広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    サビエル・バティスタ

     広島ひと筋に17年間プレーし、昨季限りで現役を引退したプロ野球解説者の天谷宗一郎さん(35)が18日、自身のブログを更新。ドーピング検査で陽性反応を示したことにより、前日17日に出場選手登録を抹消された広島のサビエル・バティスタ外野手(27)について思いをつづった。

     「バティスタが初めて日本に来た時から一緒に練習をしてきました。第一印象はデカくてまじめ。それは今も変わっていません」とまずは昨季までともにプレーした元チームメートの印象について記した天谷さん。

     「キャンプでは日本人の若手と一緒に朝から晩まで猛練習」していた大事な仲間。「そんなバディが。今は最終結果待ちです。今の段階では、何とも言いにくいですが一緒にやってきた身としては本当に信じられません」と複雑な胸中を明かした。

     バティスタは6月上旬に実施された検査で陽性反応があり、別検体での再検査でも16日午後9時に再び陽性が確認された。17日午前に横浜から帰広。2軍の練習参加も認められず自宅謹慎を命じられ、今後は希望する弁明機会を経た後、開かれる調査裁定委員会で裁決される。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00000187-spnannex-base

     広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(62)が18日、自身のブログを更新。古巣・広島のサビエル・バティスタ外野手(27)がドーピング検査で陽性反応を示したことにより、前日17日に出場選手登録を抹消されたことについて言及した。

     まずは冒頭で「昨日は色々とありすぎて会議も心ここに在らずだった」「まだ修行が足りんなと思う次第です」と自身も大きな衝撃を受けたことを明かした北別府さん。

     続いて「普段飲んでいる薬や健康食品でさえ、医者と連携を取ったトレーナーに尋ねてから飲むという習慣がありました」とした上で「ただし、外的に?使う目薬や皮膚の塗り薬などは相談していなかった事を思い出しました」と自身の現役時代を回想した。

     バティスタは6月上旬に実施された検査で陽性反応があり、別検体での再検査でも16日午後9時に再び陽性が確認された。17日午前に横浜から帰広。2軍の練習参加も認められず自宅謹慎を命じられ、今後は希望する弁明機会を経た後、開かれる調査裁定委員会で裁決される。

     「まだ、結果が分かるまでは不用意な事は言えませんが、私はバティスタを信じて結果を待ちたいと思っています」。北別府さんはそうブログを締めくくった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00000186-spnannex-base

     【球界ここだけの話】

     今月17日に、日本野球機構のドーピング検査で陽性反応が出たとして出場選手登録を抹消された広島のサビエル・バティスタ外野手(27)の問題で、波紋が広がっている。広島市のこども文化科学館では、同選手が出演しているプラネタリウム「太陽系シリーズを制覇せよ!」の上映が中止となった。

     同館の担当者は「当日の朝、球団から連絡をいただきました。中止はやり過ぎではないかという意見もあったのですが、教育の場ということで、中止という判断になりました」と肩を落とした。

     マツダスタジアムに通じるカープロードの大型パネルは撤去され、グッズショップや公式通販サイトからも背番号「95」のユニホームなどの商品が姿を消した。ドミニカ共和国のカープアカデミー出身で、抹消時点でチーム最多の26本塁打をマークしていた人気者だっただけに、その影響は計り知れない。

     現在は自宅謹慎中で近日中に正式に処分が決まる。過去6人の事例で比較的軽い処分だったのが、2011年の中日・井端弘和氏で、医療目的が主因(目の疾患の治療薬に禁止薬物の成分が含まれていた)としてけん責処分。重いのはことし6月のオリックスのジョーイ・メネセス内野手=契約解除=らで、筋肉増強剤が検出され、1年間の出場停止処分、そのまま契約解除となった。

     ドーピング検査で禁止物質が検出されれば、選手の意志に関わらず違反となる。春先に花粉症に悩まされる若手選手は「市販の薬は飲めないです。(ドーピングに)引っかかるかもわからないので」。別の中堅選手は「シーズン中は口に入れるものに気を使いますね。特に海外のものは何が入っているか、わからない。病院に行くときは禁止物質が記載されている手帳を持ち歩いています」と対策の一端を語る。

     球団も選手に市販の薬や成分表記が不正確な海外製のサプリメントを使用しないように呼びかけ、チーム内では禁止物質の入っていない薬やサプリメントを常備するなどして対策しているが、問題が起きてしまった。セ・リーグ4連覇を狙うカープに激震が走ったバティスタ問題。どのような形で収束するのか、注目される。(柏村翔)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00000516-sanspo-base

     広島は17日、日本野球機構(NPB)のアンチ・ドーピング委員会からサビエル・バティスタ外野手(27)がドーピング検査で陽性反応を示したとの通知を受けたと発表した。同日に出場選手登録を抹消した。今後については調査裁定委員会の裁決を待って発表されるが、屈指の人気球団としてのイメージも、4連覇へ向けての戦力も、大幅ダウンは避けられそうにない。



     首位巨人を追走する広島に激震が走った。午後3時前、大型バスで球場入りしたナインの中に、バティスタの姿はなかった。ベンチの打撃メニューボードも背番号95のマグネットは外されていた。異様な雰囲気の中で練習は始まり、午後3時半にバティスタがドーピング検査で陽性反応を示したため、出場選手登録を抹消すると、球団から発表された。

     遠征先の横浜で対応した鈴木球団本部長は「発表の通りです」と認め「本人もショックを受けている。検査の過程にはいろいろ段階があって、最終的に昨日(16日)の試合後に連絡があった」と説明した。「結果として、とても残念。戦力的に痛い?当然そうだけどそれは仕方ない」と沈痛の面持ちで話した。ナイン、スタッフらには球場到着後に説明。バティスタはこの日の朝に広島へ帰し、自宅謹慎としたという。

     NPBによると6月初旬に、バティスタに対して、最初の検査を実施。前日16日の午後9時に分析班からB検体の報告があり、広島に通知した。バティスタが異議申し立てをしているため、薬物の詳細は公表していない。

     バティスタは今季ここまで103試合に出場、打率・269、チームトップ26本塁打、64打点を記録。シーズン途中から3番に定着し、赤ヘル打線を引っ張っていた。

     球団にとっても痛恨だ。ドミニカ共和国にあるカープアカデミー時代に才能を見いだし、2015年秋に練習生として初来日。育成選手を経て、2017年にブレークした。他の日本選手と同様に手塩にかけて育ててきただけに、今回の一件が事実であれば、裏切られたことになる。

     同日行われたDeNA戦でのオーダーにも苦悩の色がにじみ出た。バティスタ離脱を受けて、鈴木が3番に繰り上げられ、一塁にはメヒアが入った。八、九回に鈴木、西川の本塁打で3点を挙げたが、反撃の遅さは否めない。勝負の夏にバティスタの存在は不可欠だったはずだ。“バティショック”のダメージは計り知れない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00000032-dal-base

     日本野球機構(NPB)は17日、広島のサビエル・バティスタ外野手(27)がドーピング検査で陽性の結果が出たと発表した。検出された薬物名などは調査の途中として明らかにしなかった。広島は同日、バティスタの出場選手登録を抹消した。今後、NPBのアンチ・ドーピング規定に基づき、週明けの19日から実働10日以内にバティスタ側に弁明の機会が与えられ、弁明から同20日以内に調査裁定委員会が処分を決定する。

     NPBによると、バティスタは6月上旬に検査を受け、A検体から禁止薬物が検出された。その後、B検体も陽性反応を示し、検査機関から報告を受けたNPBが16日夜に広島に通知した。

     バティスタはドミニカ共和国出身。同国で広島が運営するカープアカデミーを経て2016年に入団した。18年には99試合に出場して25本塁打を放ち、今季も103試合に出場して26本塁打をマークしている。通算263試合、62本塁打、打率2割5分7厘。

     07年にプロ野球でドーピング検査が導入されて以降、違反が明らかになるのは、今年6月に1年間の出場停止処分を受けたオリックスのジョーイ・メネセス内野手(退団)に続いて7人目。NPBの井原敦事務局長は「外国人選手(の違反)が昨年来続いている。啓発を強化しないといけないのかなというのが現時点での印象」と話した。【中村有花】

     ◇当面は自宅謹慎

     広島のバティスタがドーピング検査で陽性反応を示したことを受け、鈴木清明球団本部長は17日、横浜スタジアムで取材に応じ、「残念なこと」と話した。

     鈴木本部長によると、バティスタは17日午前に遠征先の横浜から広島へ帰ったといい、「本人もショックを受けていた」という。当面は2軍の練習にも参加せず、自宅謹慎となる。一方で、処分が決まっていないことから、鈴木本部長は「全ての結果が出た時にお話しします」などと詳細な説明は避けた。【細谷拓海】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00000060-mai-base

     広島のフアン・フェリシアーノ通訳(39)が21日、帰国を前に現在の心境を明かし、思い出話にも花を咲かせた。夫人の出産に立ち会うためにドミニカ共和国へ帰国したクレート通訳に代わって4月に来日したが、再来日するクレート通訳に入れ替わって28日に帰国する。「寂しくなります」と105キロの巨体を縮めて報道陣にも惜別のあいさつをした。

     広島OBで2004~06年まで支配下登録され、最終年には12試合に登板し、うち5試合で先発。NPBでは1勝もできなかったが、母国ではカープアカデミーで投手コーチを務め、フランスアや巨人のメルセデスらを指導した。

     ただし、十数年ぶりに帰ってきた“古巣”では同胞のサポートに専念。20日も2ラン2連発でお立ち台に上がったバティスタのスペイン語を翻訳していた。「クーちゃん(クレート通訳)は(日本語)学校に通ったけど、私は通ってない。ファームで日本語を覚えた」という天才肌だ。緒方監督にも「フェリちゃん」と呼ばれて親しまれており、「1軍で仕事できて楽しかった。いろんなところに行けたし」と4か月間を振り返った。

     「私が現役のときは山本さんが監督の時。黒田(博樹)さん、高橋建さん、小林幹英さん、コーチは北別府さん。先輩は怖い人ばかりで緊張してました」と打ち明けるフェリちゃん。「今はみんな優しい。9月にまたクーちゃんと入れ替わりで(日本に)帰ってきます。カンポ(秋季キャンプ)は私が見ます」。連日、送別会ラッシュが続いているという。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190721-00000231-sph-base

     広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(62)が古巣の2試合連続サヨナラ勝ち&4連勝に大興奮でブログを更新した。

     今季は大型連敗に大型連勝、最下位から首位までジェットコースター並みの乱高下を繰り返しているセ・リーグ3連覇中の王者・広島。20年ぶりの11連敗(1分け挟む)へ10日にピリオドを打つと、19日~21日に行われた首位・巨人との3連戦(マツダ)にすべて劇的な勝利で3連勝を飾って23日の中日戦(マツダ)も敗色濃厚な9回にバティスタの起死回生の2ランで追いつき、延長10回に先頭・安部のアーチで劇的なサヨナラ勝ちを収めて4連勝を決めた。

     試合終了直後の23日夜に「バティスターーー」とのタイトルで更新したブログでは通常より特大文字で「バティスタ」と記すと「カープアカデミーからのカープの2軍で下積みからのこの活躍ですよ」と大興奮の北別府さん。「もちろん最後の安部も!!」と後輩たちの奮闘ぶりを称えた。

     そして、24日には「まだ尾を引いている」のタイトルでブログを更新。「昨夜の名残りがまだ尾を引いているという感じ」「それほど大きなバティスタ、安部のホームランでした」と一夜明けてもまだ冷めやらぬ興奮をつづり「中継ぎ陣もよく踏ん張った!」と、先発投手のアドゥワが5回途中5失点KOされた後を無失点で18アウトを積み重ねた菊池保、遠藤、レグナルト、島内、フランスアのリリーフ陣に対しても賛辞を忘れない北別府さんだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190724-00000189-spnannex-base

     広島は13日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で全体練習を行った。

     ドラフト1位・小園海斗内野手、サビエル・バティスタ外野手が1軍に合流。10日にフレッシュ球宴MVPを獲得した小園は「状態は安定してきている。前までのような波は減っています」と手応え。バティスタも「後半戦は1軍で打ちたい。打ったらチームが勝てる」と11連敗中のチームに救世主に名乗り出ていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00000099-dal-base

     広島が13日、マツダ室内でチーム練習を再開し、サビエル・バティスタ外野手(27)、ドラフト1位・小園海斗内野手(19)、支配下登録されたばかりのエマイリン・モンティージャ投手(23)が合流。バティスタは5月の快進撃の再現を誓った。

     20年ぶりの11連敗で前半戦を終えた鯉に、反撃のキーマンが帰ってきた。5月は打率3割5分2厘、10本塁打、21打点と大当たり。球団記録の月間20勝の立役者になった。しかし6月は打率2割4分7厘と調子を落とし、同月11日の日本ハム戦(札幌D)で放った18号以来、アーチも不発。「1」しかない外国人野手枠を巡り、メヒアとてんびんにかけられる形で今月3日に降格した。

     普段通り、リラックスした雰囲気で練習をこなした大砲は「1軍は楽しいね。バティ(バティスタ)が打ったらチームは勝てる。後半戦は5月みたいな気持ちで打席に入りたい」と気合満点。陽気なドミニカンが、後半戦の逆襲へと導く。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00000174-sph-base

     【球界ここだけの話】

     ドミニカ共和国のカープアカデミーの元コーチで現在は2軍で臨時コーチを務める、古沢憲司氏(71)が5月31日の阪神戦(マツダ)にやって来た!! 1軍で活躍するサビエル・バティスタ外野手(27)とヘロニモ・フランスア投手(25)が練習を終えてあいさつに来ると「頑張れよ」と肩をたたいて激励した。

     古沢氏は「きょう来た理由はないよ。“締め”に来ただけ。みんな良くなっているね」とブラックジョークを飛ばして笑った。

     同氏はサイドスローの右腕で現役時代は16歳で阪神にテスト入団後、西武、広島でプレーし、プロ通算19年で87勝115敗、防御率3・72。引退後は阪神と広島で指導者となり、2001年から同アカデミーのコーチに就任。その後何十年に渡って、ドミニカ共和国で日本の野球を教えた同アカデミーの“父”的存在だ。

     “育休”で故郷ドミニカ共和国に帰国中のヘンディ・クレート氏(35)に代わって、1軍でスペイン語通訳を務めるファン・フェリシアーノ氏(39)は古沢氏をよく知る人物だ。現役時代は同アカデミーで古沢氏の指導を受け、2004年から3シーズン広島でプレー。引退後は同アカデミーの投手コーチに就任し、古沢氏と一緒に育成に尽力した。その指導方法は「とても礼儀に厳しかったですね。あいさつの声が小さいと怒られました。厳しかったですけど、熱心に教えてもらいました。ドミニカのみんな古沢さんに感謝していると思います」と明かした。

     同アカデミーで古沢式の猛特訓を経験したバティスタ、フランスアは練習生として来日し、育成契約を経て、支配下登録を勝ち取った。昨年2人は投打の柱としてセ・リーグ優勝に貢献するなど今や広島に欠かせない存在となった。

     フェリシアーノと同様「(古沢さんは)厳しかった」と回想するバティスタ。“古沢チルドレン”が現在の常勝軍団を支えている。(柏村翔)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00000520-sanspo-base

    このページのトップヘ