広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    坂倉将吾

    hhhf

    hhhf

    hhhf

    hhhf

    EKTqQnqVUAEgRFI

    geo20081114440013-p1

    d_12595015

    284f9c38

    今シーズンのペナントレースは一軍人数、そしてベンチ入り人数が増枠されている。例年よりも連戦が多いこともあり、ベテラン勢を中心とした主力選手たちが積極的休養という形で、スタメンから外れるケースも多い。そんな状況も相まって、各球団が若手選手たちを一軍で起用する機会は増えている。

    262376-2362-1-2442-pcg

    そこで各球団の若手、とくに高卒4年目(2016年ドラフト以降)までの選手たちがどのような活躍を見せているか振り返ってみたい。  広島の高卒4年目までの選手を見ると、野手では坂倉 将吾(日大三/2016年4位)の活躍が目立つ。ここまで23試合に出場。すでに昨シーズンの安打数(14本)を超える18安打を記録。打率.346(52打数18安打)と打撃面で結果を残し、スタメンでの起用も増えてきた。現在は会沢 翼との併用が続くが、徐々に出番を増やしつつレギュラー奪取となる可能性もありそうだ。  その他では羽月 隆太郎神村学園/2018年7位)が頭角を現しつつある。8月7日に一軍に登録されると、いきなり「2番・二塁」で出場し2安打をマーク。その後もスタメンで起用されており、期待値の高さをうかがわせてくれる。中村 奨成(広陵/2017年1位)も3年目で初の一軍出場を果たした。まだ守備にはついておらず、代打での出場だけだが、大きな経験にはなったことだろう。  昨シーズン結果を残した小園 海斗(報徳学園/2018年1位)は、ここまで一軍出場がない。二軍でも目立つような成績を残すことが出ておらず、少し心配だ。  投手陣では遠藤 淳志(霞ヶ浦/2017年5位)が先発ローテーション入りを果たした。8月2日の巨人戦ではプロ初完投勝利をマーク。その後も安定した投球を続けているのは心強い。高卒3年目で先発は初めてということを考えると、今年はシーズンを通した働きができれば十分だろう。


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/5f04cc6b7c01e93280c005b6dee90e7a06564465

    ◇セ・リーグ 広島7―5巨人(2020年8月21日 マツダ)  広島のドラフト1位ルーキー、森下暢仁投手(22=明大)が巨人戦(マツダ)に先発登板。8回5安打1失点と好投し、チームの連敗を3で止めるとともにチーム単独トップとなる今季5勝目(2敗)をマークした。森下は巨人戦2度目の登板で初勝利。また、この試合で規定投球回に到達して防御率2・14とし、菅野(巨人)の1・51に次いでリーグ2位に躍り出ている。

    284f9c38




    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/cf8fcd4d0fa9ed74315ec7940ff0f7f339e7d141

    このページのトップヘ