広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    床田寛

    <練習試合:広島1-3中日>◇21日◇マツダスタジアム

    広島床田寛樹投手が6回2安打無失点の好投で開幕ローテ入りを確実なものにした。

    最速149キロを計測するなど球威が戻ったことで変化球が生き、持ち前の制球力も発揮された。味方の2失策にも動じず、無四球で今年最長イニングを投げ切った。前回14日ソフトバンク戦とのオープン戦以上の結果、内容に「悩む内容が上がった」と手応えをつかんだ。

    2月は調整が遅れ、キャンプ終盤の25日のブルペン投球では捕手会沢から「このままの状態では通用しない」とハッパを掛けられた。あれから25日。この日バッテリーを組み「球も来ていたし、打者と勝負できていた。いいと思う」と女房役から高評価を得た。

    佐々岡監督も「今日のような投球をすれば期待するところはある」と認める。それでも本人は「次も変わらず、まずは結果を出せるようにしたい」とまだ決まっていないシーズンへ向けて足もとを見つめた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200321-23210680-nksports-base

     「教育リーグ、オリックス7-1広島」(7日、オセアンバファローズスタジアム舞洲)


     広島・佐々岡真司監督(52)が開幕ローテを緊急再編する可能性が7日、浮上した。昨季7勝の床田が教育リーグ・オリックス戦で4回8安打7失点と炎上。九里は5日の同・ソフトバンク戦で3回2/3を5安打7四球3失点だったことで、この日から2軍降格。代わって1軍には薮田が昇格し、アドゥワも2軍で結果を残している。開幕まで2週間を切り、ローテが決まらない非常事態を乗り切る。

     佐々岡監督が一瞬、天を仰いだ。試合後の取材で報道陣から教育リーグ・オリックス戦(オセアンBS)に登板した床田の結果を聞いた直後だった。「そうなのか…。まだ(正式に2軍から)報告を受けてないから」。開幕ローテの一人として期待していただけに表情は曇った。

     左腕は4回を8安打7失点だった。初回、ロドリゲスに左越え3ランを被弾。二回も制球が定まらず、3点を献上した。「ツーシームが落ちなかった。打たれてから大事に投げようとして、小手先だけになった」。崖っぷちで臨んだ一戦。床田の視線はグラウンドに落ちたままだった。

     開幕ローテは大瀬良とK・ジョンソンが確定。ドラフト1位・森下(明大)も当確で、開幕3戦目となる22日・中日戦(マツダ)でのプロ初先発が有力視されている。残り3枠。春季キャンプ終了後から1軍に帯同していた九里、床田、遠藤の3人がリードしていると見られていたが、5日の教育リーグ・ソフトバンク戦(由宇)後に風向きが変わり始めた。

     「ああいう投球では、さすがに示しがつかない。打たれるならともかく、打たれる以前の問題」と指揮官。自身が視察に訪れていた試合で、先発した九里が3回2/3を5安打7四球3失点と打ち込まれた。この日から右腕の姿はマツダスタジアムにはなく、2軍での再調整が決まった。床田もこの日の内容と結果を受け、1軍を離れる可能性がある。

     一方、2軍で調整してきた薮田が1軍に昇格した。春季キャンプ最終盤に登板機会を得る目的で2軍に合流し、3日の教育リーグ・ソフトバンク戦(由宇)で4回1失点と好投。「大きなチャンス。しっかりとつかみたい」。10日・ヤクルト戦(神宮)での先発が濃厚だ。

     もう一人の先発候補であるアドゥワは、6日の同リーグ・オリックス戦(オセアンBS)で5回無失点。持ち味の制球力を生かし、アウト15個のうち10個をゴロアウトで積み重ねた。

     佐々岡監督は「良かったら試すし、悪かったら落とす。当然ながら競争。危機感を持ってやってほしい」と力を込めた。開幕まで2週間を切った。今こそ首脳陣の不安を振り払う、生きのいい投手の台頭が強く望まれる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200308-00000023-dal-base

     広島・床田寛樹投手が3日、「入りたいですね」と開幕ローテ入りに闘志を燃やした。

     プロ3年目の昨季、7勝を挙げブレークした左腕は春季キャンプから状態が上がらず、この日の練習では遠投で体を大きく使う意識付けを行った。だが「思うように使えなかった」と試行錯誤の日々を伝えた。

     4日は関西遠征に帯同せず、マツダスタジアムでの残留練習に参加。現状打破に努める。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200303-00000135-dal-base

     広島の床田が今キャンプ最後のブルペンに入り、直球を中心に約40球を投げた。左肘手術から復帰した昨季に7勝を挙げたサウスポーは、宮崎・日南での1次キャンプから状態が上向かず「強い球を投げたいとやっているけど、全然球が行かない」と苦しんでいる。

     球を受けていた正捕手の会沢には「このまま開幕を迎えたら、通用する世界じゃない」と言われたという。投球練習後には佐々岡監督から下半身の使い方を助言され「うれしいし、頑張らなきゃという気持ちになる」と奮い立った。(沖縄市)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-00000143-kyodonews-base

     「広島春季キャンプ」(20日、沖縄)

     苦悩の日々を思うからこそ、温かい気持ちを言葉に乗せた。広島・佐々岡真司監督(52)が苦しむ床田寛樹投手(24)に愛のあるエールを送った。「苦しめばいい。しっかり練習しているところも見えているので」と、左腕が自らの手で壁を乗り越えることに期待した。

     開幕ローテの有力候補だが、16日の中日との練習試合に先発すると2回3安打1失点。最少失点ながらボール球が目立った。「これだというのがあればいいけど分からない」と話すように、左腕自身も明確な原因を分析できていない。22日のヤクルトとのオープン戦(浦添)に登板予定で「テンポ良く、今できることをやりたい」と前を向いた。指揮官の思いに応えられるか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-00000041-dal-base

    エースのエキスをたっぷり吸収してきました! 広島床田寛樹投手(24)が29日、宮崎・日南で行うキャンプ先乗りの合同自主トレでブルペン入り。



    今オフにOBで元エースの黒田博樹氏(44)から金言を授かったことを明かした。自主トレは大瀬良大地投手(28)に弟子入りし、地獄の鍛錬を実施。目標の2桁勝利&規定投球回到達へ、手応え十分のキャンプインだ。

      ◇    ◇    ◇

    「まずは開幕先発ローテ入りして、2桁勝利、規定投球回に到達したい」。床田が掲げた目標は、あっさり否定された。1月に黒田氏、大瀬良、戸田、床田の4人で食事する機会があり、黒田氏に目標を伝えたところ「正直レベルが低い」と指摘を受けたという。

    黒田氏 先発ローテに入るのは誰でもできる。最初から2桁、規定投球回に乗るつもりでやらないと、結果は変わってくる。ローテに入ったことない若手がライバルになってしまう。

    黒田氏は25年ぶりにリーグ優勝した16年に現役を引退。床田が17年入団のため、入れ違いで接点は少なかった。左腕は「めっちゃ緊張しました」と当時を振り返り、決意を新たにした。「黒田さんに『2桁勝てる力はある』と言ってもらえた。先発ローテに入れたらいいとかじゃなくて、絶対入る気持ちでやります」。

    目標達成へ、1月は下半身を徹底的に鍛え上げた。大瀬良から誘われ、合同自主トレを敢行。1年間戦い抜くための体力強化がメインだった。100メートルを20秒以内で走り、20秒休憩するメニューを10本×5セット、1日合計50本を毎日行ったという。「めちゃくちゃ走りました。大瀬良さんは昭和タイプ。根性論的な感じの人で、妥協は一切なかった。すごく勉強できた」。他にもウエートトレーニングや水泳などで、エースの鍛錬を積んできた。

    17年に受けた左肘のトミー・ジョン手術から再起し、昨季は7勝を挙げた。ただ24試合に先発し、7回以上投げたのは7試合。「最低でも7回まではいきたい。7回まで投げれば勝ち星も増える」と力を込めた。この日は昨シーズン以来となる、捕手を座らせた状態でのブルペン投球を行い、51球投げ込んだ。オフに鯉の先輩エースから刺激をたっぷり受けた左腕。恩返しの大活躍を期す。【古財稜明】





    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-01290813-nksports-base

     広島・床田寛樹投手(24)は14日、4年目の今季はハイクオリティースタート(HQS、7回以上投げ自責2以下)にこだわりを示し、球団の日本人左腕では2001年の高橋建以来となる2桁勝利を期した。

     心残りが意識の変化につながる。誰もいないマツダスタジアムの屋内練習場で、床田は黙々とネットスローを繰り返した。最低気温3度と冷え込む中、距離を約60メートルにまで伸ばしたのは、調整が順調な証し。きょう15日から始まる合同自主トレを前に、自己最多7勝をあげた昨季の課題を思い返した。

     「やっぱり6回をどうするかだと思います。7回までいければ、もう少し勝ち星がついてくる。6回3失点ではダメ。7回で1、2失点。7回までは最低でも投げたい」

     昨季は24試合に先発し15度のクオリティースタート(QS、6回以上投げ自責3以下)を数えたが、HQSは7度。イニング別の被打率は6回が・314とワーストで唯一、3割台に悪化した。「6回の壁」に悩まされたからこそ、その一歩先を行くHQSに強いこだわりを示した。

     「球数が増えたり、6回に安打を許すと交代させられるきっかけになる。勝ちを増やすためにもイニングを投げないといけない」

     もう一つ乗り越えたい「壁」がある。昨年5月10日DeNA戦で、同じ左腕の今永と先発対決し5回6失点(自責5)で降板。「初めて相手先発を意識した試合だった。いずれはエース級と当たって勝てるようにならないといけない。去年はエースに勝てなかった。そこに勝っていける大瀬良さんのようになりたい」。相手のエース級に投げ勝てば、自然と成績も上向くはずだ。

     「イニング数と勝ち星でキャリアハイが目標。2桁は勝ちたい。大瀬良さんとジョンソンがいるので、その次の3番目に入れるように頑張ります」

     球団の日本人左腕で2桁勝利を挙げたのは10勝した01年高橋建が最後。貴重な経験をしたことで、先発としてより一層の責任感が芽生えた。大瀬良、ジョンソンに続く3本目の柱となれるか――。床田がリーグV奪回のカギを握る存在になる。

    (河合 洋介)




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00000012-spnannex-base

     広島・床田寛樹投手が4日に放送された読売テレビ「プロ野球No.1決定戦バトルスタジアム」に出演。高校2年の秋季大阪大会でノーヒットノーランを達成した時のエピソードを語った。

     床田は大阪・箕面学園出身のプロ野球選手第1号。野球強豪校ではなく、3年夏の大会は公立の豊中高校に敗れたという。しかし床田は2年時の秋季大阪大会で快挙を達成。しかも「前の日にブルペンで230球くらい投げて、次の日、2回戦で27人で試合が終わった」と自慢した。出した走者は失策により出塁した1人だけ。併殺でアウトになったため、9回27アウトで対戦した打者は27人だったという。

     MCのかまいたち・濱家が「230球投げて次の日、放れるっていうのがもう…」と話すと、千鳥・大悟は「今やったら問題やで!」とツッコんだ。千鳥・ノブが「なんでブルペンでそんなに投げんの?」と尋ねると、床田は「調子が悪くて全然ストライクが入らなくて」と練習した結果、その球数になってしまったという。





    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00000067-dal-base

     広島・西川龍馬内野手と床田寛樹投手が1日、広島市内でトークショーに参加。関西出身の同級生コンビがイベントを盛り上げた。

     彼氏にしたい選手、結婚したい選手を聞かれると、西川は「(彼氏は)羽月。雰囲気で楽しませてくれそう。(秋季)キャンプでも一緒に居ることが多かったので。グラウンドでも晩飯でも。元気がある」とルーキーを指名した。「(結婚するなら)アツ(会沢)さんです。大黒柱として、ズバッと言ってくれそう」と話した。

     床田は「(彼氏は)野間さん。飽きなさそうで楽しいから。大学の先輩なのでおこがましいですけど…、あまりいじられてるところは見たくないです」と苦笑いした。「(結婚するなら)大瀬良さんです。あのままです」と即答していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000137-dal-base

     広島の主力組がシーズンの疲れを癒やす大分・湯布院温泉でのリハビリキャンプが16日、スタート。九里、大瀬良、野村、床田、菊池保、中村恭、石原、田中広、西川、長野、松山の11選手が参加し、極楽気分で露天風呂につかった。



     初参加は床田、菊池保、中村恭、西川の4人。菊池保は公称80キロながら実際は3ケタに届くか届かないかの“わがままボディー”を披露して「写っちゃいけないものが写っちゃうよ」とイジられていた。西川は明らかに体脂肪の少なそうなピキピキボディーを縮こまらせて「寒~い」と震えていたが、湯に浸ればダブルピースを見せる極楽ぶりだった。

     床田は「温泉はのぼせるので…。きょうのお湯も熱かったぐらい」と39度の湯にも耐えられなかった様子。さらに「においが強かったり、ぬるぬるする温泉が苦手」と、温泉マニアに「そうじゃないだろ」と説教されそうな奔放な発言で報道陣を笑わせた。そして「ゴルフもヘタクソですし、何でここに来たんですかね。あ、でも練習するよりはいいか!」と、野球から離れられることこそが“極楽”と言いたげだった!?



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191116-00000116-sph-base

    このページのトップヘ