広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    長野久義

    広島・長野久義外野手が元気いっぱいだ。移籍2年目の今季は序盤こそ代打起用がメインだったが、スタメンに定着した今月は36打数14安打の打率3割8分9厘、3本塁打、10打点の大暴れ(8月10日時点)。〝夏男〟ぶりをいかんなく発揮している。


    ただ、昨年の夏は屈辱にまみれた。7月初旬に二軍へ降格すると、2か月近くファーム生活を送った。8月末に再昇格して9月は中軸を任されたが、プロ10年目で最少の72試合出場にとどまり、打撃成績も全てワースト。本人は相当悔しい思いをしたのだろう。  昨年のちょうどこの時期だ。8月12日からマツダスタジアム最後の巨人3連戦。広島は1勝2敗で負け越し、4連覇は事実上消えた。長野は古巣との決戦に照準を合わせ、打撃状態を上げていた。「(菅野)智之はきますかね?」と古巣のエースとの対戦も楽しみにしていたが、一軍から声はかからなかった。  巨人では原監督も由伸前監督も、なんだかんだ実績を信頼して使い続けてくれた。そこに長野の甘えがあったかもしれない。広島の空気に驚き、戸惑っているうちにシーズンが終わってしまったように見えた。

     記者はプロ入りから追い続けてきたが、こんなに本気のオフを過ごした長野を見たことはない。年末は海外でみっちり下半身を鍛え、年明けは西武・内海の鹿児島・奄美自主トレに合流。キャンプは首脳陣の「暖かいところで」との配慮で沖縄の二軍キャンプでスタートしたが、2月1日の動きを見て目を疑った。古傷のヒザ、ヒジを気にする素振りもなく、全開で走る、投げる。「どうです? まだまだ動けるでしょう。だめですよ、ベテランって書いたら」。体は例年より明らかに絞れていた。 「チョーさんの性格からして、きっと自分に怒っているんだろう。汗かいている姿なんか他人に絶対見せたがらなかったヤツが、あんなに走っている。余程、プライドが傷ついたんだろうな」。巨人時代から長野を見てきたベテランスコアラーの言葉が耳に残る。

    262376-2362-1-2442-pcg


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/bfb87054bb831bad83178bfad850fd7f98cea679

     夏男のバットがまたもや貴重な追加点を生み出した。広島・長野久義外野手(35)が10日の中日戦(マツダ)に「3番・左翼」で先発出場。初回の第1打席で中日・小笠原から左翼線への二塁打を放って出塁すると、松山の適時打で生還した。


    さらに、勢いは止まらない。3回一死三塁の場面で迎えた第2打席も巧みなバットコントロールで再び左翼線へ適時二塁打を放ち、2点目をたたき出した。  長野は「打ったのはストレート。追加点につながってよかったです」。前夜9日の阪神戦(マツダ)は無安打に終わり連続試合安打は7でストップしたものの、8月は9試合で6度目のマルチ安打をマーク。鯉のサマーソルジャーが広島の夏を謳歌している。

    262376-2362-1-2442-pcg


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/1d0da94db574ac60373d14b04e844a53f5c15696

     8日の阪神戦(マツダ)でコンディション不良から復帰登板となった大瀬良大地投手(29)が7回1失点の好投で4勝目をゲット。「とにかくチームに迷惑を掛けファンの方にも心配を掛けたので元気な姿を見せ、チームに勝ちを付けたいと思っていた」と笑顔で振り返った。


    今季初の1点差での勝利に佐々岡監督も「エースで勝ったのは大きい。これで流れが変わっていけば」とニンマリだったが…。  試合終了直後にハプニングが発生。守護神・フランスアが勢い余って大瀬良の大事なウイニングボールをスタンドに投げ込んでしまったのだ。  そんな危機を救ったのが長野久義外野手(35)。異変に気付くと、すぐさまスタンドのファンにお願いしボールを返球してもらいウインク一発「ありがとう!」と丁重に御礼。無事に大瀬良に手に渡ることとなった。  この日の試合でも先制となる3号ソロアーチを放った長野だが、グラウンド外でも見事に大瀬良を〝アシスト〟してみせた。


    262376-2362-1-2442-pcg

    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/c10020539f1d8816773656c92473eda18ff094f3


    【広島4―1ヤクルト】  広島は五回に長野の適時二塁打で勝ち越し。堂林、会沢の本塁打でリードを広げた。野村の好投と塹江らの好救援で逃げ切り、今季初の3連勝を果たした。

     時計の針を、半年前に戻す。2月1日、2軍沖縄キャンプ。長野は早朝の第1便バスに乗り、チームで最も早く始動した。定位置を奪う強い決意―。

    あの行動が今季を象徴する。五回の勝ち越し二塁打。4試合連続の先発出場を死守する意気込みの表れである。  打ってほしいところで打つから存在感は高まる。1―1の1死二塁、貪欲に初球からフルスイング。内角直球を巧みに捉えると、二塁まで必死に走った。


    「(野村)祐輔が頑張っていた」。投手の粘りに報いる最高の一打で、今夜もベンチを盛り上げた。  つかみ損ねれば、チャンスは瞬く間に消える。プロ11年目。それは痛いほど分かっている。8月1日の巨人戦から「3番・左翼」で出場し続けると、全4試合で複数安打。4日は七回に同点3ラン。目立ちたがり屋ではないが、目立たなければ生き残れない世界だ。

    262376-2362-1-2442-pcg


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/8c442b55977e2762a37ccbb3319d31a50d240c91

    夏男がいよいよ本領発揮だ。広島・長野久義外野手が4日のヤクルト戦(神宮)で起死回生の今季1号同点3ランを放った。  ここ3試合連続スタメン出場の長野。0―3の7回二死一、二塁で打席は役者に回ってきた。代わったばかりのヤクルト2番手・マクガフの2球目外角直球にバットを合わせる真骨頂の右打ち。高く上がった打球は右翼ポール際に飛び込んだ。

    262376-2362-1-2442-pcg



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/fd4dda362a10dea5455d41416e917fed47f6f3ed

    ○ 巨人 11 - 3 広島 ● <8回戦・東京ドーム>  1日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 巨人-広島戦』で解説を務めた井端弘和氏が、広島・長野久義の状態について言及した。  長野は0-0の初回二死走者なしで迎えた初回の第1打席、巨人の先発・田口麗斗が3ボールから投じたストレートをフェンス直撃の二塁打で出塁。  この安打に井端氏は「ストレートを狙っていたと思うんですけど、今までは狙っていてもファウルになるケースが多かった。バッティングカウントで一振りで仕留められているということは、状態が良いと思いますし、打率はあがってくる。今後どんどん打っていくんじゃないかなと思います」と太鼓判を押した。
    rectangle_large_type_2_47891932aa4f887b69a3629f20ae60f7


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/1c7c1bc6f9432e101d7e05fa4b29095552a622d9

    <阪神2-4広島>◇23日◇甲子園 広島長野久義外野手(35)が阪神5回戦(甲子園)でベンチから外れた。


    試合前練習中からグラウンドに姿を見せなかったが佐々岡監督は「全然大丈夫です」と話すにとどめた。

    20200722-00000279-spnannex-000-1-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/5dd12b3c929bb0d89322fe9a58190a5e2943581d

     広島・長野久義外野手(35)が快音連発で好調アピールだ。22日、マツダスタジアムでのチーム練習では実戦形式のシート打撃が行われた。野手陣にとっては約2か月ぶりの投手との対決となったが、そこで存在感を発揮したのが長野だ。

     第2打席で大瀬良から右中間への二塁打を放つと、左腕・塹江との対戦となった第4打席には左翼2階席へ飛び込む豪快な一発。4打数2安打をマークした背番号5は「まぐれです。(上本)崇司にインサイドアウトというアドバイスをもらっていた。それがしっかりできたのでいい形で打てました」と後輩の上本崇司内野手(29)への感謝の言葉を並べた。ただし、当の上本は「そんなことないですよ…」と助言自体を否定。2人が謙遜し合っているのか、勘違いなのか…。

     いずれにせよ、長野の打撃好調に変わりはないようで4打席とも初球からフルスイングと“らしさ”全開の内容を朝山打撃コーチも「打って仕掛けていくタイプ。良さが出ていたと思う」と高評価していた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200523-01865346-tospoweb-base

     プロ野球は今季、新型コロナ感染拡大の影響でシーズン開幕が延期となった。それに伴って今季の交流戦中止が決定。毎年、「全球団本塁打」や「全球団勝利」といった記録も注目されてきた交流戦。ただ、今季レギュラーシーズンでも全球団本塁打に達成可能な選手もいる。


     まず、全球団本塁打達成まで残り1球団に迫っている主な選手は以下の通り。

     【セ・リーグ】

     巨人・陽岱鋼(残り日本ハム)

     広島・長野(残り巨人)

     【パ・リーグ】

     ソフトバンク・バレンティン(残りヤクルト)

     楽天・ロメロ(残りオリックス)

     ロッテ・鳥谷(残り阪神)

     今年のレギュラーシーズン中に達成可能の選手は2人。1人はオリックスから楽天に移籍したロメロだ。既に昨年までの交流戦でセ・リーグ6球団から本塁打を放っており、残すは古巣のオリックスのみとなっている。

     もう1人は広島・長野。広島から巨人へFA移籍した丸の人的補償として昨年1月に広島へ。長野の昨季巨人戦成績は12試合で打率・333、2打点で本塁打なし。既に交流戦でパ・リーグ6球団から本塁打を記録しており、巨人から放てば達成だ。

     史上初の全球団本塁打は太平洋・江藤慎一で1975年6月1日・ロッテ戦で達成。これまでは37人が記録している。交流戦が開始された2005年以降は34人、07年から19年まで13年連続で出ている。

     一方、「全球団勝利」へ残り1勝に迫っている主な投手は阪神・中田(残りソフトバンク)、楽天・岸(残り広島)らだが、レギュラーシーズンでは達成できない。記録達成は来年以降へ持ち越しとなった。(デイリースポーツ・記録係)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200424-00000052-dal-base

    広島長野久義外野手が20日午前に放送されたテレビ朝日系「じゅん散歩」に16日に続き2度目の出演。同番組のナレーションを務める夫人の下平さやかアナウンサーと再び共演した。



    この日は高田純次らとパンのかぶり物をして登場。東京駅周辺のパン屋さんで食リポに挑戦した。

    引退後はパン屋さんになりたいというエピソードが紹介されると下平アナが「そうなんです。(球団グルメで)パンにこだわったハンバーガーのプロデュースもやっていて」とナレーション。

    そして、東京駅内のあんパン専門店で食リポ。1日5000個売れるという名物「東京レンガぱん」を試食。高田純次から「野球風に食リポしてもらおうかね」と振られると「あんこの中に生クリームが入っていて、二刀流です!」とリポート。高田から「パーフェクト!」とほめられた。

    最後に今季の抱負を問われ「今年は食リポの勉強をしてきます。またこの番組に出演させていただけるようにしっかりと活躍して」と話した。下平アナは「お世話になりました。食リポのご指導、お願いします」と高田にお願いしていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-23200072-nksports-base

    このページのトップヘ