広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    長野久義

    長野と“がばいタッグ”でV4だ。新年のあいさつでマツダスタジアムを訪れた広島緒方孝市監督(50)が9日、巨人にFA移籍した丸の人的補償で新加入する長野に大きな期待を寄せた。

    最終決断は球団に託したが、4連覇を目指す指揮官の希望は球団の思いと同じだった。「今年戦う上で、経験のある選手が抜けている。長野という選手は実績もあるし、力も十分ある。何より経験もある。年齢も今一番いい時期の選手だし、いろんなことを若手に言えると思う」。丸のFA移籍だけでなく、ベテラン新井が引退し、主砲を務めたエルドレッドも退団。戦力的な補強はもちろん、目に見えない経験や実績、人柄も今のチームに必要だった。

    同じ佐賀出身で「実家も近い」隣町同士。野球に取り組む姿も「いいイメージしかない」と認める。巨人に補償選手を伝えた直後には、直接長野から連絡を受けた。「お世話になります。よろしくお願いします」。野球に取り組む姿勢と同じ真っすぐな言葉に「(本人への言葉は)みなまで言わない。環境が変わる上で、いかに彼の力を最大限に引き出してあげられるかを考えていきたい」と全面支援を約束。「優勝に向けて、日本一に向けて、彼の力は必要。本当に期待するところは大きい」。熱い佐賀ラインで、悲願の日本一をつかみにいく。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00440494-nksports-base

     ヤクルトの人気マスコット・つば九郎が自身のブログを更新。巨人がFAで獲得した丸の人的補償で広島に移籍する長野久義外野手に熱いエールを送った。


     「おとももちの、ちょうちゃんへ。」と書き出し「あかへるひさよし。これからも、おたがいがんばろうZ!かーぷには、おとももちがおおいので、またみんなで、しあいまえもりあがりましょう。」。同じセ・リーグ。シーズンでは広島戦の試合前に会う機会も多く、おとももちとしての再会を心待ちにしていた。

     さらにつば九郎は、移籍に際して長野が「選手冥利に尽きる」とコメントしていたことに触れ「いいことばだすよな~にくい、かっけ~、こんどぱとろーるのとき、いじりますよ~でへへ。」と感銘を受けたことを明かした。

     さらに長野が加入することになった広島については「まるちゃんぬけて、ちょうちゃんかにゅう、けっかてごわいちーむにはかわらない。。。」と3連覇中の王者の強さを警戒。最後は「3れんぱのちーむ、はげしいぽじしょんあらそいのがいや。そこで、れぎゅらーあらそいするすがた、たのしみにしてますよ~!」と「ちょうちゃん」こと長野に熱いエールを送っていた。

     ちなみにブログのタイトルは「げつ9でびゅー!?」。7日午後9時からフジテレビで放送された、錦戸亮主演の月9ドラマ「トレース~科捜研の男~」に「つばくろうがでた~って、いろんなかたかられんらくが・・・。」。しかしつば九郎には身に覚えがなく、つば九郎が出演している「Money Forward ME」のCMがドラマの合間に流れたという「オチ」だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000123-spnannex-base

     広島の緒方孝市監督(50)が9日、巨人にFA移籍した丸の人的補償として獲得した長野久義外野手(34)に白羽の矢を立てた舞台裏を明かした。



     松田元オーナー(67)に新年のあいさつをするために訪れたマツダスタジアムで取材に応じ「長野が入ったことで、今年戦う態勢のメンバーがそろった」と唇を引き締めた。

     昨年末の段階で、人的補償として長野を含む複数候補をリストアップしていたという。「若い選手はほとんどプロテクトされていたが、長年巨人で働いていた選手はかなりリストから漏れていた。そこ(ベテラン)に絞るか、若いがプロテクトから外れた選手にするかという話をしていた。最後、誰にするか球団に一任した」と明かした。

     その上で「今年戦う上で(長野が)必要と会社が判断し、我々の判断も、そういう答えになった」と、球団と現場の意見が一致したことを強調した。日本時間7日午前に米ロサンゼルスで自主トレ中の長野から「お世話になります」と連絡があったという。「野球に取り組みに関していいイメージしかない」という“V4の使者”に大きな期待を寄せていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000121-sph-base

     巨人にFA移籍した丸佳浩外野手の人的補償として広島へ移籍する長野久義外野手。7日の発表から数日が経ったが、過去にドラフトで他球団の指名を2度も拒否するなど“ジャイアンツ愛”あふれるベテランのプロテクト漏れと移籍劇は世間に衝撃を与えた。



     広島では外野のレギュラーとして、打順は丸佳浩が抜けたことを考えれば、3番として期待がかかるが、果たして長野の打順はどこが最適なのか。ここ数年の成績から探った。

     2011年首位打者、12年最多安打のタイトルを獲得し、11~13年までベストナインに選出された長野。状況に応じて広角へ打ち分ける巧みな打撃スタイルを持つ安打製造機なら、昨季リーグトップのチーム721得点を挙げた強力打線でも3番を打てる力量は十分。だが、意外にも17、18年に3番スタメンだった試合は1試合もない。

     18年は6番先発が最多46試合で、2番目に多かったのは7番先発の36試合。3番目以降は、1番先発(8試合)、5番先発(7試合)、2番先発(1試合)だった。17年も6番先発の50試合が最も多く、1番先発(38試合)、7番先発(33試合)、5番先発(2試合)、8番先発(1試合)だった。

     経験、実績ともに十分な安打製造機。1番・田中広輔、2番・菊池涼介に続き、カープで新3番を打つには――。キーポイントとなるのが得点圏打率だろう。得点圏打率3割超えだったのは14年が最後(得点圏打率.358)。15年以降の4シーズンの得点圏打率はいずれも打率を下回っている。

     さらに、18年は6番先発で得点圏打率.412をマークする一方で、1、2、5番先発ではいずれも得点圏打率2割以下。いかに上位を任された試合で勝負強い打撃を見せるかが3番定着への鍵となる。

     新たな本拠地となるマツダスタジアムでは昨季36打数12安打の打率.333をマーク。14年オフに右肘と右膝の手術を受けた好打者にとっては、硬く足腰に負担のかかる東京ドームから天然芝で足腰の負担の少ないマツダスタジアムへ移ることで打撃復活の期待がかかる。昨年12月で34歳となった長野。勝負強い打撃も復活させ、V4の使者としてカープ打線を牽引したいところだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00278271-fullcount-base

     広島の高信二ヘッドコーチが8日、丸佳浩外野手の人的補償で加入する長野久義外野手に大きな期待を寄せた。

     首位打者や最多安打の獲得経験もあるベテラン。「4連覇、日本一を目指すにあたって、丸の穴を感じさせないような人物」とし、「リーダーシップを取るぐらいの気持ちで遠慮なくやってほしい」と声を弾ませた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000127-dal-base

    【大下剛史・熱血球論】新年早々、広島にうれしいニュースが飛び込んできた。FA宣言して巨人に移籍した丸佳浩外野手(29)の人的補償で長野久義外野手(34)を獲得。なかなか誰になるのか決まらなかったので気をもんでいたが、広島は最高の選択をした。OBの一人としても大変に喜ばしい。

     かねて懸念していたのは、新井が抜けた穴をどう埋めるかだった。打率や打点、本塁打といった数字はどうにかなるとしても、精神的支柱にしてムードメーカーでもあった新井の存在は唯一無二のもので、丸の移籍による戦力ダウンよりもむしろ心配していた。

     その点で長野はうってつけだ。明るい性格で愛嬌があり、誰からも好かれる。巨人のキャンプ取材などでも、真っ先に飛んであいさつに来るのが長野だった。実績があるからといって偉ぶらないところも新井によく似ている。若い選手が多い広島でも、違和感なく溶け込めるだろう。

     もちろん戦力的にもプラスだ。右打ちの外野手となると“顔”で勝負できるのは4番に座る鈴木ぐらい。バティスタには一発の魅力はあっても粗さがあり、下水流も伸び悩んでいる。ここ数年の長野は不振や故障でフル出場できていないとはいえ、やはり格が違う。古巣となる巨人をはじめ、赤ヘル打線に加わった長野は相手チームにとって嫌な存在となるはずだ。

     発表されたコメントからも覚悟が感じられる。個人的には以前から長野は性格、能力の両面で広島の野球に合っていると思っていた。のびのびと野球をして、もうひと花もふた花も咲かせてほしい。(本紙専属評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000037-tospoweb-base

    歓迎会はセルフ幹事!? 広島選手会長の会沢翼捕手は長野加入に「うれしいです。人柄もいいですし、チームにとってプラス。一緒にやれるのをワクワクしている」と笑顔で歓迎した。



    15年の春季キャンプでは「新井さん、どのツラ下げて帰って来たんですか会」と称し新井の復帰を祝った。今年も歓迎会開催を計画しつつ、「あの人が開くでしょう」とニヤリ。新加入の先輩に先制パンチを見舞った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00439858-nksports-base

     巨人・上原浩治投手(43)が7日、ツイッターを更新し、FAで巨人に加入した丸佳浩外野手(29)の人的補償で広島に移籍することになった長野久義外野手(34)にエールを送った。

     上原は「長野選手は、本当にいい人だったよ。 すごい低姿勢で、挨拶もしっかりでき る選手」と長野に対し言及。「これから敵になるのは嫌だけ ど…対戦したら、よろしくね!」とつづった。

     上原は今オフ、巨人を自由契約となったが、10月に手術を受けた左ひざの状態などを総合的に判断し、球団と再契約に至った。背番号も「19」に決まった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000176-spnannex-base

     元巨人監督の堀内恒夫氏(70)が7日、自身のブログを更新。巨人がFAで獲得した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、広島に移籍する長野久義外野手(34)にエールを送った。

     「長野久義へ」のタイトルで更新されたブログで堀内氏は長野について「一緒に野球はやっていないけど俺の顔を見つけるとすぐに挨拶に飛んできてくれる」「礼儀正しくて真面目な男そして『誰かのために』の思いが人一倍強い男じゃないかな」と、その人柄について称賛した。

     昨年9月28日に村田修一氏の引退セレモニー当日に放ったサヨナラ本塁打、同30日の杉内俊哉氏の引退セレモニー当日に放ったサヨナラ打を引き合いに「持っている男」「いいところで回ってくる」とし、「ホント、味のある面白い男だよね……」とつづり「『立つ鳥跡を濁さず』立派なコメントだったね。後は頑張るのみだな!長野!」とエールを送った。

     さらに「ただ一つ心配なのは体のこと」と気遣い、昨年、背筋痛で4年ぶりに登録抹消されたことに言及しながらも「選手層も厚い常にチームを若返りさせるそんなチームに君のようなベテランが必要とされたんだ。意気に感じて頑張ってもらいたい。それができる男だよ。まだまだやれるさ」と激励、最後には「どこかで俺の顔を見つけたらまた飛んできてくれよな」と締めくくった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000162-spnannex-base

    内海哲也投手に続き長野久義外野手がFA人的補償で巨人から他球団に移籍した。かつてトレードで巨人から中日に移籍した経験のある野球評論家の西本聖氏に話を聞いた。


    -内海(西武)に続き長野が人的補償で広島に移籍した。生え抜きのスター選手。優勝にも貢献した功労者がまた1人、巨人を去る

    西本氏 優勝しなければいけない、チームを強くしなければいけないというのは分かるが、大事なのは何なのかな。とても残念というか、寂しい。FAで選手を取ったそのツケが来るというのは分かっている。しかし優勝へ向け「よし、行くぞ!」という時にチームの中心となるベテラン選手がたて続けにいなくなるのはどうなのか。選手は「自分だってどうなるか分からない」という不安な気持ちになる。これでチームが一つになれるのか。チームに良い空気は流れないと思う。

    -西本さんも1989年に交換トレードで巨人から中日に移籍した

    西本氏 当時の監督の藤田さんには「残してください。2桁勝ちます。ダメだったらトレードしてください」と言ったがトレードが決まった。トレードを断れば定岡(正二)のように引退するしかなかった。まだ野球をやりたいということでトレードを受け入れた。ただし「パ・リーグではなくセ・リーグで」とお願いした。パ・リーグだと巨人と戦えませんから。中日に行けたことで巨人と戦えた。出されてうれしい選手はいない。ただ勝負師であるならプライドを持っていないといけない。

    -移籍1年目は20勝を挙げ最多勝に輝いた

    西本氏 野球選手というのは言葉ではなく姿をファンに見せないといけない。姿というのはイコール「結果」なんです。男として、プロとして「まだやれるんだ」と。ファンの方には「何で巨人は西本を出したんだ」と思ってもらいたかった。特に巨人戦は燃えました。

    -FAの人的補償という制度については

    西本氏 ルールだから仕方ないが、まさか内海や長野がと、納得できないファンも多いのでは。これではトレードと同じ。もう少し制度そのものを考える必要があるのではないか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00438526-nksports-base

    このページのトップヘ