広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    アドゥワ誠

     佐々岡真司新監督を迎えた広島は、ドラフト1位の森下 暢仁が新人らしからぬ投球を見せ好投。開幕は延期となってしまったが、よほどのアクシデントがない限りローテーション入りは確実な状況だ。


     エースの大瀬良 大地、そしてクリス・ジョンソンとともに3本柱となりそうな雰囲気さえ漂っている。野村 祐輔こそ離脱しているものの、先発投手3人がしっかりすれば大崩れは考えにくい。

     残りの枠を次世代を担ってもらいたい若い投手たちの台頭で、埋めていきたいところだろう。しかし、チャンスを与えられていた高卒の若手投手たちに結果がついてこない。

     佐々岡監督からもっとも期待されていたと言っても過言ではない遠藤 淳志(霞ヶ浦高校)は、オープン戦初登板となった3月11日のDeNA戦で3回を投げ被安打7、与四球4の内容。60球を要し5失点と散々だった。

     1イニングに3本の本塁打を浴びたのは言い逃れができない。ここで好投できれば、ぐっと先発ローテーション入りが近づくところだったが、抜け出すことはできなかった。

     佐々岡監督も「最後まで競争してもらいたい」と発破をかけるようなコメントを残したが、ここで落第させることはなく、今一度の奮起を促している。

     アドゥワ 誠(松山聖陵高校)は2月24日の巨人戦で3回を投げ3失点。被安打6と打ち込まれての失点だった。その後、オープン戦での登板はなく、3月6日の二軍教育リーグで5回無失点と好投。開幕が延期したことで再びチャンスを与えられそうだ。

     山口 翔(熊本工)は春季キャンプ途中の練習試合で打ち込まれ、二軍に降格したためオープン戦での登板はない。二軍の教育リーグでも登板はなく、開幕時点での一軍入りは厳しい状況だ。しかし、佐々岡監督から期待されていたことはたしか。高卒3年目の飛躍に期待がかかる。

     トミージョン手術からの復帰を目指す高橋 昂也(花咲徳栄高校)はリハビリ中。今シーズン中の一軍復帰を目指している。

     故障からの復帰を目指す高橋を含めた4人の先発候補が台頭すれば、将来も含めて投手陣は安定する。近年、広島の投手陣は大瀬良や野村に九里 亜蓮といった大卒投手に外国人選手が中心だ。高卒の投手では前田 健太が長年エースクラスの投球を見せていたが、それ以外にローテーションを守った投手は大竹寛(現巨人)くらい。

     はたして今シーズンアドゥワや遠藤、山口といった高卒の投手たちは飛躍できるだろうか。与えられたチャンスをしっかりとものにしてほしい。

     広島の高橋大樹外野手(25)が7日、シート打撃でアドゥワ誠投手(21)の初球を左翼スタンドへ放り込んだ。

     「久しぶりの長打。ずっと続けられるように練習していきたい」と高橋大。2012年のドラフト1位で入団。同期の鈴木誠也外野手(25)は侍の4番を務めるまでになったが、いまだ開幕1軍はなし。「なんとか頑張りたい。長打力の確率をもっと上げられれば」と意気込んだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200207-02070161-sph-base

    広島アドゥワ誠投手(21)と塹江敦哉投手(22)が30日、広島市内の広島コンベンションホールで行われた「eBASEBALLプロリーグ 2019セ・パ交流戦後節」のゲスト解説に参加した。



    野球ゲーム「実況パワフルプロ野球2018」を使用したリーグで、日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテイメント共催のプロ野球eスポーツリーグ。プロ野球12球団が実際のプロ野球同様にセ・パ両リーグに分かれ、日本一の座をかけて争われる。

    人生で初めて解説をしたというアドゥワは「めちゃくちゃ難しかった。いい経験ができた」と語った。ゲーム内のアドゥワの特殊能力の中には失投の確率が高くなる「一発」が記されており、「(今季は)要所要所で投げミスがあった。現実でも“一発”をなくしたい」と苦笑いだった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-11300946-nksports-base

     「広島紅白戦、紅組1-0白組」(15日・天福)

     広島のアドゥワ誠投手(21)が15日、紅白戦で2回を無安打無失点と好投した。前日14日のブルペン投球から2段モーションを封印し、一連の動作の中で投げるフォームに変更。さらなる成長を求めての挑戦を継続し、自らの形に変えていく。

     確かな手応えを感じた。アドゥワが三回から2回を無安打無失点。打者6人を完璧に封じた。2段モーションを封印して投じた19球。「腕は振れたかな。打者の反応も悪くなかったと思います」と目尻を下げた。

     四回。林のバットは直球に空を切り、二回に二塁打を放っていた堂林は二ゴロに終わった。最速は142キロながら、打者の体感速度は球速以上。球のキレは、今季までのフォームで投じていたものと遜色なかった。

     「一連の動きの中で力強い球を投げたいと思った」。前日14日にブルペンで急きょフォームを変更。一度上げた左足を、そのまま踏み出すシンプルな形にした。

     昨季は中継ぎで53試合に登板。先発に転向した今季は19試合で3勝5敗、防御率4・32だった。「簡単に通用する世界ではないと分かっている」。2段モーションは球に勢いを付けたいとの考えで昨春から始めたが、さらなる成長を目指し、変化を求めた。

     10日の紅白戦では、2回を無安打無失点ながら制球に苦しんだ。横山投手コーチは「きょうは低めに集まっていた。前回の課題をクリアしていた」と評価。秋だからこそ試行錯誤ができる。右腕はもっと大きな投手になるため、立ち止まらない。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191116-00000023-dal-base

    投稿完了↓

    広島が3年ぶりに「原爆の日」の6日に本拠地マツダスタジアムで試合が開催される。

    先発するアドゥワは「野球ができることが当たり前じゃない。ありがたさを感じながら投げたい」と表情を引き締めた。



    相手は1・5ゲーム差で追う2位DeNA。前回対戦の7月16日は6回4失点だっただけに「やられているのでやり返したい」とリベンジを誓った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190805-08050752-nksports-base

    <阪神1-5広島>◇19日◇甲子園

    ついに広島が、首位巨人にゲーム差なしの勝率4厘差に肉薄した。先発アドゥワ誠投手(20)が7回を4安打0封。打たせて取る持ち味を発揮し、三振0で2勝目を挙げた。一時は借金8を背負い、首位に7ゲーム差と出遅れた王者は、投打の歯車をかみ合わせ今季2度目の7連勝。休養日をはさんだ21日にも、開幕戦以来の首位に立つ。


       ◇   ◇   ◇

    敵地甲子園の左翼スタンドから「アドゥワコール」が沸き上がる。アドゥワは派手に喜ばず、いつものように少しうつむきながらベンチに引き揚げた。5-0の7回の守り。1死から中谷に打たれた中前打を中堅野間が後逸し、打者走者に三塁まで進まれた。「カバーしたかった」。木浪を浅い左飛、代打鳥谷を捕邪飛。いずれも真っ向勝負で凡退させ、7回を無失点で締めくくった。

    雪辱戦だった。前回4月30日の対戦は、同じ甲子園で6四球を出し自滅した。1回に押し出しを含む4四球で先制され、5回3失点。「コースを狙いすぎた」と猛省した。この日の四球はわずかに2つ。三振を1つも取らず、21個のアウトのうち併殺を含めた14個を内野ゴロで奪った。「しっかりとゴロアウトを取れた」と振り返った。

    昨季中継ぎのアドゥワが華麗に転身した。成功の秘密は、3月中旬から2軍のローテで経験を積んだことと、スライダーを本格的に投げ始め、投球の幅を広げたことだ。この日は111球の球数のうち22球がスライダー。「見せ球」と話していたが、1回先頭近本、5回の代打高山など、のべ4人に決め球として使い、すべて凡打に仕留めた。

    広島といえば強力なクリーンアップが売りだが、開幕からチームを支えてきたのは投手陣。防御率3・04はリーグ断トツだ。序盤は大瀬良、床田、野村が奮闘し、ここにきてジョンソン、アドゥワが安定。投打の軸をかみ合わせ、一気に首位を奪う。【村野森】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-05191096-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島5―1阪神(2019年5月19日 甲子園)

     広島のアドゥワ誠投手(20)が阪神戦(甲子園)で7回4安打無失点と好投。プロ初完投勝利を挙げた12日のDeNA戦(マツダ)に続いて自身2連勝を飾り、チームの7連勝&今季初の貯金6に大きく貢献した。

     主砲・鈴木の先制2点適時二塁打などで2回までに3点、4回までに5点と打線の援護をもらうと、あとは危なげない投球。「いつも通りランナー背負ってたんですけど、しっかり要所は締めれたかなと思います」とし、「三振が取れない分、しっかり低めに集めることを一番意識してやってます」と多くの内野ゴロでアウトを重ねた投球について振り返った。

     4月30日の前回阪神戦(甲子園)登板は5回4安打ながらも6四球を与えて3点を失い、敗戦投手。「前回やられてたので、2度同じ失敗はしないようにと思ってやっていたのがいい結果につながって良かったです」と7回で111球を投げ、4安打2四球の投球内容に安どの表情を浮かべた20歳の若鯉。「まだまだな部分が多いですけど、まだ序盤なのでしっかりもっとチームに貢献できるように頑張ります」と最後までしっかりとした口調だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000227-spnannex-base

    <JABA選抜新潟大会:バイタルネット7-0JR秋田>◇第3日・予選リーグ◇3日◇ハードオフ新潟


    バイタルネットはJR秋田に7-0の7回コールド勝ちし、予選リーグ2勝で、今日4日の決勝トーナメント進出を決めた。ルーキーのアルジェリア人を父に持つアドゥワ大(まさる)投手(22=東農大北海道)が先発し、5回を2安打無失点に抑えた。199センチの長身から投げ下ろす豪快な投法が持ち味で、弟誠(20)は広島の投手。“大型”ルーキーは、23日から始まる都市対抗1次新潟大会の登板へ、名乗りを上げた。

        ◇    ◇    ◇

    199センチの長身から投げ下すアドゥワは、JR秋田打線にホームを踏ませなかった。この日の最速は138キロどまりも、長い手から投じられる球は角度があり、威力十分。5回を投げ、許した安打は単打2本だけ。空振り三振も2個奪った。「無失点で投げ切れたのは大きい」と登板を振り返った。

    JR秋田戦の先発は大会前から言い渡されていた。「初回は球が浮いて、そこが気になった」と序盤は緊張が取れなかったが、投げるごとに安定感は増した。大学3年秋に右肩を故障する前にマークした最速145キロは出さなくても、マウンドに立つと威圧感がある。5回無失点を「最低限」と言った加藤正樹監督(53)は「あれだけの球数を投げられたの良かった」と次につながる80球の投球を喜んだ。

    アドゥワの目標は都市対抗(7月)と社会人日本選手権(10月)の出場。都市対抗の1次新潟大会は今月23日から始まる。加藤監督は「相手の勢いを止めたり、味方の勢いを増すような投球に期待する」と長身ルーキーに中継ぎ起用を考えていたが、「まだ誰がどうとは決めていない」と話す。

    「チームのために投げるのが大事。チームに貢献するため、1イニングでも多く投げたい」とアドゥワは言う。先発、中継ぎ、抑えのどこでもチームのために投げるつもりだ。プロ野球、広島で今季、先発ローテーション入りする弟誠の存在は「刺激になる」。全国舞台への出場を果たせば、最大の目標、プロ入りへの足掛かりにもなる。【涌井幹雄】

    ◆アドゥワ大(まさる)1996年(平8)6月11日、熊本市生まれ。東農大北海道から今春にバイタルネット入り。熊本・出水南小3年から野球を始め、福岡・九州国際大付3年時には夏の甲子園出場(登板なし)。大学では1年春からベンチ入りした。199センチ、88キロ。右投げ右打ち。

    ◆アドゥワ誠(まこと)1998年(平10)10月2日生まれ。愛媛・松山聖陵高では3年夏に甲子園出場。16年ドラフト5位で広島入団。今季はここまで4試合に登板し0勝1敗、防御率2・25。通算成績は57試合で6勝3敗、防御率3・46。196センチ、83キロ。右投げ右打ち。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-05030573-nksports-base

    ■広島 8-1 DeNA(12日・マツダスタジアム)

     広島のアドゥワ誠が12日のDeNA戦でプロ初完投勝利を記録した。9回110球を投げて8安打、無四球で失点は本塁打による1点のみだった。序盤から味方の大量援護を受け、持ち味の打たせて取る投球で今季初勝利をマークした。



     リリーフでスタートした今季は、4月中旬から先発に回り、3試合を投げて7回2失点、5回3失点、6回2失点とまずまずの投球をしていたが、打線との兼ね合いで勝ち星はつかなかった。チームがカード勝ち越し、3月30日以来の貯金「1」がかかったこの試合、アドゥワは「とりあえず7イニングを投げることを考えていた」とマウンドに上がった。

     緒方監督が「イニングの入りに球が高くなるのが課題」と指摘したように、3回までに2度、先頭打者の出塁を許し、5回の唯一の失点も先頭の伊藤光に本塁打されたものだった。6回以降も走者を背負う苦しい投球が続いたが、得点は許さず、指揮官も「今日はしっかり修正できていた」と高く評価した。

     アドゥワは「味方がたくさん点を取ってくれて、磯村さんのリードで最後まで投げさせてもらうことができた」とバックの援護に感謝。「低めにある程度、集めることができて、打たせて取ることができた。ムダなフォアボールがなかったのもよかった。ランナーが出ても粘り強く投げることができた」と冷静に自身の投球を振り返った。

     2回には追加点となるタイムリーを自ら放った。「とりあえずバットに当たってくれ、と振ったら一番いい結果になった」と照れくさそうに話した。

     昨季は高卒2年目でリリーフとして53試合登板とフル回転した。「中継ぎが大変なので、長いイニングを投げることを考えた。先発でも昨年の経験が生きている」と、これまでの経験を結果につなげている。佐々岡投手コーチが就任した今季は将来を見据えての先発転向となり、4試合目でようやく結果を残した。「チームが勝ったのが一番」と最後まで冷静だった20歳の長身右腕には、今季は先発としての大ブレークも期待できそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00372618-fullcount-base

    このページのトップヘ