広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    キャンプ、練習関係

     「広島春季キャンプ」(17日、コザ)

     ドラフト1位・小園海斗内野手(18)=報徳学園)がチームに再合流し、シート打撃でいきなり快音を響かせた。藤井皓から右前打を放つと、すかさず二盗を決めた。

     高校の卒業式に出席するため、日南キャンプを打ち上げた13日にチームを離れ、前日の16日に沖縄に入った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00000068-dal-base

     ◇広島・春季キャンプ(2019年2月17日)

     広島・大瀬良大地投手(27)は17日、2次キャンプ地の沖縄で初めてシート打撃に登板し、打者6人をわずか19球で無安打、1奪三振、1与四球に封じた。

     3アウト制の2イニングを想定しての登板。2イニング目が圧巻だった。会沢を1ボール1ストライクから内角への変化球で三邪飛。バティスタへの初球も内角の変化球を選択して、バットを折っての三飛に仕留めた。

     ジョンソンと並んで、今季の開幕投手最有力候補。右打者に変化球での“内角攻め”で、順調な調整ぶりを披露した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00000106-spnannex-base

     広島の菊池保則投手(29)が16日、沖縄キャンプで楽天から移籍後初となる実戦形式の練習で登板。シート打撃で菊池涼介内野手(28)との同姓対決が実現し、1安打1四球と貫禄を見せつけられた。

     保則の記念すべき広島での実戦初対決は涼介が相手だった。カウント1ストライクから高めの甘い直球を右翼線に運ばれる二塁打を献上。“キクキク対決”は保則の完敗で幕を開けた。

     メヒアは投ゴロ、田中広は二ゴロ、野間も二ゴロで打ち取り、再び打席に涼介を迎えた。だがフルカウントからの6球目のスライダーが高めに抜けて四球を与えてしまった。

     その後、メヒアは投ゴロ、田中広は見逃し三振に仕留めて保則の出番は終わり。打者のべ7人に1安打1四球だったが、出塁を許したのはいずれも涼介で、他ののべ5人はパーフェクトに封じ込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000151-sph-base

     【新井さんが行く オリックス編】スポニチ本紙評論家の新井貴浩氏(42)がキャンプ地を巡る「新井さんが行く!!」はオリックス編。西村徳文監督(59)のもと、若手中心で生まれ変わろうとしている現状に注目を寄せた。

     西村監督とは共通の知人がいて以前から、お話しする機会が度々あった。対話をすごく大切にする印象がある。若い選手が多いオリックスにはフィットするんじゃないかな。頭ごなしに自分の考えを押しつけるのではなく、若い子と同じ目線に立って気持ちを共有できる方だと思う。

     まだ2年目の福田君を新キャプテンに指名した理由を聞いた。「若いチームだから、若い人に引っ張ってほしい」と。「困ったことがあったら、いつでも言って来い。俺たち(首脳陣)が助けてやるから」と背中を押してあげたそうだ。

     副キャプテンが山岡君だ。野手と投手の両方から新しいリーダー候補を選んだ形になる。「チームがうまくいかなくなると、野手と投手が、お互いに対して不満を抱えがちになる。だから、2人でコミュニケーションを取ってほしい」と期待していた。実は2人とも広島の高校出身。注目していきたいね。

     いまのオリックスは低迷していた頃の広島とかぶる。まだ20代だった頃、黒田さんが「俺が投手を引っ張るから、おまえが野手を引っ張れ。一つになってやっていこう」と言ってくれた。オリックスもベテラン選手が一気に抜けて新しいチームになろうとしている。今後がすごく楽しみだね。

     テストに合格した成瀬も本当によかった。北京五輪の時からよく知っている。けがもあってヤクルトでは思ったような力を発揮できなかった。こうして活躍できる舞台ができたことが自分のことのようにうれしい。がんばれ、成瀬!!




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000067-spnannex-base

     「広島紅白戦、紅組0-7白組」(11日、天福球場)

     白組の2番手で登板した矢崎拓也投手が、存在感を示した。2回を打者6人、パーフェクトに抑えた。

     三回、先頭の野間を二ゴロ。菊池涼を右飛に打ち取ると長野も中飛に仕留め、四回は松山、下水流、堂林を直球で押しねじ伏せた。15球中で変化球は、野間への1球のみで、最速は148キロを計測した。

     好投の矢崎は、「ストレートの制球が課題で、低めに投げられるようにと意識していた。ストライクゾーンの中である程度勝負できたのは良かった。抑えられたので手応えになると思う。今年は少しでもチームの勝利に貢献したい気持ちが1番。戦力になれるように頑張りたい」と投球を振り返った。

     【紅白戦登板投手の最速】

    矢崎  148キロ

    床田  140キロ

    中村祐 138キロ

    藤井皓 140キロ

    山口  145キロ

    薮田  142キロ

    平岡  143キロ

    アドゥワ138キロ

    塹江  141キロ

    遠藤  143キロ



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000142-dal-base

     8日の西武・南郷キャンプが「黒チョーノ」の出現に沸いた。

     広島のキャンプ休日を利用し内海哲也投手(36)のブルペン投球を電撃視察した長野久義外野手(34)。観客席から突然、姿を現した主役の登場に現場に居合わせた西武ファン、内海をガラス越しに撮影していた巨人ファンも大喜び。長野の周辺にはたちまち人垣が二重、三重に広がった。

     休日ということもあり、リラックスしたスエットにニット帽姿だった長野はユニホーム姿の「赤チョーノ」から全身黒ずくめの「黒チョーノ」へと“変身”しファンに交じって、最初はライオンズカラーの「青内海」を見守っていた。

     西武広報の配慮で観客席からブルペン後方の評論家、関係者席へと誘導された長野だが、真っ黒な容姿とは対照的に、常に周囲に気配りをする姿はさすが。

     ブルペン終了後には緊急会見。報道陣の要望に応えたツーショット撮影後には「上の(ファンの)方も大丈夫ですか?」と報道陣を取り囲んだすり鉢状サブグラウンドの上方にいた多くのファンに配慮しポーズを作り、そちらの要望にも応えていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000026-tospoweb-base

     「広島紅白戦」(11日、天福球場)

     長野久義外野手が紅白戦で、広島での“実戦デビュー”をし、2打数無安打1四球だった。

     紅組の「3番・DH」で先発。一回無死一、二塁の第1打席では四球を選び好機を広げた。続く三回2死走者なしでは中飛、六回1死二塁では遊飛。“実戦初安打”は持ち越しとなった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000109-dal-base

     「広島紅白戦」(11日、天福球場)

     鈴木誠也外野手が紅白戦で白組の「4番・右翼」で出場し、チーム実戦1号を放った。

     2-0の三回2死走者なし。カウント3-0から2年目右腕・平岡の直球を振り抜き、打球は左翼芝生席へ着弾した。

     一回の第1打席でも先制の適時二塁打をマークしていた若き主砲。日南に訪れた鯉党を大きく沸かせていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000087-dal-base

     広島のドラフト6位・正随優弥外野手(22=亜大)が春季キャンプ休日の8日、スポニチ本紙の単独インタビューに応じた。フリー打撃では塹江から約140メートルの特大弾を放つなど、天性の長打力で首脳陣からの評価が急上昇中。大阪桐蔭、亜大と名門での競争に勝ち抜いてきたサバイバル術を糧に、プロでも飛ばし屋として生き抜く覚悟を示した。(構成・河合 洋介)

     ――初キャンプは第2クールが終わった。

     「第2クールは、初めて変化球ありの実戦形式のシート打撃もあって、打者はミスショットが少なくて、さすが1軍だなと思いました。自分のレベルの低さと課題が分かりました」

     ――納得していない?

     「(7日のシート打撃では)完全に打ち取られたという感じではないけど、投手は絶対打てない球を投げてきたわけではなかったので…。自分が捉え切れていないということです」

     ――体力的には問題なさそうに見える。

     「体は慣れてきましたけど、初めてのことばかりですし、気遣いであったりとか、実戦形式もあると緊張もしましたし、(第2クールは)今まで以上に疲れました」

     ――第1クールでのフリー打撃では、塹江から特大の柵越え弾を放つなど、首脳陣からの評価が上がっている。

     「第1クールは、いいように評価していただきました。まだまだアピールしきれていない部分もありましたけど、ボチボチかなというラインでした。第2クールからは、思うようにアピールできなくて、凡打の内容がよくないし、守備での凡ミスもありました(7日のシート打撃での右翼の守備で堂林のライナー性の打球を落球)。普通に捕れるものをミスしたりとかは、減点対象ですし、いい印象は受けない。ああいうのをなくさないといけないです」

     ――1月からの新人合同自主トレよりも、キャンプに入ってから一気に評価が上がった。

     「合同自主トレは屋内練習場だったので、どこまで打球が飛んでいるのかとか、こういうフォームでこう打てば、どこまで飛ぶかとかまでは分からなかった。外なら、打球に全てが出る。いいスイング、いいフォームなら飛んでいるなとか、そういうことを分かりながら、1球1球やれていることはよかったと思います」

     ――これから、どういった打撃でアピールしたい?

     「求められているのは長打力。長打イコール、走者がいれば得点にからむ。そういうのがチームにいい影響も与えられると思うので、長打力をコンスタントに出せるようにしたいです」

     ――大阪桐蔭、亜大という名門を経験してきた。

     「普通にやっていたらレギュラー獲れないとか、試合に出られないとかを経験してきました。大学は1年目から結果も出て、試合に出してもらえましたけど、高校のときはメンバー争いも激しかった。どうやったら自分が試合に出られるのかを考えて、チーム全員の名前を書き出して、ポジションごとに並べて自分がそこに入れるのかどうかとか、そんなことをやっていた時期もありました。そういう当たり前に試合に出られるチームではなくて、まず出るために必死にならないといけないチームでやってきた。そこで、競争に勝つためにどうするかという考えが身についたと思います」

     ――対戦して印象的だった投手は?

     「真っすぐなら、フランスア。思いっきり投げていないのに、真っすぐと分かっていても捉え切れない。プロの変化球は、大学のときよりもキレが違うなという印象です」

     ――打撃の構えが楽天の浅村に似ている。

     「初めて言われました(笑い)。今の打撃フォームは自分で考えて、広島に来てからやっている構えなので。ムダが多かったので、ムダな動きをなくしたいのが第一。打撃練習なら体を大きく使ってというのがあるかもしれないけど、そうしていたらプロの球には間に合わない。今のフォームをまだまだなので、しっかり固定させたいです」

     ――今、打撃で意識していること。

     「低めには手を出せて振っていけるのですが、高めの肩口からくる球に上を向いてしまったり、手が出なかったりする。ベルトより上の高いボールをうまく打てていないので、そこが改善できれば、打率が上がってくると思います。東出コーチ、迎コーチは、はじめから高めに狙いを設定しておけと言われています。頭では分かっていても、なかなかプレーで表現できないのが現状。そこを何とかしたいです」

     ――守備で意識していること。

     「今まで正面で捕ることを大学時代に言われてきたのがクセづいていて、(打球に対して体の)中心を避けて捕ることができていないのが課題です。グローブに入っているのに落としたりとか、土手に当ててしまったりとか、実戦のボールは変化するので、その対応のためにも、広瀬コーチからは中心を外して捕れといわれています。ノックでは少しずつできているかなと思うけど、実戦に入るとなかなか難しい」

     ――自身の性格をどう捉えている?

     「弱いところがあります。いい意味で適当になれない。打てなかったり、エラーしたときに“また次!”とかができない。少しずつ意識して深く考えないようにしようとはしていますけど、大学のときなら、打てなかったらまた怒られるかな…とか、そんなことばかり考えていました。いい意味で適当になりたい。バカ正直になりがちなので。中学のときはノビノビやっていたけど、高校ぐらいからですかね。レベルが高くなって求められるものも高くなってくると、いい意味で適当とか、リラックスがなくなってきました」

     ――夜間練習では、他の選手との輪に入るよりも、一人黙々とスイングする姿が印象的。

     「あの時間に、いろんな人からアドバイスを聞くのもいいと思います。でも、やっぱり自分が思っていること、こうしたいとか、これができなかったからあれをやりたいと思っているものをやる時間にしようという思いが強い。自分は新人。全体練習が終わったからといって、自分勝手に個人の練習とかをしにくい部分もあるので、練習時間内で集中してやろうと思っています」

     ――ドラフト1位の小園はどういう存在?

     「同期入団で仲間ではありますけど、ポジションは違えどライバル。ポジションを争う競争相手なので、結果は気になります」

     ――東都大学リーグ出身のドラフト6位と同じ経歴の新井貴浩氏(スポニチ本紙評論家)と重ね合わされることも多い。

     「あれだけの成績を残された方。(広島のトレーニングジムの)アスリートでも何回かお会いしたこともあります。大学2年のときに初めてアスリートに行ったときに、一緒にトレーニングをやらせてもらったこともあって、意外と近い人だなと感じています。そういう方に比べられることはうれしく思います」

     ――先輩からの助言で参考にしているものは?

     「打撃のことは、深く入り込んだような質問はまだですけど、守備のことは野間さんとかに聞いているので、あとは体で表現できるようにしたいと思っています」

     ――2次キャンプ地の沖縄行きをかけた第3クールが始まる。

     「開幕1軍が大きな目標ですけど、段階を踏んでいかないといけないので、目先の目標は沖縄に行くことです。そのためには、第3クールでばん回したい。(7日のシート打撃の守備で)凡ミスを見せてしまったけど、あれがたまたまと思わせたい。打撃でもこうしておけばよかったというのはあるけど、やっぱり守備は10割求めないといけないです」

     ◆正随 優弥(しょうずい・ゆうや)1996年(平8)4月2日生まれ、広島県出身の22歳。小1から野球を始め、段原中では広島鯉城シニアで投手兼外野手。大阪桐蔭では3年夏の甲子園に4番・一塁で出場し全国制覇に貢献。亜大では1年春から東都リーグ戦に出場し、3年秋に外野手でベストナイン。1メートル80、93キロ。右投げ右打ち。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000006-spnannex-base

     広島OBで今キャンプの臨時投手コーチを務めている安仁屋宗八氏(74)が7日、宮崎・日南市の天福球場で投手陣に“夜遊び指令”を出した。練習前の投手陣のミーティングで「明日は休みなので、大いに遊んでください。それぐらいの気持ちが必要」と訓示した。「飲め、飲め」と言って、近くにいた酒豪で知られる佐々岡投手コーチの肩をたたくと、グラウンド内は笑いに包まれた。

     キャンプ合流3日目の安仁屋氏は午前にはブルペンでD2位・島内颯太郎投手(九州共立大)に直球のコツを伝授。午後はシート打撃を熱心に見守って、左肘のトミー・ジョン手術からの復活を目指す床田寛樹投手(24)、高卒2年目の山口翔投手(19)について言及した。「床田は良かったね。山口は良い球と悪い球の差が大きかった。あとで聞いてみると『緊張していた』と。球自体は良かった」。

     安仁屋氏は2016年から春季キャンプの臨時コーチを務め、3年連続でリーグ優勝へ導くなど“優勝請負人”と言われている。古き良き赤ヘルを知る男が、個性あふれるメッセージでナインに勝利のエキスを注入していく。

     


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00000590-sanspo-base

    このページのトップヘ