広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    アレハンドロ・メヒア

     イースタン、ウエスタン両リーグは13日、「スカパー!ファーム月間MVP章」の8月度受賞選手を発表。イースタンは巨人の高田萌生投手(20)、ウエスタンは広島のアレハンドロ・メヒア内野手(25)が選ばれた。

     今季1軍デビューも果たした高卒2年目の高田は、4試合に投げ4勝0敗、防御率0・96の好成績をマーク。勝利数と投球回(28)、奪三振(29)もリーグトップで、月間首位(18勝5敗)のチームを先導した。

     メヒアは打率3割9分、5本塁打、15打点。リーグ3冠の成績に加え、得点圏打率(6割3分6厘)、長打率(8割7分8厘)、出塁率(4割8分)もダントツのリーグトップだった。

     両選手には賞金5万円と記念品が贈られる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000101-sph-base

    <ヤクルト-広島>◇2日◇神宮

     俺もいる。広島アレハンドロ・メヒア内野手(25)が8回に代打出場し、来日1号となる2ランを放った。7点ビハインドの8回1死一塁。メヒアは追い込まれながらも、ヤクルト近藤の内角フォークを捉えてライナーで左翼席に突き刺した。

     現在、広島では同じアカデミー出身のバティスタが強力打線の一角を担い、フランスアはセットアッパーとして絶大な存在感を発揮している。そんな中、7月31日に再昇格したばかりのメヒアに待望の1発が飛び出した。「追い込まれていたので、食らいついて行きました。初ホームランだからうれしいね」。来日36打席目で記録した1号で、存在をアピール。敗色濃厚の展開で一筋の希望となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00287970-nksports-base

     16日のプロ野球公示で、西武はウルフを登録抹消した。ウルフは15日の楽天戦に先発したが、わずか26球で緊急降板。1/3回を投げて8失点していた。



     また、広島はメヒア内野手、阪神は岩貞祐太投手、ソフトバンクは堀内汰門捕手を抹消した。

    【パ・リーグ】

    ■出場選手登録

    なし

    ■出場選手登録抹消

    ソフトバンク
    捕手 堀内汰門

    西武
    投手 B.ウルフ

    【セ・リーグ】

    ■出場選手登録

    なし

    ■出場選手登録抹消

    広島
    内野手 A.メヒア

    阪神
    投手 岩貞祐太


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00181451-nksports-base&pos=5

     「阪神1-5広島」(12日、甲子園球場)

     広島の安部友裕内野手が3安打2打点の活躍で連敗ストップに貢献した。

     0-1の二回。先頭で打席に立ち右翼フェンス直撃の二塁打で出塁。この一打がきっかけとなり、この回3得点。逆転に成功した。

     三回に右中間への二塁打を放つと、3-1の七回無死満塁では、左投手の高橋聡からリードを4点に広げる右前2点適時打を放った。「当たりはゴミでゴミヒットだったけど、Hのランプがついて良かった」。打点は、3月30日の開幕開幕戦以来だ。

     13日からは敵地に移動して巨人と対戦する。一夜にして奪い返した首位を守るためにも、「これに一喜一憂せずにまた、あしたから頑張りたい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000145-dal-base

     「ヤクルト3-6広島」(3日、神宮球場)

     広島・メヒアが代打でまた打った。六回2死二塁の好機で登場。ヤクルトの2番手近藤のスライダーを捉えて鋭く三遊間を破った。

     「真っすぐで入っていったがスライダーが甘く入ってきたのでしっかり踏み込んで打つことができた。追加点になって良かったね」

     今季は全て代打で3打数3安打。初の開幕1軍を勝ち取ったドミニカンも開幕4連勝に貢献している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00000158-dal-base

    ◆オープン戦 広島4―2ソフトバンク(25日・マツダスタジアム)

     広島のアレハンドロ・メヒア内野手(25)の自身初の開幕1軍入りが25日、決定的となった。オープン戦では14試合に出場し、打率3割、4本塁打、10打点をマーク。緒方監督は「打撃内容はいい。打てない時期は来るかもしれないけど、今の状態で入っていってね。この形でいくと思います」と戦力として計算していることを明かした。

     外国人の4人枠は、メヒア、エルドレッドの助っ人砲とジョンソン、ジャクソンが名を連ねる。1軍に帯同していた中継ぎ右腕のカンポスは2軍で調整する見込み。またキャンプ終盤に左手小指を痛めたバティスタも、ウエスタン・リーグで実戦を積む予定だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000033-sph-base

     「オープン戦、広島0-5日本ハム」(13日、マツダスタジアム)

     広島・メヒア内野手が一塁の守備で課題を残し猛省した。

     九回1死、日本ハム・杉谷の何でもない打球を捕球できず、失策となった。本職は三塁ながら、出場の可能性を広げるために一塁守備にもチャンレンジしている。メヒアは「難しい打球ではなく自分のミス。次は同じ失敗をしないように頑張りたい」と前を向いた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00000149-dal-base

    このページのトップヘ