広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    アレハンドロ・メヒア

    ssd159937704063009

    EKTqQnqVUAEgRFI

    EKTqQnqVUAEgRFI

    d_12595015

    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609

    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609

    プロ野球の練習試合は16日の巨人-ロッテ戦を残し10球団が終了した。 14日までの打点1位は広島アレハンドロ・メヒア内野手(27)で15打点をマークした。(記録は日刊スポーツ調べ)

    d52467-250-244288-0


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/8ce2c3879250f4caeb0bacfaf4f7c57f93eb2bc7

    ◇練習試合 広島―阪神(2020年6月10日 マツダ)  広島のアレハンドロ・メヒア内野手(27)は、初回1死満塁でフルカウントからガンケルのスライダーを左翼席に運ぶ満塁本塁打とした。  これで紅白戦から数えれば10試合で7本塁打と絶好調。4試合連続で5番に起用されており、「開幕5番」が現実味を帯びてきた。  ▼広島メヒア 打ったのはスライダー。チャンスだったので、外野フライでもどういう形でも何とか1点を取りたかった。最高の結果になったね。感触は完璧だったよ。

    20200610-01897398-tospoweb-000-view



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/6e152f011cda7662e1077e972f7ffad052f8c8dd

    <練習試合:オリックス6-10広島>◇6日◇京セラドーム大阪

    アゲアゲの大砲が中軸候補に名乗りを上げた。今年初めて5番で起用された広島アレハンドロ・メヒア内野手が1試合2発を放った。練習試合再開後打線が振るわない中で5戦4発。1人好調を維持している。


    逆転した直後の3回。田嶋の低めの真っすぐを捉えた打球は弾丸ライナーで最深部右中間席を直撃した。「1打席目は(1死満塁で)三振したので気持ちを切り替えて、リセットして打席に入りました。逆方向に打てたのは自信になる」。中軸としての自覚十分だ。4-4の7回は、好機で沢田の直球を思い切り引っ張った。左翼5階席の最上段まで運ぶ推定飛距離145メートルの勝ち越し3ランでチームの対外試合連敗を13で止めた。

    春季キャンプ中に外国人選手でただ1人2軍降格を味わった。「悔しかった。いつも前を向いて積極的にきた。まだ100%ではない。これから」。外国人枠争いの最後尾から今や中軸候補。日本人の若手と同じ練習量をこなし、主砲の鈴木誠に教えを請うなど地道な努力ではい上がった。佐々岡監督は「本当にツボにはまればすごい。(4番の)誠也の後に1発の怖さがあるのは魅力」と期待する。5試合で記録した安打のすべてが本塁打というパンチ力が新広島打線の飛び道具となりそうだ。【前原淳】



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/191ee7e75d09563d458362684b86c0e29193add1

    <練習試合:阪神3-2広島>◇2日◇甲子園

    大穴急浮上!! 広島アレハンドロ・メヒア内野手(27)が2日、対外試合再開初戦の阪神との練習試合(甲子園)で1発を放った。29、30日の紅白戦に続き、実戦3戦連発と持ち前の長打力をアピール。外国人枠を争うライバルたちが精彩を欠く中、存在感を示している。



       ◇   ◇   ◇

    この日出場した外国人4選手の中で一番の輝きを放った。3点ビハインドの7回。メヒアは高めの149キロ直球に、バットを払うようにたたいた。阪神4番手小川が投じた白球はバックスクリーン左へ一直線。外国人枠争いの当落線上から、30日までの紅白戦に続いて3戦連発の長打力を見せつけた。

    「紅白戦よりも集中力は高くなる。コンパクトに振れている。ボール球に手を出していない」

    現状4つの外国人枠を6選手で争う。メヒアの序列は最後列だった。沖縄2次キャンプの第1クール終了時に、外国人最速で2軍降格。一時は開幕1軍に黄色信号がともったものの、コロナ禍で開幕が遅れ、ピレラの離脱を受けて1軍に復帰した。黙々と練習に取り組み、結果と内容でアピール。序列は着実に上がり、首脳陣の構想の中にも入ってきた。

    2軍では18年に3冠王、19年は2冠獲得した。1軍では18年は22試合、19年も56試合の出場にとどまった。2軍のような打棒を発揮できない一因に精神面の弱さがあった。グリップの位置を下げ、バットを捕手側へ寝かせる新打法に取り組み、力まない“脱力打法”を意識する。「これまでの経験を生かしながら、反省を込めて打つことを考えている」。力んで打ち損じてきた過去の自分も振り払っているようだ。

    抑え候補だったフランスアやD・ジョンソンの状態が上がらず、外国人枠の構想は当初予定の投手3、野手1から投手2、野手2のプランも挙がる。佐々岡監督は「結果も出ているので自信にしてほしい。外国人枠争いがある中でアピールになったと思う」と評価する。外国人争い大穴だったメヒアが狙うのは開幕1軍ではない。「自信がある」。大きな胸を張って言う、開幕スタメンだ。【前原淳】


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/ff59f5a06f5e9b5798b7e902c766e24f59edbf14

    このページのトップヘ