広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    床田寛

    左ひじの手術から約4カ月。現在リハビリ中のカープ・高橋昂也投手。6月中旬には、硬球を使ってネットスローを開始するなど、黙々とリハビリの日々を送っている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00010002-hometvv-l34

     広島ひと筋に17年間プレーし、昨季限りで現役を引退した野球解説者の天谷宗一郎さん(35)が14日深夜に自身のブログを更新。同日の楽天戦(楽天生命パーク)で初回に3発、2回に2発と球団タイ記録の1試合5本塁打を浴びて2回途中7失点KOされ、ベンチで悔し涙を流した床田寛樹投手(24)に元チームメートとしてエールを送った。

     チームは交流戦突入後4カード連続で初戦を落とし、最大14あった貯金が8に減るなど苦戦が続いているが、まずは「長いシーズン山あり谷ありです」「今のチームは1つのキッカケで物凄い勢いに乗るチームです。ファンの皆さん選手を信じて応援してあげて下さいね」とメッセージを送った天谷さん。

     続いて「床田投手の涙は、性格を知っているだけに意外でした。本当に悔しかったのでしょう」と後輩の涙について触れると「今日の涙を次の登板、これからの登板にいかしてほしい。床田投手ならできると思います。しっかりと切り替えて次に向けて頑張れとこちゃん!!」とエールを送った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00000212-spnannex-base

     大補強もなければ、改革と言い切れるほどの斬新な一手も見当たらない。それでも、広島の投手陣は生まれ変わった。


     昨季、リーグ3位だったチーム防御率4・12は、今季同3・13と両リーグ断トツだ。昨季からの変更点を挙げるとすれば、スタッフの入れ替え。佐々岡投手コーチが1軍担当に配置転換された。だからと言って、“佐々岡マジック”と勝手に銘打つのも迷惑な話だろう。ただし、同コーチによる小さな変化の積み重ねが、好循環につながっているのは見逃せない。

     昨季、与四球数が球団史上2番目に多い535個にまで膨れあがった。一転、今季は1試合平均の与四球数が3・48(リーグ4位)と、昨季の同3・74(同6位)から改善されている。リーグ最多に並ぶ6勝をあげる大瀬良は、制球力向上の要因を「キャンプのときにゴムのラインを引いていましたよね」と振り返る。

     日南秋季キャンプのブルペンには、打者の腰下の高さにゴムが張られた。それよりも低めに投げるための意識付け。春季キャンプでも採用された。

     「低めに強い球を投げることを目に分かるような形で意識できたのは斬新だった。投手全体としていい方向にいっているのかな」

     “ゴムライン”を導入した同コーチは、「監督から低めに強い球を投げさせようという話があって、そう言えば昔やっていたよねという話になった」と経緯を説明する。「ゴムのことは、もう忘れている投手もいるだろうけど…。でも“低めに強く”は、キャンプから言い続けているから意識付けはできているはず」。

     さらに、同コーチが昨オフに掲げた「先発10人構想」には、予想外の効果があった。中崎、一岡以外が先発調整して競争させる構想。米国で主に中継ぎだったレグナルトも、来日前に球団から“先発もできるように”と伝えられた。来日1年目は、全て中継ぎとして27試合に登板して、防御率0・30。新助っ人左腕は、好調の要因を「先発起用を見据えて例年よりも早めに仕上げたことがよかった。今までなら6、7月がピークだった」と分析する。偶然か1軍の救援陣は一岡、中崎以外の全員がロングリリーフをこなせる。

     開幕後も、小さな変化があった。5月31日からの3日間、高卒2年目右腕の遠藤が1軍に練習参加した。昨季は2軍選手の1軍参加は1度もなかった。同コーチは、「見ておきたかったから」と前置きした上で、もう一つの役割にも期待していた。「“なんで遠藤がいるの?”と思った投手もいるはず。次ダメなら俺が落ちるのかな…と。ずっと言っているように、競争だから」。実際に、アドゥワが中継ぎ転向後の2試合で復調の兆しが見えないと判断すると、遠藤との入れ替えを決断して、ブルペン陣の緊張感を持続させた。

     “佐々岡改革”も“佐々岡マジック”も、どこかしっくりこない。けれども、小さな変化は、じわりと効いてきている。(記者コラム・河合 洋介)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190610-00000131-spnannex-base

     広島は延長11回までもつれた31日の阪神戦(マツダ)に2―1で今季5度目のサヨナラ勝ち。4連勝で5月を20勝4敗1分けで終え、球団の月間勝利数記録を更新した。

     野間のサヨナラ打もさることながら、7回無失点の先発・床田寛樹投手(24)の好投も見逃せない。守護神・中崎が9回に追いつかれてリーグトップに並ぶ6勝目は逃したが、7回を投げ切ったのは4月27日のヤクルト戦以来で完全復調をアピール。「今日は良かったです。低めに(球を)集められましたし(回の)途中で交代せずに投げられたので」と満足そうな表情で話した。

     左ヒジ手術から見事に復活した床田には「自分が打って勝ちたい」という目標がある。もともと「投球よりも打撃の方が好き」で、チームに勝ちを呼び込む打撃に並々ならぬ意欲を燃やす。

     そのための準備も万全を期している。まずはバット。用具メーカーからもらったのは4番を打つ鈴木モデル。野間からも数本もらい、昨年までチームメートだった巨人・丸のバットも「丸さんのなら打てそうじゃないですか」と関係者を通じてゲットした。同級生の鈴木には時間を見つけては打撃のコツを聞くこともある。

     人気野球ゲーム「実況パワフルプロ野球(パワプロ)」でも打撃に一家言を持つ。打って勝ちたいとの強い思いから、床田がパワプロでチョイスするチームは強打のソフトバンク、西武、巨人。自身がよく使う選手は西武の森や秋山といったスラッガーだという。

     この日もプロ初安打はならなかったが、5回の第2打席で四球を選び、菊池涼の中前打で二塁から一気に先制のホームを陥れる好走塁を見せた。今や左のエース格となった床田は、投球だけでなく打撃にも貪欲だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00000019-tospoweb-base

     「広島2-1阪神」(31日、マツダスタジアム)

     広島・床田寛樹投手が7回5安打無失点と好投した。

     初回を三者凡退と好スタートを切ると、テンポ良く投球を展開。直球にスライダーやツーシームなど緩急を使い分け、猛虎打線を封じた。0-0の五回は2死から連打を浴びて一、二塁と、この日唯一得点圏に走者を背負ったが、西を空振り三振に仕留め直後の先制につなげた。

     勝利投手の権利を得てマウンドを降りたが、九回に中崎が梅野に同点打を許し今季6勝目とはならなかった。それでも「いつも助けてもらっているので、何とも思わないです。仕方ないです。梅野さんがすごい打球を打つなと思っていました」と語った。

     自身7回を投げきったのは5試合ぶり。「最近イニングを投げられていなかったので、こういう投球を続けていければと思います」と力強く話した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000190-dal-base

     広島の床田寛樹投手(24)が23日、プロ初安打を“予告”した。先発予定の24日の巨人戦(東京ドーム)に向けてマツダスタジアムで調整。「最近バットが振れてきたんですよ。あした打つ予定です。イメージできてます」とジョークまじりにプロ3年目の初安打を誓った。



     巨人の先発予定のヤングマンとは3月30日にマツダで対戦して1三振、1四球。三振した打席では、捉えたと思った打球がファウルになったという。「カット気味に沈んできたボールの上を叩いていた。(今回は)思ったポイントより下を打ったらいけるかも」と、ちゃめっ気たっぷりに“秘策”を披露した。

     22日の中日戦(マツダ)で大瀬良が今季初安打を放つのを見て触発された。「わあ打ってもうた、って」。日頃から「大瀬良さんに唯一勝てるものがある。それはバント」と勝手に打撃面でライバル視しているエース右腕に対抗心をメラメラと燃やした。一方で、12日のDeNA戦(マツダ)でプロ初適時打を放ったアドゥワについては「あいつは天才」と張り合うことを諦めている。

     打撃は大好きという若武者左腕。だがプロ通算21打数無安打で、内訳は9三振、ゴロアウトが9、内野フライ(ライナー含む)が3だ。「まだ外野まで飛ばしてないんですよ。せめて外野フライを打ちたいです。走者がいないときは強振しますよ。あ、ホームラン打ったらボールもらえるんですよね?」。まずは“本業”で4月27日のヤクルト戦(神宮)以来の5勝目といきたいところだが…。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-00000137-sph-base

     少し気が早いかもしれないが、今季のセ・リーグ新人王レースが加熱している。以下は、セ・リーグ新人王有資格者のうちで、とくにここまでの活躍が顕著な3選手の成績だ。

    【セ・リーグ新人王候補成績】
    ▼ 村上宗隆(ヤクルト)33試合(111-27)
    打率.243 8本塁打 22打点 16四球 0盗塁
    出塁率.341 / 長打率.541

    ▼ 近本光司(阪神)32試合(117-37)
    打率.316 4本塁打 18打点 11四球 10盗塁
    出塁率.375 / 長打率.513

    ▼ 床田寛樹(広島)6試合(40回2/3)※5QS
    4勝1敗 自責点7 38奪三振 与四死球17
    防御率1.55 / WHIP 1.06

     いずれ劣らぬ見事な成績だ。村上宗隆(ヤクルト)はここまでリーグ3位タイの22打点を挙げ、チームの先輩・バレンティンと並ぶリーグ5位タイの8本塁打を記録。その8号アーチが生まれたのは5月3日の中日戦だった。8回、福敬登の内角高め直球をとらえた打球は一瞬詰まったかに見えたが、広いナゴヤドームの右中間スタンドに着弾。人並み外れたパワーを見せつけた。

     現在、村上はシーズン34本塁打ペースだ。しかも、村上は2月に19歳になったばかり。1994年の松井秀喜(巨人/20本塁打)以来となる、高卒2年目での20本塁打も十分過ぎるほど射程圏内にある。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00187848-baseballk-base

     プロ3年目でブレイク中の広島・床田寛樹投手(24)が9日、無欲で新人王を手にする“工程表”を披露した。



     10日のDeNA戦の先発に向けてマツダスタジアムで調整。ヤクルト・五十嵐、巨人・菅野の5勝に次ぐハーラー3位タイの4勝(1敗)、防御率も同1位のDeNA・今永(0・98)に次ぐ2位の1・55。新人王の権利を保有しているが「(新人王の)欲はないです。でも、3、4月は月間MVPを取れるかもしれないという状態だった。もう1回、月間MVPを取れるかも、というところまでいけば(少なくとも通算)8勝、2ケタ勝利となる。それくらいしっかり試合を作って、長くローテを守りたいです」と、今後も1か月間に集中して4、5勝を挙げる活躍ができれば、夢のタイトルも夢でなくなると力説した。

     10日は、防御率で上を行く今永と投げ合う。「(ゴールデンウィークの12連戦でローテが)ズレて、いきなりカード頭。僕は引っ張ってもらう立場なんですけど…」と苦笑い。その防御率についても「(2位は)出来過ぎ。じきに落ちると思いますが(リーグ3位1・70の)大瀬良さんより良くてうれしいです。ただバントは僕の方がうまいですね。大瀬良さんに『唯一勝てるものを見つけました』って言いました」。エースをイジることもできるほどハートも急成長の24歳が、ローテの軸として鯉の反攻を支える。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-00000130-sph-base

    セ界左腕対決を制すぞ。広島床田寛樹投手(24)が10日のDeNA戦(マツダスタジアム)に先発する。セ・リーグ投手成績でトップ争いをする左腕今永と2年ぶりの対決。防御率0点台の安定感を誇る相手に投げ勝ち、チームに開幕戦以来の貯金をもたらしたい。



        ◇    ◇    ◇

    開幕からローテーションを守り続ける床田が珍しく、対戦打者ではなく、対戦投手の今永の名前を挙げた。「左(投手)で今、一番いい投手。勝てれば自信になると思う。何とかくらいついていきたい」。DeNA今永は今季先発6試合で計46回を投げ、本塁打による5失点しか許していない。防御率0・98はリーグトップトップで、唯一の0点台。抜群の安定感で、広島も4月12日の対戦でわずか1安打0封負けを喫した。ロースコアの勝負となることが予想されるだけに「2点取られたら負け」と表情を引き締めた。

    安定感では床田も負けてはいない。防御率では1・55の2位で追い、奪三振も今永のリーグ3位46個に対し、床田も同5位の38個と迫る。勝ち星では床田が4勝で、3勝の今永をリードする。同じ左腕で投手成績で競い合う1学年上の左腕に、自然と対抗心が沸く。

    中部学院大時代時代の14年秋、明治神宮大会の準々決勝で駒大の今永と対戦しているが、プロでは“あの日”以来、2度目の対戦となる。左ひじ痛を発症した一昨年4月19日。すでに今季、マツダスタジアムで4度先発し、DeNAとも対戦しているが、当時1安打完封を許した左腕に投げ勝てば、苦い記憶も払拭(ふっしょく)できるに違いない。

    開幕時はカード2戦目の先発だったが、4月27日ヤクルト戦からカード初戦を任されるようになった。おのずと各球団主戦投手との対戦が増した。気負いはないが、責任は感じる。「エース級のいい投手からはあまり点を取れない。1戦目を取れれば後ろが楽になる。何とかチームが勝てるように試合をつくれればと思う」。今季先発した6試合でチームは5勝1敗。チームを勝利に導く投球を続ける。12連戦明けの初戦。開幕戦以来の貯金をもたらすため、好投手にも真っ向から挑んでいく。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-05090680-nksports-base

     広島の床田寛樹が3日、5勝目を目指し18時から行われる巨人戦に先発する。

     床田は前回登板の4月27日のヤクルト戦、7回を5安打8奪三振無失点に抑え、4勝目を手にした。開幕からチーム状況が上がらない中、床田はここまで5試合に登板して4勝1敗、防御率1.83と抜群の安定感を誇る。

     床田について4月27日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島戦』で解説を務めた井端弘和氏は「真っ直ぐがちょっとカット系にいったり、シュート系にきたりしますので、なかには真っ直ぐが落ちたりするボールもある。真っ直ぐを狙いにいっても、なかなかアジャストするのは難しいのかなと思います。特に床田投手の良い球は、右バッターの外のチェンジアップだと思います」と評価した。

     その一方で、井端氏は「左打者に打たれている傾向がある」と話すように、床田は右打者に対し被打率.163(80-13)と抑えているが、左打者の被打率は.300(40-12)と右打者に比べて高い。

     その理由について井端氏は「左打者だと内側にくるシュート系、チェンジアップ系がなくなってしまうので、真っ直ぐ、スライダーという球種だけになってしまう。絞りやすくて、そこを狙われているのかなと思います。なので、対戦成績が左には3割近く打たれるのかなと思います」と説明した。

     巨人打線を封じるためにも、“左打者”がひとつカギを握りそうだ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00187562-baseballk-base

    このページのトップヘ