広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    サビエル・バティスタ

     リーグ連覇を達成した広島の選手、家族、関係者ら計228人が1日(日本時間2日)、優勝旅行先の米国・ハワイに到着した。緒方孝市監督(48)は来季の4番に関して若い鈴木を中心に、松山、新井、バティスタ、エルドレッドらで競わせる方針を示した。固定観念を振り払い、柔軟なタクトでリーグ3連覇を目指す。


     常夏の島・ハワイで来季の4番構想について頭を巡らせた。チームの主軸に求めるのは本塁打より勝負強さ。緒方監督は「本塁打20本でも100打点挙げてくれればいい」と理想像について語った。

     今季を振り返ると、開幕戦は新井に4番を託し、4月中旬から若い鈴木を抜てきした。重圧をはねのけ鈴木は結果を残したが、8月下旬に故障離脱。その後は主に松山が4番に座り、勝負強い打撃でリーグ連覇に導いた。ただCSは松山が不振に陥り、バティスタ、新井も4番を務めた。来季に向けて争いは混とんとしている。

     指揮官は「誠也が順調に育ってくれればいい」と基本線を示しつつ「固定するわけじゃない」と力を込めた。4番争いの中心は鈴木で間違いないが、あくまで競争だ。緒方監督は「バティスタにも期待している」と自ら名前を挙げ「パワーなら日本選手は誰も勝てない。パワーとどん欲さがある」と、秋季キャンプでの練習に取り組む姿勢を高評価した。

     すでに鈴木、松山は4番に立候補。鈴木は「成長したいので一番厳しいポジションでやるのが一番」と返り咲きを宣言。松山も黙ってはいない。「誠也も治して帰ってくるし、新井さんもエルドレッドもいる。しっかり争っていきたい」と競争へ覚悟を示していた。

     「タナキクマル」の1~3番の並びに関しても、緒方監督は柔軟な発想を持っている。「今の形が100%のベストか。そういう固定観念を持っていたら失敗する」と言いきる。143試合の長丁場。故障や体調不良など、予期せぬアクシデントも頭に入れ「今年と全く同じメンバー、打順、ピッチングスタッフで戦おうとは思っていない。今年同様、常に新しい戦力、チーム内の競争を継続できるようにしないといけない」と語気を強めた。

     リーグ連覇を達成した今季は安部がレギュラーに定着し、西川、野間、バティスタらも急成長。フレッシュな力がチーム力を押し上げた。緒方監督は「今までやってきた自分たちの野球をしっかりやる」と話す。4番もサバイバル。激しい競争の先に球団史上初の3連覇がある。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00000032-dal-base

     ソフトバンクが2年ぶりの日本一に輝き、幕を閉じた2017年のプロ野球。セ・リーグは広島が首位を独走して連覇を達成したものの、クライマックスシリーズは3位のDeNAが阪神、広島を次々に打ち破って日本シリーズに進出した。



     パ・リーグはソフトバンクがリーグの頂点を奪還。8月上旬までは楽天が首位を走ってきたが、勝負の夏場に地力を発揮し、一気に突き放した。終わってみれば、独走でのリーグ制覇であった。DeNAとの日本シリーズは、ソフトバンクが初戦から3連勝で一気に王手をかけ、2連敗のあとの第6戦で勝利して4勝2敗で日本一の座を掴んだ。

     そのソフトバンクは今季、侍ジャパンメンバーとしてWBCにも出場した千賀滉大をはじめ、今季急成長し主力捕手となった甲斐拓也や一時ローテを担った石川柊太、そしてキューバ代表としてWBCに出場してシーズン中に加入したリバン・モイネロと、入団当初は育成選手契約だった面々がチームを支えた。

     今や、育成から支配下となり、1軍の舞台で活躍することも決して珍しくはなくなってきた。今季もソフトバンクだけでなく、複数の球団で育成から支配下への“昇格”があり、1軍の舞台に立った選手もいた。その一方で支配下となりながらも、オフになって戦力外通告を受けた選手もいる。育成から一流選手への仲間入りを果たす“育成ドリーム”。ここでは、今季の春季キャンプスタート後にアピールが実り、その第1歩となる支配下契約を勝ち取った選手と今季の成績を見ていきたい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00095637-fullcount-base

    <酒井俊作記者の旬なハナシ!>

     カープのお家芸を見たり!! 生え抜き中心の強いチームを作ってきた王者の秘密に迫るべく「阪神目線」から、セ・リーグを連覇した広島の日南キャンプと日本一に輝いたソフトバンクの宮崎キャンプに潜入しました。第3回は広島の外国人編です。阪神と広島との差は「外国人」の差。そこに異論は挟めません。6月の交流戦で4戦4発デビューを飾ったサビエル・バティスタ内野手(25)の出現は球界を騒然とさせました。バラ色のオフかと思いきや、宮崎・日南で猛練習。緒方孝市監督(48)を直撃し、カープ伝統の「助っ人育成」に迫りました。


     ◆◆◆◆

     日南は日が傾いていた。練習の指導を終えた緒方孝市の口調が次第に熱を帯びていく。「ウチはずっと、そうやってきたから」。その言葉を聞いて4年前に見た光景を思い出した。米国シカゴ。大リーグ・カブスのロッカールーム。若い選手がどかっと革張りのソファに身を沈めて談笑するなか、いつも自らのブース前の椅子に座り、背中を丸めてiPadを覗き込んでいる選手がいた。打撃映像に見入るのはベテランのアルフォンソ・ソリアーノだ。

     「マエダさん、オガタさん、ノムラさんだろ。ユウも覚えているよ」

     ユウとは、広島2軍の本拠地、由宇球場だ。14年を最後に現役引退し、メジャー通算2095安打、412本塁打を放ったスーパースターは若かりし頃、実は広島でプレーしていた。

     97年9試合出場2安打

     NPBに残した足跡は、わずかこれだけ。だが、当時の主力選手の名前を忘れることはない。色濃く刻んだ日々だったのだろう…。

     あれから20年以上がたった。広島のキャンプ潜入3日目だ。野球記者はキャンプ中、指先でカチッカチッとカウンターを連打する。「694」。さて何の数字でしょう? カープの強さの秘密を追ってきたが、一日中、刻み続けた数字を見て、またもや驚かされた。

     コレ、カープの外国人選手、バティスタが球場に着いてから帰るまでの合計スイング数なのだ。今年6月に支配下選手登録されるとデビュー戦から4試合で4発。今季11本塁打を放った大砲だが、メヒアとともに秋季キャンプで大汗をかいていた。助っ人なのに、この時期に、なぜ、バットを振りまくるのか。そもそも、助っ人なのに、なぜ、秋季キャンプにいるのか。みんな、続々、帰国していく時期だ。もちろん、阪神でも見られない。この疑問を一笑に付したのは緒方だ。

     緒方 あの子たちは「助っ人」で入ってきたわけじゃない。ドミニカ共和国の選手で、身体能力はすごく優れている。でも、最初、野球を全然、知らないのを見ているからね。そのなかで伸びしろを感じた。日本人選手と意識的に扱いは一緒。野球をイチから教える。外国人選手を「助っ人」に育てる意味合いだから。

     2人は広島が90年に同国で創設したカープアカデミーの生徒だった。15年秋から、練習生として秋季キャンプに参加。粗削りだがキラキラ輝く。緒方はダイヤモンドの原石を見た。「ものすごく取り組む姿勢が真面目。どんな練習をしても貪欲で、日本人の若手と同じ練習量を文句1つ言わずやる。野球を吸収したがっている」。キャンプ初日には11カ所打撃でも延々2時間以上、バットを振った。連続ティー打撃でヘロヘロになり、守備でユニホームは泥まみれになっていた。

     積極補強路線の阪神や巨人と一線を画し、原石の外国人を「助っ人」に育てる方針を貫いてきた。

     緒方 バティスタも1年半かけたからね。去年は1年間、育成として2軍で試合に出させた。ドミニカの選手は、育成でしか考えていない。完成された選手が来るなんて思わないから。

     でも文化がまるで違う。モーレツな猛練習、ホントのところ、どう思うのか?

     バティ 最初は、ちょっとビックリしたよ。でも早めに慣れないといけない。

     メヒア 長くてキツイけど、うまくなるためさ。

     バティ カープアカデミーから入ったし「日本人」みたいに練習しないとね。

     とにかく殊勝で前向き。スラッガーが努力すれば鬼に金棒だ。今季、外国人打者が機能しなかった阪神からすれば、うらやましすぎる。しかも、緒方は「バティスタも、今年は経験させるくらいでしか思ってなかったから。本当の意味では来年、中心選手として期待している」と恐ろしいことを言う…。取材時間が尽きた。帰り際、緒方は不敵に笑う。「いい気分転換になったやろ」。濃密な練習量、実戦的な工夫、常識破りの外国人育成…。ため息をつきながら、車で宮崎県を北上した。(敬称略)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00060718-nksports-base

     広島のサビエル・バティスタ内野手(25)、アレハンドロ・メヒア内野手(24)が21日、ドミニカ共和国へ帰国の途に就いた。

     バティスタは今季、シーズン途中に支配下登録を勝ち取り、61試合に出場し、打率・256、11本塁打、26打点をマーク。DeNAとのCSファイナルSでは4番に座るなど、存在感を示した。

     「よい1年だった。一生懸命に努力することで支配下登録にもこぎつけることができた。自分としては機会をもらってこのチームでできたことをうれしく思う」と納得の表情を浮かべながら振り返った。

     メヒアも今季のシーズン途中に支配下登録され、2軍では104試合に出場し、リーグトップの133安打を放ち打率・331で首位打者に輝いた。1軍でも初安打、初打点をマーク。飛躍的な1年とした。

     「今年はグッドシーズンだったと思う。支配下登録されて、チャンスをもらえたのは非常に大きかった。その中で一生懸命プレーできた」と話した。

     球団史上初の3連覇、34年ぶりの日本一を目指す来季。チームの戦力となるために、しばし英気を養う。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000057-dal-base

     広島の日南秋季キャンプは18日に最終クール2日目を迎え、サビエル・バティスタ内野手(25)が規格外のパワーを見せつけた。ロングティーで天福球場の右翼後方に位置するブルペンの屋根を破壊。今季11本塁打を記録した強打を武器に本塁打王獲得を来季目標としてぶち上げた。



     選手、コーチ、観客の度肝を抜いた。打球は天福球場の右翼後方にあるブルペンの屋根を直撃。穴を空けた。しかも、2カ所だ。バティスタがロングティーで驚きの推定130メートル弾を2度も描いた。

     「新しいブルペンをつくってもらおうと思って狙ったら、壊れちゃったね。いっぱいお金を持っている球団に弁償はしてもらうよ」

     規格外のパワーを見せつけ、冗談交じりの口調も軽快だ。気をよくしたのか、来季へ向けた壮大な野望も明かした。

     「来年ずっと1軍にいられたら、30~35本塁打は打ちたい。本塁打王になりたいし、狙うよ!」

     今季は6月初めに待望の支配下契約を勝ち取り、初打席初本塁打の衝撃デビューを皮切りに61試合125打数で11本塁打を記録。本塁打率(打数÷本塁打)11・36はセ・リーグ10本塁打以上の選手ではトップだった。

     仮に同じ確率で500打数立っていれば44発の計算となり、35発で今季本塁打王を獲得した中日・ゲレーロを上回る。決して絵空事ではなく、十分狙える能力の持ち主だ。

     ちなみにウエスタン・リーグでは21発で本塁打率は8・43へさらに上昇。阪神・陽川とともに本塁打王に輝き、あす20日に都内で開かれる「NPB AWARDS 2017」での表彰に備え、きょう19日に一足早くキャンプを打ち上げる。

     「とても充実していた。守備に高い意識を持ってやれた。一塁守備は久しぶりで難しかったけど慣れたよ」

     本塁打王を狙うには出場増が絶対条件だ。1軍では経験のない一塁守備の上達を期して連日のように猛特訓を繰り返し、玉木内野守備走塁コーチからも「進歩している。あとは試合で使えるかというところ」と及第点を与えられた。進化の目覚ましいドミニカンの“ジャパニーズ・ドリーム”にはまだまだ続きがありそうだ。(柳澤 元紀)

     ▼本塁打率 「打数÷本塁打数」で算出され、1本の本塁打を打つのに何打数を必要とするかを示す。数値が低いほど、本塁打を打つ確率が高いといえる。広島のシーズン規定打席到達者で最も良かったのは、80年山本浩二の10・00(440打数、44本塁打)。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00000068-spnannex-base

     広島のサビエル・バティスタ内野手(25)が一塁挑戦を本格化させている。マツダスタジアムに隣接する室内練習場で秋季練習が行われた4日も、ファーストミットでノックを受けた。今季は外野を守ったが、複数ポジションをこなすことができれば出場機会が増える。秋季キャンプでは泥にまみれる覚悟だ。

     時折、天を仰いだ。慣れないファーストミットを手に、バティスタが右へ左へ打球を追う。秋季練習から本格的に始まった一塁の守備練習。自らの可能性を広げる試みだけに、視線は鋭さを増している。

     「練習を始めたときよりは、よくなっているかな。以前にもやったことがあるし練習をしていけば大丈夫だ。数多く試合に出るためだと思うし、これから一生懸命、守備練習をしていきたい」。汗びっしょりのTシャツを着て言葉をつむいだ。

     もともと内野手登録。今年の春季キャンプでは一塁と外野の練習を並行したが、試合では外野を守った。一塁手としてはウエスタンで数試合にしか出場していない。経験はあるものの、ほぼゼロからのスタートと言っても過言ではない。

     首脳陣がバティスタの一塁練習を本格化させたのは、その打撃力を生かすためだ。右足首を骨折し、現在リハビリに励んでいる鈴木は順調に回復しており、春季キャンプに間に合う予定。シーズンに問題なく入ることができれば右翼が固まる。中堅は丸が不動のレギュラー。空いているポジションは左翼のみ。外野しか守ることができなければ、打撃が武器の松山と併用ができない。

     「どちらも(外野と一塁)こなせればチームにとって大きなプラスになる」と高ヘッドコーチ。長打力が魅力の左右2選手を同時にスタメンに並べることができ、打線に厚みをもたせるメリットが生まれる。

     それだけにドミニカンの今秋季キャンプでのテーマは一塁での守備力アップだ。7日からの15日間で早出特守は日課になる予定。ファーストミットの基礎的な使い方や足の運び方、さらにはサインプレーや併殺時の動き方に至るまで徹底的に取り組むプランが考えられている。

     「まだ逆シングルでの捕球が難しいんだ。でも頑張るよ。守備がうまくなればチーム、そして自分のためになるからね」。バティスタは声をはずませた。ドミニカ共和国カープアカデミー出身の期待の星。鍛錬の秋が間もなく始まる。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-00000014-dal-base

     広島が12日、マツダスタジアムで社会人チームの三菱重工広島と練習試合を行い、11-0と前日のJR西日本との練習試合に続いて大勝した。

     投げては先発野村祐輔投手(28)が丁寧な投球で6回3安打無失点に抑えると、打線は丸佳浩外野手(28)とサビエル・バティスタ内野手(25)の2試合連続本塁打など3本塁打を含む14安打11得点。順調な調整ぶりをうかがわせた。

     2試合連続本塁打、複数安打を記録したバティスタは「いい練習ができているので、試合でもアピールできたと思う」とポストシーズンでのスタメン奪取に自信をのぞかせた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00026423-nksports-base

     「練習試合、広島15-2JR西日本」(11日、マツダスタジアム)

     広島が5本塁打を含む20安打15得点を奪った。ブラッド・エルドレッド内野手は「6番・一塁」でスタメン出場し、3安打1本塁打2打点をマークした。


     1点を奪って迎えた初回2死一、二塁では左越え適時二塁打。五回は、バティスタに続き2者連続本塁打となるソロを中堅席左に放った。先頭打者として打席に立った四回には、大振りすることなくきっちりと左前打。軽打に徹してチャンスメークを忘れなかった。

     シーズン終盤は調子を落とし、2軍戦で再調整してきた。「練習の中でスイングに磨きをかけてきた。きょうは良い1日だったと思う」。復活したE砲は、声をはずませた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000102-dal-base

    このページのトップヘ