広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    床田寛

     広島の床田寛樹投手(24)が23日、プロ初安打を“予告”した。先発予定の24日の巨人戦(東京ドーム)に向けてマツダスタジアムで調整。「最近バットが振れてきたんですよ。あした打つ予定です。イメージできてます」とジョークまじりにプロ3年目の初安打を誓った。



     巨人の先発予定のヤングマンとは3月30日にマツダで対戦して1三振、1四球。三振した打席では、捉えたと思った打球がファウルになったという。「カット気味に沈んできたボールの上を叩いていた。(今回は)思ったポイントより下を打ったらいけるかも」と、ちゃめっ気たっぷりに“秘策”を披露した。

     22日の中日戦(マツダ)で大瀬良が今季初安打を放つのを見て触発された。「わあ打ってもうた、って」。日頃から「大瀬良さんに唯一勝てるものがある。それはバント」と勝手に打撃面でライバル視しているエース右腕に対抗心をメラメラと燃やした。一方で、12日のDeNA戦(マツダ)でプロ初適時打を放ったアドゥワについては「あいつは天才」と張り合うことを諦めている。

     打撃は大好きという若武者左腕。だがプロ通算21打数無安打で、内訳は9三振、ゴロアウトが9、内野フライ(ライナー含む)が3だ。「まだ外野まで飛ばしてないんですよ。せめて外野フライを打ちたいです。走者がいないときは強振しますよ。あ、ホームラン打ったらボールもらえるんですよね?」。まずは“本業”で4月27日のヤクルト戦(神宮)以来の5勝目といきたいところだが…。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-00000137-sph-base

     少し気が早いかもしれないが、今季のセ・リーグ新人王レースが加熱している。以下は、セ・リーグ新人王有資格者のうちで、とくにここまでの活躍が顕著な3選手の成績だ。

    【セ・リーグ新人王候補成績】
    ▼ 村上宗隆(ヤクルト)33試合(111-27)
    打率.243 8本塁打 22打点 16四球 0盗塁
    出塁率.341 / 長打率.541

    ▼ 近本光司(阪神)32試合(117-37)
    打率.316 4本塁打 18打点 11四球 10盗塁
    出塁率.375 / 長打率.513

    ▼ 床田寛樹(広島)6試合(40回2/3)※5QS
    4勝1敗 自責点7 38奪三振 与四死球17
    防御率1.55 / WHIP 1.06

     いずれ劣らぬ見事な成績だ。村上宗隆(ヤクルト)はここまでリーグ3位タイの22打点を挙げ、チームの先輩・バレンティンと並ぶリーグ5位タイの8本塁打を記録。その8号アーチが生まれたのは5月3日の中日戦だった。8回、福敬登の内角高め直球をとらえた打球は一瞬詰まったかに見えたが、広いナゴヤドームの右中間スタンドに着弾。人並み外れたパワーを見せつけた。

     現在、村上はシーズン34本塁打ペースだ。しかも、村上は2月に19歳になったばかり。1994年の松井秀喜(巨人/20本塁打)以来となる、高卒2年目での20本塁打も十分過ぎるほど射程圏内にある。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00187848-baseballk-base

     プロ3年目でブレイク中の広島・床田寛樹投手(24)が9日、無欲で新人王を手にする“工程表”を披露した。



     10日のDeNA戦の先発に向けてマツダスタジアムで調整。ヤクルト・五十嵐、巨人・菅野の5勝に次ぐハーラー3位タイの4勝(1敗)、防御率も同1位のDeNA・今永(0・98)に次ぐ2位の1・55。新人王の権利を保有しているが「(新人王の)欲はないです。でも、3、4月は月間MVPを取れるかもしれないという状態だった。もう1回、月間MVPを取れるかも、というところまでいけば(少なくとも通算)8勝、2ケタ勝利となる。それくらいしっかり試合を作って、長くローテを守りたいです」と、今後も1か月間に集中して4、5勝を挙げる活躍ができれば、夢のタイトルも夢でなくなると力説した。

     10日は、防御率で上を行く今永と投げ合う。「(ゴールデンウィークの12連戦でローテが)ズレて、いきなりカード頭。僕は引っ張ってもらう立場なんですけど…」と苦笑い。その防御率についても「(2位は)出来過ぎ。じきに落ちると思いますが(リーグ3位1・70の)大瀬良さんより良くてうれしいです。ただバントは僕の方がうまいですね。大瀬良さんに『唯一勝てるものを見つけました』って言いました」。エースをイジることもできるほどハートも急成長の24歳が、ローテの軸として鯉の反攻を支える。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-00000130-sph-base

    セ界左腕対決を制すぞ。広島床田寛樹投手(24)が10日のDeNA戦(マツダスタジアム)に先発する。セ・リーグ投手成績でトップ争いをする左腕今永と2年ぶりの対決。防御率0点台の安定感を誇る相手に投げ勝ち、チームに開幕戦以来の貯金をもたらしたい。



        ◇    ◇    ◇

    開幕からローテーションを守り続ける床田が珍しく、対戦打者ではなく、対戦投手の今永の名前を挙げた。「左(投手)で今、一番いい投手。勝てれば自信になると思う。何とかくらいついていきたい」。DeNA今永は今季先発6試合で計46回を投げ、本塁打による5失点しか許していない。防御率0・98はリーグトップトップで、唯一の0点台。抜群の安定感で、広島も4月12日の対戦でわずか1安打0封負けを喫した。ロースコアの勝負となることが予想されるだけに「2点取られたら負け」と表情を引き締めた。

    安定感では床田も負けてはいない。防御率では1・55の2位で追い、奪三振も今永のリーグ3位46個に対し、床田も同5位の38個と迫る。勝ち星では床田が4勝で、3勝の今永をリードする。同じ左腕で投手成績で競い合う1学年上の左腕に、自然と対抗心が沸く。

    中部学院大時代時代の14年秋、明治神宮大会の準々決勝で駒大の今永と対戦しているが、プロでは“あの日”以来、2度目の対戦となる。左ひじ痛を発症した一昨年4月19日。すでに今季、マツダスタジアムで4度先発し、DeNAとも対戦しているが、当時1安打完封を許した左腕に投げ勝てば、苦い記憶も払拭(ふっしょく)できるに違いない。

    開幕時はカード2戦目の先発だったが、4月27日ヤクルト戦からカード初戦を任されるようになった。おのずと各球団主戦投手との対戦が増した。気負いはないが、責任は感じる。「エース級のいい投手からはあまり点を取れない。1戦目を取れれば後ろが楽になる。何とかチームが勝てるように試合をつくれればと思う」。今季先発した6試合でチームは5勝1敗。チームを勝利に導く投球を続ける。12連戦明けの初戦。開幕戦以来の貯金をもたらすため、好投手にも真っ向から挑んでいく。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-05090680-nksports-base

     広島の床田寛樹が3日、5勝目を目指し18時から行われる巨人戦に先発する。

     床田は前回登板の4月27日のヤクルト戦、7回を5安打8奪三振無失点に抑え、4勝目を手にした。開幕からチーム状況が上がらない中、床田はここまで5試合に登板して4勝1敗、防御率1.83と抜群の安定感を誇る。

     床田について4月27日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島戦』で解説を務めた井端弘和氏は「真っ直ぐがちょっとカット系にいったり、シュート系にきたりしますので、なかには真っ直ぐが落ちたりするボールもある。真っ直ぐを狙いにいっても、なかなかアジャストするのは難しいのかなと思います。特に床田投手の良い球は、右バッターの外のチェンジアップだと思います」と評価した。

     その一方で、井端氏は「左打者に打たれている傾向がある」と話すように、床田は右打者に対し被打率.163(80-13)と抑えているが、左打者の被打率は.300(40-12)と右打者に比べて高い。

     その理由について井端氏は「左打者だと内側にくるシュート系、チェンジアップ系がなくなってしまうので、真っ直ぐ、スライダーという球種だけになってしまう。絞りやすくて、そこを狙われているのかなと思います。なので、対戦成績が左には3割近く打たれるのかなと思います」と説明した。

     巨人打線を封じるためにも、“左打者”がひとつカギを握りそうだ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00187562-baseballk-base

     あっという間に借金完済だ。開幕ダッシュに失敗した広島は27日のヤクルト戦(神宮)に2―0で勝ち、破竹の8連勝で勝率を5割に戻した。ヒーローは先発の床田寛樹(24)だ。7回無失点の好投でリーグトップタイの4勝目(1敗)をマーク。左ヒジの手術を乗り越えた3年目左腕のブレークの裏には、意を決して読破した“秘伝の書”の存在があった。

     終盤まで息詰まる投手戦だった。相手先発の小川は8回1失点。1―0の7回には二死一塁から小川への四球でピンチを迎えたが、続く太田をスライダーで空振り三振に仕留めた。走者を背負った場面はいずれも三振で切り抜け、三塁を踏ませなかった。ヒーローインタビューでは「要所をしっかり締められた」と少しだけ胸を張った。

     プロ1年目の2017年は開幕ローテーション入りし、同4月12日の巨人戦でプロ初勝利を挙げた。しかし、程なく左ヒジが悲鳴を上げ、同7月に通称トミー・ジョン手術を受けた。

     昨年は8月に二軍戦で実戦復帰したが、一軍登板はなし。「早く戻らないと先はないと思っていた」という時期もあったが、ジッと耐えた。今季は初登板になった3月30日の巨人戦で黒星を喫したものの、その後は4連勝。13日のDeNA戦ではプロ初の完投勝利を挙げ、防御率1・83で初の月間MVPも見えてきた。

     そんな苦労人の左腕には目標とする“モデル”がいる。昨年限りで現役を引退した同じ左腕の巨人・杉内俊哉二軍投手コーチ(38)だ。「ユーチューブで杉内さんの映像を見て、投げ方とかをまねしたり参考にしている」そうで「杉内さんは、ゆったりした投球フォームなのに、ピュッと(打者の手元に)くるんですよ。映像を見て実際にやってみたりしています」。

     床田は基本的に「漫画しか読まない」が、生涯で一冊だけ読破した本がある。杉内コーチがソフトバンク時代に同じ左腕の和田毅投手(38)と共著で出版した「サウスポー論」だ。高校2年生の床田は書店で「何やろ」と手に取り、購入から2日で読了したという。

     2人が15の質問に答える形式で構成された同書で、杉内コーチは登板前の準備やマウンドで四球を与えたり失点した時に思うこと、メンタルの調整法などを述べている。床田にも「力の抜き方とかが参考になりました」と得るものが多く「最初で最後じゃないですか」と語る読書は、その後の野球人生に大きな影響を与えた。

     チームは開幕ダッシュに失敗して最大8つの借金を背負ったが、8連勝で一気に完済した。令和になって安定した貯金生活を送れるかどうかは、床田の左腕にかかっているといっても過言ではない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190428-00000011-tospoweb-base

    このページのトップヘ