広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ジェイ・ジャクソン

     広島は29日、ジェイ・ジャクソン投手(30)と来季の契約に合意したと発表した。

     再契約金は50万ドル(約5650万円)で、年俸は今季から12万5000ドル増の100万ドル(約1億1300万円)プラス出来高払い(金額は推定)。来日2年目の今季は60試合に登板して2勝2敗30ホールド1セーブ、防御率2・03。球団を通じ「戻ってくることができて、とてもハッピーな気持ちです。再び広島に優勝を届けたいです」とコメントした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171230-00000025-sph-base

     広島は27日、外国人4選手と来季の契約を更新したと発表した。3年契約の2年目となるクリス・ジョンソン投手(33)は年俸300万ドル(約3億4000万円)。2年契約の2年目となるブラッド・エルドレッド内野手(37)は年俸100万ドル(約1億1300万円)。サビエル・バティスタ内野手(25)は年俸17万5510ドル(約2000万円)、アレハンドロ・メヒア内野手(24)は年俸10万ドル(約1150万円)で更新。4選手はそれぞれ複数年契約を結んでおり、プラス出来高で契約した。

     海の向こうからうれしい知らせが届いた。複数年契約を結ぶ4人の助っ人が来季の契約を更新。エース復権を目指すジョンソンは、「カープでの4年目のシーズンを楽しみにしています。来シーズンは健康な状態を維持し、再びチームを優勝に導きたいです」とコメント。優勝請負人として使命感を燃やした。

     来日1年目の15年は14勝、2年目の16年は15勝を挙げ、沢村賞に輝いた。だが、2年連続開幕投手を任された今季はケガに泣いた。開幕直後に咽頭炎を発症。夏場には左太ももを痛めるなど、離脱を繰り返し、わずか13試合で6勝3敗、防御率4・01。不完全燃焼の1年に終わった。

     同じ過ちは繰り返せない。このオフは健康維持をテーマに掲げ、コンディション管理を徹底。「いいスタートを切れるように、現在はキャンプに備え、トレーニングを頑張っています」と続けた。

     3年連続開幕投手となれば、阪神・メッセンジャー、南海・スタンカに続いて、外国人史上3人目の快挙だ。メッセージの最後は「カープファンの皆さん、いつも熱い応援ありがとうございます」と感謝の言葉で締めくくった。リーグ3連覇へジョンソンの復活は絶対条件。真の復活を遂げ、リーグ3連覇、日本一へと導く。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000029-dal-base

     広島は26日までに、ジェイ・ジャクソン投手(30)に対して3年目のオプションを行使し、契約更新のオファーを出した。年内の締結を目指す。今季は60試合に登板し、2勝2敗1セーブ、防御率2.03。リーグ4位の30ホールドをマークし、主にセットアッパーとして活躍した。


     また、来季の新外国人として「先発と中継ぎ、どちらでもできるタイプの投手」(球団首脳)を調査中だ。複数年契約を結ぶジョンソン、エルドレッドは残留確定。野手はバティスタ、メヒアの成長が著しいことから補強に動いておらず、来季は助っ人6人態勢で臨むことになりそうだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000014-spnannex-base

     37年ぶりのリーグ連覇を飾った広島。2位に10ゲーム差をつける独走劇は、外国人選手の活躍なしには語れない。ほぼ全員が活躍した2016年に比べれば、全体的な貢献度はやや下がったが、エルドレッドやジャクソンは結果を残し連覇に貢献した。

     来日初年度に14勝、そして昨季は15勝をマークし、外国人としては52年ぶりの沢村賞を受賞したジョンソン。今季も開幕投手を任されるなど、大車輪の働きが期待されたが、2度の離脱が響いて6勝にとどまった。今季が3年契約の1年目。来季の巻き返しに期待したいところだ。

     ジャクソンは昨季はセットアッパーとして67試合の登板で球団最多記録となる37ホールドをマーク。今季も60試合の登板で30ホールドと記録し、救援陣の中で欠かせない存在だった。

     先発、中継ぎで50試合に登板した昨年同様の活躍ができなかったのがヘーゲンズだ。11試合の登板にとどまり、0勝0敗で防御率6・60。外国人枠の関係もあって、チャンス自体が少なかったが、結果が残せず今季限りで退団となった。

     投手で唯一新加入のブレイシアも当初はセットアッパーとして期待されたが、26試合の登板で2勝1敗。層の厚い救援陣の中で存在感は薄かった。ヘーゲンズと同様すでに、退団が発表されている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00093547-fullcount-base

     巨人のマイルズ・マイコラス投手の米球界復帰が噂される今オフだが、他にもメジャー球団が“逆輸入”を検討する選手がいるという。米スポーツ局「ESPN」のジェリー・クラスニック記者が自身のツイッターで、広島のセットアッパー、ジェイ・ジャクソン投手に複数のメジャー球団が興味を持っていると伝えた。


     来季はリーグ3連覇、そして悲願の日本一を目指す広島に衝撃のニュースだ。守護神の中崎につなぐセットアッパー、ジャクソンが米球界に流出する可能性が生まれた。クラスニック記者は「複数のメジャー球団が救援ジェイ・ジャクソンに興味を示している」とツイート。2008年ドラフト9巡目でカブス入りし、マーリンズ、パイレーツ、ブルワーズと渡り歩いた後、2015年にパドレスでメジャーデビューした右腕について「最近2年は日本で屈指のセットアッパーになった」と伝えている。

     ジャクソンは今季を終えて帰国する際、来季も広島でのプレーを望む発言をしているが、メジャー契約が勝ち取れるとなれば、気持ちが揺らぐ可能性も十分にあるだろう。今後は広島にとって頼れるセットアッパーの去就にも注目が集まりそうだ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00093501-fullcount-base

     広島のジェイ・ジャクソン投手が3日、帰国した。広島を離れる前、広島駅で取材に応じた。今季を振り返り「リーグ連覇を達成できたことは感慨深いこと。でもポストシーズンでは野球ができなかった」と話した。

     今季も開幕からセットアッパーを任された。6月に一時、調子を落として配置転換されたものの復調して再び「勝利の方程式」メンバー入り。60試合に登板し2勝2敗、防御率2・03で2年目のシーズンを終えた。

     昨季オフに単年契約を結んだ。カープへの思いを報道陣から問われると「(プレーする)機会を与えてもらえるならうれしい。ここに戻ってきて、心の通ったメンバーと戦いたい」と話した。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171103-00000085-dal-base

     広島は、ブレイディン・ヘーゲンズ投手(28)、ラミロ・ペーニャ内野手(32)、ライアン・ブレイシア投手(30)と来季の契約を結ばない方針であることが24日、分かった。ジェイ・ジャクソン投手(29)は新外国人投手の調査と並行しつつ、去就を判断する。

     クリス・ジョンソン投手(33)とは今季から3年契約を結んでおり来季が2年目。ブラッド・エルドレッド内野手(37)も今季から2年契約しており、来季が2年目となる。

     ドミニカ共和国カープアカデミー出身で今季から支配下登録されたサビエル・バティスタ内野手(25)とアレハンドロ・メヒア内野手(24)は今季から6年契約を結んでいる。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00000038-dal-base

     広島のジェイ・ジャクソン投手(29)が16日、マツダスタジアムで行われたナイター練習に参加。18日から始まるCSファイナルSに向けてコンディションは右肩上がりで「順調に準備を進めている。どんどん良くなっている」とうなずいた。

     今季は60試合に登板し、2勝2敗、防御率2・03。安定した投球でポストシーズンでも期待は大きい。チームの勝利のため、「首脳陣の指示に従うだけです。渡されたボールを投げるだけだ」と助っ人は力こぶを作った。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00000110-dal-base

    このページのトップヘ