広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    アレハンドロ・メヒア

     広島のアレハンドロ・メヒア内野手(26)が15日、チーム唯一の“台風休暇返上練習”を敢行した。この日は当初、16日からのDeNA3連戦(横浜)に向けて移動する日だったが、広島県内に上陸した台風10号の影響で山陽新幹線が運行を見合わせたため、各選手は自宅静養。しかし、暴風雨に見舞われたマツダスタジアムに、大男が現れた。


     たった1人。通訳もいない中、静かなスタジアムでウェートトレーニングと素振り。約1時間半にわたって汗を流した。「チョットネ。スイング。ボクヒトリデモ、ダイジョウブ」と滑らかな日本語も披露した。横浜スタジアムは好相性で、6月28日からの3連戦でいずれもスタメン出場し、10打数5安打2本塁打3打点と爆発。今回の3連戦で先発する今永からも一発を放っている。「(横浜?)チョット、スキ!」と腕ぶした。

     ただし14日の巨人戦(マツダ)は6試合ぶりのスタメン落ち。緒方監督に「今の状態ならダメ。菅野の球筋は打てない」と酷評された。若きドミニカの大砲は「ホンロン(本塁打)ダケジャナイ。ゼンブ、ダイジ。(初戦に勝てば2位?)ガンバリマス!」と、しぶとい打撃で指揮官を脱帽させることを誓った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000151-sph-base

     「阪神5-11広島」(9日、京セラドーム大阪)

     ドミニカンコンビが4点差からの逆転勝利へいざなった。広島のサビエル・バティスタ外野手(27)が0-4の四回に一挙5得点への扉を開く適時打をマーク。2点差となったところで今度はアレハンドロ・メヒア内野手(26)が4号逆転3ランを放った。首位・巨人、2位・DeNAも勝ったためゲーム差は変わらないが、この勢いを持続させ、逆転首位への道を走り続ける。



     劣勢をはねのける姿が尊いほどに頼もしかった。0-4で迎えた四回に刻んだ5得点を、バティスタとメヒアのドミニカンコンビが演出した。口火を切る適時打を放ったバティスタは盟友との活躍に「サイコー!」と日本語で喜びを口にした。

     三回まで相手先発・高橋遥にパーフェクトに封じられ、三塁ベンチ前で円陣を組んだ直後。連打で作った無死一、二塁の好機だった。「チャンスだったので何とか走者をかえしたかった」とバティスタが2球目を左前へはじき返し、1点を返す。その後は1死一、三塁から松山の打席の4球目で一走・鈴木と三走・菊池涼が重盗を決め、追加点。前夜のDeNA戦を全く同じ走者2人が再現した。

     そして試合をひっくり返したのはメヒアだ。2-4の2死一、三塁。カウント2-2から高橋遥の外角高め145キロ直球を仕留め、右翼ポール際へ運んだ。逆転の4号3ランで持ち前のパワーを示し「完璧。追い込まれていたのでコンパクトに打ちにいきました。力があるからあのスイングは自信ある」とうなずいた。チームは九回にも5点を奪い、今季8度目の二桁となる11得点だ。

     メヒアは7月31日に再昇格。2軍では調整中の長野とも同じ時を過ごし、その存在も力になった。試合前にはその日の相手先発の攻め方を話し合い、百戦錬磨のベテランの思考を学んだ。昇格前には「そのままで。あとはリラックス」と背中を押してくれた。助言通り肩の力を抜き、躍動し続けている。

     今季外国人枠は「投手3、野手1」が続いていたが、現在は「投手2、野手2」。高ヘッドコーチは今後について「この2人の厚みを考えたら外せないよね。メヒアは状態がいいし、バティスタは試合を決められるから」と話した。

     首位・巨人、2位・DeNAも勝ち、ゲーム差は縮まらなかったが、2連勝で貯金7。緒方監督は「今日は打撃陣がしっかりと打ってくれた」と賛辞を贈った。「チームを何とか助けるプレーをしたい」とメヒア。ドミニカン2人が好調打線でまだまだ存在感を際立たせていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190810-00000030-dal-base

    <広島10-5阪神>◇4日◇マツダスタジアム

    広島の6番メヒアが2-0の1回に3号3ランを放った。1ストライクからの2球目の内角スライダーを捉え、左翼スタンド後方の防球ネットを揺らした。5点差に広げる貴重な1発。一気に流れを引き寄せた。



    長距離砲メヒアを下位に置く意味は大きい。相手投手はクリーンアップの後に、4番を打ってもおかしくない打者を迎える。メヒアの役割は、相手バッテリーに怖さを与え続けること。粘って四球を選んだり、右打ちをするのもいいが、まずはしっかり振り切ることが大事。「当たったら怖い打者」であり続けることがポイントだ。この日の豪快なスイングには、大きな魅力を感じた。

    メヒアは、危機感がいい形で結果につながっているのだろう。広島は4つの外国人枠を投手3、野手1に振り分けていたが、ここにきて投手2、野手2に変更した。だから、打てなければ落とされる、枠を減らされるという思いがあるはず。首脳陣はそういう心理をわかった上で、うまく起用している。

    最後までメヒアを使い続けることはないだろうが、こういう選手の力を引き出し、戦力に組み込むことが4連覇への近道になる。(日刊スポーツ評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190804-08041026-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島―阪神(2019年8月4日 マツダ)

     大逆転でのセ・リーグ4連覇を目指し、首位・巨人を3ゲーム差で追う3位・広島が初回にメヒアの3ランを含む5連打でいきなり5点を先取した。

     初回、1死から2番・菊池涼が16試合連続安打となる中前打を放って出塁すると、3番・バティスタも12試合連続安打となる左前打で一、二塁。

     ここで主砲・鈴木の放ったゴロは遊撃でイレギュラーして左前に抜けるラッキーな先制適時打となると、5番・会沢も右前適時打で続いてリードを2点に広げると、さらに一、二塁からメヒアが左翼スタンド上段へ3号3ランを放って、初回から阪神先発左腕・岩田から5点を奪った。

     ▼会沢 打ったのはツーシーム。後ろに繋ぐ気持ちでいきました。コンパクトに打つことが出来ました。

     ▼メヒア 打ったのはスライダー。あまく浮いてきたところを一振りで完璧に捉えることが出来ました。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190804-00000203-spnannex-base

     「阪神3-1広島」(5日、甲子園球場)

     広島・山田和利内野守備走塁コーチがメヒアの守備に苦言を呈した。

     同点の六回無死一塁。糸原のバントは小フライとなりグラウンドへポトリと落ちると、一塁手・メヒアと投手・大瀬良が“お見合い”した後に交錯。メヒアが処理したが、内野安打となり、その後の決勝点献上へとつながった。

     山田コーチは「前に出ていたのだから取れないアウトではない。まだ経験不足。どう動くか覚えるしかない」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00000147-dal-base

     広島のアレハンドロ・メヒア内野手(26)が24日、1軍に合流。同日の楽天戦が雨天中止となったため、楽天生命パークに隣接する室内練習場でナインと汗を流した。2軍では63試合の出場で打率・294、リーグトップの19本塁打、45打点。緒方監督から「後半戦のキーマン」に指名されたドミニカンが、交流戦最下位に沈むチームの救世主となる。

     ようやく1軍から声がかかった。リーグ戦再開まで登板機会がないため、23日に先発したジョンソンの出場選手登録を抹消。チャンスが到来したメヒアは「うれしい。ずっとファームで、この機会を待っていた。すごく調子がいいので、いい時に呼んでもらえた」と喜びを隠さなかった。

     18年ファーム4冠王(打率・337、20本塁打、59打点、出塁率・397)は、今季も2軍で無双状態だ。19本塁打、45打点はリーグトップを走り、打率・294も同4位と、手が付けられない。練習前、東出打撃コーチからは「いい結果を出しているのはいつも見ていた」と声をかけられたと言い、「チーム事情は分かっている。イライラやストレスはなかった。1軍で自分の力を見せたい」と爆発を誓った。

     好調をアピールするように、フリー打撃では鋭い当たりを連発。後ろで見守っていた鯉将もニンマリだ。「ずっと良かったし、上げたいと思っていた。なかなかチャンスはなかったが、後半戦(リーグ戦再開後)のキーマンになってくれるかもしれない」。帰り際には「ビッグチャ~ンス!」と大きな声で直接ゲキを飛ばされた。

     交流戦は得点力不足に陥り、5年ぶり最下位が決定した。25日の楽天戦に敗れると、パ・リーグ全球団に勝ち越しなしとなる。メヒアは指名打者での出場が濃厚だ。ドミニカンの一打で不名誉な記録を阻止したい。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00000030-dal-base

     広島のアレハンドロ・メヒア内野手(26)が24日、1軍に合流した。同日の楽天戦(楽天生命パーク)が雨天中止となったため、球場に隣接する室内練習場で汗を流した。


     今季は開幕から2軍暮らしが続いたが、ファームでは63試合に出場し、打率・294、リーグトップの19本塁打、45打点をマーク。ようやく1軍から声がかかり、「うれしい。ずっとファームでこの機会を待っていた。すごく調子がいいので、良い時に呼んでもらえた」と笑顔で話した。

     緒方監督も「ずっと良かったし、上げたいと思っていた。なかなかチャンスはなかったが後半戦のキーマンになるかもしれない」と大きな期待を寄せた。

     また中村祐太投手も1軍に合流した。代わって、クリス・ジョンソン投手、藤井皓哉投手が出場選手登録を抹消された。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-00000109-dal-base

     プロ野球のファームは22日、イースタン・リーグのロッテ―ヤクルト戦(ロッテ浦和)、DeNA―西武戦(横須賀)が雨天中止。ファーム交流戦を含めて両リーグで計4試合が行われた。

     巨人は日本ハム戦(JCOMスタジアム土浦)に5―4。松原、湯浅が2安打。先発の育成選手・山川は4回5安打1失点で、2番手で3回4安打2失点(自責0)だった吉川光が3勝目(1敗1セーブ)を挙げた。日本ハム先発・田中瑛は5回4安打4失点(自責3)で4敗目。郡が初回に2号ソロ。

     ファーム交流戦の楽天―オリックス戦(森林どり泉)はオリックスが2―1。4回に「ラオウ」こと杉本が8号ソロ。先発・鈴木優が7回1/3を4安打7奪三振無失点で3勝目。1回1安打1失点の成瀬が1セーブ目を挙げた。楽天先発・熊原は6回2/3を7安打2失点で4敗目(3勝)。岩見が9回に5号ソロを放った。

     広島は中日戦(ナゴヤ)に3―2。メヒアが8回に両リーグトップの19号ソロを放った。先発・ローレンスが7回5安打1失点で3勝目(3敗)。中日先発・笠原は2回3安打1失点だった。ドラフト1位・根尾は「3番・遊撃」でフル出場して4打数1安打、打率・164。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00000245-spnannex-base

     「オープン戦、広島0-0オリックス」(17日、マツダスタジアム)

     広島・メヒアの2軍降格が決まった。この日は代打で見逃し三振に倒れ、打率・176に下降していた。

     これで、野手の外国人1枠はバティスタが手中に収めた形だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00000145-dal-base

    このページのトップヘ