広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    キャンプ、練習関係

    2月春季キャンプ終盤に「右腹直筋損傷」で離脱していた広島中村恭平投手が28日、捕手を座らせてのブルペン投球を再開させた。


    広島・廿日市市の大野練習場の2軍練習に参加。序盤は様子見で捕手をベースの前に座らせ10球、通常の距離で20球を7割の力で投げ込んだ。「ケガで外れると思っていなかった分、ショックは大きかった。1週間くらいで治ると思っていたので、ここまで長かった」。4月中旬以降の実戦復帰を目指す。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-23270792-nksports-base

     広島・今村猛投手(28)が27日、1軍ブルペン陣の“救世主”となることに意欲を示した。チームは守護神候補のDJ・ジョンソン、フランスアの両外国人が練習試合で精彩を欠き、現在は2軍調整中。勝ちパターンが確立されていない現状はチームにとってマイナス材料だが、今村にとってはチャンスでもある。かつてのセットアッパーがアピールを続け、勝利の方程式入りを目指していく。


     確かな手応えがあるからこそ、過度に気持ちを高ぶらせることはない。今村は落ち着いた口調で、ここまでの調整を明かした。「(今年の当初は)開幕が早い予定だったけど焦らず、やれることを一つずつクリアしていこうと思っていた」と、着実に歩みを進めてきたことが奏功している現状を伝えた。

     25日のヤクルトとの練習試合では八回から登板して1回を無安打無失点。1日限定の1軍合流ながら、存在感が光った。新外国人のDJ・ジョンソン、昨季の守護神・フランスアの状態が上がらず、勝利の方程式は決まっていない。それを受け「やっぱり、やるからには、いいところで投げたい。若手や外国人に負けていると思わない」と1軍の勝ちパターン入りに闘志を燃やした。

     16年から2年連続で60試合以上に登板した右腕だが、昨季は27試合にとどまり「苦しかった」と心境を吐露。巻き返しに向け「純粋に、いい球を投げること。空振りを取りたいところで空振りを取ったり、四隅に集めること」に注力してきた。

     この日は廿日市市の大野練習場で行われた全体練習でブルペン入りし、40球を投げ込んだ。「いつでも1軍で投げられる状態にある」。今村の目には、復活への道筋がはっきりと見えている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00000033-dal-base

     広島の野間峻祥外野手(27)が19日、打撃向上に意欲を示した。20日の中日との練習試合(マツダ)を前に、17日から始まったマツダスタジアムでの全体練習では3日連続で特打を敢行。オープン戦ではコンスタントに結果を残したが、満足はしていない。実戦を重ねる中で理想のスイングを追い求め、開幕スタメンへ向けたアピールを続ける。

     平たんではない道を歩んでいるからこそ、納得はしていない。野間は自身の現状について「悪くはないかな」とした上で「狙ったところで仕留めていかないと、なかなか厳しい」と分析。安打は出ている中で課題もある点が、もどかしさにもつながっている。

     オープン戦は9試合で打率・310と決して悲観する数字ではない。13日のソフトバンク戦(ペイペイ)では「1番・左翼」で先発出場してマルチ安打をマーク。昨秋からバットを寝かせる新打法に取り組み、結果は出ているが、理想型には到達していないという。「(スイング時に)大きく(振ろうと)すると、後ろが大きくなって遠回りしてしまう」と試行錯誤の日々が続いている。

     開幕が延期となり、自身の感覚と対話する時間が増えた。17日からの全体練習では、打撃練習後に複数選手で行われる特打を3日連続で敢行。「プラスに捉えて、いい準備期間に」と開幕までの時間を、存分に活用していく構えだ。

     外野の1枠である左翼のポジションを争う立場。「開幕でスタメンとなれば、いい選手が多い。結果を求め過ぎず、納得できるスイングを求めて」と野間は静かに闘志を燃やした。悩み抜いた末に見える開幕スタメンという絶景にたどり着くため、懸命にバットを振る。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00000034-dal-base

     広島は17日に本拠地マツダスタジアムで全体練習を再開し、初の開幕スタメンを狙う小園海斗内野手(19)が決意の居残り特打に汗を流した。高卒2年目のオープン戦は出場12試合で打率・171。数字は低調でも悲壮感はなく、今春のテーマ「打ちに行きながら見極める」を追求しながら、至近の目標をかなえる構えだ。

     オープン戦の全日程を終え、一部投手陣を除いてつかの間の休息を得たナインは、開幕に向けて本拠地で全体練習を再開した。小園は全メニュー消化後、長野、野間、西川、高橋大らと居残り特打を敢行。懸命に汗を流し、打力向上に努めた。

     「最初の頃は良かったけど、広島に帰ってからは結果がなかなか出なかった。ただ、しっかり振ることはできていたし、いろんな経験もできました」

     オープン戦はチームで最も多く打席に立った。出場12試合で35打数6安打、1本塁打、6打点。本人の自戒通り、序盤は打った。一発を含む3安打2打点をマークした2月24日の巨人戦が典型例。だが、3月に入ってサードでの出場が増えると安打から遠ざかった。

     「ショートだとずっと動いてリズムをつくったけど、サードはあまり経験がなく入り方が難しかった。その中でも(終盤は)つくっていけたので、そこは収穫だと思います」

     新分野に挑む19歳の本音だ。継続して取り組む課題もある。「ストライク、ボールを見極めようとして受けてしまい、ワンテンポ遅れることがあった」と朝山打撃コーチ。見極めながら打ちに…ではなく、打ちに行きながら見極める。しっかり強く振る――。その追求が目下のテーマだ。

     「取り組んでいることを突き詰めたい。数字は大事だと思いますが、まだそこまで優良選手でもないので結果を恐れずに、持ち味の積極性を忘れず貪欲にやるだけです」

     視線の先には、開幕戦先発出場という至近の目標がある。高卒2年目で実現すれば2000年の東出(2軍打撃コーチ)以来。そのために、きょう18日とあす19日は中日との2軍練習試合(由宇)に参戦し、見えそうで見えない開幕に向けて全力を出し切る構えだ。

     「常に、できるという準備をやっていけばいいと思います。いつでもいけるように」

     荒々しくも確実に前進するホープ。追求の2文字を心に刻み、一心不乱に突き進む。

     (江尾 卓也)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200318-00000053-spnannex-base

     「広島春季キャンプ」(26日、沖縄)

     広島ドラフト1位の森下暢仁投手(22)=明大=が26日、プロ初のキャンプを完走した。右腕はオープン戦が本格化する3月からを「本番」と位置づけ、開幕ローテ入りを目指すと意気込んだ。29日か3月1日の中日戦に登板する見通しで、限られた投手にしか与えられない椅子をつかみにいく。



     グラウンドでの手締めを終えた森下は、一礼して沖縄を後にした。「ホントに選手のみんなと仲良くなれて、溶け込むことができた」と充実感を漂わせた。不安を胸に抱いていた1軍キャンプも終わってみれば、即戦力という看板通りの実力を発揮した。キャンプ最終日のこの日は、先輩投手陣とノックなどで汗を流した。チームになじんだ“1年生”が、いざ開幕ローテ入りを射程圏内に捉える。

     日南、沖縄を通じて能力の高さを存分に見せたが、慢心はない。「ここからが本番なので、そこで失敗しないように頑張りたい」と与えられたチャンスを確実にモノしながら、開幕ローテ切符をたぐり寄せる。29日か3月1日の中日戦(ナゴヤドーム)に登板予定で、本番モードでギアを上げ、先発争いに生き残るためのアピールを重ねていく。

     沖縄2次キャンプでは18日にシート打撃に初登板。打者14人を1安打に封じ込めた。その後は22日のヤクルトとのオープン戦に先発して3回2安打2失点。及第点の内容で、デビュー戦を終えた。「プロの世界に入った実感を感じた。この世界で結果を出せるよう、一日一日を大事に取り組みたい」。プロのレベルを肌で感じた経験が、自身を突き動かす。

     飛躍への階段はまだ続く。「セット(ポジション)での球の弱さだったり、投げ切ることができていない。そこを突き詰めていきたい」と克服に励むことに意欲を示した。

     オープン戦は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、無観客での開催が決定した。「やったことがないので…」と話しつつも、普段と違う雰囲気の中でも、打者との勝負に注力していく構えだ。

     開幕ローテ入りを争うサバイバルレース。「持っている力を出せればいいかなと思います」と平常心を強調した。南国の地で己を磨き上げた背番号18が、1カ月を切った開幕に向けてペースを上げる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-00000026-dal-base

    広島佐々岡真司監督(52)率いる新生カープが26日、沖縄・コザしんきんスタジアムで行っていた春季キャンプを打ち上げた。

    指揮官は「日南からスタートして、初日から期待と不安がある中で26日間、本当に充実した良いキャンプができたかなと思います」と監督として迎える初めての春季キャンプを振り返った。

    キャンプ終盤のオープン戦3連戦では攻撃陣が計30得点を挙げた一方で、投手陣が計16失点を喫するなど、課題を残した。若手投手陣について指揮官は「期待していた分、なかなか調子が上がってないということで少し残念ではありましたけど、まだ3週間ありますから、ここからしっかりそれぞれ頑張ってほしい」と巻き返しに期待した。

    出場機会を増やす目的もあり、矢崎拓也投手(25)、薮田和樹投手(27)、アドゥワ誠投手(21)、ドラフト5位の石原貴規(ともき)捕手(22=天理大)の4選手が、27日から宮崎・日南で行われている2軍春季キャンプに合流する。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-22260399-nksports-base

     広島の床田が今キャンプ最後のブルペンに入り、直球を中心に約40球を投げた。左肘手術から復帰した昨季に7勝を挙げたサウスポーは、宮崎・日南での1次キャンプから状態が上向かず「強い球を投げたいとやっているけど、全然球が行かない」と苦しんでいる。

     球を受けていた正捕手の会沢には「このまま開幕を迎えたら、通用する世界じゃない」と言われたという。投球練習後には佐々岡監督から下半身の使い方を助言され「うれしいし、頑張らなきゃという気持ちになる」と奮い立った。(沖縄市)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-00000143-kyodonews-base

     「練習試合、中日8-13広島」(16日、北谷公園野球場)

     レギュラー奪取に向けての覚悟がにじみ出ていた。広島・安部友裕内野手(30)が「5番・一塁」で出場。本塁打を含む2本の長打をマークし、まばゆい輝きを放った。

     冷たく降り注ぐ雨を切り裂いた。1-1の四回1死三塁、1ボールから山本の真ん中高めに浮いた甘いカットボールを逃さなかった。力強く振り抜くと、舞い上がった打球は追い風に乗ってそのまま右中間のスタンドへ。この勝ち越しの2ランが引き金となり、その後鯉打線が爆発した。

     五回にも阿知羅から右中間へ三塁打。2打席連続の長打に「1打席目(三振)はだめだったが、(その後は)いい内容だったと思う。ファーストスイングで仕留められるようにやりました」と振り返った。

     チーム内の争いは激しい。この日守った一塁や、主戦場の三塁の定位置獲りを目指す安部だが、ライバルには新助っ人のピレラらがいる。「新外国人を使うのはもちろんのことだと思う」と自分が厳しい状況に置かれていることは理解しているが、負けるつもりはない。

     出場するためには打撃力向上が求められる。「準備していってポジションを狙えるようにするだけ」。12年目の今季、さらなる飛躍に向けて日々鍛錬を続けていく。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200217-00000039-dal-base

     広島東洋2位のルーキー・宇草 孔基(常総学院出身)が9日の紅白戦で本塁打を放ち、アピールに成功した。

     高校時代、選抜で1試合5盗塁。さらに東京六大学通算11盗塁と突出したものではないが、塁間タイム3.8秒と超俊足の宇草がプロの扉を切り開いたのは打撃面の成長が要因だ。3年春、3年秋で二季連続で打率3割。さらに二季合わせて6本塁打。走れて打てるアスリート型プレイヤーとして評価を高めた宇草は大学日本代表入り。そして2位指名でプロ入りとなった。

     その宇草の打撃面はさらに成長を見せている。それは打球に強い力を伝える技術が格段にも上がったことだ。

     大学時代はすり足気味だったが、ノーステップ気味に変化。宇草がよいのは捕手側の左手を支点にして、少し捻りを入れて、ボールを手元で呼び込み、骨盤を一気に旋回させる打法で打球を飛ばしている。細身だが、体の回転が鋭いので、しっかりとボールに力を伝えるスイングができている。それができるのも軸がぶれず、体の回転をしっかりと伝えられるノーステップにあるだろう。あとは、様々なコースを強く叩く感覚を身についたら、もっと打率、本塁打を残せる選手になるのではないだろうか。宇草はこの一軍キャンプについて充実の日々だと感じている。

    「周りのレベルも高いですし、練習の内容も濃いと思います。無駄な時間がないですし、1日1日、1球1球集中できていると感じます。先輩方優しいですので、コミュニケーション取ってくれます。龍馬さん、野間さん、誠也さんが声をかけてくれていますので、勉強になっていきます」
     意識の高い先輩に揉まれながら、成長を実感している。今後も、「一生懸命1日1日過ごしていければと思います」と意気込んだ宇草。このキャンプの猛アピールでオープン戦でも一軍に帯同し、さらには開幕一軍をつかむことができるか注目したい。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200210-00010006-hbnippon-base

     「広島春季キャンプ」(10日、日南)

     3年目の遠藤淳志投手(20)がワインドアップ&2段モーションを“再解禁”することを明かした。10日は宮崎県日南市の天福球場でブルペンに入り、カーブなどの変化球を織り交ぜながら、従来の投球フォームで80球以上熱投した。



     今オフはソフトバンク・千賀らとの合同自主トレに参加し、鷹のエースに指導を受けた。千賀同様にセットポジションから左足を上げてから投げ始める新フォームを試していたが、9日の紅白戦では2回4安打4失点を喫するなど思うような結果が出なかったこともあり、決断した。

     遠藤は「前の方が良かったのではといろんな人から言われた。しっくりとこなかった部分もあったし、紅白戦でも手応えがなかったので、決めることにしました」と理由を説明した。

     昨季は34試合に登板。「結果を出すだけ。焦らずにできることをやっていきたい」とさらなるレベルアップを図っていく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200210-00000067-dal-base

    このページのトップヘ