広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ヘロニモ・フランスア

     球団史上初セ・リーグ3連覇を果たした2018年の広島。シーズン序盤から首位に駆け上がると、そのまま一度も他球団にトップの座を明け渡すことなく、そのままゴールテープを切った。82勝59敗2分の貯金23。2位ヤクルトに7ゲーム差をつける貫禄のV3だった。



     昨季は苦汁を嘗めさせられたクライマックスシリーズでも、3位から進出してきた巨人に圧巻の3連勝。労せずして日本シリーズに駒を進めた。だが、悲願の日本一を狙った日本シリーズでは、ソフトバンクの高く分厚い壁に跳ね返され、1勝4敗1分で涙。1984年から遠ざかっている日本一に、またしても手が届かなかった。

     今季、広島は8人の外国人選手を抱え、4つの外国人枠の中でやり繰りした。その中でも最も衝撃的な活躍を見せたのが、5月26日の中日戦で1軍初登板を飾ったフランスア投手だった。ドミニカカープアカデミー出身の25歳は今季、育成選手として入団。左腕から繰り出す150キロ台半ばの真っ直ぐは驚愕の威力を誇り、開幕からわずか2か月で支配下契約を勝ち取った。

     当初は先発で起用されたが、中継ぎに配置されると実力を存分に発揮。シーズン終盤には勝利の方程式に欠かせぬ存在となり、47試合に投げて3勝4敗1セーブ19ホールドをマーク。防御率1.66も圧巻の成績だが、何より凄かったのは、65イニングで81三振を記録した奪三振率の高さ。広島の3連覇は年俸880万円(推定)の25歳なくしては語れないだろう。

     来日4年目となったジョンソンは2年ぶりの2桁勝利となる11勝を挙げ、健在ぶりを証明。途中加入のヘルウェグは制球に難があるものの、160キロに迫るストレートは威力十分だった。バティスタは自己最多となる25本塁打をマーク。まだまだ荒削りで、守備面の不安も残るものの、破壊力抜群のパワーはやはり魅力だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00250557-fullcount-base

     「広島秋季キャンプ」(11日、日南)

     広島の秋季キャンプが11日、宮崎県日南市の天福球場でスタートした。ドミニカ共和国カープアカデミー出身で広島の練習生、スマイリン・モンティージャ投手(23)はブルペンで60球を投げた。192センチの長身から放たれる直球は威力十分。“第2のフランスア”になれる可能性を示した。



     緒方監督が見つめる中、ドミニカンは目いっぱい腕を振った。「ちょっと球が弱かったね。普段はもっと球速が出ているんだけど」。この日の最速は148キロ。それでも悔しそうな表情を見せた。

     昨秋に初来日。今年は練習生として2軍などの練習に参加した。当初は球に力はあるものの制球はバラバラ。フィールディングも全くできなかった。日本で成功するためコーチの助言を聞き、ひたむきに汗を流してきた。

     「左投手であれだけ速い球を投げられる投手はなかなかいない。磨けばダイヤになる」と佐々岡投手コーチ。成長曲線は上昇カーブを描き、総合力は格段に上がった。無限の可能性に首脳陣は期待している。

     フランスアは今季、育成選手から支配下選手となりリーグ3連覇の立役者になった。「僕も彼の後に続いていけるように頑張りたい」。モンティージャは力を込めた。13日には実戦形式の練習に登板する予定。剛球でジャパニーズドリームの道を切り開く。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000026-dal-base

     広島のヘロニモ・フランスア投手(25)が13日、マツダスタジアムで行われた全体練習に合流し、自身初出場となるCSでフル回転する意欲を示した。今季途中から救援陣の一角として働き3連覇に大きく貢献。3日連続登板が最長だったが、短期決戦では4日連続以上、回またぎを辞さない覚悟だ。CSファイナルSで対戦する可能性がある巨人、ヤクルトともに相性が良い“GSキラー”がマウンドに立ちはだかる。

     決戦が刻一刻と迫る中、フランスアは本拠地のグラウンドで充実の汗を流した。コンディショニング調整のため9月30日に出場選手登録抹消され、「みやざきフェニックス・リーグ」の参加を経て合流。自身初のCSへ「楽しみ。初めてだからアドレナリンも出ると思う」と胸をたかぶらせ、決意も口にした。

     「4連投も大丈夫。イニングまたぎ?モンダイナイ」。今季は途中から中継ぎの一角として働き、救援としては45試合の登板で防御率0・81と圧巻の成績を残した。8月にはプロ野球タイ記録の月間18試合に登板するなど、3連覇に貢献。それでも「疲れてなかった。調子も大丈夫」ときっぱり。これまでは3日連続登板が最長だったが、勝利の方程式に入っている左腕はさらなる連続登板も辞さない構えだ。

     準備OKの姿勢も示す。9日のフェニックス・リーグ巨人戦で、9月28日のヤクルト戦以来となる実戦登板をこなすと、11日の同リーグDeNA戦でもマウンドに上がり、2試合で計2回1安打無失点。「対打者が久しぶりだと、コントロールがバラバラになるからね」と実戦感覚をきっちり養った。

     CSで戦う可能性があるヤクルトにも巨人にも好相性だ。ヤクルトには今季8試合で1勝0敗、防御率0・00。巨人には10試合で1勝0敗1セーブ、防御率1・10。「ヤクルトは一番怖いのはバレンティンで、ホームランか抑えるか。巨人は打者が我慢強い」と分析し、「いい打者に投げたい。勝ったらいい投手ってなるから」と意欲十分だ。

     1年前は練習生だったが、研鑽を積んで這い上がり、今やブルペンに欠かせない存在となった。「(抑える)自信はあります。自信を持てたらいい投手になれる」と頼もしい言葉を口にした鉄腕左腕。ポストシーズンでも、熱い闘志を前面にぶつけてみせる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00000024-dal-base

     広島のヘロニモ・フランスア投手(25)が30日、出場選手登録を抹消された。

     今季は5月下旬に1軍デビューを飾り、47試合に登板していた。肩肘などのコンディション不良が心配されるが、フランスアは「大丈夫」。高ヘッドコーチも「心配するようなことではない」と説明した。

     CSファイナルSには間に合うもようで緒方監督は「当たり前。大丈夫」と話した。

     代わって、中田が1軍に昇格した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000057-dal-base

    <広島7-3阪神>◇21日◇マツダスタジアム

    広島ヘロニモ・フランスア(24)が左腕では歴代2位タイとなる158キロを計測した。


    1点リードの8回に登板。2死二塁で迎えた糸原に対し、カウント2-2からの5球目に計測した。結果はファウルだった。

    フランスアは今季開幕前に広島と育成選手契約。5月に支配下選手契約を結ぶと、セットアッパーとして大車輪の活躍を続けている。

    15日に中日の新外国人ジョエリー・ロドリゲスが159キロを記録し、最速を塗り替えた。それまでの左腕最速は西武菊池雄星の158キロだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00338092-nksports-base

     広島の一岡竜司投手(27)が“新勝利の方程式メンバー”として奮闘している。主に七回を任され、八回のフランスア、九回の中崎と続くメンバーに勝利のバトンをつないできた。8月19日のDeNA戦から始まった連続無失点試合は「14」に伸びた。キャリアハイとなる60試合登板も到達目前だ。

     18日の練習を終えた一岡は、任されている役割の重要性を認識しながら、自然体を貫いた。「責任はどこでも一緒ですから」。勝ち試合での七回が主な仕事場。さらりと言ってのけた姿が頼もしかった。

     8月19日のDeNA戦から無失点。9月に入ってもそれを継続し14試合まで伸びた。「内容はそこまで良くない。いつかは終わります」と苦笑いも、内容が悪いなりにも抑えられる成長が頼もしい。

     ポジティブな考えを持ちマウンドに上がる。例えば逆球になったとしても「ファウルが取れれば、それを生かそうと思っている」と割り切るという。短い回を託される。だからこそ気持ちを切り替え、常に前を向き続けることが重要だ。

     ここまで55試合に投げてきた。自己最多となる60試合登板は目前だ。「体が元気なので何試合でも投げる」とキッパリ。チームのためにフル回転する覚悟がある。

     昨年、優勝を決めた9月18日の阪神戦は、野村に続き2番として七回から登板。勝ち投手になった。来たるべき“その日”も「(いつもと同じ)プレッシャーを楽しみながら投げたい」。最短で21日に球団史上初のリーグ3連覇が決まる。新勝利の方程式メンバーとして、歓喜の瞬間を手繰り寄せる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000031-dal-base

    8月の月間MVPセ・リーグ投手部門に、ヘロニモ・フランスアが選ばれた。昨年、育成枠から支配下登録され大活躍したサビエル・バティスタ、アレハンドロ・メヒアに加え、今年育成から支配下に登録されたフランスアが早くも快挙。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00010001-jsportsv-base

     広島のヘロニモ・フランスア投手(24)は11日、8月度の「日本生命月間MVP賞」を受賞し、マツダスタジアム内で記者会見を行った。

     8月は日本記録に並ぶ月間18試合に登板。0勝1敗1セーブ、10ホールド、防御率は0・51とフル回転し、「アリガトウゴザイマス。中継ぎとして獲れたことはすごくうれしい。家族にも伝えました。一番感謝したいのはお母さん、そして亡くなったお父さんにも感謝しています」と喜びに浸った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00000104-spnannex-base

     「ヤクルト3-7広島」(2日、神宮球場)

     広島・フランスアが圧巻の投球を見せた。

     4点リードの八回に登板し、山田、バレンティン、雄平のクリーンアップを3者連続三振に斬った。「今日はストレート、スライダー、チェンジアップが良かった」と振り返った。

     この日はランチにステーキを食べたという。「ちょっと疲れているけど、大丈夫」と大好きな肉で疲れを吹き飛ばしたようだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00000139-dal-base

    このページのトップヘ