広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    小園海斗

     13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、広島の小園海斗について言及した。

     小園は高卒ルーキーながら、シーズン後半から打撃不振の田中広輔に代わってショートのレギュラーで出場し、ここまで打率.223、4本塁打、16打点の成績を残す。

     江本氏は「もう少し打率を上げていかないといけないですよね」とチクリ。小園が打率をあげるために江本氏は「スイングの速さとかありますけど、ボールの読み、相手に対する対応の仕方をだんだんレベルアップしていかないと率は上がってこないですね」と語った。

     また、江本氏は小園の第1打席の空振り三振について「スイングの速さだけでは対応できないですよね。読んでストライクからボールの球がくるかもしれないとかね。見送れば完全なボールですからね」と話していた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-00202752-baseballk-base

     メスを入れる前に、あえてつまずかせた。広島・小園海斗内野手(19)は、7月下旬に一時打率3割を越えた天性の打力(15日時点で同・232)で1軍に定着する。一方、2軍では同・210と低調だった。2軍の打撃成績を上回る珍しい現象。背景には、逸材のために考え抜かれた指導方針があった。

     オープン戦では1軍に帯同し、2本塁打と結果を残してからスタートした2軍生活。朝山2軍打撃コーチの「小園改革」は、見守ることから始まった。

     「オープン戦から1軍にいたことで打席数が少なかった。だから100打席をメドにして、その時点で結果が出ていなければ打撃フォームを見直そうと思った。本人もなぜ直されるのかを納得しないといけないので」

     100打席に到達したのは、5月5日の2軍阪神戦。降格からの35日間、小園の好きなように打たせた。結果は、26打席連続無安打を経験するなど、打率・175、3本塁打、9打点の苦戦。それは、朝山、森笠2軍打撃コーチがいよいよ小園をイジり始める合図でもあった。

     朝山打撃コーチは、「構えが大きすぎてタイミングが合っていなかった」と課題に気付いていたうえで放置していたのだ。グリップの位置が投手側に寄り、さらに腕を伸ばして構えていた。それによって、トップの位置に入るまでの動作が大きく、プロの球に振り遅れていた。捕手側にグリップの位置を寄せることで、トップを作るまでの動作を省略。指導が本格化した100打席以降は、110打数27安打、13打点で打率・245と目に見えて成績が上がり始めた。

     低調だったチームの起爆剤として6月20日に昇格。11日間の1軍生活で敗戦につながるミスも犯した。「いまはあのときの悔しさをぶつけています」と振り返るように、磨きがかかる技術に加えて集中力のギアも入れ替わった。再降格後の6試合は、打率・360とさらに上昇。後半戦初戦からの再昇格を朝山打撃コーチも迷わず後押ししたという。

     同コーチは、「2軍で成績が残っていなかったように見えるけど、相当打席に立っているから打率が上がらないだけ。最後の方はかなり良かった」と成長を認める。「100打席放任」が英断だったことは、いまの小園の活躍が証明している。(記者コラム・河合 洋介)


    引用元 https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/08/16/kiji/20190815s00001173442000c.html

    広島ドラフト1位の小園海斗内野手(19)が後半初戦の15日DeNA戦(横浜)で再昇格し、1番を任される可能性が出てきた。

       ◇   ◇   ◇

    理想像はイチロー!? 小園は理想の1番に「積極的に打てて、甘い球が来たらホームランを打てる。安打の延長がホームランという意識。追い込まれれば粘って、足でも安打(を取れる)とか、嫌がられる打者」と描く。具体名は「イチロー?」と問われると「そうですね」とうなづき、「技術はまだまだですけど、そのくらいの打者になっていきたい」と大きな目標を口にした。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-07140627-nksports-base

    ■広島 3-0 中日(10日・マツダスタジアム)

     広島のドラフト1位ルーキー、小園海斗内野手が10日、本拠地での中日戦で自身2試合連続となる今季4号本塁打を放ち、1950年の紺田周三を上回り高卒新人の球団最多本塁打を更新した。1点リードの8回1死二塁で右越え2ランを放ち、チームの勝利を決定付けた。



    「前の會澤さんが打ってくれた(二塁打)ので、なんとか1本出せるように」と3球目のフォークをフルスイング。打球は一直線にライトスタンドに飛び込んだ。「しっかり狙い球を絞れて、うまく対応できた。抜けるかと思ったが、入ったのでびっくりした」と驚いた様子。

     デビューから3連勝中のドラフト2位ルーキー、梅津が相手。「フレッシュオールスターで一緒にプレーして、いい投手だと思っていた。2打席抑えられていたので、なんとか打ちたかった」としっかり3打席目で結果を残した。

     ルーキーの連日の活躍に、緒方監督は「たまにびっくりさせてくれる当たりが出るが、これからもどんどんびっくりさせてもらいたい。こうやって打つこと、走ることと、いろいろ経験していって、力を発揮してもらいたい」と目を細めた。

     後半戦からスタメンの機会も増えたが、シーズン終盤の緊迫した展開でも高卒新人らしからぬプレーを披露している。「毎回、緊張しているし、気が抜けないが、前のミスを活かせるように、一日一日、全力でプレーしていきたい」と小園。その表情は輝きに満ちていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00533966-fullcount-base

    <広島3-0中日>◇10日◇マツダスタジアム

    広島は投打がかみ合い、連勝で7連戦初戦を白星発進させた。2位DeNAにゲーム差なしとした。広島緒方孝市監督(50)の談話は以下の通り。



    -先発大瀬良投手が好投

    緒方監督 エースが素晴らしい投球をしてくれた。初回からすごく力のある球もいってしたし、どの球もしっかりコントロールできていた。その中で会沢のリードもさえていたなと見ていて思いました。今日は守り勝った野球。安部が難しい三遊間の打球を併殺にしてくれたし、センターへの大飛球を(西川が)フェンス際で取ってくれた。今日はエースの投球に応えた守り勝った野球。集中したうちらしい野球ができたなという試合でした。

    -中日先発の新人梅津を相手に積極的な打撃が目立った

    緒方監督 それしかないでしょう。相手も新人でどんどん来る投手。勝っている投手。こちらが受けるのではなく、こちらから仕掛ける気持ち。2本の本塁打で得点してくれた。

    -西川が突破口を開いた

    緒方監督 まずは先制点取れたことが大きかった。苦しい8回のところで(小園が)たまにああやってびっくりさせてくれる。どんどんビックリさせて欲しいね。いろんな経験を積んでいく中でどんどん振っていって覚えてくることもある。経験して勝負どころで力を発揮してくれるのはこちらとしてもうれしい。

    -7連戦初戦を勝利

    緒方監督 頭をこうやってエースの頑張りで取れて非常に大きいです。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-09101172-nksports-base

     15日、広島の小園海斗(19)が一軍に再昇格した。11日のフレッシュ球宴では先頭打者本塁打を放ってMVPを受賞。賞金100万円を獲得した。試合後には同じ高卒ルーキーの中日・根尾、ロッテ・藤原と3人で食事へ。仙台名物の牛タンに舌鼓を打ち、野球談議に花を咲かせたという。

    「久しぶりにゆっくり話せました。根尾とは高校で(甲子園やU18大会などで)一緒でしたし、藤原は中学の時の(枚方)ボーイズから一緒で親同士も仲がいいんです。高校のときは買い物に行くこともあって、親も一緒でしたけど、3人で洋服を買ったり。根尾はあんまり私服を持っていなかったですね。僕もおしゃれはしたいんですけど、できていないタイプです(笑い)」

     良きライバル、良き仲間である3人だが、小園にはどうにも腑に落ちないことがある。仙台での食事会の代金を、球宴MVPで100万円の賞金をゲットした小園がひとりで支払ったことだ。

    「だって、あの2人は年俸が僕の倍くらいありますからね。(賞金の)100万円合わせても僕のほうが少ない。でも、あの流れだと、ごちそうする感じだったし、断れなかった……。空気を読んじゃいました(笑い)」

     根尾と藤原の今季年俸はそれぞれ1500万円。これに対し、小園の年俸は800万円である。

     広島は4球団が競合したドラフト1位選手といえど、高卒選手の初年度の年俸が1000万円を超えることはない。夏の甲子園新記録となる6本塁打を放った昨年の中村奨成も1年目の年俸は800万円、2009年の今村猛が手にした1000万円が高卒新人の球団過去最高額で、将来のエースと期待された06年の前田健太も800万円だった。カネはプロで活躍して稼ぐもの、というのが広島のスタンスだ。そうやって、先輩選手は這い上がってきた。

     現に前半戦を振り返れば、一軍での成績は小園が藤原、根尾を凌駕している。そう水を向けると、「そうですね、今のところは僕がなんとか活躍できているかな……。フレッシュ(球宴)でもいいところを見せられたので、良かったです」と照れくさそうに笑った。

     ここまではBIG3で最も幸先のいいスタートを切っている小園。年俸で同期に差をつけられたハングリー精神も、今後の原動力になりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00000011-nkgendai-base

     「フレッシュオールスター、イースタン1-5ウエスタン」(11日、楽天生命パーク宮城)

     鋭いライナー性の打球が一、二塁間を破った。全ウをさらに勢いづかせたのは、広島のドラフト3位ルーキー・林晃汰内野手(18)のバットだ。「真っすぐを狙っていた。あそこで1本打つことができたのは良かった」。チーム2点目の適時打に目尻を下げた。

     1-0の二回2死二塁。中川虎(DeNA)の直球を捉えた。1ボール2ストライクと追い込まれながら放った適時打。取り組みの成果を示した一打は、後半戦を歩む自分の道しるべでもある。

     前半戦は打撃フォームに試行錯誤した。6月には自らの考えで両脇を極端に締めた状態で構えたこともある。球を捉える確率は確かに上がった。その一方で長打力という本来の持ち味は影を潜めた。

     6日のソフトバンク戦。左翼方向へ力強い本塁打を放ったフォームは、どっしりと構え左脇も大きく開けたものだった。「うまくいかないことがあったけど、いろいろ試して明確に分かったことがある」。後半戦は原点に立ち返り長所を伸ばしていく。

     同期入団の小園の活躍に「すごいですね」と言った。続けて「彼の活躍は僕の力にもなっている。負けないように頑張りたい」と力を込めた。パワーが林の大きな魅力。小さくても着実に一歩一歩、前へ進んでいく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00000032-dal-base

     28日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた井端弘和氏が、広島・小園海斗について言及した。

     小園は打撃不振の田中広輔に代わって、オールスター明けからショートでレギュラー出場する。井端氏は小園について「体はそんなに大きくないですけど、きっちりと初球から振れるというのは、良いものがあるんじゃないかなと思います」と評価した。

     5回無死一塁の第2打席、セーフティバントでファウルになった場面について井端氏は、「あれを自分で選択したりとか、ベンチからのサインじゃなくて、できだしたら嫌らしい選手になってくるかなと思います」と話していた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-00201118-baseballk-base

     棚ボタではない。

     広島は29日、田中広輔(30)が右膝半月板部分切除手術を受けたと発表。全治は明らかにしていない。今季は打撃不振が続き、22日には5年ぶりに登録抹消。シーズン序盤からあった痛みを押して出場を続けていたとみられる。

     6月には連続フルイニング出場が635試合でストップ。このとき、田中広の定位置だった遊撃に座ったのは、ドラフト1位ルーキーの小園海斗(19)だった。7月に小園が抹消されると、一時期は田中広がスタメンに復帰。だが、小園が再昇格すると再び控えに回った。

     三塁での起用が増えている三好匠(26)が遊撃を守ることもあるが、遊撃のスタメン起用は小園が中心。いよいよ高卒新人のレギュラー定着が現実味を帯びてきた。

     とはいえ、数字は振るわない。41試合で打率.225、2本塁打。何より8失策と守備面での課題は多い。盗塁はゼロ、四球は4で田中広に比べれば足や選球眼も劣る。

     それでもレギュラーに最も近いのは、吸収力の早さが高評価を受けているからだ。たとえば、主軸を打つ鈴木誠也が打席に向かう小園に助言すると、その直後に結果を出したり、先輩からのアドバイスをすぐに取り入れたり。見て盗む能力の高さにコーチ陣も舌を巻く。

     上司や先輩受けも抜群。レギュラーの座を奪われつつある田中広も「自分が18歳のときより全然すごいと思う。ケガをしないのが一番難しくて大事なところなので、そういう部分を含めてもすごい」と脱帽していた。

     ただ気に入られているだけでは、優勝争いが激しさを増すであろうシーズン終盤のゲームに出続けることはできない。そんな小園に対し、東出打撃コーチは「場数が大事」と言い、山田内野守備走塁コーチも「技術はまだまだの部分があるけど、経験することが何より重要」と一軍出場が成長を促すとみている。

     今年のキャンプ初日、緊張する小園に、チームのムードメーカーである上本が抱負をこう“代弁”した。

    「田中選手からショートのポジションを奪えるように頑張ります!」

     早くも目標達成か。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00000025-nkgendai-base

     侍ジャパンU-18日本代表は30日から9月8日まで韓国で開催される「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」で悲願の世界一を狙う。昨年まで2年連続で高校日本代表に選出された広島のドラフト1位ルーキー・小園海斗内野手が国際大会で戦うポイントを語った。


     小園は中学生の時に侍ジャパンU-15、高校では2年生から2年連続で侍ジャパンU-18に選出され世界の強豪と戦った。2年時にはカナダで行われた「第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」、そして昨年は宮崎で開催された「第12回 BFA U18アジア選手権」で主力として出場。

     アマ時代に何度も日の丸を背負ったが「ジャパンのユニホームは何度着ても緊張感はあります」と語る。木製バット、アウェイの地、国際審判のストライクゾーン、牽制など「想定外のことが起きるのが国際大会。そこで焦ることなくいかに自分たちのプレーができるか」とポイントを挙げた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00511778-fullcount-base

    このページのトップヘ