広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    小園海斗

     広島・小園海斗内野手(19)が4日、気迫のバッティングを披露した。宮崎・日南キャンプ3日目のフリー打撃で、56スイングのうち安打性の当たりは25本と“打率4割4分6厘”。バットを体に巻きつけるように内角球をさばき、うち3本は右翼席へと打球を運んだ。それでも「もっと確実性を上げたい」と貪欲にスイングを続けた。

     隣のケージでは同学年のドラフト7位・羽月隆太郎内野手(19)が快音を響かせていた。今季は高卒新人ながら1軍で58試合に出場した小園は「(1軍では)ずっと1人というか、一番年下だったので、一緒にできるのが大きいです。仲のいい新人で盛り上げていければいい」と、モチベーションが高まっている様子だ。

     4球団競合の昨年ドラフト1番星。秋季教育リーグのフェニックス・リーグでも3本塁打をマークしたが、打率は2割台に低迷。一方、1軍未出場でドラフト最下位指名の羽月は、同リーグで打率3割を大きく超える成長ぶりを見せた。「(羽月?)すごいです」という言葉に偽りはない。「絶対に負けないぞという思いがあります。それがなくなると野球が終わってしまう」と危機感を持って練習に打ち込んでいる。

     プロ入りして出会った人物に野球観を変えられたという。背番号51の前任者、鈴木誠也外野手(25)だ。「セ・リーグで一番打っている(首位打者)のに、(凡退して)悔しがっている姿をベンチで見ました。打てなかったら、最後まで居残ってバッティングしている音も聞こえてきました。野球に対する姿勢がすごいです」。球界を代表する打者なのに誰よりも努力を惜しまない。俺もいつかは―。気持ちを奮い立たせてくれる偉大な先輩が同じチームにいることに感謝している。

     目指すのは誠也のように走攻守すべて高いレベルの選手になることだ。「首位打者も(いつかは)狙いたいです。厳しいですけど」。急成長した羽月と切磋琢磨(せっさたくま)して、誠也先輩のように押しも押されもしないスター選手になってみせる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00000135-sph-base

     広島・小園海斗内野手(19)が1日、秋季キャンプ地の宮崎県日南市に入り、打撃のレベルアップを誓った。秋季キャンプのテーマは、みやざきフェニックス・リーグから継続して「甘い球を一発で仕留めること」。実戦漬けとなる今キャンプでも持ち味の積極性を忘れず、確実性アップも目指す。

     野球漬けとなる日々を前に、ルーキー小園は心を躍らせていた。今季は高卒1年目ながら1軍の舞台を経験。「シーズンで課題がすごくあった。打撃、守備、走塁の課題を克服できるようにやっていきたい」とレベルアップへ目を輝かせた。

     ここ数年、秋季キャンプでは実戦が行われていなかったが、今秋は最大8試合を実施。早くもキャンプ2日目に予定され、10月のみやざきフェニックス・リーグから「ボール球を見極めて甘い球を一発で仕留めること」をテーマに掲げる小園にとっても、絶好のアピール機会となる。

     バットも振って振って振りまくる。「結構振ると思う」と猛練習は覚悟の上だ。シーズンの後半は疲労からスイングに狂いが出たと振り返り「スイング力を高めていきたい。そういうところで成長できるようにやっていきたい」と力を込めた。

     佐々岡監督は若手のアピール合戦を心待ちにする。「結果内容、取り組む姿勢」を求め、「フラットに考えたい。横一線。競争の中で、チャンスをモノにできるか」とサバイバルをあおった。

     「自分の成長のために頑張るだけです」と小園。東出2軍打撃コーチは「来年は15発打ってほしい」と期待。朝から晩まで、猛特訓に身を投じる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00000021-dal-base

    <みやざきフェニックスリーグ:広島-西武>◇20日◇日南

    広島小園海斗内野手がみやざきフェニックス・リーグ西武戦(日南)で1発を含む3安打を放ち、遊撃取りをアピールした。


    3番二塁で先発し、3回に渡辺の内角高め直球を右越えに3ラン。5回には報徳学園の6学年先輩にあたる田村から右前打を放った。来季は右膝手術から復帰する田中広と、定位置を争う見込み。「まだまだ(田中)広輔さんに追いつけない。少ないチャンスをものにしてレギュラーを取れるように」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-10200744-nksports-base

     「フェニックス・リーグ、広島9-7西武」(10日、南郷スタジアム)

     広島・小園海斗内野手が2試合連続弾をマークした。

     「3番・遊撃」でスタメン出場し、一回無死一、二塁。1ボールからベテラン・内海の外寄り直球を右翼席へ運ぶ先制3ランとした。

     前日のDeNA戦では右腕・進藤から2ランを放っていた背番号51。「一発で仕留められた。(5打数1安打と)他の打席がダメだったので、(安打を)2、3本打てるようにしたい」と力強く話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00000147-dal-base

     広島・小園海斗内野手(19)は8日、フェニックス・リーグの韓国ハンファ戦で、“人生初”となる二塁でフル出場した。5度の守備機会を無難に処理。小園が複数ポジションを守れれば、田中広との併用が可能となるだけでなく、メジャー挑戦の意向を示している菊池涼の不在にも備えられる貴重な新オプションとなる。

     佐々岡政権の始動を前に、早くも新オプションが蓄えられている。フェニックス・リーグ開幕2日目にして、小園が人生初の守備位置に就いた。「1番・二塁」でフル出場。初回先頭の二塁へのゴロを無難にさばくと、強烈な正面のゴロあり、2度の飛球ありとパターン豊かな計5度の守備機会に恵まれた。準備期間は試合前の守備練習だけながら、失策なしと持ち前の対応力だけで乗り切った。

     「景色が違いました。ノックとか遊びながらでしかやったことがなかった。ショートよりも(一塁が)近いので、まずはしっかり捕ろうと思っていました」

     秋季リーグに帯同している内野手は、6人のみと少数精鋭。水本2軍監督の方針で、全内野手に複数ポジションを課すことが決まった。「けん制にバントシフトに覚えることはたくさんある。二塁のことが分かれば、ショートでも指示が出せる。いろんなことができれば、自分の幅も広がると思います」。今秋は、ウエスタン・リーグで5試合のみだった三塁にも挑戦する予定だ。

     新体制のカギを握る新オプションになるかもしれない。正遊撃手だった田中広は8月下旬に右膝を手術。来春キャンプでの合流を目指しており、完全復活となれば、小園を三塁起用するなど併用も可能になる。また、菊池涼は今オフにもメジャーに挑戦したい意向を示しており、名手不在を想定した備えも必要。玉木2軍内野守備走塁コーチは「(1軍でも)可能性がないことはない」と明言しており、来季に間に合うように本格挑戦する。

     昨秋から外野に挑戦した西川が中堅で定位置をつかむなど、複数ポジション習得が選手層の厚さにつながってきた。高ヘッドコーチは坂倉、磯村の内野挑戦プランも温めているという。

     「試合に出られることが増える。自分の任されたところでアピールしていきたいです」。小園にとっては勉強の一環ともいえる新ポジションは、V奪還の重要な一手となる可能性もある。 (河合 洋介)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00000006-spnannex-base

     赤ヘルの黄金新人が歴史にまた名を刻んだ。広島・小園海斗内野手(19)が10日の中日戦(マツダ)の1―0の7回、相手先発・梅津から球団の高卒新人最多本塁打記録を塗り替える4号2ランを放った。チームは3―0の快勝で2位DeNAにゲーム差なしと肉薄。厳しい夏場を乗り越え、ひょうひょうと激戦の輪に加わる19歳に周囲は驚きを隠せないでいる。

     小園は3連勝中の大卒新人右腕のウイニングショットを狙っていた。7回一死二塁の第3打席、3球目のフォークがやや浮くと、フルスイングで右翼ポール際へ弾丸ライナーを運んだ。1950年に紺田周三がマークした球団の高卒新人本塁打記録を69年ぶりに更新。出場機会がなかった8日の阪神戦を挟んで2戦連発の大仕事には、緒方監督も「びっくりさせてくれる」とうなるばかりだ。

     8回零封で11勝目の大瀬良、16号先制弾の西川と3人で上がったお立ち台では「(大瀬良)大地さんに1点でも多く、僕が打って、と思っていました」と初々しい笑顔を浮かべ、鯉党の喝采を浴びた。その後の囲み取材ではメモリアル弾の手応えを聞かれて「抜けるとは思いましたが、入るとは…」と振り返ったが、その裏にはプロの先輩たちも驚く成長がある。

     高校2年次に食事を見直して74キロから81キロまで体重を増やし、プロ入り時は公称84キロ。周囲によれば、現在はさらに2キロほど増えているという。たかが2キロではない。チームスタッフは「プロの練習は甘くないし、一軍で試合に出続ければいやでも重圧と緊張で体重は減る。ましてや高校生。それが増えているというんだからアイツは大物だよ」と舌を巻く。

     体重だけでなく、日々の猛練習でスイングスピードに力強さ、飛距離も増してきた。辛口の広島OBたちも「トリプルスリーを狙える逸材」と口を揃える鯉の希望の星はすくすく育っている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000030-tospoweb-base

     広島の小園海斗内野手が26日、マツダスタジアムでの全体練習に参加。中日・根尾との対戦を心待ちにした。



     根尾は27日に初めて1軍に昇格するのが濃厚で、1軍の舞台で再会するのは、初めてになる。プロのユニホームに袖を通して“初対決”した4月2日のウエスタン中日戦では、根尾が無安打だったのに対し、自身は二塁打を1本を放った。

     高校時代から互いに切磋琢磨(せっさたくま)してきた存在。「高校のときからショートのライバルだと思ってやってきた。一緒に1軍でプレーできるのは大きい」

     チームは今季最終戦となる27日に勝利すれば、自力でCSの出場権を手にできる。リーグ4連覇こそ逃したものの、日本一への挑戦権を手放す訳にはいかない。

     この日は全体練習終了後、1時間にわたって東出打撃コーチからマンツーマンで打撃指導を受けた。小園は「1つでもチームに貢献できるようにやっていきたい」と気持ちを引き締めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00000107-dal-base

     広島が25日、マツダスタジアムで全体練習を行い、小園海斗内野手(19)が居残りティー打撃を敢行した。

     先輩たちの居残り練習も一段落したところで、ドラフト1位の若武者がティー打撃用のネットに向かった。そこには東出、迎の両打撃コーチが待ち構えていた。マンツーマンではなく“ツーメンツーマン”の豪華な指導。両コーチの言葉にうなずきながら、時折笑顔、時折厳しい表情を浮かべて、1球ずつ丁寧にスイングを続けた。

     9月10日の段階で打率は2割3分3厘だったが、以降の9試合で29打数3安打と振るわず2割1分3厘に下降した。主にスイングの際につくるトップの形について指導を受けたという小園は「できているときもあるんですが、バラバラなので率が残せていない。当たり前のことができる(鈴木)誠也さん、(西川)龍馬さんのような選手に自分もなりたいです」と語気を強めた。

     今後はポストシーズンだけでなく、長く正遊撃手として鯉を引っ張っていくべき存在。「使っていただけるのは本当にうれしいことです。まずチームに1つでも貢献できるようにやっていきたい」。まずは勝てば3位が確定する27日の今季最終戦(中日戦・マツダ)で、持ち前の全力プレーを見せつける。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-00000137-sph-base

    広島小園海斗内野手が東出、迎両打撃コーチが見守る中、居残り特打を行った。

    トップの位置を安定させながら「1・2・3」のタイミングではなく「1・2・の・3」の間合いを意識。身ぶり手ぶりでの指導に「(打ち)ミスを減らしていかないと率も残せない。アウトのなり方も良くなっていくと思う」とバットを振った。


    高卒新人ながら、57試合に出場して打率2割1分3厘。打撃内容向上を目指す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-09250809-nksports-base

     広島の小園海斗内野手(19)が2日、“大谷超え”を新たな目標に加えた。今季、ここまで32安打を放っており、日本ハム時代の大谷(現エンゼルス)が高卒1年目でマークした45安打を射程圏に捉えている。残り17試合で14安打と、大きな成長曲線を描く若鯉にとって、決して不可能ではない数字を追い求めていく。

     1年目のシーズンが佳境を迎えつつある。大きな期待を背負ってきた小園は、成功も失敗もすべてを糧として成長を遂げてきた。残りは17試合。「得点につながる打撃」を目指しながらも、個人としては球史に名を刻む大谷の数字を目標に定める。

     「きついかもしれないですね。でも頑張ります」

     ここまで44試合の出場で32安打。高卒1年目の安打数としては清宮(18年・日本ハム)と肩を並べている。上位には41本の松井(93年・巨人)らがおり、球団では東出(99年)の53本が最多。残り試合数を考慮すれば球団記録の更新は難しいが、大谷の45本は視界に入っている。

     7月15日に再昇格し、田中広に代わってスタメン出場は増えたが、8月の月間打率は・190に終わった。初対戦する投手が多いことに加え、相手球団に研究され、本来のスイングをさせてもらえないことが打率低迷の要因と自己分析した。

     「振りに行けずに終わっているというのがある。そこが足りないところ。1球で仕留め切れないと、プロは打てない。追い込まれては簡単には打てない」

     練習ではセンター返しを心掛け、目指すスイングができているが、試合では「できていない」と言う。続けて「練習の(ための)練習になっているんじゃないか。試合につながる練習をやらないとダメだなと思っています」と課題を口にする。

     “プロの壁”を乗り越えて目指す大谷超えへの14本。意識の持ち方を変え、取り組む姿勢に変化を持たせなければいけないと思えたのも、1軍で出場し続けてきたからこその経験だ。

     迎打撃コーチは「どんどん振って行ってほしい」と背中を押す。バットを振らなければ得られないことが大半。積極性を貫いて感じたことを次に生かし、成長の階段を上ってほしいと願っている。

     19歳は「1日1本というのは自分の中ではある」と前を見据えた。開幕1軍など、目標に対してブレることなく突き進み、それを実現してきた。3日からは初本塁打を放った神宮が舞台。思い切り振り抜き、安打を積み重ねていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00000016-dal-base

    このページのトップヘ