広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    床田寛

     3位・広島の3年目左腕、床田寛樹投手(24)が9日、“一石五鳥”の規定投球回到達を誓った。


     11日の中日戦(マツダ)での先発を控えて同球場で投球練習。8月30日のDeNA戦(同=7回2失点、勝敗つかず)、9月5日のヤクルト戦(神宮=7回1失点、勝利投手)、そして11日と、3登板連続で中5日のマウンドが続く。8月下旬にできたという唇の右側のヘルペスも痛々しい。「ヒゲをそるとき痛いんですよ。疲れてるのかなあ。(中5日は)あまり気にしないようにしてるんですけどね」と苦笑いを浮かべた。

     それでもぶら下がった“ニンジン”を前に、モチベーションはMAXだ。プロ初の規定投球回到達まで、あと15イニング。11日の次は18日のDeNA戦(横浜)で今季最終登板となる公算が高いが「2試合で7イニング、8イニングと投げて15イニング。頑張ればいけるのかな。計算する“汚い大人”になってしまいました」と指折り数えて報道陣を笑わせた。

     つまり好調の中日打線相手に、最低でも7イニングは投げたいところだ。そして「1イニングでも多く投げれば規定投球回にも、チームの勝ちにも近づくし、中継ぎの人の負担も軽くなる。“一石五鳥”くらいになりますもんね」と語気を強めた。

     あれ?

    (1)自身の規定投球回に近づく

    (2)チームの勝ちに近づく

    (3)中継ぎの負担軽減

     だけじゃ“一石三鳥”にしかならないのでは。そんな報道陣の総ツッコミに応えて

    (4)チームが1つでも上の順位に近づく

    (5)自身の白星にも近づく

     床田は後付けで計5つの効用を説いた。

     「(8月10日の)阪神戦みたいに2回で降板すると無理ですね」と自虐ボケも交えた尼崎っ子。それから真顔になり「大事なところというか、負けられないところで投げさせてもらっている。任せてもらえることがうれしい。期待に応えたいです」と言い切った。スクランブル態勢のシーズン最終盤。長いイニングを投げ抜いて、チームを奮い立たせたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00000141-sph-base

    <ヤクルト1-8広島>◇5日◇神宮

    広島床田寛樹投手(24)が連続カード負け越しを3で止めた。2戦連続中5日の登板で臨んだヤクルト戦で、7回4安打1失点。113球の熱投で、7勝目を引き寄せた。


    打っては6回に5点目となる適時二塁打でプロ初打点をマーク。クライマックスシリーズ(CS)争いで4位阪神が追いかけてくる中、チームを踏みとどまらせた。6日からその阪神とマツダスタジアムで3連戦に臨む。

       ◇   ◇   ◇

    執念の投球だった。床田がヤクルト打線に、勇気をもって立ち向かった。2戦連続で中5日の登板間隔。1回に山田哲に先制二塁打を浴びたが、追加点を許さない。3回2死満塁のピンチでは、村上に直球を3球続け、遊ゴロに打ち取った。丁寧に低めを突き、7回4安打1失点。5試合ぶりの7勝目を挙げ「1つでも多くアウトを取ろうと必死に投げました」と笑った。

    2軍落ちで生まれ変わっていた。疲労で本来の投球ができなくなり、8月11日に出場選手登録を抹消された。悔しかったが、張り詰めた気持ちをリセットできたのも確かだった。週3回受けていたマッサージをやめ、1軍よりきつい練習に没頭した。再昇格した同24日の中日戦は6回1失点。30日DeNA戦は7回2失点。勝ちはつかなかったが、がむしゃらだった初心を思い出していた。

    打席でも執念を見せた。6回に3点差に広げなお1死二塁で、ヤクルト2番手高梨から右翼線に適時二塁打を放ち、5点目をもぎ取った。これがプロ初打点。5回の打席で一ゴロに倒れた際に、巨人丸からもらい4安打していたバットを折られたが、手がしびれた感触を封じ込め、しっかりとスイング。「野間さんのバットで打ちました。いい感触だった」と振り返った。

    登板前日の試合前、ビジターのクラブハウスへ向かう通路でつまずいた。一瞬ヒヤリとさせたが「初めて神宮で投げたときもこけたんです。7回無失点でした」とケロリ。4月27日に4勝目を挙げた会心の試合を思い出した。マイナス思考になりがちだったが、どんなこともプラスに捉える本来の姿を取り戻していた。

    4位阪神が2・5ゲーム差で迫る中、チームを踏みとどまらせた。あと2試合に先発すると仮定すれば、規定投球回まで15回。それでも「気にしていない」とチームの勝ちに集中する。床田がラストスパートに入った。【村野森】

    ▽広島佐々岡投手コーチ(床田について)「いい投球をしてくれた。なかなか勝ちがついていなかったのでよかった」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-09050949-nksports-base

     広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(62)が25日、自身のブログを更新。勝利投手の権利を得て降板しながらその後リリーフ陣が打たれて白星が消えた時の先発投手のやり取りを明かした。



     古巣・広島の床田寛樹投手(24)が前日24日の中日戦(ナゴヤD)で6回を自責ゼロの1失点と好投しながら、3点リードの9回に4番手として登板した守護神・中崎翔太投手(27)がまさかの4安打3失点で追いつかれ、床田の約1カ月ぶりとなる7勝目が消滅。延長10回に1点取った広島が勝ち、結果的に打たれた中崎が勝利投手となった。

     それを受け「勝ち投手の権利」とのタイトルでブログを更新した北別府さんは「そんな時の先発投手の心境は先ず、先に来ることはチームの勝利」とした上で「同点や負けているまま代わりその回に権利がなくなると理解した瞬間に悔しさマックスになりますがそのあとは、何とか負けないゲームを作った充実感でその後の試合を観ていましたよ」とサラリ。

     「私ももちろん、そんな試合は数多く経験しました」と現役時代を振り返ると「昨夜のようなパターンで涙目でぺーさん、すいませんでしたと言ってきていたのは津田」と“炎のストッパー”と呼ばれ、1993年に脳腫瘍のため32歳の若さでこの世を去った3学年下の後輩・津田恒実さんの名前を挙げ「ええよ、気にするなと言った途端にとびきりの笑顔になっていたものでした」と当時を懐かしんだ。

     そして、「他の投手は?そんな時は恐れて近寄って来ませんでした(^^)」と冗談めかして明かした北別府さん。「あと、大野さんは泰然とペー悪かったなという感じだったでしょうか」と2学年上の先輩・大野豊さん(63)の対応にも触れていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00000243-spnannex-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    シュッとした顔に似合わぬちょびひげが、広島床田の苦悩を物語っていた。10日の阪神戦前「最近ずっとダメなんで、ちょっと生やしてみます」と話した。本来は物事に頓着しないタイプ。よほど追い込まれていたのだろう。験担ぎも効果がなく、2回2失点で降板。11日に出場選手登録を抹消された。開幕から先発ローテーションを守ってきたが、ついに外れた。

    【写真】床田とタッチする広島の緒方監督

    左肘のトミージョン手術から復活して実質1年目。開幕当初は勝ちまくったが、だんだん勝てなくなった。球威、ボールのキレが低下。器用さでカバーしてきたが「ごまかしが利かなくなりました」。リリーフが打たれたり味方の失策で勝ち星が消えた試合も4試合あった。すべて勝っていれば状況は変わっていたかもしれないが、2軍で復活への道を探ることになった。

    それにしても、1年間ローテーションを守るのは難しい。1年目の12年に先発ローテを守り切ったチームメートの野村は「きついですよ」と話す。「自分で何が悪いか気づけるかが勝負。メンタルなのか、フォームなのか、疲れなのか。自分の体も毎回変わりますから」。自らの心身と徹底的に向き合い、相手の研究の裏をかき、最良の投球を組み立てる、実にデリケートな仕事である。

    床田は1軍に戻って来られるだろうか。「ひげはやめます。ちょっと(2軍で肌を)焼いてきます。(シビアな優勝争いの)そういう場面で戻ってきたい」と決意表明した。チームに床田が必要なことも確か。与えられる時間が限られる中、早く不調の原因に気づき、それを取り除き、すっきりした顔で再昇格したい。【広島担当 村野森】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-08120511-nksports-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     リーグ4連覇危機に立たされている広島の本当の元凶は、投手陣の救世主不在だ。球団史上初のリーグ3連覇の要因は、予期せぬ投手が大活躍。四半世紀ぶり優勝の16年は野村、連覇の17年は薮田、3連覇の18年は大瀬良が救世主となったが、今季はまだ出ていない。

     MVPが16年新井、17、18年は2年連続で丸とあって、2人の抜けた穴の大きさがクローズアップされがちだが、実際は違った。投手出身の広島OBがこう指摘する。

     「昨年までの3年間、大きな期待をしていない投手がローテーションの軸になり、大活躍してくれたのが優勝に直結した。相次ぐ投手陣の救世主出現がもたらした3連覇だった。が、今年は出てこない」

     3年目の左腕床田が6勝(5敗)している。が、救世主としてローテーションの軸になるほどの大活躍までには至っていない。25年ぶりにリーグ優勝を果たした16年は、メジャーから復帰2年目の黒田が2年連続の2ケタ勝利(11勝、10勝)を挙げ、現役引退したから時の人になっているが、本当の救世主は初の2ケタ勝利の16勝を挙げ最多勝のタイトルまで獲得した野村だった。リーグ連覇の17年にも同じく薮田が初の2ケタ勝利の15勝を記録している。

     そして、リーグ3連覇の昨季、今度は大瀬良が自己最高の15勝で巨人・菅野と並び最多勝のタイトルを獲得しているのだ。まさに球団史上初のリーグ3連覇をもたらした投手陣の救世主トリオと言えるだろう。

     ところが、今季は新たな救世主どころか、昨季の活躍でエースにと期待された大瀬良が、7勝6敗と今ひとつの成績に止まっている。

     9連勝して大逆転Vに望みをつないで迎えた、首位巨人との3連戦(東京ドーム)の重要な第1戦(7月30日)の先発が、1軍デビューのモンティージャという苦しい台所事情だ。こんな状態だから、チームは前代未聞の乱高下。歴代の名監督が「打者は一流でも打って3割。7割は打ち損なう。野球の勝敗は結局、投手次第だ」と口をそろえている。

     投手陣から予期せぬ救世主が現れない限り、広島の奇跡の逆転優勝は実現しない。(江尻良文)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000019-ykf-spo

     「ヤクルト2-3広島」(27日、神宮球場)

     広島・床田寛樹投手が6回5安打2失点で、5月24日・巨人戦(東京ドーム)以来約2カ月ぶりの白星となる6勝目を挙げた。

     2点の援護を受けて上がったマウンド。初回は1死満塁から村上に左犠飛を許したが、最少失点で切り抜けた。その後はテンポ良く投球を展開し、三回に村上に左中間適時二塁打を浴びたのみだった。

     久々の白星に「やっぱりうれしい。最近勝ちたいな、勝ちたいなと思っていた。あまり考えないようにしていたけど、やっぱり勝つっていいなと思います」と喜びをかみしめた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190727-00000161-dal-base

     広島の床田寛樹投手(24)が19日、悩みを吐露した。20日の巨人戦(マツダ)先発に向けて同球場で調整。自身にとって後半戦初登板だが「意識しちゃうとおかしくなる。しっかり投げてゴロを打たせたい」とG斬りを誓った。

     しかし、そんな左腕の髪は伸び放題。襟足は長く、サイドやもみあげもボサボサだ。「実は開幕してから2回くらいしか散髪してないんですよね」。現在は広島市内で独り暮らしをしているが、なじみの美容室は2軍寮のある広島・廿日市市。マツダスタジアムから車で30分かかるため、なかなか足を運べず、カットもままならないという。「人見知りなんで新しいとこに行けないんです」と性格的に広島市内で“新規開拓”することも考えていない。

     一方で、口元とアゴには、うっすら“おしゃれヒゲ”を蓄えていた。明らかに整えた形跡があったが「無精ヒゲです」としらばっくれた。そして「投げる前にそります」。身を清めてから決戦に臨むと強調していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00000188-sph-base

    左ひじの手術から約4カ月。現在リハビリ中のカープ・高橋昂也投手。6月中旬には、硬球を使ってネットスローを開始するなど、黙々とリハビリの日々を送っている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00010002-hometvv-l34

     広島ひと筋に17年間プレーし、昨季限りで現役を引退した野球解説者の天谷宗一郎さん(35)が14日深夜に自身のブログを更新。同日の楽天戦(楽天生命パーク)で初回に3発、2回に2発と球団タイ記録の1試合5本塁打を浴びて2回途中7失点KOされ、ベンチで悔し涙を流した床田寛樹投手(24)に元チームメートとしてエールを送った。

     チームは交流戦突入後4カード連続で初戦を落とし、最大14あった貯金が8に減るなど苦戦が続いているが、まずは「長いシーズン山あり谷ありです」「今のチームは1つのキッカケで物凄い勢いに乗るチームです。ファンの皆さん選手を信じて応援してあげて下さいね」とメッセージを送った天谷さん。

     続いて「床田投手の涙は、性格を知っているだけに意外でした。本当に悔しかったのでしょう」と後輩の涙について触れると「今日の涙を次の登板、これからの登板にいかしてほしい。床田投手ならできると思います。しっかりと切り替えて次に向けて頑張れとこちゃん!!」とエールを送った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00000212-spnannex-base

    このページのトップヘ