広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    安部友裕

    ■スコアの余白 番記者のつぶやき

     プロ入り10年目、時の人となった。広島の安部は5月26日の巨人戦で規定打席に達すると、打率3割5分1厘でいきなりセ・リーグの首位打者に立った。


     そんな27歳の内野手にはお決まりのフレーズがある。本拠マツダスタジアムのお立ち台で、自身を変えてくれた一言を叫ぶ。

     「覇気で打ちました」

     2007年秋の高校生ドラフト1巡目で福岡工大城東高から入団。能力の高さは誰もが認めるが、なかなか芽が出なかった。

     いつの間にか同学年の3人に後れをとっていた。同じドラフトで3巡目の丸、そして大卒の菊池、社会人出身の田中が先発に定着した15年には、26試合の出場に終わった。「悔しかったです」。2軍でもがいているときに、東出1軍打撃コーチ(当時は選手兼任の2軍野手コーチ補佐)に言われた。「お前、覇気がねえな」

     気持ちを前面に押し出すようになり、成績も付いてきた。25年ぶりにリーグ制覇した昨季は主に三塁手として、自己最多115試合に出場した。今季のキャンプでも、前向きな姿勢は変わらなかった。「練習へ取り組む姿勢を考えている」。球団が新外国人内野手を獲得すれば「かかってこい、ペーニャ」と叫びながら、素振りを繰り返した。

     苦手な左投手を克服すれば、さらに怖い選手になる。出遅れた「タナキクマル世代」のドラ1が今、猛烈に巻き返している。(広島担当・吉田純哉)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170603-00000033-asahi-spo

     広島・安部友裕内野手が26日の巨人戦(東京ドーム)で規定打席に達し、セ・リーグの首位打者に躍り出た。


     2007年度高校生ドラフト1位指名で福岡工大城東から広島のユニホームに袖を通した。身体能力が高く将来の遊撃手として期待された。2軍で結果を出し11年に1軍初昇格。12、13年に2年続けて100打席以上の1軍出場を果たしたが、14年にはわずか3試合、3打席に終わった。

     14年は遊撃に大学、社会人を経て入団した同級生の田中広輔内野手がレギュラーをつかみ、二塁も大学出で同級生の菊池涼介内野手が守る。2人に押し出されるように2軍暮らしが続いた。

     そんな安部に転機が訪れた。14年オフに広島に復帰した新井貴浩内野手の存在だ。左の中距離ヒッターである安部と05年に本塁打王に輝き、昨年まで306本塁打を放った右の大砲の新井。タイプは違うが、新井のバットを譲り受け、打撃練習を繰り返した。

     15年は安部モデルと新井モデルのバットを併用したが、16年には15年の新井モデルを使用した。15年のみ背番号「28」を背負った新井。16年に安部が使用したバットには「C28」と刻印されていた。シーズン中に「あと5本しかないんですよ」と大事そうに「C28」とグリップエンドに刻印されたバットを持っていた姿が、今も思い浮かぶ。

     新井バットで昨年、キャリアハイの成績を残した。115試合に出場し、外国人のルナらと併用される形で主に三塁手として259打数73安打、打率・282の数字を残した。昨年を足掛かりに今季は三塁を主戦場にしながら好調な打撃を生かして一塁なども守っている。

     残り5本だった新井バットは「シーズンが終わるときには1本しか残ってなかった」という。今季のバットは「去年と型は同じ」と、自身が愛用するメーカーに新井バットと同じ型を発注した。「今はたくさんバットがありますよ」。グリップエンドに自身の背番号が刻印された新井型バットを相棒に安打を量産する。(デイリースポーツ・岩本 隆)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00000046-dal-base

    <巨人2-7広島>◇26日◇東京ドーム

     広島が快勝。首位阪神にゲーム差なしまで肉薄した。試合後、緒方孝市監督(48)は先発岡田について「マイコラスから序盤は取れそうになかった。よく投げてくれた。走者を出したが、しっかり抑えてくれた」と評価した。

     先制点は4回の菊池の3号ソロ。「大きかった。ものすごく大きかった。甘い球をしっかりとらえてくれた。先に点を取れたから、勢いが出た」と話した。規定打席に到達し、首位打者となった安部に対しては「今からが勝負。こっちも1打席1打席、結果だけを見ているわけじゃない。ただそれだけの数字が残っているということは、彼が目指す打撃を積み重ねてきたということ。このまま続けてほしいね」と笑った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-01830194-nksports-base

     「巨人2-7広島」(26日、東京ドーム)

     広島・安部友裕内野手が規定打席に達し、打率・351で首位打者に躍り出た。

     「5番・三塁」で先発出場しこの試合で5打席立った。二回の1打席目に三塁打、六回の3打席目には中前に2点適時打と2安打2打点の活躍で勝利に貢献した。

     2007年度の高校生ドラフト1位で福岡工大城東から入団した10年目の内野手。昨年、自己最多の115試合に出場し、打率・282を残し、飛躍のきっかけをつかんだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000168-dal-base

     広島は今年4月から来年3月に28歳になる「89年組」がやたらと元気だ。

     田中、菊池、丸の1、2、3番トリオに加え、23日のヤクルト戦で先発した野村もそう。そしてこの日、2-2の同点で迎えた五回に決勝の適時打を放ち、お立ち台で喜びを見せた安部友裕(27)も今季、いよいよブレークしつつある。

     07年、唐川(ロッテ)の外れ1位で福岡工大城東高(福岡)から入団し、今年で10年目。昨季、自己最多の115試合に出場し、打率.282、6本塁打、33打点と飛躍のきっかけをつくった。

     主に右投手が先発時にスタメン出場。規定打席にわずか2打席足りないが、打率・352は現在の首位打者、巨人の坂本の.335を大きく上回る隠れ首位打者として君臨。8盗塁もリーグ3位タイにつけている(数字は23日現在)。

     石井打撃コーチが「もともと引っ張ることに関してはいいものを持っていた。今年は内側からバットが出るようになって、ショートの頭を越えるいい打球が飛んでいる。広角に打てるようになったことが率を残せる要因になっている。このままの状態を維持できるかどうかが今後の課題です」と話せば、走塁面に関して玉木内野守備走塁コーチは、「反応よく、ちゅうちょせず走れるのがいいところ。ベンチでもしっかり観察し、研究している。田中、菊池、丸と比べても、走る部分ではヒケはとらないと思います」と言う。

     安部は「常に現状に満足せず、チームが勝つことに集中して、自分を戒めることを意識しています」。相手先発が左投手でもスタメンで出られるようになれば、いよいよ本物だろう。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000014-nkgendai-base

     12球団一の得点力を誇る広島打線で、安部友裕内野手(27)が今月中にも規定打席に到達し、打率トップに立ちそうな好調さを見せている。


     阪神との開幕2戦目でサヨナラ内野安打。今月18日のDeNA戦では逆転打を放ち、勝利に貢献。打率3割5分5厘。規定打席(136)に2打席足りないが、現在1位で3割3分6厘のマギー(巨人)を上回る。

     主に三塁だが、新井が休養すれば一塁、菊池が欠場した際は二塁。最近は5番に入り、8盗塁を決めた足もあり、首脳陣の選択肢を広げている。

     福岡工大城東高から高校生ドラフト1巡目で入団して10年目。上位打線の田中、菊池、丸とは同学年。1、2軍を行き来していたが、昨季は三塁に故障者が出てチャンスをつかみ、115試合に出場した。今季も相手先発が左腕の場合は途中出場がほとんどだが、先発した28試合で無安打は3試合だけ。

     オープン戦では結果を欲しがって空回りしたが、「センター中心に」を心掛けた開幕後は、逆方向への安打も増えてきた。石井打撃コーチは「去年までは1打席目の結果を引きずっていたが、今年は試合中に修正できている」と評価する。

     「数字が変動する打率ではなく、増えるものを意識している」と安部。打席数とともに安打や四球を積み重ね、好成績につなげるつもりだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00000064-jij-spo

    <広島9-2DeNA>◇18日◇マツダスタジアム

     1回に2点を先制されながら、その裏に鈴木と安部の連続適時打などで一挙4点を奪い、試合の主導権を奪い返した。その後も丸やエルドレッドの本塁打などで追加点を奪い、DeNAを突き放した。大勝で2カード連続勝ち越しの広島緒方孝市監督の談話は以下の通り。



     -先制された直後に打線が逆転した。

     緒方監督 野手が初回からしっかりと若い投手を勇気づける攻撃をしてくれた。2本の本塁打など効果的な追加点もあり、いい得点の仕方だったと思います。

     -前日9回に守備でミスをした鈴木や安部が打撃で結果を残した。

     緒方監督 そこはひきずることなく、次の日しっかり切り替えて。ミスはつきものなので、その試合で挽回できるか、その次の試合で取り戻すのかどうか。そういう姿が見られる選手がレギュラーに近づく。ミスしても取り戻して、挽回する姿を見せてくれるのは、成長している証拠。

     - 中村投手も粘った。

     緒方監督 入りが悪かったけど、ちょっと期間も空いて難しさがあるにしろ、言い訳にはならない。次の課題は入り方。初球から自分の球を投げられるように、意識を持って練習して次の登板機会を待って欲しい。とりあえず中(継ぎ)に入れるか、先発枠にするのか他の投手を見ながらの起用になると思う。

     - 逆転負けの翌日に逆転勝利し、2カード連続の勝ち越しとなった。

     緒方監督 昨日は昨日。1戦1戦いかに切り替えるか。今日は終わったんだから。明日しっかり、我々の守り勝つ野球をやるだけ。それだけだから。引きずっても仕方ない。反省はするよ。勝っても負けても反省。そういうことです。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-01825653-nksports-base

    このページのトップヘ