広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    加藤拓也

     日本野球機構は15日、「フレッシュオールスターゲーム2017」(7月13日・静岡草薙球場)の出場推薦選手89人を発表した。


     イースタン・リーグでは、藤平尚真(楽天)、今井達也(西武)、佐々木千隼(ロッテ)、堀瑞輝(日本ハム)、寺島成輝(ヤクルト)、吉川尚輝(巨人)と今年のドラフト1位選手がズラリ。ウエスタン・リーグも、加藤拓也(広島)、山岡泰輔(オリックス)、大山悠輔(阪神)といったドラフト1位入団の面々が推薦された。

     推薦選手は「出場資格、出場の可能性がある」選手の中から球団が推薦した選手となり、出場が決定しているものではない。

     出場選手は、推薦選手を中心に、12球団2軍監督、各リーグ運営委員長、幹事長、セ、パ・リーグ統括が選考。各リーグ21名ずつが6月30日に発表される。

     各球団の推薦選手は以下の通り(△は新人選手、※は静岡県出身選手)

    【ウエスタン・リーグ】
    ○ソフトバンク
    投手:※小澤怜史、△古谷優人
    捕手:栗原陵矢、△九鬼隆平
    内野手:茶谷健太、△三森大貴、曽根海成

    ○中日
    投手:△丸山泰資、△笠原祥太郎、△藤嶋健人、△木下雄介、吉田嵩
    内野手:△石垣雅海、石岡諒太
    外野手:渡辺勝

    ○阪神
    投手:△小野泰己、△才木浩人、△福永春吾
    捕手:△長坂拳弥
    内野手:△大山悠輔、植田海

    ○広島
    投手:△加藤拓也、高橋樹也、辻空、中村祐太
    捕手:△板倉将吾
    内野手:※桑原樹、X.バティスタ、A.メヒア

    ○オリックス
    投手:△山岡泰輔、青山大紀、△黒木優太、吉田凌、佐藤世那
    内野手:宗佑磨、△岡崎大輔、吉田雄人





    引用元 https://full-count.jp/2017/05/15/post68639/

    <DeNA9-3広島>◇28日◇横浜

     広島は、投手陣が踏ん張れずに敗れた。



     先発のドラフト1位加藤は4回途中までで4安打4失点、5四球と荒れた。

     試合後、広島緒方孝市監督(48)は「試合をつくれなかったね」とコメントした。これで加藤は3連敗。指揮官は次回登板について問われると「予定は未定」と話すにとどめた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-01814978-nksports-base

    ◆DeNA―広島(28日・横浜)

     広島のドラフト1位ルーキー・加藤拓也投手(22)が自己最短の3回2/3でKOされた。

     初回1死一塁で梶谷に先制の右越え2ランを被弾。4回は2死から突如くずれた。2四球と安打で満塁のピンチを作ると、投手のウィーランドに中前へ2点適時打を浴びた。続く桑原に四球を与えたところで降板。3回2/3、4安打、5四球で4失点だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000211-sph-base

     広島のドラフト1位・加藤拓也投手(22)=慶大=が27日、マツダスタジアムで行われた試合前練習に参加。今季4度目となる28日・DeNA戦(横浜)の先発に向けてキャッチボールやダュシュなどで汗を流した。

     前回21日のヤクルト戦(神宮)では6回3失点で2敗目を喫した。この日は、メガネを掛けてグラウンドに登場。「今日買ってきました。前回の登板でサインが見えづらかったので、応急処置です」と万全の状態を整え、2勝目を狙う。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000111-dal-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     広島のルーキーが鮮烈デビューを飾った。本拠地でのヤクルト3連戦では、ドラフト1位の加藤拓也投手(22=慶大)が、あと2死でノーヒットノーランという9回途中1失点デビュー。5日の中日戦(ナゴヤドーム)で一足先にデビューしたドラフト3位の床田寛樹投手(22=中部学院大)も7回途中3失点と好投した。さぞ、刺激しあっていると思いきや、キャラもスタイルも正反対の2人だ。


     床田はあっけらかんと「ほんまにノーノーやってくれって思ってました。めっちゃ応援してて、途中で自分、ファンと一緒やなと思いました」と笑った。試合後には1軍の寮に引っ越してきた加藤と2人「頑張ろうな」と語り合った。「加藤の好投で自分が落ちるかもしれないけど仕方ないです。もっとレベル上げたい」と続けた。

     2人の共通点はコンタクトレンズだ。床田がオープン戦で捕手のサインが見えずにミス。加藤もデビュー戦で直球のサインを見落として変化球を投げた。「あれ見た瞬間、はい、眼科と思いました」と床田。床田の予想通り、翌日に加藤は眼科に向かった。デコボコかつ相性ぴったりの2人。広島の未来は、視界良好だ。【広島担当 池本泰尚】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-01805287-nksports-base

    <阪神4-2広島>◇14日◇甲子園

     広島先発のドラフト1位加藤拓也投手(22=慶大)は6回5安打3失点、8四球でマウンドを降りた。

     立ち上がりの1回に2四球を与えるなど荒れ球。3回には押し出し四球の後、鳥谷に2点適時二塁打を浴びた。以降は粘ってゼロを並べたが、味方の援護も1点のみ。2連勝とはならなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-01807825-nksports-base

    <広島4-1ヤクルト>◇7日◇マツダスタジアム

     広島ドラフト1位の加藤拓也投手(22=慶大)が快投デビューを飾った。ヤクルト相手に9回1死までノーヒットノーラン。87年近藤真一(中日)以来の初登板で無安打無得点の夢は、バレンティンのヒットで破れたが、見事リーグ新人一番乗りの初勝利をつかんだ。


     加藤が野球を始めたきっかけは、実は勉学のためだった。

     幼少期から「東大に行かせたかった」という父弘志さんから英才教育を受けた。3歳と6歳を教育の節目とし、まだ字を読めない3歳時に本を与えられ、6歳時には理解するよう教えられた。母裕子さんからは野菜中心の手料理で栄養管理を徹底された。だが、小学生時代に“肥満体形”と指摘されたため、脳への影響を考慮し、両親はスポーツをやらせることに。最初はサッカーを始めたものの、体形からポジションはゴールキーパーとなり、運動量の少なさに野球に転向することになったという。

     高校時代も、プロ野球ではなく東大を本気で目指した。結果的に内部進学で慶大入り。「大学からプロへ行けなければ、野球をやめる」と父と約束し、就職浪人を覚悟して野球にすべてを注ぎ、12人しかいないドラフト1位でプロ入り。3000人超が入学する東大よりも、狭き門を突破した。惜しくも逃した初登板での無安打無失点は、史上2人目の大記録だった。ド派手なデビュー戦を飾った加藤には、プロ野球界でエリート街道を突き進んでもらいたい。【広島担当・前原淳】

     ◆慶大出身投手の初登板勝利 2リーグ制後、57年3月31日国鉄戦の藤田元司(慶大-日本石油-巨人)、69年4月12日巨人戦の藤原真(慶大-鐘紡-アトムズ)に次いで3人目。藤田と藤原はともに社会人経由の入団でリリーフ登板。慶大から直接プロ入りした投手では加藤が初めて。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-01804277-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島4―1ヤクルト(2017年4月7日 マツダ)

     広島・加藤に尽きる試合だった。2、3回は2四球ずつと制球を乱したが、中盤以降はほぼ完璧な内容だった。


     好投の要因はスプリットに近いフォークだ。これだけフォークを多投できる投手はなかなかいない。よほど、自信があるのだろう。初対戦とはいえ、打者もタイミングが合っていなかった。

     スライダー回転と、シュート回転の2種類。軌道が一定しないことで、打者からすれば的が絞りづらい。右打者にも左打者にも、やっかいなボールと言える。

     カープにとっては楽しみなピッチャーが出てきた。今季は若い投手が1人でも多く必要。加藤がローテーションに入ってくるような状況になれば、心強い。7四球を与えたように、課題はコントロール。四球を出すのは良いが、無駄な四球は減らさねばならない。

     技術的にはリリースポイントのばらつきをなくすこと。走者の有無でも変わってくるが、コツをつかむことができればマウンド上でも修正能力が備わってくる。相手打線も研究する中で、フォークも含めた球種一つ一つの精度を高めていってもらいたい。(スポニチ本紙評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-00000080-spnannex-base

     「広島4-1ヤクルト」(7日、マツダスタジアム)

     広島のドラフト1位・加藤拓也投手(22)=慶大=がプロ初登板初勝利を挙げた。大記録こそ逃したが、九回1死までノーヒットノーランという快投だった。加藤は8回1/3を2安打1失点、7奪三振7四球。以下、加藤のヒーローインタビュー。

      ◇  ◇

     -初登板初勝利。

     「すごくほっとしています。勝てて本当に良かったです」

     -素晴らしい投球だった。

     「初めはすごい緊張していました。延長が続いていたので最後まで投げ切ろうと思っていたのですが、勝てて良かったです」

     -ノーヒットノーランが続き、球場も独特の雰囲気に。

     「会場中の応援が聞こえて心強かった」

     -今日はどこが良かった?

     「フォークがストライク、ボールと投げられたのでそこが一番良かった」

     -バックも守備で盛り立ててくれた。

     「頼もしい先輩たちです。ありがたいプレーが多かった。自分だけの力ではなく、先輩たちの力で0点に抑えてもらった」

     -初めてのお立ち台は。

     「緊張しています。応援多くて。慣れていないので」

     -何を考えて投げていた。

     「自分のピッチングだけに集中しました」

     -ファンにメッセージを。

     「次はもっと四球を減らしたい。ヒットはもっと打たれてもいいと思うんですけど。しっかり投げたいと思います」(ボードの裏に隠れていた鈴木誠也にバケツの水をかけられびしょぬれに)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-01804221-nksports-base

    このページのトップヘ