広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    安部友裕

    ○ 巨人 8 - 0 広島 ●
    <6回戦・宇都宮>

     広島が今季2度目の完封負けを食らった。

     広島打線は巨人先発・山口俊に3回までノーヒットに抑え込まれる。0-4の4回一死走者なしから松山竜平がチーム初安打を放つと、鈴木誠也、会沢翼の連続四球で一死満塁のチャンスを作る。しかし野間峻祥、バティスタが連続三振に倒れ、得点を挙げることができなかった。その後、6回以降は一人も走者を出すことができず、2安打完封負けとなった。

     同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた里崎智也氏は「4回の満塁のチャンスで得点できなかったことが、試合を決めてしまった印象がありますね」と振り返り、好調の野間が空振り三振に倒れた場面については「最後3ボール2ストライクからボール球に手を出してしまったのが、若干後悔するポイントになってしまったかなという感じですね。それまでファウルで粘っていただけに残念でしたね」と話した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00153927-baseballk-base

     広島・安部友裕内野手が21日、マツダスタジアムを訪れ、球場に隣接する室内練習場で約40分間の打ち込みを敢行した。

     今季は打率・202と低迷。不振脱却へ、東出打撃コーチが見守る中、迎打撃コーチが投げるボールを黙々と打ち返した。

     安部は「いい練習ができました。東出さん、迎さんもどうにかしよう、何とかしようと思ってくれている。そういう気持ちを裏切らないようにしたい」と恩返しを誓った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00000068-dal-base

     広島・松山竜平外野手と安部友裕内野手が10日、マツダスタジアムで行われた野手指名練習に参加。晴れ渡った空の下、フリー打撃などで汗を流した。

     松山は「昨日も悪くなかったので、やっておきたかった。自分のバッティングをして、結果が出るのを待つだけです」と話した。

     打率・211と低迷する安部は「量を打つことも大事。技術の向上を考えないといけない」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000067-dal-base

     広島・東出輝裕打撃コーチ(37)が8日、三塁のスタメンを競わせると明言した。レギュラーの安部が不振で、雨天中止となったこの日の中日戦は庄司がプロ初スタメンの予定だった。9日には右打者の美間が1軍昇格する。今後は相手投手や調子によって日替わりスタメンとなりそうだ。

    【写真】離脱者が相次ぐ中、首位キープ その選手層の厚さとは

     ゴールデンウイークが明け、三塁サバイバルが勃発した。昨季リーグ4位の打率・310をマークした安部がまさかの不振。ここまで打率・212と低空飛行が続き、雨天中止となったこの日は、ついにスタメンから名前が消えていた。

     「リセットもあるし調子を上げてもらわないと困る選手だから。ヒットを欲しがって、状態も悪い。数字も見えてしまうからね」

     タナキクマル、鈴木に続く真のレギュラーと期待する東出打撃コーチはそう説明した。この日は右打者よりも左打者の被打率が高い左腕・浜口が先発予定だったため、庄司をスタメンに抜てき。9日は予告先発が東と発表され、2軍で打撃好調を維持している右打者・美間の1軍昇格が決まった。

     今後は基本的に三塁は日替わりスタメンとなる見込み。チームでは丸が抜けた中堅も野間や高橋大、下水流らが争う。東出コーチは「常にラストチャンスと言っている」と尻をたたきながら、「経験値を上げるチャンス。こういう機会はめったにないよ」と続けた。

     「悔しさしかない。自分の結果でそうなっている。守備、走塁、打撃。チームの勝利のため切り替えて、やれることをやっていく」

     再び競争の中に身を投じる安部は危機感を募らせて、鋭い視線を前に向けた。安部、美間、庄司、ファームには西川もいる。チームが首位を快走する中、ホットコーナー争いが再び熱を帯びそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000028-dal-base

     「阪神1-5広島」(12日、甲子園球場)

     広島の安部友裕内野手が3安打2打点の活躍で連敗ストップに貢献した。

     0-1の二回。先頭で打席に立ち右翼フェンス直撃の二塁打で出塁。この一打がきっかけとなり、この回3得点。逆転に成功した。

     三回に右中間への二塁打を放つと、3-1の七回無死満塁では、左投手の高橋聡からリードを4点に広げる右前2点適時打を放った。「当たりはゴミでゴミヒットだったけど、Hのランプがついて良かった」。打点は、3月30日の開幕開幕戦以来だ。

     13日からは敵地に移動して巨人と対戦する。一夜にして奪い返した首位を守るためにも、「これに一喜一憂せずにまた、あしたから頑張りたい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000145-dal-base

     広島・安部友裕内野手(28)が21日、開幕スタメン奪取へ、23日からのオープン戦ラスト3試合を勝負の場として存在感を際立たせる決意を示した。前日20日に腰痛症から1軍復帰したばかりだが、残り3試合では結果を求め、走攻守で全力プレーする覚悟。ライバルがひしめく三塁のレギュラーを力で勝ち取る。オリックス戦が雨天中止となったこの日は、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で汗を流した。

     あいにくの雨空となった中、室内練習場で安部は軽快に打撃練習や走塁練習などのメニューをこなした。オープン戦は残り3戦。開幕への全力アピールへ、並々ならぬ思いを言葉に込めた。

     「全部が勝負。キレ良く動けているところを見せたい」

     春季キャンプ中の2月終盤に腰痛症を訴えた。その後は2軍で調整し、ようやく20日のオリックス戦から1軍に復帰して即「7番・三塁」で先発出場。3打数無安打だったものの六回には好守を見せる場面もあり、好状態をアピールした。自身も「ちゃんと動けている」と問題はないことを強調。あとは開幕スタメンへ、結果を求めていくだけだ。

     離脱していた間に、三塁を争うメヒアや美間が猛アピール。不振だった西川も調子を上げてきた。安部がレギュラーの最右翼ではあるが、競争の場にしばらく立てなかっただけに危機感も募らせる。「オープン戦だから(調整)と言ってられる立場じゃない。とにかく結果を出さないと。シーズンと同じように臨む」と熱い闘志を燃やした。

     残りのオープン戦は、昨季日本一に輝いたソフトバンクとの3連戦。好投手も多いだけに、そこでの好結果がアピールにもつながる。特に23日は相手先発が千賀と予想されるが、「真っすぐも変化球も一級品。打ちたい」と言い切る。追い込まれた時の打撃など課題を挙げる中、侍ジャパンに名を連ねる右腕を攻略し、一気に開幕へ弾みをつけてみせる。

     東出打撃コーチからは「安心感が違う」と総合力を評価される存在。打ちまくることはもちろん「レギュラーを目指す上で、打つだけじゃダメ。一つがおざなりになるのは絶対に嫌」と守備、走塁でも万全であることを証明し、「走れるところはどんどん走っていきたい」と積極的に次の塁も狙っていく。

     昨季三塁スタメンでチームトップの85試合に出場し、リーグ4位の打率・310をマークした28歳。抜群のプレーを見せることで、相手投手の左右関係なしに開幕から定位置を手にしたい。全身全霊を傾け、ラスト3試合へ臨む。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/03/22/0011090377.shtml

     広島緒方監督がキャンプ終盤に故障離脱した安部とバティスタについて言及した。

     マツダスタジアムに姿を見せ、2人の1軍合流時期に「まだまだ。2軍でしっかり試合に出てから」との考えを明かした。左手の骨挫傷のバティスタは前日4日の教育リーグ中日戦に出場。指揮官は「いろんな事情。守りの練習も兼ねてね」と話した。腰痛症と診断された安部は、今日6日に2軍合流。「大丈夫。ガッと上げていく」と意気込んだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180306-00142484-nksports-base

     春季キャンプ終盤に腰痛を発症した広島・安部友裕内野手(28)が5日、マツダスタジアムを訪れ、順調な回復を明かした。


     「もう大丈夫です。動けるので。ここからガーッと上げていきたい」。今後は2軍戦に出場し、1軍復帰を目指す。

     昨季は打率・310をマーク。勝負強い打撃でチームを支えた。リーグ3連覇に欠かせない存在だけに、早期復帰が待たれる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00000111-dal-base

    このページのトップヘ