広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    キャンプ、練習関係

     広島が13日、マツダ室内でチーム練習を再開し、サビエル・バティスタ外野手(27)、ドラフト1位・小園海斗内野手(19)、支配下登録されたばかりのエマイリン・モンティージャ投手(23)が合流。バティスタは5月の快進撃の再現を誓った。

     20年ぶりの11連敗で前半戦を終えた鯉に、反撃のキーマンが帰ってきた。5月は打率3割5分2厘、10本塁打、21打点と大当たり。球団記録の月間20勝の立役者になった。しかし6月は打率2割4分7厘と調子を落とし、同月11日の日本ハム戦(札幌D)で放った18号以来、アーチも不発。「1」しかない外国人野手枠を巡り、メヒアとてんびんにかけられる形で今月3日に降格した。

     普段通り、リラックスした雰囲気で練習をこなした大砲は「1軍は楽しいね。バティ(バティスタ)が打ったらチームは勝てる。後半戦は5月みたいな気持ちで打席に入りたい」と気合満点。陽気なドミニカンが、後半戦の逆襲へと導く。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00000174-sph-base

     広島のドラフト1位・小園海斗内野手(報徳学園)が24日、楽天生命パークに隣接する室内練習場でナインの一部とともに練習に参加した。

     この日は楽天戦が雨天中止となり、フリー打撃などで汗を流したルーキー。守備練習では「捕って、しっかりステップして送球する。こないだ(21日・オリックス戦)はバラバラで暴投になってしまった」と、捕球してから送球への動作を入念に繰り返した。

     プロ初出場初先発した20日・ロッテ戦から多くの経験を積んでいる。25日は交流戦最終戦。改めて「常に全力プレーでやるだけです。積極的にやるのは変わらず」と力を込めた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-00000136-dal-base

     広島・九里亜蓮投手が3日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に野村、大瀬良、床田、山口とともに参加した。

     今季は4月29日・ヤクルト戦での先発を最後に、中継ぎでの登板が続いていた。だが、2日の阪神戦で2回7失点だったアドゥワが中継ぎへ配置転換となったことで、9日・ソフトバンク戦に先発する見込みとなった。

     この日はキャッチボールなどで調整。「行けと言われたところでしっかり投げるだけ。そこは変わらずです。ゾーンの中で勝負していく投球スタイルなので、それを貫いていきたい」と意気込みを語った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000083-dal-base

     広島が27日、神宮外苑で投手指名練習を行い、28日・ヤクルト戦(神宮)に先発する野村祐輔投手は強めのキャッチボールなどで調整した。

     チームは前日の巨人戦こそ敗れたものの、25日の同戦まで球団では3年ぶり3度目の11連勝を記録。自身も前回登板の21日・中日戦(三次)では7回3安打無失点と好投し、3勝目を挙げていた。

     再び連勝街道を走るべく、カード頭のマウンドに上がる右腕。「チーム全体がいい状態。これが続けばいい結果につながると思う。全員で戦っていきたい」と言葉に力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00000106-dal-base

    広島の三塁最有力候補の安部友裕内野手がいよいよ実戦に登場する。

    キャンプ中にインフルエンザA型に感染して出遅れたが、2日西武戦(佐賀)に出場する。この日は三塁特守でゴロの打球を追うなど、精力的に動いた。「(三塁候補の)メヒアも堂林も結果を出していますが、人のことは気にしない。打つこと、走ること、守ることすべてで貢献したい」と意気込んだ。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-03010737-nksports-base

     広島は28日、マツダスタジアムで全体練習を再開した。ドラフト1位・小園海斗内野手(報徳学園)は本拠地で初練習。守備、打撃、走塁と軽快な動きを見せた。



     遊撃の位置では田中、上本らと並んでノックを受けた。天然芝のグラウンドでプレーした経験はあまりない。土や人工芝とは違う打球の質を確かめながら、丁寧に捕球した。

     「試合での打球ではなかったけど、球が考えているよりも来たり来なかったりした。でもきょうはそれがわかったので良かったと思います」

     春季キャンプで猛アピールし1軍延長を勝ち取った。3月は開幕へ向けてオープン戦が本格化する。27日には2軍の大野寮から1軍の大洲寮への引っ越しを完了。「ここ(マツダスタジアム)で開幕1軍を迎えたい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000107-dal-base

     「広島春季キャンプ」(26日、沖縄)

     長野久義外野手が初のカープのキャンプを完走した。

     最終日はナイン全員で、ランニングで汗を流し「楽しくやっています」とニッコリ。チームに溶け込めたか聞かれると、「シーズンが始まってチームに貢献できればチームメートにもそう思ってくれると思います」と答えた。

     3月からはオープン戦も本格化。「まずはオープン戦で結果を残して、開幕戦の試合に出られるようにしたいです」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00000080-dal-base

    <カープ観測>

    日刊スポーツはキャンプ期間中「カープ観測」と題し、広島のさまざまなデータを計測し、その強さを探っていきます。



      ◇  ◇  ◇

    楽天との練習試合の4番手に登板したアドゥワは3回を投げ、4安打2失点だった。先発調整を続ける3年目右腕がこの日投じた球数は「51球」だった。

    昨年は2年目ながら中継ぎで1年を通して1軍でフル回転した。昨季1軍53試合の登板で、最多投球は8月5日DeNA戦の53球だった。

    今春キャンプは佐々岡投手コーチの方針の下、中継ぎ調整ではなく、先発調整を続けている。対外試合2度目の登板で早くもシーズン自己最多にあと2球となる球数を投じた。3回2失点の結果にも、佐々岡投手コーチは「まだ投げてもらう。長い回を投げてもらう」と今後も先発としての可能性を探っていくことを明言した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-02251035-nksports-base

     「練習試合、広島-楽天」(25日、コザしんきんスタジアム)

     広島のドラフト1位・小園海斗内野手(報徳学園)が2試合連続安打を記録した。

     四回の守備から途中出場。五回の1打席目は辛島の前に中飛に倒れたが、八回先頭の2打席目に4番手・福山から痛烈な中前打を放った。

     小園は24日のDeNAとのオープン戦(宜野湾)で対外試合初安打を放っている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-00000096-dal-base

    <カープ観測>

    日刊スポーツはキャンプ期間中「カープ観測」と題し、広島のさまざまなデータを計測し、その強さを探っていきます。

       ◇   ◇   ◇

    メイン球場の右翼につくられたアップ前の円陣。「カープ日本一~、ファイト~!」と活を入れたのは、球団OBの安仁屋宗八臨時投手コーチ(74)だった。5日に宮崎・日南キャンプに合流し、投手陣を指導。最終日のこの日もブルペンで九里の投球を打席に入りながら見守った。「投手陣は去年より仕上がりが早い。若い選手が出てきてほしいと思ったが、床田もいい形になってきた。矢崎にもがんばってもらわないと」と手応えを口にした。

    安仁屋臨時コーチが同職に就くのは4年連続。過去3年はリーグ優勝しており、沖縄の守り神シーサーもびっくりの守護神ぶりだ。今年もリーグ優勝は間違いなし!


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-02230672-nksports-base

    このページのトップヘ