広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    加藤拓也

    EKTqQnqVUAEgRFI

    284f9c38

     ドラフト1位で入団し、今季4年目を迎えた広島の矢崎拓也投手(25)が1軍での活躍を目指し、試行錯誤を続けている。

     矢崎の最大の武器は力強い直球だ。最速は153キロを誇るが、さらに球速をアップさせるために取り組んでいるのが、骨盤の回旋を意識した投球だ。

     このオフ、IT技術を駆使して野球データ解析を行う(株)ネクストベース(本社・東京)に足を運び、バイオメカニックスや投球理論の話を聞いた。自身の投球フォームも解析してもらい、その中でアドバイスを受けたのは、左足が着地した瞬間にしっかり骨盤を回すことだった。

     上半身と骨盤(下半身)のねじりを利用することで、効率良くボールに力を与えることができる。「今までは左足が着地したときに体が回っていない状態だった」と矢崎。骨盤をスムーズに回転させるため、これまで以上に体全体を使って投げるようにしている。

     長所を伸ばす一方で克服しなければならないのが制球難だ。今春キャンプでは1軍メンバーに入ったものの、2月24日の巨人とのオープン戦(那覇)では直球が高めに浮き、1回を2安打2四球2失点と崩れ、無念の2軍降格となった。

     制球力を向上させるために心掛けているのがストライクゾーンで勝負すること。「相手に振ってもらうことで四球の数も減らせる。ゾーンの中に投げられる確率を上げていきたい」。菊地原2軍投手コーチも「直球だけでなく変化球でもカウントを取れるようになれば。徐々に良くなっている」と話す。

     慶大から16年度ドラフトで1位入団。プロ初登板初先発となった17年4月7日のヤクルト戦(マツダ)では九回1死まで無安打無得点に抑え、初勝利を挙げる鮮烈デビューを飾った。しかし、3年間で手にした勝利はこの1勝のみ。18年は1軍登板がなく、昨季は5試合に終わった。今季は同じ東京六大学リーグ出身の森下(明大)が1位で入団。矢崎も負けてはいられない。

     開幕は不透明な状況だが、それもプラスに変える。「この時間をどううまく使っていくか」と、1軍昇格へ向けてじっくりと課題に向き合っていく。2軍も1勤1休となり、自宅で過ごす時間も増えた。家庭では妻の料理を手伝うなど良き夫だが、家族のためにもグラウンドで結果を残すことが一番だ。

     負けん気の強さと勝負度胸はだれもが認めるところ。背水の4年目。直球のキレと制球力を向上させ、逆境からはい上がる。(デイリースポーツ・赤尾慶太)

     矢崎拓也(やさき・たくや)1994年12月31日生まれ。東京都出身。右投げ右打ち。投手。176センチ、90キロ。背番号13。今季の年俸1000万円(推定)。慶応高では3年春からエースとなり、同年夏は神奈川県大会8強。慶大では2年春に4勝して優勝に貢献した。大学通算24勝12敗。16年度ドラフト1位で広島入団。旧姓は加藤。夫人の籍に入り、19年からの登録名を「矢崎」に変更した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200514-00000066-dal-base

     広島の矢崎拓也投手(25)が6日、大野練習場での2軍通い組の全体練習に参加した。ブルペンに入り、直球を軸に変化球を織り交ぜながら約40球を投げた。

     現在は、課題である制球力向上へゾーン勝負を意識している。「ゾーンの中に入る確率を上げたい。相手に振ってもらわないといけないので」とストライク先行の投球を心掛けている。見守った菊地原2軍投手コーチは「ストライクゾーンに入る確率が大事。変化球でカウントを取れれば」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200506-00000070-dal-base

     広島の矢崎拓也投手(25)が11日、大野練習場での2軍全体練習に参加した。ブルペンに入り、直球を中心に48球を投げた。

     4年目のドラ1右腕は「力がまとまってない感じがしたので、リリースに力を入れたい」と話した。見守った永川2軍投手コーチからフォームについて指導を受け、「上体が先行してしまうので、下半身から(投球に)入るようにしている」と説明した。

     春季キャンプは1軍スタートも2月24日の巨人とのオープン戦では1回を2安打2四球2失点。直球が高めに浮くなど結果を残せなかった。

     力強い速球が持ち味で、課題は制球力だ。「リリースポイントを一定にしたい。いいときの投球を再現してそれを反復できれば」と開幕までの時間を有効に活用し、理想のピッチングを追求していく。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200411-00000092-dal-base

    広島矢崎拓也投手が球質向上に余念がない。1回無安打無失点と好投した前日の紅白戦から、この日はブルペンで77球。

    「感覚は悪くなかったけど、課題を詰めておきたかった」。午後には広島キャンプ名物の坂道ダッシュ。全長50メートルを走りきる例年とは違い、傾斜角度の違う箇所を区切り、本数が増やされた。「(狙いは)瞬発系だと思う。自分みたいなタイプには合っていると思う」と意図を理解しながら坂道を駆け上った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-11040815-nksports-base

     「広島紅白戦、紅組0-7白組」(11日、天福球場)

     白組の2番手で登板した矢崎拓也投手が、存在感を示した。2回を打者6人、パーフェクトに抑えた。

     三回、先頭の野間を二ゴロ。菊池涼を右飛に打ち取ると長野も中飛に仕留め、四回は松山、下水流、堂林を直球で押しねじ伏せた。15球中で変化球は、野間への1球のみで、最速は148キロを計測した。

     好投の矢崎は、「ストレートの制球が課題で、低めに投げられるようにと意識していた。ストライクゾーンの中である程度勝負できたのは良かった。抑えられたので手応えになると思う。今年は少しでもチームの勝利に貢献したい気持ちが1番。戦力になれるように頑張りたい」と投球を振り返った。

     【紅白戦登板投手の最速】

    矢崎  148キロ

    床田  140キロ

    中村祐 138キロ

    藤井皓 140キロ

    山口  145キロ

    薮田  142キロ

    平岡  143キロ

    アドゥワ138キロ

    塹江  141キロ

    遠藤  143キロ



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000142-dal-base

     今季登録名を加藤から変更した広島・矢崎拓也投手(24)が19日、廿日市市内の大野練習場で行われている合同自主トレに参加。ブルペンで今年初めて捕手を座らせて34球を投げ込んだ。佐々岡投手コーチが視線を送る中、順調な調整ぶりをアピール。春季キャンプでは第1クールに予定されている打撃投手から存在感をアピールし、17年以来の1軍となる開幕1軍を目指していく。

     抜群の威力を持った白球が、矢崎の右腕から何度も解き放たれた。今年2度目、捕手を座らせては初めてのブルペンで直球にフォークを交え34球。「悪くなかったと思います」とうなずき、視察した佐々岡投手コーチも「どうすれば低めにいくかとか、下の使い方も試行錯誤してきた。今日も意識してるように見えた」と評価した。

     実のあるオフを過ごしてきた。「ゾーンに入らないと話にならないし、課題なのでそこと向き合った」。秋季キャンプで明るい兆しを見せた制球難の改善へ、現在は投球時に右腰、右股関節が前に出るように植え付けている。また、体重も93キロから4キロ減量し「ゆっくり食べるようにしました。軽い方が力が出る」と納得顔だ。

     1年目の17年はプロ初先発初勝利を挙げるなど7試合に登板したが、昨季1軍登板なし。開幕1軍へ「まず目の前のことをしっかりやっていく」と話す。春季キャンプでは第1クールから打撃投手としての登板機会があり、主に当落線上の投手が登板する予定。矢崎も登板有力で「いい状態で投げないと話にならない」とアピールへ表情を引き締めた。

     登録名は加藤から昨年1月の結婚を機に変わっていた矢崎に今季から変更し、心機一転。「僕らしく頑張ります」とはにかんだ。チームに貢献するべく、背番号13の闘志は燃え続けている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00000033-dal-base

     広島は14日、来季から加藤拓也投手(23)の登録名を「矢崎拓也」に変更すると発表した。ユニホームの背ネームの表記は「KATOH」から「YASAKI」に変更される。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000079-spnannex-base

     広島・佐々岡投手コーチが9日、マツダスタジアムで行われたスタッフミーティングに出席した。

     キャンプのテーマは「底上げと強化」。前日に1軍担当となった佐々岡コーチは「薮田と加藤も競争してもらいたい」と期待を込め、「信頼を自分で勝ち取らないといけない」と話した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000146-dal-base

    このページのトップヘ