広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    安部友裕

    【始まりの鐘が鳴る~カープ日本一への道~廣瀬純】「覇気で打ちました!」

     この絶叫で今やチームの人気者になった安部友裕内野手(28)(右ふくらはぎ打撲箇所の血腫除去により現在はリハビリ中)。今季は昨シーズンの出場試合数(115試合)を上回る出場(123試合)で打率3割以上を維持。プロ10年目でようやく田中、菊池、丸ら同世代選手と肩を並べた感があります。

     2007年のドラフト1位。プロ入り前から走攻守揃った万能選手として注目されていました。もっと早くレギュラーとして活躍してもおかしくなかった逸材です。ブレークが遅れた理由は自らが言う「覇気」が大きく関係しています。

     数年前までの安部には「一軍に上がって活躍する」という強い意欲が感じられませんでした。コーチにノックや特守を命じられても常に惰性的。打撃練習も「数をこなす」だけで目的意識を持っているようには見えませんでした。

     田中、菊池、丸らライバルが次々にレギュラーに定着する中、ひとり二軍でもがき苦しんでいた焦りもあったのでしょう。次第に腐り始め、いつしか周囲からは「安部は本当に大成するのか」。不安の声が漏れるようになっていました。

     そんな彼を放っておかなかったのが当時二軍で指導していた東出(輝裕=現一軍打撃コーチ)でした。

     将来的なチーム内野陣の底上げを考えると、三拍子が揃う安部の存在は不可欠。15年シーズン、東出は鬼軍曹役を買い、安部の体内に潜んでいた弱さを一掃しようと試みました。その気持ちを伝えるべく練習中に出た言葉が「お前、覇気ないな」というひと言。東出が安部に奮起を促した究極の“愛のムチ”だったのです。

     安部もそのひと言で我を見詰め直したのでしょう。以後は、見違えるように精力的に練習をこなすようになりました。ノック一つとっても声を張り上げ、一球一球を大事に捕球する。生まれ変わった安部はこうして、レギュラーをつかめる位置まで上り詰めてきたのです。今でも「覇気」を絶叫するのは当然、東出に足を向けて寝られないはずです(笑い)。

     僕も現役中に何度か安部と食事に行きました。彼に相談を受けた際には、自分の経験を交え、こう忠告しました。
    「俺だって逆指名でプロ入りしたのに、規定打席到達までに10年かかった。お前だってやれるよ」

     安部が「下を向いてたってしょうがないですよね」とつぶやいていた姿が今も脳裏に焼き付いています。だからでしょう。彼の活躍を見るたびに自分のことのようにうれしく思えてきます。

     盗塁のスタートや守備時の球際の弱さなど、安部には課題もありますが、その分伸びしろも多い。苦節10年を無駄にしないよう、彼には今以上の努力を続け、広島を代表する選手として長くプレーしてもらいたいです。 
     (終わり)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171015-00000003-tospoweb-base

     「練習試合、広島11-0三菱重工広島」(12日、マツダスタジアム)

     広島・西川龍馬内野手(22)は右翼方向へ伸びる白球を、ゆっくりと目で追った。三回。1点を奪い、なおも2死一、二塁。フルカウントからの内角球を迷わず振り抜いた。うまく肘をたたみ、体の回転で運んだ3ラン。「打ち損じなく打てたのは良かった」と汗をぬぐった。

     「最近、右投手から打てていなかったので、打ちたいと思っていた」。二回の右前打を合わせて2安打3打点。自ら設定したテーマを確実にクリアした。18日からのCSファイナルSへ向け、調整が順調に進んでいることを示した打席だった。

     試合前には「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」に出場する侍ジャパンのメンバーに選出された。日の丸を背負うのは、15年の社会人日本代表以来、2度目になる。「打撃でアピールしたい。どれだけ対応できるか楽しみ」。自らの現在地を知る上でも貴重な経験になる国際大会に声をはずませた。

     シーズン終了後の練習から特打を行うなど、バットを振り込んできた。打撃状態は上向きで、視界は明るい。「振れてきている。何とか結果を残して、チームに貢献したい」。離脱中の安部に代わって三塁でのスタメン出場が濃厚。巧みなスイングで勝利を呼び込む。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/10/13/0010638246.shtml

     「右ふくらはぎ打撲箇所の血腫除去」で9月26日に出場選手登録を抹消された広島・安部友裕内野手(28)のCSファイナルステージでの復帰が9日、絶望的となった。

     1軍首脳陣が「切ってしまっている。(CSでの復帰は)無理じゃないかな」と見通しを語った。安部は正三塁手として今季打率・310、4本塁打、49打点と活躍。チームは右足首骨折の鈴木に続いて、レギュラー2人を欠いて、CSを戦うことになる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000510-sanspo-base

     広島のアレハンドロ・メヒア内野手(24)が27日、残り3試合でのアピールを誓った。

     前日26日に三塁の安部が「右ふくらはぎ打撲箇所の血腫切除」のため出場選手登録を抹消され、CS出場は微妙な状況となった。代役候補にドミニカンの名前もあがる中、「チャンスをもらったら一生懸命やります。(三塁の守備には)自信がある」と力強く言った。

     この日のヤクルト戦は雨天中止。マツダスタジアムに隣接する室内練習場で汗を流し、「低いボールを振っただダメ」と言い聞かせるようにバットを振り快音を響かせていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00000080-dal-base

     広島安部友裕内野手(28)が26日、出場選手登録を抹消された。「右ふくらはぎ打撲箇所の血腫除去」のため。

     安部はリーグ優勝を決めた18日の阪神戦(甲子園)でメンドーサから右ふくらはぎに死球を受けていた。25日に広島市内の病院で血腫除去の処置を行った。

     松原1軍チーフトレーナーは「筋肉と筋膜の間に出来た血腫を昨日除去し、経過観察で入院しています」と説明。筋肉に損傷はないが、今後肉離れなどを起こしやすくなるため、処置に踏み切った。安部は今季123試合に出場。打率3割1分、4本塁打、49打点をマークしていた。全治は不明。クライマックスシリーズ出場は微妙になった。
    引用元 https://www.nikkansports.com/baseball/news/201709260000442.html

    「上位の方がつないでくれた。無駄にしないようにという思いで打席に入りました」

     お立ち台で球場を埋め尽くした赤ヘルファンから大喝采を浴びたのは、7日の阪神戦の五回に決勝の三塁打を放った安部友裕(28)だ。

     2位阪神との直接対決3連戦すべてで殊勲打をマーク。初戦はサヨナラ本塁打で、2戦目も貴重な同点打。逆転優勝を狙った阪神に事実上の引導を渡す3タテに大いに貢献した。

     福岡工大城東から2007年ドラフト1位で入団。10年目を迎え才能が本格的に開花した今季、チームトップの打率.314はリーグ3位。現在、首位打者のマギー(巨人)とは4厘差でタイトルも狙える位置にいる。

    ■遅咲きのドラ1

    「苦節10年といっていい。大型遊撃手として入団したものの、当時の遊撃は梵が君臨。同期の丸がレギュラーに定着し、遅れて大卒で入団した同学年の菊池、田中が主力の座を掴んでいく中、13年には梵の故障で遊撃での出場機会を得るも結果を残せず、14年、15年の2年間はなかなか出番に恵まれなかった。わずか29試合出場にとどまり、本人は『腐りかけていた』と言っていたほどです」(放送関係者)

     転機が訪れたのは昨年。三塁手の助っ人のルナが故障で離脱したチャンスを逃さず、三塁に定着。自己最多の115試合に出場し、脇役ながら25年ぶりのリーグ優勝に貢献。今季は一塁、三塁で併用されつつ、試合に出続けている。広島OBが言う。

    「これまで多くの選手と定位置を争ってきたタフさがある。三塁ではルナや堂林に加え、今季は新外国人のペーニャもライバルだった。社会人出身2年目でチームメートから『打撃は天才』と言われる西川が三塁を守る機会もあるし、一塁は新井、エルドレッドという大物がベンチに控えている。安部自身、ウカウカしてはいられないという意識は強いと思います」

     広島では04年、安部と同じ高卒10年目の「赤ゴジラ」こと嶋重宣(現西武コーチ)が首位打者を獲得するなど大ブレークした。遅咲きのドラ1はカープの連覇達成に欠かせない存在になった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00000018-nkgendai-base

    <広島6-4阪神>◇7日◇マツダスタジアム

     新・神ってる男がまた打った。広島安部友裕内野手(28)が5回2死一塁、左中間へ勝ち越しの適時三塁打を放った。2位阪神を相手に3連勝を決める殊勲打。緒方監督が今季の推しメンに挙げる男の活躍で、2年連続のクライマックスシリーズ(CS)進出を決め、リーグ連覇へのマジックを8とした。最短の優勝は12日。いよいよゴールが見えてきた。

     広島がまた風を吹かせた。同点に追いついた後の5回2死一塁。勢いに乗った安部は阪神秋山の内角フォークをすくい上げた。強引になることなく、華麗に逆方向へ。打球は飛び込んだセンター中谷のグラブの先を抜けた。安部は快足を飛ばして一気に三塁へ。滑り込んでド派手なガッツポーズを決めた。「本当にうれしかった。自然と出た」と満面の笑みで表現した。

     劣勢をひっくり返した。先発ジョンソンが不調で1回に3点を献上。1回の攻撃中に雨天による25分の中断も挟んだ。集中力を保つのも難しい展開。安部は2回1死からチーム初安打となる安打を右翼へ。田中の2ランで1点差に迫った後の4回には先頭で左翼へ二塁打を放っていた。そして勝ち越しの三塁打。「一番だめなのは三振。逆方向しかないと思った」と頭の中を明かした。

     「攻撃こそ最大の防御。最後まで攻めて勝つ!」。選手サロンに置かれたホワイトボードに似顔絵付きで石井打撃コーチが書いた言葉だ。これまでと違うのは、吹き出しの主。これまでは河田外野守備走塁コーチのイラストが書かれていたが、その上から松山の顔写真が貼られ「マッちゃんの今日の一言」と書かれていた。柔らかく、雰囲気に乗せて有言実行。攻撃陣の結束力が試合でも出た。

     いちるの望みを持ちマツダスタジアムに乗り込んだ阪神をやっつけた。チームは6連勝で貯金は32。優勝へのマジックは一気に8まで減った。2年連続のCS進出を決め、連覇へもカウントダウンだ。緒方監督は「独特のムードのなかで後押しを受けて、選手も乗せられるように、チャンスでたたみ掛ける攻撃が出来ている」とうなずいた。追い風がビュンビュン吹いている。【池本泰尚】

     ▼広島がオール逆転で阪神に3連勝。広島の逆転勝ちは両リーグ最多の今季37度目。45度の逆転勝ちを記録した昨年の広島は、オール逆転の3連戦3連勝が6月17~19日オリックス戦しかなかったが、今季は4月11~13日巨人戦、5月2~4日中日戦に次いで3度目だ。これでマツダスタジアムでは43勝17敗1分け、勝率7割1分7厘。今季も本拠地で強く、昨年マークした本拠地球場49勝の球団記録にどこまで迫るか。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-01884448-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島6―4阪神(2017年9月7日 マツダ)

     広島・安部友裕内野手(28)が3夜連続の殊勲打で、チームのリーグ連覇を加速させた。

     2点を追う4回同点とし、なおも2死一塁で秋山から左中間を破る決勝の適時三塁打。ベース上でベンチに向かって両手を突き上げたヒーローは、お立ち台で「(打線の)上位の方がつないでくれた。それを無駄にしないようにと打席に入った」と冷静に振り返った。

     この日の夜も神っていた。5日の逆転サヨナラ2ラン、6日には2戦連続のサヨナラ勝ちを呼ぶ8回同点打を放った。3日連続の殊勲打で、負傷離脱した“元祖神ってる男”主砲・鈴木の昨季の活躍をほうふつさせた。

     あと本塁打が出ればサイクル安打だったが、「そういったことは一切考えていなかった。戒める気持ちを持って打席に入っていました」と安部。2位・阪神に同一カード3連戦3連勝。マジック再点灯から3日で一気に6つ減らしM8とした。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00000131-spnannex-base

    このページのトップヘ