広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中村奨成

     ドラフト1位で入団し3年目を迎えた広島・中村奨成捕手(20)が今季中の1軍出場を目指してレベルアップを図っている。

     昨秋に続いて今春キャンプも1軍メンバーに選ばれたが、最後まで残ることはできなかった。第3クール最終日の2月17日、佐々岡監督から「しっかり練習して、また戻ってこい」と励まされ、1軍キャンプ地の沖縄から2軍の日南へ向かった。直後には体調を崩して練習を1週間休んだが、現在は元気に練習に励んでいる。

     「1軍をちょっとでも経験できたことは大きな収穫。雰囲気が違ったし、意識の高さも2軍の選手とは全然違いました」。その中で痛感したのは「技術的にも配球面でも、まだまだ自分は足りないことが多い。上でやるためには、もう一段も二段もレベルアップしないといけない」ということだった。

     1軍キャンプでの経験は2軍でも生かされている。3月3日の教育リーグ・ソフトバンク戦(由宇)では1試合マスクを任され、薮田、菊池保、一岡ら6投手を好リードし、1失点に抑えた。「強いスイングをする」と意識している打撃でも豪快な3ランを放った。

     植田2軍バッテリーコーチは「自分の考えを持ってリードしていたし、ジェスチャーなどでその考えを投手にも伝えることができていた」と評価した。同コーチによると、捕手に求められる資質は捕ること、投げることに加えて的確な状況判断だという。たとえば試合では投手の球を何球か受けた中で、その日の調子を見極め、リードを組み立てていく必要がある。中村奨はその部分でも成長の跡を見せており、同コーチは「あとは送球面での安定感。そこを磨けば1軍も見えてくる」と話した。

     過去2年は1軍出場がなく、中村奨は「1軍キャンプを経験して、より一層、上でやりたい気持ちが強くなった。守備や打撃だけでなく、走塁面でも高いレベルに持っていきたい。総合力を上げて、今季中には1軍でプレーしたい」と決意を示した。キャンプ中には会沢からも「意識を高く持ってやりなさい」とアドバイスをもらったという。

     ポジションは違うが、同期の遠藤は開幕ローテの一角として期待されており、1年後輩の小園も開幕スタメンの座を狙うなど同世代の奮闘する姿も大きな刺激になっている。勝負の3年目。1軍デビューへ向けて、がむしゃらに突き進む。(デイリースポーツ・工藤直樹)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200313-00000069-dal-base

     広島は26日に日南、沖縄と続いたキャンプを打ち上げた。プロ入り3年目で初の1軍キャンプに参加した中村奨成捕手は、沖縄キャンプ序盤に2軍行きを命じられ、29日まで日南での2軍キャンプに参加している。1月に成人T細胞白血病であることを公表し、闘病中の広島OBの北別府学氏に、中村奨について聞いた。


     甲子園で華々しい活躍をし、鳴り物入りで地元球団に入団した中村奨。昨年はキャンプイン早々にケガをし、シーズンも2軍戦で39試合にしか出場していない。

     プロ3年目で初の1軍キャンプに帯同したが、北別府氏は「去年よりは一回りくらいは大きくなった様に見えますが、まだまだ大きくなると思います。そして鍛え上げた体で最高のキャッチングをし、投手をいい気分にさせてほしい」と指摘した。1年先輩の坂倉の名前を挙げ「彼も1、2年目は線が細かったけど、去年、後ろ姿を見てだれかなと思ったことがあった。体つきも変わり、明らか大きくなっていた。中村(奨)も先輩のそんな体作りを見習ってほしい」と、まずはプロの体になることを願った。

     続けて「体が大きくなればスタミナもつくし、パワーもつく。キャッチャーは経験が必要なポジション。2軍でも1年間試合に出続けるにもスタミナがいる」と体作りが、成長する上で大きな要因であることを説いた。

     2月16日の練習試合・中日戦でマスクをかぶったが、投手陣をうまくリードすることができず、直後に2軍行きを命じられた。北別府氏は「高校とプロのリードは違うし、簡単にできるものではない」と話した。

     北別府氏は現役時代、達川光男氏がレギュラー捕手になる姿を見てきた。大学を経てプロ入りした達川氏と高校出の中村奨では立場も経験も違うが「達川さんはいろんな人にいろんなことを聞きに行っていた。野村(克也)さんが解説で球場に来ると教わりに行っていた。また、先輩の水沼(四郎)さんや道原(裕幸)さんらを見て、いいところを盗もうともしていた。そういう努力をしている姿を見ていると、今までサインに首を振っていたピッチャーも首を振らなくなる。そして達川さんのリード通り投げて結果が出れば、それが信用、信頼になる」とレギュラー捕手になる課程を説明した。

     広島捕手陣は侍入りも果たした会沢をはじめベテラン石原慶、力を付けた磯村、坂倉そして新人の石原貴と豊富だ。「ライバルもたくさんいるし、何が自分に足りないかを良く考えてもらいたい。人よりも多くの練習、経験を積んで、投手に心から信頼される捕手になって欲しいと願うし、また彼にはそれだけの期待、実力があります」と成長を願った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-00000079-dal-base

     広島の佐々岡監督が、サバイバルと称した2次キャンプで、初の2軍落ちを言い渡した。降格するのは中村奨、メヒア、山口、ケムナと育成選手のメナの5人で、中日との練習試合後に決断した。



     3年目で初の1軍キャンプ帯同だった中村奨は中日戦に先発出場して適時打も放ったが、課題のリード面などが指摘され、「攻撃も守備も、まだ1軍レベルにない」と反省。指揮官から「また戻ってこい」と声を掛けられた20歳は「ここで腐らないように。もう一度鍛え直したい」と巻き返しを誓っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-00000245-spnannex-base

     2017年夏、広陵(広島)の主軸として甲子園に出場し、清原和博(PL学園)の記録を更新する1大会6本塁打を放って一躍脚光を浴びた広島・中村奨成捕手(20)。強打と強肩を評価され、同年ドラフトでは1位指名で中日と競合したほど注目を集めたが、2年間いまだ1軍出場はなし。プロ入りからこれまで、3年目の今季にかける思いを語った。(取材構成・坂口 愛澄)

     3年目で初めて春季キャンプ1軍スタートとなった中村奨。13日から始まる沖縄2次キャンプ行きの切符も手にして開幕1軍への生き残りを図っている。

     「今はチャンスをもらっている身。アツさん(会沢)や石原(慶幸)さんのプレーを見られ、毎日勉強できています」

     1年目はプロのレベルの高さに驚き、戸惑いの連続だった。

     「(甲子園で)あれだけ騒がれて、プロに入ってもうまくいくやろうなと思っていました。でも、プレーの一つ一つ、打球も全然違う。バットも金属から木製に変わり、飛距離が出なかった。もっともっと練習しないとついていけないと思いました」

     高校時代の栄光もプレッシャーになっていた。

     「めっちゃしんどかった。何かあれば(記事や名前が)出てくる。甲子園は自分の中では終わったものだったのに」

     2年目は春季キャンプでろっ骨を疲労骨折。復帰した6月の2軍戦では頭部に死球を受けるなど不運も重なった。その間に同年代のヤクルト・村上が36本塁打を放って新人王を獲得するまでに成長。やはり焦りはあるのか。

     「清宮、清宮と騒がれている中で村上が出てくるとは思わなかった。すごいな、とは高校の時から感じていた。焦りは特にない。争うというのも違います」

     思うように体重が増えずパワー不足を痛感。入団時から2年間で3キロ増えただけだったが、今オフは1日5食をノルマにし、79キロから83キロまで増量した。

     「遺伝子検査で太りにくい体だとわかったんです。食っても食っても増えない。ケーキやプリン、甘いものを多く食べました」

     今季こそは、の思いを胸にキャンプでは連日、居残りで汗を流す。原動力となっているのが家族の存在だ。

     「片親なので母親しかいない。おじいちゃん、おばあちゃんにも育ててもらったので、家族のために野球をしています」

     捕手陣には会沢、石原慶がいて磯村、坂倉、昨秋ドラフト5位の石原貴もいる。その一角に食い込むために必死だ。

     「早く1軍に行きたい。キャンプで結果を残して開幕1軍を目指します」

     ◆ノムさんに恩返し

     中村奨が故・野村克也さんに恩返しを誓った。12日、自身のインスタグラムを更新し、ともにキャッチャーミットを手にした2ショット写真を公開。「野村監督からお声をかけていただいた日の事は、生涯忘れません」と感謝をつづった。広島入団が決まった直後には花束とともに「母親を喜ばせてあげなさい」などと温かい言葉で背中を押してくれた大先輩。「一流のキャッチャーになります。天国からずっと見守っていてください。いつか、ビッグな選手になって喜ばせます!」と決意を新たにした。

     ◆中村 奨成(なかむら・しょうせい)1999年6月6日、広島・廿日市生まれ。20歳。小1から軟式野球を始め、大野東中では大野シニア(軟式)に所属。広陵では1年春からベンチ入り。17年夏に甲子園初出場で1大会6本塁打、大会通算17打点、38塁打の新記録を打ち立て準優勝。同年ドラフト1位で広島入団。年俸700万。趣味ゴルフ。家族は母と妹。181センチ、83キロ。右投右打。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-02120283-sph-base

    広島中村奨成捕手(20)が18日、主砲のゲキに発奮した。

    11日に鈴木誠が「僕は3年目にレギュラーを取らないとクビになると思っていた。今の子たちは遅い。そんなことをやっていると消えてしまうよと伝えたい」と記事を通して若手を一喝。プロ2年で1軍未出場の中村奨は「危機感を感じている。誠也さんの記事を読んで、僕もやっぱりやらないとやばいという気にもなった。新人捕手も2人入りましたし、さらに負けられない思いが強くなった」と引き締めた。


    打撃では「打球の力強さ」をテーマに置く。この日は広島・廿日市市内の大野練習場で行われた合同自主トレに参加し、打撃練習を実施。「去年の秋キャンプとは違って、しっかりバットを振れている感じはある」と成長を実感。練習を見守った迎1軍打撃コーチは「もともと芯に当てるのはうまいから見栄えはいい。そこに頼らず力強さを出すということを秋からやってきた。意識しているのは伝わった」と目を細めた。

    力強いスイングを求め、今オフは週5回のペースで広島市内のジム「アスリート」に通い、ウエートトレーニングを継続。秋には79キロ弱だった体重も、83キロまで増量した。キャンプまでの目標は85キロ。「キャンプで痩せた時に82キロくらいにしたいという計算はある。今の内に増やせるだけ増やしておきたい」と意気込んだ。

    昨年6月には20歳を迎え、13日には新成人として地元の広島・廿日市市の成人式に参加した。「野球のことにしろ、日常生活にしろ、まだまだ未熟者。そこも含めてしっかり大人になっていけたらと思います」。まずは1軍デビューを目指し、大人の階段を1段1段駆け上がっていく。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-01180680-nksports-base

     【球界ここだけの話)】球団創立70周年で盛り上がる今季、若鯉旋風は巻き起こるか。2018年ドラフト1位の中村奨成捕手(20)=広陵高=が19年1位の小園海斗内野手(19)=報徳学園高=に刺激を受けていることを明かした。

     「彼は結果を残しているが、今の僕には実力がない。いい意味で火をつけてくれる存在」

     中村奨は昨春、右第一肋骨(ろっこつ)の疲労骨折でキャンプから出遅れ、シーズンも1軍出場なし。一方、小園は6月に1軍デビューを飾ると、球団高卒新人最多4本塁打をマークするなど58試合で打率・213、16打点。捕手と内野手では事情が異なるが、闘争心に火がついた。

     後輩との初めて出会いは、広陵高3年時に高校日本代表として出場した2017年9月のU18W杯(カナダ)。代表メンバー20人のうち、2年は小園と大阪桐蔭高の藤原恭大外野手(19年D1位でロッテ入団)だけ。そこで声をかけたのがキッカケだった。18年秋に小園の入団が決まると、同12月の新人選手入団会見の際に「1年目でわからないこともあるだろうから、食事に行こう」と小園家全員を広島市内の焼肉店に招待した。以降、何かと気にかけている。

     そんな面倒見のいい先輩を、小園は「ジャパンのときからお世話になっている。いつか1軍の舞台で優勝を目指してやっていきたいですね」と共演を熱望。後輩のエールを受けた中村奨はこのオフ、広島市内のトレーニングジム「アスリート」に週5日のペースで通うなど肉体改造に着手。捕手は“正妻”の会沢を筆頭に層が厚く、1軍までの道のりは険しいが、奮闘している。

     「クビを覚悟してやらないといけない。ドラフト1位で入ったが、ここまで何もしていない」と中村奨。17年夏の甲子園で清原和博氏(PL学園高)の記録を更新する1大会最多の6本塁打を放った地元広島出身のスターが、後輩の活躍に刺激を受け、3年目の今季こそ1軍の舞台に立つ。(柏村翔)




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00000509-sanspo-base

     広島・中村奨成捕手(20)が29日、母校の広島・広陵高で行われた野球教室に参加した。2年連続で1軍出場がなかった中村奨は今オフ、週5回のジム通いと並行して、就寝直前にシュークリームやプリンを“爆食い”していることを明かした。パワーアップが目的で、体重は現在2キロ増えて81キロ。目標体重の85キロと、3年目の来季の1軍昇格を目指して、今夜も食べまくる。


     10学年先輩の巨人・小林(178センチ、85キロ)と並んでも“横幅”で見劣りしなくなった。母校・広陵高で行われた野球教室で地元の子供たち約320人とふれあった中村奨が、ニヤリと笑って体重アップの理由を明かした。

     「寝る前に甘いものを食べています。甘いものを食べすぎると気分が悪くなるのですが、シュークリームとプリンは何個でも食べることができますね」

     右第一肋骨の疲労骨折でキャンプから出遅れ、今季も1軍出場がなかった。3年目の来季の1軍デビューに期待がかかる若鯉はこのオフ、体重を増やしたい一心で週5日ペースで広島市内のトレーニングジム「アスリート」に通い、併せて、寝る前に1個200カロリーオーバーのスイーツを胃袋に詰め込んでいる。

     きっかけは、昨年受けた体質検査で、自身が効率よく体に吸収できるのが糖質であることが判明。もともと食が細く、シーズン中に体重を落とすなど痩せやすいことが悩みのタネだったが、“食トレ”のお陰もあって体重79キロから2キロ増に成功。目標の85キロまであと4キロと順調だ。

     2017年夏の甲子園で、清原和博氏(PL学園)を抜く1大会最多6本塁打を放った教え子について、恩師の広陵高・中井哲之監督は「体が大きくないので故障する」と指摘する。それでも、「今まで見てきた教え子の中であんなにセンスがある選手はいない。1回でも1軍を経験してほしい」とエールを送った。

     「うれしいお知らせをしたいです」と恩返しに燃える中村奨。甘くないプロの世界だが、地元広島出身のドライチがスイーツ男子になって、1軍デビューを飾る。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00000016-sanspo-base

     2019年はリーグ4連覇を逃してBクラスの4位に終わった広島。退任した緒方孝市監督に代わり、佐々岡真司新監督を迎え、2020年はペナント奪還を目指すシーズンとなる。


     メジャー移籍を目指した菊池涼介内野手が残留。4番の鈴木誠也外野手、怪我からの完全復活を目指す田中広輔内野手ら、リーグ3連覇を知る中心選手は健在だが若手の台頭はチーム力アップには必要不可欠だ。

     そこでここでは2020年期待の若手をピックアップ。未来のスター候補たちを探っていく。

    ○小園海斗内野手(2年目、19歳)
     2018年のドラフトで4球団が競合した遊撃手。田中の不振もあって1年目から58試合に出場し、打率.213、4本塁打を記録した。2020年は復活を目指す田中との競争に。さらなる飛躍、成長を遂げてほしい選手だ。

    ○林晃汰内野手(2年目、19歳)
     2018年ドラフト3位で入団した期待の大砲候補。高校時代は名門・智弁和歌山で1年夏からレギュラーを奪い高校通算49発を記録。ルーキーイヤーの昨季は2軍で4番を務めるなど102試合に出場し打率.225、7本塁打、35打点と経験を積んだ。同期入団の小園に続くスター候補だ。

    ○羽月隆太郎内野手(2年目、19歳)
     2018年ドラフト7位と下位指名で入団したが、ルーキーイヤーの昨季は2軍で89試合に出場し打率.300、9打点、23盗塁と存在感を発揮。カープの二塁には残留を表明した菊池涼が君臨するが誓い将来、小園との1、2番コンビとして期待も大きい。

    ○中村奨成捕手(3年目、20歳)
     2017年のドラフト1位。高校通算45本、17年夏の甲子園では新記録となる大会6本の本塁打を放ち“強打の捕手”として期待されたが、怪我などもありここまで1軍出場はなし。絶対的正捕手の會澤や磯村、坂倉ら層の厚い捕手陣に食らいつきたい。

    ○山口翔投手(3年目、20歳)
     2017年ドラフト2位で入団。プロ2年目の昨季は救援で1軍初登板を果たすと、初先発となったヤクルト戦では7回2死まで無安打投球でプロ初勝利を挙げた。1軍では9登板(6先発)で1勝3敗、防御率4.85、ファームでは16試合に登板して6勝6敗、防御率4.42の成績。今季は先発ローテーション定着を目指す。

    ○藤井皓哉投手(6年目、23歳)
     2014年ドラフト4位で入団。プロ6年目の昨季は1軍で4登板したが、防御率14.21と壁に当たった。一方でファームでは26試合に登板して2勝0敗、驚異の防御率0.33。今季は1軍でも快投を再現したい。

    ○エマイリン・モンティージャ投手(2年目・24歳)
     カープアカデミー出身のドミニカ人左腕。昨年5月に育成契約を結ぶとファームで結果を残して7月に支配下登録。1軍では2試合の登板も、ファームでは13試合に登板して2勝4敗、防御率2.78の好成績を残した。190センチの長身を生かした投球でフランスアに続くブレークを狙う。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200102-00651150-fullcount-base

     広島・中村奨成捕手(20)が21日、広島市内で行われたトークショーに参加し、プロ3年目の来季へ心を一新してオフを過ごしていることを明かした。入団から2年間、1軍出場がなく悲壮感を漂わせる17年度ドラフト1位。「クビを覚悟してやらないといけない」と力を込め、イベント初共演となった小園が“刺激をくれる”存在であることも明かした。


     来季こそ頭角を現すという思いがにじんでいた。トークショーの終盤。中村奨は「忘れかけられているので、(ファンに)名前を思い出してもらえるように頑張ります。次の就職先をまだ決めたくはない」と独特な言い回しで決意表明したが、それは本音だ。

     「そろそろクビを覚悟してやらないといけない年数になってきている。ドラフト1位で入ったとはいえ、何もしてないですから」

     広陵3年時に夏の甲子園を沸かせた男は、プロ2年間1軍出場なし。既に心の変化は行動に表れている。広島市内のジムには「イベントがあったら行かなかった」昨オフと違い、「最低週5回」通ってプロの体となるための鍛錬を積む。自身の試合や練習の動画を頻繁に見返すようになり、技術向上も図る。

     この日イベント初共演となったドラ1の後輩・小園は今季プロ初打席初安打を放つなど58試合に出場。背番号22は普段から食事に連れて行くなど、公私ともに交流は深いが「いい意味であの子は僕に火をつけてくれる」と刺激も受けている。

     11月のバッテリー会では先輩捕手の石原慶、会沢に「聞かれれば答える」と言われており、成長へのヒントも探る構えだ。「何が何でも1軍に上がるという思いを強くやっていきたい」。たくましい姿となり、分岐点の2020年に挑む。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191222-00000027-dal-base

     広島の2017年ドラフト1位の中村奨成捕手(20)=広陵高=と18年同1位の小園海斗内野手(19)=報徳学園高=が21日、広島市内のショッピングセンターでのトークショーに出演した。プライベートでも仲の良い2人は赤裸々トークやじゃんけん大会で約1時間、会場を盛り上げた。

     冒頭、中村奨は後輩小園の印象を問われて「舐めていますね」と“先制口撃”をお見舞い。顔を合わせると「ヨッ!!」とあいさつされると明かした上で「カープに入りたいと言っていて、入団したら可愛がろうと思っていた。(でも態度が)変わりましたね」と優等生の裏の顔!? を暴露して笑いを誘った。小園も最初は「そんなことは言っていませんよ!!」と頭を左右に振って全力で否定していたが、少し間を置いて「言っていたかも…」とゲロリ。2人の軽妙なやり取りに会場はドッと沸いた。

     中村奨が広島のオススメのスポットを紹介するコーナーでは今度は小園が暴露でお返し。中村奨が庄原のイルミネーションや尾道の高級ホテルを紹介するが、彼女と行くようなデートスポットのオンパレードにもしかして彼女がいるのでは? という空気に…。司会者の「彼女ですか?」の追求にしどろもどろの先輩を横目に、小園は「(彼女)います、います、います」と告げ口をしてしてやったりの表情を浮かべた。会場は盛り上がったが、収拾が付かなくなり、女性アナウンサーが「もしかしたらオムライス(中村奨の大好物)を作ってくれる女性がいるのかもしれないですねぇ~」と強引にまとめ、場を収めた。

     最後に来季の目標を問われた中村奨は「(存在を)忘れかけられているので、思い出してもらえるようにしたい」と決意表明。1年目の今季58試合に出場した小園は「来季は開幕から1軍に上がれるようにしたい」と誓った。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191221-00000573-sanspo-base

    このページのトップヘ