広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    長野久義

     2016年からセ・リーグ3連覇も、昨年は4位に沈んだ広島。緒方孝市氏が監督を退任して佐々岡真司氏が就任した今季、レギュラー争いも1からのスタートになりそうだ。ここでは2020年のカムバックに期待がかかる選手たちを取り上げたい。


    ○長野久義外野手(35歳)

     新人王(2010年)、首位打者(11年)、最多安打(12年)を獲得した巨人のスターが、FA移籍した丸佳浩の人的補償として昨季加入した。しかし、72試合出場で打率.250、5本塁打、0盗塁。ルーキーからの2桁本塁打は9年連続で途絶えた。ただ、8月にバティスタがドーピング違反で出場停止になり、出場機会を確保すると調子を上げ、9月には打率.313をマークしたのは好材料。今季はまだまだ衰えない姿をアピールしたい。

    ○田中広輔内野手(30歳)

     2016から3年連続フルイニング出場でリーグ3連覇に貢献した。2017年は打率.290、35盗塁で盗塁王に輝く活躍だった。しかし、昨季は打撃不振に陥り、フルイニング出場が635試合、連続出場が636試合でストップ。93試合で打率.193、8盗塁に終わった。今季は選手会長に就任、小園とのレギュラー争いに挑む。

    ○堂林翔太内野手(28歳)

     2009年の夏の甲子園を中京大中京高の4番エースとして制覇し、ドラフト2位で入団した。入団3年目の2012年開幕戦で1軍デビューすると、全試合に出場してチーム最多の14本塁打。オフには野村謙二郎監督(当時)の背番号「7」を受け継いだが、12年の成績を超えられずにいる。昨季は28試出場に終わったが、9月には5年ぶりのサヨナラヒットも放った。佐々岡新監督となり、プロ11年目は勝負の1年となる。

    ○薮田和樹投手(27歳)

     亜大から2014年ドラフト2位で入団。3年目の2017年に38登板(15先発)で15勝3敗、防御率2.58とブレークし、最高勝率に輝いた右腕。しかし、2018年は9登板(4先発)で2勝1敗、防御率5.74、昨季は4登板(2先発)で0勝2敗、防御率9.24に終わった。2年間で39回1/3を投げて42四球の制球難を改善して再起を図りたい。

    ○岡田明丈投手(26歳)

     大商大から2015年ドラフト1位で入団。1年目から先発ローテーションに定着して日本シリーズでも好投し、2017年には24登板(22先発)で、12勝5敗、防御率4.00と活躍した。しかし昨季はプロ入り最少の3登板(2先発)に終わり、防御率は14.14。巻き返しなるか。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00653430-fullcount-base

     愛の提言だ! 広島・長野久義外野手(35)が12日にマツダスタジアム内の球団事務所で来季の契約を更改。5000万円減の1億7000万円プラス出来高払いでサインした。会見では不本意な成績をわびて来季の巻き返しを誓ったが、激動の移籍1年目を振り返る節目の日に「伝えたいことがある」と本紙を通じて球界にメッセージを発信。当事者の一人として、FA人的補償の制度改革を叫んだ。

     衝撃の移籍で幕を開けたプロ10年目は最少の72試合出場にとどまり、打率2割5分、20打点。夏場には長期の二軍生活を経験するなど、消化不良の一年となった。「ユニホームの色が変わって、背番号も変わって、場所も変わって。初めてのことばかりで戸惑うこともありましたけど、すごくいい経験をさせてもらいました」と振り返り、「チームが勝てなかったことが悔しいですし、自分の成績も良くなかったので申し訳なく思っています」と素直に頭を下げた。

     20%を超える減俸をのみ、FA権を行使せず残留を決断。言い訳の利かない移籍2年目のシーズンへ向けて「やるしかないので、頑張ります」と短い言葉に決意を込めた。スロースターター返上へ、今オフは走り込みで下半身をいじめ抜くという。

     ただ大幅ダウンでもしんみりムードで片付けないところはさすがで、神妙な表情の報道陣に対して「自主トレは尾道で」と返すなど、軽妙なやりとりで緊張をほぐす場面も。交渉直前には「たまたま通りかかった」と、地元テレビ局の人気情報番組に飛び入りサプライズ出演。「この番組を球団の人が見ているかもしれないので、少しでもアップしてもらえれば」とちゃめっ気も振りまいた。

     ダウン更改でも周囲や地元ファンへのサービスを忘れないのが長野らしかったが、本紙はこの日、いつになく真剣なトーンで、あるメッセージを託された。「これは今だからこそ、僕が言うべきことだと思いまして」。テーマは古巣の巨人・原監督が「撤廃」を主張していることでも話題のFA補強に伴う人的補償制度について。その当事者が移籍1年目のシーズンを終えた節目で口を開いた。

    「今後の補償に選ばれる選手のためにも、通達のタイミングをもう少し早めてもらえたら。(FA合意の公示を起点に)40日以内というのは少し長すぎますよね。できれば年をまたがず、年内には決まるようなシステムになればいいなと」

     巨人時代に選手会長も経験した長野はFAやトレード、議論中の現役ドラフトなどで移籍が活発化すること自体は歓迎の立場。“戦力の均衡”を目的とした人的補償制度も理解しているが、問題視しているのは現行制度の中身にある。丸の移籍合意が公示されたのは昨年12月11日だった。

    「僕の場合、正式に決まったのがアメリカに滞在中の日本時間1月7日。最初は『帰ってきてくれ』と言われたのですが、球団の厚意で向こうにとどまることを許してもらいました。でも若い選手の場合はそうはいかないケースも出てくるでしょう。トレーニング施設やホテル、練習相手の手配などをキャンセルして、帰国の航空券を手配したりするのは負担になります。おそらく練習どころではなくなる選手も出てくるでしょう。この制度で移籍する選手の立場について、もっと真剣に考えてもらえたら」

     普段は前に出ることを嫌う長野が意を決して言葉を発したのは、真に今後の補償選手たちの身を案じてのこと。今冬もBランク以上のFA選手を獲得したロッテ、楽天が互いに28人のプロテクトリストを提出済みだが、両球団から補償選手の獲得発表はまだない。

     ただ長野の場合、通達が年明けまで長引いたのは昨年の契約更改が12月21日とチーム内で最も遅かったという事情もあった。通達時期を早めた場合、未契約更改選手の新年俸査定をいかに行うのかという難題も生じる。事はそう簡単ではない。

     それでも某球団幹部は「心情は分かるし、無理な話とは言い切れない」と議論の余地はあるとした。この件に関してはプロ野球選手会の内部でも「現役ドラフトより、現行のFA制度改革を優先すべき」との声も上がっているといい、選手間の関心は高い。球団間の論理だけではなく、選ばれる選手に寄り添ったより良い制度に――。長野の叫びは球界に響くか。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-00000021-tospoweb-base

    “チョーさん”がショッピングモールに来た! 広島長野久義外野手(35)が14日、石原慶幸捕手(40)とともに広島市内のショッピングモールで行われたトークショーに参加した。



    今オフ、広島で行われるイベントで唯一登場となる「生・長野」を見ようと、抽選券が得られる前日からファンが殺到。限定150人に750人の応募があったという。当日も、抽選に外れたファンや買い物に訪れたファンが2階や3階からも見下ろすほどの盛況ぶりだった。

    質問コーナーで「好きな食べ物」を聞かれると「ハンバーガー好きですね」と答え、「マツダスタジアムにも僕の(選手メニューの)ハンバーガーが売ってるのでぜひ食べてください」と宣伝を忘れなかった。これほど近い距離でファンと触れ合うイベントは巨人時代を含めてプロ初という。写真撮影や握手などでの触れ合いに「楽しかったです」と笑顔で振り返った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191214-12140240-nksports-base

    広島長野久義外野手(35)が12日、広島市内の球団事務所で契約更改に臨み、5000万円ダウンの年俸1億7000万円でサインした。



    会見では「10回目の契約更改になりますけど、1回も値段は言ったことがないので、控えさせてください」と金額の明言は避けたものの、23%の大幅減となった。

    巨人にFAで移籍した丸の人的補償で加入した今季はプロ10年目で自己最少の72試合の出場にとどまり、打率2割5分に5本塁打、20打点といずれも自己最低だった。「チームが勝てなかったことが一番悔しかった。その中で自分の成績も良くなかったので、申し訳なく思っています」。

    再起へ今オフのテーマには下半身の強化を掲げた。「夏場以降足が動くようになっていた。その辺がよかったと思った。(オフは)走り込みを中心にやりたい」。序盤は本領を発揮できず、7月上旬に2軍降格。8月下旬に再昇格を果たし、9月は打率3割1分3厘、3本塁打、12打点と奮闘した。復活の理由を「(2軍の)由宇の外野がベンチから遠いので、いっぱい走り込みました」とニヤリ。自主トレ場所は例年明かしていないが、「尾道で…」と長野節のリップサービス全開で、極秘を貫いた。

    この日マツダスタジアムを訪れた高ヘッドコーチが秋季練習中に長野が「気合入れて、もう1回やります」と話していたことを明かした。2月春季キャンプは「暖かいところで」と体調を考慮し、2軍・沖縄キャンプ始動プランを検討中。今季終盤の活躍について、高コーチは「あれが本来の姿。スロースターターと聞いていたけど、チームはなるべく開幕ダッシュをしたい。来年は開幕も早まるので」とシーズン序盤での活躍を期待した。

    今オフには保有していた海外FA権を行使せず残留。「このチームで優勝したいという思いと、カープファンの皆さんに格好いい姿を見せたいと思ったのが一番の要因です」とあらためて残留決意の理由を打ち明けた。広島移籍2年目の来季は開幕からフル回転で逆襲を期す。【古財稜明】



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-12120776-nksports-base

     広島・長野久義外野手が12日、マツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、5000万減の1億7000万円プラス出来高払いでサインした。球団には「まだまだできるぞ」と声を掛けられたといい、「本当にまだまだやらなきゃいけないなと思いました」と力を込めた(金額は推定)。



     移籍1年目の今季は72試合に出場し打率・250、5本塁打、20打点。終盤の9月は全試合スタメン出場し力を発揮したものの、いずれも自己ワーストの数字が並んだ。「チームが勝てなかったことが一番悔しかったですし、その中で自分の成績も良くなかったので、申し訳なく思っています」と振り返った。

     海外FA権を保有していたがシーズン後、行使せずに残留を決意。「このチームで優勝したいという思いと、カープファンの皆さんにかっこいい姿を見せたいと思ったのが一番の要因です」と改めて思いを語った。

     来季プロ11年目。「やるだけなので。とにかく頑張ります」と力強く話した。

     



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00000100-dal-base

    広島長野久義外野手が35歳の誕生日にレギュラー奪取を誓った。巨人から移籍した今季は、プロ10年目にして自己最少の72試合の出場にとどまり、打率2割5分、5本塁打、20打点。


    来季へ向け「もちろんそこ(レギュラー)を目指してやらない選手はいない。しっかり出られるように。やるしかない。いい1年にしたい」と覚悟をにじませた。この日は大阪市内で行われたミズノアンバサダーズミーティングに参加。今季途中に西川から譲り受けていた赤と黒色の外野用グラブを、形を変えずに黒とグレー色に変え、来季からの使用を検討している。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-12060897-nksports-base

    2009年から野球部が休部状態になっている日産自動車が30日、厚木市営玉川球場で今年で10年目となる地域貢献を主眼とした野球教室を開催した。


    厚木市、伊勢原市の少年少女野球チーム12チームから、小4~6年までの140人が集まり、日産自動車野球部OB21人と東芝、JX-ENEOSなど他企業の社会人チームからゲスト指導者14人が出席した。

    一流の指導者に教えてもらえるため、開始前から楽しげな雰囲気だった球場は午前9時、サプライズゲストとして、広島の長野久義外野手(34)がコールされ、上下黒ジャージーの長野がさっそうとグランドに登場すると、子どもたちの興奮はマックスに達した。叫び声とも悲鳴ともつかない絶叫と歓声が響き渡った。

    フランクな長野はすぐに子どもたちの輪に溶け込んでいく。接し方はさりげなく、スマートだ。外野手の捕球練習に顔を出すと、「捕れるかなあ」。わざととぼけた表情を浮かべつつ、子どもたちの注意を引きつけながら、お手本の捕球動作を実演。すると、すぐに少し離れたグループの子供から「長野さん、こっち(のグループ)にも来て」と声がかかる。「すぐあとで行くよ」。ここでも長野の言葉はその場を和ませ、楽しげな空気は外野芝生一杯に広がっていく。

    打撃練習に移ると、女子児童がコーチに促されるように長野の前にやってきて素振りをはじめた。めったにない機会だ。女子児童は目いっぱいバットを振る。そんな姿を黙って見つめながら、足の動きをワンポイントだけアドバイス。「あとは完璧」と、端的に褒めた。

    すると今度は、この様子を見ていた左バッターの男子児童が単身で目の前に進み出てバットを振り出す。「僕のスイングを見て」。そう言っているかのように、必死でバットを振る。すると長野は今度は「僕は右だから、左打者はまったくわからないよ」と言いながらも、真剣にスイング軌道を目で追った。男子児童にとっては何物にも代え難い夢のような時間だったに違いない。

    極めつけは、指導者の子供が長野にプロ打者の物まねを披露した時だった。まだ幼稚園に通っていると思われるその子は、父親から「じゃ、次は筒香」「坂本勇人」。「ソトは?」と次々とお題を出されると、懸命に物まねを見せる。ソトのまねでは、父親が「もっと(本物は)ヒッチ(打つ直前にグリップを上下に動かす)してない?」と言うと、その子は「最近はしないよ」と即答。そんな2人のやりとりを、これまた長野は心底感心した様子で見入っている。最後に「じゃ、丸は?」と父親が言うと、見事に丸らしい足の振り下ろし方とスイング軌道を再現。「ああ、これね、この動きだね」と、長野は自身と入れ替わりに巨人に移籍した丸の物まねに感嘆の声を上げていた。

    長野は社会人野球のHondaから09年にドラフト1位で巨人に入団。そして今年1月、丸が広島から巨人にFA移籍したことに伴う人的補償として、広島移籍。日産自動車野球部とは直接の関係はないが、野球教室前に行ったあいさつでは「日産自動車の方には大学生のころからお世話になっていました。野球教室をやっていると聞きましたので、お手伝いさせて下さいとお願いして今日を迎えることができました」と、いきさつを手短に説明していた。

    野球教室が終わりに近づいた時、報道陣の取材に対応した長野は、日産自動車野球部への思いについて聞かれると丁寧な口調が一瞬止まった。「僕は何かを言うには難しい立場ですので」と真顔になった。それでコメントは終わるかなと思ったが、意を決したように言葉を続けた。「社会人野球や(大学時代の)全日本などで日産野球部のみんなとは仲間として野球をしてきました。今は1人の社会人野球ファンとして、日産には復活してほしいですね」。

    今、日産自動車は苦境に直面している。今年の4月~9月期の連結決算では、前年同期比の営業利益は実に85%減という厳しさだった。難しい局面だけに野球部復活という道程はこれからも苦難が予想される。しかし、この日長野をはじめとした他企業の社会人野球部出身者がかけつけた姿には名門日産野球部へのエールが、そして地域住民からは日産野球部への愛着がそこかしこに感じられた。

    本業を巡る企業間の戦いとは別次元として、野球の世界においては、選手間の絆は、そんな垣根は軽々と超えていく。すべてのメニューが終わった後、長野は140人全員にサインをした。サインをしてもらうため、行儀よく一列に並ぶ子どもたちと、丁寧に応じていく長野。決して暗い未来ばかりが待っているわけじゃない。【井上真】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-11300434-nksports-base

     広島・長野久義外野手が25日、広島県内で行われた選手会ゴルフに初参加した。

     石原、松山、会沢とともにラウンド。アウト51、イン53でグロス104の結果だった。自己ベストは「分からない」と苦笑いしていたが、「すごく楽しかったです」とキラリと白い歯をのぞかせた。ゴルフコンペの後は、選手会納会に参加した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-00000144-dal-base

    来年もカープ! 広島長野久義外野手(34)が1日、海外FA権を行使せずに残留することを発表した。昨オフに巨人へFA移籍した丸の人的補償で広島に加入。移籍1年目の今年はプロ入り最少の出場数に終わったものの、終盤に4番として打線をけん引した。チーム内では実績が群を抜くだけに、新指揮官の期待も大きい。石原、クリス・ジョンソンに次ぐチーム年長者が佐々岡カープの先頭に立つ。



       ◇   ◇   ◇

    残留表明も、長野らしく笑顔だった。「FAの紙を提出してきました」。長野の発言に言葉を失い沈黙する報道陣を見てうれしそうに「うそですよ~」と笑った。人を喜ばせようとするサービス精神を決断日にもさく裂させた。「来季も広島か?」との問いには「もちろん」と力強くうなずいた。2年目の来季への意思表示のようだった。

    宣言期間最終日での結論となったが、最後まで移籍を考えていたわけではなかった模様だ。鈴木球団本部長と交渉できる日程も影響した。何より表明まで、長野流で誠意を示してきた。免除されたマツダスタジアムでの秋季練習に数日、志願して参加。佐々岡新監督にあいさつし「10月中はみんながいるので、体を動かしておきたい」と後輩たちと汗を流した。キャンプ参加の若手に加え、新たに1軍コーチとなった全首脳陣が顔をそろえた30日もウオーミングアップまでともに過ごした。この日まで言葉にすることはなかったが、行動で残留意思を示しているようだった。

    移籍1年目の今季は1カ月半にわたって2軍生活を送り、出場試合はプロ入り最少の72試合に終わった。打撃3部門で自己ワースト。シーズン終盤に4番として打線をけん引した働きも、実績あるスラッガーには納得できるものではなかった。「チームが勝てなかったことがすごく悔しいですし、個人的にもふがいないシーズンでした」。広島でやり残したことは、まだある。

    キャンプ地宮崎・日南で吉報を聞いた佐々岡監督は「チームの力になってくれると思う。残ってくれてチームにとって大きい」と喜んだ。長野だけでなく、この日の菊池を含め、会沢、野村がFA権を行使せずに残留を決めた。「皆さんの心が通じたと思います」と鈴木球団本部長。佐々岡監督が掲げる一体感を、広島がまた強くした。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-11010859-nksports-base

    再会、そして再戦へ。広島長野久義外野手(34)が25日、マツダスタジアムでの全体練習に参加した。巨人阿部の引退表明後、初めて公の場に姿を見せて先輩への感謝の思いを口にした。


    すでに優勝を決めている巨人と再戦するには、CS圏内の3位に入らないといけない。まずは自力進出へ、27日中日戦で必勝を期す。

       ◇   ◇   ◇

    普段はあまり多くを語らない長野が珍しく胸の内を言葉に乗せた。昨年までのチームメート巨人阿部が引退を表明。直接連絡をもらい「頑張れよ」と声をかけられた。プロとしての姿勢、主力選手としての立ち居振る舞いなどを教えてくれた先輩への感謝と再戦の思いが自然と口をついた。

    「9年間、本当に一緒にプレーさせてもらって勉強になりました。自主トレに連れて行ってもらって、野球だけでなくいろんなことを教えてもらいました。寂しいですね」

    10年の巨人入団から昨年までお世話になった。11年からはグアム自主トレに同行。野球に取り組む姿勢だけでなく、痛みに耐えながらグラウンドに立ち続ける背中を見てきた。「捕手という一番大変なポジションで毎日試合に出る準備を教えてもらった。(自分が)ケガをしても痛いとは言えなかったのは、阿部さんがいたから」。最後はいたずらっぽい笑顔を見せたが、学んだことは数え切れない。ともに過ごした時間は長野の血肉となっている。

    今年は敵として戦った。広島は4連覇こそ逃したが、優勝した巨人と再戦するチャンスは残っている。3位に入り、クライマックスシリーズ(以下CS)に勝ち進めば、ファイナルステージで対戦することになる。阪神が残り3試合で1試合でも落とすか、27日の中日との最終戦に勝利すればCS進出の3位が決まる。「(再戦の)チャンスもあるので、しっかり27日の試合をみんなで勝つことを、だと思います」。中軸での先発出場が見込まれる最終戦で必勝を期す。

    9月は月間打率3割3分3厘を残し、最近3試合では打率5割3分8厘、1本塁打、5打点をマークする。巨人時代にCS36試合を経験し、日本一も知る長野が日本シリーズ出場権をかけた最高の舞台での再会を目指す。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-09250797-nksports-base

    このページのトップヘ