシーズン。この大ブレイクによって背番号も「13」から「7」へと変わり、球団の将来を担う選手としての期待を受けていた。


    まさかの不振と、復活の兆し

     ところが、翌2013年は打撃不振に苦しむ。夏場には故障もあって戦線を離脱し、105試合の出場で打率は.217に終わった。その後も復活の気配は見られず、2014年は93試合、昨シーズンは33試合と、徐々に一軍での出場機会も減って行った。

     そして迎えた2016年、堂林は開幕一軍入りも逃した。それでも、ファームでは20試合に出場してリーグトップの打率.355を記録。1本塁打、10打 点と結果を残すと、サードのレギュラーだったエクトル・ルナの負傷に伴い、一軍に昇格。19日のDeNA戦で2年ぶりとなる一軍でのアーチを描いた。

     ただし、課題の守備では14試合で3つの失策を喫し、守備率.904。一軍で29失策を記録した2012年の守備率が.924だったことを考えても、課題を克服したとは言い難い状況である。

     しっかり守れてこそ出番は増える。“守備”こそ堂林が乗り越えなければならない壁なのだ。

    チームを支える柱となれ!

     広島という球団には、衣笠祥雄や山本浩二にはじまり、前田智徳、野村謙二郎、そして現監督の緒方孝市などなど、“生涯赤ヘル”を貫き、現役中はもちろん、引退後まで地元で愛され続ける名選手が多い。

     堂林には、これらの先輩に続く資質があるからこそ、甘やかされることはない。ルナの復帰すれば先発出場できる機会は減ることになるだろう。今のチャンスを逃してしまえば、また二軍に逆戻りという可能性だってないとは言えないのだ。

     しかし、これらの試練を乗り越えて堂林が一軍のレギュラーを掴んだ時、男は太く強い柱としてチームを支える存在となっているに違いない。

     カープ栄光の背番号「7」―。堂林翔太には、マツダの満開の赤がよく似合う。


     広島は19日、エクトル・ルナ内野手(36)が広島市内の病院で診断を受け「大腿二頭筋挫傷」で加療1~2週間と診断されたと発表した。

     巨人戦(16日、東京D)の走塁中に痛め、今後は大野練習場にて治療とリハビリを行う予定。

     広島の新井貴浩内野手(39)が、19日のDeNA戦(横浜)から、4番復帰することが濃厚となった。16日の巨人戦(東京ドーム)で、エクトル・ルナ内野手(36)が、右太もも裏の違和感を訴えて離脱。この日、指名練習後に緒方孝市監督(47)が構想を明かした。

     「打撃コーチと相談してからになるけど、巨人戦では点が取れなかったからね。開幕からの攻撃をもう一度、できるように明日から4番・新井、5番・エルドレッドで行ってみたいと思っている」

     17日の巨人戦は、4番にエルドレッドを置いた打線で、5安打1得点で惜敗した。相手先発今村の状態も良かったが、開幕から「つなぎの4番」として、ルナが中核を担ってきた打線。現在、打撃好調で、4番経験も豊富な新井に、代役を任せることになりそうだ。

     4番は昨年8月27日の阪神戦(マツダ)以来。新井はこの日、指名練習には参加せず、宿舎で静養に務めた。17日の同戦では、右手首付近に死球を受けたが、一夜明けて症状も快方に向かっているようだ。緒方監督は「トレーナーからの報告も、悪くないようだから」と説明した。

     チームは現在、2連敗中。2000安打まで残り「8本」。指揮官は「彼もカウントダウンで、モチベーションが高い」とし、週末の阪神3連戦(マツダ)中の達成に向けて「地元で決めるのがいいだろうしね。そのタメにも横浜の2試合で、安打を重ねてほしい」と、ベテランにさらなる奮起を期待した。

     ルナの穴が、とは言わせない。広島堂林翔太内野手(24)が三塁レギュラー奪取に燃えている。チームにとって痛手となったエクトル・ルナ内野手(36)の離脱も、堂林にとっては絶好のチャンス。ファームでハイアベレージを残した自信を胸に、レギュラーをつかみとる覚悟だ。

     右に左に、鋭い打球を飛ばし続けた。広島堂林がフリー打撃で快音を響かせた。横浜スタジアムで行われた練習。状態の良さをアピールした。ルナが負傷で離脱し、巡ってきた絶好のチャンス。ここでつかまなければ男が廃る。堂林はレギュラーという目標に向けはっきりと口にした。

     「チャンスなので、ものにしたい。ここでやらないと、ルナが戻ってきたときに(やはりルナだ)となる。しっかりやって、しがみついてでもものにしたい」

     17日の巨人戦(東京ドーム)で1軍に昇格し、即スタメン出場。安打こそ出なかったが、第1打席に巨人村田の好守に阻まれた三ゴロは強烈だった。「いいイメージのまま試合に入れた。悪いという感じではなかった」。ファームでは打率3割5分5厘、1本塁打、10打点をマーク。「この1カ月で悪いときには悪い打球がいくし、いいときにはいい打球がいくというのがすごく分かった」と手応えを口にする。

     緒方孝市監督(47)は競争のなかで勝ち取ることを望んでいるが、堂林は「試合になったら、変なことを考えずにやっている。内容だけじゃなくて結果もやっぱりほしいですけど、全部求めるとだめなので」。絶好のチャンスをつかみとるつもりでいる。

    <巨人6-5広島>◇16日◇東京ドーム

     広島エクトル・ルナ内野手(36)が負傷交代した。


     3回に新井の同点適時打で二塁から生還する際に、右太もも裏を痛めたとみられる。本塁手前で痛め、飛び跳ねるようにしながら懸命に生還した。試合中に都内の病院で検査を受けた。松原慶直1軍チーフトレーナーは「右ハムストリングの違和感。病院では明らかな所見は出ていない。明日の状態を見てからになります」と説明した。

    このページのトップヘ